ここから本文です

投稿コメント一覧 (138コメント)

  • >>No. 26

    国会では年間130ばかりの法案に関わりますが 国民は多忙ですから その全てに関わるわけにはまいりません
    重要で 関心のある上位7つくらいのテーマについて国民も参加して議決してはーーーというものです
    それ以外のテーマは従来とおり議員が仕事としてこなします
    国民が意思を表現するーー二重に政治意思を表現することは問題がありますから 参政員登録をした方のみが参加します
    その方は選挙権は一時的に離脱

    直接参政しない方は選挙で議員を決め、彼に一任しますーーこれまでと同じです

  • >>No. 2

    善良な個人が権力を持つと 必ず金、色、名誉、趣味で近寄る人々が現れるもの
    そして善良な人を利用するでしょう
    しかも善良な人が継続して現れることはありえないのでは

    日本は教育も情報も進んでいますし 道徳倫理観も世界に見劣りすることはありません
    裁判員制度が行われる前に 国民に求刑に参加させるなど考えられない という衆愚論が随分なされました

    しかし大衆の価値観が政治に参加しなければ 官民の差はますます拡大するでしょう
    「親が公務員でなければ交際してはダメ」との価値観がかなり広がっているとのこと
    インドのカースト制度に似た 社会の二極化 これは社会不安につながります
    「役人に遠慮せざるを得ない議員という人種のみが法律・条令を作ってきた結果です」

  • >>No. 2

    2007年6月のlog再掲です

    信じられないことですが、正義の体現者と理解される職業の方が晩節を汚しました 、朝鮮総連中央本部をめぐる詐欺事件で、逮捕された仲介役の元不動産会社社長が総連幹 部に対し、「購入代金の3%」などと、自身の報酬として1億500万円を要求、約4億8000 万円が提供され、元公安調査庁長官は、うち1億3000万円を受け取っていたとの事です、

    もし彼が立候補していたら当選もありえたでしょう。人を前職や、外見、弁舌で検証できると する「選挙制度」が、いかに危険な制度であるか、素晴らしい職歴と誠意の見える風貌と弁舌 、相当な退職金と年金があったはずの彼が信頼できないとすれば、我々はいったい誰を信じていいのでしょうか。間接政治の基盤は多分誤りなのかも知れません

    並存政治
    http://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    2017.918追記

    首相は支持率が僅かに回復したことで 全く大義名分のない解散総選挙に走りだしました
    まさに自己利益のための政治です

    これまで多少の善功はありましたが これでは帳消しに・

    さて、善良な個人が権力を持つと 必ず金、色、名誉、趣味で近寄る人々が現れるもの
    そして善良な人を利用するでしょう
    しかも善良な人が継続して現れることはありえないのでは

    日本は教育も情報も進んでいますし 道徳倫理観も世界に見劣りすることはありません
    裁判員制度が行われる前に 国民に求刑に参加させるなど考えられない という衆愚論が随分なされました

    しかし大衆の価値観が政治に参加しなければ 官民の差はますます拡大するでしょう
    「親が公務員でなければ交際してはダメ」との価値観がかなり広がっているとのこと
    インドのカースト制度に似た 社会の二極化 これは社会不安につながります
    「役人に遠慮せざるを得ない議員という人種のみが法律・条令を作ってきた結果です」

  • こんな文がありました。--------------
    ホテルの朝食はバイキング形式。食堂に行ったら、大きな広 間の中央に色 々用意されていて、洋風のものもあれば和食もあって、肉もあ れば野菜もあ る。野菜! 私のうちは基本的に菜食よりの食卓でありまして 、だから私の 口も野菜に慣れているのですが、旅行に出るとどうしても野菜 の少ない動物 食よりのメニューが並ぶもんで、いつも欲求不満になります。

    肉は食べ疲れ るのです。脂が強いものになれば、食べるのが途中でしんどく なってくるの です。しまいには体調もくずれます。 バイキングのいいところはなんといっても自分で料理を選べる ところです。

    だから、思いっきり野菜過多の盛りつけをしてみました。いい 感じに海草の サラダなんてのがあって、一皿をサラダで山盛りにしてみます 。
    動物系の食べ物はスクランブルエッグだけという潔い割り切り で、もうとに かく野菜野菜野菜、そして芋と納豆と海苔とご飯。食後にはヨ ーグルトを食 べオレンジジュースを飲み、そしてコーヒーで締めます。
    -------------
    転載おわり

