ここから本文です

投稿コメント一覧 (31コメント)

  • >>No. 708

    3Qの説明にある
    「商談が佳境」「今後の売上計上時期が不確定」
    この説明をどう捉えますか?

    おそらく、来期も業績見通しは非開示の可能性が高いと思います。

    しかし、今度は株主総会という、一般株主が公の場で質問する機会が2ヶ月後にあるので、「台数×掛け算」の真相がそう遠くないうちに明るみに出ると思いますよ。

  • 今後は2016年決算の数字ではなく…、

    ・2016年決算補足資料(今後の見通し)
    ・2017年業績見通し
    ・2月10日決算説明会
    ・2017年3月株主総会

    このあたりが材料視されるんでしょうね。
    複数のプロジェクトがどう売上に結びついて行くのか、その規模が楽しみです。

  • No.6

    様子見

    H29.01.16 15:30…

    2017/01/22 09:20

    H29.01.16 15:30、JIG-SAW株式会社が公開買付届出書を提出。

    報告月における取得自己株式(取得日)
    12月15日 800株 4,676,000円(平均単価:5,845.0円)
    12月16日3,200株 18,278,000円(平均単価:5,711.9円)
    合計4,000株 22,954,000円(平均単価:5,738.5円)
    ttp://tobreport.firi.jp/2017/01/16/post-27404/

    残り5,000株はいつ取得するのでしょうか?

  • 【本決算】
    2月9日(木)と発表されましたね。
    翌2月10日(金)に決算説明会です。昨年に続いて、本決算説明会は質疑応答内容は公表されるでしょう。

    木曜日決算なので、内容だけでなく、今後の事業規模や売上規模にも期待したくなりますね。

  • 今日の寄りで10000株近く売った人は何が目的だったんでしょうね…。年初来高値から75%下落し、これ以上落ちるにしても微々たる差。
    【持たざるリスク】を改めて感じさせられます。

  • この先、売上が60億になれば、この株価ならPERは27倍になりますよ。100億ならばPERは20倍弱。

    過去のリリースから、そのような成長をする可能性があるかないかを考えるのが投資ではないでしょうか?
    短期的な利ザヤを取りたいなら話は別ですが。

  • 【マザーズ】

    材料出るまではジリ下げ、材料出て大きく上か下に跳ねる。そういう性格だと理解しています。

    問題は、2Q補足資料5ページのような売上を中長期的にきちんと出せるかどうかを会社が予測する前に、我々が予測する事です。それを信じない人は空売り、信じる人は買い、勝負は分かりやすいです。

  • 私もそう思います。
    大体の数字は既に整っており、業績予想開示したら、株価がどうなるかくらい、山川社長以下経営陣は分からない訳ありません。

    予想外れな業績予想ならば、業績予想開示とセットで自社株買いをするはずです。
    業績予想開示前のこの時期に自社株買いをわざわざやるという事は自信の現れだと思います。

  • 返信がないと書いてしまいましたが、大変失礼な事を致しました。
    先程、メールボックスを見たところ、下記の返信がありました。
    マニュアル通りの回答ですね…。
    私の質問の仕方が悪く、お役に立てずに申し訳ありませんが、転載致します。

    ===================================================

    JIG-SAW株式会社 IR担当でございます。
    この度は弊社HPよりお問い合わせをいただきありがとうございます。

    業績予測につきまして、
    短信に記載されています通り、現時点でも今後の拡大を合理的に予測するのが
    困難な状況でございます。

    業績予想の開示が可能となった時点で速やかに開示いたします。

    何卒、ご理解いただけますようよろしくお願い申し上げます。

    --------------------------------------------------------------
    このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
    このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
    追加のお問い合わせは再度フォームからご連絡下さい。
    --------------------------------------------------------------

    --JIG-SAW株式会社
    経営管理ユニット

  • 先ほどの続きですが、下記のように質問する予定です。私だけでなく、業績開示について気になる方は、きちんと問い合わせされた方が良いかと思います。

    ==================================================

    貴社の2016年12月期の業績予測開示について、ご質問させて頂きます。

    2016年12月期第3四半期決算には、「年内や今後の売上計上時期が不明確な状況」「予測不能な不確実性が伴う」と記載されていますが、2016年12月期も残すところ、25日となったにも関わらず、業績予測を未だに開示出来ないというのは、極めて異常な状況だと感じます。

    上場している以上、公への情報開示の遅延は許されるべきものではありません。このままだと、年内に開示されないのではないか、と感じざるを得ません。2016年12月期を過ぎてからの業績予測開示は、「予測」とは言えません。本来であれば、直ちにレンジレベルだけでも業績予測開示すべきかと思いますが、せめて、業績開示時期の期限だけでも公表出来ないものなのでしょうか?

