ここから本文です

投稿コメント一覧 (1076コメント)

  • 次世代通信技術「5G」ソフトバンク
    ●大成建設とリアルハプティクス実験
    「5G×IoT Studio」(お台場ラボ)では、
    他業種の企業との共創も重要なテーマとして掲げている。
    例えば、大成建設との共同実験では力触覚伝達型遠隔操作システムと
    5Gの連携を確認している(お台場ラボで体験できる)。
    遠隔操作によるロボットは建築業をはじめ、
    二次災害の恐れなどの理由で人が立ち入ることが困難が災害現場や、
    宇宙空間などでの実用が期待されている。他にも製薬会社や製造業全般、
    医療や介護でもニーズは挙げられている。

  • 次世代通信技術「5G」 グローバルスタンダード。
    ●リアルタイム映像ぼかし処理
    船吉氏によれば、お台場ラボに来場した人に意見を聞くと、
    5G通信に対する最も大きなニーズは「映像」関連だと言う。
    例えば、リアルタイムぼかし処理に対するニーズ。
    高解像度になれば、街頭の通行人など、
    写り込む人たちの顔がよりはっきりと見えるようになり、
    プライバシーの問題が浮上すると見られている。
    また、街中の看板や企業ロゴの映り込みを効果的に消したいというニーズもある。
    これらに対応するため通行人など写り込んでいる人の顔をリアルタイムに検知し、
    目の部分にモザイクをかける映像処理技術をカタリナが開発
    お台場ラボでデモ展示を行っている。
    ・これには5G通信とディープラーニング(AI関連技術)が利用されている。
    エッジコンピュータ(MEC: Mobile Edge Computingサーバ)上に
    AI技術を配置して高速処理を行う。

  • SBGの孫正義氏は米国に対し昨年、日本政府よりも一早く一兆円規模の投資申告をしています。

  • ❖,,5G国際シンポジウム2019の開催,,
    *5Gが変える 人、モノ、社会。
    会期:平成31年1月29日(火)~30日(水)
    時間 両日とも9:30 -17:00
    (初日午前は展示のみ実施、以降は展示と講演を並行して実施)
    会場:東京お台場 東京国際交流館プラザ平成

    総務省並びに第5世代モバイル推進フォーラム及び一般社団法人電波産業会は、
    2020年に実現が期待されている第5世代移動通信システム(5G)について、
    「5Gが変える 人、モノ、社会。」をテーマに、
    5Gが私たちの生活や社会に与える変化を捉えることを目的として、
    昨年度に引き続き、国際シンポジウムを開催いたします。

  • ☆彡ハードなソフトバンク...‼
    明日は⁉が起きるのか。。。

  • S高おめでとう。
    明日は買い増し出来ない可能性も有る⁉

  • 公募当選の投資で損する事が少ないIPO株は
    損切りすれば証券会社が喜んでくれるから
    関係者は頑張って売り煽るだろう、、、

  • <一般企業でも必要となるセキュリティ意識>
    サイバー攻撃への対策はオリンピックに関わる組織だけの問題ではなく、
    日本の一般企業でも考えなくてはならない重要なトピックです。
    特に電力やガス、金融などの社会的インフラを支えている企業は、
    常にサイバーテロのリスク晒されているという自覚意識が必要…
    日本で実際に起こっているサイバー攻撃の9割以上が、
    ソフトウェアのアップデートや日常的なログ監視、
    IDやパスワード管理の徹底といった基本的な対策で
    防ぐことができると言われていることへの意識改革を重要…‼

  • <日本のサイバー攻撃に対するセキュリティ対策>
    2020年の東京オリンピックを前にサイバー攻撃の急増が懸念…
    東京五輪の開幕に伴って高まるリスク⁉
    近年はさまざまなサイバー攻撃が世界各地で報告されており、
    その被害も増え続けています。
    特に日本はサイバー攻撃の標的にされることが多く、
    国内外から常に何らかの攻撃を受けているといっても過言ではない状態です。
    さらに2020年に東京五輪が近づいていることもあって、
    今後ますます大規模なサイバー攻撃を受ける可能性が指摘されています。
    ・東京オリンピック組織委員会の公式ホームページへの攻撃はその一環。

