ここから本文です

投稿コメント一覧 (262コメント)

  • ***貴乃花親方は日本大相撲がモンゴル草相撲化されることを危惧し己を捨てて行動しているのです・・・白鵬は優勝回数を伸ばせば全て自分の思うとおりになるという思いで行動しているのだが親方は自分の部屋が潤えばよいと白鵬の機嫌取り・・・理事長以下は今の協会が取りあえず平穏であれば良いと白鵬の機嫌取り・・・
    全て取りあえず・・・というだけで・・・日本大相撲道のことは微塵も考えていないように見える。貴乃花親方には良きブレーンと話し合いながら司法に乗っ取り粛々と進んでいただけばよいし 利権になびく協会の動きやマスコミは気にしなくても良いと思います。・・・以上

  • ***貴乃花親方は日本大相撲がモンゴル草相撲化されることを危惧し己を捨てて行動しているのです・・・白鵬は優勝回数を伸ばせば全て自分の思うとおりになるという思いで行動しているのだが親方は自分の部屋が潤えばよいと白鵬の機嫌取り・・・理事長以下は今の協会が取りあえず平穏であれば良いと白鵬の機嫌取り・・・
    全て取りあえず・・・というだけで・・・日本大相撲道のことは微塵も考えていないように見える。貴乃花親方には良きブレーンと話し合いながら司法に乗っ取り粛々と進んでいただけばよいし 利権になびく協会の動きやマスコミは気にしなくても良いと思います。・・・以上

  • ***貴乃花親方は日本大相撲がモンゴル草相撲化されることを危惧し己を捨てて行動しているのです・・・白鵬は優勝回数を伸ばせば全て自分の思うとおりになるという思いで行動しているのだが親方は自分の部屋が潤えばよいと白鵬の機嫌取り・・・理事長以下は今の協会が取りあえず平穏であれば良いと白鵬の機嫌取り・・・
    全て取りあえず・・・というだけで・・・日本大相撲道のことは微塵も考えていないように見える。貴乃花親方には良きブレーンと話し合いながら司法に乗っ取り粛々と進んでいただけばよいし 利権になびく協会の動きやマスコミは気にしなくても良いと思います。・・・以上

  • 相撲協会の「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」


    12/16(土) 16:56配信

    夕刊フジ
    *****流れは益々モンゴル相撲協会不利に?
    相撲協会の「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」
    日本相撲協会の初代危機管理委員長を務めた宗像氏は、角界で問題視される貴乃花親方(写真)の行動を「理解できる」と話す(写真:夕刊フジ)
    元横綱日馬富士(33)の暴行事件に端を発した日本相撲協会の騒動について、元東京地検特捜部長で、相撲協会の外部理事と危機管理委員長も務めた宗像(むなかた)紀夫弁護士(75)が、夕刊フジの独占取材に応じた。被害者である平幕貴ノ岩(27)の師匠、貴乃花親方(45)が危機管理委員会の聴取を拒否し続けていることに協会サイドから批判の声が出ているが、宗像氏は貴乃花親方の行動について、事件の特殊性ゆえの対応だと推測した。 

     「今回の事件は、ある特殊な場所で、特殊なグループの中で起きたものだ。しかも純粋な刑事事件だ。自分のまな弟子が暴行を加えられた貴乃花親方としては、刑事事件として公正、公平に捜査してもらって事実関係を明らかにしてもらい、処罰されるべき人がいれば処罰してもらうというスタンスだろう。それは不合理でないし、理解できる」

  • 「白鵬」父、暴行事件で息子に激怒… 帰化計画も白紙に?
    12/13(水) 17:00配信
    デイリー新潮

    「白鵬」父、暴行事件で息子に激怒… 帰化計画も白紙に?
    帰化計画も白紙に?
    日馬富士による暴行事件の渦中の一人として、横綱白鵬(32)は連日メディアの注目を集めている。九州場所では立ち合い不成立アピールや万歳三唱などの行動が物議を醸したが、モンゴルにいる実父は、そんな“暴走横綱”に苦言を呈している。

