ここから本文です

投稿コメント一覧 (475コメント)

  • フェニックスリーグ参加選手発表
    投手  関谷、酒居、渡邉、島、成田、田中靖、森
    捕手  宗接、柿沼
    内野手 安田、高濱、香月一、李杜軒、大木
    外野手 加藤、伊志嶺、三家、和田

    13日(土)の1軍最終戦が終われば合流選手がいるだろうが、それまでは投手のやり繰りが大変そうだな

  • 清田の対サウスポーの出塁率は.315となります。
    荻野が対サウスポーの打率.294と高いのですが、出塁率では.320で、ほぼ変わらない数値に。
    伊志嶺の対左打率.286 出塁率.333でほぼ同じ。
    であれば、少なくともディフェンス面で守らせることが厳しい伊志嶺という選択はないかなと、個人的には思いますが。

    WARに関しては、わたしの勉強不足でまったく眼中にありません。
    ごめんなさい。

  • ジャイアンツ戦 2-11 で大敗

    種市 3回2/3 被安打7 与四球5 奪三振0 失点8
    一昨日の岩下と同じような内容。制球が悪すぎた。
    岩下と違うのは与四球の多さと奪三振数。
    岩下は奪三振4だったので、良い投球もそれなりにあったのだが、
    種市は奪三振0 与四球5が示すように良いところがほぼなし。
    初回にエラー3つが絡んでの4失点は不運と言えば不運なんだが、
    捉えられた打球が多かったことも確か。


    三家 2打数 1安打 1四球 1死球
    打撃では結果を残すが、ショートの守備では2エラー。
    三遊間寄りに飛んだ緩いゴロを弾いたのは、取っていても打者走者は俊足なのでおそらくセーフだった。
    もうひとつは正面の強いゴロだったが、2塁走者と重なってしまってグラブで取れず足に当たってしまった。

    大木は昨日の故障で姿見えず。
    昨日、守備時に盗塁をタッチにいったときに、走者にグラブをスパイクされて痛がっていた。
    左手首か左手甲を負傷したのだろう。


    加藤降格については、個人的にはそんなに変?という感じですが。
    清田と打率はほとんど同じですが、出塁率では清田.312 加藤.266と、差が5分近くあります。
    この差は打撃だけで言えば決定的な差であると言えます。
    加藤はいけいけ打者で四球を選ばない。
    昨年も終盤に活躍したように見えますが、最終的には四球6 出塁率.288と、3割にも届きませんでした。
    昨年の清田の出塁率が.287ですから、打率では大差付けても、アウトになる確率はまったく同じ。
    そして今年、井口監督になって就任時からヒットと四球は同じ価値であると。
    キャンプ時から起用は清田が優先されていましたので、加藤の立ち位置は厳しかった。
    正直、今年の清田の成績も超えられない加藤の成長に問題があると思っています。
    またチームバランスとしても主力打者に左打者が多いので、
    サウスポーに対する成績も勝っている清田が1軍に残るのは仕方ないのかなと。

  • ジャイアンツ戦 5-2 で勝利

    山本 MAX145 6回 被安打4 無四球 奪三振2 失点1
    今季いちばんの内容かな。
    全体として荒れてはいたけど、無四球で抑えたことは評価。
    ただ奪三振2は、少なすぎるな。

    永野 MAX149 1回 被安打1 無四球 無失点
    珍しく三振は奪えなかったが、復帰して5試合連続無失点


    金澤 1打数 1安打
    代打で試合を決するセンターオーバーのタイムリー3塁打。
    先日まで吉田が打撃好調だったが、金澤に好調が回ってきた。


    安田が1軍昇格。
    これで今季は降格することはないでしょ。
    個人的なことだけど、2軍の安田出場試合を30試合生で観戦して、
    結局1本も目の前でホームランを見られず。
    ここまで106試合で12本打ってるから、確率から言えば3本は見られるはずなんだけど。
    自分がもっていないんだなと。
    もう今季は1軍2軍含めて明日が最後の観戦となってしまうんで。
    来季は1軍の試合で目の前で、ばかすかと打ってくれれば嬉しいんだが。