  • サイバー攻撃から身を守るための情報セキュリティ対策
    昨今、世界各国において、
    企業・機関がネットワークへの不正侵入・ワーム・DDoS攻撃などにより、
    サービスの停止や大切な情報資産の漏えいなど、
    事業継続性を脅かすような情報セキュリティ管理に関する問題が日々多発…
    ITの活用の態様とそれを支えるIT産業の構造に大きな変化が生じる一方、
    インターネット上の攻撃や犯罪は、個人の単独犯や愉快犯的レベルから、
    経済的・政治的目的を持った組織的なものへと変化を見せ、
    技術的高度化とも相俟って一層深刻の度を強めて...

  • 次世代通信技術である5Gは2020年から本格的に普及・展開が始まるとされていますが、その5G基地局は利用形態とその周波数の特性を考慮した基地局の配置と性能確保が必要となります。

    総務省からの報道発表「平成30年度における電波資源拡大のための研究開発に係る提案公募の結果」のとおり採択されました。
    それでブロードバンドタワーは、その5G基地局の配置先はNTT、ソフトバンク、au、
    楽天の4キャリアのうちの何処なの⁉

  • どんなに売り煽りっても此処の株価はまだまだ上がるでしょう⁉

  • 今が底値辺りで低位株の燦キャピタルは
    長期放置で...今ならノンリスクでは⁉

  • どの銘柄でも8割から9割の個人投資家は損しますから
    投資で自信がない者は無理しないで下さい。

  • 上場以来日ごとに戻して来ているけど
    まだまだ此んなもんじゃない、
    上場2日以降に買った者はかなりplusとなっている。

  • 可搬型の“おでかけ5G” 地方で需要
    ソフトバンク テクノロジーユニット技術戦略統括の船吉秀人さんは
    「これからはあらゆる小型デバイスがつながるIoTの時代になるが、
    5Gはそれを支える技術と位置付けている」と話す。
    今後もエッジコンピューティングを活用することで
    実際にユーザーが使う端末側の負荷を軽減する考えだ。

    また、地方でも5Gが使えるように“おでかけ5G”と称する可搬型の設備を用意。
    5G対応端末、移動型の5G基地局、コアネットワーク、
    MEC(モバイルエッジコンピューティング)サーバで構成され、
    これらを運搬することで山間部や災害時などでも5Gを使えるようにするという。

  • 今回のリニューアルで、企業からの要望が多かったという5G、AI、
    高精細映像を組み合わせたデモを披露。
    カメラ映像の画像処理などを得意とするフューチャースタンダードの
    映像解析プラットフォームを使用した。
    大容量な高画質映像を5Gで伝送し、端末の近くにサーバを
    分散配置するエッジコンピューティングを使うことで、
    カメラに高性能なGPUを搭載せずに、リアルタイムでデータ処理ができる仕組みだ。

  • 今回のリニューアルで、企業からの要望が多かったという5G、AI、
    高精細映像を組み合わせたデモを披露。
    カメラ映像の画像処理などを得意とするフューチャースタンダードの
    映像解析プラットフォームを使用した。
    大容量な高画質映像を5Gで伝送し、端末の近くにサーバを
    分散配置するエッジコンピューティングを使うことで、
    カメラに高性能なGPUを搭載せずに、リアルタイムでデータ処理ができる仕組みだ。

  • 5G×IoT Studioは赤坂、品川などにもあるが、
    今年5月に開設されたお台場ラボでは5Gを理解してもらうための展示や、
    企業が自社デバイスを5Gに接続して動作検証できるシールドルームなどを用意。
    2020年の5G商用化に向け、5G技術を自社サービスに活用したい企業のニーズに応える。

  • ❖ソフトバンクグループのAI群戦略
    「AIを制する者が世界を制する,,AI群戦略,,」
    *AI事業推進プロジェクト
    AI を使ったサービス・企業がより大きく繁栄する時代がくる。
    つまりAI は全ての産業を再定義し、人類史上最大の革命となる。
    これを制する者が世界を制する」と、AI 時代に向けた成長戦略が
    「AI群戦略」である。

本文はここまでです このページの先頭へ