ここから本文です

投稿コメント一覧 (353コメント)

  • 三度ひざまづき、九度頭を地にこすり付ける







            この屈辱的な民族の悲劇を、国民に教えてはならない!!






           鬱屈したフラストレーションは、倒錯的に反日に向かった!!





          なぜなら、われわれは戦勝国民なのだあああーーー!!!





    韓国は、古代より日本と中国の狭間で民族的フラストレーションを高め、それが強烈な反作用現象として現れたのが、戦後の李承晩以来の反日一辺倒のパラノイアックな民族主義的歴史観であります。今の韓国にとって、民族的アイデンティティーを保持する唯一のイデオロギーは、反日以外には考えられないのが現状であります。


    朝鮮民族を襲った最大の悲劇は、ここから始まりました。
    それは、李氏朝鮮の時代、中国の王朝が明から朝鮮王朝が蛮族と見下げていた女真族の一派、満州族の清に代わる時期に相当します。

    1636年、後金は清と国号を変更し、朝鮮に対して清への服従と朝貢、及び明へ派遣する兵3万を要求してきました。この時は斥和論が伸張しており、朝鮮がこの条件を拒むと、同年、清は太宗(ホンタイジ)自ら12万の兵力を率いて再度朝鮮に侵入したのです(丙子胡乱)。

    主戦派と主和派に別れての論戦が繰り広げられていました。しかし、江華島が攻め落とされたと言う報告が届くと45日で降伏し、清軍との間で和議が行われました。

    この和議の内容は清に服従すること、明との断交、朝鮮王子を人質として送ること、莫大な賠償金を支払うなど11項目に及ぶ屈辱的内容であり、三田渡で仁祖はホンタイジに対し三跪九叩頭の礼(三度跪き=ひざまづく、九度頭を地にこすりつける)をし、清皇帝を公認する誓いをさせられる恥辱を味わったのであります(大清皇帝功徳碑)。

    清に対する服属関係は日清戦争の下関条約が締結され、朝鮮が清王を中心とした冊封体制から離脱する1895年まで続くことになるのです。そして、日清戦後、清の朝鮮に対する宗主国としての地位が無くなると(下関条約第二条)、李氏朝鮮は、明国から押し付けられた朝鮮という国名をきっぱりと捨て去り、また、中国=清国とは対等であるという意思表示のため、国名を大韓帝国と称し、国王は清国と対等な皇帝となったのであります。

    これが、民族の恥辱“大清皇帝功徳碑”だあああーーー!!!

  • 「大東亜共栄圏」という言葉は、いまや死語です!!



            しかも、禁句です!!



               しかし、今でもその言葉が生きている国々があるんです!!



    タイ、マレーシア、インドネシアは、日本と共に大東亜戦争を戦った。

    フィリピン、タイ、マレーシア、インドネシアの4カ国のうち、フィリピンだけは日本側とアメリカ側に割れ、中にはアメリカ軍に加担して日本軍と戦った事実がある。

    東南アジアで唯一日本軍と戦ったフィリピンでさえ、「日本に侵略された」ということには該当しない。

     フィリピン人は親日です! フィリピンは470年間もの植民地時代に「中国人華僑」に全ての土地農地が奪われた

    フィリピンは470年間もスペインそしてアメリカによる植民地でした。スペインの殖民地時代から運営は中国人華僑が行う共同運営の植民地でした。スペイン時代に農地は全て中国人の所有物として取り上げられ、フィリピン人はただの奴隷と扱われました。

    470年もの間に推定2000万人以上が殺されています。このように中国人に対する憎しみは歴史的に半端でありません。

    アメリカの植民になっても中国人華僑との共同運営でした。
    アメリカは徐々に一部のフィリピン人に行政をやらせるようにしました。しかし、農地や商売は全て中国人華僑が所有し、中国人がフィリピンを奴隷として扱い、残虐な殺しと迫害は続きました。

    これに対してフィリピン人による大暴動がしばし全土で起きていました。「反華」、「排華」、「反中国」の根強い恨みとなっています。つまりチベットと同じことが中国人華僑により470年も行われていました。

    日本軍が来て一番最初に喜んだのは現地フィリピン人でした。米国を追い出し、470年も植民地経営していたいた中国人華僑を追い出し、農地も土地も取り戻してくれ解放してくれました。フィリピン国民を奴隷から解放してくれたのが日本でした。


    下の写真は日本軍を称えるフィリピン共和国独立記念日の飾り

     「EAST ASIA CO-PROSPERITY」= 意味は「大東亜共栄圏」
      "日の丸"下でアジア大共栄圏の夢が懐かしいという飾り

    日本では、大東亜共栄圏という言葉は、“侵略の美化”“戦争の美化”という殺し文句で良識派と称する人たちから徹底的に糾弾されますが・・・

  • 2018/01/08 20:03

    スクープ!




    自称韓国人慰安婦はホームレス婆による狂言だった?




    韓国の生活保護では生活できない老人たち




    「河野談話」 それは韓国人のウソを真に受けた愚か者の談話

      そろそろ本気で韓国人慰安婦詐欺師のたちの正体を暴く時が来たよ!