    白鵬の父は、モンゴル相撲の元横綱で、国の英雄。白鵬が唯一頭の上がらない存在だというが、

    「実は今回の事件について父親が激怒していましてね……。息子の白鵬を庇うどころか、“お前が事件の張本人じゃないか”“お前が日馬富士さんを引退に追い込んだも同然”と怒りをぶちまけたというのです」(モンゴル力士の事情に詳しい関係者)

     白鵬が引退後に親方になるためには日本への帰化が必須だが、これまで父は息子の帰化に一貫して反対してきた。それが今年に入り態度が軟化、夏ごろには“白鵬、帰化を決意”といった記事がスポーツ紙にも掲載された。

     しかし、今回の事件に激怒した父は、「帰化計画は白紙に戻せ」と白鵬に告げたという。
    .

    「白鵬の目標は親方になることだけではなく、仲間を募って“モンゴル一門”を結成し、まずは協会の理事になること。そして、最終的には協会の理事長になりたいという野望を持っている。しかし、全ては日本国籍を取得してからの話ですので、父親から“帰化計画は白紙”と言われ、相当焦っているようです」(同)

     日馬富士のみならず、白鵬の将来にも波及する今回の事件。12月14日発売の週刊新潮では、白鵬の勘違い美人妻の振る舞いや、貴ノ岩の「診断書」を作成した病院と相撲協会ナンバー2との関係と共に、事件を6ページで特集する。
    「週刊新潮」2017年12月21日号 掲載

    白鵬は嫌いだがお父さんは流石にモンゴル相撲の大横綱だ!!!えらい!!!
    .

  • 「白鵬」父、暴行事件で息子に激怒… 帰化計画も白紙に?
    12/13(水) 17:00配信
    デイリー新潮

    「白鵬」父、暴行事件で息子に激怒… 帰化計画も白紙に?
    帰化計画も白紙に?
    日馬富士による暴行事件の渦中の一人として、横綱白鵬(32)は連日メディアの注目を集めている。九州場所では立ち合い不成立アピールや万歳三唱などの行動が物議を醸したが、モンゴルにいる実父は、そんな“暴走横綱”に苦言を呈している。

    白鵬の父は、モンゴル相撲の元横綱で、国の英雄。白鵬が唯一頭の上がらない存在だというが、

    「実は今回の事件について父親が激怒していましてね……。息子の白鵬を庇うどころか、“お前が事件の張本人じゃないか”“お前が日馬富士さんを引退に追い込んだも同然”と怒りをぶちまけたというのです」(モンゴル力士の事情に詳しい関係者)

     白鵬が引退後に親方になるためには日本への帰化が必須だが、これまで父は息子の帰化に一貫して反対してきた。それが今年に入り態度が軟化、夏ごろには“白鵬、帰化を決意”といった記事がスポーツ紙にも掲載された。

     しかし、今回の事件に激怒した父は、「帰化計画は白紙に戻せ」と白鵬に告げたという。
    .

    「白鵬の目標は親方になることだけではなく、仲間を募って“モンゴル一門”を結成し、まずは協会の理事になること。そして、最終的には協会の理事長になりたいという野望を持っている。しかし、全ては日本国籍を取得してからの話ですので、父親から“帰化計画は白紙”と言われ、相当焦っているようです」(同)

     日馬富士のみならず、白鵬の将来にも波及する今回の事件。12月14日発売の週刊新潮では、白鵬の勘違い美人妻の振る舞いや、貴ノ岩の「診断書」を作成した病院と相撲協会ナンバー2との関係と共に、事件を6ページで特集する。
    「週刊新潮」2017年12月21日号 掲載

    白鵬は嫌いだがお父さんは流石にモンゴル相撲の大横綱だ!!!えらい!!!
    .


