ここから本文です

投稿コメント一覧 (2449コメント)

  • >>No. 215

    >>215
    >現時点で公表すべき事実はございません。

    しかし、楽天が、上記のように、公式のIRで否定しているのに、日経の憶測記事の方を
    信じるんですか?はぁ~と言うしかありませんな。勝手にやってください。

  • 社名に「楽天」と付けた以上、いずれ(多分、光免疫療法における頭頚部癌において
    承認された段階)楽天が、三木谷氏個人保有の株を、引き受け、連結子会社に
    していくものと思います。

  • >>No. 204

    楽天、20%出資の件は、11月28日のIRで否定しています。
    現時点での、楽天としての出資は、少額と言う事であり
    金額は、非開示になっているようです。
    日経記事は、電子版であり、翌28日に本紙に記載されてます。
    それを受けての楽天のIRです。

    ***************************************
    2017年11月28日
    楽天株式会社
    本日の一部報道について

     本日、一部報道において当社グループによる出資の言及がありましたが、当該情報は当社から発表したものではなく、現時点で公表すべき事実はございません。
    以 上
    *********************************************

    日経の記事
    楽天、がん治療に参入 米免疫VBに2割超出資
    2017/11/27 18:00
    日本経済新聞 電子版

    楽天はがん治療事業に参入する。新しいがん治療法として注目される「光免疫療法」の商業化を進めている米ベンチャー企業、アスピリアン・セラピューティクス(カリフォルニア州)に2割超出資して持ち分法適用会社とする。楽天は電子商取引(EC)会員の健康データと組み合わせた医療サービスを検討し、新たな収益源に育てる。
    *****************************

  • >>No. 155

    いかに早く実用化されるかが、重要だと考えるので、先の投稿をしました。
    うまくいけば、通常より、早期に実用化される可能性があることで
    様々なメリットを生み出します。この点に関しては、患者さん、楽天、
    医療財政問題、株主にとっても、期待が大きいのではないかと思います。

    P3は、通常、資金も、時間もかかるので、FDAで、早期に承認が取れれば
    メリットは、計り知れないと思います。

  • >>No. 143

    楽天アスピリアンに対する資金は、現時点では、三木谷氏の個人資金が殆どで
    楽天としての資金投入は、少額だと聞いています。

    失敗しても、楽天に対する影響は、少ないと思います。
    (失敗はしないと思いますが)

    逆に成功した場合、私見ですが、三木谷氏保有分を、楽天に移行し
    連結にしていくのではないかと思います。以前、三木谷氏は光免疫療法が
    成功すれば、楽天の売り上げは、何倍かになるだろうと発言しています。

  • 楽天アスピリアンの米国サイトのニュースリリースに、今回の
    P3国際共同治験に関する詳細な説明文が出ています。
    その中で、下記記述は、注目されるのではないかと思いますが
    どうでしょうか?

    【この研究の二重主要エンドポイントは、無増悪生存期間および全生存期間であり、複数の副次的評価項目には、客観的奏功率、完全奏功率および有効なQOL(quality of life)測定値が含まれる。この試験には有効性のためにあらかじめ定められた暫定分析が含まれており、結果が有意であれば、早急な承認のために米国食品医薬品局(FDA)に提出することがあります。】
    上記は、Google翻訳での訳文です。問題があれば、フォローお願いします。


    ところで、楽天アスピリアンジャパンのHPは、この件に関する
    リリースはありません。早急に翻訳文を載せて欲しいですね。
    URLを載せると、非表示対象になるようなので、検索は
    各人でお願いします。

  • 日経電子版より↓
    ペプチドリーム、日本メジフィジックスと開発で提携
    ヘルスケア 2018/12/18 15:22

    医薬品開発を手がけるペプチドリームは、放射性医薬品大手の日本メジフィジックスと提携し、新規の放射性医薬品の開発を開始すると発表した。開発品の権利は共同保有し、欧米やアジア市場への展開をめざす。

    ペプチドリームが強みを持つペプチドと、日本メジフィジックスの放射性同位元素に関する知識を組み合わせて医薬品を作る。ペプチドリームは目的の臓器や細胞に集積しやすいペプチドを作成する技術を持っており、両社はペプチドと放射性同位元素を結合させたものを開発する見込み。

