ここから本文です

投稿コメント一覧 (4540コメント)

  • >>No. 10561

    yamaさん、お早うございます。

    SGHDの信用を利用した売買には意味が感じられません。実行する場合は現物で充分ではないでしょうか。昔のように名義書き換えがあるわけではありません。それに無駄な経費を使うことになります。それとカブコムの一般信用は特別の意味がない限り経費が高くつきますので止めた方が良いです。制度信用で充分です。

    肝心なのはTOPIX組み入れ日以降、株価はどうなるかと言うことに尽きます。
    郵政の場合、TOPIX組み入れ日前に高値を付け、以降今日までその高値を超えてはいません。多くの場合、TOPIX組み入れ日は売りチャンスであるわけです。
    ただ、直ぐ下がってしまうということではなく、後は実力次第。IPO効果が薄れるということです。

    SGHDのレーティングで目標値は2,500円~3,000円、多くが2,600円です。目標値を超えるのはレアです。2,510円の高値は役割を果たしているように見えます。
    TOPIX買いに期待をかけ過ぎ、大勢を見失わないようにすることが肝要かと思います。

    TOPIX買いについては「TOPIXのインデックス買いで1年で22.7万円の利益を得た具体的手法」が参考になると思います。ご覧になってみて下さい。その中で「TOPIXに採用された翌日から株価は下落傾向にありますね。そのため、TOPIXインデックス買い投資を行う時は、採用日以降は保有しないようにしましょう」とアドバイスしています。

  • 【三井不動産ロジパークの一般信用枠が取れない】

    公募が発表された15日からカブコムの一般信用枠の取得に挑戦。外れ続きです。
    公募発表後も上げが止まらない株価。売り枠が確保できない限り公募の申し込みはできません。
    24日が値決め日。当日申し込みでは配分は期待できないし、今夜の挑戦が最後になります。
    連日、競争率は10倍以上。殆ど期待はできませんが。
    それにしても、どのような根拠でこれ程の人気を維持しているのか。思いつきません。
    スターアジアは今日が値決め予定日ですが、すっかり死に体になってしまいました。

  • 【日経平均、エッ!のプラス引け】

    マイナス引けと思われた日経平均、最後にひょこっと上げてプラス引け。8円高です。
    夜間で買った安川情報、アジュバンコスメは成り売りでした。
    GDで寄りが殆ど底値圏。少々勿体ないことをしてしまいました。もう少し上の寄りが目算でしたが。

    三井物産が20円以上下げていたので、これはチャンスとばかり買いましたが、その後もジリ下げ。
    30円安までありました。同値で逃げるのが精いっぱいとなかなか利益になりません。
    利益にならないのはKDDIも同じ。ボラが小さい。あるいは最近はと言うことかも知れませんが。

    値決め予定のハーモニックは240円高。値決め日に驚きの展開です。成長性期待で買われているなら、明日以降も大幅高をして欲しい。安く買える期待がありましたが、そうは行きませんでした。
    今日の値決めに何の問題もないと思います。

  • >>No. 10558

    yamaさん、お早うございます。

    少しでもお役にたてることがあれば幸いです。
    株式投資はとても難しいです。何年経っても。売り買いが拮抗することがその表れでは。
    正解が沢山あったり、不正解が沢山あったり。正解だったものが不正解になったり。
    一時的な利益は大きな問題ではありません。次の大きな波に失われるかも知れません。
    最大の資産は幾つもの波を乗り越えて行かれる自分なりの知識ではないかと思います。
    昨日よりは今日、今日よりは明日、売買を通し知識を蓄えることが肝要かと。日々精進に励みます。

  • >>No. 132

    日経マネー3月号のメインテーマは「目指せ!10倍成長株」です。
    PART1は知られざる成長企業、3つの手法ですごい会社を発掘
     ①長期安定成長期待Gスコアが高い会社
     ②競合他社が嫉妬するすごい知財を持つ会社
     ③アナリストが見ていない&地方会社のすごい会社
    この③で「アナリストが知らないスゴイ会社」に取り上げられています。
    内容は「電力・ガスとマンションが好調」「今期予想 経常増益率63.5%」
    等にコメントしています。

  • 【いよいよ明日はハーモニックの値決め日】

    公募が発表された5日の株価は7,330円でした。流石に翌日は210円安のGDスタート。
    ところが引けは90円高と驚かせてくれました。17日には8,350円と年初来の高値。
    ボラが大きく400円を超える日もありと健康には良くありません。

