ここから本文です

投稿コメント一覧 (3037コメント)

  • >>No. 22

    中国市場解放に伴い

    最も利益を得るのは

    既に中国ITの覇者であるソフトバンクです

    自由度が高まります


    >中国政府がIT(情報技術)関連産業の高度化を目指す計画「中国製造(メイド・イン・チャイナ)2025」を見直し、海外企業の参入に柔軟に対応する方針だと伝わった。
    >
    >
    >
    >これで、中国はほとんど全部譲歩したことになるでしょう。

  • 孫社長は

    「ディープステート」の存在を

    かなり前からご存知のよう

    それこそ

    坂本龍馬さんの暗殺に関する話なので

    弔いのためにソフトバンクを興したかも知れません


    >サウジアラビアネタも収束ですかね。今回のサウジアラビアとの関係は強固に保つとトランプが発言した内容が報道に乗らないのはどうもソフトバンクに不利にことを運ぼうとする力がこの一連の事件に関しては働いていたように思うのは私だけでしょうか?

  • 木村太郎のNon Fake News

    サウジの不明ジャーナリストはイスラム原理主義団体の構成員だった
    (FNNプライムオンライン)


    ・国際紛争に発展している行方不明問題の真相は・・・?

    ・カショギさんは、1970年代に「ムスリム同胞団」に加入

    ・「アラブ世界に今、民主主義を」という政党も立ち上げ


    サウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギさんがトルコのサウジ領事館に入ったまま消息を絶ち国際的な紛争にまで発展している。
    カショギさんがサウジの王室を批判したので「消された」と言われるが、サウジ王室はなぜそこまでカショギさんを恐れたのだろうか。

    中東を知る人ならばカショギと聞けばサウジの武器商人で世界有数の金持ちと言われたアドナン・カショギを連想するが、ジャマルさんはその甥に当たる人物だ。

    裕福な環境で育ち、米国に留学後ジャーナリズムを目指して新聞社などを所有するが、その間に一つ思想的に大きな選択をしていた。

    「ムスリム同胞団」に加入

    1970年代に「ムスリム同胞団」に加入したことだ。
    「ムスリム同胞団」はエジプトで興ったイスラム教原理主義の団体で、ある時は過激なテロ活動を行いアルカイダのオサマ・ビンラディンもその影響を受けたと言われ、後継者のアイマン・ザワヒリも同胞団の出身だ。その縁で、カショギさんも数回にわたってビンラディンと会ったことがあると伝えられる。

    ムスリム同胞団の影響を受けたカショギさんの考え方はその記事に反映されており、ワシントン・ポスト紙への投稿記事では同胞団の考えに沿った勢力がアラブ世界を支配することを奨励したり、西欧的な世俗主義を「敵」と弾劾するものが目についた。

    その考えに従えば、サウジアラビアのあるべき姿はイスラム教の教えを具現化したものでなければならなかったはずで、サウジアラビアが最近女性の自動車運転を解禁したことに象徴される社会改革を進めたり、外交的にもイランを牽制するためにイスラエルに急接近するのは許せなかっただろう。

    その反発は改革の推進者のムハンマド皇太子に向けられたと考えるのが妥当だろう。一方ムハンマド皇太子もそれに気づいてカショギさんの周辺のムスリム同胞団シンパを拘束して警戒していたと言われる。


    「アラブ世界にいま民主主義を」

    またカショギさんは今年初め米国で「アラブ世界にいま民主主義を」という政党を立ち上げた。この政党はアラブ世界に選挙を通じてイスラム教原理主義の勢力を広げようというもので、これがサウジアラビア国内の反皇太子派と結びつけば現政権を転覆させる勢いをつけることにもなりかねず、ムハンマド皇太子としては放置しておくわけにはゆかなかったとも考えられる。

    つまり、カショギさんはジャーナリストというよりは、イスラム過激派の影響を受けた活動家で政権転覆の陰謀に関わっていたとサウジ王室側は考えた可能性がある。

    だからと言って、カショギさんを暗殺しバラバラに切り刻んでも良いというわけではないが、この事件の陰には単に「報道の自由」にとどまらない奥深い問題もあるということは押さえておいた方が良いだろう。

