ここから本文です

投稿コメント一覧 (2453コメント)

  • 嫁座る

       うつむき加減

            角隠し

    最近は
    角隠し姿も減ったようで
    初々しさも薄くなったような気がします。


    こんばんは・・・・


    >太刀持ちは殿の太刀持ち露払う・・・?
     綺麗で若い男というのは、そのようです。

    アハ・・
    その役目も
    あったんですかネ・・ (´∀`)

  • 露払い

       太刀持ちありて

            殿があり


    横綱は 昔 帯刀を許されたのですね。
    土俵入りは それを表わしているんでしょう・・・・


    こんばんは・・・・


    「天下三作」の説明 有難うございました。

    刀の置き方 位置 向きで
    その人に敵意があるか否かが判る・・
    というのに驚きました。

    私のような凡庸な人間では
    気がつかないことでした・・・・

  • 通り雨

      物干し竿に

          残る露


    和歌山市の叙勲者
    多岐に亘り
    人数もすごいですね・・・


    天下三作・・・
    人物名を教えて下さい。

  • 軒の下

       恋も芽生える

           雨宿り


    “夜の新宿 裏通り
      肩を寄せ合う 通り雨・・”

    八代亜紀も歌ってます。


    官兵衛さん
    こんばんは・・・・

    当地は 日中の気温が25℃前後・・・
    急に 秋本番がやって来たような 感じです。

  • わび住い

       独り寝る夜の

           秋時雨


    官兵衛さん
    こんばんは・・・・


    「谷山浩子」の透き通った声
    有難うございます・・・!


    >乾坤 … 天と地。

    “乾坤一擲”と言う言葉もありますね・・・


    >自衛隊の活躍誇らしいです。

    いつものことながら 頭が下がります。
    特に あの広島などでの 豪雨災害の時など
    熱中症が憂慮される酷暑の中
    制服姿で 裸にもなれず懸命に作業していたのが
    気の毒にもなり 感銘を受けました。


    >地球規模で世界nokuniguniwo見ていると
     色々不安要素が沢山有ります。

    おっしゃる通り
    “温暖化”が叫ばれ始めた頃よりも
    もっと 切羽詰まった不安を感じています。

  • 他になし

        頼れるものは

           わが身だけ


    “人に好かれて いい子になって
      落ちて行くときゃ 独りじゃないか
       俺の墓場は おいらが探す
        そうだ その気で行こうじゃないか・・”

    なんて 歌がありましたね・・・


    官兵衛さん こんばんは・・・

    >船の係留地を元の場所に戻さなければ成らないし・・・

    やはり 台風の被害 甚大だったんですねぇ
    それに 今度は 北海道の地震・・

    小松左京の“日本沈没”が
    始まってるんじゃないか・・などと 思ってしまいます。


    >“壺中日月長”

    含蓄のある 言葉ですねぇ・・・・

  • 躾け哉

       親の姿を

          見せるだけ


    改まって“躾”などと 考えなくともいい
    自分が真摯に生きればいい
    “子どもは 親の背を見て”育つのだから・・・と
    誰かが言ってましたね・・・・


    官兵衛さん
    2時間に余る クロード・モネの貼り付け
    有難うございました。


    >早朝から、被害復旧の手伝いに行ってきました。

    台風・・
    大変でしたね・・!

    >私の所は無事でしたが、凄い風でした。 

    ご無事で何よりでしたが
    それにしても屋根が飛ぶとは・・・

    TVでも見ましたが
    恐怖心が湧いて来ます。
    知人のところへ 躊躇いなく すぐ行って手助けするとは
    さすがに 官兵衛さんだなァ・・と思っています。


    当方は
    暴風圏に スッポリと入っていたにも拘わらず
    やや強い雨と 木の葉がゆっくりとそよぐ程度の風で済みました。
    台風の進行方向の 左側だったせいでしょうか?

