ここから本文です

投稿コメント一覧 (1570コメント)

  • えのラジのアーカイブを先ほど聞きましたが、えのぐさんのチケットが完売したようですね

    えのぐのニコニコチャンネルも明日開設されるようで
    登録すれば8月10日にあったライブの2部が視聴できるようです

    これは、えのぐみの一員として要チェックですね^^

  • ある人が言いました
    「何か出ても織り込み済みで下がるに決まってる!」と

    なるほど、彼の言うことにも一理あります
    ですが私はそういう人に聞いてみたい
    「イグニスの場合、一体何を織り込んでいるんですか?」と

    普通、織り込み済みというものは予想されたものに対して
    サプライズも無く想定通りのものが出たときに、
    実力以上に上がっていた株価が元の水準に戻ることを指します

    例えばこうです
    通期の予想に対して、月次の売上が非常に良い
    きっと○○億円程度の上方修正が出るだろう
    株価はそれに先行して上がります
    そして、決算となり想定内の上方修正が発表
    株価は織り込み済みで上がりすぎた分、元の株価に戻るのです

    ですが、イグニスの場合はどうでしょうか?
    誰もまだ足を踏み入れたことがないブルーオーシャン
    何が発表されるのか誰もわからない
    イグニスを長期間保有する鬼ホルダーでさえ予想が出来ない
    そんな状況で一体、何を織り込んでいるというのでしょうか?

    今度「材料出つくしだ!織込み済みだ!」と叫ぶ輩がいたら
    皆さん是非にも質問してみてください
    「一体、何を織り込んでいるのか教えてください」と
    彼らはおそらく、グゥの音も出ることなく何も答えることは出来ないでしょう

    とどのつまりは、彼らはただただ欲しいだけなのだ
    イグニスというプラチナチケットが1円でも安く
    そのために、何も分からないままなんとなく売り煽っているに過ぎないのです
    我々、120%の愛のひげめがね信者はそんな世迷言に決して騙されることはない

    信じる者は救われる
    ひげめがねです^^

  • 彼女ら6人のポテンシャルの高さを伝えたい

    120%の愛のえのぐがイグニスを救う
    ひげめがねです^^

  • ホップ♪ステップ♪ひげめがね♪♪
    ホップ♪ステップ♪ひげめがね♪♪

    気分が落ち込んでいるときは、そう唱えならがスキップを踏もう
    夢と希望をお届けする愛の合言葉
    ひげめがねです^^

  • 皆さんは新しい材料ばかりに目が向いているようですが
    私などはぼくドラやwith、えのぐさんの動向などのほうがよっぽど気になるのです

    イグニスのゲームランキングは当然毎日チェックしておりますし
    毎週2回のえのぐさんの動画はリアルタイムで観れなくても必ずアーカイブなので視聴しております

    こうやって日々えのぐさんやwith、その他事業の成長を確認することは本当に大切なことです
    新しい材料に一喜一憂するということがまるでない
    今あるもので十分な未来絵図を描くことが出来るのです

    いつ出るかも分からない
    そんなビッグサプライズに夢見る乙女じゃいられない

    120%の愛の信者がイグニスを救う
    ひげめがねです^^

  • 10度♪20度♪ひげめがねっ♪
    10度♪20度♪ひげめがねっ♪♪
    ただひげめがねと唱えるだけで毎日が給料日
    毎日笑顔で暮らしたい者は一日一回ひげめがねと唱えよう^^

  • トルコショックで皆が総悲観の折に私は言いました

    今が絶好の買い場だ
    今こそ嫁を質に入れてでも買わねばならない大チャンスが訪れているかもしれない、と

    そして、実際どうなったでしょうか?
    日経は23000円を超え、イケイケドンドン超絶お祭り相場が到来しております

    そして私は続けてお話しました
    今年の秋から冬にかけて北朝鮮が大きく動くと。
    友好ムードが深まり米朝間協議はもちろんのこと、ある日突然に日朝間協議も実現するだろうと

    トルコショックから日経平均は大きく上がりましたが
    これはまだまだバブルの初期の初期
    本当の超絶相場は今から始まろうとしているのです
    そしてそのお祭り相場にのって、我らがひげめがね銘柄のイグニスも
    その翼を大きく羽ばたかせ天に飛び立つことでしょう

