ここから本文です

投稿コメント一覧 (114コメント)

  • E-1が終わった。それにしてもこの3戦、得るものがなかったね。ただ一つだけあるとすれば、ハリルのやり方では日本は勝てないということだろうか。
    口を開けば、フィジカル主体のデュエルの推奨、裏を取れなどのお題目だけ。しかも代表にそれは体現できないことばかり。ならば、日本人にあった、それらのやり方をコーチするのが監督ではないか? 言うに事欠いて(常態だけど)、寄せ集めの選手だから仕方ない的な発言もあった。今回の大会は1週間に3試合。それにしては今日の韓国戦、選手の動きが重く見えたし、やる気というか闘志というか、そういうものすら感じなかった。選手たちへのケア、マネジメントは万全だったのか。

    本番まであと6ヶ月。対外試合は3月頃に2試合の予定という。要するに、あと2試合で本番仕様にしなければならないということ。今回のE-1から代表に吸い上げられるのは数名だろうが、なんだか先行きがおぼろげながら見えてきた。きっと本番は、今日の韓国戦のようなゲーム運びになるんじゃなかろうかという……。

    もちろん情けない選手たちにも問題はあるが、それを導けない指導者には大きな責任がある。ここは一番、ハリル解任という大ナタふるってもいいのではないか。
    さもないと、この板のかけ声が唯々ただの高望みということになってしまう。

  • 高倉監督で大丈夫なのか? 高倉なでしこ発足以来、毎度おなじみのゲームが続く。選手の配置も疑問符がつく。むろん選手選びも。何か無理に佐々木色を払拭しようとしていないか。
    一体全体、過去の課題はいつ修正されるのだろう。足もとのパスに終始して、動きの中でのサッカーができていない。そのパスすら通らない。
    もちろん選手にも大いに問題はある。真ん中を固めているのに、真ん中ばかり攻めている。相手が大きいからなのか、ほとんどサイドの攻撃が見られない。ならば2列目からの飛び出しなど、変化技すらできない。要するに、攻撃の形が見えないのだ。
    高倉監督は何を教え、どう導きたいのか。そしてそれは伝わっているのか。
    高倉監督で大丈夫なのか?

  • しかし中国も落ちたものだなぁ。あの黄金期からの世代交代に失敗したんだろうな。
    それにつけても、なでしこの両サイドバックは問題が多すぎる。監督の考えでは、熊谷が戻ったら鮫島をサイドにする考えがあるかも知れんが、万屋は攻めにいい感じがあるものの守備のポジション取り、マークの徹底に難がある。足を痛めたようだから最終戦はお休みか。高木か。
    一方の大矢もバックの選手じゃない。本籍はFWなのに、なぜ監督はここに使う? あまり合っているとは思えないのだが。有吉?

    得点はしたものの、田中は持病のトラップミスが多すぎる。韓国戦はうまくいっていたが、ボールがおさまらないのでポストにもならない。岩渕のシュートは決めなければ。最後の踏み込みが大きすぎたのかな。
    楢本はあまりに存在感がない。まったくアピールになっていないなぁ。それに比べて中島の存在感は大きくなった。どのポジションでもできるし、球離れもいい。万屋が攻め上がったあと、戻れずにいるときなどバックに入っているし、守備にも貢献していた。

  • >>No. 7385

    それをいうなら高木妹じゃない? サッカーを辞めてスケートに専念しちゃったんだから。サッカー続けていれば、間違いなくなでしこ。惜しいねぇ。

  • しかしすっきりしないゲームだったね、対韓国戦。勝ちは勝ちだけれど。
    実際パススピード、パス回し、走力などは韓国の方がよかった。
    なでしこは個人で打開して3点もぎ取ったけれど、あまりほめられたものじゃない。
    どうも高倉体制の形が見えず、どう戦うのか、こちらに見えてこないなぁ。
    結局選手のセンスなのだろうが、スモールフィールドでつなごうとしても、わざわざ込み入ったところにパス出ししたり、チャンスボールのパスを相手にしちゃったり……。
    守備は守備で両サイド、特に右からの攻撃に力を入れているのに選手へのケァがない。両サイドバックはサイドの選手をもう少し見るべき。相手の2点目はサイドの選手へのケァ不足。

