ここから本文です

投稿コメント一覧 (103コメント)

  • >>No. 10000

    付け加えます。
    個食するお鍋の中身は、概ね、常夜鍋(じょうやなべ)といわれるものです。具材で欠かせないのは、ホウレンソウです。
    それ以外は、お肉は豚肉が健康上いいらしいですが、牛肉にすることもあります。
    毎晩食べても飽きない、ということで、京都の料亭では、あか(銅)製の平たいお鍋で出されると聞きました。
    知人(鋳物やさん)がその銅製鍋を20個くらい作って、さばけないので、少し買ってといわれ、自宅、実家、知人宅、と数個求めました。
    断捨離の対象になったのか、いっこうにその影を見ることもありません。
    二度くらい使った時はとってもおいしかった記憶があります。

    康さん、常夜鍋って、ご存知でしょうか。

  • >>No. 9980

    お声がけありがとうございます。
    ずっと、ネットの世界も、それに実生活も不義理ばかりで、お恥ずかしい限りです。
    康さんが、厄介な病気相手に果敢な闘病をされているのに、何とも怠惰で、情けない私のありようです。
    仰せのように、何とか天神さまをお見送りして、そのあと、段飾りのお雛さままでは気力体力が続かず、二條雛という立ち雛のお内裏さまだけ、やっとお出ししました。
    桃と菜の花を活けるといいのですが、それもかなわず、先ほど、やっと、木瓜の枝を一枝だけ、庭から手折ってきました。
    今月はあと二日。中旬にセカンドオピニオンのための受診に上洛しました。気持ちも定まり、元気にはしております。

  • >>No. 9896

    こんにちは。
    このお素麺は、普通の調理法で召し上がるわけではなさそうですね。
    興味があります。昨夏どころか一昨年からの持ち越しの揖保乃糸など
    食器棚の上に箱ごとおいています。早く消費してしまわないと。

    ところで当地ですが、昨夜の積雪は3センチでした。
    朝から快晴でしたので、ほぼ消えました。

    ウッドさん地方、この時期に本当にお疲れさまです。
    腰にお気をつけてくださいね。

    当地は、もともと多雪地方ですが、最近はあまり多くありません。
    道路に敷設してあります融雪装置から地下水が出ますので、公道の除雪は、
    近年、といいますか、昭和56年以来やったことがありません。
    屋根にも融雪装置をつけましたが、最近は稼働させたことがありません。

    それでも寒さは違いますね、昨日、今日は。

    連れ合いの車はビルトインのガレージ内ですが、私のは家の前に野ざらし状態です。朝は、車の雪をはらうのが面倒で、歩いて用事に出ることが多いです。
    どんどん溶けてきたら、やっと車を出す気になれる横着者です。

  • >>No. 9767

    北野天満宮に、1月25日の夕刻~夜にかけて、詣でたことがございました。
    もう十年以上前のことになります。
    毎月25日が市がたつ、というのは知っていましたが、さすがに1月のそれは、大変な賑わいでした。
    日中は受験生のお参りが列をなしています。夜間は、お祭りさながらでした。梅の馥郁とした香りが芳しく、普段全く受け付けない甘酒をほんの少しいただいて、束の間の心のぬくもりも同時にいただけたのを覚えています。

    またいつか厳寒の中ですが、立春ごろに訪れることができたら、、、と思いを馳せ、そろそろ床に就きたいと思います。

  • >>No. 9766

    康さん、みなさま、こんばんは。
    明日(といっても、すでに日付はかわっていますが)使うワークシートをパソコンで作成していたら、この時刻になりました。
    やりかかったのがすでに零時を過ぎていましたから、A4用紙6枚の原稿は、比較的単純、機械的な流れであっても、それなりに時間を要しました。

    かなり、お久しぶりです。
    先ほど、パソコンを落とそうと思ったその時、そうだ、ちょっと「カフェ・・」を覗いてみよう、と思い立ったのでした。

    康さんのその後が順調な回復のご様子で、本当に嬉しいです。
    ネット上の、とはいえ、ご縁を結んだみなさまのお一人お一人が、恙なく毎日お過ごしのことを念じずにおれません。