  • 「白鵬」父、暴行事件で息子に激怒… 帰化計画も白紙に?
    12/13(水) 17:00配信
    デイリー新潮

    「白鵬」父、暴行事件で息子に激怒… 帰化計画も白紙に?
    帰化計画も白紙に?
    日馬富士による暴行事件の渦中の一人として、横綱白鵬(32)は連日メディアの注目を集めている。九州場所では立ち合い不成立アピールや万歳三唱などの行動が物議を醸したが、モンゴルにいる実父は、そんな“暴走横綱”に苦言を呈している。

    白鵬の父は、モンゴル相撲の元横綱で、国の英雄。白鵬が唯一頭の上がらない存在だというが、

    「実は今回の事件について父親が激怒していましてね……。息子の白鵬を庇うどころか、“お前が事件の張本人じゃないか”“お前が日馬富士さんを引退に追い込んだも同然”と怒りをぶちまけたというのです」(モンゴル力士の事情に詳しい関係者)

     白鵬が引退後に親方になるためには日本への帰化が必須だが、これまで父は息子の帰化に一貫して反対してきた。それが今年に入り態度が軟化、夏ごろには“白鵬、帰化を決意”といった記事がスポーツ紙にも掲載された。

     しかし、今回の事件に激怒した父は、「帰化計画は白紙に戻せ」と白鵬に告げたという。
    .

    「白鵬の目標は親方になることだけではなく、仲間を募って“モンゴル一門”を結成し、まずは協会の理事になること。そして、最終的には協会の理事長になりたいという野望を持っている。しかし、全ては日本国籍を取得してからの話ですので、父親から“帰化計画は白紙”と言われ、相当焦っているようです」(同)

     日馬富士のみならず、白鵬の将来にも波及する今回の事件。12月14日発売の週刊新潮では、白鵬の勘違い美人妻の振る舞いや、貴ノ岩の「診断書」を作成した病院と相撲協会ナンバー2との関係と共に、事件を6ページで特集する。
    「週刊新潮」2017年12月21日号 掲載

    白鵬は嫌いだがお父さんは流石にモンゴル相撲の大横綱だ!!!えらい!!!
    .

  • @@@@相撲協会「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」@@@@@
    ***これで日本相撲モンゴル相撲連合協会はグ~~の音も出なくなり貴乃花親方の出方を待つほかなくなりました・・・めでたしめでたし***

    12/16(土) 16:56配信

    夕刊フジ

    相撲協会「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」


    日本相撲協会の初代危機管理委員長を務めた宗像氏は、角界で問題視される貴乃花親方(写真)の行動を「理解できる」と話す(写真:夕刊フジ)


     元横綱日馬富士(33)の暴行事件に端を発した日本相撲協会の騒動について、元東京地検特捜部長で、相撲協会の外部理事と危機管理委員長も務めた宗像(むなかた)紀夫弁護士(75)が、夕刊フジの独占取材に応じた。被害者である平幕貴ノ岩(27)の師匠、貴乃花親方(45)が危機管理委員会の聴取を拒否し続けていることに協会サイドから批判の声が出ているが、宗像氏は貴乃花親方の行動について、事件の特殊性ゆえの対応だと推測した。 

     「今回の事件は、ある特殊な場所で、特殊なグループの中で起きたものだ。しかも純粋な刑事事件だ。自分のまな弟子が暴行を加えられた貴乃花親方としては、刑事事件として公正、公平に捜査してもらって事実関係を明らかにしてもらい、処罰されるべき人がいれば処罰してもらうというスタンスだろう。それは不合理でないし、理解できる」

  • @@@@相撲協会「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」@@@@@
    ***これで日本相撲モンゴル相撲連合協会はグ~~の音も出なくなり貴乃花親方の出方を待つほかなくなりました・・・めでたしめでたし***

    12/16(土) 16:56配信

    夕刊フジ

    相撲協会「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」


    日本相撲協会の初代危機管理委員長を務めた宗像氏は、角界で問題視される貴乃花親方(写真)の行動を「理解できる」と話す(写真:夕刊フジ)


     元横綱日馬富士(33)の暴行事件に端を発した日本相撲協会の騒動について、元東京地検特捜部長で、相撲協会の外部理事と危機管理委員長も務めた宗像(むなかた)紀夫弁護士(75)が、夕刊フジの独占取材に応じた。被害者である平幕貴ノ岩(27)の師匠、貴乃花親方(45)が危機管理委員会の聴取を拒否し続けていることに協会サイドから批判の声が出ているが、宗像氏は貴乃花親方の行動について、事件の特殊性ゆえの対応だと推測した。 