    勿論何を言わんとしているかはお分かりかと思います日本旅館では料理の選択はできません。一括一任です。
    フランス料理では物足りないが中華料理店ではしつこ過ぎるな どと考える向 きもおられるでしょう、すべての人々に満足頂けるもの・・・ ・バイキング しかありません。勿論ホテルに任せておきたいと考える方もお られて当然ですが・・・・・
    まさに 「参政員政治制度」---年間5-6の重要なテーマ毎に政党を選択できる---はバイキング料理型政治と言ってもいいでしょう。
    > ングはないで
    > しょうか、ネットは電網ですね、ではバイキングは・・・・「
    > お好み政治」
    > ではヤボッたいですし・・・・
    >
    > 5議案程の国会議決に、国民意志が参加できる事が決め手です
    >      http://kangaechuu.hp.infoseek.co.jp/souan_05_6.html
    >
    >      http://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/

  • 最近の支持率の下落を見ても 上に立つ人々が 不正に権力を使おうとしていることが明らか・・・・
    役所の不正も彼らは見て見ぬふり
    不正をアピールすれば 役人に嫌われ 地盤からの要請を役所に繋げない シカトされてしまう
    議員の価値の一番は「次期も当選」だから、地盤の人気こそが気になる
    そこで役所の不正は政党を問わず 知らん顔をしているのが最善と考える
    政治システムが未熟なことーーー
    こにに孫文の復決権を

    市民が政策をもてば、政府の政策、政党の公約、政治家の「マニフェスト」に是は是、非は非として自由に対していける。市民に自らの政策がなければ、政治のそのときどきの都合に左右される。たとえば、総選挙用にすえられた若手幹事長の人気によって、あるいは政党の「野合」めいた突然の合併によって―― こうしたことは「政党政治」であっても、決して「主権在民」の民主主義政治ではない。

      市民の政策づくりにつながる市民の法律づくりについてはどうか。政府の役人が議会を使って法律をつくり、市民に強いる政治は「議会制民主主義政治」を標榜しても、「主権在官」の政治ではあっても、もちろん、「主権在民」の政治ではない。与党の数にまかせての立法による政治も「主権在民」の政治ではない(この場合の決まり文句は「文句があるなら、次の選挙で決着をつけろ」)。多くの人の反対を無視して与野党合意してやってのけた有事法制づくりも、民主主義と自由の根幹にかかわる「愛国法」を賛成多数ですぐさま成立させた民主主義と自由の本場の、そうあったはずの国の政治も「主権在議員」であっても「主権在民」の民主主義政治ではない。

      こうした危険をいち早く察知していたのが、中国革命の立役者・孫文だった。彼の政治原理は「民族」「民権」「民生」の「三民主義」だが、「民権」は彼によれば「民」が政治を管理することだった。その政治は「立法」「行政」「司法」の三権に「考試」「監察」の二権を加えた「五権憲法」の政治だが、この政治を管理するのが「民」の「選挙権」「罷免権」「創成権」「複決権」の四権だ。この四権がないと、「民」は政治を管理することができず、政治は独走して何をやらかすか判らない。今スイスの「民」は「罷免権」を除く三権を持つが、あとは世界各国の「民」はようやく「選挙権」をもつに至っただけで、これでは「主権在民」の民主主義政治は行われていないことになる。孫文はそう説いた。

      「罷免権」は「民」が無能、不正役人をやめさせる権利である。「複決権」は「民」が悪法を変え、やめさせる権利。「創成権」は「民」が必要な法律をつくる権利――「選挙権」にこの三権を加えて四権を「民」がもたない限り、「主権在民」の政治はない。「選挙権」ひとつをもつだけでは民主主義政治はあり得ない。孫文はそう手きびしく主張した。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    選挙で代理人を決めるという陳腐な制度は既に賞味期限が尽きた。技術の進歩で「テーマごとに国民の意思を問う」
    「権力的契機を持つ」システムはすぐにでも可能

    出来ないのは 議員にその気が全くないことが原因
    高効率的国家になれば 予算が半分でさえ十分 というが

  • 国民の2/3は原発に反対。しかし電力会社や2千名ばかりの関連公務員をいじめることで永田町は甚大なデメリットを覚悟しなければならなくなる。日本環境や国民のデメリットには目を瞑り 議員の損得勘定でトイレの無いマンション原発は継続される

