ここから本文です

投稿コメント一覧 (2191コメント)

  • 天城超え

       下田街道の

           踊り子よ


    石川さゆりの歌だけでなく
    「伊豆の踊り子」や
    「天城山心中」
    「ゴルフ場」その他で
    “天城”は よく知られていますね・・・

    愛新覚羅慧生(あいしんかくらえいせい)と 
    大久保君の 心中事件は
    オイラ世代は
    よく記憶しています・・・


    みなさん
    こんばんは・・・・


    たまさん♪
    >世之介さまの年齢が・・・ランドセルで益々不明に・・・。

    アハハ・・そりゃ失礼!
    ただ
    ランドセルは 
    昭和の初めあたりから
    よく使われていたらしい・・
    ということだけ 
    お話しておきます・・・ (^-^ )


    >家から小学校までは、400mほどですので

    へェ
    近かったんですね・・・

    オイラの通った小学校なんかは
    1.6㎞ありました。
    “習字”とか“図画”の選手に選ばれて
    “特訓”で遅くなると
    秋、冬の日暮れの早い季節は
    真っ暗くなった道を一人で帰るのが
    とても怖かったことを
    覚えています・・・


    >昨夜は鼻水タラタラで
     朝。目が覚めたら・・・
     鼻腔の周りが・・・乾いた・・・で・・・(><)
     などと無粋な話で・・・・

    無粋だなんて・・・

    それは誰でもそうなりますよ!
    ま・・生きてる証しですから・・・


    >怪我に気を付けて
     楽しんでくださいませ!。

    有難うございます!
    “老骨”に鞭打って
    頑張って来ます・・・・!

  • ランドセル

       思い出詰めて

            今もある


    我が家では
    6人兄妹で
    長兄から末妹まで
    1、2年生のときだけ
    一つのランドセルを
    使いました・・・

    いわゆる“お下がり”というヤツです。

    皮製で 柔軟性があって
    とても丈夫でした・・・・

    今もあると思います。 


    みなさん
    こんばんは・・・・


    たまさん♪
    >知り合いに美人でもないのにモテる女(人)がいました。
     彼女はとにかく口が美味かった。
     結婚前に妊娠して、堕胎。
     別の男と結婚しても尚
     他の男の人と浮名を・・・と
     女性に対しては底意地が悪い女でした。
     なのにモテるのが不思議でなりませんでした。

    そこが 
    この道の不可解なところ
    理屈とか善悪論では説明不可能ですよね・・・

    人間て知的な生物だけど
    このことは
    むしろ本能的なところに
    考えを致すべきものなんでしょうネェ・・・


    >一昨日から喉が痛く、話すのもママならない・・・。
     今朝は鼻水・・・・(><)

    寒暖の差があり過ぎるのと
    乾燥のせいでしょうね。
    仲間にも何人か同じ症状の者がいます。
    やはり
    夜は温かくしておやすみ下さい・・・


    >世之介さまは 元気そのものですね!?
     きょうも テニスを楽しんでくださいませ~。

    日曜日は“市長杯”の大会です。
    いつも組むパートナーは
    別のグループに籍を置いているので
    明日 明後日は
    その彼を わがグループに呼んで
    2日間の“特訓”をやります。

    ランクを一つ落しての出場ですが
    強豪が多いので 苦戦は必至です。
    頑張るっきゃないです・・・・


    そろそろ寝ます。
    深夜族のオイラにしては
    早い就寝です。

    おやすみなさい・・・・

  • いとおしさ

       食べちゃいたいと

            言うほどに


    特に幼な子は・・・


    みなさん
    こんばんは・・・


    もんちゃん♪
    >とりわけ美人でも、可愛くもありません。

     が、男には不思議な臭いをいつも感じます。


    下世話に言う
    “男好きのする女”というやつですね・・・

    オイラの知り合いにも居ました。
    特別美人ってことも無いんだけど
    なぜか惹かれる・・・

    この女性をめぐって
    殴り合いの喧嘩をしたヤツも居ました・・・

    たまさんの言う通り
    強いフェロモンを発散してるのかも・・・


    たまさん♪
    >なんて表現したらいいのだろう・・・
     声を聴いただけで胸がキュンとなるような・・・。
     新緑の木の葉に風が吹いたときのような感じですかね・・・
     表現が下手で伝わりにくいですよね。
     ごめんなさい。

    いやいや・・・
    あの感覚を表現するのは
    プロと言えども
    至難の業ですよ・・・

    たまさんの表現の方が立派・・・!


