ここから本文です

投稿コメント一覧 (3115コメント)

  • 天皇杯甲府戦

    あー、何だかなあと。そういう危惧はしてたけど、まんまその通りになるってどういうことよ。選手たちはコンディションが整ってなかったと言うし(そりゃ16連休もあればね、どっかの国壊議員どもじゃあるまいし)、失点はいつも通りの何てことないパス一本で左サイド崩されるし、点を獲らなきゃいけないのに選手間の動きは乏しいし。
    そりゃ甲府の2軍に負けるわな。
    何年も何年も同じことの繰り返しで、怒りよりも呆れの方が上回ってる。しょーもねー。監督代わっても同じじゃないか。久米さんはこのメンバーでも上位狙えると言ったが本気で言ってるのか?改革の時期じゃないのかね。今年はタイミングとしてもう無理だろうけど、今シーズンオフにはさ。
    采配も納得いかん。飯田をなぜ使わない?ここまで松原よりもチームの武器になってたはずなのに。安定してたソッコをCBから動かしてまでそうする理由が見当たらない。

  • ペイトン氏をコーチに招聘 J1清水
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000018-at_s-socc

    意外な加入。コーチとしてくるみたいだけど本業はGKコーチ。だけどこの人、アーセナルで評判いまいちだったんだよなあ。選手からの評価がいまいちで、当時のGKたちが伸び悩んだんだよね。実際、3~4年前までアーセナルの弱点の一つがGKだったから、それで育成ではなく、完成品のチェフを獲得したんだわ。向こうのキーパーとこっちのキーパーとはそもそものレベルも違うけど、来てくれるなら世界レベルのキーパーをエスパルスから育成してほしい。

  • 目指せサッカー発産業共創、清水エスパルス×日本IBMの挑戦
    ttps://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/110200006/070400127/?P=1&ST=SIO-tec

    これって前にもオフィシャルで発表されてたけど、その時はどういうものか良くわからなかったけど、記事見てようやくわかった。要するにクラブを拡大・拡張するアイディアを公募しますよ、と。そして大事なのはそれが実現性が高いものならば資金は日本政策投資銀行などから融資が受けれるってわけだ。アベノミクスで採算性が高いものには融資が受けやすくなってるから、その意味では日本全体という大きな視点でもいい試みだと思う。日本はとにかくお金の流動性を高めることが大事だから、エスパルスもその流れに大きく乗っかっちゃえばいいよ。
    ちなみに消費税増税はお金の流動性に大きくブレーキかけるから、やっちゃダメだぜ安倍さん。みんながお金をいっぱい稼いでいっぱい使って経済活動が活発化すれば自然と税収は増える。当たり前のロジック。

  • J再開へ危機感 監督「内容重視」も課題残す
    ttps://www.nikkansports.com/soccer/news/201807050000412.html

    浦和との練習試合は監督のコメントはいいものだけど、選手は危機感感じたものになったっぽい。スポパラで少し見たけど失点はフレイレの凡ミスから。ああいうのはもう減らしていかないと。テセが「ボールを失わないようにしているだけの攻撃になってしまった」って言ってるけど、回しながらもどこかで裏狙わないと相手に怖くない攻撃にしかならないからね。代表では柴崎がそこをうまくやってるけど、エスパルスだとそれができそうな選手がちょっと、う~ん。兵働が入って攻撃が活性化したのも、きっとそういうことなんだろう。

  • 選手体調管理アプリを導入
    ttps://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180702-OHT1T50236.html
    >選手はすでに各自でアプリをインストール済み。故障箇所やその日のコンディション、睡眠時間、食事内容などが記録でき、クラブスタッフが内容を確認できる。内藤強化部長は「データを蓄積していくことで、自分が何をすべきか見えてくる」と説明。栄養士に食事内容を見てもらい、選手に助言をしてもらう案も進行中という。

    これって要するにライザップでしょ。まあ使えそうなら何でもやればいい。

  • FW高橋、3発 ヤン・ヨンソン監督「大悟いいぞ」
    ttps://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180630-OHT1T50241.html

    大悟もコンディションは良さそう。本人コメントにもある通り、縮こまってるのはダメ。積極的にドンドンボールを呼び込むべし。2列目の補強はなさそうだから、前半戦では絡んでこなかった新人選手がリーグ戦にも絡んで来れば、それは補強と同じくらい意味のある話になる。期待してるぞ。

  • 清水滝U19ロシア遠征終え合流、4年後W杯へ全力
    ttps://www.nikkansports.com/soccer/news/201806300000339.html

    ロシアでいい空気を吸ってきただろう。日本も乾があれだけできることをあの舞台で見せたのだから、滝も4年後を目指してドリブルでガンガンに相手を切り崩せる選手になってほしい。まずは当然エスパルスから存在価値を証明していくのだ。

