ここから本文です

投稿コメント一覧 (5コメント)

  • 妙なタイミングで、IRを出してきたが、

    こんな悲惨な状況を作っておいて、

    逆効果。評価されない。

    ともかく、この会社は、終わった。

    無条件、売り。

  • 増し担解除、今は、下がるケースもある事は事実。

    過熱感が消え、人気が無くなり、下落したので、解除になった。

    そうなると、つまらない株を、誰が買うの? と云う論理だが、

    たいして材料もなかった ラクオリア ですら、

    数日、若干、下押したが、2400円から一挙に 3000円に。

    尤も、その後は、大幅下方修正で、落っこったけれど。


    メドレックスのように、期待する好材料銘柄は、ほぼ、大幅上昇。

    明日は、かなり 上昇。

  • そーせい よ さらば。   

    メドレックス よ こんにちは。

  • あらためて、直近の同様事例の 

    TATERU の例を見ると、
     1606円から、3日間ストップ安、4日目に 596円で、寄った。
     その後、更に 5日目に 327円まで売られた。


    これを、そーせい に当てはめてみると、
     1824円から 3日間ストップ安で 4日目に 676円で、寄り行く。
     その後、更に 5日目に 371円まで売られる。

    と、云う事になる。まあ、銘柄により事情は、各々。ひとつの参考。

    但し、この種の事例では、

    一旦寄った後、そこから大きく売られる ことは確実。

  • 現状把握の基本事項は、

    74歳の一老人の松村氏が、

    27人の仲間と共に、

    壮大な賭けに出たと云う事。

    27人は、高額の年収から見ても、

    医学研究者のハイレベル集団。

    まあ、ホルダ-の皆も、

    松村氏の賭けに乗った訳だから、

    じっくり、成功を待つ事ですね。

    27人の集団とは言え、上場企業。

    メインバンクも、監査法人も、

    幹事証券も付いており、未来に期待。

    株価は、いずれ 着いてきます。

本文はここまでです このページの先頭へ