  • 有頂天

       頭に針を

           打たれるか


    “頂門の一針”という
    言葉もありますね・・・・


    官兵衛さん
    いま
    テレビを見ています。

    台風・・
    いま 徳島に上陸・・と報じています。
    当地は“暴風圏”にスッポリ入っているものの
    雨が普通に降っているだけで 平穏です。

    御地付近のニュースでは
    白浜・太地・御坊などの状況が報じられていますが
    強風 豪雨のようですね・・・
    屋根が飛ばされ 空中を飛んでいるのも 見ました。

    ご無事であることを
    切に念じます・・・・・

  • 年は歳

       冷や水などと

          言われまい

       
    こんばんは・・・・


    >草引きをして疲れたので、
     その場に寝そべって煙草を吹かしながら空を見上げた。

     不来方の 
       お城の草に 寝転びて
         空に喫はれし 十五の心

    啄木は 空に無限の夢を描き
    官兵衛さんは
    即座に 李白の詩を口ずさむ・・・・

    それに 何もない空のPhoto
    まさに“空(くう)”ですね・・・・

  • 谷渡り

       危ういことも

           二度三度


    谷渡りじゃなくて 世渡りですね・・・・ (*゚∀゚)

       
    官兵衛さん
    こんばんは・・・・


    >『うわの空』で聞いて『世迷言』を『無秩序』に
    >話す人が三人以上集まったら・・・成立しません。

    >それを成立させていた粋風さんは立派です。


    お褒め頂いてるのか
    揶揄されてるのか・・・

    尻がムズムズします・・・(´∀`)


    Upされてる 海自の活動・・・
    なにか 胸が躍ります・・!

  • 心なし

        意見されても        

            うわの空


    何を言われても 心ここに無し・・・・


    こんばんは・・・・

    松江城・・ 
    行ったことあります。
    松平直政 月照寺 和菓子など
    勉強して来ました。

    203高地 乃木将軍 殉死・・
    我々世代は 学校の教科書で学びました。

    夏目雅子 綺麗ですね・・
    今は亡き というのが惜しい・・・・

    信長の“鉄船”・・
    歴史物で よく語られます。
    どこまで 本当かな・・・?


    「海自」のPhotoに添えられた寸言
    >米軍から燃料補給を受けてます。
     西インド洋、数日前

    >オーストラリアに向かう途中グアムに入港、
     今オーストラリアに向かってます。

    >宗谷岬の西北西約140㎞の海域を東進する
     ロシア軍艦二隻を日本の護衛艦が監視してます。
     写真は昨日8月28日
     
    等々・・・
    まるで 
    官兵衛さんが現役で乗艦しているような気がします。
    まさか・・・?

  • 通じ合う

       心は 永き

           歴史あり


    通じ合う心は
    一朝一夕には出来上がりませんね・・・・


    相変わらず
    書・画 掛け軸 硯 “双筍”など
    その豊富な蓄積に感嘆して居ります。
    合い間に 時事 軍事 
    そして歌曲などを挟むなど
    けっこう 楽しませて頂いています。  


    『女の子と釣りに行って「50年後にここで会おう」と約束をした』話には
    事実なら 将に「小説よりも奇なり」と思うし
    フィクションなら よく出来た話・・と思います。

    一時は
    官兵衛さんの“自伝”かとも思いました・・・ (´∀`)

  • もの言わず

       以心伝心

          永い仲


    官兵衛さん
    こんばんは・・・・

    台風20号
    いま・・
    まさに 御地と当地の中間を通過しています。
    当地は意外と風は静かで雨だけ・・・
    まずまず平穏です。

    御地も被害の無いよう 念願しています。
        

    >高田 好胤はよく喋る。
    >瀬戸内 寂聴もよう喋る。


    “沈黙は金”と言いますが
    好胤さん、寂聴さんは
    “饒舌は金(カネ)”でしょうか・・・ (´∀`)

    ま・・ 然し
    好胤さんは
    いいことをおっしゃってるんですね!
    「永遠なるものを求めて 永遠に努力をする人を 菩薩と言ふ」

    ウ~~~ン・・・・


    >from いわくに海兵隊

    エ・・?
    「男」ばかりの海兵隊に
    なんで
    こんな美女ばかり大勢・・・?