    田中は、正面で相手をかわしてのシュート、これは決めなければ。宇津木はもう少し右足を使ってほしいね。遅いか。
    全体に言えることは、パスを正確にと言うこと。特にフリーの時。苦し紛れのパスがちとおおすぎた。もちろんスピードも。
    高倉監督、長谷川→籾木がワンパターンすぎないか。タフな中島は先発でいい。

  • 一見、善戦。しかし実体は、完敗——そんなゲーム。おそらくあと何時間やっても代表は得点できなかったんじゃないか?
    前半、よくプレスで頑張っていたけど、得点のにおいはしなかった。結局、ゴールをこじ開ける仕方が、このチームには全くないんだろうな。後半は、内容的には一方的に近い。
    代表のもろさは、何度も言ってるけど、メ×ラパスが多すぎること。少し寄せられると、ただ蹴るだけ。あるいは後ろへ返す。かりにフリーでパス出しをしても、目的地には到達しない。だから結局、幼稚園児のサッカーになる。代表は、こんなにパスが下手だったのかな? 

    今回も吉田。最終ラインにいて簡単にかわされちゃあねぇ。
    長澤はよかったと思う。攻守に利いていた。それに比べ森岡は守に問題がある。攻ではいいセンスを見せるけど。浅野は頭の問題じゃないか。「もっとレベルアップしなければ……」といってたようだけど、レベルアップする場所を間違えないように。長友も衰えを感じるなぁ。
    蛍、どうしてゆるゆるのパス出しをするのか。本人は優しいパスをと思っているのかも知れないが、相手にとっては絶好のカットできるパス。興梠、彼はいったい何をしに行ったのか。杉本でなく彼を使ってほしかったね。

    「可能性を感じる。私にはアイディアがある」ってハリルはのたまったけど、もういい加減アイディアを見せてくれ! W杯が終わっちゃうぞ。

  • あと一時間強。どんなお手並みをハリルが見せてくれるか? ま、おんなじだろうけどね。
    終わってから、また。

  • 一つ言い忘れた。ビデオ判定はサッカーの流れを分断してしまう。見る側にとっても興味が著しく下がる。やはり、あやふやな部分があるかも知れないが、審判の目だけで判定をしてもらいたい。ただ、ライン上のゴールなど、ゴールかそうでないかの判定は、ビデオやゴール判定レフリーが必要かも知れない。

  • オールタイムオールコートプレス——これがハリルのW杯戦法なんだね。バスケみたいだが。
    前半の始まってすぐ、後半のほぼ、この戦法でやれたことはよかった。あとは前後半を通してできるかできないかだ。
    この戦法を見ていると、やはり長谷部の衰えが気になる。ブンデスでも休んでいたので(直近のゲームには出たようだが)、やはりゲーム勘なのか? ただ、せっかくフリーで持ちながら、攻めのパスよりは守りのパスが多かった。

    しかし、このままワントップのシステムで行くのかね? せっかく競り勝っても、誰も拾いに来ないとなると、大迫はただだ消耗するだけになる。大迫・岡崎のツートップにして横並びにせず、岡崎下がり目。プレスなら岡崎の独壇場だろう。ここは442を考えてもらいたいね。

    今日のゲーム、彼我の差はいっこうに縮まらない。能力のレベルに差があるので、これは致し方はないが、せめてパスの精度を上げてもらいたいなぁ。早い展開早いパスがきっちり通るブラジルには驚かされた。いままでのブラジルと違う。前半のブラジルの戦い方、これを代表は目指すべきだろう。それには、早いパス、その精度、受け手のフリーランが必要。