    昨年までは暖冬・・と油断していたのがいけなかったのか、この寒さは、さすがに堪えます。
    当地では、1月25日が天神講といいまして、12月25日から一ヶ月、床の間にいらした天神様(掛け軸や、彫刻です)にお帰りいただき(しまうということです)その際に、鯛やカニなど相応のご馳走をお供えします。
    そのおさがりを子供、特に男児に食させて、勉学に励むお守りにする、という何とも時代がかった慣習です。
    我が家も自宅と別宅の両方にお供えをしました。
    でも、しまうのはできなかったので、今月中はこのままです。月がかわると、天神様にかわって、お雛様においでいただくことになり、来月早々は一仕事です。
    そしてそれが名のみではあっても春の訪れの最初の行事になります。

    お正月に活けた啓翁桜がまだ花を落とさずにいます。さすがにそろそろ梅を、と思いますが、雪の下に隠れていますから、花屋さんで木瓜の花を探して見ます。それとフリージアやストックを活けたらきっと一度に春が訪れた気分は味わえる、とこの週末を楽しみにしています。

    お寒さお大切に。

    本年もよろしくお願い申し上げます。

    ローズ

  • >>No. 9623

    こんばんは。
    居間にクリスマスツリーのタペストリー(キルトで、私の手製です)を飾って、数日前からシュトレーンを少しずつ切って食べるくらいの私にも、山下達郎さんや拓郎さんのクリスマスソングは心に響きます。
    熱心な信徒とはいえませんが、家庭のならいで、お仏壇に毎日お花を生ける生活、今日も予定通り法要に参列してきました。
    納骨の時だけ快晴になり、故人に再び手を合わせました。
    納骨のあとは主催者は直会と言っていらしたけれど、正確にはお斎(おとき)といいます。中身は宴席です。ぶり尽くしでした。思い出せませんが、お刺身、塩焼き、ブリ大根は確かにありましたし、揚げ物はカキフライと白子にホタテの皮?で衣をつけたのを揚げたの、蟹もありました。
    14時半に散会になりましたが、まだおなかがすきません(笑)

    帰宅したら、旧友が久しぶりにやってきてくれ、ついさっきまで話こみました。一日中、人の中にいたので、相当疲れていますが、こんな夜こそ、なかなか寝付けない・・・コーヒー、紅茶、玉露と飲み続けたのも影響しそうです。
    針仕事を少しして目の疲れを利用して眠気を誘発してみます。旧友はいわゆるママ友(かれこれ30年のつきあいです)と話していてあのころ、必死でやり遂げたテーブルクロスの刺繍・・・ミッションの幼稚園でしたから、ブドウの葉っぱと実をぐるり刺繍しましたが、なんと、30枚は夢中でしました。
    あの時の気持ちを思い出し、刺繍の糸の感触と彩に触れたくなったのです。
    そういえば、クリスマスのバザーにはフルーツケーキ50本は焼いて緑と赤のリボンで結んだものでした。
    子供たちの演じる生誕劇、聖歌隊の歌声など久々に思い出します。

  • >>No. 9620

    おはようございます。
    加齢に伴う睡眠の質・量の問題・・・睡眠障害というほどでもないと判断して、何とか自分で出来る工夫をしてはいますが、
    12時までに寝たらそのあとの時間が質的に好ましい、と教えられて、何とか12時入眠を目指しています。
    12時半の鳩時計の音は確かめて、うまくすると1時のポッポ🎶は聞かずに済むこともあります。
    眠りが深いせいか4時にはもう覚醒してしまって、今朝はついに起きました。

    虹はいつどこで見ても嬉しいものです。
    ウッドさんの昨日の虹、全景がキャッチできますね。美しいです。
    水たまりの虹にさえ、この年になっても心を奪われます。

    当地は未明から今朝がたは、雪との予報ですが、平野部には無関係のようです。
    昨夜の小さい散歩時間には、道路の融雪装置から地下水が噴き出て湯気まで出ていました。地下水があったかいのだとあらためて見とれました。

    寒いのは苦手、暑いのよりずっと苦手です。
    寒ブリがあがっているそうですから、寒さは覚悟しないといけないようです。
    早起きしてまずは、ガスファンヒーターをつけたらしばらく、その前で新聞を読みながら熱い紅茶を淹れてティータイムで一日を始めます。寝る前には抹茶を点てていただきます。お茶三昧の冬の一日が今日も恙なく終わりますように。親戚の四十九日に招かれています。納骨されるようですから、雨風がひどくなければいいです。