    >そうでしたね!?
     わたしとはみっつ違いでした!?
     アッハ~(⌒▽⌒)

    ハイ・・!
    忘れないようにしています・・・ (-^〇^-)


    川太朗さん
    ごぼ天さん
    こんばんは・・・


    みみさん
    もう少しだネ
    がんばれ・・・・・!

  • そうも行かない

        結婚してと

           言われても


    いろいろ
    身辺整理しなくちゃネ・・・

    なぁ~んて・・
    モテる訳ゃないのにネ・・・


    みなさん
    こんばんは・・・・


    たまさん♪
    >>涎が垂れそうな美しさ・・・
      そんな人が居ますよね。

    >男性は女性にそういう風に感じることも
     あるのですね。

    >わたしは男性をみても・・・・
     まだ、そういう経験はないです。

    少し表現に品が無かったですね・・
    美しさに陶然とする・・と言うか
    現代っ子ならシビレルゥ・・というのか・・・ (^-^ )


    >お元気で100歳超えても
     楽しまれることをお祈りいたします。

    ありがとう!
    それまでには
    まだ60年ほど ありますので・・・・

    アハハ・・・
    大ウソをつきました
    4月1日は
    とうに過ぎたと言うのに・・・・ (-^〇^-)


    みなさん
    おやすみなさい・・・


    みみさん
    “祈 早期全快”!

  • 麗人で

       着物姿が

           楚々として


    涎が垂れそうな美しさ・・・
    そんな人が居ますよね。


    たまさん♪
    >ところが、回復して後ひと月で104歳です。

    すっげェ・・
    身内に長寿者が居られるんですね!
    元気で長寿を伸ばされるよう・・・・


    >世之介さまのテニスのお仲間さんにも
     肺炎で入院中の方がいらっしゃるのですね。
     早い快復をお祈りいたします。


    ありがとう!
    ネット仲間の麗人から
    そう言われたよ・・と
    言っておきます。

    きっと
    瞬時に治ることでしょう・・・


    >今日も晴れの予報。
     怪我に気を付けて
     楽しんでくださいね。

    有難う!
    今日も走り回って来ました。
    気持のいい汗をかきました・・・


    みみさん♪
    早く治ってヨ・・・

  • 美しく

       香り漂う

           あの人は


    “あの人”・・
    誰かな? たまさんかな・・・


    みなさん
    こんばんは・・・


    たまさん♪
    >まず、みみちゃんから連絡が
     きょう午後ありました。
     肺炎が良くならず
     退院が1週間延びたそうです。

    情報提供ありがとう。
    早く治って欲しいですね・・・

    みみさん
    頑張れ・・・・!


    “肺炎”って意外に罹る人が
    多いそうですね・・・

    先日
    オイラのテニス仲間にも
    咳と微熱で 医者に診て貰ったら
    “肺炎”と診断され
    目下入院中の者が居ます。
    オイラも気をつけなきゃ・・・

    たまさんもネ!