  • 指なのか

       腕とも思う

           逞しさ


    次々と登場する 掛け軸 置物・・・
    宝物の展示会のようです。 
       

    >庭は草ボウボウ、死ぬまで草引き。

    なんて おっしゃるけど
    メダカの池もあり
    花も咲き
    由緒ありそうな 石灯籠もあり
    なかなか いいじゃありませんか・・・・

  • たまにある

        書画に心を

            向ける時


    たまに・・・です。


    官兵衛さん 
    こんばんは・・・・

    「僕の小さな腕時計・・・。」

    驚きました・・・
    素晴らしい詩になってますね!

    平井堅の「大きな古時計」を 想起させます・・・・


    #7451の メモの絵・・・
    東京オリンピック後に亡くなった
    円谷幸吉選手を思い出しました。

    「父上様母上様 三日とろろ美味しうございました。干し柿 もちも美味しうございました。」
    「敏雄兄姉上様 おすし美味しうございました。」
    「勝美兄姉上様 ブドウ酒 リンゴ美味しうございました。」
    「・・・・・・・・・・・

  • 背のひかり

        世の闇照らす

           道しるべ


    官兵衛さん♪
    こんばんは・・・・


    >お国の為に戦って軍事裁判も難しいですね?
     戦争犯罪者扱いされたらたまらん><

    ニュルンベルグ裁判もそうですけれど
    東京裁判にも 子供の頃から
    疑問を持ち続けています。

    所謂“勝者の論理”で
    裁くわけですから・・・・

  • 陽のかがみ

        この現世(うつしよ)に

                 光映え


    こんばんは・・・・

    官兵衛さん♪
    次々と登場する 書画骨董
    そして 蓮の花・・・
    只々 感嘆して居ります。

    動画“Flashmob Nurnberg 2014 - Ode an die Freude”
    ドキュメンタリーであるにせよ
    ドラマであるにせよ 素晴らしいですね・・!

    一少女の吹奏から始まる“第九”の合唱・・・
    Freude, schöner Götterfunken,
    Tochter aus Elysium・・・と歌う人々・・・

    全員が Freude! Freude! と
    叫んでいるようで 感動的です・・・!


    ニュルンベルグ・・・
    オイラ世代では
    「ニュルンベルグ裁判」が行なわれた所として
    記憶して居ります・・・・

  • 上を見る

       五日の月と

           星一つ


    夜 8時ごろ
    もう三日月じゃない 五日の月が
    山の端に懸かっていました。
    星は金星でしょうか・・・・


    こんばんは・・・・

    >全ての人間が隣人を助けるようになった時世界に平和が訪れます。

    “汝の隣人を愛せよ”とキリストも言ってます。
    釈迦もキリストも究極では同じってことでしょうか・・・・?


    「南方熊楠」・・
    官兵衛さん地方の誇りですね!
    知識が広く造詣が深い・・・・

    官兵衛さんも 似ているような気がします・・・・

    オイラも 熊楠と一つ繋がりがあるようです。
    「ネンキン」で・・・・ (´∀`)

  • まだ見るか
     
        夢の世界の

            甘い夢    


    “夢 未だ覚めやらず・・”


    こんばんは・・・・


    「メダカプールの蓮」
    綺麗ですね
    これが開いたらなお美しいでしょうね・・・

    ここから
    カンダタの頭上に
    “蜘蛛の糸”が垂れるかも・・・・

  • その証

       求めてルーツ

           探す旅


    「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」

    あ・・
    これは ゴーギャンの作品でしたっけ・・・


    こんばんは・・・・


    メダカ池の百合・・

    綺麗ですねェ
    楚々とした 若い女性を連想させます。
    ま・・写真も巧いんでしょうけど・・・・

本文はここまでです このページの先頭へ