ここから本文です

投稿コメント一覧 (22581コメント)

  • 55億円は返ってくる可能性はないのか?
    それが疑問点としては残る。

  • イタリア/欧州の雲行きが怪しくなってきましたね。
    ドイツ銀行の年初来リターンはマイナス40%とはひどいです。
    スペイン、ポルトガルはどうなのか。

    ①ギリシャより、ましか悪いかイタリア経済 「混乱震源」に再浮上 (1/3ページ)
    2018.10.21 09:05
    ttps://www.sankeibiz.jp/macro/news/181021/mcb1810210905004-n1.htm

    ②ドイツ銀行 チャートほか
    ttps://www.bloomberg.co.jp/quote/DBK:GR
    年初来リターン
    -40.12%

  • 「免震不正の対象となっているダンバーは交換する必要はない」と、会社経営陣は公表したのか。

  • 南海トラフは案外早くに発生したりして。

    ①【緊急警告】「今年のクリスマスにM8巨大地震が発生」高的中率フッガービーツの予言!12月21~25日、南海トラフ地震か!?
    ttps://tocana.jp/2018/10/post_18477_entry.html

    ②南海トラフ:伊勢湾周辺と豊後水道M5超の深部低周波地震「スロースリップ発生中」気象庁
    2018年10月08日 07時00分

    ③ 南海トラフ巨大地震が“7カ月以内”に発生か!?
    【緊急警告・防災の日】南海トラフ巨大地震が“7カ月以内”に発生か!? 過去データで判明、「6つの条件」が揃う絶望的現状を直視せよ! 2018.09.01

  • 民間の建物にも免震不正のダンパーが使われたことをいずれ公表せざるを得ないと見ています。そのとき耐震構造を売り物にしているタワーマンションにも使われているとの発表があればどうなるのか。

  • 震度7に対して大丈夫としながらも基準に満たない製品はすべて交換せざるを得ないでしょう。

    ①KYB改ざん
    データ欠落、安全揺らぐ 免震装置不正
    毎日新聞2018年10月18日 06時30分(最終更新 10月18日 09時50分)
      ・・・
     だが、データが残っているのは2003年1月以降の製品。データ改ざんが始まった疑いがある00年以降の製品や、03年以降の製造分でも一部のデータは残っていないという。検証では、基準値からのずれが42.3%と最も大きかった製品を使っていた建物についても「安全」とされたという。

     一方でデータのない製品は免震用で5137本、制振用で3232本もあり、さらにずれが大きい製品が存在する可能性は否定できない。同社は、製造時期によって基準値からのずれに一定の傾向があることから、「残っているデータから、これ以上ずれの大きな製品はないと推定している」と説明する。既に建物に設置されている製品の性能を検査するのは技術的に難しいため、同社は「データがなくても不適合の疑いがあるものは交換する」としている。・・・

  • >>No. 1603

    海外の高層ビルディングにも使われていたらどうなるのか。日本国内だけならばまだ問題ないのかもしれないですが・・・

  •  地震で倒壊したらどう責任をとるのか。将来起きることが予想されている南海トラフ地震は多くの人が注目しているはず。南海トラフ地震の発生でも大丈夫だと太鼓判を押されたタワーマンションが揺れて倒壊したら悲しい。

  • >>No. 1598

    10年チャートでみて最安値更新もあり得るでしょう。

  • >>No. 1577

     長期間に渡ってダンバー免震不正を行っていたので件数は非常に多いことでしょう。ここ1年2年間だけならばたいしたことはないでしょうが、10年以上前から免震行っていたとしたら大変な件数に上ることが予想されます。免震不正のせいでマンションの資産価値下落/時価が下落したらそれも補償するとなれば大変なことに。しかも10月20日の記事だと建物ばかりか自動車も怪しい。

    ①公表70件 改ざん確認28件 KYB、免震不正1000件超す
    2018年10月20日 07時01分

    ②売上髙の6割が…KYB免震データ改ざんに自動車業界が真っ青
    2018年10月20日 09時26分
      ・・・
    「ほとんどの完成車メーカーがKYBと取引していると思います。業界内では、自動車部品のデータ改ざんを心配する声が出始めています」(経済ジャーナリストの井上学氏)

