ここから本文です

投稿コメント一覧 (867コメント)

  • ビットコイン 中国政府は取引所閉鎖だけでなくマイニン
    グ、P2P取引も取り締まる︖

    ウォールストリート・ジャーナルによると中国政府のビットコイン取り締まりは、これ
    までに発表されたICOの禁⽌、ビットコイン取引所の閉鎖にとどまらず、
    マイニング活動やピア・ツー・ピア(P2P)取引までにも及ぶ可能性があるそうです。

    ⼀例としてこれまでWeChatというメッセージング・プラットフォームを通じて⾏われ
    てきたP2P取引は「やばい」ということで、エンクリプションされたTelegramという
    メッセージング・プラットフォームへ移⾏しはじめているそうです。

    また中国国内から、アメリカのビットコイン・ウォレット企業、コインベースなどへア
    クセスすることも遮断される⾒通しです。
    これまで中国のビットコイン・マイニング産業は中国政府の規制が及ばない聖域だと考
    えられてきました。しかしマイナーの中には政府がマイニングも禁⽌するのではない
    か︖ と恐れる⼈も出てきているそうです。
    h ttp://markethack.net/archives/52055472.html

  • 中国、ビットコインP2Pも禁止へ
    中国はビットコインについて、取引所以外での売買も規制する
    ウォール・ストリート・ジャーナル 2017 年 9 月 18 日 21:54 JST

    【北京】中国当局がビットコイン取引の取り締まりの範囲を拡大している。

    事情を知る関係者によると、当局は中国でのビットコイン売買に使われる経路の包括的な
    禁止を決めた。規制を取引所の閉鎖以外にも広げる動きとなる。

    政府関係者はこうした方針を15日、北京での非公開会合で業界幹部らに伝えた。複数の出席者が明らかにした。多くの中国ビットコイン業界関係者の間では先週まで、当局が閉鎖するのは取引所のみで、売り手と買い手が直接取引するピアツーピア(P2P)のプラットフォームは
    容認すると考えられていた。

    この会合、また中国のビットコイン・プラットフォームの少なくとも1つが先週、当局の指示に従い一対一の取引を中止すると発表したことで、規制が大幅に強化されるとの見方が広がった。
    ビットコインの取引全体に対する今回の規制は、人民元の対抗馬となる通貨制度の拡大を制限する当局の取り組みとしては過去最大のものとなりそうだ。

    関係者によると、米コインベースや香港のビットフィネックスなど、海外ビットコイン取引所サイトへの中国本土からのアクセスも禁止される公算が大きい。

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が確認した15日の会合での配布資料によると、当局は北京に本拠を置く取引所に業務終了を指示し、顧客の預金に使用している銀行口座の情報を20日までに提供するよう求めている。

  • Jコイン・・・関連ww?  ここはービットコインやろ☆!

    新仮想通貨「Jコイン」 みずほ・ゆうちょ・地銀が連合
    個人同士や企業との決済、便利に
    2017/9/17付  日本経済新聞 

    個人がインターネットやお店などでの支払いに使える新しい仮想通貨の創設へ向けて、
    みずほフィナンシャルグループやゆうちょ銀行、数十の地銀が手を組む。
    円と等価交換できる仮想通貨「Jコイン(仮称)」を扱う新しい会社を設立。
    銀行の預金口座とつなぎ、仲間同士や企業との間で決済のお金を自由にやり取りできる。
    決済サービスでは中国のアリババ集団や米アップルが存在感を強めており、
    邦銀連合で規格をそろえて対抗する狙い。
    ほかのメガバンクも含む大型の連合に発展する可能性がある。

    構想では利用者がスマートフォン(スマホ)の専用アプリケーションを通じて自分の銀行口座から円を引き出しJコインに換える。コンビニや外食チェーンなどではそのコインを支払いに使える。個人間の送金は手数料ゼロだ。

    ■円と等価で安心
    急速に広がるビットコインのような仮想通貨はその時々の需給で価値が上下するが、
    Jコインは常に円の価値と同じなので値段が乱高下しない。
    特徴の一つがネット上で個人や自営業者、企業などあらゆる主体の間でお金を常時やり取りできることだ。