     キル・ウォンオク(吉元玉)という、自称「日本軍慰安婦」を名乗る韓国人女性がいます。この、キル・ウォンオクはキム・ボクトン(金福童)とコンビで「憎き日本とかわいそうな慰安婦」ショーを世界各地で公演しています。日本でも過去に公演したことがあります。
     
     キル・ウォンオクが、「自分は慰安婦だった」と申告したのが1998年。そして、村山富市らが主導した「アジア女性基金」が韓国人元 慰安婦への見舞金支給を開始 したのが1997年の1月です。キル・ウォンオクは1998年当時の生活状況を、

    「日々の追われる暮らしが本当に辛くて、今では身体の全てが、悪くないところがないというくらい、病気がちになってしまいました。韓国挺身隊問題対策協議会と出会って、挺対協の運営するウリチプで暮らすようになって、やっと安心して暮らせるようになりました。ご飯も毎日3食食べられるようになりましたし、ちょっとどこかが悪くなると病院にも連れて行ってもらえます。いろんな面倒をみてもらうようになりました」

    キル・ウォンオクには養子がいたそうですが、韓国は「儒教の国」だとか「親孝行の国」だとか自画自賛してますが・・・実際は、「邪教の国」であり「親不孝の国」なんですよ。

    韓国では、老人が戦前の「日韓併合」時代を懐かしむだけで殴り殺される国家ですからね。 キル・ウォンオク自身が、暮らす場所にも困るような極度の貧困生活を証言しているのには驚かされます。そういう状況の中で「挺対協」にスカウトされようですね、詐欺を演じる女優として・・・。

    ちなみに「アジア女性基金」では、1997年1月から、一時金として現金200万円、その後5年分割で300万円の計500万円が61人の韓国人女性に支払われました。当時の韓国での500万の価値はいかほどになるのか? 
    ざっと見ても「1500万円の価値」があったと思います。 ウソをつくだけで1500万円分!そりゃ、一芝居打ちたくなる詐欺師が登場するのは当然でしょう。


    左側がキル・ウォンオク。 右側はキム・ボクトン ↓

  • 「マダン」??





               乗っ取るのさ!!





                      京都の九条を!!



    「九条マダン」という在日中心の祭りで、小学校の校庭を借りて
    行われているようですね。
    「マダン」というのは、朝鮮語で「庭」、「広場」という意味。
    京都駅から近い九条は、もともと在日が席捲しているエリアのようです。


    京都市の後援に対して、在特会京都が抗議書を出しているので、添えておきます。
    とかく、批判もある在特会ですが、彼らの他に具体的に動いている人たちも
    余りいないですよね・・・・。

     質問状

    平成23年11月3日に京都市立山王小学校で行われる第19回「東九条マダン」に京都市、京都市教育委員会が後援なされている事について質問します。

    質問1 

    日本国籍を取得しながら「国旗及び国歌に関する法律」を否定し、しかも卒業式場で内心の自由で拒否するなら未だしも、公に行動で抗議した「東九条マダン実行委員長」の朴実の主催するイベントに京都市、京都市教育委員会が後援するという行動は公務員として遵守する責務である日本国の法律「国旗及び国歌に関する法律」を否定するという行動を行っているという自覚はおありなのでしょうか?

    質問2 略


    質問3 「東九条マダン実行委員長」の朴実は「靖国参拝違憲アジア訴訟」の原告の一人であり日本国の象徴である「天皇陛下」を侮辱する発言を行っていますが、京都市、京都市教育委員会はその朴実が主催する「東九条マダン」を後援するのですから、市民に憲法に反してまでも朴実と同じく「天皇陛下」を侮辱していると判断されても構わないという考えなのでしょうか?

    質問4 略

    質問5 「東九条マダン実行委員長」の朴実は「拉致はでっち上げだ」「拉致なんて大した問題ではない」「拉致は解決済み」と主張している日本人を拉致した朝鮮総連系組織の人物と共に「京都モアネット」という「年金の掛け金を一円も払わず、日本政府に年金をよこせ!」と主張しているような団体の賛同人に名を列ねているのですが、
    平成23年10月27日

    在特会・京都

    どうでしょう、「在特会」の言い分が極めてまっとうだと、思われますが?
    京都市も後援でもしなければ、集団で押しかけられ厄介なことに


    これが朝鮮人の乗っ取り「九条マダン」↓

  • 国民としての、崇高なる義務を果たしましょう!!





                 名誉と誇りを持って!!





            今、祖国はあなたを必要としています!!





        今まで、兵役免除という特典がありましたが、廃止となりました!!




                 兵役猶予です!!




    兵役義務を果たさないものは、今後国籍離脱を認めません!!






            従い、他国への帰化申請ができなくなります!!





             これが、韓国の徴兵検査だあああーーーー!!!

