ここから本文です

投稿コメント一覧 (2264コメント)

  • 日経電子版より↓
    積水化学、細胞3D成形の企業と業務提携
    2018/9/13付
    日本経済新聞 朝刊

     積水化学工業は3Dプリンターで細胞を積み重ねて組織を作る技術を持つスタートアップ企業、サイフューズ(東京・文京)と業務提携する。細胞を使って新薬候補物質の効果や毒性を確かめる試験を受託する事業で、サイフューズが作った立体組織を使うことを検討し、数年内の事業化を目指す。
     積水化学は子会社の積水メディカル(同・中央)を通じ製薬会社の創薬を支援している。新薬候補物質を試す試験はこれまで平面状の細胞を使ってきた。サイフューズの立体組織を使えば、より実際の臓器に近い状態で薬剤の影響を評価できる。

  • 日経電子版より↓
    塩野義、ロートから再生医療品の販売権
    ヘルスケア 2018/9/13 16:42

     塩野義製薬は13日、ロート製薬が開発を進めている肝硬変の再生医療製品についてライセンス契約を結んだと発表した。国内での独占的な販売や発売後調査といった権利を得る。現在、病状が進んだ肝硬変に対する有効な治療薬はない。両社は幹細胞の投与で病状の回復が期待できるとみて連携する。
     開発中の再生医療品は他人由来の脂肪組織の幹細胞から作る。他の幹細胞より入手しやすく製品を安定供給できる。ロートは新潟大学と臨床試験(治験)を進めている。塩野義は今後の開発を引き継ぎ、契約一時金や開発の進捗、売り上げに応じたライセンス料を支払う。発売後もロートが生産を担う。
     塩野義は肝疾患の治療薬を手掛けるなど、医薬品の開発や販売の経験が豊富だ。ロートは自社での開発・販売体制に限界があるため、塩野義の医薬情報担当者(MR)を活用する考えだ。

  • 論点がずれているようなので、再度、問題点を指摘します。

    貴殿の言う、「開示情報は、期末にまとめて」の件に関し、それは、おかしいと
    指摘しました。その根拠になるとして示したのが、日本取引所グループのHP上
    に出ている会社情報の適時開示制度です。

    上記に照らし合わせると、貴殿の言う「株価に影響を与える案件ほど
    決算時にまとめて公表するケースが増えているように思う」という
    投稿は、完全に間違っています。

    つまり、株価に影響を与える案件ほど、日本取引所グループの言う
    「最新の会社情報を迅速、正確かつ公平に提供する適時開示の重要性が
    より一層高まっています」に準じた行動を求めるなら、期末にまとめて出す
    のではなく、期中に、適時に出していくことが正しい行動になる訳です。

    以上。

    そろそろ、新規案件のIR、出ないかな^^
    ただ、出ないものは、出ないので、ゆっくり待ちます・・・・

  • ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    1047(最新)
    kig*****
    9月11日 00:10
    >>1029
    訴訟や企業提携など特別なものを除き、
    大概は決算短信に記載している場合が多い。
    我々が望んでいるようなIRは一流企業の場合
    期中にはほとんど出ない。株価に影響を与える案件ほど
    決算時にまとめて公表するケースが増えているように思う。
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    上記投稿文、前スレより持ってきましたが、この投稿文を作成するにあたって
    参考にされた資料を、Upして戴けませんか?

    ちなみに、下記にて、日本取引所グループのHP上に出ている
    会社情報の適時開示制度、概要より、一部抜粋して紹介しますので
    参考にしてみて下さい。
     
    「このような投資判断材料の提供の機能を果たす制度として、金融商品取引法に基づく法定開示制度(有価証券届出書、有価証券報告書、四半期報告書など)と、金融商品取引所における適時開示制度が併存しています。適時開示制度は、金融商品取引所の規則により、重要な会社情報を上場会社から投資者に提供するために設けられているものであり、投資者に対して、報道機関等を通じてあるいは直接に、広く、かつ、タイムリーに伝達するという特徴があります。
    金融商品市場においては時々刻々と発生する各種の会社情報によって売買が大きな影響を受けることが多いことなどから、投資者にとって、適時開示は大変重要なものとなっています。特に、近年のように、企業を取り巻く環境の変化が著しい時代にあって、投資者が的確な投資情報を入手するための一層の環境整備が求められている中、最新の会社情報を迅速、正確かつ公平に提供する適時開示の重要性が、より一層高まっています。」

    最後の2行「最新の会社情報を迅速、正確かつ公平に提供する適時開示の重要性が、より一層高まっています。」に凝縮されていますが、貴殿の言うように、期末にまとめて開示する
    なんてことは、一言も書かれていません。