  • 「政治家だけ甘い汁、役所を無視するのは不公平」しかし本当のところ国民は「行革など もつとやることがあるはず」

    政治不信、行政不信は加速するばかり

  • トランプ 北朝鮮へのこれ見よがしのトマホーク

    窮鼠正の恩に選択肢を与えては・・・

     「核兵器開発の道を進むのか それとも  一切の権力は無くなるが金皇室の運営費として年500憶円を自由に使える人生を歩むのか」

    と聞いてきたとすれば ・・・・・・・・

    後者なら とんでもなく立派な宮殿 そして大奥 は直ちに実現でき ジェット や 高級車 でも思いのまま でしょう
    (それらの消費は 当然に 回りまわって 民間の利益になります)

    一方 年4500憶円もの軍事費は 消え、全額 農工の振興に使うーーー瘦せこけた兵士達も息を吹き返し、新天地に走るでしょう

    一方的に 北朝鮮を押し縮め、窮鼠にするなら、70年前の日本のように「どのみちダメなら、勝負を賭けよう」と考えざを得なくなるでしょう

    それでは西側にも少なからず損害が・・‥

    昔の城攻めでも もう駄目ーーーとの場合、攻め手は「落ち口」を用意し
    たそう。

  • トランプ氏は リビアへの爆撃は 北朝鮮に「オレを怒らせるとこうなる」と言いたかったのでしょう
    しかし 過去の北への対応は 北から見ると「我々は虐められる一方、もはや生きる道は閉ざされた」と受け取られているのかもしれません

    ここで 視点を変え 正恩に選択肢を提案するのがいいかもーーーー

     「核兵器開発の道を進むのか それとも  一切の権力は無くなるが年500憶円を自由に使える金王朝のトップとしての人生を歩むのか」

    と聞いてきたとすれば ・・・・・・・・
    ジェット
    後者なら とんでもなく立派な宮殿 そして大奥 は直ちに実現でき  や 高級車 でも思いのまま でしょう
    (それらの消費は 当然に 回りまわって 民間の利益になります)

    一方 年5000憶円もの軍事費は 消え、4500憶円全額は 農工の振興に使うーーー瘦せこけた兵士達も息を吹き返し、新天地に走るでしょう

    これまでのように一方的に 北朝鮮を押し縮め、窮鼠にするなら、70年前の日本のように「どのみちダメなら、一勝負を・・」と考えざを得なくなるでしょう

    それでは西側にも少なからず損害が・・‥

  • 代表民主主義の最終段階か

    運転手付きリムジンで新聞配達をされたトランプ大統領は途方もない優越感に満たされた価値観人生観を形成された可能性があります。
    その並外れた優越感が人格の前面を曇らせ、温暖化、核の脅威、他国の困難などは取るに足らない事だとの認識にあるのでなければ幸いですが。

    多くの学者やメディアはポピュリズム(大衆迎合政治)を批判的に主張しています。
    暗に国民は愚、国民の選択は誤り、政治家、学者や役人は賢で、愚な国民の選んだ代表は問題だと言いたいのでしょう。
    しかし選出の為のシステムそのものが問題を持ち、代表に選ばれれば強い権限を持つ代表民主主義そのものが問われる事は稀です。

    個人が持つ価値観や人生観に強い権力を持たせる代表民主主義システムは「誰が選ばれても」代表の個人的価値観、精神世界を表現するに留まるものです。
    今回のトランプ氏は社会の中下層の人々に共感を得られたようですが、そう遠くない将来、彼らは落胆することになるでしょう。
    一国主義、温暖化容認、ほか既に世界が経験済みの過ちを再試行することになります。
    勿論民主党が勝利していても全く同じで、選良の価値観が人々を失望させるに至るでしょう。
    代表民主主義にプラスして、国民も意思が参加できる参政員制度こそが必要です。勿論政治が失敗するかもしれません。
    しかし代表民主主義オンリーの政治は失敗ばかり、選良達は いつかは成功するとお考えなのでしょうか。
    優越感に侵された人々のみの価値観ではまず成功は難しいでしょう

  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%AD%E6%96%B0%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%A1%BE