  • 1998年に韓国の各マスコミが『日本人サッカー選手の中田英寿は、実は在日3世である』と報じてしまい、中田本人から抗議を受けたという事件である。これは韓国マスコミの特殊なミスリードではない。

    実は同様の捏造報道は、気づかないところで数限りなくなされているのである。朝鮮人はよほど日本人にコンプレックスがあるのか、こうした在日認定の傾向は、マスコミだけに見られる特徴ではない。

    むしろ、朝鮮人全般にわたって広く一般的に見られる症状であると言える。なにしろアメリカ大リーグのホームページにまで、『野茂や松井は実は日本人ではなく朝鮮人なのだ』と怪しげな英語で投稿する朝鮮人が後を断たず、アメリカ人にやんわりと諭され、それに逆ギレして失笑を買うという黄金パターンは今も健在だ。

    歴史上の人物についても同様である。例えば、豊臣秀吉といえば、朝鮮半島に攻め込んだということもあって彼らにとっては悪魔のごとき人物なのだが、その豊臣政権を倒した徳川家康は、朝鮮人には意外とウケがよい。そして彼らにとって、悪魔を倒した英雄は、当然日本人ではあり得ず、朝鮮人でなければならないのである。

    そこで驚くべきことに、『徳川家康は実は朝鮮人である』という妄想を平気で口にする朝鮮人が出てくることになる。いや、信じられないだろうが、こういうおバカな朝鮮人はマジで多いのだ。(中略)日本人であるはずはない、朝鮮人であるに違いないという、哀しいコンプレックスゆえのことであろう。まぁ、勝手に妄想して勝手に笑い者になってください」と批判している

    現在、韓国で公式競技として行われている剣道は日本の剣道とほぼ同じものである。日本に対して高慢な優越意識を持っている韓国人にとっては、野蛮人である日本人の武道を学んでいること自体が心理的負い目として作用する。

    そこで『剣道の起源は実は韓国だった』ということにしておけば、こうした心理的負い目をきれいさっぱり払拭してくれるばかりか、国内向けに愛国者面をすることもできて、一石二鳥というわけなのである。

    故に韓国において、日本の剣道や茶道の起源は学究的な問題ではない。日本に対する優越感を満足させ、劣等感を克服するという精神次元の問題なのである」と分析している.

  • 100年以上も続いているのです!!







               援・助交際が・・・







          “援・助”、・を入れないとヤフーのサーバーが受け付けないんです!!








    日本と韓国は、1965年に「日韓基本条約」と、これに伴う「日韓請求権並びに経済協力協定」を締結しました。

    「日韓請求権並びに経済協力協定」の締結により、日本は韓国に8億ドルの経済援助を行ないました。

    内訳は、無償供与として3億ドル(当時1ドル=約360円=1080億円)・有償貸付として2億ドル(720億円)・民間借款として3億ドルです。

    当時、日本の外貨準備額は18億ドルですから莫大な金額であり、当時の韓国の国家予算の約2.5倍で、現在価格にすると約4・5兆円になります。

    また、統治国であった日本は、統治されていた韓国へ対して、朝鮮にある全ての日本の財産を無償で与えています。

    日本は海外資産である、病院・学校・警察署・鉄道・裁判所・上下水道・公園・教育機関・道路・農地・工場など、日本が莫大な資産を投じて建設・整備し続けて来た、朝鮮にある財産を韓国に与えています。

    当時、統治国の所有物とは、たとえ統治された民族が独立をしても統治国の所有物でした。

    一例を上げれば、 フランスの金で作った物はフランスの財産であり、ギニアが独立した時にフランスは、測量地図の一枚もギニアに残しませんでした。

    日本の韓国に対する海外資産無償供与とは、過去の戦争において世界各国が行わなかったことです。


    国際協力銀行によると、韓国に1960年半ばから90年代までにトータル6000億円の円借款が行われました。

    韓国はこうした資金を元手に、「漢江の奇跡」の象徴とも言われる京釜高速道路など各種インフラの開発や、ポスコをはじめとした企業の強化を行いました。


    日韓基本条約締結時、日本政府は韓国政府に対して個人への直接補償を提案しましたが、これを韓国側が拒否をしました。

    韓国政府が、韓国人への個別補償を行うと決めたのですから、韓国人元徴用者や元慰安婦からの賠償請求権に応じる義務とは、日本政府ではなく韓国政府にあります。

    それなのに韓国人元徴用者や元慰安婦は、日本政府に賠償を要求しています。

  • 3年間はじっとしていろ!!


                密入国の時効は3年やあーー


         あとは何とかなるさ!!


            最後は、生活保護、老齢給付金、年金ももらえるさ!!


    在日韓国・朝鮮人の来日事由について、一般的には「日本の植民地支配に起因して渡日し、そのまま在留した人、およびその子孫」とされていますが、実際にはそういう人たちは、きわめて少数派であり、戦後(解放後)に密航で来日した人がかなりの数というか、大部分を占めております。

    戦後のどさくさにまぎれた、また、朝鮮戦争の混乱にまぎれて不法に日本に密入国した在日の人たちは、かつての不法行為についてはすでに清算・解決し、現在は合法的な在留資格を得ていると思われます。しかし彼らがどのようにして合法的な在留資格を得たのかについて、まず、ほとんどの日本人が知りません。
     
    密入国の時効は3年ですから、密航して摘発されることなく3年を過ごせば、罪に問われることはなくなります。しかし不法滞在状態は続きます。  

    次にその間に日本に合法的に在留している人と結婚して子供を作ります。子供は配偶者の合法的在留資格を継承しますので、この家族は不法滞在者一人と他は合法滞在者という構成になります。それから頃合い(大抵の場合子供が入学する時期)を見て「私は密入国者です」と警察や入管に出頭します。当然密入国の経緯等の取り調べを受けますが、すでに家庭を支えている大黒柱となっています。彼一人を本国強制送還することは難しく、多くの場合法務大臣から特別在留許可を貰うことになります。