    信じる者は救われる
    ひげめがねです^^

  • 彼女ら6人に任せていれば何の心配もない

    120%の愛のえのぐがイグニスを救う
    ひげめがねです^^

  • おはようございます

    ホップ♪ステップ♪ひげめがね♪
    今日も張り切って応援しよう^^

  • 彼女ら6人のポテンシャルの高さを伝えたい

    120%の愛のえのぐがイグニスを救う
    ひげめがねです^^

  • 純粋なイグニスの株主の9割は
    えのぐさんに顔を踏みつけにされるイグニスの銭社長が羨ましい

  • しかし最近はwithが好調ですね
    今時点で65位となっております
    この勢いなら来期にはぼくドラを抜いてくるのは間違いないでしょう

    120%の愛の婚活アプリがイグニスを救う
    ひげめがねです^^

  • 彼女ら6人に任せていれば何の心配もない

    120%の愛のえのぐがイグニスを救う
    ひげめがねです^^

  • 誰かが言いました
    「買い煽りが許されるのに売り煽りが許されないのはおかしい」と

    なるほど、彼の言うことは正しい
    この掲示板は誰もが好きなように思いの丈を書き込むことが出来る掲示板
    その企業を応援するメッセージがあるのならば
    その逆の意見もあってよいはずであります

    ですが、この掲示板にいる人達の8割9割がイグニスの株を持っている買い方であります
    いわば売り煽りの人達はココでは少数派
    自分の持ち株の悪口を言われては、温厚な人でも気分を悪くしてしまうのは当然の心理なのです
    少し強めの口調で批判されるのは、それは仕方のないことだといえるでしょう

    それでも尚、自分の信念を曲げない
    ココの人達は超絶割高株を煽り屋に騙されて買っている
    私が助けなければ、注意喚起を施してやらねば大変なことになる
    そういう強い気持ちが彼ら売り煽りの皆さんを突き動かしているのならば
    彼らは、批判されることを恐れてはいけないのだ

    批判に負けてはいけない
    批判に不平をこぼしてはいけない

    フェアでないと不平をこぼすぐらいなら、最初から単身敵地に乗り込んで来るほうが悪いのだ
    売り煽りが悪いなんてことは私は一つも思わない
    ただ、自分の意見に納得する者がいないからと、それに不平不満をこぼすようでは
    真の売り煽りの戦士に、決してなることが出来ないでしょう^^

  • 皆の衆、喧嘩はおよしなさい
    以前から何度も口を酸っぱくして言っておりますが
    喧嘩なんかしたところで株価は上がったりなんかしません

    みんな仲良しこよしニコニコライフでイグニスを応援するのです
    ここはひげめがねさんという平和の象徴の庇護を受けた銘柄です
    LOVE&PEACE、平和を愛するのです
    気品高く穏やかに
    ひげめがねです^^

  • VRゴーグルというものはまだ市場に全く普及していないというのが現状です

    では、何故VRゴーグルは普及しないのでしょうか?
    値段が高いからでしょうか?
    装着した姿がカッコ悪いからでしょうか?

    いいえ違います
    それは「魅力的なコンテンツがまだないから」であります

    どんなにその商品、プラットフォームが優れていたとしても
    必ずしもそれが普及するかといえばそうではありません。
    一番大切なことは、それを買うことで誰もが利用したくなるコンテンツが体験できるかどうかなのです

    今までに無い、新しい体験
    誰もが欲しがるそんな夢のような商品です
    そこで皆思ったことでしょう
    「そんなもんが簡単に開発されれば苦労なんてないわ!」と

    仰るとおり
    ですが、誰もが利用したくなる体験というものは
    難しく考えてしまうから思いつくことが出来ないのです
    本当にシンプル、超絶簡単な話でそれを実行した男がいます

    それが、アップルのスティーブジョブスなのです
    彼は何をしたでしょうか?
    そうです、iPhoneを爆発的に世界に普及させました
    しかし、これは実は非常にシンプルな話なのです

    つまり、「今あるものを再定義すればよい」ということです

    スティーブジョブスは普及品である携帯電話をスマートフォンという形にして再定義しただけなのです
    VRゴーグルの使い方もそうです
    今までに無い新しい体験なんてものを、頭を捻って考えようとするからいけないのです
    VRゴーグルという商品を使って、今ある当たり前の体験をどう再定義するか?
    それが、もっとも商品をヒットさせる上で簡単な話なのです