    精密制御減速装置が超繁忙で生産が追いつかない状態とのこと。業績の飛躍的な伸びが期待されます。
    ジャスダックでは時価総額トップ。早晩、東一に昇格するのでしょうが。
    成長期待は大きく、高株価には恐怖があります。配分に冷や汗ものでしょうが、やはり多く欲しいです。

  • NISA口座は家族3口座ともSBIでの設定です。対面でも考えましたが、プラチナIPOを対面で配分されることは先ずありません。SBIならIPOポイントで3年に一度は可能性があります。対面で配分される微妙IPOではマイナスの可能性もあり、NISAでは損益通算できません。このようなことが決め手となりました。

    NISA口座にはIPOを入れています。そうそうIPOは当たりませんので残りはリート、底値圏と判断できる株を入れています。毎年、枠を使い切りますが持越しは僅か。昨年までの分は使いっきりになっています。
    複数の証券会社で使えるようになればIPOだけを入れることもできるのでしょうが。何時か実現して欲しいです。

    メルカリは期待しますが、大型とは言え配分は少なくなるのではないでしょうか。欲しい案件です。

  • >>No. 10551

    SGHDのTOPIX買いが入ることは確かです。では、必ず高くなるかと言えば、これは何とも言えません。蓋を開けてみなければ。
    TOPIX買いで一儲け、この発端は郵政3社が上場された時にTOPIX買いで引け値が大きく上げたことにあろうかと思います。その後、同じような条件のものを買ってみましたが殆ど不発で、逆に下げられたこともあります。成果のなさ、難しさに現在は狙いません。
    MSCIで試された方もいますが、あまり結果が良くなく、今は止められているようです。

    確かに二匹目の泥鰌が確実に捕えられるものなら、こんな楽なことはありません。法則性があれば助かります。投資家であれば、あれやこれやで有利な手法を探し求めますが。言えることは皆が皆、狙うような時には期待するような結果は実現しないということです。相場の教訓でもあるかと。
    買い需要があっても、それまでに手配が殆ど済んでしまうこともあろうかと思います。売り抜け目的で買ったものが多ければ、大引けに安くなることは当然です。

    SGHDもTOPIX買いが終われば一応のIPOイベント終了と考えた方が無難ではないでしょうか。万が一、当日、引けが売られた形になると翌日は売り優勢になろうかと。
    今週、高いところがあれば利確態勢かなと見ています。そのため、これからの買いは注意したいです。押し目だけに絞ろうかと。
    3月の配当を取るか否かは今から考えない方が良いのではないと考えます。株価が下がってしまえば、例え配当が入ろうと、あの時に売っておけばになりかねません。資金は流動化が吉です。

  • >>No. 10551

    KDDIもそれなりに魅力を感じます。ただ、yamaさんの場合はNTTの方が合っているのではないかと思われます。NTTとKDDIを並べると確かにPBRの面では差があります。PBRに拘ると、では郵政はどうなるのだろうとなりますが。

    私はファンダを見る時はPER、PBR、利回りを見ます。PBRの低さは不人気の裏返しにもなります。しかし、郵政のように1株純資産の半分にも評価されない株価は異常ですね。PBRの低さが物色対象になることもありますが。
    NTT等ディフェンシブ銘柄は安心買いができますし、人気循環で利確が狙いではないでしょうか。相場の綾には必ず出番がある筈です。それに分割で売買、鞘取りも狙える楽しみがあります。

  • >>No. 10551

    yamaさん、お早うございます。

    >売却した時の外部環境や相場状況と現在のそれらとは全く違うから、過去の自分の売買と関係なく、現状を正しく評価して売買に臨むべし

    これも正解であることは確かです。特に相場が大きい時は。相場環境が変わってしまったのに過去に拘泥することは好機を逃すことにも繋がりかねません。言葉は簡単でも行動はなかなかそうは行きません。どうしても有利なポジションでいたいと考えるのは誰も同じことです。もう少しで買えるという時に反転、結局、痺れを切らし更に高いところで買ってしまうということが起きてしまいます。

    逆に反落し勇み足となった場合は失敗感が強く、相場の出直りで一旦撤退と逃げてしまい、上げについて行かれないことはありがちです。しかも、2進1退では同じことを繰り返す恐れがあります。上がれば上がるほど恐怖心は強くなります。相場をリアルに見ていると過度に反応してしまいます。