  • そんなに不自然ですか?
    個人でも、5万株位持っている人はいるだろうし。
    デイだと、その時間前後に、決済する人が
    いても、おかしくないと思うけどな。

  • 日経電子版より、一部抜粋↓既出だったら、スルーしてください。

    5Gインフラ、はや争奪戦
    携帯基地局、三菱電が高速設備 中国勢の壁、新興企業も
    2018/9/5付
    日本経済新聞 朝刊

    楽天が採用か

     「楽天が新興の基地局メーカーを採用したのではないか」。8月上旬、通信業界の関係者の間でこのような情報が飛び交った。楽天は「採用したメーカー名は公表しない」とするものの関係者によると楽天はノキアに加えて、米アルティオスター・ネットワークスという企業をパートナーに選んだもようだ。
     アルティオスターは11年設立の新興企業。日本では無名だが、基地局のあり方を変える存在として世界で徐々に存在感を高めている。
     携帯電話の基地局には大きく分けて2つの機能がある。無線信号の処理と、無線信号の送受信だ。2つの機能はこれまで同じメーカーの機器で統一する必要があった。それに対しアルティオスターは一般的なサーバーを使って信号を処理する仕組みを構築。専用設備を使わずにすむため基地局のコスト削減につながる。
     楽天はNTTドコモやKDDIなど携帯大手3社と比べて大幅に安い6000億円を下回る金額で全国をカバーするネットワークを作るとしている。その背景にはこのような新興企業の技術の採用があるようだ。
     この分野にはアルティオスターのほか、米マベニア・システムズやイスラエルのASOCSなど、続々と新興企業が参入している。アルティオスターは韓国の携帯大手SKテレコムと基地局を一般的なサーバーで動作させる実証実験を進めるなど、世界市場で実績を積みつつある。
     飛ぶ鳥を落とす勢いだったファーウェイですら新興企業から追われる立場となりつつある。さらに厳しい日本勢も自動運転やIoTなどのサービスと組み合わせるなど、戦略の転換が求められる。
    (堀越功、増田有莉)

  • そういえば、PDと関係のある、塩野義、積水化学、JCRファーマ、そーせい
    に、いつのまにか投資していた^^

    PDの目利きに期待し、上記各企業へも、投資している。

  • PDは、へプタレスと共同研究している。

    へプタレスのそーせい、なかなかのもんです。
    そーせいを投機と、決めつけるのは、どうかな?

  • 少々、拍子抜けでしたね。
    大幅高は、無いとしても、下がるとは?

    でも、脳梗塞という、今後に繋がってくる材料が
    具体的に出て来たので、MUSEに対する期待感は
    高まって来た^^

  • 【報ステ】Muse細胞、脳梗塞患者で治験開始へ
    9/3(月) 23:30配信
    h ttps://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180903-00000051-ann-soci

  • >>No. 527

    ////今回の治験は脳梗塞発症後2週間以上が経過し20歳以上80歳以下の患者が対象で、身体機能の障害などを起こしていることが治験に参加できる患者の条件となる。約35人を対象に治験を進め、2020年1月の終了を見込んでいる。////

    ↑は、今日のIR文面です。
    「2週間以上経過」「身体機能の障害などを起こしている」方が
    治験対象者です。慢性期も入るんじゃないですか?

    ネットで検索した、にわか知識です。
    間違っていたら、具体的に、教えてもらえませんか?

  • 第4回がん撲滅サミットで、出澤先生が、講演されるようです。

    医療スペシャル講演
    15:55~16:20(25分)
    ・Muse細胞の発見と医療ルネッサンスへの挑戦(仮)
    東北大学大学院医学系研究科 細胞組織学分野 教授
    出澤真理氏

  • 産経ニュースより
    2018.8.31 14:42
    更新

    第4回がん撲滅サミット公開セカンドオピニオンに光免疫療法、ゲノム医療のリーダー大津敦医師が登場!

     第4回がん撲滅サミット実行委員会
     2018年11月18日(日)午後1時から東京ビッグサイト国際会議場にて開催される『第4回がん撲滅サミット』(https://cancer-zero.com)。その名物企画となった公開セカンドオピニオンに光免疫療法や、がんゲノム医療の第一人者 大津敦医師(国立がん研究センター東病院 病院長)の登壇が決まった。

     大津氏は昨年の大会で「2018年3月から国立がん研究センター東病院で光免疫療法の治験を開始します!」と宣言し、日本全国に衝撃をもたらした名医である。
    「翌日から国立がん研究センター東病院の電話は朝から鳴りっぱなしでした」と大津氏は昨年を振り返る。あれからおよそ8ヶ月経過しての登壇となると当然、光免疫療法の進展が気になるところだ。
     果たして次のステップに移行する時期はいつなのか? 現状は? 将来のビジョンは? 疑問は尽きない。

