ここから本文です

投稿コメント一覧 (41コメント)

  • 200回も成功せんでええから、そのうち1回でもみんなに見せて欲しいわ(゚д゚lll)

    入院中でも弁護士と打合せする時間があったんなら、公開実験の準備をした方がすっきりしたのでは??

    さては・・・・・・ないんだろ(゚д゚lll)

    まあ、STAP細胞とES細胞の差し替え時間は目をつぶるから、公開実験早くしておくれ><

    理研も2~3週間ぐらい実験室小保方に貸して、テレビ公開させながらSTAPできれば解決じゃろーがっ!!!!

  • 小保方氏の指導役「STAPは本物の現象」 来週会見へ

    笹井氏は来週中に会見を東京都内で開く意向を示しており、「質問の集中砲火は覚悟して、会見に臨みたい」とした。



    ?????
    集中砲火は覚悟して??????
    なんでSTAPあると確信しながら、覚悟???

    覚悟せんでもええから本物の写真を出してほしいわ(゚д゚lll)


  • 《 理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが9日に開いた記者会見 》

     論文作成方法が「自己流だった」などとする弁明に、小保方氏の同僚からは「説明は納得できない」と厳しい声が上がる一方、「リケジョ(理系女子)」の後輩たちからは理研の対応を疑問視する意見も聞かれた。

     小保方氏と同じ、理研の発生・再生科学総合研究センター(神戸市)に所属する研究者の一人は、小保方氏が捏造(ねつぞう)と判断された画像を「取り違えた」と反論していることについて、「『世紀の発見』のデータを取り違えるなど、常識的にありえない。とても納得できない」と指摘。その上で「不正を認定した調査委の最終報告は妥当だと思った。今日の会見を聞いた後も、その思いは変わらない」と話した。

     別の理研関係者も「小保方氏の主張は科学の世界では通用しない」と手厳しい。「データが存在したとしても、他人に間違いを起こさせるような加工は改ざんに当たる」と述べ、さらに「(記録が不十分な)小保方氏の実験ノートでは、STAP細胞を作製した証拠を示すのは難しいのではないか」と疑問を投げかけた。
    .
    最終更新:4月10日(木)9時25分



    理研関係者はアホばかりだと思っていたが、常識人もいたんだな(゚д゚lll)
    普通、、『世紀の発見』のデータを取り違えるなど、常識的にありえない。とても納得できない、となるだろうww

  • >>No. 3705

    また若山教授に渡したように、STAP細胞をES細胞と偽って再現実験を成功させるだろうww

    こういう人間は同じ悪いことを考えるww

    若山を欺いたのだから、そのほかの研究室では誤魔化すのは簡単だろう(゚д゚lll)

  • >>No. 3571

    「 200回以上も成功していたって?
    当初こんなこと言っていたっけ。
    『来る日も来る日も成功しなく、もう今日で何度止めようと思ったことか』
    こう言ってて、200回以上も成功してたって・・・馬鹿もほどほどにしてもらいたいね。
    200回ということは1週間に1回成功してたってことだぞ。
    この女の腹黒さはひどいもんだ。親はどんな育て方をしたのか考えさせられてしまう。 」


    納得!!!
    なかなか良いところに目をつけた!!
    たしかに矛盾するな。。。

  • >>No. 3455

    そうなのです!!
    細胞のすり替えが、彼女の悪意なのです(゚д゚lll)

  • 2014/04/10 16:09

    >>No. 3419

    読んだわ、この記事(゚д゚lll)
    小保方の涙にまた騙されるところだったわ(゚д゚lll)
    あぶない、あぶない、この女・・・


    重要な部分どうぞ!

    「今回のSTAP細胞の研究では、遺伝子操作をしておき、Oct4が作られると同時にGFPもできて光るようにしたマウスが使われるのである。これがOct4-GFP発現だ。まだ、世界中が称賛していたときの小保方晴子のプレゼンテーションに頻繁に出てきたあの緑色の光る細胞だ!

