ここから本文です

投稿コメント一覧 (417コメント)

  • No.516

    強く買いたい

    http://www.sose…

    2018/11/30 20:11

    http://www.sosei.com/ir/

    どうなる・・・・!

  • FIRMでは、ベンチャー企業の立上げを考える研究者に、起業に資するノウハウの提供を通した
    研究者支援として、本イベントを企画いたしましたのでお知らせいたします。
    起業塾は、全6回のテーマで構成されており、通期で参加するのも、関心のあるテーマのみ選択して
    参加するのも、いずれも可能です。当塾では、その分野の専門家に講師をお願いし、皆さまの起業に
    向けた様々な疑問をテーマ別に徹底的に解決していただくことを目的としております。

    《アカデミア対象: 第2回 FIRM’s 起業塾 「再生医療等製品の製品戦略」》

    【日 程】 2018年12月7日(金) 17:30~19:00 (受付17:10~)
    【会 場】 日本橋ライフサイエンスビルディング  3F 302会議室
    【講 師】 そーせいCVC株式会社 アソシエイトディレクター 鈴木 規由 先生
    【受講料】 無料
    【募集】  15名 ※先着順事前登録制

    テーマ:「再生医療等製品の製品戦略について」
    ① 最終製品のイメージはできているか、市場ニーズに即した製品であるか
    ② 製品の優位性をしっかり把握できているか
    ③ 製品価格の設定根拠はどうするか
    ④ 最初に投入を目論む国/地域とその後の展開まで考えているか
    ⑤ 製品の提供から輸送までイメージすることはできるか

    主催:一般社団法人再生医療イノベーションフォーラム( FIRM )
    経済産業省 関東経済産業局
    協賛:一般社団法人日本再生医療学会 (予定)

  • DNA技術のパイオニアDyNAbind社と協業開始
    当社100%子会社であるHeptares Therapeutics Ltd.(「Heptares社」)は、Gタンパク質共役受容体(GPCR)をターゲットとした創薬におけるリーダーの地位を強化し、新薬の創出を加速させるため、ドイツのDyNAbind GmbH(以下、DyNAbind社)と業務提携契約を締結しましたので、お知らせいたします。
    本提携は、DyNAbind社の次世代DNA技術を、当社のStaR®タンパク質に適用させることを目的としたものです。これにより、従来創薬が困難であった分野も含め様々なGPCRを標的に、選択性、有効性の高い低分子候補化合物を短期間で創製することが可能になります。

  •  「ウルティブロ」(当四半期の売上116百万米ドル、前年同期比11%増*)LAMA/LABAの配合剤である「ウルティブロ」は当四半期において、FLAME, CLAIM studyの良好な結果、並びに慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断・ケア・予防に関する世界的な指針となる2018年版GOLDレポート、さらにSUNSET studyに後押しされ、売上は二桁の伸びとなりました。
     「シーブリ」(当四半期の売上39百万ドル、前年同期比2%増*)LAMAの単剤である「シーブリ」の当四半期の売上は、ほぼ横ばいとなりました。グリコピロニウム臭化物とその製剤の独占的開発・販売権は、2005年4月に、当社および共同開発パートナーであるVectura社からノバルティス社に導出しています。
    更なる情報はノバルティス社のSecond quarter results 2018をご参照ください。

  • 利益有るうちに売っとけよ!

  • RNA活性化(RNAa)治療の先駆者であるMiNA Therapeuticsは、進行中の肝臓癌における小活性化RNA(saRNA)候補MTL-CEBPAの進行中の第I相試験から予備結果を発表しました。 この研究では、MTL-CEBPAは、健常および肝機能障害の両方の患者において一般に良好に耐容され、抗腫瘍活性の証拠を提供した。 MTL-CEBPAは白血球中のRNAa活性を媒介することも見出された。 このデータは、2018年の米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で、「ヒトで初めて、MTL-CEBPAの最初の段階的な第I相試験の予備実験結果」と題された小さな活性化RNA Developmental Therapeutics - Clinical Pharmacology and Experimental Therapeuticsポスターディスカッションセッションで、進行性肝癌患者の転写因子C / EBP-aを標的とした遺伝子治療薬(saRNA)が2018年6月4日月曜日の午後3時から午後4時15分まで開催されます。

    最近の治療法の進歩にもかかわらず、肝臓癌は未治療の医学的必要性のままであり、治療的介入には多くのハードルがあります。 特に、肝機能障害を有する患者には、新たな治療オプションが必然的に必要とされている」と、ガイ・アンド・セント・トーマスとキングズ・カレッジ・ロンドンの保健研究臨床研究施設の国立研究所研究所のDebashis Sarker博士は、その研究の 「この予備的安全性データおよび抗腫瘍活性の証拠は非常に有望であり、本フェーズI臨床試験の用量拡大部分でMTL-CEBPAを評価することを楽しみにしている」

