ここから本文です

投稿コメント一覧 (829コメント)

  • 薄明りの夜明けを迎えると猫が目覚めたたき起こされる。「吾輩の猫」は散歩に出た。

    6月12日、米朝会談も「にぎにぎしく」夜明けを迎えるのだろうか。
    大方の予想の通り首領様専用機は飛ばなかった。行き先不明の中国レンタル機は本来ならスクランブルされ強制着陸または破壊されるが中国の特別な計らいで、シンガポールに着陸した。目くらまし隠密行動をとらざるを得ない一国のトップは海外出張すらままならと知らしめた。会談が中国の思う成果がなければ帰国に中国は特別な配慮をしないかもしれない。口約束は担保されないからだ。朝鮮戦争が休戦とは言え、かの方はピョンヤンに降り立つまで命の心配が付きまとう。国交や平和条約ないことは常に命を狙われ多くは裸の王様。
    ここは当面、体制保障で無条件降伏がよろしい。疲弊した国民に餌を与え続ければカフィーの道から逃れるかもしれない。和戦どちらにしてもかのお方に苦難の道だ。

    「吾輩の猫」もご主人様の支援無くして生きられないが、同じ構図にみえる。無事帰還したので頭をなでなで餌を与えよう。

  • 米朝会談が近ずくに連れ予測不能なトランプに期待しない声が高くなっている。米国のある筋は安倍総理外交の限界すらぶち上げる始末だ。核・ミサイル廃棄には物理的時間を要しトランプは北が望む時間的猶予に同調しかねないとする意見もある。
    核を保持してもミサイルが機能しなければ張り子虎でミサイルのソフトを取り上げれば済む話。コピーの心配はあるがミサイルはコピーで飛ぶわけでなく操作するパソコンが必要でこれにウイルスを仕込めばよい。北には多数の移動式発射台があり複数のミサイル発射が可能で迎撃が困難とされるが、見逃しが単数なら迎撃はできる。
    更に迎撃装置を北朝鮮に置けば精度は上がる。交渉の視点を変えればよいだけの話。トランプはミサイルに疎いが疎いゆえの発想もありうる。体制の保証に対し北に迎撃ミサイルを常駐させれば即解決する。

  • >>No. 77081

    人口推移余禄

    日本の人口は減る一方だ。安倍政権は働き方改革で出生率増に躍起だが勤務時間に関心がゆき報道はかなり否定的だ。
    人口が減ると外国人比率が増加し「日本人による日本人」のための政策はかなり厳しくなる。リベラル派が人権を振りかざし政策をゆがめかねない。安倍政権を支持するが出生率増を「働き方改革」に置き換えるのは本質を逸脱している。本質は日本国を失うか否かにあり本質を伝えるべきだ。そのうえに出生率増がある。次の世代に対峙する若者に理解してもらうのが本質と思う。長期政権の役目は言いにくいことを恐れてはならない。

  • 日本は移民後進国と批判されるが実態は先進国と言える。移民の定義に反しているかもしれないが2016年度の外国人数は240万人在籍し人口の0.2%。不法移民は不法ゆえに実態は不明だが職にあぶれ狼藉をはたらくだろう。
    不法は犯罪の温床となり取り締まりに任せるとして、240万の内訳は中国人約30%韓国人約20%フィリピン人10%でこの三国で60%になる。中でも中韓の狙いは国家乗っ取りのリスクを含む。中国は日本の土地や不動産に投資し、韓国は自治体に食い込み乗っ取る。
    かたや在日韓国人・朝鮮人は60万近くが通名で生活している。これらを加えると韓半島人は90万近くが日本にいる。政府の「外国人白書」らしき統計は全数を的確に報じていない。
    以前に「帝国放送局」の必要性を投稿したが庶民にわかりやすく現状を伝えるべきだ。
    こちらは必要に迫られ調べるが無関心派は国が滅びてから知ることになる。恐るべきは戦争に次いで人口動態である。日本は有史以来の危機に存している。

  • 左傾野党が支持されない要因の一つに辻本清美の存在がある。この女が世に知られたのはあの「総理、そーり、ソーリ」連呼発言だ。民主党代表に岡田克也がついたころ笑わん殿下で口下手な岡田は辻本を重用し党のアナウンス役を与えた。辻本清美の正体を知れば政治に君臨する玉とは多くの人が認めない。でもなぜこんな玉が生き残るのだろうか?
    大阪の方には申しわけないが大阪の郷土愛、上方漫才の「ボケと突っ込み文化?」に起因する。言動が軽々しくとも上方漫才を選択し罪人であった玉でも世の中を「ボケと突っ込み」なら悪玉を面白おかしく国会に送るのだ。どこやら大学のキム先生も口数で負けないが淘汰され出番はないが、片や辻本は身分が保証され中身はないが人後に落ちない口数の多さは上方漫才そのもの。
    ところがこの悪玉の功罪は左傾野党支持率低迷に役立っているのだ。枝野を含め左傾野党の代表格は悪玉辻本に負けじと罵るさまは悪ガキ集団でしかない。この質の悪い玉に政権移譲など期待しない。その意味で辻本悪玉は政治の左傾化を防ぐ玉と言える。

