ここから本文です

投稿コメント一覧 (17コメント)

  • 東京個別指導学院 ~創業者による逆日歩狩りと疑惑の売買~

    2016年4月14日、大手学習塾の東京個別指導学院より分売が発表されました。
    分売内容の詳細については分析ページまたは実施IRをご覧ください。

    貸借銘柄で東証1部銘柄、出来高もそこそこ、分売株数が260万株で少し多いということ以外は至って普通の分売です。
    浮動株比率3.30%の銘柄にこの分売数量では何もしなければ分売当日の下落は必至、当日までの下げを狙ってそれまでに少し売りを入れるかな、と誰もが思ったことでしょう。
    実施期間は2016年4月22日(金)~4月27日(水)の4日間のいずれかです。
    参考までに2016年4月、5月のカレンダーを用意しました。(勘の良い方ならこの時点で何かにお気づきでしょう…)

    2016年4月、5月 カレンダー
    東京個別指導学院 大株主
    まずは大株主の状況を見てみましょう。
    親会社として筆頭株主のベネッセHDが61.9%を握っていますが、特段の理由がなければ大株主が手放すということはないでしょう。
    もしそうであればその旨についてのIR発表が普通はあるはずです。
    そうなるとこの状況で260万株も放出できるとすれば、第2位株主の(有)エスビー・アセットマネジメントか第3位の馬場信治氏あたりとなります。
    こちらの正体が誰なのかというと、東京個別指導学院の創業者およびその資産管理会社のようです。 ただ、ネット上にはあまり情報が転がっていないようなので詳しい事はわかりません。

    この馬場信治氏について調べてみると、昨年2015年10月29日に大量保有報告書(変更報告書)を提出していることが判ります。
    それによると(有)エスビー・アセットマネジメントとの共同保有者である旨と、2015年2月23日~4月21日までに不自然なほどに大量の株式を買い増しています。 取得資金が自己資金1,745,507千円、取得資金が3,228,000株ということなので、平均取得単価は540円強といったところでしょうか。

    東京個別指導学院 変更報告書 2015年10月29日
    これだけの株数を市場から無理矢理買い付ければどうなるでしょうか。
    前述のとおりただでさえ少ない浮動株が買い占められるわけなので、言わずもがな株価は上昇していきます。
    元々は350円台だった株価は700円台まで倍になっています。
    上記のうち、連日すごい株数を買っているのに、4月9日だけはなぜか100株だけしか買えていません。
    実はこの日の前日に2015年2月期の決算短信と、記念配当を含む大幅増配のIRが発表されております。
    そのためにストップ高比例配分で、100株しか配分がなかった模様です。
    いくら既に退任した創業者とはいえ、これだけの短期間に不自然なほどに大量に自社の株式を買い占めていて、これだけのサプライズ発表を知りませんでしたということはないでしょう。
    東京個別指導学院 2015年2月~4月チャート
    何らかの理由でこれだけの株式を買い占めたわけなので、いずれかは利益確定のために手放す必要があります。
    ですが、普通に市場で売り捌いていては逆回転が起きて自分の売りで株価を下げてしまうことになりかねません。
    東証の業務規程が2007年に見直されていますが、立会外分売について不適切な利用が目立ってきたので、1年以内に取得した株式でないことの確認が取れない場合には分売を利用できないという規制が追加されました。
    先ほどの変更報告書をもう一度見てみると、最後の取得日が2015年4月21日となっています。
    つまり、今年の2016年4月22日以降であれば分売で売却可能ということで、今回の実施に繋がっているようです。
    東証業務規程 立会外分売
    さて、前置きが非常に長くなりましたがここからが本題となります。
    これだけの株数であれば必然的に分売発表以降は空売りが溜まり始め、連日株価は下落し始め、分売発表当日終値が773円だったのに対し、分売予定開始日前日は681円まで売り込まれます。
    普通は立会外分売は実施期間の初日に実施することが多いので、必然的にそれを狙った空売りが入ります。

    4月21日(木)がやってまいりました。空売りを入れた投資家はあとは実施発表を待つだけ、という状況だったのですが・・・
    普通は早ければ16時には実施IRが出るはずですが、出ていません。それでは16時半発表かと思えば・・・出ません。
    結局その日は実施見送りということで、実施IRが出ることはついにありませんでした。



    http://立会外分売.jp/special/tkg/

  • http://立会外分売.jp/special/tkg/

  • 前回同様、逆日歩狩りして売り抜けるのか?

  • >>No. 123

    ありがとうございます
    信用分も大量保有報告書にカウントされるようですね。前回も馬場氏の大量保有報告書のIRが出た数日後に訂正のIRがでたので、また会社側からのIRでしか確認のしようがないのかな。

  • 馬場氏ってまた信用で買ってるのでしょうか?

  • ピーターベインズ氏って平成28年3月4日まで3350レッドプラネットの監査役もしていた人と同一人物なのでしょうか?

  • 3350レッドプラネットの定時株主総会招集ご通知を見ていて気付いたのですが、平成28年3月4日にレッドプラネットの監査役を退任したピーターベインズ氏と現そーせいのCEOのピーターベインズ氏は単に同姓同名なだけでしょうか?レッド退任とそーせい就任の時期が近いので少し気になりました。ご存知の方いますでしょうか?

  • 2016/09/20 21:00

    iface出てるね!