    虐殺までは行かなかったが、痛くないように殺された感じ。まさにプロの殺し方。ベルギー戦、せめて差し違えるところまで迫ってほしい。

  • >>No. 14

    逆にどんどん興味がわいてきたよ。というのは、ハリルはテストといってるが、これは新戦力見極めのテストとは考えてないんじゃないか? つまり、W杯本戦での戦いをシミュレートしてるんじゃないか? ハリルのテストの意味合いは、ここにあるかと。で、ハリルはどんな戦いをさせるのか——こに興味があるってわけ(引きこもりのカウンターじゃ困るが)。

    ま、虐殺を食らったら、メンバーも方針も変わるかも知れないけどね。そのときはベルギー戦をのんびり見るつもり。

  • 相変わらずハリルの選手選考はよくわからんね。大失敗は長谷部招集じゃないの? 膝痛があるらしくゲームにも出ていない。ハリルがホントに長谷部を頼りにするなら、今回は見送り、休ませるべきじゃないのか。間近で見ているチームの監督も長谷部の起用には慎重だし。
    もう一つは、興梠の選出。確かにここのところ調子は良さそうだし、ACLでも存在感を見せた。だったら、10月のに連戦に呼ぶべきじゃなかったか(彼が突然変わったとは思えない)。
    本田・香川の不選出は支持する。ただ、岡崎はどうなの? ハリルのフォーメーションでは居場所がないということか。

    ハリルの考え・戦術はどうなんだろう? DF陣で持ちこたえて、あとはカウンターで、という弱者のサッカー(?)しか考えていないんじゃないか。この監督の戦いは、前線にいいタレントがいないと成立しないタイプかもね。
    虐殺だけは食らわないでほしいが……。

  • ハイチ戦、ヘンなゲームだった。
    2点とるまでは、縦に行く推進力と球離れの良さで、スピード感あふれる攻撃リズムだったけど、中央を破られ1点返されたとこからヘンなゲームになったね。
    以降は「俺たちのサッカー」になっちゃった。横パスだらけで、気の利いたの縦パスがはいらない。そして中央からの攻撃ばかり。しかもワンタッチパスはほぼなく、一呼吸置いてから受け手を探す有様。本来香川がこれを打開しなきゃならないんだけど、一緒になってやってる。

    小林は期待した割にサッカーが小さすぎる。後半はじめサイドチェンジのボールを車屋に出したけど、これだけだった。足もとこちょこちょはダメなんだよ。もう少しゲームを動かさなきゃ。
    CBは二人ともすっきりしないなぁ。槙野よりも植田・昌子コンビを見たかった。

    11月は大変だ。二試合とも大虐殺食らわないことを祈りたい。

  • NZ戦での香川、なんか限界に来ちゃってんじゃないかと思った。パス出しのタイミングは遅いし、シュート打つタイミングも遅い。何でこうなるの?と思ったら、代表なんだね、チームが。
    ドルトならそれなりの選手が動くから香川のタイミングでもいいかもしれないけど、代表のレベルで(つまり香川に似たようなレベルの選手たちで)同じことしてもダメ。せっかく本田抜きの実力を発揮できる場面なのに、アレじゃぁ。故に、彼は限界(普通の選手になった)と思う。
    しかしハリルのトップ下を置くフォメ、何とかならないのかしら?

    もうひとつ。選手を見極めるゲームといいながら、相変わらず選手交代が硬直している。もっと早く交代枠使うべきじゃないか。

    後半、ロングスロー、ロングボールをがんがんやられたら、相変わらずそれを打開できない。クリアを中盤で拾われるのも、よく見た光景。なんか、進歩がない。

    最後。GK川島はもうわかってるはずなんだから、ゲームの趣旨として、東口なり中村を使うべきじゃないの。ハリルはわからん。

  • 以降はこっちで、ということですな。

    準決勝は、たぶん生きているウチには見られないと思うけど、まずはベスト8を見てみたい。
    あと9ヶ月で、どのくらいチームが成熟するか、そして、ラッキーボーイが出現するか、ベスト8にはこれが欠かせないだろうね。もちろん、そのほかにも課題はたくさんある。決定力、守備力……。
    今回は正直、あきらめていたけれど、どうにかこうにか出場できた。だから初出場したフランス大会の、あの初心に戻って応援したい。