    最初は在留期限一ヵ月を繰り返しますが、何事もなく過ごせば三ヵ月、六ヵ月、一年‥‥と長くなり、最終的には一般永住資格を持つこともあります。  出頭して自分の身分を明らかにするまでは、不法滞在がバレやしないかとヒヤヒヤしながら、目立つような行動をせず、絶対に警察沙汰にならないように気をつけて生活します。

    密航者が日本に定着するまでは、だいたい以上のような経過をした人が多いようです。それ以外の場合もありますが、過去の経緯はどうであれ、現在は合法的に在留しています。自分の来日経緯を「密航だ」と堂々と語る在日がいるのは、捜査当局の取り調べを経たうえで、法務大臣より特別在留許可を得たからです。


    下は、摘発された密入国者(長崎県大村収容所)

  •  韓国で「慰安婦は自発的な売春婦」という署名活動が始まる!!




    まずは、このニュースをご覧ください。重要なので記事全文を掲載します。

    韓国で「慰安婦は自発的な売春婦」署名運動・・・「虚偽だ」波紋広げる サーチナ 4月15日

    韓国の複数のメディアによると、旧日本軍の従軍慰安婦問題について、慰安婦は「自発的に売春した女性」だと主張する署名運動が同国内のインターネット上で行われていることが11日に判明し、波紋を広げている。

    署名運動を展開しているインターネットユーザーは、集まった署名を日本の外務省に提出する方針という。

    「これ以上、世界に向けてうそをつくのは止めましょう」と題した署名運動は、あるネットユーザーが開設した専門サイトで8日から行われている。

    太平洋戦争当時に米軍が作成した慰安婦報告書には、慰安婦が志願制の募集だったことや、月平均の給与が700-1500円だったことが記されていると説明した。

    また当時の京城日報や毎日新報の記事を紹介。その内容から「日本軍が慰安婦を正式に募集する広告もあった」とし、「韓国は伝統的な売春国家」などと主張した。

    12日午後5時の時点で署名数は665人。署名したユーザーらは「歴史的な事実は変えることはできない」、「慰安婦の真実を明らかにしてください」などと活動を支持するコメントを寄せていた。

    韓国メディアによると、同サイトは韓国で波紋を広げており、多くのユーザーが、「虚偽の事実を広めて(元慰安婦の)おばあさんの名誉を傷つけている。身元を特定して処罰する必要がある」などと怒りをあらわにしているという。

    「慰安婦は自発的な売春婦」という署名活動のリーダーの身を案じます。しかし、同時に、こうした真実の活動が行われるようになったことに心から感謝をしたいと思います。

    大変な恐怖のなかで、最大のタブーに挑戦しているわけですから、当然、韓国政府当局も政府機関を使ってこの運動のリーダーの抹殺をはかる可能性があります。

  • “憎いのはお父さんだ!”





                 史実を語るな!!



                        問題は、歴史認識だ!!



             史実と歴史認識は、違っていてもいいのだ!!




             
    朴 裕河(パク ユハ、1957年 - )は、韓国・世宗大学校日本文学科教授。
    ソウルで生まれ、高校卒業後来日。慶應義塾大学文学部国文科を卒業後 早稲田大学文学研究科に進み、日本文学専攻博士課程修了。2003年度に「日本近代文学とナショナル・アイデンティティ」で早稲田大学学術博士の学位を取得した。現在、韓国・世宗大学日本文学科教授。

    慰安婦問題に関連する批判

    2007年04月、アジア女性基金の解散に伴い東京の日本外国特派員協会での講演で、アメリカ合衆国下院121号決議に関連して韓国側の理解、主張をそのまま受け取っての日本への一方的な批判、意見が行われていることへの憂慮や、「日本軍とそのようにした父親とどっちが憎いのか?」とのある元慰安婦への質問に「お父さんだ」と答えたといった話も交えながら、

    慰安婦動員の過程において韓国人も関わっておりその加害性への責任についての言及、さらに、朝鮮戦争時に韓国軍も特殊慰安隊を運営したという最近の研究を紹介、韓国や他の国もそういった慰安婦制度を持っていたことがあるのに、慰安婦問題を日本だけのことにしてしまっては問題の本質を考えるという機会が失われるのではないかとの憂慮を表明した。


    また朴は、いくら問題があろうとも自国のすることなら助けてあげなければならないというのは正しいことだが、同じ民族のすることなら無条件で助けてやらなければならないという論理には、それが決してこの問題を解決するものではないためこれ以上同調することができないと述べ、

    挺隊協がその矛盾に対する検証もぜずに非難の言葉で水曜デモを繰り返すことを批判し、アメリカが「世界の警察」役をすることは批判しながら自分たちの問題をアメリカへ行って解決してくれと訴える姿は決して美しいものではなく、たとえ決裂だけが続くとしても日韓の間の問題は日韓が解決するという姿勢を見たいとする希望を述べた。