     実際、市場関係者によると、ある自動車メーカーはKYBに対し「自動車部品のデータ」に関する調査を要求したという。

     KYBの18年3月期の売上高は3924億円。うち免震装置を含む「特装システム等」は272億円で、全体の7%以下だ。一方、自動車関連は62%を占めている。

    「自動車メーカーは、欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタの二の舞いになりかねないと危惧しているのでしょう。KYBは今後、免震装置の交換など巨額な負担金がのしかかります。業績悪化は避けられないし、自動車部品をこれまでと同じように納品できるのか。不安は尽きません」(井上学氏)・・・

  • >>No. 1574

    追加の悪材料の小出し発表は東芝と似てますね。長期の下降トレンドを覚悟せざるを得ないです。決算発表でも期待できない。海外投資家のまとまった売りもあり得ますし。

  •  公共施設(市役所、病院ほか)については公表されているものの民間の建物(タワーマンションほか)にも基準に満たない製品を多数使っていたとしたらどうなるのか。現時点で未公表なので困ります。

  • 1357はしばらく日経平均22500円前後(200日線付近)の株価水準が続くのかも。消費税率10%の話もあるので仕方ないです。1190円売り、1130円買い。中間の1160円あたりは迷うところ。プラマイ30円での利幅取り。

    (1190+1130)÷2=1160

  •  どちらかと言えば10月は調子が悪いことが多いですね。JINさんも動画で説明。

     中国、東南アジア、欧州(イギリス、イタリア、ドイツほか)の経済状況が悪くなってきているようなので週に一度は日経平均が100円200円下げる経済事象が増えてくると感じます。米国株式市場も安泰かと言えばそうではなくなってきていますしサウジも気になるところ。

    ①オレ的ゲーム速報JIN FX投資部
    ttps://www.youtube.com/user/jin115xx
    株、ヤバイ気がする、世界的大暴落の前兆か!?

  •  厳しくなってきていますね。

    ①中国の対米輸出入企業、破綻相次ぐ 沿海部ルポ
    2018/10/19 17:25

     米中貿易戦争のあおりを受け、貿易が盛んな沿海部を中心に民営大手企業の経営破綻が相次いでいる。山東省では米国からの大豆輸入も手掛けてきた化学大手に続き、米国輸出を手掛けてきたタイヤ大手が相次ぎ破産した。太陽光発電設備メーカーが多い江蘇省では工場閉鎖が続く。雇用不安がくすぶる中で、中国政府は電力料金の引き下げなどで経営支援に動き始めた。・・・

    ②中国、貿易戦争の風圧 7~9月6.5%成長に減速
    2018/10/20 1:30

    【北京=原田逸策、多部田俊輔】中国経済の減速が鮮明になってきた。2018年7~9月の実質成長率は6.5%と2期連続で減速し、リーマン・ショック直後以来の低水準に沈んだ。地方政府や企業の債務削減が打撃となり、投資や消費が振るわない。米国との貿易戦争の風圧も強まり、先行きはさらに不透明。日本企業にも下押し圧力が波及する恐れがある。・・・

  • 日経平均もNYダウも少し上昇していますが、100円100ドル程度では大したことはないです。

  •  ムハンマド皇太子の命令を受けて皇太子警護部隊メンバーがサウジ記者を殺害したとしたらどうなるのか。今は、殺害に関与したメンバーが死亡したというお話が出てきているので口封じをしたのでしょう。
     こういう状況ではサウジに非難が集中し、ボイコットする海外要人が多くなっても仕方ないです。孫さんはどうするのか。

    ①サウジ記者不明、“暗殺チームに皇太子警護部隊メンバー”
    ttps://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3501663.html
     サウジアラビア人のジャーナリストがトルコで行方不明になった事件で、地元メディアは「暗殺チーム」のなかにムハンマド皇太子の警護部隊のメンバーがいたと報じました。

     トルコの地元紙は18日、サウジアラビア人ジャーナリストのジャマル・カショギ氏がサウジアラビア総領事館を訪れた同じ日に、ムハンマド皇太子の警護部隊とみられる人物が総領事館に入る様子を捉えた写真を掲載し、「15人の暗殺チームの一員だ」と報じました。ニューヨーク・タイムズは、この人物について「ムハンマド皇太子がアメリカやヨーロッパを訪問した際に、警護部隊として同行していた」と伝えています。

     一方、複数のトルコメディアは「暗殺チームの1人とみられる空軍の中尉がリヤドで不可解な事故により死亡した」と伝えています。・・・

  • >>No. 573

    せもさんは私をライバル視していますね。いい感じです♪

本文はここまでです このページの先頭へ