    12年前の記事ですーーーーーーーーーーーーー
    大阪維新の会は、政治塾の応募者が目標だった1000人を大きく超えたため面接試験をやめて18日までに書類選考を実施する。
    400人としていた塾生の規模も「500人ずつ4~5クラス」(幹部)と大幅増員する方向で調整に入った。
    同会は国政進出を視野に次期衆院選での200議席獲得に意欲を示している。月に2回程度の勉強会を開く予定だ
    大阪維新の会は、政治塾の応募者が目標だった1000人を大きく超えたため面接試験をやめて18日までに書類選考を実施する。

    先週の記事ですーーーーーーーーーーーーーー
    小池知事の政治塾「希望の塾」で行われた選抜試験は、2017年夏の東京都議会議員選挙への立候補を目指す塾生を対象にしたもので、
    およそ1,600人が参加した。
    論文では「二元代表制」などのテーマが出題されたほか、マークシート式の適性テストでは、理系・文系の問題や性格診断の問題が出された。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    立候補者の資質能力価値観を検証することは大切で、「オレがやる、オレに任せよ」とか、誰の作文かも検証されていない公約のみが選択の資料だったこれまでの選挙、
    橋下氏や小池氏のこうした試みは政治改革の鏑矢です。しかし今回も選抜された人々は立候補に際し少なくとも1千万円近くの
    自費を選挙に賭ける事になるでしょう。
    常識ある平均的な国民がそうした行動をとるでしょうか。もしも選挙の激戦を勝ち抜いたとしも、「俺の名を数万名に書かせた」という抜きがたいプライドを持つ事でしょう。
    巨費を用意できた人の多くが 元国会、市会、県会議員やその二世、役人、組織の上層ではないでしょうか。
    こうした人々は「今の社会制度の中でそれなりの地位」を確保しておられます。率直に言えば「今の社会制度が大きく変化や脱皮する」事など望まれないのです。
    将来不安の下にある庶民の価値観と常識からはかな り異なると思われます。しかも当選すれば平均的な国民の所得の10倍という別格の待遇を得ます。
    彼の価値観は一にも二にも「次期も当選」にならざるを得ません。
    なにより地盤の評価を気にして、「よく動いてくれる先生」になろうとします。改革より 役所に気に入られる議員になるよう大いに気を遣われることになります。
    役所の提出される法案や改革案に対して異議など思いもよらないという立場になられるのです。
    こうした結果が 公務員天国となっていることはご存知の通りです。


    公務員 対 国民所得比
      米 357 (325) x1.1
      英 275 (240) x1.15
      仏 198 (180) x1.1
      独 194 (205) x0.95
      加 238 (252) x0.94
      伊 217 (200) x1.1
      豪 360 (500) x0.7
      日 724 (412) x1.76
    重要な政治の決定には参政員制度のように国民も参加して(もしくはスイスのように国民投票で)決めるべきです

  • 28.12.27 日経4面より
    経産省は26日「繊維流通統計調査」で長年、実態と異なる数値を記載していたと発表した。
    40数品目全てで改ざんが見られ、10年以上前の数字がそのまま記載され、実際と10倍程度の差が生じた例もある。
    業務を請け負う業者からの告発で不正が発覚した。
    例えば「調査票を配った733社の95%が回答」が実は有効回答が「258社」
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「政治はレーダーの故障した船」と同じ
    国費は無駄どころか、役所の都合のいいように書き換えられたのでは費やした諸経費を詐欺横領されたのと変わらない。
    役所の出す情報を基に立法する永田町は「踊らされているピノキオ」に堕す。
    役所を戒める実効性のある倫理法が作られないのは、政党を問わず議員が役所に遠慮していなければ仕事にならない事に起因する。
    議員が役所に「出して」と要求する情報にまるで信頼性がない、しかし議員は正誤を指摘する資料を持たない、役所が自らの権益を損なわないのを確認や加工した上で、議員に出す。
    結果として いろいろな評価、指標は 世界の25番から40番に下落

    官民格差は世界一になった。スイスのように重要な法案は国民参加で決められるべき。

    大衆迎合・ポピュリズムが政治を堕落させるなどという主張があるが、まさにスイスの実情を知らない主張。
    先だってはベーシックインカムが大差で否定されている。ポピュリズムと言うが、結果として代表に全托しているので「代表民主主義」代議制であり、役所の意思を法・条例にしてしまうので危険でさえある。