    この人が韓国の知性と理性の人朴 裕河(パク ユハ、1957年 - )は、韓国・世宗大学校日本文学科教授 ↓


  • 北朝鮮収容所「兄弟は衆目の中で斬首された」…元女性警備兵が証言




    英国の大衆紙であるデイリー・メールは、北朝鮮の拘禁施設で警備兵として勤務し、後に犯罪者として収監されるという両側の経験を持つ女性、イム・ヘジンさんにインタビューを行った。


    子どもが公開処刑を見学

    イムさんは、警備兵としてそうした残虐行為を頻繁に目の当たりにしていたにもかかわらず、何とも思わなかった。

    なぜなら、週2回の思想教育により、収監者は凶悪犯罪を犯した連中であり、同情の余地などまったくないと信じ込まされていたからだという。

    日常的に残虐行為を見ていたイムさんだが、ある兄弟の悲惨な最期を目の当たりにして、激しいショックを受けた。2人の兄弟は、拘禁施設の鉄条網を越えて逃亡した。2人の家族7人が処刑され、同じ区域にいた多くの収監者が連帯責任を取らされ、激しい暴力を受けた。

    数週間後、2人は帰ってきた。脱北し中国に逃げたのだが、逮捕され強制送還されてきたという。激しい拷問を受けてすでに体はボロボロになっていたにも関わらず、2人は鉄条網の下を引きずられて引き立てられてきた。

    そして、20人ほどの収監者が見守る中で、2人は斬首された。その様子を見るよう強要された収監者は、さらに死体に石つぶてを投げつけることを強いられたという。究極の見せしめとも言えるこのような公開処刑は、北朝鮮では子どもまで「見学」させられる。

    イムさんは、あまりに残虐なシーンにショックを受け、数日間食べ物が喉を通らなかったと語る。そして、彼女の警備兵としての生活に終止符を打つ時が来る。自分自身が収監者になってしまうのだ。

    ある時、商売のために国境を越えて中国に行ったところで逮捕され、北朝鮮に強制送還された。そして、教化所送りとなる。そこでは、男性警備兵に裸で行進することを強いられた。

    イムさんは収監者の立場になって、自分や同僚が収監者に対していかに残虐な行為を働いていたかをようやく知ることになった。そして教化所を出所後、脱北した。イムさんは次のように語っている。

    「私は指導者にウソをつかれていた。裏切られたという気持ちだ。拘禁施設に収監された人々が、普通の人間であることに気づいた今、罪悪感とトラウマに苛まれている」


  • 報道特注! 北朝鮮危機・ 北工作員は千人単位!



    朝鮮総連や朝鮮学校・小池百合子、辻元清美、階猛





    ■動画
    報道特注(右)【北朝鮮危機オモテとウラ後半】朝鮮総連と沖縄と小池都知事が関係!?辻元創設ピースボートと万景峰号のつながりとは?タブーを隠さない!



    【出演者】
     生田よしかつ(築地まぐろ仲卸三代目)
     足立康史(日本維新の会)
     和田政宗(自民会派)
     丸山穂高(日本維新の会)
     山口敬之(ジャーナリスト)

    ▼要旨▼

    山口「工作員は間違いなく1000人単位でいます。4月12日に乱数表を読み上げていた。これは工作員に対する指示だと言われている。

    今は連絡手段としてやっていないという説もあるが、朝鮮総連が無関係だという人がいたらお話しを伺いたい。おおっぴらに日本への圧力としてやってる」

    生田「やっぱり朝鮮総連がしてるの?」

    山口「朝鮮総連は、大使館としての役割を果たしているというが、朝鮮学校という主体思想を教える非常に不適切な学校を日本で運営している。

    パチンコ、マツタケ等の貿易などの利益などを北朝鮮に送っている。日本にある航空技術やミサイルの塗料とか特殊な技術を調べてミサイル開発の技術や資金を調達している。

    警視庁が違法行為を摘発すると、日本の技術を北朝鮮に流してミサイル開発に関係している。違うというなら俺に文句いえ。証明して見せろ。」

    丸山「名前が朝鮮名な人はわかりやすいけど、議員がそうかはともかく、そうとう影響力がある人に食い込んでる」


  • 他人のせいにする韓国 反転できる要素見当たらぬ




    韓国経済はかつて、「日本を追い抜く」「世界を牽引する」と喧伝された。それが今、苦境に喘いでいる。なぜ韓国は、経済の面で先進国になりきれないのか? 大前研一氏が解説する。

                 
     一般的に1人あたりGDPが2万ドルを超えると中進国、3万ドルを超えると先進国とされる。

    だが、3万ドル経済に向かおうとする中進国は、しばしば為替や労働コストが高くなって競争力を失い、3万ドルに近づくと落ちるという動きを繰り返す。これが「中進国のジレンマ」だ。

     韓国経済も、調子が良くなるとウォンや労働コストが高くなり、そのたびに競争力を失って落ちるという悪循環に陥っている。韓国が「中進国のジレンマ」から抜け出せない最大の理由は、イノベーションがないことだ。

     では今後、韓国は何らかのイノベーションによって「中進国のジレンマ」から抜け出せる日が来るのだろうか?