    日本では専用カードに入金する電子マネーや預金口座から引き落とすデビットカードなどが
    普及している。
    新たな仮想通貨はプリペイド式の電子マネーの良さを取り込みつつ高い信頼性と流通性を備えたもので、2020年までに始める構想だ。

    みずほは今月、ゆうちょ銀のほか横浜銀行、静岡銀行、福岡銀行をはじめとする地銀70行、
    IT企業が参加する準備会合を開いた。金融庁も一定の理解を示しており、近く詰めの協議に入る。三菱UFJフィナンシャル・グループは「MUFGコイン」を試行中。みずほも独自の道を探ってきたが他行も参加できるプラットフォームに転換。三菱UFJにも合流を打診し、両行で可能性を探っている。

    日銀によると、国内の電子マネーによる昨年の決済総額は5兆円余りで前年から1割増えた。決済ビジネスはアップルなどが世界標準を競い合う時代に突入しており、邦銀連合の仮想通貨にもアジアなどグローバルな土俵で戦える制度設計が欠かせない。

  • ここの住民は、特損や赤拡ー好きよなw
    誇りに思ってる? 
    18年3月期は純損益16億円の赤字
    特損6億w 来期も赤字予想。 これが好きなんやねw
    流石ー低位株ホルダーw

  • > 中国の仮想通貨取引所、9月末までに閉鎖
    > 日本経済新聞 2017/9/14 22:49

    > 今後、上海以外にも閉鎖の動きは広がる見通しだ。
    > 取引所の閉鎖前に換金しようとする売りが膨らみ、
    > ビットコインキャッシュなど他の仮想通貨も大幅に下落している。
    .............

    これから閉鎖が広がるのに~☆

  • > 808円で売った人
    > 今日寝れんやろね
    > (´・_・`)

    明日! ザラ場ー大口の仕掛け見ないとー☆
    分からんよーwW

  • 何で? PTS高値買いw 
    この機会に売り仕掛けない、機関ないわ!☆

  • 中国の仮想通貨取引所、9月末までに閉鎖
    日本経済新聞 2017/9/14 22:49

    【上海=張勇祥】中国の仮想通貨取引所が9月末までに閉鎖する見通しだ。
    大手の一角「BTCチャイナ」が14日付で口座開設の受け付けを終了、
    月末であらゆる取引を停止すると発表した。
    メディアの第一財経は同日、上海市の金融当局が複数の取引所に9月末までの
    閉鎖を通知したと報じた。報道を受けビットコイン価格は急落している。

    ビットコインの価格は取引所によって差が大きいが、
    BTCチャイナは一時1万7千元を割り込み、取引停止の発表前に比べ3割超下落。
    他の大手取引所である「OKコイン」「火幣」でも2万元前後まで下げている。

    共産党首脳の人事を決める党大会を10月に控え、
    中国は金融市場の安定を重視すると繰り返し強調している。

    にもかかわらず取引所閉鎖に動き出すのは、
    仮想通貨を通じ中国国内の資金が対外流出しているとの見方があり、
    その防止を優先したためとみられている。
    資金流出が続けば人民元安を誘導し、金融システムを不安定にする恐れがあるためだ。

    13日には中国インターネット金融協会が「仮想通貨は資金洗浄や違法な資金集めの温床になっている」とも非難した。

    今後、上海以外にも閉鎖の動きは広がる見通しだ。
    取引所の閉鎖前に換金しようとする売りが膨らみ、
    ビットコインキャッシュなど他の仮想通貨も大幅に下落している。

  • 当社の連結子会社である株式会社ビットポイントジャパン
    (以下「BITPoint」)は、
    平成 29 年8月7日より香港において
    平成 29 年8月 28 日より上海において
    現地企業との合弁による仮想通貨取引所の運営を展開しております。
    ..............

    これが↑如何なるか? 早晩閉鎖やろ!