    加藤降格については、明日にでも触れます

  • ジャイアンツ戦 2-14 で大敗
    グラウンド状態が悪く、打撃練習とシートノックはなし。
    室内ではやっていたかもしれないが。
    森が遠征では初めて帯同を確認できた。


    岩下 MAX148 3回2/3 被安打12(被HR2) 与四球2 奪三振4 失点11
    降格後2試合目の登板で先発。期待していたが散々の出来だった。
    ストレートでストライクがなかなかとれない。
    こうなってしまうとまだ変化球の精度は悪いので、組み立てが厳しくなってしまう。
    2回に2失点して、3回は3凡2奪三振で立ち直ったかに見えたのだが、
    4回に滅多打ちを食らいスタミナも切れて2HRを打たれ9失点でKO。
    昇格前の浦和でも4月に1イニング5失点や、5月に2イニング8失点があるように、
    出来が悪い時は、どうにも止まらなくなってしまう傾向がある。
    今日の投球を観て、チェンみたいなムラのある投手だなと、ふと思ってしまった。

    島 MAX148 1回1/3 被安打2 与四球2 失点1
    ストレートの四球2者連続の時はどうなってしまうかと思ったが、どうにか1失点で切り抜けた


    安田 4タコ 2三振
    まったくいいところなく、守備でもゴロをバウンドを合わせ損ねたエラー有り

    菅野 4打数 1安打
    ヒットは1本だったが、それも含めて3打席は捉えていた。
    特にヒットはきれいな流し打ちで、このような打撃技術を持っているのに、なぜ続かないのだろうか

    宗接 3打数 1安打 1犠打
    今日もレフトスタメン。
    守備ではバックホームの返球が逸れたものと、レフト前ヒットを弾いて打者に2塁に進塁させてしまった2エラー有り


    そして福浦2,000本安打おめでとう。
    今年は3月の東洋大学との練習試合で、試合前や試合中に入念にアップしていた姿が印象的だった。

  • イーグルス戦 動画確認

    安田 5打数 4安打(1HR)
    第1打席 若干つまり気味ながらもサード横をライナーで抜けていくヒット
    第2打席 どん詰まりながら、セカンド後方に落ちるポテンヒット
    第3打席 ライトが一歩も動かない特大HR
    第4打席 センターへライナーで抜けるヒット

    宗接 4打数 2安打 1犠打 1三振
    スタメンレフト。公式戦では初となる外野守備。
    機会は2度あり、レフト前ヒットを処理したのと、レフトフライを捕球。
    来年になって、どれくらい上手になっているか

    和田 1打数 1安打
    落ちるボールを上手く拾ってライト前へ

    ドミ 3タコ 2三振
    甘いコースに来ているのに、読みが違うと2ストライクからでもスイングしない。
    こんな打撃を何回も繰り返している


    永野 2/3回 被安打1 奪三振1 無失点
    ヒットはストレートを西巻に上手く打たれた

  • イーグルス戦 動画確認

    安田 4打数 1安打(1HR)
    2打席目の左飛が良い打球だったので期待していたら、4打席目にレフトポール際にHR
    守備ではほぼ真上のサードフライを捕球はしたが、どうにも危なっかしい

    金沢 1打数 1安打(1HR)
    代打でライトへ今季初HR。変化球を泳ぎながらもフェンスオーバーさせる


    成田 3回 被安打1 与四球2 奪三振3 無失点
    久しぶりの先発。

    森 1回 与四球1 無失点
    公式戦初登板。ストレートは見た目だと145㎞/hくらいかな。
    ただ種市も昨年はそれほどスピードは感じられなかったのに、今年は150㎞/hを出すくらいだから、
    まだまだこれからスピードは増していくでしょ