  • 本田はチームのスピードについて行けない感じ。細かいパスが多すぎるし、一人昔のサッカー(俺たちのサッカー)をしている。これではメキシコでも苦労しそう。
    柴崎は期待外れだった。パスコースが無理筋過ぎないか? 守備面でも今ひとつだったし。ハリルが本当に使いたいのなら、親善試合にも呼んで使って、いまのチームと合わせられるようにすべき。
    杉本を使うなら後半頭からだったんでは? もっとボールが入らなければ、評価が見えない。
    岡崎の動きはいいが、ゴールという怖さがなくなった。

    とりあえず、最終予選は終わった。あとは本戦を待つのみだけど、11月に欧州遠征があると聞く。ここが最終試験の場になるのかな。ともかくも緊張の一年は終わった。

  • サウジ戦は水曜日と考えていたら、なんと、24時間前!

    さてどう戦うか。メンバーはベースを豪州戦にするのか、はたまたベンチメンバー中心に作るのか、いろいろな報道を見ても、さっぱり要領を得ない。当日にならなきゃわからないというのも、いかにもハリルジャパンらしいね。

    負けず嫌いのハリルだから、勝ちに行くのは当然だろうけど、では、豪州戦と同じというのでは、あまりにも芸がないし、サウジと豪州はスタイルも違う。

    サウジはロングボールも多く使ってくると思うが、勝敗を左右するのは中盤だろう。長谷部リタイアだし、アンカーを置くとすれば山口か。時々ウォッチャーになる悪いクセが気にかかるけど。井手口と、もう一人は柴崎を見てみたい。前の三人は、大迫はケガ上がりだし、ここは杉本も見たい。左右は、原口と久保。ここに本田という報道もあるが、どうだろう。

    出場も決まったし、初めてリラックスしてみられるゲーム。もちろん勝ってほしい。

  • >>No. 223

    タイトルはこのままでいいのでは。
    「ロシアW杯をあきらめるな」は、W杯優勝を目指せ!とも聞こえる。むろん優勝はとてつもない夢の領域だけど。
    ベスト8を目指そうという意味の「あきらめるな」に同意します。

  • >>No. 221

    終わるべきでしょうか? そう言われるとちょっと寂しいし、219くんのいわれるように、本戦が終了するまでというのはいかがでしょう?
    最終予選、この板で勇気づけられたことも多かったし、勝手なことも書きましたが、あと一年弱、ああでもない、こうでもないと、気ままに書き込みませんか?

  • 1時間後。
    いやー、よかった、よかった。ロシアをあきらめない気持ち、選手と共有した感じ。

    しかし実際、この先発。ホント、ハリルはばくち打ちだね。1年前のばくち(大島)で失敗したにもかかわらず、1年後にもっと大きなばくちを打った。失った掛け金をごっそり取り戻しようだ。

    このゲーム、日本代表にとって、転換期の出発点かも知れない。W杯までの期間、選手は大きく入れ替わるんじゃなかろうか。ハリル電車は準急や快速ばかりになって、各駅停車の鈍行はいらなくなるかも知れない。準急快速といっても足の速さをいっているのではなく、ゴールへ迫る道筋が単純化されるということ。つまりは、豪州のスタイルと真逆に進む。
    今日の2点とも、いわば早いプレスと早い攻め。結局大事なのは個人技と運動量ということになる。通過待ち(タメを作る)をせず、直線的に目的地へ向かう、体力と知力が必要ということだ。ハリルもたぶんこれを選手に求めていたのだろう。

    ロシアW杯出場が決定して、ここはどうなるの? >半跏思惟くん
    これで閉鎖というのも、ちと寂しい。

本文はここまでです このページの先頭へ