    今日は 快晴無風 空気爽やか
    終日 コートを駆け回りました。
    さすがに太ももに張りを感じますが
    いつものように 一晩寝れば
    治ってしまうでしょう・・・

    明日も いい天気そう・・・

  • ありえない

       たまさんがオレに

           Chu~をする


    “絶望”のカキコです・・・ (-^〇^-)


    みなさん
    こんばんは・・・・


    もんちゃん♪
    繋ぎにくい下5(底の底)にして
    ごめんなさい・・・ m(_ _)m


    たまさん♪
    ネコのこと・・
    >足元に身体をこすりつけてくることもしませんか?。

    たま~にですが
    通り過ぎるとき
    微かに触るか触らぬかの感覚で
    触れていくことがあります・・・

    愛猫家に言わせると
    親愛の情を表す挨拶だとか・・・
    ホンマかいな・・?


    >犬もたまには存在感を示したいのでしょうか。

    二人で仲良くしているようだけど
    ワタシだって ここに居ますよ・・って
    言ってるんじゃないでしょうか・・・・・


    >世之介さま こちらは雨が上がりました。
     きょうは試合なのですね。
     怪我の無いよう 楽しんでくださいませ。


    有難うございます・・!

    張り切って出かけたんだけど
    雨は明け方に止んだのに
    豪雨だったせいか
    水捌けのいいコートが
    田植えが出来るほどに水が溜り
    中止になりました・・・

    で・・
    時間を持て余して
    行きつけの 
    チャーミングなママさんがいる
    喫茶店へ 友人と連れ立って行き
    時間を潰しました・・・

    このママさんの息子さんも
    テニスをやってるんで
    いつもながら 話に花が咲きます・・・


    >みみちゃんに連絡が取れました。

    ありがとう・・・!
    ただごとじゃない・・と思っていました。

    退院の見込みがついたんですね!
    よかった・・・


    ごぼ天さん♪
    道中 気をつけて・・・・ (-||-)


    川太朗さん♪
    御地は 豪雨じゃなかったですか・・?

  • 恐ろしや

       女の胸の

          底の底


    “旅空夜空で しみじみ知った・・”
    橋幸夫の“潮来笠”のパクリです。


    みなさん
    こんばんは・・・・


    たまさん♪
    >世之介さまのお宅でも
     ネコを飼っていらっしゃるのですね。

    カミサンの好みです。

    オイラは犬が好きで
    猫は嫌いです。
    でも・・
    いま飼っている猫を いじめたり
    虐待などは決してしません。
    むしろ餌は ちゃんとやるし
    時には頭を撫でることもあります。

    なのに・・です
    ねこのヤツ オイラが猫を嫌いって判っているのか
    カミサンにはベタベタしても
    オイラには決してそんな態度をとりません。

    いつも よそよそしく
    すれ違うときなんか
    足を速めて通り過ぎます・・・

    「猫のヤツ わかってるんだ・・」と
    カミサンと顔見合わせて笑います。


    >わたし以外にもペットに愚痴や独り言を話しかけるのですね。
     安心しました。

    カミサンはオイラの目の前で
    それをやるんです・・・

    オイラに直接言わずに
    猫に言うことで
    ワンクッションになるんですね・・・

    当地は
    これから豪雨の予報・・・
    久しぶりに早く寝ましょうか
    明日は 試合もあることだし・・・


    たまさん
    みなさん
    おやすみなさい!