    このカバー策は分割買いだろうと思います。そのまま上がってしまう場合は効率が悪くなりますが。あの時、ドンと買っておけばと悔やむことはあります。しかし、基本は上げも下げも分割と考えています。
    分割を何回まで考えるか、ウエィトをどうするか、これは自分のメンタルとの相談です。
    要はストレスがあまりかかるのは考えものです。常に平静でいられる自分に合ったやり方が最良である筈です。相場は資産の増殖でもありますが、楽しみでもある筈です。楽しくないものは長続きしません。

  • 日経マネー3月号 「アナリストが知らないスゴイ会社」に
    取り上げられています。
    理不尽な下げに買い下がっていますが、月曜日からももう少し。
    見直しは必至と確信しています。

  • 【小鳥がやって来る】

    カミさんが庭の一画で育てている野菜を狙って、小鳥がやって来ます。
    隣との境界線近くには柑橘系や柿、梅の木を植えているので僅かな面積なのですが。

    朝、ラジオ体操をしながらカミさんは温州蜜柑、甘夏、オレンジなどが綺麗な色に染まり、幸いを感じている。あそこが痛い、ここが痛いで湿布薬、鎮痛剤を欠かせないので、畑は止めたらと言うのですが。
    やはり、土いじりがないと寂しいようです。
    今は小松菜かほうれんそうの葉物とネギ。ネギは細く雑草のようですが。葉物はそれなりの成長をしています。

    小鳥はヒヨドリ、雀、セキレイ、キジバトなど。たまに歓迎しないカラスやムクドリ。
    ま、しょうがない、小鳥では。ついばむ姿を見てカミさんと笑う。

    弟のところでは台を建て、リンゴを半切りにして置いてあります。結構、小鳥が来るらしい。昔、商店街の一画でしたが。
    花や木も気持が和らぎますが、小鳥も野菜をついばむ姿にはいやされます。

    今日の映画
    ■ジオストーム   ○
     評論家はあり得ない話と星2つの辛辣な評価。面白かったし、災害のシーンにはどうやって撮るのだろ うか興味が湧きました。

  • 【夜間PTSでの買い】

    昨晩は決算が悪く売られた2つを買ってみました。安川情報、アジュバンコスメです。

    夜間では好業績、悪業績どちらも買います。どちらかと言えば悪業績の方が安心できます。
    好業績でS高やそれに近いところを買っても翌日、そこまで買われない場合、痛手は大きくなります。
    これで忘れられないのはカシオ。自社株買いに競って高いところを買ったのに翌日は特売りになってしまい、600円前後のハンデを負ってしまった。
    悪業績でも安く買ったと喜びも束の間、翌日S安とか枚挙にいとまはありません。年間を通しプラスになれば参加の意味はあります。

    安川情報はこれまでも業績に安定性がなく何度となく売られ、株価を判断し買っています。安川電機の持分法適用会社は魅力です。それにIoTの優位性。来期の急回復予想もあります。更に下げれば少し買い増してみたい。
    アジュバンコスメは最近アイスタイルが出直り9月の安値から2倍になっています。アイスタイルが動くと運営の「アットコスメ」からアジュバンコスメが連想されます。その関係か、このところ上がっていたアジュバンですが、悪決算。それでも3桁の下げは行き過ぎだろうと買いましたが。
    セットでプラスになれば処分方針です。

  • >>No. 10546

    yamaさん、お早うございます。

    中長期スタンスの投資の場合は、ザラ場をあまり見ない方が良いのではないかと思っています。ザラ場を見ていると動きに惑わされ不必要な売買をしてしまいがちです。値動きの上下を見ていると何となく取れそうな気がしてインしてしまう。その中、中長期スタンスの玉まで動かしてしまうことになりかねません。大局観を失ってしまう。そう感じることは多いです。

    昨年後半、私も中期方針でと懸命に銘柄分析したことがあります。その中にはオムロン、TDKがあります。Yahooファイナンスにその時の株価を記録してあります。既に50%超の値上がり。もう、こうなると買いに出られません。その時は別の同水準の銘柄を買った筈ですが、デイトレのように終わってしまった筈です。何を買ったか記憶にありません。