  • 【ワシントン時事】米インターネットメディア「クック・ポリティカル・リポート」によると、8日に行われた米大統領選の開票で、民主党候補だったクリントン前国務長官の得票数でのリードが15日、100万票を超えた。民主党内では、選挙結果は民意を反映していないと批判し、大統領選挙人制度の見直しを求める声が出ている。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    まさに指摘した通りで、一票の格差はシステムの欠陥て゛す

  • 選挙で選んだ人 彼の価値観に一任していいのでしょうか

    トランプを支持する人々でも 「彼の政治意思の全てを同意する」ことはあり得ない。

    仮に「政治テーマの1/3については彼に同意しないーーのであれば
    基本的人権の1/3を侵されているに等しい

    代議制民主主義は修正されなければーーーー

    さて、松井証券は人口知能によるファンドを売り出すとかーーー
    世界には数万人のファンドマネージャーがいて、顧客の財産の運営を任されている

    しかし最近の運用成績はその殆どがマイナスに近いとのことーーー
    プラスにあるのは人口知能によるファンド


    大学入試センター試験の摸試では偏差値57.1を獲得

    東大の2次試験を想定した論述式の摸試では理系数学の偏差値が76.2という好成績 (以上は28.11.15日経42面より)

    囲碁のトップとの対局でも驚く戦績を出している人口知能
    いずれは政治の世界にも応用をとの声が出てくるのでは・・・・

    臨機の対応を要するテーマ以外の政治テーマは 議員と国民投票に加えて人口知能も参加した議決ーーーいずれ将来は・・・・

  • >>No. 11911

    経済の神様 宮澤元首相が「日本はもう駄目だ」といってサジを投げた

    貴方は宮澤氏よりも賢明であられるようで・・・・・


  • 以下のサイトは 
    民間に比べた公務員給与が世界一の差・・ほか 驚くような官民格差を示しています

    http://www.asyura2.com/15/senkyo194/msg/646.html

    問題は 政党・議員を問わず 世話女房役である霞が関や献金意思に逆らえないこと。
    そのような 「議員の立場」に行きあたります

    長野県の下條村 では職員を半減したところ、住民サービスはやや低下はしても、職員が素晴らしい能力を発揮し出したとのことです
    赤字財政が一転し、人口が増え、なんと出生率まで大変に向上したそうです(住民サービス低下はネットの利用で解決可能)

    しかしこの改革を国に適用可能かーーー 議員は 一挙手一投足にまでお世話になる霞が関、そこをいじめる事になる職員、公務員の削減など到底今の国会議員諸侯には無理でしょう、その勉強会を始める勇気を持つ方がおられるでしょうかーーーーおられないはず

    必ず霞が関のブラックリストに入れられ、その議員の要請は無視され、ガセ資料しか提供されなくなり、「半減すれば福祉などの住民サービスはゼロ近くになり、消費の多くを支えていた公務員が減ると大変な不況になり 国家としての機能はマヒするでしょう、それでよければ実施しましょう」と恣意的に選択した資料を添えていうはずです。

    政党を問わず議員側は「国民の負託を受けた我々は責任がある、危険を冒すことはできない」と納得して鉾を納め、問題の先送りをせざるを得ない(民主党が政権を取ったときにも少し似たことがあり、結局霞が関の尻に敷かれることに)

    あらゆる重要な選択について、霞が関提出の資料を基にしていては 必ず偏った結論を導くでしょう
    原発、消費税、背番号、年金の運用、行革・・・・・

    ウルグアイのムヒカ元大統領のように 真剣に国を憂い 世界を憂う人材は 今の制度では 出てこないでしょう
    議員は国より自分が可愛いはずです
    預金払い出し制限そして新札発行ーーー残念ながらそれでも解決はできません。維新の会の「船中8策」はかなりいいところを衝いていたのですが・・・・

  • 16年度末の国の予算を一般の家庭のランクに落としたばあい 
    月収 40万  医療費 20.8万  借金の返済 15.4万 仕送り10万(地方交付税)  月謝 3.1万
    修理費 3.8万  生計費 9.2万  借金 22.3万

    借金の残高 6664万円

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    どうでしょうか  さらに人口の年齢構成から考えて10-20年後の医療費などはさらに増加します