    ご回答の程、宜しくお願い致します。

  • 【中長期計画、3カ年計画】

    昨日も投稿しましたが、2Q補足資料のコネクティングデバイス数の運用先の目処がしっかり立っているのか、が今後の大きな鍵になります。それが商談が佳境と言われている部分なんでしょうけど、この時期まで出さないという事は、手応え無しの数字、或いは、異次元レベルの数字、どちらかなのかな、と感じます…。

    あの資料通りにコネクティングデバイス数が【億】を超えるのであれば、売上は100億というレベルの次元ではなくなりますし、今年2月の決算説明会で社長が仰っていた事は真実になります。

    今までの提携先のリリースがきちんと大きな実(売上)に繋がるものなのかどうか、ゆっくり考えたいですね。

    個人的には、コネクティングデバイス数以上に、今後3年間の売上の中長期計画(あくまでも控えめな予想として)を業績予想開示と一緒に出してくれる事を望みます。

  • 【2017年~2020年の業績予想】

    2016年も残り4週間。さすがにここまで予想開示がないとは想定していませんでした。

    2017年以降の業績予想をしてみたいですが、2Q補足資料5ページに記載した通り、コネクティングデバイス数が数億個になる【確約】があるのか、しっかり株主総会で聞いてみたいですね。

    2017年度も業績予想非開示になるんでしょうけど、【合理的な理由】を株主から厳しく問いただされると思います。

  • 【今年も残り5週間】

    ここまで来たら、2016年度の業績予想は出さないまま本決算でも良いと思います。その代わり、2017年度に【確実に】見込める数字を公開した方が株主に対する情報開示ではないか、と感じます。

  • 今日みたいに機関のアルゴ売り全開の日に、場中にお知らせがあると良いですね。たまにはこういう不意打ちもないといけないと思います。

    大型案件が期中に計上されない可能性はありますが、年度を跨いだとしても、しっかり受注出来る事を願うばかりです。

  • 【通期見通し発表】=【商談発表】
    ではないかと思いますので、今すぐには上がらないと思います。逆にそれがいつだか分からないからこそ、出た時のインパクト次第で大きく状況は変わるかと。

    不満は株主総会で直接ぶつけるのが、一番です。通期見通しは期初に出して、都度上方修正を何故やらないのか、という質問は100%確実にあるでしょうし。

  • 今年1Q以外のジグソーの株価推移を振り返ると、決算前はジリ下げ、決算後に騰げる傾向が強いです。

    日々の上げ下げや出来高が増えるのは、3Q以降かなと思いますが、ちょっと下げ過ぎなので、多少なり反発はあるかもしれません。でも、3Qまでは6000円台で推移すると思います。

    いずれにしても、情報開示が遅いと感じているのは、私だけでなく、多くの方々が感じているので、株主総会で必ず指摘されるでしょう。

  • そう予想されているのですか。少なくとも、2Q補足資料は読まれている事は理解出来ましたので、その受け取り方は間違いではないと思います。
    連結7億程度では話にならないという事ですね。確かに、1Q以降、情報開示に乏しい面は否めませんでしたので、もう少し上乗せした数字、プラス、4Qの見通しについての説明は欲しいですね。3Qも非開示は良くないと思います。何らかの数字を示す必要はあると思うのは、同感です。

    しかし、ここで儲けられなかった怨念で、掲示板を利用して憂さ晴らしするのではなく、もっと違うやり方があると思いますよ。今日投げ売りしたばかりだとの事ですが、違う銘柄に目を向けた方が良いかと。

  • おはようございます。

    目先の株価の話ばかりで、一番大切な3Q、4Q、来期以降の業績拡大についての話を妨害されている事が残念でなりませんね。ホルダーとしても、モビコムや新規事業の拡大の話をメインにしたいです。

    デイトレでしたら、チェンジやブランジスやエナリスタなど(名前を挙げてすみません)、賢い方は、もっと違うところで利を得ますよ。今は2~4月のような大相場ではなく、少なくとも3Q以降になると思います。

  • 新しいビジネスモデルの発表、とても嬉しいですね。

    少なくとも悪材料ではない事は確かであり、当面の株価は、これ以上ジリ下げになる事はないと確信出来ました。

    4Qの売上に向け即座に反映されるものではないと思いますが、このツールを多くのユーザー、そして、企業に使って頂けるようになると、2017年度以降の成長にも大きく寄与しますね。後は、営業さんの努力次第でしょうか。

    チェンジの連日のS高に負けないくらいの躍進を、ジグソーに期待したいです。


    P.S.
    3Qが、11月9日(水)という公表がありましたね。あと25営業日。あと5週間。
    今回のリリースで、3Qでも業績予測は出ない可能性もあるかもしれませんが、良い意味での非開示になる事は間違いなさそうですね。

  • 少なく見積もって、1月あたり50~80円で予測するのは妥当な数字かと思います。それが1000万弱のコネクト先になる訳ですから、2Q補足資料通りであれば、毎月5~8億円弱の収入となりますし、後はリリース時期の問題でしょうね。

    ともあれ、売上は既存事業だけで、10億円前後は堅いので、現物組は待つだけかなと感じます。どんなに下げても、2Q前の5540を割る可能性は低いと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