    みみさんの
    心配をしつつ・・・・

  • 叱るのは

       叱る方だって

           つらいもの


    https://www.youtube.com/watch?v=N34U-OKRm1U


    たまさん
    みなさん
    こんばんは・・・・


    たまさん♪
    今日は
    長良川の“鵜飼開き”だそうです。

     おもしろうて
       やがて悲しき
          鵜舟かな

    かがり火が明々と燃える中
    鵜匠の手綱捌きを楽しんで
    やがてそれが去って行った後の
    淋しさ・・いわば“宴の後”の
    寂寥を言う人と

    面白いけど
    鮎を飲み込もうとしても それが出来ず
    横取りされてしまう 鵜の悲しさ・・と
    受けとる人とが居るようですね・・・

    鵜飼は
    真っ暗の中で
    かがり火を焚いてするもの・・だそうですが
    今夜は満月・・・
    どんなでしょうか

    やっぱり美しいでしょうね・・・
     

    >20年後、田んぼを作る人が居るのか・・・
     心配です。

    食糧をすべて外国から輸入する・・
    そんなことにならないように・・と
    心配です。

     
    >夫と喧嘩をしていても
     犬に話しかけ気持ちが楽になることもたびたび・・・。
     そんな風にどなたさんも暮らしていらしたのでしょうね。

    我が家も同じ・・・
    オイラとケンカした後
    ウチのカミサンは
    膝に抱いた猫に話しかけます。
    「あんなこと言うけど 自分が悪いのよネ
     いつも私が悪いように言うけどネ・・・」

    ・・てな調子です・・・


    川太朗さん♪
    お控ェなすって
    手前生国と発しまするは・・・

    ガキの頃
    映画で見たのか
    これがカッコよくて
    友達と仁義切って遊んだもんです。

    川太朗さんの写真も
    “カッコいい・・”


    >不器用な奴です。

    “健さん”を思い出します。


    もんちゃん♪
    奥様が他界されて15年ですか
    いろんな想いが募るでしょうね・・・


    ごぼ天さん♪
    “扉”を開けましたか・・?


    みみさん♪
    どうしたんだろ
    元気でいて欲しい・・・・

  • 撫で撫です

        君に甘えて

            膝枕


    たまさん♪
    >農家はボランテイアで作っているようなものです。

    宙ぶらりんになったTPPにも関連して
    日本の農業って
    考えなければいけないことが
    いっぱいですね・・・


    >わたしは 世之介さまに出会ってよかった~~!!。

    オイラは
    それの何倍も
    たまさんに出会えてよかった・・と
    思っています・・・


    >わたしが帰ってくるのを待っていたかのように
     一生懸命に立ち上がろうとしてみせ。
     夕飯の支度後、様子を観にいったら息を引き取っていました。

    弱いなぁ・・・
    オイラこういう話に
    めっぽう弱いんです。
    書きながら もう涙です。

    犬でも 猫でも
    飼うと可愛いですし
    癒されますが
    いつか来る別れが辛いですね・・・

    テニス仲間でも
    よく そんな話が出ます・・・


    川太朗さん♪
    【 つもり違い十カ条 】
    衝撃ですねェ・・
    “頂門の一針”を喰らった思いです。

    これからも
    真摯に考えていきましょう・・・


    みみさん♪
    長すぎる・・・・
    何かあったとしか思えない。

    どうしたんだろう・・・・

  • ビンタされ

     苦い思い出

         失恋の


    みなさん
    こんばんは・・・


    たまさん♪
    >近くを観てても黄砂のひどさはわからないが
     遠くを見れば黄色っぽく霞んでいる。
     そうですね。新緑の緑さえも見えない・・・。

    平安の 雅な昔
    宮人たちが詠んだ
    “霞たなびく”や“霞か雲か”などの中には
    “黄砂”の場合もあったんじゃないか・・
    などと思うこともあります。


    >機械化で思うのですが
     米は一反作っても10万円売り上げが無いくらい。
     なのに各家でトラクター、田植え機等を揃えていたら
     ものすごい赤字。

    へェ~  と
    思わず絶句・・・

    そうなんだぁ・・・
    あらためて
    たいへんなことなんだ・・と 知りました・・・


    >出合ねぇ
     出会ってよかった人。
     出会いたくなかった人。
     色々よね。
     出会いたくなかった。と思える人にも

     出会う意味があったと思うようにしています。


    “袖ふれ合うも他生の縁”・・とか
    “一期一会”ですね
    「出会う意味があった」ということでしょうね・・・ 


    川太朗さん♪
    >あと半年で年金かぁ~

    「もうそんな歳になったか・・」と
    嘆息しているようにも
    或いは 
    「やっと受給できるようになったか・・」と
    少し期待しているようにも
    聞こえます・・・