    日本メジフィジックスは日本医療研究開発機構(AMED)のプロジェクトで新たな放射性医薬品の研究製造拠点の開設に着手しており、その施設を活用する。
    放射性医薬品は、放射性同位元素を使って診断や治療を行うもの。診断薬は陽電子放射断層撮像法(PET)などでよく使用され、体内の集積状況から病変の広がり具合を調べられるため、需要が高まっている。また同位元素が発する放射線を利用してがんを直接攻撃するなどの活用方法があり、抗体に放射性同位元素を結合させた抗がん剤が実用化されている。

  • >>No. 11

    同じく。ここに投資した最大の目的は、光免疫療法です。
    12月中には、3相に関するリリースが、あるものと思います。

  • 先日の日経記事の件ですが、八日市での説明会に参加されたmatさんの投稿によると
    PDの公式発表ではない。ただし、増益率に対しては、答えたという窪田会長の発言内容
    から考えると、記者が、それらをもとに類推し、いわゆる憶測記事を書いたという事に
    なりますね。四季報でも、会社発表と違う数字が出て来るのも、憶測記事になるかと
    思います。(遅くなってしまいましたが、matさん、説明会に関する投稿、ありがとう
    ございました)

  • 昨夜のwisさん、並びに、うさぎさんの投稿に、「大量製造」というキーワードが
    出て来たので、この件に関する、関連記事(6月の産経ニュース)をアップしたの
    ですが、非表示対象になってしまったようなので、再度投稿します。
    (投稿文の中に、ドットがあると非表示対象の一因になるようです)

    ***********************************
    ザ産経ニュースより抜粋↓
    【ビジネスの裏側】オールジャパンで挑む夢の新薬 特殊ペプチド実用化で売上目標4兆円
    2018/6/12 10:00

    新技術が誕生
    実用化には、特殊ペプチドを大量製産できる技術の確立が欠かせないが、ペプチスターは、その開発に成功したという。「50年来続いたペプチドの合成技術を完全に入れ替えるような技術。たとえば、これまで馬車で走っていたのが、急に宇宙旅行に行くような変わり方。あとはこの工場で使うだけ」
     
    自信を持って語るのはペプチスターの研究開発担当執行役員の舛屋圭一氏だ。論文発表を控えており、詳しい技術内容は明かしていないが、「他国がまねできない圧倒的な優位性をもっている」と強調した。

    これまで日本では、大きな技術革新が起きても、すぐに中国など他国にまねされ、競争力を失うことが繰り返されてきた。だが今回は特種ペプチド大量生産の特許を取得し「世界の誰もが追いつけないようなビジネスを確立する」(窪田社長)という。

  • 感動しました。目頭が熱くなりました。
    光免疫療法の件は、出て来なかったが、父上の為に、一刻も早く実用化したかった
    だろうね。父上の死で、諦めることなく、人類の為に光免疫療法に力を注いでいる
    三木谷氏。是非、成功してもらいたいですね。

  • >>No. 787

    説明会に関する投稿、ありがとうございます^^
    大変、参考になりました。

    長期で保有したいと思う株主が、少しづつでも増えることを期待しています。

  • 個人投資家向け会社説明会
    17日滋賀県八日市
    18日高知市

    ハードスケジュールですな~。
    窪田会長は、ぺプチスター関連の仕事も抱えた中での
    この行動力。とても、物見遊山感覚で出来るものは無いですな。

    株価が下がると、悪態をつく輩が、おりますが
    静かにしておれと言っておきます。

  • 損切もしなけりゃ、利確もしない、わたしゃ、も少し株欲しい~(笑)
    中長期で考えている投資家もいることを、お忘れなく。

    熊本県さんって、ペプチドリームにいた、FP1級技能士さんですか?

  • 四季報より↓
    堅調ですな^^

    【連続最高益】首都圏軸に管路更生が絶好調。航空機シートなど伸びる。新築請負も低価格商品が牽引し、上期の遅れを取り戻す。20年3月期は国内外で投資の回収期入り。11期連続増益。10期連続増配の公算。
    【ゴミから資源】バイオファイナリー事業でゴミのエタノール化実証プラントの19年内稼働を目指す。22年度まで約70億円投じ次世代型の新住宅CADシステムを開発。

  • 「年末ジャンボ宝くじ」なのか、それとも「初夢宝くじ」になるのか?
    あるいは、どちらも無いのか(笑)