  • 米朝会談で北は一泊65万円のホテル代が支払えないとの報道があるが真意はどこにあるのか??北らしい成功体験の攪乱戦法とも読める。その心はお涙頂戴の発信で他国を刺激し味方を増やす戦法かもしれない。手出しをすると制裁違反となるが北は見極める戦法。
    見極めたうえで後日交渉のカードに使う算段ならカードが小さすぎる。北はカードすら手元にないと思えるがさて、トランプの営業力も問われる米朝会談だ。トランプ機のコックピットに同乗する安倍晋三氏の操縦力が楽しみだ。

  • >>No. 76948

    トランプ機余禄

    モリカケ命の左傾野党はプロペラ機を運転したが、モリは大阪地裁判決で墜落、カケは勇み足議事録が表面化し墜落。最大野党党首と野党国会を牛耳る辻本先生らは先生とは思えない日本語で自爆した。プロペラ機に滑空力がないことを選挙民は知ってるが報道機関の誘導質問で政権支持率を貶めやんやと騒ぐが祭りの太鼓と同じで朝までもたない。テレ朝を含め民間局はレベルが同一の芸能界を相手に恋愛・結婚・誕生・離婚の報道に徹せよ。君たちの力はその程度と知るのがよかろう。セクハラだのパワハラだの人を批判するが局内で一件でもあれば腹を切ることになる。プロペラ機は能力を超えることで自爆する。心せよ!

  • 米朝会談の状況現場中継(ライブ)

    米朝会談は北の緊急着陸要請で降下中だが雷と乱気流で機体は揺れている。機内アナウンスはシートベルトの着用と非常時に備え酸素マスクの使い方を説明している。
    トランプ機は6月12日会談中止をアナウンスしたが、北は争う体力もご褒美も底をつき緊急着陸要請に至った。管制塔は着陸許可はいまだ出ていない。トランプ機着陸に備え「文と習近平」は空港に到着し北の首領様を出迎える用意を整え空港に向かうが特別ラウンジの扉は閉まったままだ。遅ればせながらロシアも出迎えの動きがある。この三国はラウンジの入り口で待機するしかない。
    予測不可能な機長トランプは管制塔の許可を無視し一か八かの着陸を強行するかもしれないと識者は解説するが、機長トランプは「タッチ&ゴー」も仄めかしトランプ機の着陸はいまだ霧の中だ。機長トランプの隣に副機長安倍晋三を座らせ、蚊帳の外どころか天候状況と着陸レーンを協議相談。トランプ機の操縦桿は安倍晋三が握ることになる。

    現場からは以上です。(プツン)

  • >>No. 76918

    あ奴の無視リストは24時間で10本以上に。「ククク…チント~ン♪」に賛同。

    さておき、久しぶりに朝鮮日報を覗くと共産化された韓国が見える。「労組貴族」とあったがシロアリのごとく資本を虫食み資本家と敵対している。いち労働者が給料900万でも構わないが条件は誰も追いつけない技術があればの話だ。トランプは自動車に25%の課税を検討しているが米国に出店の誘い水である。共産化韓国なら政府資本を差し出すかもしれないが国民のローソクデモを誘発し停滞を促進する。GM撤退が証だが韓国自動車業界に米国に出店するだけの余力があるかは蓋を開けなければわからない。仮に出店成功でも韓国労働貴族に仕事は来ない。稼ぎ頭のサムスンは4年で利益が半減したとある。二つの業界の共通項は技術で中国に並ばれたとし、AIは立ち遅れ韓国100に対し中国105、日本117、米国130だそうだ。韓国の分析力を信用しないが本当なら断末魔。

    韓国若者の日本就職に異論を見るがこの際全員引き受け体力を奪うのも手だ。
    と書くと「あ奴」は在日と吠える声が聞こえる。

  • あ奴を無視リストに掘り込んでから、やたら「無視リスト対象」の「行」が増えた。あ奴の怨念の「行」は不要です。「行」が増えても意味ないよ。広告閲覧者の意向に対応するのがYahhoの役目だ。何とかしてよ。