    でも 受け取れることは
    いいことですね・・・

  • いまいづこ

       あの人に訊けば

            知っている


    もんちゃん
    被りました・・・

    逆繋ぎして おきます。

  • 元気でね

       別れた人は

           いまいづこ


    遠い日・・
    涙ぐんでた あの人は・・・


    みなさん
    こんばんは・・・・


    たまさん♪
    >こちらきょうも快晴です。
     まだ黄砂の気配は感じられませんが
     午後からは黄砂となるでしょう。
     (昨日もでした)

    当地は
    昨日 今日と黄砂でした・・・

    脚の悪い叔母(家内の)に請われて
    松山(片道100㎞)まで
    往復しました。
    “高速”を走るのに
    視界の妨げとなるようなことは
    なかったけれど
    美しい筈の新緑が
    沈んで見えました・・・


    >2日間、休み無しでお疲れでしたね!

    テニスの方が
    ず~っと楽でした トホホ・・


    お知り合いの方・・
    >彼女曰く「二人暮らしなので、必要最低限の物しか置いてないの。
     食器も二人分以外は全て処分した」と

    お従兄さんのところ・・
    >お通夜に行ったら、ビールを注ぐグラスさえ出してなくて
     あの使い捨ての透明のコップだったの。
     それを思うとやっぱりグラスや湯呑くらいは・・・と
     思いました。

    “過ぎたるは 及ばざるが如し”
    と言ったところなんでしょうね・・・
    ただ・・
    どの辺が適当かと言うのが難しい・・!


    >近所の本家の田植えの手伝いに母が行ったとき
     こどもたちはムシロを敷いてもらって
     そこで遊んでた記憶があります。
     
    >田んぼも牛でこしらえてた時代も記憶にあります。
     母が田植えの手伝いに行くと
     お土産が付いて帰ってきました。
     ボタ餅だったり、炊き込みご飯だったり
     楽しみだったものです。

    >今は田植えも機械でちゃっちゃ、と 終わってしまいます。
     我が家も約6反の田んぼが
     機械で5時間足らずで終わってしまいました。
     田んぼにロープを張って
     それに沿って五月女さんが並んで植えていた時代は
     もう 忘れられてしまったのでしょうね。


    機械化されて 短時間で終り
    労力をセーブ出来ることは
    100%いいことだと思ってますが
    あの頃のホンワカとした
    人と人との心の通い合いに
    たまらない郷愁を感じます・・・・


    >文部省唱歌「雨ふり」
     遠い遠い記憶の中に・・・・
     こんな光景を観たような・・・
     そんな錯覚なのか・・・

    世代から言って
    多分 見たことは無いでしょうが
    親御さんから聞くとか
    本で見るとかで“知識”とか
    “擬似経験”とかの形で
    たまさんの心に
    温かい“思い出”として
    残ってるんだろうと思います・・・


    もんちゃん♪
    >ドジョウ、オタマジャクシ

     タガメ、ミズスマシ、ヤゴ

     カエル、トンボ、

     なんか、メルヘンみたい、


    おっしゃる通りメルヘンですね!
    そして
    いま 忘れ去られようとしている・・・


    さすけさん♪
    >母も父も居なくなってからさらに放置状態。...扉を開けるのが怖いなあ。.....

    怖いでしょうねェ
    オイラ臆病だから特に・・・

    頑張ってください・・・


    みみさんが いない・・・
    パチとリキュールなら いいけど・・・


    川太朗さんは
    頑丈だから 大丈夫でしょうね 多分・・・

  • ポンポコリン

        ちびまるこの歌

             くれた人

    https://www.youtube.com/watch?v=4g9ZlGhN7oU


    また
    たまさんに
    乗っかりました。

    繋ぎます・・・・・

  • 狸かも

       この宝くじ

           くれた人

    だって
    ぜ~んぶカラクジ・・・

    あ・・そうか
    やっぱり「タ」抜きだ・・・


    たまさん
    みなさん
    こんばんは・・・・


    たまさん♪
    >息子さんに娘さん
     やはりお孫さんは連れないで・・・?