    霞が関がある日突然 預金払い出し制限 新札発行  と言い出す可能性は・・・・・・・
     代議制民主主義の欠陥 「議員は役人と懇親しなければ次期は危うい」そこで「役人の言いなり」にならざるを得ないーー政治制度は変えなければーーーーーー

  • 社会が二層化した 驚くべき 証

    2015-09-29 18:21:31 | 政治


    霞が関 にたいして議員が及び腰の結果、政治の結果はとんでもない二層化社会に

    全日本任意売却支援協会のホームページによれば マンション購入の相談者の87%が給与生活者であり、自営・自由業 は たったの 2 . 9 %。

    給与生活者の45%が公務員、33%が大企業、19%が医師看護師。驚くことに公務員が断然トップ、

    いいマンションの多くは公務員が住むーー社会が二層化している一つの例ではないでしょうか

    「親が公務員でない子とは交際をみとめません」という親御さんさえいると聞くのもうなづけます
    言わばカースト社会化、この較差を是正しなければ社会不安は増すでしょう。

    相続税も世界のそれと比べれば日本は官が 民の富を簒奪しているようにも見えます。
    今日の日経より

    ーーーーーーーーーー
    (全国265万社社長の二割が70歳以上になった.
    50万社超が事業継承に悩んでいる。「事実上売れない非上場株を上場株に連動させて評価するのは無理がある(商工会議所理事).
    .主要国では、米国の課税最低限は6億5千万円、英国は事業継承にからむ非上場株の相続は基本的に非課税、ドイツは評価額の80%を減額する.

    会社員の七割が働く中小企業は日本経済を支える重要な担い手だ。
    税は事業継承の下支えの役割りを果たすか、それとも阻害要件か・・・・)

    ーーーーー転載おわりーーーー

    較差の是正  まさに議員は それが仕事のはず

    ところが大半の議員は「役所に睨まれると仕事にならず、ひいては次期選挙で落選も」と考え、本気で較差是正や実効性のある倫理法を作ろうとする議員や党はありません
    消費者物価の調査員は800名、しかしビッグデーターを用いて二名で済みます。生首を取ろうなどと考える議員はいないでしょう。
    消費税還付構想やマイナンバー制構想も所管部署の人員増加を狙っているとも・
    原発関連の役所、法人の椅子は1600程、年数千憶もの予算、電力会社への椅子も多数・・とすると「原発は維持されるべき」という主張は霞が関の利益になっているのではないでしょうか
    エコでは世界の信頼を集めたドイツでさえ政治が偏りインチキ排気ガス騒動、数年前から政治家は知っていたとも・・・議員に一任する代議政治の基本的欠陥なのです

    国の将来を真摯に考えうるのは国民のみです。重要な政治テーマはスイスのような国民投票か参政員制度で決めるべきなのです 

    参政員制度 http://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2

  • 20016.9.24 日経2面より

    800人の調査員の仕事をたった二人で
    総務省の消費者物価指数(CPI)は、800人の調査員が集めたデーターを40人で集計分析する。
    ベンチャー・ナウキャストは全国800店のスーパーにあるPOS(販売時点情報管理)を使い食料や日用品など30万点の値動きをはじき出す。技術部長の今井聰は「担当者は二人で十分」と語る。

    同社の創業者、渡辺務東大教授は「ビッグデーターを使い素早く経済動向をチェックできる、この動きを生かせば迅速で効率的な経済政策につながる」と話す。渡辺は元日銀マン、在籍当時バブル崩壊を見抜けなかったと悔やむ。

    自前の指数だと、CPIより数年早く日本がデフレ状態と確認できた。
    「日次物価があれば金融政策は違ったかも・・」調査方法を変えるのはご法度なのか。
    ーーーーーーーーー以下略ーーーーーーーー

    民間企業なら 費用、スピード、精度でどちらにするか 考えるまでもありません。カビの生えたシステムを運用し続ければ必ず本体も破滅するでしょう。しかし国の決定権は永田町と霞が関にあります。

    議員と役人だけで決めれば800人を守るとことが第一の価値となります、スイスのように国民の常識を参加させなければ・・・・・・破局は必然でしょう

  • 危機に当たって議員や官僚・政治学徒は蔵のネズミでなければいいが

    ライブドアニュース  http://news.livedoor.com/article/detail/9557217/
    一昨年2014年12月8日のテレ朝「ここがポイント!!池上彰解説塾 3時間スペシャル」より