  • No.485

    hamme

    2016/09/20 20:57

    まつこの知らない世界でスマホケースの特集するよ!

    http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

  • 24日某会社の株主総会に出席する際に、23日に浅草のレッドプラネットに泊まってきました。
    窓からスカイツリーが見え、部屋も綺麗でオシャレな感じでした。隣には24時間営業のスーパーやお寿司屋さんもありました。バスタブはなく狭いシャワーのみだったのが少し残念でした。朝食も和のヘルシーメニューで美味しかったです。またレッドのロゴ入りのマグカップやポロシャツもフロントで売ってました。チェックアウト時にはアジア系の団体さんがたくさんいて忙しそうでした。また泊まってみたいと思いました。名古屋にも早くできればいいのですが。。。
    あと値段も少し高めなのでできれば株主優待特典が欲しいところです。
    明日の総会に出席される方おられれば、株主の要望として誰か社長に直接伝えてくれると嬉しいです。

  • 2016/06/28 09:44

    ひょっとしてここって6721ウインテストの筆頭株主なの?

  • No.215

    モンビー

    2015/08/21 03:32

    昨日の深夜11:30からの名古屋のCBCラジオのOSUの番組内でモンスタービートのテーマソングが流れましたよ♪スマホアプリについても宣伝してましたのでリリースも近いんじゃないかな〜

  • LINEスタンプにムーミン登場しましたね!

    いいタイミングですね〜

  • No.4824

    星4つ

    2015/06/09 19:24

    アップルストアのフリフのゲームレビューが昨日の200件ぐらいから800件以上に急激に増えてるなあ。。。???

    しかも星4つだし!!!

  • http://a.excite.co.jp/News/product/20141215/Kakakucom_daily_1433.html

    マウスコンピューターが2014年12月5日に発売した、スティック型Windowsパソコン「m-Stick MS-NH1」が話題を呼んでいる。液晶テレビやディスプレイのHDMI入力端子に端末を接続するだけで(電源は別途必要)、パソコンとして使用できるというユニークな製品だが、価格.comの「デスクトップパソコン」カテゴリーにおける売れ筋ランキングの順位では、発売からわずか3日で1位を獲得するという人気ぶり。価格.com上では本製品をどう活用するかといった意見やアイデアが続々と寄せられており、ユーザーの使用レポートが注目されている。
    「m-Stick MS-NH1」は、幅が100mm、重さが約44gのスティック型パソコン。「Windows 8.1 with Bing」を搭載しており、HDMI接続で液晶テレビやディスプレイに接続すれば、パソコントして使用することができる。最大1.83GHz駆動のクアッドコアCPU「Atom Z3735F」や2GBメモリー、32GB SSDを内蔵し、タブレット並みのスペックを備えた。外部インターフェイスとしてUSBポートやmicroSDXCカードスロットを装備しており、キーボードやマウスを接続したり、外部ストレージの拡張も可能だ。無線通信の規格は、IEEE802.11 b/g/nとBluetooth 4.0に対応。本体サイズは100(幅)×9.8(高さ)×38(奥行)mmだ。
    「価格.comトレンドサーチ」で見ると、「デスクトップパソコン」カテゴリーにおける売れ筋ランキングでは、本製品「m-Stick MS-NH1」は発売された12月5日から3日後の12月8日に早くも1位を獲得。アクセス数も増加しており、12月12日にはピークの10,865PV/日に達した。17164製品の登録がある「デスクトップパソコン」カテゴリーでは、久々のヒットとなっている。最安価格は19,800円だ。
    すでに本製品に対するユーザーレビューも1件が投稿されており、満足度はカテゴリー平均の4.20を大幅に上回る満点の5.00。レビュワーの使用レポートによれば、「メインのPCで重い処理やビデオ編集などを行い、こちらではメールやネットサーフィン、オフィス系処理を期待したところ、「メール送受信、ネットサーフィン、オフィス系処理、YouTubeも問題なし」とのことだ。また、「現在居間のテレビに接続しているが、無音なことと電力も食わないことから常時起動」「これだけのことができるデスクトップパソコン!?を2万円で入手できたことに感謝」と、扱いが手軽で低価格であることも評価されている。
    レビュワーのレポートにもあるように、決して高性能ではないが、使い方次第ではかなり使えそうな本製品。クチコミでは、本製品をどう活用するかについて、さまざまな意見が投稿されている。ユーザーの活用例を見ていくと、「リビングのテレビに接続して手軽にインターネット楽しむ」「手軽にHDMI端子に挿入して、ネットサーフィンやメールチェックをする」「正月に親戚一同が集まって写真をスライドショーで楽しむことも」など、主にリビングのテレビを簡単にネット対応にするようなアイデアが寄せられていた。
    同様の使い方はタブレットでも可能だが、これについては、「タブレットは小さいとはいえポケットには入らないし重い。USBやHDMIがフルサイズでなかったり、HDMIがついてない機種も多い」と本製品の優位性を説明するユーザーや「どこにあるテレビやディスプレイでも自分のPCが使えるのが魅力」という意見が見られたように、本機のアドバンテージは大きそうだ。また、「録画機能が入ったテレビにこのデバイスを組み合わせれば、安価にテレビ一体型パソコンと似たようなことができる」との意見もあった。
    コンパクトなパソコンはこれまでにも他社から多数発売されてきたが、本製品のように、スティックタイプでポケットにも収まる形状のものはこれが初。スペック的にはタブレット並みであるが、「Windows 8.1 with Bing」を搭載して19,800円という価格の安さも人気の理由。ちょっと試しに使ってみたいという気にさせる製品であり、今後このジャンルの製品がどこまで普及するかに注目したい。

本文はここまでです このページの先頭へ