    娘が一人でやって来ました。
    中肉中背ですが 体力があるヤツで
    一人で 押入れ、天袋、物置など片付けて
    70ℓの厚手ビニールごみ袋を
    20袋もつくりました・・・

    市のクリーンセンターへ運んだのは
    オイラ一人でしたが
    2日間休みもせず働いて
    オイラ あおられっ放しでした・・・

    帰った後は
    オイラ カミサンとも
    大の字にひっくり返って
    ヤレヤレでした・・・


    >あちらで、お母様とお兄さまが
     世之介さまの健康を見守ってくださっていますね!?
     きっと!!。

    ありがとう・・・
    そう思ってます。
    そんなこと書いてくれたんで
    思わず瞼が熱くなりました・・・・


    >田植えも終わり
     苗箱も洗い
     ホッと一息です。

    よかったですネ!
    でも疲れたでしょう・・・

    子供のころを 思い出しました。
    機械化された今と違い
    田植えは近所一体となった一大行事・・
    水を張った田んぼに ロープを張って
    それに沿って 10数人並び
    田植え歌など歌いながら1本1本植えていきました・・・

    非農家のチビだったオイラなんかも
    駆りだされて苗運びなんかやりました。

    10時ごろの軽食 正午の昼食
    3時ごろのおやつ的な食事もあって
    みんなで畦道や広い場所に腰を下ろして
    和気藹々で過ごしたことを
    覚えています。

    あの頃 田植えは農作業でありながら
    一種のリクレーションでもあったような気もします・・・

    小学校では
    そんな情景を描いた歌が教科にありました。

     あめあめ ふるふる たにはたに
      こどもは せっせと なえはこび
       こいぬも かけます たんぼみち

     あめあめ ふるふる のにやまに
      おとなは そろって たうえする
       つばめは とびます かさのうえ
      
    https://www.youtube.com/watch?v=tVf0lFbS9_E

    現在では見られなくなった この情景に
    たまらない懐かしさを感じます・・・・・


    >次は干し草が待っています(><)

     お天気が続いてくれて
     無事都合よく終わればいいのですが。。

    ネットで見ると
    週に1日ほど傘マークが見えますが
    「弱雨」とあります・・・

    好天が続くといいですネ・・・!


    >きょうもこの時間にもう17℃になっています。
     コートの上は暑いでしょうね。。
     気をつけて 楽しんでくださいませ~。

    ありがとう!
    陽射しは強いけど
    空気がカラッとしているので
    暑さは どうにか・・・

    たまさんは
    UVに気をつけてくださいネ・・・!

  • 見とれてる

        うっとりするよな

              横顔を


    正面だけでなく
    横顔も綺麗な人が
    本当の美人だ・・・
    と 誰かが言ってました・・・


    みなさん
    こんばんは・・・

    3日間のご無沙汰でした・・・   


    たまさん♪
    >放送部の部長さんですか。
     将来はアナウンサーかしら!?

    ハハ・・
    どんなになるのか知りませんが
    ただ・・
    西宮ですから
    甲子園の高校野球大会の
    アナウンスなんか出来たら
    楽しいな・・なんて
    あり得ないような想像をしています・・・


    >世之介さまは、お母様やお兄さまに
     多くのことを教わられたのですね。

    ハイ・・
    どちらも既に他界していますが
    懐かしいのと
    温かい思い出がいっぱいです。

    兄の場合
    6人兄弟の中で
    彼一人だけが旅立ったことが
    悔しいです。

    5日の こどもの日は
    “立夏”でもありましたね・・・

    暦の上では・・と言いますが
    でも 今日は
    ホントに暑くて
    終日 半袖で過ごしました・・・ 


    ごぼ天さん♪
    写真・・
    見事です・・・!