  • ベルギーvsブラジル

    もうベルギーには優勝してほしいと思ってるが、ブラジルに本当に勝っちゃったよ。アザールが別格すぎる。一人でキープして一人で抜いて一人でシュートして。ネイマールも批判されてるほどこの試合じゃ悪くなかったけど、アザールがあまりに凄すぎて、10番対決では圧勝。ブラジルもドイツもスペインもそうだけど、今大会はストライカーがいまいち不作だね。セットプレーとかカウンターが得意なチームが上に行ってるわ。次のフランスvsベルギーの勝者が優勝するんじゃないかなあ。反対サイドはクロアチアにだけ可能性がありそう。イングランドは優勝までは厳しんじゃないか。

  • 日本vsベルギー

    2-0になった時は夢をね、夢を見たよ。現実って残酷だわ。
    最初の失点なんて絶対狙ってねえよ。中に折り返そうとしたボールがずれてそのままゴールインとか止めてくださいマジほんと。そして同点劇は空中戦といえばこの人アフロ魂フェライニ。長谷部と吉田がいたけど、吹っ飛ばされちゃったなあ。結果論だけど植田を入れていればって話もあるけど、それでもあれは難しかったんじゃないか。最後のコーナーも本田の選択がどうなのよってのもわかるけど、コロンビア戦ではそれで入れてるしなあ。むしろその後の高速カウンターのときに山口君、君何してたの?と聞いてみたい。今大会通じて山口がここまでダメだとは思わなかった。結局は選手層の差で負けた気がする。
    とはいえ日本のパス回しはワールドカップで十分に通じていたし、他の国見てもサイドに散らすだけのパスよりも、日本は縦パス入れる頻度が多かったと思う。相手のゴールに向かう姿勢、そしてそれが実際に通じてる映像は日本が確実な進歩を遂げてることを証明してた。あとは個人でもっと仕掛けられる選手が増えてくれば、攻撃のスピードも迫力も一段と増してくるだろう。DFもかなり通用してたと思うけど、キーパーはやはり課題かな。4試合で6得点に7失点だもんな。そしてあとはエスパルスからもっと代表選手がでないとつまらないぞ。県勢って意味でも、大島は次の大会で主力で出るくらいでないとね。

  • しかし主力を6人も休ませて、かつ決勝トーナメント進出を勝ち取ったのだから、結果からすると物凄い話だよなあ。西野監督が勝負師すぎるというか、たいていの人は怖くてそんな札はれないよ。凄い。今日の決勝トーナメント見てると、負けたら終わりでどのチームも気迫がもの凄い。あの舞台に日本がいい状態でベルギー戦を迎えられるのだからこれは楽しみだ。

  • 日本のスタメンが6人変更することを新聞各紙が事前に書いてたけど、その時はそんなはずはないと思ってた。でも実際はそうだったわけで、これって大問題でしょ。覗き見でばれたんじゃないと思う。代表チームだってそこはちゃんとしてるだろうし。だとしたら中から誰かが漏らしたとしか思えない。今はそこを追求すると雰囲気がおかしくなるだろうけど、帰ってきたらここは徹底的に追及してほしい。しなきゃダメ。

  • 日本vsポーランド

    最後のパス回しのときは最悪のシナリオが頭に浮かんだ。あれで少なからず世間から非難が浴びせられるのは想像できたし、加えてあれでゲームが終わっても裏でセネガルが1点でも取ってれば上には行けなかったわけで。
    そうすると非難された挙句、狙った獲物も獲得できない最悪の結果になってた可能性もある。そこを考えたらもう怖くて怖くてチャンネル変えた。
    結果としては日本はトーナメントに進めたわけで、西野さんは物凄い賭けに勝ったことになる。良かった。もう本当に安心した。Jリーグで残留争いを経験してる身としては、残留かかった試合で時間稼ぎで生き残れる可能性があるならそうするのは当たり前だろとしか思わない。各国だってリーグ戦があるから、たいていのサッカーファンはわかってると確信してる。でもワールドカップだから普段サッカー見ない人も見るからね。そういう人はあれこれ言うだろう。別にそれは理解できる感情なのでまあいいと思うんだが、朝日新聞が相当に悪く書いてて、ああ、こういう時でも朝日は日本のことを悪く書くんだなと再認識した。
    試合はサブメンバーがサブであることの理由が良くわかったというか、山口があそこまで存在感ないとは思わなかったな。柴崎が、長谷部の分も2人分働いてるように見えたよ。