  • 米朝会談の効用は北朝鮮から核・ミサイル除去し、直接的脅威を取り除き安寧な生活が保障される点で歓迎される。
    実はこれには但し書きがあって韓半島の将来が日本にとって安全保障が担保されるか否かが重要である。中国も同じ視点で韓半島の色合い注視している。日本にとっていまの韓半島は安全保障バッファアーで米中が対峙する前線の38度線南下が避ける点で望ましい。南北が統一し平和協定が進めば日本の「安全保障バッファアー」南下が現実となりうる。望ましい平和ではあるが平和のツケを乗り切る外交はより困難になる。日本人による日本防衛はいまよりも更に強化の覚悟で米朝会談の行く末を考えたい。
    視点が飛ぶがマレーシアのマハティール氏の再登場は中国の一帯一路にブレーキをかけるが中国隣国のベトナム、ラオス、カンボジア、タイ諸国との外交の重要性は高まる。
    マハティールに期待するのは、中国の南西諸島制覇による九段線を無力化するにはマレーシアーインドネシア間の海峡が重要になる。加えて安倍総理の諸島会議は先を見据えた外交と評価できる。

  • >>No. 76804

    「君」からの返信不要。一切読まないから。返信以外の投稿も読まない。「君」は「君」なり投稿すればよい。
    ここからが肝心でよく読めよ!「この投稿に返信したら無視リストに入れる」いまだ無視リストに入れないのは自由を束縛しない投稿者に対する情けじゃ。これ以上付きまとうのは許さない。

  • 韓国憲法余禄

    韓国の憲法制定年月日を見ると厚顔無恥韓国が読み取れる。1948年7月12日時の憲法前文最下段に見慣れない元号があります。制定日を「檀紀4281年7月12日」とあり「檀紀(だんき)」と書かれています。「檀紀」とは何ぞや???これが韓国の正体で、くどくなりますが記録します。

    韓国は超古代からの朝鮮半島史をありもしない編集ならぬ史実を「創作」し偽物の書を作文した。にわかつくりの韓国史は偽物の作文に他ならないが「檀紀」と命名し国家が偽の元号を採用し「檀紀」を使った。要は韓国の起源は4000年以上も前にあると作文したが偽物ゆえに証明するすべはない。が、しかしケンチョナ精神は史実は後まわしと考え元年から数えて制定日を「檀紀4281年7月12日」と表示。反日国家韓国は日本の和暦に習い韓国の歴史を「にわか作り」したが和暦は日本の天皇家の歴史であり韓国の偽物とは比較にならない歴史の事実がある。
    世に「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の格言を地で行くパターンが「創作韓国歴」とみてもよい。史実を捻じ曲げてまで背伸びする韓国はやはり異常な国だ。

  • 韓国憲法は1987年12月29日9次改憲しこんにちに至っている。永らく続いた軍事政権から脱しようやく1985年2月の国会議員選挙で大統領直接選挙制へ移行した。その2年後に9次改憲された。
    韓国憲法前文に「大韓国民は3.1運動で建立された大韓民国臨時政府」を原点と書き込んでいる。この臨時政府なるものは、日本による統治に不満を持つ一派が中国上海で旗揚げし中国から援助された一派。日中は交戦にあり臨時政府は降って湧いた味方である。よく知らないが中国が焚きつけたかもしれない。「臨時政府」と銘打ったがこの臨時政府は国際的には認知されない妾の子で単なる狼藉一派でもある。しかし韓国憲法は臨時政府を原点と謳う限り反日が国是で親日は憲法違反となり友好はあり得ない。文政権が推し進める南北統一も「民族の団結」に基ずく政策で憲法遵守に他ならない。
    笑ってしまうのが後段にあり「思いと現実が真逆」がいまの韓国。この国とバイオリズムは永遠に交わらない。やはり断交が正しい。

  • 日大vs関西騒動は鳴りやまない。日大は学長の首を差し出しなだめにかかったが左傾局は幕引きを収めるどころか人民裁判よろしく再三再四のカーテンコールを要求しタックル映像を垂れ流す。民放に負けじとNHKも参戦し画面を汚す。関西もカーテンコール応じざるをえず、その意味では関西も報道の被害者だがこちらも被害者。
    日大の司会者に「日大ブランド」失墜では?の問いに「しない」と答え会場は湧いたが、タックルを犯した選手が登場しいきさつを語り彼のブランドは上がり日大も上がった。20才そこそこの若者がカメラの放列を前に堂々と考えを述べた勇気をたたえる。日大はいい教育をしている。
    蛇足だがビジネスでお付き合いはあったが「日大OB」ではないことをお断りする。

  • 峨 眉 山 月 半 輪 秋
    影 入 平 羌 江 水 流

    中国は好きだが中国人は嫌いがいまの心境。李白は峨眉山の頂(いただき)にかかる月を眺め悠久と自分を重ね合わせて詠んだ。こよなく酒を愛し酔いに任せ自然と融合しし詠んだのが峨 眉 山半輪の月 。
    いまの世は生きるにはせせこましく天を仰ぎ見ることさえない。帰路で見た月は輪郭がおぼろで水の流れに映し出すには輪郭が薄い。いずれ私も川の流れに身を寄せるのだろう。今宵だけは李白の酔いに恭順したい。中国は好きだがいまの中国人は嫌いだ。韓国は論外で学ぶ術がない。よって国も人も嫌い!!