    (執筆:ジャーナリスト 木村太郎)

  • コラム:サウジ記者不明事件、大手邦銀は「漁夫の利」狙うか


    [ムンバイ 17日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 日本の大手銀行は、海外のライバルがサウジアラビア政府との取引から手を引こうとしている事態が自分たちにプラスに働くと期待しているかもしれない。

    サウジ政府を批判してきた記者が行方不明になった事件を巡り、同国が殺害に関与したのではないかとの観測が高まっている。これを受け、欧米の大手銀行首脳は、来週サウジで開催される経済投資フォーラム「フューチャー・インベストメント・イニシアチブ」への不参加を相次いで表明した。

    しかしこれは三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)(8306.T)やみずほフィナンシャルグループ(8411.T)にとって、サウジで手数料収入を拡大する好機になる可能性がある。

    JPモルガン(JPM.N)のジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)が先鞭を付けた形で、欧米大手行首脳の大半は同フォーラムを欠席して倫理観の高さを示し、顧客や従業員、社外取締役、金融エリートの仲間内などからの反発を避ける行動を選んだ。

    HSBC(HSBA.L)のジョン・フリントCEO、スタンダード・チャータード(STAN.L)のビル・ウィンターズCEO、BNPパリバ(BNPP.PA)のジャン・ルミエール会長、クレディ・スイス(CSGN.S)のティージャン・ティアムCEOらは同フォーラムに出席しない。

    一方でMUFGやみずほが持つ大きな利点は、日本では企業による抗議という文化が存在しないことだ。

    世界のどこかでモラル上の危機が起きて企業が行動を迫られたとしても、日本企業は欧米のように社会からの圧力は感じずに済む。憲法改正や原発など国内で賛否がはっきり分かれる問題でさえ、公然とデモを行う人々は変わり者扱いされる。

    その意味で、日本企業は株主など利害関係者からの圧力に屈しにくいのは間違いない。

    サウジがソフトバンクグループ(9984.T)の「ビジョン・ファンド」の大口出資者である点を踏まえれば、同フォーラムに出席予定の邦銀はむしろ、同国との良好な関係を維持する方により関心を向けるだろう。

    複数の報道によると、MUFGとみずほもビジョン・ファンドに出資している。

    そして最終的に、サウジが同国に恥辱を与えた人々に敵意を持つようになれば、MUFGとみずほは「味方」にとどまった恩恵にあずかれる。両行は既に、今年のサウジにおける手数料収入ランキングでトップ10入りしており、過去5年ベースではトップ5に食い込んで1億2300万ドルを稼ぎ出している。

    サウジで得た手数料の大半は債券とローンに由来する。また今後、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子による経済改革の進展に伴ってより大きな果実が手に入る可能性がある。いずれ国営石油会社サウジアラムコの上場計画が復活してもおかしくないからだ。日本側はアラムコの東京上場を熱心に働き掛けていた。

    日本企業の立場では、サウジ政府の機嫌を引き続き取り結ぶことは、道義的には問題かもしれないが、リスクは小さい。



    要するに「政冷経熱」

    「ソフトバンクはシリコンバレーで冷遇されるー」

    とした某大学教授はケーザイ通であって経済人では無かった

  • コラム:サウジ記者不明事件、大手邦銀は「漁夫の利」狙うか ー ロイター


    [ムンバイ 17日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 日本の大手銀行は、海外のライバルがサウジアラビア政府との取引から手を引こうとしている事態が自分たちにプラスに働くと期待しているかもしれない。

    サウジ政府を批判してきた記者が行方不明になった事件を巡り、同国が殺害に関与したのではないかとの観測が高まっている。これを受け、欧米の大手銀行首脳は、来週サウジで開催される経済投資フォーラム「フューチャー・インベストメント・イニシアチブ」への不参加を相次いで表明した。

    しかしこれは三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)(8306.T)やみずほフィナンシャルグループ(8411.T)にとって、サウジで手数料収入を拡大する好機になる可能性がある。

    JPモルガン(JPM.N)のジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)が先鞭を付けた形で、欧米大手行首脳の大半は同フォーラムを欠席して倫理観の高さを示し、顧客や従業員、社外取締役、金融エリートの仲間内などからの反発を避ける行動を選んだ。