    永野 1回 3凡 奪三振3
    これで9月に復帰して 3試合 3イニング パーフェクト 奪三振7 と、文句のつけようがない成績

  • イーグルス戦 動画確認

    安田 4タコ 1三振
    いいところなし

    肘井 3打数 1安打(1HR) 1三振
    ライトポール際へのHR

    宗接 3打数 1安打(1HR) 
    捕手でスタメン出場。ライトへHR


    渡邉 5回 被安打10(被HR4) 与四球1 奪三振1 失点9
    初回一死一塁から投ゴロを捕球もグラブからボールが抜けず内野安打で、その後3ランHR被弾。
    2回センターオーバーの打球がフェンス最上部に当たって跳ね返るも、判定はHRと不運もあったのは確かだが、
    それ以外でも打たれすぎ。相手チームとの対戦が増えてきて、慣れられてきた感もある。
    背番号35で、三島と被るものがあるな

    宮崎 2回 被安打3 無四球 奪三振3 無失点
    イニング跨ぎも驚いたし、無失点にもこれまでの宮崎を思えばビックリ

    島 1回 与四球1 失点1
    香月のエラー→四球→暴投→犠飛で失点なので、自責点は0
    今年はストライクを放れるようになったことで良し。

  • ファイターズ戦 3-9 で敗戦
    初回以外はすべてランナーを許す


    安田 5打数 2安打 1三振
    一二塁間をゴロで抜けるヒットと、ショートの頭をライナーで超えるヒット。
    最終打席も完璧に捉えたが、ライト正面のライナー

    大木 4打数 2安打 1三振
    久しぶりのスタメンで2安打。打撃は力強さが出ていい感じ。
    守備ではサード後方のファールフライを落下直前で安田を制して捕りに行ったが、グラブからポロリ(記録はエラーつかず)。
    平凡なゴロを弾いてしまい、打者を2塁まで進めさせてしまうエラー。
    記録はヒットだったが、セカンドベース付近の強いゴロを追いつきながらグラブに収めきれなかったプレーと、守備で計3つの拙いミスが出た。

    和田 2打数 2安打
    途中出場でプロ入り3度目のマルチヒット

    菅野 4タコ 1四球
    昨日、今日とノーヒットで、いい当たりすらない


    山本 4回 被安打6(被HR1) 与四球2 奪三振3 失点5
    3回まではどうにか無失点も、4回につかまる。
    ここまで1年間見て来たけど、良いところが今のところ感じられない。

    島 1回 被安打2 与四球1 失点1
    9日の練習試合以来の登板。2人で2死を取ったが、そのあと四球→ヒット→ヒットで失点。
    スライダーがかかりすぎてホームベース手前でバウンドする投球が2つあり

  • ファイターズ戦 5-2 で勝利

    土肥 6回 被安打3 与四球2 奪三振10 失点1
    5回まで毎回の10奪三振。チェンジアップに相手打者がくるくる回っていた。
    今季、動画を含めて見た中ではいちばんいい内容。

    岩下 3回 被安打3 与四死球2 奪三振3 失点1
    先日のベイスターズ3連戦では姿がなかったから心配だったが、無事だった。
    失点イニングの被安打2は、いずれもライトへのポテンで不運。
    1軍ではリリーフでほぼ1イニング限定だったけど、落ちてきていきなりの3イニング。
    やはり先発として育てていこうということかな。

    島は今日はブルペン入り。
    大隣は今日も姿無し。


    安田 5打数 1安打 3三振
    センターへのタイムリーヒット1本。
    落ちる球に引っかかって3三振だった。

    香月 4打数 2安打(1HR)
    センターバックスクリーンへの第12号HR。
    ここのところヒットが出ていてもほとんどがラッキーヒットだったので心配だったが、
    ようやく捉えた当たりが見られた。

    肘井 3打数 3安打(1HR) 1四球
    レフトポール際へのHRを含む猛打賞は今季初。
    近くにいたファイターズファンは試合前から肘井のことを高く評価していたよ

