ここから本文です

投稿コメント一覧 (5347コメント)

  • >>No. 1037


    >
    >>やはり予想通り11000が天井だったな
    >
    >明日の無い割り箸には毎日が天井…
    >
    >ホルダーにとって明日(これから)は青天井。


    乞食が曰く
    毎日毎日天井と言えばいずれは本当の天井に
    たどり着きますが、それは乞食切腹の最低2万円までいくことでしょう。そしてその暁には永遠にこの掲示板から消滅してほしいものです。

    恐らく、自分だけでなく大部分の方がそのように思っているのでは?と思います。

  • >>No. 984

    はい、可能性は十分にありますが

    乞食が2万いったら、切腹すると豪語してます。

  • なんだか、10,900円から始まりそうな気配で
    良い感じですよ♪♪♪

  • あんまりあてには出来ませんが、ADRとPTS 下がらないよりも
    やはり上げた方が 気分は いいですね ♬

    本日、反発することを期待したいですよね

  • >>No. 659

    現実社会では、カス底辺の水準なので
    掲示板だけでは 上流階級 を 味わいたいのですが
    アホ故にボロが出まくりです。

  • >>No. 641

    認知症予備軍なのでしょう。

    ころころ言うことが
    日替わり定食並みに変わります。

    ゾンビ犬なんて何回も復活しました。

    都合が悪くなれば つれた とか言って
    誤魔化すパターンが多い。

    はっきり言って 品格の欠けらも微塵に感じられなく まさしく 人間失格 とは こいつのことをいうのでしょう。

  • 乞食が10,600円は超えないと断言したが
    結果は超えました。

    いつもいつも後出しジャンケンのプロであり

    これが、正しく生きていると豪語している奴の

    振る舞いなのか?

  • おー?
    乞食が急所を突かれて取り乱しておる!
    早く寝て明日のバイト頑張れ👍

  • 給料だけで2年で貯まる??

    この妄想な給与でか?

    小学生でも、もっとましな嘘をつくが???

    可哀想で仕方がない。

  • 妄想のノンホル乞食は、金銭感覚まで妄想。

    1000万円というお金は大金そのもの。

    乞食には到底この額を貯めることは出来ないし年金貰えないから生涯誰でもできるバイトをしいられる。

    まぁ、生活保護を受けないだけ褒めて使わす。
    爆笑!爆笑!

    精々頑張れ

  • 空き変わらず間抜けな投稿が続くのぉ〜

    乞食は毎日が自転車操業そのもの

    ホルダーたちは投資している資金は余力そのもの。

    まぁ、一度もBenzに乗れない
    乞食の人生は哀れそのもの、、、爆笑

  • >>No. 369


    >問題はここから!世の中そんなに甘くないってことを思い知るでしょう

    つい最近、ホルダーが10,600を突破すれば報われるとか言っていたが???
    もう、ネガポジトークか???

    まぁ、精々毎日毎日羨ましむがよい。

  • 新iPhone、「ソフトバンク」の株価は上がる…ズバリAI株予報


    株式市場ではソフトバンクグループ(9984)の株価に動きが見られた。新iPhoneが発表された翌13日、いきなり年初来高値を更新したのである。


    新iPhoneの発売日には、キャリアの店舗前に大行列ができる光景が「風物詩」。今年は9月21日から販売開始となっており、いまからiPnone熱がさらに盛り上がっていくことは必至である。

    では、ソフトバンクの株価も、さらなる上昇相場が期待できるのか。ズバリ、的中率80%を超える『Phantom株価予報AIエンジン』

    一目でわかる通り、きれいな上昇曲線を描く好調相場が予測されているかたちである。

    財産ネット企業調査部長の藤本誠之氏が言う。

    「ソフトバンクは株価が上昇トレンドに入り、一気に上抜けている。年内には携帯電話子会社の上場も予定されていて、このまま高値圏での堅調相場が期待できそうです」

  • リーマンショックから10年
    ソフトバンクグループの株価上昇は
    332位の442.2%の上昇率となりました。
    因みにリーマンショックではソフトバンクグループの株価は余り下げなかったので大きく下げた企業とは見方が変わってくるかと思われます。

    年末にかけて大きく上げることが予測出来ます。
    それは皆様が言うとおり、ソフトバンクKKの上場、sprintの合併があるからです。

    もし、その通りに行けば年末にかけて株価は15,000円を最低突破してくるかと思われます。

    自分にとっては、
    投資家人生として大きな局面をいよいよ迎えようとしている。

  • >>No. 73

    すみません補足させて頂きます。
    貴殿が記載頂きました通りのことをこのレス主がアップした瞬間思ってました。

    追記事項としまして、ソフトバンクの投資先企業群は単なる投資とは違い
    グループでシナジーを分かち合います。例えば、ウーバー、ディディなどが日本で最近展開出来るようになってきたのはソフトバンクが大手タクシー会社の間に入った為加速して日本のライドシェアが進展しております。まあ、正確には東京オリンピックには圧倒的に外国人の方々に支持される事になると思われます。今はこれの布石だと思もわれます。