    HSBC(HSBA.L)のジョン・フリントCEO、スタンダード・チャータード(STAN.L)のビル・ウィンターズCEO、BNPパリバ(BNPP.PA)のジャン・ルミエール会長、クレディ・スイス(CSGN.S)のティージャン・ティアムCEOらは同フォーラムに出席しない。

    一方でMUFGやみずほが持つ大きな利点は、日本では企業による抗議という文化が存在しないことだ。

    世界のどこかでモラル上の危機が起きて企業が行動を迫られたとしても、日本企業は欧米のように社会からの圧力は感じずに済む。憲法改正や原発など国内で賛否がはっきり分かれる問題でさえ、公然とデモを行う人々は変わり者扱いされる。

    その意味で、日本企業は株主など利害関係者からの圧力に屈しにくいのは間違いない。

    サウジがソフトバンクグループ(9984.T)の「ビジョン・ファンド」の大口出資者である点を踏まえれば、同フォーラムに出席予定の邦銀はむしろ、同国との良好な関係を維持する方により関心を向けるだろう。

    複数の報道によると、MUFGとみずほもビジョン・ファンドに出資している。

    そして最終的に、サウジが同国に恥辱を与えた人々に敵意を持つようになれば、MUFGとみずほは「味方」にとどまった恩恵にあずかれる。両行は既に、今年のサウジにおける手数料収入ランキングでトップ10入りしており、過去5年ベースではトップ5に食い込んで1億2300万ドルを稼ぎ出している。

    サウジで得た手数料の大半は債券とローンに由来する。また今後、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子による経済改革の進展に伴ってより大きな果実が手に入る可能性がある。いずれ国営石油会社サウジアラムコの上場計画が復活してもおかしくないからだ。日本側はアラムコの東京上場を熱心に働き掛けていた。

    日本企業の立場では、サウジ政府の機嫌を引き続き取り結ぶことは、道義的には問題かもしれないが、リスクは小さい。



    要は政冷経熱

    「ソフトバンクはシリコンバレーで冷遇ー」

    なんちゃらと言った大学教授はケーザイ通であって

    経済人じゃなかった

  • サウジ敬遠は表向きだけ-トップバンカーら「砂漠のダボス会議」出席 ーブルームバーグ


    →HSBCやソシエテ、クレディSのシニアバンカーらも出席を予定

    →サウジのジャーナリスト失踪事件が投資会議に影を落としている


    サウジアラビアの反体制ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏の失踪を巡る疑惑を受けて、欧米の金融業界では「砂漠のダボス会議」と呼ばれる同国の投資会議に経営トップクラスが表向き出席を見合わせるが、ディールメーカーらは目立たない部分で活動を続けるようだ。  

    英銀HSBCホールディングスと仏銀ソシエテ・ジェネラル、スイス銀行2位のクレディ・スイス・グループの投資銀行シニアバンカーらは、最高経営責任者(CEO)らが出席取りやめを発表したサウジの「フューチャー・インベストメント・イニシアチブ(FII)」に参加する予定だ。

    非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、出欠を公にしていない米銀モルガン・スタンレーやシティグループといったウォール街の金融機関も、幹部らを派遣する見通しだ。ただ、情勢はなお流動的という。

    サウジのジャーナリスト失踪事件は、新たなベンチャーや大型契約の公表が予想される砂漠のダボス会議に影を落としている。石油依存型経済からの脱却を目指すサウジでは、今後数年で数億ドルの手数料収入が得られると期待され、金融業界は各種ライセンス取得や巨額の富を持つ王族からの資金運用契約の獲得を目指している。

    これらの金融機関の広報担当者は、いずれもコメントを控えている。

    キャピタル・エコノミクスの新興国市場シニアエコノミスト、ジェーソン・トゥービー氏は「カショギ氏の事件を受けてFII出席に伴う評判へのリスクよりも、期待されるディールのオファーが勝るとこれらの銀行が捉えているのは明らかだ。この政府と緊密な関係を確実に維持することを大勢が切望するだろう」と指摘した。