     「東病院が中心になっているゲノムスクリーニング事業や免疫チェックポイント阻害剤などの治療成績はもちろん、新しい薬の開発や併用などの様々な研究に取り組んでいます。話題の光免疫療法のことなど、皆さんのご質問に可能な限りお答えさせていただきます。ぜひ第4回がん撲滅サミットにお越しください!」
     大津敦氏の言葉である。今から公開セカンドオピニオンが楽しみだ。

  • 日経電子版より一部抜粋↓参考になるかどうか分かりませんが、紹介します。
    h ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO34906300T00C18A9X12000/

    三菱ケミカル系バイオ企業、再生細胞で脳梗塞を治療へ
    ヘルスケア 北海道・東北
    2018/9/3 15:25

     三菱ケミカルホールディングス傘下の生命科学インスティテュート(東京・千代田、木曽誠一社長)は3日、開発中の再生医療製品「Muse(ミューズ)細胞」の新たな臨床試験(治験)を始めると発表した。すでに急性心筋梗塞の治験が1月からスタートしており、今回は2つめの治験として脳梗塞治療を狙う。有効性や安全性を確認し早期実用化を目指す。

  • >>No. 491

    情報、ありがとうございます。
    詳細、貼っておきます。

    日経電子版より↓
    ::::::::::::::::::::
    三菱ケミカル系バイオ企業、再生細胞で脳梗塞を治療へ
    ヘルスケア 北海道・東北
    2018/9/3 15:25

     三菱ケミカルホールディングス傘下の生命科学インスティテュート(東京・千代田、木曽誠一社長)は3日、開発中の再生医療製品「Muse(ミューズ)細胞」の新たな臨床試験(治験)を始めると発表した。すでに急性心筋梗塞の治験が1月からスタートしており、今回は2つめの治験として脳梗塞治療を狙う。有効性や安全性を確認し早期実用化を目指す。

    画像の拡大
    治験について説明する生命科学インスティテュートの木曽社長(写真(左))=東京都中央区

    画像の拡大
    脳梗塞の治験について説明する東北大の
    冨永教授(東京都中央区)
     
    ミューズ細胞は東北大学の出沢真理教授らの研究チームが発見した多能性細胞の1つで、様々な細胞に分化する性質が知られている。点滴で静脈に送り込むと体内の傷ついた場所に集まり、組織や細胞を再生する性質がある。この性質を使った様々な研究が進んでいる。
     生命科学インスティテュートは東北大学病院で9月から脳梗塞患者を対象にした治験を始める。脳梗塞による年間死亡者数は6万人以上とされ、脳梗塞を含む脳血管障害は日本における入院原因の第2位。発症後に運動機能障害などの後遺症も起きるため、要介護になる可能性も高い。
     これまでのラットを使った治療実験では運動機能の改善効果が確認されており、今回、実際の脳梗塞患者を対象にした治験で安全性や有効性を確かめる。
     木曽社長は「今ある医療現場の他の治療法に比べて製造コストも低く、使い勝手もいい治療法となるだろう」と強調。研究代表の東北大の冨永悌二教授は「脳梗塞の後遺症は生活の質を落とす原因だが、ミューズ細胞で介助不要な状況に改善できる可能性がある」と話した。
     今回の治験は脳梗塞発症後2週間以上が経過し20歳以上80歳以下の患者が対象で、身体機能の障害などを起こしていることが治験に参加できる患者の条件となる。約35人を対象に治験を進め、2020年1月の終了を見込んでいる。
    (高田倫志)

  • 土曜日放送された「この国の行く末2」で経鼻薬の件について社長の
    コメントに興味を持ち本日、株主になりました。
    うまくいけば、脳に薬剤を届ける事が
    可能ということで、問い合わせが多いとの事。

  • 日経電子版より↓楽天にとって、良さげな記事らしいが・・・

    QR決済 楽天とLINEが抜け出しそうな2つの理由
    ネット・IT コラム(テクノロジー) フィンテック
    2時間前

    ...ード決済サービスの制覇へ向けて連日、十億円単位の投資が続く。2018年7月30日には、楽天がぐるなび(時価総額は約490億円)の株式9.6%(約40億円)の取得を発表。...

  • BSフジ「この国の行く末2」に、窪田会長が出演します。
    9月8日(土)、9月15日(土)の18時~18時半に
    放送されるようです。

  • ナンバー9月13日号
    昨日、この掲示板で、紹介されていたので、早速、楽天ブックスで購入。
    今、到着。三木谷社長の考え方が、概略、紹介されていて、なかなか面白い。
    世界に向けて、発進していくようです。
    ワクワクします^^

本文はここまでです このページの先頭へ