    みなさまもいい一日を~~
    暖かくなさってお過ごしくださいませ

  • もうひとつ、こちらも念のため撮ってみました。

  • そうでした、康さん、ウッドさんも仰っていますが、ぼちぼちいきましょうね!
    ごく最近、今年も誕生日を無事迎え、齢を重ねることのありがたさを承知しているつもりですが、みなさまにその粗忽ぶりをこうして申し上げている有様は何とも恥ずかしい限りです。
    冬タイヤに交換しないといけない時期にだいぶ前から入っていますが、それもすっかり忘れていました。
    今度の土曜日は今月3つ目の法要(招かれて行くほうです)があり、どうやらその日は未だ暖かさがもつらしいので、それが済んだらまずはタイヤ・・です。

    康さん、そして皆さま、ご無事をいつも祈っています。かく申す私がこんなに不甲斐ないですけど、

    やっと、ここに写真をアップすることだけ、何とか、頑張りました(笑)

  • みなさま、おはようございます。
    ご無沙汰しています。
    小さい事故ながら、事後はしばらくは蟄居状態でした。
    幸いここのところ、小春日和が続いたので、昨日のこと、
    久しぶりに足慣らしをしました。
    見事な深谷ねぎ(泥つき)の束と葉ボタンを数個(ポットに入っている)がどうしても気になって、かさばるのと多少重いのと懸念はされましたが、買い求めちゃいました!自宅までやっとの思いで帰るその道すがら、
    街路樹のねっこが異常に大きく突出して舗装を破って隆起しているそこで私はまたまた躓いてしまいました。
    両手をついたときに、幸いひねりはしなかったのですが、地面と接触したからか、手の指のあちこちが切れて血だらけ、膝小僧その他もすりむき、痛いのと恥ずかしいのとで そそくさと帰りたくてもなかなか・・・何とか荷物を引きずって戻ってきました。
    葉ボタンはストックとビオラと一緒にプランターに寄せ植えするつもりですが、作業するには手が痛くて、玄関先に荷物を放り出したままです。そのうちできる、と横着を決め込んでいる私です。
    年賀状の裏面(挨拶のところ)にはいつもこの季節の庭から、白椿、ヤブコウジ、万両、南天など撮って編集作成するのですが、いい加減、やる気を完全喪失しているので、その結果(玄関にかけてある花を撮影したもの)にすることを発作的に思い付き・・・これでもいいでしょうか?

  • >>No. 9587

    白内障の手術が首尾よく終わったら、視界がクリアーにもなり、
    お身体にもいい影響を及ぼすことでしょう。
    どうぞ、引き続き、ご自愛くださいね。

    祈っています。
    散歩に出れるようになったら、康さんのためにも近くの神社へのお参りを欠かさずしたいと思っています。

  • >>No. 9586

    康さん、経過がよさそうで嬉しいです。
    わんちゃんは、康さんのご家族ですね、きっと。
    彼(または彼女)まで嬉しそうに見えます。

    ほんと、すっかり冬空になっています。
    寒さが違います。
    お陰様で、だいぶ、脇腹の痛みも薄くなったので、これ以上、
    ひきこもりもまずいか、とウォーキングに出たいのはやまやま。
    冷たそうな雨の音に恐れをなして、引きこもり状態です。

    友人のお嬢さんが、就活も終わったから、と遊学先の横浜からしばらく帰省していて、喉に効くから、とゆずジャムを手作りして届けてくれました。
    こちらは、柑橘類は、ほぼ無理ですが、かろうじてゆずはとれます。
    農家の庭先によく見かけます。いただいたのをお風呂に数個浮かべると、
    風邪気味の時など、効果満点です。
    我が家にレモンの木を植えていた時もありましたが、2,3個青い実をつけたのが最後で、木そのものも2メートルくらいの高さで枯れました。
    柑橘類の北限は、きっと、日本海側では本州のはずれくらいになるのでしょう。リンゴ、ぶどう、柿はよく見ます。

  • >>No. 9570

    続きます
    幸い事故の後、公私とも不義理になるようなことがないので、おとなしく安静にしています。雪つりの終わった見ごろの庭を楽しむ気にもなれないうちに、かなり紅葉が落葉しました。露月という白い椿が早過ぎる開花を見せてくれています。一度アップしたいのですが、しばらくは蟄居しますので、これもそのうち、落ちそうです。
    まあ、不幸中の幸いで、軽症だったことを有難く思い、元気になってまた登場させていただきます。

  • こんばんは、みなさま。
    ご無沙汰してしまいました。
    康さんが再度入院、治療でしばらくご不在と伺い、とりあえず、近況報告がてら顔をだしてみます。
    優さん、私が紅一点とは、存じませんでした。
    今の今まで、優さんが同じく女子だとばかり。。。
    相変わらず粗忽ものの私です。
    美しい花や木々のお写真を載せてくださるから、そう思ったのか、単なる早とちりか、、、