  • サウジ、ソフトバンクの第2ビジョン・ファンドに5兆円出資へ

    Riad Hamade、Matthew Martin、Archana Narayanan
    2018年10月6日 10:56 JST ブルームバーグ

    →1本目と合わせると出資額は10兆円強に倍増

    →サウジ公共投資ファンドはアラムコ上場などによる資金見込む

    サウジアラビアの政府系ファンドは、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が計画する第2のビジョン・ファンドに450億ドル(約5兆1170億円)出資する。1本目への拠出と合わせると、出資額は900億ドルに倍増することになる。

      サウジの公共投資ファンド(PIF)は、サウジ基礎産業公社(SABIC)の持ち分売却や国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)などによって向こう3-4年で1700億ドルの資金が入ると見込んでおり、その活用方法を探している。PIFの会長を務めるムハンマド皇太子がブルームバーグとのインタビューで明らかにした。

    ムハンマド皇太子は、PIFが第2ビジョン・ファンドへの主要な出資者となることを望んでいると説明。「われわれは1本目への出資で大きな恩恵を受けている。PIFとしては、1本目への450億ドルの出資で最初の1年に多額の収入を目にしていなければ、さらに450億ドルを出資するようなことはしない」と語った。

    孫氏は2本目のビジョン・ファンドで1000億ドルの調達を目指している。

      PIFは世界最大の政府系ファンドになる戦略を2016年に発表して以来、大胆な投資を行ってきた。その多くは、まだ黒字化していないテクノロジー企業が対象となっている。1本目のビジョン・ファンドへの出資以外では、ウーバー・テクノロジーズに35億ドル出資したほか、テスラの株式を5%近く取得した後にそのライバルのルーシッドにも10億ドル出資した。PIFはさらに、ブラックストーン・グループが運営する米インフラファンドに200億ドル出資することでも合意している。

  • 自分は全く逆の意見

    戦争屋オバマらは混迷しているよ

    奴らディープステートについて

    孫社長はよくご存知かと

    だからトランプが勝つと信じていた

    そして手を繋いだ

    911を刮目しましょう


    >20分前、オバマ氏、中間選挙へ向けて始動だって。
    >トランプを名指しして、現政治は「敵意と恐怖」を政治に利用していると強く批判した。
    >
    >いいぞ、オバマさん。

  • 被災者、またはそのご家族、お友達の方々にはお見舞い申し上げます

    さはさりながら

    アジアスーパーグリッドへの支持が高まったようですね

  • 要するに

    「孫ディスカウント」の烙印が消え

    「孫プレミアムの勲章を得た

    ウォーレン・バフェットによって

    これは世界市場にとって相当なインパクトなのよ

    第3次から第4次へのパラダイムシフト

    先輩からその引導を渡されたわけ

    もう安心して良い

    先に投稿されてたのね

    スミマセン

  • 投稿されてなかったので


    [27日 ロイター] バークシャー、印ペイティーエムへの出資巡り協議=現地紙

    ソフトバンク・グループ孫正義社長の投資先にウォーレン・バフェット氏、率いる投資会社バークシャー・ハサウェイが相乗りしてきた構図。

  • エヌビディア、5~7月期の純利益89%増 見通し慎重で株価は下げる
    2018/8/17 6:07 日本経済新聞
    【NQNニューヨーク=滝口朋史】画像処理半導体(GPU)大手の米エヌビディアが16日発表した2018年5~7月期決算は、純利益が前年同期比89%増の11億100万ドル(約1200億円)だった。主力のゲーム向けが好調で、人工知能(AI)の「深層学習」でのGPUの利用拡大が続きデータセンター向けも伸びた。1株利益は1.76ドルと、QUICKファクトセットがまとめた市場予想(1.67ドル)を上回った。

    売上高は40%増の31億2300万ドルで、市場予想(31億500万ドル)を上回った。ジェンスン・ファン最高経営責任者(CEO)は「AI、ゲーム、映像化、自動運転のすべてが成長した」と強調した。データセンター向けの売上高は前年同期比83%増えた。一方、仮想通貨向けの需要が後退したため「OEMその他」部門は54%の減収だった。