    上場予定のソフトバンクKKも然り。
    ビジョンファンドの投資先インポート事業自身がシナジー効果の良い例ですよね。

    また、ウィワークなどはソフトバンクの会社形態自身も変える世界となりそうで本社ビルも移転するか健闘するとか?これはウィワークにとって強烈なクライアントとなります。

    このように単なる投資とは一味も二味も違うと確信しております。
    今後も我々が想像もつかないくらいのシナジーは多発すると自分は思っております。

  • >>No. 21

    わざわざ、返信頂き有り難く。
    私などはまだまだ青二才の所存でございますが、ソフトバンクグループの株主及び投資家として今後も応援して参ります。

    長期でソフトバンクグループを応援していただける方々とは
    数ある投資先の中でソフトバンクグループを唯一選び、資産を共に投資していること自体が正に同志そのものだと自負しております。

    同志達の貴重な情報や
    意見はこちらこそ何物にも変えがたく感謝しており
    この場を持って御礼申し上げます。

  • >>No. 6

    取りあえず実績も貼っておきます。
    自分は掲示板とはいえ嘘を付いているいると思われるのが嫌な性格なので...

    このグラフはマネーフォワードの有料サービスですので10年前はありませんので5年前からの表示となります。

    今から10年は
    含み益が含み益を呼び込み自分にとっても人生をかえるくらいの含み益が得れる可能性がある環境下にいます。


  • >株価10万円って不可能でしょうか?
    >どう思いますか?
    >
    >行くと思う→Good
    >無理だろ→Bad
    >
    >よかったら投票お願いします(^^)
    >でも…夢は見たいものです😄

    限りなく難しいですが不可能ではない。
    ソフトバンクグループの株価が10万と言えば時価総額100兆円です。

    今現在100兆円の規模の企業はアップルやアマゾンがそれに値する。しかしながら10年前アップルの時価総額はこれに到底及ばず時価総額ランク10位にすら入ってません。アマゾンやグーグルもランク外。でも2008年から10年後は...

    パラダイムシフトが起こるとされる10年間隔の世界時価総額ランクはその次代の覇者となっている企業がランクインする。

    更には今から10年後のパラダイムシフトは産業革命や情報革命よりも変化は圧倒的に大きく人類の生活環境を大きくかえるものと言われており10年後の世界時価総額ランクは紛れもなくIOT革命を制した企業が君臨する事になります。

    ソフトバンクグループは積極的にIOT革命に着手しており世界を再定義しようといている。

    個人投資家人生で得たことは10年後の世界を読み解きニーズにあった企業を長期でホールドすることが株の弱肉強食世界で生き残る唯一の方法であると思われます。

    自分が生き残って大きな含み益を得れたことも10年前にソフトバンクグループがiPhoneを独占していち早く投入。しかも当時は携帯代は無料。他のキャリアは高額な端末を請求される。スマホの時代が来ると確信しソフトバンクの携帯事業が飛躍的に伸びると確信したからです。

    これは今後10年後も全く同じ事が言えます。
    10年後のニーズにソフトバンクグループは世界から必要とされる企業群であることは明白であり世界時価総額ランクトップ10に名を馳せていることでしょう。

    その時のソフトバンクグループの時価総額が30兆円なのか50兆円なのか?100兆円なのかは神のみぞ知る世界です。

  • 第2四半期の評価益

    ペイティエム、NVidiaも業績を押し上げるものと考えられます。

    益々、ビジョンファンドの存在が大きくなると考えられる。

  • 投資リターン、シナジーなど、複合事業体の好循環局面に注目、みずほが「買い」継続、目標株価12900円→14400円
    みずほがSum of the Parts評価における国内通信事業とSprint事業の評価を引き上げ、投資判断「買い」を継続、目標株価を従来の12900円から14400円に引き上げた。

    これまでの巨額投資やそれに伴う多額の負債がリスク視されることが多かったが、ソフトバンクビジョンファンドの投資リターンが徐々に顕在化し、評価益のみならず成功事例と呼べる巨額の売却益も出始めてきたことで投資事業がもたらす直接的リターンのみならず、既存事業の競争力を引き上げるシナジー効果など複合事業体が持つプラスの側面を積極的に評価しやすくなってきた状況と考える。保有資産価値に照らして株価は割安な水準にあるとみた投資判断「買い」を継続する。

    国内モバイル通信分野は非通信分野のサービスとのバンドルが成長の視点ではより一層重要となっているが、ソフトバンクビジョンファンドの投資先の技術を活用した決済サービスの日本展開などは国内通信事業との代表的なシナジー。NTTドコモやKDDIが時間をかけながら非通信分野のサービスを育成しているなか強力な差別化要因として注目されよう。特にソフトバンクグループが保有していたヤフー株の一部ソフトバンクへの移管によって国内通信事業を営むソフトバンク株式会社の経営自由度が増してきたなかでの同業他社比の差別化要因は見逃せない。

    19年3月期第1四半期決算では複数の投資先(Flipkart、WeWork、Uberなど)で未実現評価益が発生したが、第2四半期の評価益も注目される。具体的にはトヨタ自動車が8月28日に5億ドルの投資を発表したUberの評価が注目される、と指摘。

    今2019年3月期連結営業利益を従来予想1兆1715億円(EPS571.1円)から1兆5611億円(EPS743.7円)へ、来2020年3月期同1兆2580億円(EPS639.4円)から1兆735億円(EPS495.6円)へ修正し、新たに2021年3月期連結営業利益を1兆1741億円(EPS555.9円)と予想している。

本文はここまでです このページの先頭へ