     残念ながら、当面は難しいだろう。なぜなら、戦後日本は財閥解体で従来の秩序が崩壊して経済にダイナミズムが生まれたが、韓国は未だに財閥支配で縦方向の秩序が固まっているからだ。

     その秩序を壊してイノベーションを起こすためには、松下幸之助氏や本田宗一郎氏のような学歴がなくてもアンビション(野望)のある起業家が必要となる。

     しかし、韓国は極端な学歴社会だから、アンビションを持っている人でも、いったん受験戦争に負けたら這い上がることが難しい。つまり、イノベーションが起こりにくい硬直した社会構造なのである。

     また、受験戦争に勝って財閥企業に入った人たちも、すんなり定年までエリートの道を歩むことが難しくなってモチベーションが低下している。

    どこをどう切っても、反転できる要素が見当たらないのだ。

     韓国の根本的な問題も指摘しておかねばならない。それは自分たちの問題を何でもかんでも日本のせいにする、ということだ。日本が高度成長した時に我々は朝鮮戦争で発展が遅れてしまった。その原因は日本の植民地支配だ。

    そういう“エクスキューズ(言い訳)文化”だから、自分たちも努力すれば日本に追いつき、追い越すことができるという発想が生まれにくい。ここが同じく日本の植民地だった台湾との大きな違いである。


  • 護憲で知られる日本共産党 1946年当時は憲法9条に反対した





     日本共産党が注目を集めている。志位和夫委員長はテレビのインタビュー番組に引っ張りだこだし、政治討論番組は共産党抜きに番組が成立しないくらいの勢いだ。


    そう言うと、小池は「いま自衛隊をなくせとは言っていない。将来の話だ」と反論する。

     彼らは自衛隊は憲法違反という立場なのだから、護憲を唱えるなら「自衛隊をなくせ」になるはずなのに「現実問題として、すぐなくせない」という。その場しのぎのご都合主義なのだ。

     天皇についても同様だ。彼らは「1人の人間や家族が象徴になるのはおかしい」と言う。象徴天皇制反対である。実際、天皇が出席する国会開会式には欠席している。

     それなら憲法改正を唱えるべきなのに、けっしてそうは言わない。天皇をどうするかは「将来の国民の議論に委ねる」などという。

     私は、この「国民の議論に」という論法が最大のごまかしであると思う。政党なんだから「自分たちはこう考える」と主張するのが筋ではないか。

    判断を国民に投げられたら、国民は選挙で政党を選べない。それでも一見もっともらしいから、ついだまされてしまう。

     共産党が本音でどう思っているかといえば、実は自衛隊は最終的にいらず、象徴天皇制もいらないと思っている。それは討論で確認した。それなら、少なくとも天皇制については、絶対に護憲ではない。

     だいたい第9条だって、もともと共産党は反対だった。1946年当時、リーダーの1人だった野坂参三衆院議員は「自衛権を放棄すれば民族の自立を危うくする」といって9条に反対しているのだ。

     私がそこを指摘すると、小池は「当時の吉田茂首相が『9条には自衛権がない』と言ったからだ。後で自民党政権は『自衛権はある』と認めたから、いまの憲法でいい」という理屈を展開した。

     そんなことを言ったら、共産党が憲法に反対したり賛成したりするのは、政府の憲法解釈次第という話になってしまうではないか。独立した政党の主張がそれでいいのか。

     一言で言えば、共産党は重要政策で自分たちの本音を隠して、国民に口当たりのいい議論をばらまいている。

    経済政策ですっきり自分たちの主張を唱えているように、安保防衛・外交政策でも正々堂々、自分たちの本音で勝負してもらいたい。

  • ★戦前から日本に住んで、在日3世4世もいるが特別永住資格はなし!


    日本にゾロアスター教徒(拝火教徒)が長く住んでいるのを、ご存知ですか??



    古代日本へのゾロアスター教伝来は未確証であり、ゾロアスター教の信仰・教団・寺院が存在した事実を示すものも発見されていないが、ゾロアスター教は唐時代に中国へ来ており、また日本には吐火羅や舎衛などのペルシア人が来朝していることから、なんらかの形での伝来が考えられている。


    近代の日本では、戦前からインド・ゾロアスター教徒により、神戸在住の貿易商として定住がはじまり、その子孫の人々は現在でも神戸および東京で健在である。

    在日も3世代目ないし4世代目となり、日本生まれの日本育ちとしてすっかり日本文化にとけ込んでいるが、国籍はインドを維持し、祭祀の際などにはムンバイ(旧ボンベイ)に帰ってゾロアスター教の儀礼に参加している。

    彼らは、永住資格はありますが、重大犯罪を犯しても国外追放されることのない在日朝鮮人や在日韓国人のような、特別永住資格はありません。

    これは明らかに、民族差別であり、国連人種差別撤廃条約の第1条第4項に明白に違反しています。

    在日韓国・朝鮮人は、日本語しかしゃべれないとか、生活の基盤が日本にあり親戚家族も全員日本に住んでいるからと、もっともらしい言い訳をしますが、日本におられるゾロアスター教徒の方々も、まったく同じ状況です。