    「この先進的かつ高度に前治療された癌患者集団における抗腫瘍活性の証拠と同様に、MTL-CEBPAの安全性および忍容性を含むこの初回ヒト研究の予備的結果に非常に満足しています。 特に、70%以上の腫瘍退縮を達成し、1年半以上にわたり研究を継続している進行した肝細胞癌患者を含む、多くの患者が安定した病気またはそれ以上を達成することを見出している」と、MiNA TherapeuticsのCEOであるRobert Habib 。 さらに、患者血液サンプルの分析は、白血球における標的CEBPA mRNAのアップレギュレーションを示し、saRNA医薬品の開発および当社プラットフォームの重要なマイルストーンを表しています。

    進行した肝臓癌患者の第I相臨床試験の用量漸増部分でMTL-CEBPAを評価した。 2018年3月31日のデータ切断日現在、23人の患者が毎週6回の投与量(28mg / m 2〜160mg / m 2)で治療され、5人の患者は70mg / m2。

    MTL-CEBPAは、すべての用量の患者において良好な耐容性を示し、最大耐量は同定されなかった。 治験責任医師によって報告された有害事象(AE)の大部分は、軽度から中等度であった。 高コレステロール血症(11%)、高GGT(11%)、低ホスファターゼ血症(11%)、貧血(7%)および高血圧(7%)を含む3以上のAEsはグレード2以下であった。 )。 急性冠動脈症候群、高ビリルビン血症、および高GGTを含む薬物関連毒性の可能性があるため、3人の患者(11%)のみがMTL-CEBPAによる治療を中止した。

    この研究の薬物動態学的データは、Cmax(薬物のピーク血漿濃度)およびAUC(曲線下面積)が薬物蓄積の証拠なしに用量比例することを示した。

    CEBPA遺伝子発現を、複数の用量レベルおよび時点にわたって10人の患者の白血球において分析した。 CEBPA遺伝子発現のレベルは、ベースライン時よりも治療上有意に高く、MTL-CEBPAの標的関与を支持した。 骨髄分化に関与するCEBPAのアップレギュレーションと一致して、MTL-CEBPAの投与後に有意かつ反復して好中球の増加が観察された。

    第I相臨床試験の用量漸増部分への登録が完了している。 英国およびアジアの複数の病院で第I相臨床試験の用量拡大部分に登録が開始されています。 詳細については、 outreach@minatx.comまでご連絡ください。

  • EDINET提出書類
    タイヨウ・ファンド・マネッジメント・カンパニー・エルエルシー(E09183)
    大量保有報告書
    第1【発行者に関する事項】
    発行者の名称 そーせいグループ株式会社
    4565

    証券コード
    上場・店頭の別 上場

    上場金融商品取引所 東京証券取引所

    h
    ttps://toushi.kankei.me/d/S100D2NN

  • 【訂正内容】変更箇所を下線で表示しております。
    (訂正前)
    (注)3.フィオナ・マーシャル氏は、2018年2月28日付で執行役副社長CSOを辞任しました。
    (訂正後)
    (注)3.フィオナ・マーシャル氏は、2018年2月28日付で執行役副社長CSOを辞任しました。辞任時の重要な兼職先は、Heptares Therapeutics Ltd. 取締役CSO及びHeptares Therapeutics Zurich AG チェアマン アンド ダイレクターです。

  • 名古屋・大阪2都市開催 個人投資家様向け説明会のお知らせ
    来る2018年6月25日に下記の通り、名古屋・大阪の2都市で個人投資家の皆様を対象とした説明会を開催いたします。東京以外の地域で個人投資家様向けの説明会を開催するのは初の試みです。代表執行役社長CEO ピーター・ベインズ、執行役副社長CFO アンドリュー・オークリーより、当社ビジネス戦略や開発パイプラインの進捗について発表いたします。また、質疑応答の時間も設けておりますので皆様のご参加をお待ち申し上げております。

  • PAR2標的に対して高い親和性と選択性を有する
    ペプチド・アンタゴニストを同定
    ペプチドリーム社とのコラボレーションが順調に進展
    東京、日本およびロンドン、英国、2018年5月24日 –
    Gタンパク質共役受容体(GPCR)をターゲットとする治療薬の設計および開発における世界的リーダーであるそ-せいグループ株式会社(以下、「そ-せい社」または「当社」;東証マザーズ コード番号:4565)は、バイオ医薬品企業ペプチドリ-ム社(本社:神奈川県川崎市 東証第一部:4587)との戦略的コラボレーションのもと、この度、プロテアーゼ活性化受容体2 (PAR2)に対し高い親和性と選択性を有するペプチド・アンタゴニストを同定することができましたのでお知らせいたします。

  • ヘプタレス4/25/2018
    欧州薬用化学連合(EFMC)は、欧州の医薬品化学組合を代表する独立した団体である。
    EFMC賞
    産業内の若い医学者のための
    Giovanni Bottegoni(ヘプタスペシャルセラピックス、英国)