    ドミ 2打席 1三振 1四球
    久しぶりに出場も、変化球にまったくタイミング合わずの三振と、一球も振らずの四球


    そしてスワローズ村上は初の1軍昇格で初打席HRか。
    やはり現状では 清宮 村上>安田 となってしまうのは仕方ないな。
    ただ、清宮と村上は故障で途中離脱したが、安田はここまで故障なしで出場していることは大きく評価できる。

  • 茂原は昨年のノーゲームに続き、今年は中止。

    高濱は2打席凡退だったけど、しっかり捉えていたね。

  • 球団公式Twitterに高濱が1軍合流とのこと。
    上げは柿沼、高濱ってことかな。

  • ベイスターズ戦 6-4 で勝利

    安田 4打数 3安打 1四球 1三振
    第1打席一死一三塁の先制のチャンスで回ってきたが、フルカウントから外角ストレートを見逃し三振。
    ボールと判断したので、ちょっとだけ不満そうな雰囲気を出した。
    第2打席一二塁間ゴロで抜けるヒット。当たりは良くなかった。
    第4打席スリークォーターのサウスポーから、もう少しでHRのセンターオーバーフェンス直撃2塁打。
    ベイスターズ球場は両翼94m センター120mと小さいので、初の生HRを期待したんだけど。
    第5打席サウスポーからフルカウントで、スライダーをタイミングを合わせてセンター前ヒット。
    守備では三塁線逆シングルを捕れず(記録はヒット)と、強い当たりの正面ゴロをトンネルエラーあり。
    フライもあったが、風も弱く問題なくキャッチ

    菅野 4打数 3安打 1三振
    8/25以来の猛打賞。これくらいの打撃は浦和だったら高い確率でできる打者だと思うんだけど

    江村 3打数 1安打
    江村らしい右打ちタイムリーヒット

    細谷、加藤も昨日に続きスタメン出場

    打線は15安打とよく打ったけど、相変わらずの積極策走塁死が4度あり


    酒居 5回 被安打4 無四球 奪三振6 失点2
    3回までパーフェクト奪三振4も、他のアウト5つのうち、2つは芯で捉えられていた。
    4回先頭打者に初ヒット→盗塁→安田の拙い守備のタイムリー2塁打で失点し、さらに捉えられたヒットで失点。
    そしてこのあとも完璧に捉えられたが、セカンド守備範囲の併殺でどうにか切り抜ける。
    芯で捉えられることが多すぎる。なかなか昨年後半の酒居が戻ってこない。

    永野 1回 3凡 奪三振2
    昨日に続き連投で、今日も2三振を奪う。
    岩下の代わりに上がるのは永野だといいんだが。
    休養明け3登板目で早くも連投させるんだから、体調も問題なしでしょ

    島は帯同していたが、ブルペン入りせず。
    森、大隣はいなかった。

    宗接は今日は外野守備練習アリ。
    戸田で5日に見た時と比べたら、格段の進歩。
    そりゃ、センスがないと判断される捕手には外野特訓なんかさせないよな。

    ドミは3戦連続姿見せず。

  • >>No. 3583

    訂正ありがとうございます。
    日曜日の練習試合のスタッツは見ましたが、森の実戦初登板に目を奪われていました。
    森は今日にでも投げてくれないかなと期待していますが、
    ここ数年のルーキー高卒投手の登板間隔を考えると、難しいかな。

  • ベイスターズ戦 2-5 で逆転負け
    ヒット5本で、残塁は1というあっさり過ぎの中身。
    ベイスターズ高卒育成ルーキーに7回 2得点だけに抑えられてしまった。

    シェッパーズ MAX146 5回2/3 120球 被安打1 与四球5 奪三振10 失点3(自責点0)
    5回までノーヒットノーランも、6回先頭打者四球→初被安打から捕逸、エラーもあり崩れる。
    初回に奪三振3 与四球2と良いのか悪いのか分からない立ち上がり。
    2回はあっさり奪三振無しの3凡も、3回から再び奪三振ショー。
    フルカウントにする場面が非常に多く、与四球5はシェッパーズらしくない多さ。
    制球が適度に荒れていたのが、5回までは良い方向に働いた。
    これで1軍は月→石川 火→有吉 水→シェッパーズのローテかな。