    そして、こうした遺伝子操作されたマウスの体細胞を酸に30分ほど晒すと、実際に多くの細胞が光り出すのである。これは死にかけの細胞の自然発光だったり、実際に酸で晒してストレスを与えると、初期化されたわけではないが、Oct4-GFPの発現が観測されることがよくあるのだ。

    たとえば、先日、香港の研究者が掲示板にバカンティのレシピに従ったらSTAP細胞の兆候が見えたと報告して、後に訂正したのはこの現象である。世界中の研究所で試みられたSTAP細胞再現実験もここまでは行っている。丹羽氏らが理研で小保方晴子とは独立にやっているSTAP細胞再現実験もOct4-GFP発現は確認している。

    STAP細胞「成功」、一転撤回 香港の研究者、朝日新聞、2014年4月3日

    そして、小保方晴子が200回成功したと言っているのは、このOct4-GFP発現のことだ。これ以外に、あの期間に200回以上できる実験はない。そして、この点に関してだけは、僕は彼女は正直であった、と信じている。

    小保方晴子はOct4-GFP発現を観察して、STAP細胞ができたと思い込んだ。PhDを持っておらず、細胞生物学に詳しくない、基本的には医者のハーバード大のバカンティ教授も、これでSTAP細胞ができたと思った。この有望な実験結果に、共同研究者たちは彼女に称賛を送った。しかし、これは見せかけの発光である。実際に、iPS細胞のように初期化が起こったわけではない。これは万能細胞ではないから、テラトーマはできないし、キメラマウスもできない。

    小保方晴子はSTAP細胞らしきものを発見したころは、まだ若山研に所属していた。ちなみに、このSTAP細胞研究の芽が出始めたことがきっかけとなり、小保方晴子は発生・再生科学総合研究センター副センター長の笹井氏に、教授並の給料と豊富な研究資金を自由に使えるユニットリーダーのポジションに抜擢されるのである。

    こうなると周りの期待に答えて、エリート研究者だけに与えられるポジションを正当化するため、彼女に多くのプレッシャーがかかっただろう。あのOct4-GFP発現は、じつは細胞の初期化ではない、ということを今更言えない、と思った。いや、言いたくない。そして、小さな嘘が次の嘘を生み出し、その嘘がまた別の嘘を生む、という彼女の暴走がはじまったのだ。

    さて、この見せ掛けのSTAP細胞ではテラトーマはできない。しかし、彼女はES細胞を頻繁に使う若山研に最初は所属していたし、それ以後も若山研と共同研究をしている。ここでES細胞を使ったトリックでテラトーマを作ったのか? フッフッフ、そう思った読者はまだ彼女のことをよく理解していないようだね。

    彼女の博士論文や今回のNature論文以外の論文にも様々な剽窃や企業サイトや他の論文の画像の流用が見つかっている。

    小保方晴子のSTAP細胞論文の疑惑

    ES細胞を使ったそんなめんどくさい実験を彼女がするかって? テラトーマは彼女がひとりでやる実験だ。答えはもちろんノー、ノー。彼女は、博士論文の中で使ったテラトーマの画像をスキャンして、画像処理ソフトで加工した後に、Nature論文に載せたのだ。これが今回の理研の調査委員会で、捏造と判定された画像のひとつだ。

    しかし、彼女はキメラマウスを作れない。おそらく笹井氏にキメラマウスも作成するように指示され、若山氏が協力するように要請されたのだ。ここで彼女は、STAP細胞をES細胞にすり替えて若山氏に渡すというマジックを披露したというわけだ。

    若山氏が一連の小保方晴子のおかしなデータに気がついたあとに、自身が受け取ったSTAP細胞を第三者機関に送付して遺伝子解析をした。その結果、驚くべきことが判明したのだ。それはSTAP細胞を作ったとされるマウスのものではなく、ES細胞を作るためによく利用されるマウスのものだったのだ!

    小保方晴子のSTAP細胞Nature論文と捏造問題の詳細 その3 テラトーマの画像使い回しとキメラマウスを作った若山さんの疑惑、2014年3月31日

    これだけのことが全て偶然のケアレスミスで起こるのか?
    ありえない。

    小保方晴子、犯人はお前だ!
    弁護士を雇って巧みな印象操作で、マスコミや一般大衆は騙せても、僕たちは騙せない。

  • 「 世紀の大発見が一転、その存在さえ危ぶまれる状況になった新型万能細胞「STAP細胞」。理化学研究所(神戸市)の小保方(おぼかた)晴子氏(30)らが中心となって作成した論文のずさんさが明るみに出たのがきっかけだ。小保方氏は、早稲田大で博士号を取得した論文にも大量の“盗用”部分があることを指摘されており、理研を失職するどころか、科学者としての地位も危うい。この一連の論文の不備を早い段階から告発していたのがインターネットの「査読サイト」だ。