    特に
    空の蒼さが素晴らしいです・・・


    川太朗さん♪
    >暫くはこの車です。

    カッコいいじゃないですか・・・
    オイラ このタイプのクルマが好きで
    一度買おうと思ったことがあるんですが
    「背中にタイヤ背負ってるなんて・・」という
    カミサンの声で頓挫しました。
    ホントはカッコいいのにね・・・


    もんちゃん♪
    すずらん・・・
    季節の花ですね!

    誰からも愛されるのか
    「鈴蘭の歌」を探したら
    すぐに五つも見つかりました。
    もっとありそうです・・・


    みみさん♪
    チト長すぎる・・・

    まさか
    入院してるんじゃないでしょうね・・・

  • ローレライ

       歌を聴きつつ

             眠った朝


    たまさんに 重なりました・・・
    繋いでおきます。

  • 歌に酔い

    船人沈む

         ローレライ


     なじかは知らねど 心侘びて
      昔の伝えは そぞろ身に沁む
       寂しく暮れ行く ラインの流れ
        入日に山々 紅く映ゆる

     美わし乙女の 巌に立ちて
      黄金の櫛とり 髪の乱れを
       梳きつつ口ずさむ 歌の調べの
        奇しき力に 魂も迷う

     漕ぎ行く船人 歌に憧れ
      巖根も見やらず 漕ぎ行けばやがて
       波間に沈むる 人も舟も
        奇しき魔が歌 歌うローレライ

    原語では
     Ich weiß nicht was soll es bedeuten,
    Daß ich so traurig bin;
    Ein Märchen aus alten Zeiten,
    Das kommt mir nicht aus dem Sinn.

    ・・で始まる“ローレライ”
    暮れ行くライン川の情景が
    実に美しく描写されていて
    原詩にも訳者にも感嘆しています・・・
     

    みなさん
    こんばんは・・・・


    たまさん♪
    >あの超美しいお孫さんも もう中3ですか!?
     歳月の過ぎるのも早いものですね。

    ハハ・・
    “超”は最大の贈り物ですね!
    “超”ってことは無いでしょうけど
    ま・・可愛いです。

    今年は 最高学年で
    1年生から入っていた放送部の
    “部長”だとか言ってます・・・


    (ムッシュかまやつの)
    >送りに訪れた人たちが
     昔懐かしい人たちでしたが・・・・
     みんな老けた~~~~(><)
     彼等が老けたということは・・・・
     当然 わたしも老けたということで・・・・

    同じことを思いました。
    数日前 
    布施明 中条きよし 五木ひろし などが出て
    平尾 昌晃をメーンにした
    歌謡番組がありました。

    その 平尾の老けぶりが目立ち
    驚きました・・・
    そして
    自分も そうなんだよナ・・と
    少し寂しく考えました・・・・・
     

    >あ~~ぁわたしは孫離れしたくないよ~~~。
     そんなの寂しすぎる・・・

    そうでしょうねェ
    でも その日は必ずやって来ます。
    “お覚悟”を・・・ (-^〇^-) 


    >昨日は八十八夜でしたか
     歌を歌いながら 相手と手合わせのようなことをして遊びました。

    実は
    八十八夜の歌に触れたとき
    そのことを書こうかと思ったけど
    多分 たまさん世代は ご存知ないだろうと思い
    書きませんでした・・・
    知って居られてびっくりでした。

    オイラは 小さいとき
    その手合わせを
    母に教わりました・・・


    “消壷”のこと・・・
    オイラ 完全に忘れていました。
    そうですネ むかし掘り炬燵に残った炭火を
    寝る前に 
    母が 一つひとつ火箸でつまんで
    消壷に入れてました。
    火の消える原理も教えてくれました。 懐かしい・・・


    >でも、歳をとったとあまり思は無いようにしなくちゃ。
     思うことでよけいに老けてしまってはね!。
    >いつまでも 元気で 若い気持ちを保ちましょう~~!!。