    永野 MAX150 1回 3凡 奪三振2
    7/20以来、ほぼ2か月ぶりの実戦登板。
    スピードは出ていて、2軍では敵なしという感じ


    安田 3タコ
    試合前のフリー打撃では5本の柵越えも、試合では捉えた当たりなし。
    最近4試合 14打数 1安打 で、下降線

    高濱 3打数 2安打
    昨日までの4試合で15打数 1安打と状態落ちだったが、今日は3打席とも内容良し。
    打線全体で5安打中の2安打は価値あり

    1軍からは加藤 細谷 江村が試合出場
    ドミは昨日、今日と姿なし

    宗接は今日は試合前の外野守備練習はなし

  • >>No. 3579

    柿沼が1軍合流したようなので、香月上げはないと思われます。
    岩下の代わりの投手は、まだ誰なのかは分かりません。

  • ベイスターズ戦 3-0 で完封勝ち
    途中参戦だったので、4回まではTwitter情報

    石川 5回 被安打2 無四球 奪三振6 無失点
    危な気なし

    有吉 MAX146 4回 被安打4 与四球1 奪三振5 無失点
    毎回被安打はちょっと不満だけど、無失点に抑える

    来週の月・火は石川、有吉が1軍先発かな


    得点は高濱の2点タイムリーと香月のタイムリー
    安田は4タコ 1三振
    吉田が途中出場1打席のみだが、捉えたレフトへのヒットで好調キープ

  • スワローズ戦 3-2 で勝利

    石川 3回 MAX149 被安打3 与四球1 奪三振6 失点1
    被安打はサードボテボテ内野安打、ヒットエンドランの1.2塁間がら空きゴロヒット、
    バットの先に上手く乗せたヒットの計3安打なので、問題なし。
    制球に少しバラつきはあったが、奪三振6が示すように、格が違った。

    渡邉 5回 MAX143 被安打3 与死球1 奪三振1 失点1
    2番手で登板。前回より制球良く、5回1失点は現状の実力通り。
    奪三振の少なさは変わらずで、2軍でK/9が低すぎる投手は、1軍では厳しい

    永野がブルペン入りしていたので、間もなく戦列復帰だろう


    安田 4タコ 1三振
    第1打席はアウトコースをサードに強いゴロも、あと3打席はいいところなし

    菅野 4打数 1安打(1HR) 1三振
    強風の中、ライトへ文句なしのHR。が、ヒットはその1本だけは寂しい

    高濱 4タコ 1三振
    第1打席のファーストライナーは捉えていたが、2試合連続ノーヒット

    ドミ 2打数 1安打
    捉えたヒットの球種はやはりストレート

    吉田 2タコ
    サードライナー、サードゴロは捉えており、打撃好調

    宗接 2打数 2安打
    途中出場で技ありのライトへのヒット2本で、決勝タイムリー。
    試合前練習を見ていたら、外野守備練習を始めていた。
    最初に堀コーチからノックを受け、その後マリーンズ打撃練習中も諸積コーチが横に着いてレフトで打球を追う。
    シートノックでもレフト→キャッチャーとポジションを変えていた。
    足の運びや捕球体勢を見ると、現状ではプロレベルには程遠いが。
    2軍で捕手4人体制だと、一塁(DH)ができるだけでは出場機会は限られてしまうからね。
    せっかくの打撃を生かすためにも、いいことだと思う。


    S大松は代打で出場。
    試合前に高濱や金澤と楽しそうにしゃべっていたよ。

  • >>No. 3572

    昨年以前とは比較していませんが、今年の春先と現在とをパ・リーグTVで見比べましたが、
    特に変わっている感じはありませんでした。

本文はここまでです このページの先頭へ