    池上彰氏が日本の借金について警鐘を鳴らした
    遠い将来、国のサービスが受けられなくなることもないとは言えないと指摘
    さらに、国民の資産1000兆円分を全額没収するしかないとも


    番組によると、国の借金は2014年9月の時点で約1,038兆円に及ぶが、政府の保有資産を差し引くと、
    実際は約400兆円だとみられる。

    しかし、池上氏は番組中、対GDP比での「2014年度債務残高ランキング」を見せて解説を始めた。
    このランキングでは国の経済力も加味されており、日本は対象31ヶ国中、財政難が伝えられるギリシャやイタリアを抜いて1位となっている。

    また、池上氏は「他の国は増えたり減ったりしているのに、日本はひたすら右肩上がりで増えている」と指摘した。この状態が続くと、政府が発行する国債の買い手がいなくなるため、これ以上の借金が難しくなるそうだ。

    この場合、国のサービスを一切受けられない事態になるのだが、池上氏はこの悪夢のシナリオについて「遠い将来無いとはいえないよ」と予測した。さらに「このままでは、国民が保有する1,000兆円分の預貯金を全額没収するしかない」と警鐘を鳴らした。

    そして、日本と同じく借金漬けで「ヨーロッパの病人」と呼ばれたドイツの解決策を紹介した。
    ドイツ政府は「失業保険の削減」「健康保険の自己負担額引き上げ」などの大胆な施策を採り、大幅に持ち直したという。池上氏は「さあ、日本にこれができますか?」と痛みへの覚悟を問いかけた
    ーーーーーーーーー以上ライブドアニュースよりーーーーーーーーー
    人口減少の中なかでギリシャを遥かに凌ぐ世界一の債務、かって経済の宮澤氏が「もう駄目だ」とサジを投げてからも債務は増え続けてきました。

    去年の国の予算を家計に例えると、月収40万円、毎月の借入22万円、累積した借金6600万円、
    巷にはモノが溢れいい国に見えている、しかし、国は 返せる宛のないサラ金地獄に落ち込んでいるのです。
    政党が何度代わってもその解決策は全く見えません。八割の国民が「もはや政治からは何も期待してい ない」と考えているとか・・・・・
    私は、代議制民主主義即ち現在の政治制度が原因と考えています。
    この制度の下では、議員は官僚に遠慮せざるを得ない、実質的に官僚がハンドルを握るからです。

    議員は「次期も当選したい、そのためには地元の人気が大事」かくて地元の要請を「役所に繋ぐ事が大きな仕事だ、役所に懇意でなければいい仕事はできない」となって、「役所には遠慮せざるを得ない(宮澤氏の言葉)」事になるのです。

    「役人の機嫌を損なわないよう」という姿勢は、例えば役人が提出してくる資料は疑問点があっても盲従してしまいます。豊洲問題でも・・・・
    政府の意思は事務次官会議で「霞が関の権益を損なっていない」事を全省庁が確認し上に上げられます。結果として、行革はできず実効性のある倫理規定もできません。
    毎年毎年赤字国債を発行したり、世界と比べて断トツである公務員自らの待遇を確保したり・・・・・

    維新の党は、「年功による自動的な昇給の見直し、国・地方の公務員総 人件費2割=5兆円削減」を掲げていますが、所属議員は猫の首に鈴を付ける思いをしているでしょう。なぜかと言えば、所属議員は役所に睨まれるのは必至---何事につけ議員としての仕事がうまくいかなくなるのです。
    (前は三割減を主張していましたが抵抗がきつ過ぎたのでしょう)
    小説や作曲までこなす人工知能、その進歩で 人件費半減 は やる気次第で実現できます

    預金の払い出し限度は50万円、新札発行ーーなどという暴力的政治はこないとタカをくくり、現体制を是認する 議員や官僚、政治学者は、怠慢・不作為の過失を犯しています
    現体制が既に老朽化しているのを認識し、建て直すために スイスの政治制度を研究するなど 政治制度の新しい視点を模索して頂きたいものです。
    私は体制の一新は難しいと考え折衷的な提案「参政員制度」を提唱していますが・

本文はここまでです このページの先頭へ