ここから本文です

投稿コメント一覧 (3353コメント)

  • アディショナルタイム?
    新年早々ダゾーンのオールゴール集見てます。立田の諦めない姿勢からのゴールいいなあ。

  • 心に清水エスパルスがある皆様に幸せあれ。多分、私は一生清水エスパルスについていきますw

  • そんでこのtextreamはどうなんの?
    消えるのか、書き込めなくなるのかわからんけど、まあいいや。あるがままに。
    エスパルスに何の影響もないもんね。

  • さて、そろそろ今年も終わるけど来年のエスパルスはどうなるのかな。今年は足場を固めることに成功したと思うけど、まだまだ確実なものではない。下手をうてば例年同様崩れることもあるだろう。やはりポイントは北川と金子だと思う。今年ノーマークだった彼らが、警戒されるなかで来年どれだけできるのか。さらに石毛と立田も重要だ。石毛はセンスのあるプレーも見せたが安定感が落ちた時期もあった。一年通してどれだけ高いレベルでできるか。立田も来年は本職CBで今年以上の活躍を見せなきゃいけない。今年の一桁順位はCBが例年よりも安定してたのも大きかったからな。松原は今年守備は良くなったけど攻撃は物足りなかった。来年はクロス精度に磨きをかけろ。チームの土台を支える竹内、河井、六反。まだまだ老け込む年齢じゃない。竹内はリーグ戦ゴール童貞卒業したし、河井も年1ゴールの呪縛を解いた。六反はゴールも決めたが、それよりは失点減を望んでいるだろうしそれができちゃう選手。さらなる向上となんなら代表だって狙っちゃえ。外人助っ人選手は他チームがうらやむほど強力な、ドウグラス、ソッコ、エウシーニョと実力間違いなしな面子。ドウグラスは得点王を狙うべし!十分狙えるポテンシャル。
    さらにはテセ、西部などのいぶし銀も控えてる。おっといぶし銀なんて言っちゃいけないか。特にテセなんてスタメン狙ってギラギラしてるだろうし。それで良し!実は重要な選手になりそうだと思ってるのが六平。まだ去就がはっきりしてないけど、残るならスタメンの座を実力で勝ち取ってほしい。そのレベルは充分に満たしている。若手の滝、大悟、西村、伊藤なんかは今年物足りなかった。楽しみな逸材なんだからくすぶってる場合じゃない。来年はまずはベンチ、流れを変えるジョーカーになって、いずれはスタメンを奪い取れ!

  • お、飯田更新した。しかし右SBが多すぎるな。水谷をそもそものボランチに戻すか?
    エウシーニョを前に置くのもいいかも。鎌田はCBも一応できる。

  • 来年のレギュラー候補でここまでの契約更改が、北川、金子、石毛、竹内、河井、立田。日本人だとあとは松原と六反?まあ残ってくれそうな2人ではある。ドウグラスとソッコも契約残ってるから多分抜かれないだろうし、右SBにエウシーニョ来れば、去年よりも強くなってると思える。他にもテセ、鎌田、西部なんかの実力者も残った。鎌田残って水谷も残るとなると飯田はレンタルかもなあ。高木和が復帰でGK多いけどどうすんだろ。六平と増田が去就不明だけど、層って意味でも実力者の彼らには残って欲しい。特に六平にかかる期待と仕事は大きい。DFの層がかなり心配だけど、外国人で補強を考えてるようだし、日本人でももう一人くらい獲れればなと思う。まあ誰が来ても今年のチームが基盤になるのは間違いない。テセが無双だったと表現した今年の終盤のチームね。

  • 流れる“オレンジの血”西澤健太、ダービーで「背中を追ってきた」中野誠也を慰める光景を夢見る
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-12947432-gekisaka-socc

    すぐに出番があるかは難しいだろうし、それこそ中野みたいにシーズン通して少ししか使われないかもしれないけど、夢見てる光景が現実味合っていいねw

  • エスパルスのアカデミーがすごい! 育成組織が過去最高の成果を挙げている背景とは
    ttps://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20181231/883720.html?cx_cat=page1

    ジュニアユース、ユースはかなり前から結果出してたけど、ようやくそれが今年トップにも波及し始めた。育成世代は今でも順調なので、であれば今後のトップでの活躍も期待できる。いやー、この循環ができるまで長かったねえ。これからのエスパルスの道は明るい。

  • 清水、8位フィニッシュもA評価連発。北川航也らの台頭、指揮官の手腕…飛躍の1年に
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181228-00010002-footballc-socc
    攻撃力:A
    守備力:C
    采配:B
    人事:A
    安定感:C
    攻撃力、守備力、安定感の評価は納得。守備力上がれば安定感も増していくだろうね。采配の評価は人それぞれだろう。個人的にはB-くらいかな。試合終盤の守備固めで失敗した試合もいくつかあったし。人事はどういうのを表してるのかわからんけど、生え抜きが多いって意味ならむしろS評価でもいいくらい。

  • 白崎凌兵に鹿島がオファー
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000153-sph-socc

    ほぼ決まりだろうし、はっきり言う。戦力的にはそこまで痛手じゃない。
    これといった特徴ないし、数字も残せてない。今年2得点1アシストらしい。
    なので移籍はしょうがないにしても、0円移籍なのは物凄く気に入らない。複数年契約拒んだ時点で干すべきだった。そもそも単年契約ってことは、いいオファーがあれば出てく気だったってことだろ?エスパルスはかつての大脱走を経験してるから、その辺はちゃんとやってたはずだし。
    六平が残るとすれば、今年の白崎の役目を六平がやることになるだろう。あまり大きな変化ではない。もし増田が残ってヨンソン監督が彼を信頼してくれれば、むしろチーム力は上がるかもしれない。もしセレッソのソウザみたいな選手が獲得できるなら最高だ。
    というわけでチーム的にはあまり大した影響はないと思われるんだけど、ただ気分が悪いなあって話だ。