    現在ゾロアスター教徒が一番多い国は、インドで約8万人です。次いでイランの約6万人です。

    <余談>

    ドイツの著名な哲学者ニーチェのこれまた有名な著書に「ツァラツストラはかく語りき」というのがありますが、ツァラツストラはゾロアスターのドイツ語読みです。

    ゾロアスター教の成立は、紀元前1600年ごろと言われています。創始者のゾロアスターは世界最初で最古の預言者と言われています。

    ゾロアスター教は、一神教で、最後の審判とか、救世主とか、創造主とかの教義用語があり、また偶像崇拝を禁じており、これらはユダヤ教に取り入れられ、それがキリスト教やイスラム教にも取り入れられました。

    ゾロアスター教では創造主のことを、アフラ・マズダーと呼びます。

    自動車メーカーであるマツダが、MATSUDAではなくMAZDAと表記をするのは、この創造主であるアフラ・マズダーにあやかったものです。


  • 韓国人に根拠を示しつつ論理的に反論しても聞く耳持たない





    日本政府が問題解決の決定打として期待して2015年12月に締結した日韓慰安婦合意は、韓国側の反日行動を激しくさせただけでなく、合意そのものもなくなりそうな勢いだ。

    韓国は、なぜこのように反日に固執し、是々非々で物事を考えられないのか。

    評論家の呉善花氏が、日本人には理解不能な韓国と韓国人たちがなぜ反日という考え方を手放さないのかについて、語る。

                    * * *

     韓国の次期大統領に誰がなろうと、親北政権となることは間違いない。新たな大統領は政権の求心力を高めるため、反日のシンボルである「慰安婦」を最大限に利用するだろう。

     日韓合意後の約1年で韓国内のいたる所に慰安婦像が設置された。

    しかも彼らは、「慰安婦像」を「平和の少女像」と呼ぶことで、過去の戦争被害のイメージを、未来の世界平和を訴えるイメージに巧妙にすり替えた。

     韓国では現在、慰安婦像をモチーフにしたお守りやブレスレットが女子高生などに大人気だ。

    彼女らにとってそれらは、平和を祈る愛国者たることを示す装飾品であり、慰安婦問題の追及は世界に向けた平和運動だと信じている。それゆえ、慰安婦像の撤去など到底受け入れられないはずだ。

     儒教の影響が強い韓国ではすべての物事は善と悪に分かれると考える。そして、日本は絶対的に悪であり、韓国は絶対的に善なのだ。

    悪徳国家・日本の弾圧に耐えて、「善なる被害者」である韓国が抵抗する時、虐げられた民族の心が熱く燃え上がり、不思議なパワーが生じて団結心が生まれる。

    そうした国民性を利用して、現在も韓国では日々、反日感情が煽られている。

    例えば今夏に公開される映画『軍艦島』は史実と異なる点が多く、日本ではすでに問題視されているが、韓国ではこの映画を報道番組が大々的に特集している。

    血も涙もない日本人がいかに軍艦島(長崎県)で韓国人にひどいことを行ったかを美人キャスターが情緒的に訴える。


     こうして反日感情を皮膚感覚で刷り込まれた人々に「慰安婦の強制連行はなかった」などと根拠を示しつつ論理的に反論しても意味がない。彼らは聞く耳を持たず、逆に極めて強い反発がもたらされる。


  • 韓国女性、10人中4人は美容施術の経験有り




    韓国の成人女性10人のうち4人がボトックスやフィラーなどの美容施術を受けた経験があるという調査結果が発表された。

     外資系製薬会社韓国アラガンが28日に明らかにしたところによると、市場調査会社カンター・ヘルスに依頼して21歳から55歳までの韓国の成人女性450人にアンケート調査をした結果、42%がボトックスやフィラーなどの美容施術を受けた経験があることが分かった。

     さらに、まだ美容施術を受けたことはないが、施術を受ける意向があると回答した女性は25%、今後手術を考えてみたいと回答した女性は17%だった。

    全回答者の84%が美容施術を受けた経験がある、あるいは今後受ける意向があると回答したことになる。美容施術を受ける考えがないという女性は16%だけだった。

     美容施術とは、エラ張りや眉間のしわの改善などに使われるボトックス注射、鼻やアゴの先に注入して高さを出すフィラー注射などのことで、外科的処置が行われる美容整形手術とは違う。

     また、回答者たちは自身の外見に対する不満も大きいことが分かった。「自分の外見に満足していない」という回答は61%に達し、「満足している」という回答は23%にとどまった。

    「普通だと思う」という回答は26%だった。外見上、悩んでいる部位には「肌」(79%)、目(63%)、顔(61%)を挙げる人が多かった(重複回答)。回答者の45%は「2つ以上の部位の外見について悩んでいる」と答えた。

     今回の調査は、アラガン本社主導でアジア・太平洋6カ国の女性2400人を対象に実施され、そのうち韓国人の回答内容を分析して発表されたものだ。


    チェ・ウォヌ記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


  • 「日本はドイツに学べ!」・・?というなら、韓国こそオーストリアに学ぶべき!

    台湾と朝鮮は、1945年までは「日本」だった。
    しかし、台湾に大日本帝国の責任はない。
    何故か?