    18年8~10月期の売上高は31億8500万~33億1500万ドルと、前年同期比で21~26%増を見込む。粗利益率は62.1~63.1%と予想。売上高は上限でも市場予想の33億3600万ドルに届かず、粗利益率の中央値(62.6%)も市場予想の62.8%を下回った。

    16日の時間外取引でエヌビディア株には売りが膨らんでいる。前日比0.6%安の257.44ドルだった通常取引の終値を5%あまり下回る240ドル台前半で推移している。決算は予想を上回ったものの、業績見通しが慎重と受け止められた。今期中の仮想通貨向け製品の業績貢献は見込まないと説明したのも売り材料視された。

  • テスラの創業者である
    イーロン・マスクCEO
    は、サウジアラビアと株式購入の協議が進んでいるとの報道が事実だと認めた。
     
    これによりテスラは、損失の償却のため効果的な手段の1つである株式非公開化する可能性がある。 
    先に、サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)はテスラ株を最大820億ドル(約9兆1000億円)で株式を購入すると契約する可能性があると報道されていた。
     
    これは史上最高額の株式購入になるかもしれない。PIFは協議していることを認めたが、金額は挙げなかった。

  • 孫さんはこの事をご存知だったようで

    それで戦争屋に加担せず

    トランプ氏を密かに応援し

    現在は表立って共に

    その撲滅の一役を担っている

    今月以降

    日本のマスメディアが報じない

    トンデモない事が起こる

    勿論ここにはプラス

    日本のそれも吹っ飛ぶからね




    米上院情報委員会が、内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジが公聴会で証言するよう要請。

    ヒラリー・クリントンは、国家反逆罪など複数の罪状によりブタ箱直行便間近!日本では陰謀論だが、米国ではついに米議会証言要請にまで進展している。

  • 孫さんは

    これを知ってて戦争屋に加担せず

    トランプ氏を密かに応援し

    現在は表立って共に

    その撲滅の一役を担っているようだね

    すごいわ、、


    米上院情報委員会が、内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジが公聴会で証言するよう要請

    米乗員委員会、アサンジ氏を召喚
    2018年8月9日1:07
    https://jp.sputniknews.com/amp/world/201808095206818/#click=https://t.co/FiWiGZ8EHo

    ヒラリー・クリントンは、国家反逆罪など複数の罪状によりブタ箱直行便間近!日本では陰謀論だが、米国ではついに米議会証言要請にまで進展している。

    @WikiLeaks 2018年8月8日23:29
    4926件のリツイート 6566件のいいね
    BREAKING: US Senate Intelligence Committee calls editor @JulianAssange to testify. Letter delivered via US embassy in London. WikiLeaks' legal team say they are "considering the offer but the conditions must conform to a high ethical standard". Also:
    https://www.hrw.org/news/2018/06/19/uk-should-reject-extraditing-julian-assange-us

  • ブルームバーグ速報

    イーロン・マスク氏と孫正義氏は昨年、ソフトバンクのテスラへの投資について話し合い、その際、テスラ株の非公開化についても意見が交わされた。

    Elon Musk Talked With SoftBank About Tesla Investment in 2017(Bloomberg)
    August 8, 2018, 2:05 PM EDT

    ・Discussions in 2017 touched on taking carmaker private
    ・Talks failed to progress due to disagreements over control

  • 皆さんは

    坂本龍馬さんが誰の陰謀で殺され

    明治維新後

    誰が日本を支配し

    それがいまだに日本を巣食っているか

    知ってるんだろうか?

    孫さんは知ってて

    トランプチームと行動してるようだけれど、、

  • 本当に

    トヨタとソフトバンクが合併する日

    はあるんだろうか??
    社長は2人とも同い年でとても仲が良いと聞いたが、、??

  • ソフトバンクがビットマインに巨額出資

    通貨の常識を本気に変えてきた

    これはデカい

    According to QQ News:

    * @BITMAINtech has raised money from Tencent & Softbank at a US$15 billion valuation
    * Bitmain will shortly conduct an IPO and be listed on the Hong Kong Stock exchange this year
    * CICC is the lead underwriter
    https://news.html5.qq.com/share/5986648664550122676?url=http%3A%2F%2Fkuaibao.qq.com%2Fs%2F20180804A0DW8S00&ch=060000

本文はここまでです このページの先頭へ