  • 日本vsセネガル

    良く2度も追い付いたわ。粘り強かったし、試合としてもとても面白かった。やっぱり序盤はアフリカ勢のスピードとパワーに押し込まれた。速い、速すぎる。よーいドンで勝負してたら話にならない。加えて前線ではマネがやっぱりうまいしな。あのスピード感であのボールコントロールとかありえない。それでも最後の所をやられなければいいと思ってたけど、川島ぁ。んー、でもあれって確か川崎戦で六反もやってたよね?パンチングはじいて詰められて。でも代表レベルならやはりキャッチしてほしかった。乾のゴールは得意の角度で、ボール持った時に来たっ!って思ったし、本田のゴールもその前に岡崎がつぶれてたからこそのゴールだった。つか、あれ本田が外してたとしても相手キーパーの岡崎へのファールじゃねーの?と思ってたらイギリスメディアがその指摘してて、やっぱりそうだよなと。これで3戦目は引き分けでもトーナメントに行けるけど、ポーランドもやっぱり強いチームなので、3戦目も頑張ってほしい。セネガル戦は今後が心配になるくらいの消耗戦だったけど、その辺はスタッフ陣がうまく回復させてくれると信じてる。

  • 清水が元広島ドウグラスを獲得 移籍争奪戦制す
    ttps://www.nikkansports.com/soccer/news/201806240000118.html

    びっくり。どこかの補強はすると思ってたけどFWかよ。しかもドウグラス。日本での実績はあるし、実力的に申し分ない。身体を活かした前線でのキープ力も、得点力もある。でもこれでFWが出れそうな選手だけで、北川、クリスラン、テセ、そしてドウグラス。さらにここに食い込めるかどうかの選手で、デューク、you、白崎あたりか?FWが多すぎるぞ。誰か移籍するのかな。テセにガンバの噂もあるけれど。テセでなくても外国人枠の問題があるから誰か1人は移籍するはずだよな。
    もういっそ3トップにしてしまうか。でも3トップにしたからって、最前線に飛び込める選手の数が多くなるかって言うと、意外にそうでもないのがな。結局は中にCFの1枚だけってのもよくあるから。

  • アルゼンチンvsクロアチア

    モドリッチを見てて、河井にはああいう選手になってほしかったんだよなあと、少し寂しい気持ちになる。アルゼンチンは追い込まれたけど、94年のイタリアもこんな感じで、しかし結局はバッジョの大会と呼ばれるまでになったし、まだ可能性はありそうな気がするけどね。まあアイスランドが勝ったらさようならだけど。アイスランドにも頑張ってほしいんだよなあ。にしてもクロアチアは隙がねえいいチームだわ。

  • 日本勝利!
    まさかのと言っては何だけど、予想外ではあった。さーせん。色んな人と話してて、でも誰も勝つと言ってた人はいなかったのにすげーな。仕事から帰って20分過ぎから見たらもう1点入ってて、えっ!?、って驚いたもん。その時は気付かなかったけど、最初の退場劇が全てだよね。あれでコロンビア相手にもボール回せるようになったし。あれだけ腕上げてブロックしたらそら退場だわ。にしても大迫が半端なさ過ぎた。日本はああやって前線で体はって頑張ってくれるFWがいるときは普通にいいチームだよね。まあ大迫だけじゃなく、柴崎も昌司も、あまり言いたくないが鹿島産の選手が良かった。さすがにJの歴代勝率1位のチームではあるが、エスパルスも見習う所は見習わないとな。これで次のセネガル戦がますます重要になったわけだけど、あのポーランドに勝ってるし、これまた普通に強いチームだわ。西野監督っていうと、アトランタのときに初戦で優勝候補のブラジルに勝って、でも次のナイジェリア戦でダメで、2勝1敗なのに次に行けなかったことが思い返せるけど、あの時の経験があるからこそ、今に活かせるはず。その時の選手だったテルがまだ現役ってのも凄い話だよね。

  • アルゼンチンvsアイスランド。アイスランドの素晴らしい守備。ただ引くんじゃなくて、寄せの早さと強さが素晴らしい。アルゼンチンが崩せなかったもの。引いて守るってのは、ポジショニングだけの話じゃなくて、こうやって普段以上に出足の鋭さと強さが要求されるってことだよね。それでいて初めて相手は攻めあぐねるんだから。今のエスパルスでこの守備が出来るのはソッコだけで、あとの選手は無理だろうな。

  • 「寄せが足りない」 失点傾向に「こんな屈辱ない」
    ttps://www.football-zone.net/archives/110893

    まあ代表の記事だけど、やっぱセットプレーでやられるってダメージでかいんだね。「こんな屈辱的なことはない」とまで口にしてるし。セットプレーが守れなくて、しかも点を獲ることもできない。これがいかに大きなマイナス要素か改めて思いしらされる。

  • スペインvsポルトガルは前評判通りの見ごたえある一戦。試合としてはスペイン優勢だったけど、一発のあるチームの怖さってやつかポルトガル。スペインの選手はパス出した後、ちゃんと動き直しを徹底している。エスパルスもああいうの見習わないと。

  • イラン劇的勝利。ウルグアイとエジプトの試合も面白かったし、いやー、ワールドカップ楽しいな。

本文はここまでです このページの先頭へ