  • ひねもすにつき2投目

    スマホでニュースを繰ってたら日大司会者の「会見終了」の意味が理解できた。記者質問が重複する理由が分かった。局の代表が会見に臨むと思いきや局の番組ごとに記者を送り込み番組向けに質問は司会者から見れば重複質問で終了を宣告するのが当たり前。これをとらえて危機管理専門家がイロハノイの字も知らないと御託を並べる。画面に数秒出たらいくらになるか知らないが、これも銭のための御託。
    左傾野党の党ことの重複質問を真似ね、問題を解明すると仕事にあぶれ飯の食い上げを危惧する彼らには未解決が好都合。国会は衆議院と参議院も重複しもっとたちが悪い。解明は果たせず疑惑が深まったと扇動する。
    この手法の行きつく先は、当事者は何を言われようと「沈黙」を推奨する。犯罪者と同列ではないが「黙秘権」がよかろう。さすれば左傾野党も左傾報道局は飯の種を失い失職する。

  • 豊渓里核実験場爆破ショーで北の核廃棄を信ずる者は誰一人いない。やるなら山ごと吹き飛ばせば第一段階は多少信じられる。北が核物質の飛散は無いと言うなら山を吹き飛ばしても環境汚染はないはずだ。入口爆破は「臭いものに蓋」を世界に知らしめただけ。外国記者団が持ち込む放射能測定器を没収しがこれも汚染の存在を認めたことになる。
    情報隠蔽国家の瀬戸際作戦は見抜かれ過去の「成功体験」はもろくも崩れた。体制保障を条件に核・ミサイル廃棄は順序として正しいが、ボルトンの言う第二のリビアは北の住民が決めること。おきれば北は混乱し南北融和のシナリオは韓国国民の描くシナリオと狂う。韓国国民は文と火中の栗を拾うことになる。    ご苦労様。

  • 用済みの豊渓里核実験場爆破ショーを確認しトランプは米朝会談中止を発表した。山間の豊渓里まで丸一日かけショーを撮影した映像の効果は会談中止の爆破で消えうせた。
    この一週間、北の動きは金正恩のグリップが緩んでいるのではないかと思える。内紛まで予測しないが米国のCVIDを飲むその先に、政府要職の身が担保されないリスクがあるからだ。米国は金正恩の体制保障を約束するが範囲は不明確で取り巻きの保証に言及していない。組織解体を恐れる取り巻きが反旗を翻す動きがあっても不思議ではない。CVIDを突き付けられ「無条件降伏」しか道はないが、この道は取り巻きを戦犯とみなし囚われの身になりうる。核開発に関わった技術者もろとも海外移動とは、政権の要職にあった者も対象となる。金正恩の「最大の敵」は国内にあると書いてきたが実証された。北朝鮮は「ふぐは食いたし命は惜しし」の虎穴にある。

  • 日大アメフットの監督とコーチの会見を見て思うのは、「国権の最高機関」の左傾野党に類似している。
    日大アメフット会見の場を、メディアは権力の監視と自認し頼んだ覚えもないが民衆の代表と誤解し「質問」を「詰問」に変え悪人の色付けに迫る始末。日大に敵意を持ったメディア集団をみると、メディア自体が大政翼賛会である。(蛇足だが大政翼賛会とは一国一党で反論なき会派)くだらない詰問も底が付き司会者に締めを宣言され司会者に苦言の矛を向ける始末。
    「監督は選手に責任を押し付ける」行為と批判するが認識の差で水掛論。

    話を左傾野党とメディアに移すが、ぶら下がり会見のしめは「愛媛県が嘘をついてると思うのですか!!」と捨て台詞。「!!」が大事で「??」ではない。番記者と言えば花形だがいまどきの若い記者諸君は質問力がなく捨て台詞を流し本社に「仕事してます」を伝える。記者諸君の質問力欠如より始末が悪いのが左傾野党だ。恫喝・恐喝・大音声は質問力欠如そのもの。もっともらしく振舞うが目的が「安倍政権打倒」であれば「モリ・カケ」が国家存亡の最重要事項に位置づけし国民に説明せよ。左傾野党は自らが左傾大政翼賛会に陥り国益を棄損しているが気が付かない。ほとんどの国民は知っているが左傾メディアに煽られる現状は哀れ。

本文はここまでです このページの先頭へ