    康さん、お正月前にはご帰還になれますね。今後のご健康のために、しばしのご苦労を受け入れていただきたいです。もちろん、釈迦に説法でしょうね。

    相棒さんと颯爽とゆく秋を惜しみながら、古都や、北部の海岸などを走らせるウッドさん、くれぐれも薄暮の時間帯は運転にご注意ください。

    かく申す、私は、つい先日、交通事故に遭ってしまいました。
    運転歴40年近くになる私は、ハンドルを握っていて無事故有違反でここまできました。無事故もちょっと嘘かもしれませんが。
    出会い頭の事故とか、自損事故とか、は、若干だけありました。少なくとも人身事故だけは、一度も経験しませんでした。

    今回歩道を歩いていて、車道からいきなり、右折する車に体当たりされました。
    事故はあまりにも突然起こって、車のどこの部分が私に当たったのか、など全く分かりません。雨のひどく降る夜でした。暗い道路ではありません。片側2車線で、道路の反対側には20階建てのマンションも煌々と明かりをつけています。

    救急車の到着が遅く、雨のコンクリートに倒れたまま待ちました。
    あとで運転手自らが仰っていましたが、9月までの2年間免許を取り上げられたいたそうで、この事故でもう失効になるだろう、とのこと。。。
    御多分にもれず、高齢者、70代くらいの男性でした。
    私も交差点の右折の時はもとより、右側のお店に入る、とか、右に曲がる道に入るとき、対向車がいないと、あっ、今だ、とすぐにも入ろうとする気持ちはわかります。
    歩行者、自転車のこと、うっかり見誤る、ということが実際あるものです。
    幸いろっ骨を折ったのと右半身打撲だけの軽症でしたが、2晩続けて、車に体当たりされ、車に自分が食べられる夢をみました。
    PTSDではないでしょうが、恐怖と痛みと驚きが今も残っています。
    体調不良がようやく落ち着いてきたのに、またまたこんなことで、全くついていません。

  • >>No. 9499

    おはようございます。
    インディアンサマーそのもの、屋内の方が寒いです。
    おひさまの力は偉大ですね。

    康さん、運転は大丈夫でした?
    アッシー君も大切な役目ですし、何気ない日常が戻ってきた証拠です。

    康さんに愚痴るのは、憚られますが、やや体調不良・・・
    折角の好天に誘われ、少し南下して色づきつつあるダムの堰堤まででもドライブしたい・・・その元気がいまいちもらえません。

    明日は、金沢駅前のホテルで、大学同窓会の県人会、会長がよく知っている方で、促されて出席の約束をしています。
    ドタキャンができたらしたい・・・それができない私

    一日疲れるだろうなぁ、でも、思わぬ起爆剤になるかもしれないし、と逡巡しながら、明日に備えて今日はゆっくり家で過ごすことになりますね。

    身体あっての物種。明日参加できることは、本当は有難いことです。

    りりィさんの訃報にもびっくり、残念です。
    https://www.youtube.com/watch?v=bI3G0YJueno

  • >>No. 9496

    康さん、
    お帰りなさい。よく頑張りました!
    健康人もひとたび、寝付くと足が萎えてしまうと聞いています。
    少しずつ、ゆっくりゆっくり、お身体を馴らしていただきたいと思います。

    折しも、急な冷え込みです。
    再度、風邪にとりつかれないように、くれぐれも油断をなさいませんように。

    少しずつ、木々に彩を増すこれからの季節、ご自宅が一番ですね。
    在宅であっても、空気や風の色、においが違いますもの。。。

    どうぞお大事に。
    PCが現代の糸電話の代わりをしてくれます(笑)

    着ぶくれしているローズより

  • >>No. 9494

    こんばんは。
    冷え込んだ一日でした。
    どうやら明日もこの寒さが居残るようです。
    みなさま、どうぞ、ご自愛くださいね。

    さて、今日は世界中をびっくりさせるニュースがもたらされましたね。
    共和党のトランプ氏が、大統領・・・ですか。

    個人的には、できたら、彼でない方が好ましかったです。
    さて、どうなりますか、これからの大国の政治、そして日本やその他の諸国との関係は。中国やロシアと仲良くなっていったりしないかなぁ、とポロリ、思わずもらす浅学の私です。