     画像の使い回しや別の論文からのコピペ(コピー&ペースト=複製・転写)。STAP細胞をめぐる重大な疑惑について、理研は14日に会見し、小保方氏を「未熟な科学者で、あり得ない」と断罪。論文撤回を勧告したほか、研究不正と認められた場合には「厳正に処分」するとしたことから、失職も濃厚となってきた。

     さらに小保方氏に関しては、早大で博士号を取得した際の論文にも数々の“不正”が指摘されており、すでに小保方氏も早大の教員に博士論文の取り下げを伝えたという。同大では正式な申し出が来れば、対応を検討するとしているため、科学者としての地位を失うのも時間の問題だ。」



    この処分なら、妥当であろうww
    わしも税金払う気になるww

  • 「単純ミスとは言い難い不正があったのは間違いない状況で、彼女の今後の戦い方は難しいでしょう。たとえば彼女が自分だけの責任ではないと訴えたとすれば、それは自分が不正をやっていたことを共同研究者たちが知りえたという意味になり、彼女が意図的にやったと認めてしまうことになる。だから悪意がなかったと主張し続けるしかない。

     STAP細胞があったと証明できれば逆転はあり得ますが、理研で行なわれる再現実験には1年ぐらい時間がかかるといわれており、STAP細胞があるかどうかもはっきりしない状況ではそれも厳しい」



    なるほど・・・弁護士に知恵つけられたかっ!!!!!
    悪意だらけの晴子よ、もうおまえはコピペ・捏造で研究者失格なんだから理研を去らなければならない。いつまでも往生際がわるい。みんなの党の嘘つき渡辺ペテン師と同じだな(゚д゚lll)

  • 理研=オウム真理教以下の集団だな

    オウムは一応、悪といえどもサリンつくったww

    理研はあれだけ騒がせておいて、STAPは仮想というww

    なんなん、この白装束以下の集団(゚д゚lll)

  • 理研と晴子の猿芝居だったのか(゚д゚lll)

    まあ、予算だけ付けばOKという思考やめてほしいww

  • このクソ女が、このまま理研で働くんなら、もう税金なんか払いとうないわ(゚д゚lll)

    こんなあほ女に1000万とかまた税金で使われると思うと腹立たしいわ(;゚Д゚)!


  • <小保方氏>「今後も理研で研究したい」 4月1日付けで雇用契約更新

    毎日新聞 4月8日(火)11時53分配信



     新たな万能細胞「STAP細胞」の論文不正問題で、理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)が8日午後、理研に対し、調査委員会のメンバーを入れ替えた上での再調査と、「捏造(ねつぞう)・改ざん」とした結論の撤回を求めて不服申し立てをする。理研調査委が再調査が必要かどうかを審査し、再調査する場合は原則50日以内に結論を出す。

     小保方氏は9日午後、大阪市内で自ら反論の記者会見に臨む。代理人を務める三木秀夫弁護士によると、8日午前、小保方氏は電話で「不安な気持ちでいっぱいです。支えてください」と話した。声が震えているようで、三木弁護士が「頑張ろうね」と声をかけると「頑張ります」と答えた。



    なんか変だぞ(゚д゚lll)
    理研に不服の申し立てして、今になって4/1付けで雇用更新??
    そうとうな小保方爆弾を理研に提示したか???

    やっぱ、こいつ弁護士にも「支えてください」っていうくらいだから、
    理研の副センター長なんかは甘い言葉で誘われて、ベットインしてるな・・・
    こわいなこの女!!!!

  • 2014/04/07 18:17

    >>No. 2787

    「 狂ってしまった人間が役職についている。
    一般から見たら馬鹿に見えっる。
    科学者も官僚化して馬鹿がトップになっている。 」


    たしかに(;゚Д゚)!
    今年の詐欺バカ3兄弟
    ・ピアノ初心者&難聴詐欺:佐村河内
    ・すーぱー天然馬鹿&コピペ捏造詐欺科学者もどき:小保方
    ・他人に厳しく自分にすーぱー甘い8億円返さん3流政治家:渡辺