  • 中国のニュースサイト、
    第一財経網が上海の金融当局筋の話として報じたところによると、
    同市はすでに、市内のすべてのビットコイン取引所に対し、
    今月末までに取引を停止するよう、口頭で命じた。

  • いつもそうだが....
    暴落をする言ってる時....暴落しないだよなw
    時間差のフェントかけるか。油断した時....来るよなw

  • 中国、ビットコイン取引所を閉鎖へ=関係筋
    ウォールストリートジャーナル 2017 年 9 月 11 日 14:24 JST

    【北京】中国当局は、国内のビットコイン取引所を閉鎖する計画だ。
    同国での仮想通貨取引にとって大きな打撃となる。

    関係筋によると、中国人民銀行(中央銀行)が中心となって、国内の取引所が仮想通貨の取引サービスを提供することを禁じる規則の草案が作成された。中国当局は数カ月前から検討を重ねており、先週は、企業が仮想通貨の発行を通じて資金調達をするイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を禁止した。

    中国の規制当局は今年に入って、ビットコインを含む仮想通貨の市場を調査していた。
    当局者はしばらくの間、取引所でのマネーロンダリング(資金洗浄)を防止するための規則制定を検討していた。

    だが、ビットコインを含めた仮想通貨の相場が急騰し、国内投資家による投機が進むリスクが高まったため、中国政府のリスクも増した。アナリストや投資家は、ビットコイン相場が昨年上昇した理由の一つは、中国人が人民元の価値低下に賭ける一つの方法としてこれを利用し始めたことだとみている。仮想通貨の保有者は理論上、従来の銀行システムを使わずに、中国の資本管理の境界線を越えて資金を移動させることができる。

    人民銀はコメントの要請に応じていない。

    関係筋によると、人民銀、サイバースペース監督当局、銀行・証券業界などの監督当局の関係者は、数カ月をかけてさまざまな選択肢を検討したが、
    最終的に取引所を閉鎖するとの意見で一致した。

    h ttp://jp.wsj.com/articles/SB12795426772028243441204583385763598572502

  • 中国、ビットコイン取引所を閉鎖へ=関係筋
    ウォールストリートジャーナル 2017 年 9 月 11 日 14:24 JST

    【北京】中国当局は、国内のビットコイン取引所を閉鎖する計画だ。
    同国での仮想通貨取引にとって大きな打撃となる。

    関係筋によると、中国人民銀行(中央銀行)が中心となって、国内の取引所が仮想通貨の取引サービスを提供することを禁じる規則の草案が作成された。中国当局は数カ月前から検討を重ねており、先週は、企業が仮想通貨の発行を通じて資金調達をするイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を禁止した。

    中国の規制当局は今年に入って、ビットコインを含む仮想通貨の市場を調査していた。
    当局者はしばらくの間、取引所でのマネーロンダリング(資金洗浄)を防止するための規則制定を検討していた。

    だが、ビットコインを含めた仮想通貨の相場が急騰し、国内投資家による投機が進むリスクが高まったため、中国政府のリスクも増した。アナリストや投資家は、ビットコイン相場が昨年上昇した理由の一つは、中国人が人民元の価値低下に賭ける一つの方法としてこれを利用し始めたことだとみている。仮想通貨の保有者は理論上、従来の銀行システムを使わずに、中国の資本管理の境界線を越えて資金を移動させることができる。

    人民銀はコメントの要請に応じていない。

    関係筋によると、人民銀、サイバースペース監督当局、銀行・証券業界などの監督当局の関係者は、数カ月をかけてさまざまな選択肢を検討したが、
    最終的に取引所を閉鎖するとの意見で一致した。

    h ttp://jp.wsj.com/articles/SB12795426772028243441204583385763598572502

  • スマゲーは怠いやろwwW

    マネーゲーの快感♪☆最高シビレルゥ~~♪♪

  • これからが醍醐味!!☆☆

  • マスコミの体験リポもきた☆
    配信日は決まってるw 今は株価的、ギリギリ攻防♩

    リリース時☆持ってた奴が勝者だろ!☆

  • 何時☆情報を出すとか....綿密にデザインされてる! 
    確実ヒットさせる戦略だろw

本文はここまでです このページの先頭へ