    不安を覚えつつ、興味津々です。

  • >>No. 9476

    本当に冴え冴えとしたいい月夜です。
    10時半ごろに自宅を出て、駅前を通りすぎ、城址公園まで散歩をしました。
    園内に入ると、その広さのために、帰りの時刻は覚悟が要ります。
    公園の入口までの往復だけにしましたが、往路はぽつんぽつんと雨が落ちたので、慌てて踵を返して家路につきました。途中から空が晴れ渡り、最高のお月さまが堪能できました。
    家に戻ったのは11時40分でしたが、家の中に入らずにずっと夜空を惜しみながら見入ってしまいました。家の中の鳩時計が12回なるのに気付いて、ようやく門に鍵をかけた次第です。

    暑い夜です。そのうえ、散歩のあとですから。。。
    お風呂のお湯張りを手動にしていましたら、熱めのがこぼれるほどになっていました。お湯には入らないで、洗うだけにします。
    衣替えする手間を惜しんで、断捨離と称する片付けに励んだ結果、目に入った夏物をどんどん捨ててしまい、Tシャツもない有様です。
    今夜のように暑くなってはじめて、自分の行きあたりばったり、めんどくさがりの性分が、災いする現実を実感します。
    しかたありませんけれど。

    天候気候不順の折柄、とりあえず、風邪などなるべくかからないように、みなさまもご自愛くださいませ。

  • >>No. 9470

    優さん、みなさま、こんばんは。
    二晩連夜で見られた美しい月の光も、今宵は、雲の影から見え隠れする一方、
    気温がさほどに低く感じられません。
    明日は雨の月曜日、になる予感がいたします。
    https://www.youtube.com/watch?v=5894HighgGw
    が、思わず口をついて出てきます。

    お茶の花・・・
    どんな花か知らずに、高校生の時の通信添削の○会に出す答案のペンネームに使っていました。
    志望校の大学名の名にちなんで だったと思います。
    小さな中庭に、ようやくお茶の木に花が数輪つけてくれました。
    毎冬、雪囲いを心がけても、いつもぽきんと雪折れして成長が長続きしなかったんです。
    椿とは似ていても季節が違うせいか、別の喜びがあります。

    その椿、今年は花が早そうです。お正月に咲くはずの露月という白椿がもう蕾を持っています。やや不吉な自然現象の変化がここでも見られます。

    今日は、芸術文化連盟主催のお茶会に参りました。複数の流派の趣異なる趣向の取り合わせに、4つのお茶席も苦になりませんでした。もともと甘党なのでお菓子は、何個でも入ります。お濃茶は量では負担になりませんが、お薄を連続二茶は、だいぶお腹に負担でした(笑)

    帰路、ラブラドールと甲斐犬の赤ちゃんを見せてもらいにペットショップへ。
    多年大切な家族だった柴犬は今でも性懲りもなく心ひきよせられますが、目下、ご縁を信じて、出会いを求めています。

    康さん、またまた闘病の現実が迫ってまいりましたね。
    苦しみの向こうには、病気を克服するという喜びが待っています。
    試練の時がまだまだ続きますが、よりよりこれから、に向けて勇気を奮って挑戦してほしいです。

    十月も半分を過ごしてしまいました。
    寒さも増す一方で、今年し損じていることを少しでも片付けないと、とあらためて言い聞かせます。が、それで終ること必至かも(恥)

  • >>No. 9456

    京都、大原三千院🎶
    ずっと昔、学生時代、片思いの私が告白するのの付き添いのため、友人6名が同行して、東京から上洛しました。1週間、一乗寺の宿に潜伏しました。
    思いは届かず、でしたが、その時(2月でした)三千院や寂光院に参りました。乙女チックな発想でした。
    その後結婚して(くだんの人ではありません 笑)母と一緒に再び大原へ。
    以来30年くらいは一度も行かなかったですが、最近になって何度も通るのが大原です。通常は高速を京都東でおりますが、気まぐれに敦賀でおりて、湖西を通って京都に入ることがありますから。
    三千院も参りました。土井の柴漬けも求めます(笑)

    だれも注目しないツワブキのお見事な写真を優さん、ありがとうございます。
    黄色ではなく、なんていうのかしら、黄土色?辛子色?のこの地味な花の色、大好きです。
    まもなく、義父の命日ですが、病院から亡骸が自宅に戻ってきたときにも、この花が出迎えてくれました。
    この花を見ていますと、義父(慈父でした)の声や笑顔が昨日のように蘇ってきます。お世話になりましたが、何の孝養も尽くせませんでした。

本文はここまでです このページの先頭へ