     「今回の事件は、ある特殊な場所で、特殊なグループの中で起きたものだ。しかも純粋な刑事事件だ。自分のまな弟子が暴行を加えられた貴乃花親方としては、刑事事件として公正、公平に捜査してもらって事実関係を明らかにしてもらい、処罰されるべき人がいれば処罰してもらうというスタンスだろう。それは不合理でないし、理解できる」

    あれだけ貴乃花親方が頑固に正義を貫いているのを見て 辛いだろうがバックに立派な方が付いているから絶対ぶれないだろうと信じていましたが・・・ 締め切り間際に モンゴル日本相撲協会側が折れましたね・・・ 年あけましたら 貴ノ岩関もサバサバ顔をみせて 検察の聴収に応じ、誰がどうしたか明らかにして ワイドショーどんでん返し リポーターの風見鶏風景が見られます
    横野の変節ぶりがみてみたいよ~~~ あのチクリメロウ野郎二度とでてくるんじゃね~~~よ

  • @@@@相撲協会「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」@@@@@
    ***これで日本相撲モンゴル相撲連合協会はグ~~の音も出なくなり貴乃花親方の出方を待つほかなくなりました・・・めでたしめでたし***

    12/16(土) 16:56配信

    夕刊フジ

    相撲協会「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」
    日本相撲協会の初代危機管理委員長を務めた宗像氏は、角界で問題視される貴乃花親方(写真)の行動を「理解できる」と話す(写真:夕刊フジ)
    元横綱日馬富士(33)の暴行事件に端を発した日本相撲協会の騒動について、元東京地検特捜部長で、相撲協会の外部理事と危機管理委員長も務めた宗像(むなかた)紀夫弁護士(75)が、夕刊フジの独占取材に応じた。被害者である平幕貴ノ岩(27)の師匠、貴乃花親方(45)が危機管理委員会の聴取を拒否し続けていることに協会サイドから批判の声が出ているが、宗像氏は貴乃花親方の行動について、事件の特殊性ゆえの対応だと推測した。 

     「今回の事件は、ある特殊な場所で、特殊なグループの中で起きたものだ。しかも純粋な刑事事件だ。自分のまな弟子が暴行を加えられた貴乃花親方としては、刑事事件として公正、公平に捜査してもらって事実関係を明らかにしてもらい、処罰されるべき人がいれば処罰してもらうというスタンスだろう。それは不合理でないし、理解できる」

    この記事だ出ることがわかり 相撲協会自ら20日の処分等の発表を来年回しにすると言い出しました。
    **貴乃花親方の処分、貴ノ岩の降格を早々と出すようなことがあれば 八百長問題 朝青龍問題、犬山の稽古死亡問題を片付け大相撲の改革大掃除をした「初代危機管理委員長の宗像紀夫弁護士」(元東京地検特捜部長)はクリーンにしたはずの日本大相撲協会をずたずたにしている今の協会理事長以下平理事を一括してモンゴルチームののさばりも沈めてくれることと思います。
    これで静かに新年を迎えれそうです****zzzzzzzz


  • @@@@相撲協会「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」@@@@@
    ***これで日本相撲モンゴル相撲連合協会はグ~~の音も出なくなり貴乃花親方の出方を待つほかなくなりました・・・めでたしめでたし***

    12/16(土) 16:56配信

    夕刊フジ

    相撲協会「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」


    日本相撲協会の初代危機管理委員長を務めた宗像氏は、角界で問題視される貴乃花親方(写真)の行動を「理解できる」と話す(写真:夕刊フジ)


     元横綱日馬富士(33)の暴行事件に端を発した日本相撲協会の騒動について、元東京地検特捜部長で、相撲協会の外部理事と危機管理委員長も務めた宗像(むなかた)紀夫弁護士(75)が、夕刊フジの独占取材に応じた。被害者である平幕貴ノ岩(27)の師匠、貴乃花親方(45)が危機管理委員会の聴取を拒否し続けていることに協会サイドから批判の声が出ているが、宗像氏は貴乃花親方の行動について、事件の特殊性ゆえの対応だと推測した。 