    話を戻して、ZOZOのVR試着室は
    今までリアルで当たり前のように行っていた試着という行為を
    VRの中でやりましょうと再定義するだけなのです

    本当にシンプル、猿でも分かる話なのです

    120%のイグニスの仮想試着室がVRゴーグルを爆発的に普及させる
    ひげめがねです^^

  • 私は以前、ゾゾタウンで悲しい経験をしたことがあります

    ある日のことです
    私はゾゾのサイトで非常に素敵なセーターを見つけました
    イケメンモデルが華麗に着こなしていて
    コレを手に入れればさぞや素晴らしい生活が待っているだろうと
    私はすぐさま注文ボタンをクリックしたのです

    商品が届き、私はワクワクしてそのセーターを着ました
    ですが残念なことに、鏡の前に立っていたのは
    イケメンモデルなどではなく、3浪にあえぐ司法浪人のような男がいたのです
    私は愕然としました
    被写体が違うだけで、こんなにもイメージが変わってしまうのかと
    私は悲しかった、心から・・・

    もし、あの時あの瞬間、ゾゾタウンにVR試着室の機能があれば
    このような悲劇は起こることはなかった筈
    イグニス経営陣は一刻も早くゾゾタウンにINSPIXを売り込み
    この悲しい人災を食い止めねばならない

    120%のイグニスのVR試着室が勘違いクリックを防ぐ
    ひげめがねです^^

  • これは私の妄想というか希望なのですがイグニスはZOZOと手を組むべきだと思うのです

    イグニスとゾゾが手を組んで何が起こるのか?
    まず、企業同士が手を組むということは必ず両者にメリットがないといけません
    ではそのメリットとは何か?

    ゾゾは最近有名になったZOZOスーツで顧客の体型データを収集しておりますが
    次のステップとして、それをバーチャル空間で試着出来るようなシステムを模索している筈です
    いくらゾゾでもそのシステムを最初から開発するのは大変でしょう
    そこでイグニスがINSPIXの空間内でゾゾスーツの体型データを再現し
    ライブ会場としてのINSPIXでなくゾゾの試着室としての空間を提供するのです

    顧客は試着室で棒立ち状態ではなく、好きに自分のアバターの関節をまげて
    ポーズをとらせることが出来ます
    背景を変えてみたり、仮想空間で恋人同士、友達同士で新しい服を見せ合いっこなど出来るのです

    さすれば、イグニスはゾゾの膨大な顧客の試着室を提供できることになり
    ゾゾはINSPIXの高度なVR空間を試着室として顧客に提供できる
    まさにwinwinの関係だといえるでしょう

    120%のゾゾとの業務提携がイグニスを救う
    ひげめがねです^^

  • えのぐさんは何故リアル感のある女子高生キャラのデザインなのでしょうか?

    私も以前、それに疑問を持ったことがあります
    折角、CGでどうにでもなる仮想空間なのだから、
    猫耳キャラでも何でもいくらでも萌え要素を投影できるはずなのに、敢えてそれをやらない
    私は考えて考えてそして行き着いた結論
    それは「えのぐさんの中の人を最終的にリアルアイドルとして売り出す為」であるというものです

    えのぐさんは以前動画で語っていました
    「今日はメイクの先生が来て色々と教えてもらって楽しかった」と
    その時私は疑問に思いました
    彼女達は仮想空間の人物であるのに何故、先生まで雇って演者にメイクを教える必要があるのか、と

    新衣装発表のときもそうです
    以前、ライブに先駆けて彼女達が新衣装をみて
    その感想を声だけで視聴者に伝えるという動画がありました
    その時、彼女達は言っていました
    「かわいい!帽子があるよ、被ってみようかな?」と
    つまり、彼女達はリアルで実在する衣装を見ていたのだ
    CGではなく本物の衣装を。

    そこで私はピンッと来ました
    なるほど、運営は最終的に彼女達をリアル世界で売り出す気なのだと。
    だから、彼女達にメイクを今から教えているのだと
    そして、彼女達のアバターが人を逸脱していないのは彼女達がリアルデビューしたときに
    アバターと演者のイメージの乖離を出来るだけ低く抑えるためなのだと

    つまりは、全てが計算されているのです
    これは全て私の妄想ですが、近い将来本当に現実にあるかもしれない

    信じる者は救われる
    ひげめがねです^^

  • 彼女ら6人のポテンシャルの高さを伝えたい

    120%の愛のえのぐがイグニスを救う
    ひげめがねです^^

本文はここまでです このページの先頭へ