ここから本文です

投稿コメント一覧 (1162コメント)

  • 【余談だが】
          まずは羽生・宇野ダブル受賞おめでとうございます。
          市街地では号外が配られ興奮冷めやらぬといった状況。
          日本が一番欲しかった「金」が採れしかも金銀のダブル受賞だ。
          今夜のニュースもそれ一色になりそう。
          
          街中で商売をしているがフィギュアのTV放映中は客通りが
          全くなく番組が終了してやっと通行量が増えてきた。
          お客様に聞いてみると「TVで応援をしていた」ということだ。

          明るいニュースで元気を貰える。良かった、良かった。
          これで来週シグマも騰がれば言う事なし♪

  •  【あくまでも】
           2月7日につけた年初来高値¥1666は途中駅にすぎない。
           その後、数々の途中駅を通り過ぎて終着駅は¥3000処だろうか?

  •  【ただ】
         好業績見直し買いかも・・・

  • 【 うん 何があった】
              後場から不穏な動きが・・・・
              昼休みに何か材料が漏れたのか?
              まだ売り方の追証のレベルではなさそうだし・・・
              
              ただ中折れだけは勘弁よ、フィニッシュまでもって♪

  •  【最後には】
          業績の抜きん出ている会社の株に投資することになる。
          シグマの業績変化率は見逃せない♪

  • 【 信用残 2/9】
            売り残 334900 (+4100)
            買い残 339000 (-30200) 1.01倍

            祭日が入って1日遅れで信用残がでた。シグマの買い残が
            ここまで減ったのは初めて見た。売り買い「がっぷり四つ」だ。
            買い方としては売り残が増えるのは歓迎だ。株価が反転した時には
            追い風になる。
            それにしても地合いが悪くて買い方がやや不利な態勢だが味方に
            なるのは業績絶好調ということだ。
            これからは騰げたり下げたりの繰り返しではないか?

  •  【本震は終わったが】
               余震が数回来るかもしれません。
               取り合えず火曜日は騰がるでしょう。
               4Q決算も期待できますのでダラダラ
               下げはないと思われます。
               むしろ他銘柄からの乗り換えでここに
               引っ越して来る客がありそうです。

  • 【株で負けるのは】
             信用取引で今回の様にNY発、大幅下落によって
             余力不足、追証による「投げさせられて損をする」
             ケースではないですか?
             その点、余裕資金で現物取引なら仕手のボロ株
             以外はじっとしていれば殆ど損はしません。

             一昔前、吾輩も信用取引でやられた事がありますが
             その時も今回の様な日経大幅安の時です。
             その後、現物取引にしてからは負けた事はありません。

             今では株をしている人は80%が負けていると言いますが
             「本当か」と信じられない感じです。

  • 【売るのは勿体ない】
              シグマは今日はプラ転するんじゃないですか?
              もう一度上方修正しそうなシグマ大切に育てよう。

  • 【ここは冷静に】
            パニック売りに便乗してはいけない。
            落ち着け、業績は良いのだ。
            ものは考えようで、この下げで上に行きやすくなった。

  • 【シグマで儲けるには】
               買って「じっと寝せておくことです」下手にばたばたしない方が得策のようです。
               結局、日を追うごとに年初来高値を更新しているのですから。
               数か月前の高値
                      2017年10月高値 ¥855
                           11月高値 ¥1120
                           12月高値 ¥1230
                      2018年 1月高値 ¥1575
                            2月高値 ¥1666 (2/7 本日)

               これを見ても分かるように後になるほど高値になっています。
               たぶん今迄に手放した人も「しまった」と思ったのではないでしょうか?
               あの決算を見て今後も高値更新し続けると観ています♪

  • 【やっぱり】
          全体のリバウンドが一巡すると本物の成長銘柄が選ばれる。
          本命がシグマクシスなのです♪

  •  【信用残 2/2】
            売残 330800 (-25900)
            買残 369200 (-64200) 1.12倍

            今日、東京出張と熱海観光から帰ってきて、やっとPCを開いてみた。
            旅先で携帯で時々チェックはしたが大荒れの地合いの中シグマだけが
            独歩高で頑張っていた。やはり昨日の決算発表の内容が良くてそれが
            評価されたのだろう。今日の様な全面安の時に強い銘柄は「強いだけの
            理由」があるので今後も注目されてくる。
            それと今日、昨年来高値¥1575を突き破り¥1615は素晴らしい♪

  • 【どうやら】
          全面安の中「野中の一本杉」か・・・

  • 【お~っ 凄い】
               一昨日から妻と東京に出張で来たついでに熱海まで足を伸ばした。
               今、ホテルでPCを開いて決算を見たら予想を超える凄い数字が
               でているではないか。通期経常10億円の到達には6.9億円で良し
               と踏んでいたが余裕で超えている。
               この分だと上限の10.5億円を軽くオーバーするし、どこかのタイミングで
               再び上方修正になるだろう。

  • 【強制抑え込み】
           何度かプラスになったが、上に行かれたら困る連中が
           強制的に抑え込んでいる様だ。
           シグマは日経平均と逆の動きを得意とする銘柄で、今日は
           「野中の一本杉」かと思いきや、上に飛び出すと鉄鎚で
           叩いてくる。叩きの手が疲れた頃に間隙をぬってプラスに
           飛び出しそうな気配も感じられるが・・・。

  • 【月間平均株価】           (月内平均)    (前月比)
            2017年10月・・・・¥817
                 11月・・・・¥967 ・・・ 18.3%
                 12月・・・・¥1038・・・  7.3%
            2018年 1月・・・・¥1401・・・ 34.9%

            こうして株価を見てみると1月が驚異的に伸びていることが分かる。
            12月22日の上方修正の発表後に6連騰して1月は「騰げは大きく」
            「下げは小さく」の動きで順調に伸びて行った。やはり業績変化の
            著しい銘柄には買い安心感がでてくるのだろう。
            3Q決算発表迄あと3営業日になったがこれからが本当の意味で
            シグマの正念場となってきた。

  • 【決算先取り】
           2月5日の決算を見込んだ買いが入っている様だ。
           信用取り組みも「がっぷり四つ」で買いが有利。
           3連続安はしないというジンクスは生きている。

  •  【信用残 1/26】
             売残 356700 (+36500)
             買残 433400 (+31700) 1.22倍

             先週より更に拮抗している。面白くなってきたぞ。
             2/5の終値は多少の調整を入れながら¥1500キープ
             していればいいのではないか?

  •  
     【頑強】    
         単日1日下げ・・・3回
         連続2日下げ・・・2回
         連続3日下げ・・・0回

         上記1月の下げた時の記録で一頃の様に
         何日も連続して下げることがなくなった。
         これは強さがでてきた証拠である。

         株は騰がったり下がったりしながら強い
         株は下値を切り上げていくものでシグマは
         強い株の典型のチャートでもある。

本文はここまでです このページの先頭へ