     「今回の事件は、ある特殊な場所で、特殊なグループの中で起きたものだ。しかも純粋な刑事事件だ。自分のまな弟子が暴行を加えられた貴乃花親方としては、刑事事件として公正、公平に捜査してもらって事実関係を明らかにしてもらい、処罰されるべき人がいれば処罰してもらうというスタンスだろう。それは不合理でないし、理解できる」


  • 撲協会「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」


    12/16(土) 16:56配信

    夕刊フジ
    *****流れは益々モンゴル相撲協会不利に?
    相撲協会の「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」
    日本相撲協会の初代危機管理委員長を務めた宗像氏は、角界で問題視される貴乃花親方(写真)の行動を「理解できる」と話す(写真:夕刊フジ)
    元横綱日馬富士(33)の暴行事件に端を発した日本相撲協会の騒動について、元東京地検特捜部長で、相撲協会の外部理事と危機管理委員長も務めた宗像(むなかた)紀夫弁護士(75)が、夕刊フジの独占取材に応じた。被害者である平幕貴ノ岩(27)の師匠、貴乃花親方(45)が危機管理委員会の聴取を拒否し続けていることに協会サイドから批判の声が出ているが、宗像氏は貴乃花親方の行動について、事件の特殊性ゆえの対応だと推測した。 

     「今回の事件は、ある特殊な場所で、特殊なグループの中で起きたものだ。しかも純粋な刑事事件だ。自分のまな弟子が暴行を加えられた貴乃花親方としては、刑事事件として公正、公平に捜査してもらって事実関係を明らかにしてもらい、処罰されるべき人がいれば処罰してもらうというスタンスだろう。それは不合理でないし、理解できる」


  • 撲協会「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」


    12/16(土) 16:56配信

    夕刊フジ
    相撲協会「情報操作」で貴乃花親方“包囲網” 元特捜部長が語る事件の特殊性「親方の行動理解できる」


    日本相撲協会の初代危機管理委員長を務めた宗像氏は、角界で問題視される貴乃花親方(写真)の行動を「理解できる」と話す(写真:夕刊フジ)


     元横綱日馬富士(33)の暴行事件に端を発した日本相撲協会の騒動について、元東京地検特捜部長で、相撲協会の外部理事と危機管理委員長も務めた宗像(むなかた)紀夫弁護士(75)が、夕刊フジの独占取材に応じた。被害者である平幕貴ノ岩(27)の師匠、貴乃花親方(45)が危機管理委員会の聴取を拒否し続けていることに協会サイドから批判の声が出ているが、宗像氏は貴乃花親方の行動について、事件の特殊性ゆえの対応だと推測した。 

     「今回の事件は、ある特殊な場所で、特殊なグループの中で起きたものだ。しかも純粋な刑事事件だ。自分のまな弟子が暴行を加えられた貴乃花親方としては、刑事事件として公正、公平に捜査してもらって事実関係を明らかにしてもらい、処罰されるべき人がいれば処罰してもらうというスタンスだろう。それは不合理でないし、理解できる」

  • 「白鵬」父、暴行事件で息子に激怒… 帰化計画も白紙に?
    12/13(水) 17:00配信
    デイリー新潮

    「白鵬」父、暴行事件で息子に激怒… 帰化計画も白紙に?
    帰化計画も白紙に?
    日馬富士による暴行事件の渦中の一人として、横綱白鵬(32)は連日メディアの注目を集めている。九州場所では立ち合い不成立アピールや万歳三唱などの行動が物議を醸したが、モンゴルにいる実父は、そんな“暴走横綱”に苦言を呈している。

    白鵬の父は、モンゴル相撲の元横綱で、国の英雄。白鵬が唯一頭の上がらない存在だというが、

    「実は今回の事件について父親が激怒していましてね……。息子の白鵬を庇うどころか、“お前が事件の張本人じゃないか”“お前が日馬富士さんを引退に追い込んだも同然”と怒りをぶちまけたというのです」(モンゴル力士の事情に詳しい関係者)

