ここから本文です

投稿コメント一覧 (16043コメント)

  • 写真を連投する人が好んでいた銘柄でしたが・・・

  • ちょくちょく仕手化された感のある銘柄でしたが、これも駄目ですか。

  • 久しぶりに見てみましたがぜんぜん駄目ですか?

  • ぜんぜん駄目になってしまいましたね。

  •  金利上昇が為替を大きく動かしている現状からは、2/28パウエル議長の発言が節目になることは明らか。

  •  NYダウは強気が続いているものの金利上昇の影響が強いでしょうから、高値圏でのボックスを予想します。2月はFRBパウエル議長の発言がどうなのかも注目されるのでしょう。
     2018年度の利上げ回数は3回/4回予定なのかどうか、3月は利上げがあるのかどうか。
     トランプ政権としては緩やかな利上げ派ということでパウエル氏を指名したのですが・・・

    ①2018.2.7 08:06
    パウエルFRB議長が初の証言へ 2月28日
    ttp://www.sankei.com/economy/news/180207/ecn1802070020-n1.html
     【ワシントン=塩原永久】米議会下院の金融委員会は6日、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の就任後初となる議会証言を、28日午前10時(日本時間3月1日午前0時)から行うと発表した。

     米株式市場では、2日発表の雇用統計が予想以上に良い結果で、FRBの利上げペースが加速するとの見方が広がったことが株価急落のきっかけになっており、パウエル氏の発言に注目が集まりそうだ。

    ②次期FRB議長にパウエル氏=緩やかな利上げ派指名へ-トランプ米大統領
    ttps://www.jiji.com/jc/article?k=2017110200229
    【ワシントン時事】米メディアは1日、トランプ大統領が中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長に、パウエルFRB理事(64)を指名する意向を固めたと一斉に報じた。緩やかな利上げを進めるFRBの金融政策の継続性を重視し、現執行部から起用する。上院の承認を経て来年2月に就任する見通し。・・・

  • 光と影。

    ①里見女流名人奨励会退会が確定…26歳までに四段昇段ならず
    2/18(日) 17:08配信
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000165-sph-ent
     将棋の里見香奈女流名人(25)=女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花=が18日、大阪市の関西将棋会館で行われた棋士養成期間「奨励会」第62回三段リーグの15・16回戦で連敗し、通算成績7勝9敗となって今期限りでの退会が確定した。

  • 800円を基準に知れば20%ほどの割安感ありの銘柄。
    一般個人投資家が知りえぬ業績不安疑念があるのかも・・・

  •  来週は22,000円を一度は超えてくる展開を予想します。為替の動向次第では22,500円(半値戻しは22,540円)を超える展開も想定中。ただし、22,500円を超えるあたりからは戻り売りで上値が若干重くなるでしょうけども。
    下値目途の21,500円を割る展開ならば再度の買いチャンスが到来。
    1.不安心理の低下、VIXと連動して売買するプログラムがひとまず終了
    2.NYダウの戻し、上昇トレンドの継続
    3.日経平均のEPS1650円超と増大、ファンダメンタル的に割安感あり、PER12倍台
    4.日銀黒田総裁の続行、リフレ政策の継続
    5.日経平均は一旦21000円割れ、移動平均線200日線に達して反発上昇、下値目途をクリア
    6.景気拡大の継続について強気姿勢の占める割合がまだまだ大きい
    7.ファーストリテイリングなど日経平均構成銘柄の上昇余力が大きい
    8.その他

    ①みんかぶ
    【2月19日~2月23日】日経平均株価テクニカル分析 リバウンド順調。まずは半値戻しの22540円。今週のマーケットの値動を予想
    2/17 17:57
    ttps://minkabu.jp/news/1456026

    日経225先物の金曜日のナイトセッションは日中の終値+160円の21900円
    ■日経平均株価テクニカル分析
    金曜日の日経平均株価は 21,720.25 +255.27 でした。
    引き続きドル円は警戒しなければいけませんが、順調にリバウンドが始まりました。
    金曜日の日経225先物ナイトセッションは順調に終了して22000円に近づいています。
    この辺りはやれやれ売りがでやすいので上値は重くなりそうです。
    うまくここを抜けていけば半値戻しの22540円が視野に入ってきて一旦は利益確定売りを考えても良さそう水準となります。・・・