    台湾は清から日本に割譲された土地であり、大日本帝国に参画した責任がないからだ。
    しかし、朝鮮は1910年の併合条約で朝鮮王朝、朝鮮政府の意思に基づいて大日本帝国に参画した。

    また台湾人は、参政権&被参政権を得ることも、日本軍の士官になる事も出来なかった。
    ところが、朝鮮人は、日本に暮らしさえすれば参政権&被参政権を得ることができた。
    その為、2回も代議士になった朴春琴(paku chungumu) や帝国議会の貴族院にいた朴泳孝(paku yonhyo)を初め、 戦争末期には、何と7人の朝鮮人が帝国議会の議席を得ていたのだ。
    もちろん、参政権だけではない。

    朝鮮人は、志願制が導入される以前から、士官学校に入学して、日本軍の士官になる事も許されていた。

    朝鮮人将校で有名な人は、1980から85年まで駐日大使を務めた崔慶禄(che・gyonroku)がいる。
    彼は、士官学校に合格したにも関わらず、戦場に行くことを望み、日本軍に志願した。
    そして、第20師団参謀長・ono takeoに見込まれると、ニューギニア戦線で活躍し、少尉にまで昇格した。
    さらに有名な朝鮮人将校といえば、洪思翊(hon sakui)がいる。 彼は日本陸軍の中将にまで上り詰めていたのだ。

    朴 正煕(パク・チョンヒ、???)大統領は、日本の陸軍士官学校に入り、志願して満州に赴いている。

    この通り、韓国は被害者ではなく日本の戦争に加担した加害者だった。

    ところが、韓国は「朝鮮は植民地だった」と嘘をつき、責任逃れを続けている。
    ドイツに併合されていたオーストリアは、加害者であることを認め、謝罪した。
    しかもオーストリアは1938年から僅か6年の併合期間であり、ドイツの軍事侵攻による併合なのだ!

    日韓併合のような、正式な手続きを踏んだものではない。
    ところが、日本に正式な手続きを経て併合されていた韓国は、一度も謝罪していない。

    1ウォンも賠償していない。韓国は、歴史捏造によって、被害者を演じる卑怯者である。



  • 在日韓国・朝鮮人による密入国の歴史

    在日韓国・朝鮮人による密入国の歴史韓国・朝鮮人が日本人を黙ら
    せる「決めゼリフ」で「われわれは日本政府によって強制連行され
    てきた」というのがあります。

    反日マスコミや左翼教師に洗脳された人たちがこの言葉を聞くと、
    『銃剣で脅されてトラックに無理矢理乗せられた善良な朝鮮人達が、
    日本に送り込まれて炭坑で重労働させられる』 という酷い場面等
    を想像して思考停止に陥り、相手に反論できず言い分を聞いてしま
    うということが多いようです。

    近代史を調べて行くと

    動画(衆議院TV):2010年3月10日 (水)外務委員会
    「Windows Media Player」 06分50秒頃から

    現在日本政府が本人の意思に反して
    日本に留めているような朝鮮人は犯罪者を除き
    一名もいない。

    強制送還をしようといたしましても、韓国の政府がこれを容易に受け
    付けない

    戦後もあらゆる手段を講じて、
    命がけで密航をして怒濤のごとくどんどん入っ
    てくる


  • 天皇制について





            その経緯をご存知ですか???





    天皇制という言葉が、日本で初めて登場したのは1932年昭和7年のことであります。そして、この言葉を造語したのが日本共産党であります。


    事の発端は、いわゆる“32年テーゼ”であります。これは、ソ連共産党の傘下にあった国際共産主義運動、いわゆるコミンテルンの日本共産党への指示・指令のことであります。


    以下コミンテルンの日本共産党への指令内容。
    1932年5月コミンテルン執行委員会西ヨーロッパ・ビューローによって決定された「日本における情勢と日本共産党の任務に関する方針書」のこと。日本の支配体制を絶対主義的君主制とみなし,きたるべき日本革命は君主制を打倒し,地主制を廃止するブルジョア民主主義革命であり,社会主義革命はその次の段階とする二段階革命論の立場を明確にした。


    ここでコミンテルンは、日本の統治形態・政治形態を絶対主義的君主制と規定しましたが、天皇制という言葉は一言も使っておりません。しかし日本共産党はコミンテルンからきたロシア語の指令書を日本語に訳す時に、君主制を天皇制という造語に置き換えました。

    以後、この天皇制という言葉が独り歩きを始め、鵺(ぬえ)のようなイメージを持つに至りました。

    ことに戦後は半島系の学者や日本の左翼系の学者が好んでこの天皇制という言葉を、手軽にそして無造作に使うようになりました。

    その結果、天皇制という言葉の意味はチューインガム風船のように広がり、象徴天皇制になってからも、単に統治形態や政治形態を指すのではなく、日本文化総体、歴史観、日本の近現代史総体、資本主義経済体制などなど、とにかく戦後の日本のありようすべてを指すかのようになったのであります。


    要するに端的に言えば、日本の存在そのものが気に入らないという深奥に激しいレイシズムを秘めた人間たちの、度し難いまでの差別憎悪主義を表面的に隠蔽・糊塗するための使い勝手のいい単なる方便語に成り下がったのであります。

    ですから、正しくは、君主制というべきなのであります。
    よって、象徴天皇制は象徴君主制というのが正しい日本語です!

    下は反天連のデモ行進。大半が在日である。 ↓

本文はここまでです このページの先頭へ