    ジョバンニ・ボッテゴニ2017Aug8
    BACE-1阻害剤:最近の単一標的分子からアルツハイマー病の多標的化合物まで

    バイオグラフィー
    Giovanni Bottegoniは科学者であり起業家です。
    彼は博士号を持っています。 製薬科学(ボローニャ大学、イタリア、2006年)と医療管理の修士号
    2014年には、BiKi Technologiesを共同設立し、2年間、同社のCEOを務めました。
    現在、Heptares Therapeutics(Welwyn Garden City、U.K.)の上級科学者として働いています。
    彼は50以上の出版物の著者であり、いくつかの特許の共同発明者でもある。
    2015年には、イタリア化学学会の医薬品化学部門で医薬品化学のDCF賞を受賞しました。

    by Google翻訳

  •  「ウルティブロ」(当四半期の売上106百万米ドル、前年同期比4%増*)LAMA/LABAの配合剤である「ウルティブロ」は当四半期において、FLAME, FLASH, CLAIM studyの良好な結果、並びに慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断・ケア・予防に関する世界的な指針となる2018年版GOLDレポートに後押しされ、引き続き進捗しました。
     「シーブリ」(当四半期の売上38百万ドル、前年同期比4%減*)LAMAの単剤である「シーブリ」は、「ウルティブロ」への注力に伴い、減少しました。グリコピロニウム臭化物とその製剤の独占的開発・販売権は、2005年4月に、当社および共同開発パートナーであるVectura社からノバルティス社に導出しています。
    更なる情報はノバルティス社のFirst quarter results 2018をご参照ください。

  •  A2ARを介したアデノシンシグナル伝達により、様々な免疫抑制作用が生じ、腫瘍の増殖を促進させる
     AZD4635はA2AR受容体に選択性の高い拮抗作用を持つ経口薬であり、アデノシンによるT細胞抑制作用を元に戻すことが示された
     AZD4635単剤及び抗PD-L1抗体との併用療法は、高アデノシン及び低アデノシンを示す同系腫瘍モデルにおいて腫瘍増殖を著しく減少させた
     こうした作用は免疫不全動物では起こらず、免疫介在性作用機序が確認された。AZD4635による標的分子への作用(ターゲットエンゲージメント)については引き続き研究を進めていく
     これらのデータは、AZD4635が、単剤及び他のガン免疫療法との併用療法により腫瘍のアデノシンレベルとは無関係に、免疫応答性を回復させ、抗腫瘍効果をもたらす可能性があることを示唆している

  • 2018年個人投資家説明会 IR出ています!

  • バランスシートに存在する約
    2億8千万米ドルによりiこの候補化合物の開発を進め、当社株主に対してより大きな価値を確保できるようになります。


  • スタンダード・オブ・ケアへのアドオンとしての患者におけるHTL0018318のマルチセンター研究
    NCT03456349
    最初に投稿された:2018年3月7日
    最終更新日:2018年3月7日
    スポンサー:Heptares Therapeutics Limited
    コラボレーター:Allergan
    アルツハイマー病を有する被験者におけるHTL0018318の安全性および耐容性を判定するための無作為化、二重盲検、プラセボ対照、パラレル群、マルチセンター試験
    推定初回完了日:2018年8月

  • 日本で条件付承認プロセスを直接的に評価している企業の中には、Sosei CVCと提携して、肢虚血症患者の治癒を早めるための胎盤由来細胞の開発に携わっているPluristemがあります。

    Pluristemの会長兼CEOであるZami Abermanは次のように述べています。「加速する規制経路によるCLIプログラムの開発は、当社の戦略と同じように、

    再生医療分野や医薬品分野では、近年多くの外国人企業が商業化と外部関係に強く動き出している日本の大学と研究協力を行っています。米国からは、メルクとファイザーが東京大学と協力し、アストレゼネカは大阪大学と国立がんセンターとの共同研究を行っています。 Pluristemは福島医科大学で働いています。

    コンサルタントNovickは、多くの契約、コラボレーション、新たな再生の機会を指摘し、外国企業に「確実に飛び込む」ようにアドバイスしています。これは新興の急成長市場です。セメントはまだ規則や規制や指針で乾燥しているので、この市場でトーンを設定できる当事者になりたいなら、今すぐに入る必要があります。

  • 新しい試用記録
    ※臨床試験:アルツハイマー病患者のHTL0018318の安全性および耐容性を判定するためのフェーズ1b無作為化、二重盲検、プラセボ対照、パラレル群、マルチセンター試験(3 / 7up)


    Nature.com:Oncogene:「saRNAを用いたCEBPAの遺伝子活性化:肝臓癌のヒトsaRNA薬候補の最初の臨床前研究」 (オンラインで公開:3/7)

    さらっとGoogle 英訳

本文はここまでです このページの先頭へ