    いずれも共通する点:いいわけが見苦しい&金と名誉しか興味なしの詐欺師

  • 「調査委員会の報告を受けたとき、彼女は呆然としていました。『なんで私がこんなことを言われなければならないの!』といっていた。もともと彼女は論文のコピペ問題を気にしていて、それは謝らなければいけないといっていた。ただ画像については、真正な画像はあり再提出もしているわけで、それを『捏造』などといわれれば、これは研究者としての死刑宣告ですよ!」(代理人を務める三木秀夫弁護士)

     理化学研究所(理研)の調査報告に対して強く反論する言葉に、割烹着を着た「お姫様」のイメージはみじんも感じられなかった。



    とうとう化けの皮を剥がしたな、晴子(゚д゚lll)
    死刑宣告・・・よく分かっているではないか(゚д゚lll)
    それすらわからぬ、おバカかと思っていたよ。。。

  • 晴子よ!

    一発逆転のいい手があるわ(((゜Д゜;)))

    現在、マスコミや民衆の目は、おまえの悪巧み一点にあるww

    裁判せんでも、おまえが今一番したい理研を奈落の底へ落とす手が・・・

    それは、お前次第だが・・・




    この旬な時に、理研との肉体暴露や補助金からみの不正等を出筆したら、

    間違いなくベストセラー&200~300万冊売れるわ(゚д゚lll)

    海外勢も黙っておらんやろー!!!

    世紀の発見から大大大暴露本へ。

    でも捏造って言われているからには、作り話はいかんよ><

    うまくいけば、これでお主は心配せんでも一生喰っていける(;゚Д゚)!


  • 《 STAP(スタップ)細胞の論文に捏造(ねつぞう)などの研究不正が認定された問題で、小保方晴子ユニットリーダーの指導役だった理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹副センター長が、10日に米国で予定されていたシンポジウムでの発表を取りやめたことがわかった。

     事務局の米キーストーンシンポジアが4日、読売新聞の取材に対して明らかにした。

     事務局によると、笹井氏から数日前に、発表をキャンセルするとの連絡があった。笹井氏は「STAP論文に関する理研の調査に協力するため、日本にとどまる必要が生じた」と、キャンセルの理由を説明したという。笹井氏はカリフォルニア州で開かれる幹細胞・再生医療シンポに参加し、10日午前、脳の神経回路が形成される仕組みについて発表する予定だった。

     理研の調査委員会は1日に公表した最終報告書で、論文共著者の1人でもある笹井氏に関し、「捏造への関与は認められないが、(小保方氏の)論文執筆を指導する立場にあり、実験データを確認しなかった責任は重大」などとする判断を示した。 》



    笹井よ、、、調査に協力するため、日本にとどまる必要が生じた???
    小保方が僕のいない間に爆弾発言されては困るからだろーがっ!!!!!
    なんで、こう理研の人間って正直でないんだろう(゚д゚lll)
    国際的な権威あるシンポジウムより、予期せぬ小保方爆弾から自分の身を守る方が大切なんだろう・・・

  • 2014/04/05 15:02

    >>No. 2635

    「野依理事長「1年ほどいただければ結論を出しますので、お金をください」とはよく言ったもんだ。ノーベル賞が泣くぞ!」


    大丈夫、野依理事長はあと1年もしないうちに退官するから(笑)
    で攻められたら、わしには何も関係ないっていうつもりだろう。

  • 「STAP細胞の論文捏造(ねつぞう)疑惑に揺れる理化学研究所(理研)の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の代理人は4日、小保方氏から「入院してもいいですか?」との内容のメールを受け取ったことを明かした。一連の問題の影響から体調が悪化しているといい、現在検討されている記者会見への出席もキャンセルとなる可能性が浮上した。

     大阪市内で取材に応じた代理人のひとり三木秀夫弁護士によると、メールは3日夜、今後のスケジュールについてやり取りをしている最中に届いたという。実際に入院はしていないが、「精神状態がさらに悪くなっている。代理人として非常に不安」と説明した。

     小保方氏は現在、理研の調査委員会から画像の捏造・改ざんにあたると指摘された報告書への不服申し立てについて、代理人と準備を進めている最中。当初は自ら会見に出席し、説明する意向だったが、今では会見に対して消極的になっているという。」


    あんだけ強気だった小保方どうした???
    不服申立てあったんじゃなかったんか???
    今度は小保方を信じた代理人がかわいそすぎ(゚д゚lll)
    どこまでもアクどいクソ女・・・
    もう誰も相手にしない方がええわ(((゜Д゜;)))

本文はここまでです このページの先頭へ