  • 長崎のMF中村慶太を獲得へ 今季27戦で7ゴール
    ttps://www.hochi.co.jp/soccer/national/20181220-OHT1T50173.html

    金子、石毛と競える選手として中村選手を獲得するようですね。よくプレーはわからないけど、J1で数字を残してるのは立派。ツイッターでは三島?のお店に来てた写メも出回ってたし、ほぼ決まりでしょう。チームとして上半身はますますムキムキになってきたけど、お腹とか下半身の強化もお願いします。

  • 角田 誠選手 V・ファーレン長崎へ完全移籍決定
    ttps://www.s-pulse.co.jp/news/detail/41679/

    いいチームに移籍できたんじゃないかな。昇格という明確な目標もある。またJ1で角田とまみえたいね。

  • フレイレ湘南濃厚
    ttps://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/21/kiji/20181220s00002179443000c.html

    んー、湘南が獲得するなら金額的にはそこまででもなかったのかなあ。残念だけど、でもナイスガイだから日本に残ってくれるのはうれしくもある。まあ相手としてフレイレを見た時には、高さや強さはあるけど、縦へのスピードやアジリティは問題あるから、北川や金子にはチャンスかもしれない。

  • 今季で契約満了の岡崎慎司、レスター監督は去就を明言せず
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000020-goal-socc

    岡崎が清水に戻るのかどうかわからないけど、35歳とかで戻るよりも32歳の今がギリギリ全盛期の能力でプレーできる時期じゃないかな。北川が海外にチャレンジしたとして、その入れ代わりでも面白いし。引退の思い出づくりに最後だけちょろっと戻られても、ねえ。

  • 北川、海外への思い球団へ伝える「挑戦したい」
    ttps://www.nikkansports.com/soccer/news/201812120000289.html

    今年は飛躍の一年だったし行きたい気持ちもわかるが、正直まだ早いと思う、レベル的に。向こうに行ったら即結果出さなきゃいけないんだぞ。育成枠じゃないんだから。その為にはまだ半年、一年なり継続して伸びてから行った方が絶対いいと思う。

  • テセ&金子インタビュー
    金子の積極性を褒めてる。岡崎もそうだったけど、やっぱ芽が出る選手ってそういう所をきちんとしてるんだよなー。これがある限り、今後の金子の活躍にも期待しかない。
    >鄭:吸収力が高いかな。カネは自分からアドバイスを求めてきて、それを上手く体現する。インプットしてアウトプットできるっていうのは、それもまた能力だと思う。素直に聞き入れてトライしようとするっていうことを、簡単そうに見えて難しいことを、カネはやっているからね。

  • テセインタビュー5
    そうなのよ、フレイレはフィードがうまかった。立田もうまいんだけど、日本人とは少し見てる所が違うと言うか。チャンスのポイントを見極めて出せるのが良かったんだよ。

    >あとヨンソン監督のサッカーにとって、センターバックは大切ですね。フレイレがハマっていました。一発で裏を狙えますから。FWの動きを探すんですよ。ハーフウェイライン付近まできたらもうFWの動きを見てボールを出す。足元のほうがいいと見れば足元に付ける。裏を取るのだったら裏に出す。日本人CBにはできない選択肢をするのがフレイレでしたね 。

  • テセインタビュー4
    武器がないとヨンソン監督の信頼を得るには難しい。若手がなかなか出番ないのも、まだそこまで彼らの武器が研ぎ澄まされてないとの判断なのかな。

    >特に今の(ヨンソン)監督は「平均値」ではなくてボールを持った時に何ができるか、どういうエンジンを積んでいるか、とい観点で選手を使う。そういう意味で言うと、自分の中では監督が代わるるたびに正解が変わります。正解だと思っていた答えが今年また覆されました。ヨンソン監督にとっては「ボールを持ったら何ができるか」がFW。僕はそこから漏れてしまって。

  • テセインタビュー3
    北川のプレー変化について。確かに背負うプレーは増えたと思う。それまでは裏オンリーだったし。海外だとこういう選手か、もしくは前線の点取り屋が10番背負うんだよね。

    >去年まで一緒にツートップでやっていましたが、自分の能力を持て余している部分があった。やりたいことしかやらないと言うか、体を張らないし、ルーズボールも反応しない。最前線で張っていて、裏を取ることしか考えていませんでした。でも、今年プレースタイルを変えました。下がってFW同士のコンビネーションを使う、トップ下の役割をするようになってハマったんですよ。

  • テセインタビュー2
    今年のそれまでとの違いはショートカウンターに磨きがかかったこと。攻めに時間かけずに相手の守備陣形整う前に攻めきれたのはすごく大きい。プレミアだと今のリバプールなんてそれの最上級みたいなチームでめちゃくちゃシュート数が増えて攻めまくってる。

    >去年、一昨年エスパルスが弱かった理由は、試合の中でチャンスがあまりなかったからだと思います。チャンスの見極めは大切。相手にブロックで守らせてから攻めるのか、守る前に攻めるのか。そういう部分で今季は楽しかったです。先制点を取ったら負けないし、ブロックを作れば相手は崩せないから強かった。

本文はここまでです このページの先頭へ