    日経記事を、頼りに(あまり頼りにはならないが 笑)先日、少し買ってみた。
    当たりますよに^^

  • 日経電子版より抜粋↓
    マーケットニュース

    個人の注目テーマは インフル・ふるさと納税・10連休
    2018/12/12 5:30

    米中貿易摩擦の激化で弱気ムードが漂うなか、個人投資家は短期的な値上がりが期待できるテーマ株への関心を強めている。目先の注目テーマは「この時期ならでは」の3テーマだ。
    まず、12月から3月が流行シーズンのインフルエンザ関連銘柄。医薬品やマスク、ドラッグストアなどが毎年常連の主な関連銘柄だ。

    今年の注目銘柄が塩野義製薬だ。3月に中外製薬の抗インフル薬「タミフル」より服用期間が短い「ゾフルーザ」を発売した。「タミフルのシェアを奪う」との見方が現実となれば、株価上昇につながりそうだ。

  • 先日投稿したニュースリリースの日付は2017年12月6日。↓は、2018年12月7日付
    この記事によると2020年に本格的な商業化に乗り出すとの事なので、今後、マスコミ辺りも
    取り上げて来るのではないかと・・・・
    *******************************
    SDGsで花開く日本の技術 育て「イノベーション人材」
    Earth新潮流 日経ESG編集部 半沢智
    コラム(ビジネス)
    2018/12/7付

    都市から排出されるごみを丸ごと資源に変える。そんな「都市油田」が現実になろうとしている。積水化学工業は、家庭ごみや産業廃棄物をプラスチック原料であるエタノールに変える技術を開発した。

    ごみをガス化してエタノール原料を収集する「ガス化技術」と、エタノールを生成する微生物を制御する「微生物触媒技術」を組み合わせた。埼玉県寄居町にあるごみ処理施設内にパイロットプラントを建設し、一般廃棄物と産業廃棄物として収集したごみからエタノールを製造している。
    日本で廃棄される可燃ごみは年間約6千万トンで、エネルギー換算すると約200兆キロカロリーに相当する。一方、プラスチックとして利用される化石資源は年間約3千万トンで、約150兆キロカロリー。ごみから原料をつくれれば、石油を輸入しなくてもプラスチック需要を満たすことができる計算になる。
    扱うごみは、レジ袋やペットボトルなどのプラスチックを含んでいても構わない。これまでの常識を覆す「分別いらず」の技術が、世界のプラスチック問題を解決できる可能性を秘めている。
    2019年に10分の1スケールの実証プラントを稼働させ、20年に本格的な商業化に乗り出す計画だ。同社コーポレートR&DセンターBR事業化推進グループ主席研究員の小間聡氏は「SDGs(持続可能な開発目標)が目標として掲げるエネルギー、つくる責任、街づくりなど幅広い分野に貢献できる」と話す。
    SDGsを達成する技術は、企業にとって大きなビジネスチャンスとなる。SDGsの達成によってもたらされる市場機会を調査した「ビジネスと持続可能な開発委員会」によると、世界で年間1320兆円の市場が生まれ、30年までに3億8千万人の雇用を創出する可能性があると試算している。
    最も成長が見込まれているのが「エネルギー・素材」の分野で、473兆円の新市場が創出されるという。

  • 三木谷氏が代表理事を務める 新経済連盟の今年のサミットで、山中先生と小林先生の
    対談があり、その中で、癌化のリスクのあるIPS細胞も、光免疫療法で解決出来ると
    話してましたね。山中先生のような信頼できる研究者の発言だから、これは、重い。

  • Sフジ6月30日放送の
    「この国の行く末2」の中で開発者の小林久隆先生は「いつ承認されてもおかしく
    ないところに来ている」と発言されているが、この発言の意味する所が気になる。
    続けて数年かかるかもしれないとも発言されているが、実際問題として、どうなんだろう?
    そんなに時間が掛からず、すぐにでも承認されるかもしれないと考えている根拠は、何か?

    例えば、条件付き早期承認制度が適用されると仮定されるなら、十分あり得ると
    思うが、どうなんだろう?
    今回、日本での治験に参加可能な患者さんの身体状況(患者選択基準)
    の条件は、いくつかあるが、そのうちの一つに「既存の有効な治療法がない方」
    というのがある。つまり、この光免疫療法が、残された最後の砦になる
    患者さんが対象である(その他、条件があるが・・)患者さんの為にも
    早急に承認されることを期待したい。

本文はここまでです このページの先頭へ