    慣れた銘柄で売買するのは鉄則です。失敗は予備知識がない銘柄に取り組んだ時が圧倒的に確率が高まります。プロの投資家・立花義正さんのようにパイオニア1銘柄で勝負された方もいます。

    村田製作所の買いが売った株価より下なら確かに鞘を取っての買戻しになります。そう考えれば気分的にはまるで違いますね。日経のニュースから村田の動きは変わりました。時間をかけて新値更新を期待したいところですね。次の日経平均大幅高でどのような動きをするか楽しみはあります。
    昨日もKDDIを買いました。チャートから安心して買えます。ただ、鞘取りは思うようにできません。NISAに入れ見守ることも必要かなと考えています。

  • >>No. 1011

    何時もながらお見事の一言です。唸ってしまいます。
    拍手、拍手しかありません。

  • 【東証リート指数、11連騰ならず】

    連騰の途切れは残念ですが、息の長い相場を期待すれば、格好のお湿りです。しかも。僅か6.48ポイントの下げという、痛くも痒くもない幅。来週も期待してしまいます。
    公募に資金が回りますので、資金の必要がないコンフォリアを繋いで、外して。今日は指数が2桁マイナスで推移していましたから、動かない、低いところでの売買となりました。5つ売って2つ買戻し。あと4口残りです。
    権利確定日に向け、多少堅調になるのではないかと高値売りを目指したいです。

  • 【今日も下げが止まらないサーラと九州リース】

    何とか昨日の下げの半分弱がプラスとして残った日経平均です。44円高。
    後場のマイ転にはこれは続落ではないかと思われた。続落と多少であれプラスで終えたのは大きく違う。マイ転からのプラス浮上には堅調さが感じられました。来週、仕切り直しの期待が持てます。

    銘柄が増えてしまい、持株の売買で凌ぎたいのにサーラと九州リースは続落です。しかも、反転らしい雰囲気がありません。サーラは16日の749円から今日は685円までの4連続安。まだ公募を抱えている向きがいたのでしょうか。いくらでも売りが出て来ます。これには辟易。

    銘柄減らしのため物産を損切り。待っていたように上げ始めるのですから。サイゼリヤも薄利で売れるので。昨日、買ったSGHDは売りたくありませんでしたが、損せず売れるので。
    SGHDは後場、2,470円の高値を付けた瞬間、ドカ売りで2,411円まで一挙の下げ。あぁ発注しておけば良かった、まさかこんなことが。ふと、出てなかったか、注文。2,415円が約定していました。即、2,457円売り。これでは持株に入りません。

  • 【NY97ドル安、先物100円高】

    NYの下げは過熱を覚ます意味で良かったのではないでしょうか。上げのピッチが速すぎます。下げるよりは上げが好いのは当然ですが、反動が怖い。相場を息の長いものにしてもらいたい。2進1退、ジリジリが安心です。
    日経先物は昨日の下げはいかに何でもの帳消しの上げでしょうか。ジックリと24,000円台乗せを果たしてもらいたい。まだまだ先の長い旅路の筈です。こんなところで足を吊ってはいられません。

    酷い下げになってしまった私の雑株、今日は戻して欲しいものです。

  • 昨日の下げは重苦しい雨雲から持ちこたえできずドッと大粒の雨が落ちてきた、そんな感がありました。今朝の日経は伝えます、「株、上昇ペースに警戒感」。日経平均24,000円乗せが契機の売りだったと思います。
    上昇ペースに警戒感は米国ではないかと。余りの上げピッチに不安を覚えます。今回の相場の寿命は米国次第でしょうから。

    yamaさん、焦ることはないと思います。HYPER SBIの33業種、電気機器には261銘柄があります。
    村田製作所は日経の来期収益回復に呼応する上げだったわけですが、会社四季報では取り上げていることです。細かなところで上方の可能性があるということでしょうが。
    18,000円を超えると動きは軽くなるのでしょうが。その前に17,000円当たりでは重くなりそうです。銘柄として妙味はありますが、買いのタイミングも必要かと。いずれにしても注目です。

  • >>No. 13251

    次にSBIでリートの公募がありましたら、ぜひ申し込んで下さい。多少でも安いのは有利になります。
    私の20口申し込みの口座はミスがあって、抽選対象外になってしまいました。まともなら1口は確実に貰えたのに。勿体ないことをしてしまいました。

本文はここまでです このページの先頭へ