    ハイ! その通り・・
    オイラ 今まで以上
    溌剌とコートを走りまわります。

    たまさんも
    元気で 前向きに 若く美しくネ・・・


    明日から3日ほど
    来客その他で
    顔出し出来ないと思います。

    ご了承のほどを・・・


    川太朗さん♪
    ケイ・ウンスクの歌 お好きなんですか?
    あの 少しハスキーがかった声がいいですね・・・

    いろいろあったらしいけど
    彼女 いまどうしてるんでしょうかねェ・・・

  • 見つめられ

        惚れられたかと

             勘違い


    視線は
    後ろのヤツに行っていた・・・


    たまさん♪
    “断捨離”にまつわる
    我が家の話・・
    一つひとつ親身に聞いてくれて
    ありがとう・・・

    オイラにしては
    自分でも珍しいと思う
    愚痴っぽい話でしたが
    じっくりと聞いてくれ感謝です・・・!


    >世之介さま おやすみなさ~い☆
     お孫さんも一緒に来てくれたらいいですね。

    たまさんと
    お付き合いを始めた頃
    初めての孫が2、3歳でした。

    それが今 中学3年生・・
    4人の孫のうち 一番下のが
    小学校2年生になりました。

    大人への階段を登り始めている
    上の二人は 気のせいか
    どこか よそよそしく
    下の二人も もうそんなに
    べたべたしなくなりました・・・

    この辺で“孫離れ”しようと思っているので
    孫達が来なくっても
    それほど寂しいとは思ってません。

    今日(二日)は
    八十八夜でしたね・・・
    「夏も近づく八十八夜・・」なんて歌
    今の子達は歌わないのかな・・?

    そして5日は“立夏”
    春を待ち焦がれていたのは ついこのあいだ
    そしてもう“夏”・・・
    オイラも歳をとるわけです。

    たまさんは
    いつまでも お若く そして美しくネ・・!

    おやすみなさい・・・


    もんちゃん♪
    お孫さんからのお菓子なら
    たとえベタベタでも
    美味しいよネ!

    身に覚えあり・・・


    また みみさん雲隠れ・・・
    バッカスの神に
    招待されたか
    パチ城の城主に誘惑されたか・・・

  • ぐっすりと

        眠る幼な児

            愛らしく


    みなさん
    こんばんは・・・・


    たまさん♪
    >〝断捨離”は2年ほど前?・・・と
     記憶をたどったのですが

    >やはり一昨年でしたか。


    すっごい!
    この前もそうだったけど
    ホント よく憶えてますね!
    オイラ自分のことでも忘れ勝ちなのに・・・・

     
    >わたしたちが死んだら、家の解体、家具、衣服、その他で
     いったい幾ら要かかるのだろう・・・・
     そんな心配をしています。

    我が家も
    いま 同じことを考えています。

    今回 子等が
    “断捨離”を旗印に帰って来るのは
    それと無関係ではありません。
    その証拠には
    いま住んでる土地家屋や山林などの
    不動産の鑑定書を作っておいて・・と
    言っているので・・・

    以前から
    この生まれ育った懐かしい筈の家には
    帰って来ない・・と宣言しているので
    当然かも知れないけれど
    寂しい感じがします・・・

    いまの子・・いや・・特にわが子達には
    この 生まれ育って思い出がいっぱい詰まっている家を
    懐かしいとか もったいないとか思う
    “情緒”が欠けているのか・・と
    たまらなく寂しく思います。


    >やってくれる人が居るのは
     幸せなことですよ。

    そんなようなわけで
    素直に“幸せ”と思えないのが
    正直な気持です。


    >どちらにしても
     連休中はとても賑やかになりそうですね。

    それ(断捨離等・・)をやるため
    足手纏いになるチビ達(孫)は
    先方の実家に預けて来るらしいので
    “賑やか”は期待出来そうにもありません・・・

    ま・・
    好きなテニスにでも
    行こうかと・・・・・


    あ・・
    また時間が来ました。
    今夜はこの辺で・・・・

本文はここまでです このページの先頭へ