  • >>No. 76

     スクリーニングをかけるとチャート的にタカラトミーと形状の似ている有望銘柄は思いのほか多かったです。外国人は先週は売りが多かったのですが、来週は期待したいところ。

    四季報オンライン スクリーニング検索条件
     外国人保有比率10%(最小値)、13週移動平均線乖離率ー10%(最大値)、売上高変化率(来期)10%(最小値)、営業利益変化率(来期)10%(最小値)、時価総額200億円(最小値)。

  • >>No. 981

    この調子だと、1357は再び移動平均線の下に潜り込んでしまいます。
    VI、VIX指数も随分と数値が低くなってきていますし。

  •  平昌オリンピック後に予定されている米韓共同軍事演習にかこつけては「鼻血作戦」を行う可能性はそれなりにあったのですが、米政府高官からはもともとそのような作戦自体なかったと言い出す始末。これによって相場の不安定化をもたらす重大な売り要因が消えてしまいました。
     いまや金利上昇に伴う為替の不安定化が一番大きいのでしょうが、105円台から108~110円あたりに戻す展開はそれなりにあると思います。為替の反転がいつなのか、それが目下の関心事。

    ①ニューズウィーク 北朝鮮への「鼻血作戦」は存在せず=トランプ政権国務次官補
    2018年2月16日(金)08時20分
    ttps://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9542.php

    ②日経 北朝鮮先制攻撃「鼻血作戦」存在を否定 米国務省高官
    2018/2/16 7:13
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO26988940W8A210C1000000/
     【ワシントン=永沢毅】ソーントン米国務次官補代行は15日、上院外交委員会の公聴会で証言に臨み、米国が北朝鮮の核関連施設などを限定的に先制攻撃する「ブラッディー・ノーズ(鼻血)作戦」は存在しないと明らかにした。同作戦はトランプ政権が選択肢の1つとして検討していると取り沙汰されてきたが、明確に否定した。

     同公聴会では、共和党のリッシュ上院議員らが鼻血作戦に関して「我々はそうした作戦を話したことも、考えたこともない。そのような用語を使ったこともない」と14日にホワイトハウス高官から説明を受けたことを明らかにした。ソーントン氏は「私も同じ理解だ」と応じた。

     同氏は非核化を前提とした北朝鮮との対話に前向きな立場を示した。ただ、圧力強化の取り組みは緩めない方針を強調した。

  •  2017年度は、世界の指標が最高値を更新する動きでした。日経平均も同じく。他国の指標が、この急落過程で落ちた部分を埋める動きが出てくるなら、日経平均も同じ展開となる思いますね。
     バフェットさんは今回の急落でさっそくアップル株を大幅に買い増ししたとか。

    ①NY株5日続伸、アップルなどハイテク株が大幅高 (15日)
    2/16(金) 7:13配信
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00010000-reutv-brf
     2月15日木曜日-米国株式市場は5営業日続伸して終了。米アップルなどハイテク株が買われ、主要株価指数を押し上げた。今月初めの株価急落を招いたインフレ懸念はさほど重視されていない。アップルは3.36%急伸。米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは当局への届け出で、アップル株の大幅な買い増しを公表。アップルは同社の普通株投資では最大の投資先となった。
    ロイターの我謝京子がニューヨークからレポート。

  • 思いのほか反発しないのは残念。
    金曜日の時点で1120~1150円ぐらいはあって欲しかったところ、

  • 株式投資は定期預金と同じく個人からすれば資産運用の一つです。金利がある程度満足いく水準まで上昇したら定期預金に資産が移ってしまいます。

  • >>No. 940

    イメージ的には一番有利だと思われるところにお金が流れていきます。
    現在は人の判断ではなく人工知能による自動売買が主流でしょうから運用にかかる判断と行動はタイムリーで早くなっているのではないでしょうか。

  •  米国人が金利3%に魅力を感じて米国株を売ると米国株式市場に変調をきたすでしょう。そうなると日本の株式市場も株価下落を引き起こしかねないです。

     日本の株式市場の70%ぐらいは海外投資家の売買に占められているので、彼らの売買動向が日経平均の株価水準を決めてしまいます。

     米金利上昇がある場合に、海外の投資家に対して日本株を売るかどうか尋ねることができれば尋ねたいところ。

本文はここまでです このページの先頭へ