  • 「白鵬」父、暴行事件で息子に激怒… 帰化計画も白紙に?
    12/13(水) 17:00配信
    デイリー新潮

    「白鵬」父、暴行事件で息子に激怒… 帰化計画も白紙に?
    帰化計画も白紙に?
    日馬富士による暴行事件の渦中の一人として、横綱白鵬(32)は連日メディアの注目を集めている。九州場所では立ち合い不成立アピールや万歳三唱などの行動が物議を醸したが、モンゴルにいる実父は、そんな“暴走横綱”に苦言を呈している。

    白鵬の父は、モンゴル相撲の元横綱で、国の英雄。白鵬が唯一頭の上がらない存在だというが、

    「実は今回の事件について父親が激怒していましてね……。息子の白鵬を庇うどころか、“お前が事件の張本人じゃないか”“お前が日馬富士さんを引退に追い込んだも同然”と怒りをぶちまけたというのです」(モンゴル力士の事情に詳しい関係者)

  • 「白鵬」父、暴行事件で息子に激怒… 帰化計画も白紙に?
    12/13(水) 17:00配信
    デイリー新潮

    「白鵬」父、暴行事件で息子に激怒… 帰化計画も白紙に?
    帰化計画も白紙に?
    日馬富士による暴行事件の渦中の一人として、横綱白鵬(32)は連日メディアの注目を集めている。九州場所では立ち合い不成立アピールや万歳三唱などの行動が物議を醸したが、モンゴルにいる実父は、そんな“暴走横綱”に苦言を呈している。

    白鵬の父は、モンゴル相撲の元横綱で、国の英雄。白鵬が唯一頭の上がらない存在だというが、

    「実は今回の事件について父親が激怒していましてね……。息子の白鵬を庇うどころか、“お前が事件の張本人じゃないか”“お前が日馬富士さんを引退に追い込んだも同然”と怒りをぶちまけたというのです」(モンゴル力士の事情に詳しい関係者)

  • 我々千代の山 鏡里台からの相撲ファンからすれば いまのスモウ女と言われるインスタント相撲ファンのモンゴル相撲道ありき輩の日本大相撲道の意識の差は埋めきれまい。
    モンゴル草相撲に毒された輩の排除から始めないと日本大相撲の再生はありません。・・・以上
    貴乃花親方頑張ってください・・・お願いします

  • 我々千代の山 鏡里台からの相撲ファンからすれば いまのスモウ女と言われるインスタント相撲ファンのモンゴル相撲道ありき輩の日本大相撲道の意識の差は埋めきれまい。
    モンゴル草相撲に毒された輩の排除から始めないと日本大相撲の再生はありません。・・・以上
    貴乃花親方頑張ってください・・・お願いします((__))

  • >>No. 688

    我々千代の山 鏡里台からの相撲ファンからすれば いまのスモウ女と言われるインスタント相撲ファンのモンゴル相撲道ありき輩の日本大相撲道の意識の差は埋めきれまい。
    モンゴル草相撲に毒された輩の排除から始めないと日本大相撲の再生はありません。・・・以上
    貴乃花親方頑張ってください・・・お願いします((__))

  • ***八角は白鵬に寄り掛かってもたれ二人とも身動き取れずこのまま年を越すのか?*** 

     振り返ってみれば、大相撲の歴代理事長は豪腕と品格を兼ね備えた人物が多かった。春日野理事長(元横綱栃錦)は1985年1月に総額150億円以上と言われた両国国技館の建設を「無借金」で成し遂げ、バトンを受けた二子山理事長(元横綱若乃花)は「立ち会いで待ったをした場合、罰金10万円」と当時の横綱千代の富士や北勝海、小錦や曙のハワイ勢、若貴兄弟など全力士を呼び出し「仕切りはこうとるんだ」「立ち会いはこうあるべき」と陣頭指揮で熱血指導した。

     出処進退も潔い。北の湖理事長(元横綱)は2008年、弟子の大麻問題が発覚すると理事長職を一度退いた(12年に復帰)。武蔵川親方(元横綱三重ノ海)は10年8月、現役力士が野球賭博に関わった責任などを取って辞任している。

     八角理事長は自身の立ち位置と責任をどこまで認識できているのか。注目の理事会まで、波乱は避けられそうにない。

本文はここまでです このページの先頭へ