ここから本文です

投稿コメント一覧 (6381コメント)

  •    ◆否定工作と不正の状況証拠
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ&パチスロ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠しています。

     ●遠隔操作による客の遊技結果への介入は、「法(風適法)」に違反する「不正遊技機(※)」使用により行われ、全てのパチンコ店で不正遊技機が使用されている状況証拠が存在します。

    ※「不正遊技機」とは:
    「風適法施行規則」第8条「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」が示す「遊技の結果が偶然若しくは客以外の者の意図により決定されるおそれが著しい遊技機」であり、これを根拠とする「遊技結果がパチンコ店の意図で決定される遊技機」。

    ★パチンコ掲示板ではパチンコ業界の意を受けた掲示板工作員達が、ネット上に漏れた遊技機制御技術の否定(火消し)工作に当たっています。

     ●工作員達は、特許権を取得したイカサマ遊技機制御技術(※1)に関する様々な主張を展開しています(※2)。

    ※1.イカサマ制御技術の例:
    【特許第3909606号】([ネット式制御]と仮称):
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-8.html
    【特許第4060388号】([ダイコク式制御]と仮称):
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-9.html

    ※2.掲示板工作員達が過去に主張した誤魔化し:
     ・法(風適法)改正後使用する技術である。
     ・カジノで使用する技術である。
     ・その他で使用(ゲームセンター、海外、パチンコボックス、etc・・)

    ★上記主張(誤魔化し)は、冗談やお笑いの世界でしか通用しません。

     ●「ネット式制御」「ダイコク式制御」に代表される遊技機制御技術の使用は、遊技機を外部から制御し、パチンコ店が客の遊技結果を左右する「イカサマ」である事を忘れてはなりません。

     ・イカサマが「法改正」で認められる事は有り得ません!
     ・イカサマがカジノその他で合法として認められる事も有り得ません!

    《以下続く》

  • >>No. 16093

    ◆遠隔事犯と不正遊技機の存在(No16093の続き)

    ◆下記に、有名な遠隔操作摘発ニュースの動画が存在します。
    http://www.youtube.com/watch?v=ddHtu3p0yc8

    ★上記動画から次の事項は事実として認めることができます。
     ▲パチンコ店が遠隔操作で摘発された事。
     ▲遊技機が外部からの制御を受け入れた事。
     ▲遠隔操作用ソフト使用による遊技機の遠隔操作であった事。

    ★上記動画ニュースが伝える『パチンコ台に不正な部品を取り付け』の表現は、遊技機自体を改造した事実とは認められません。
     ▲不正の背景に業界と警察の異常な癒着関係があり、素直に信用できない事。
     ▲『パチンコ台を不正に改造して・・』とは表現されていない事。

    ◆パチンコ業界側は、提示した遠隔操作の動画ニュースをもとに『遠隔操作は改造が必要』と宣伝します。
    この宣伝は、製作時からホールコン等の外部装置により制御される不正遊技機の存在を隠す事を狙った否定工作です。

     ●パチンコ業界側が言う『遠隔は改造が必要』に騙されてはいけません!(2010/11/10)

    ◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸 介
      ****************

  •    ◆遠隔事犯と不正遊技機の存在
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ◆パチンコ&スロット最大の問題点は、ギャンブルである実態を「遊技」と言い換えて、客の遊技結果を意のままに決定できる「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は、パチンコ店が遊技結果を左右できる遊技機の制御実態を隠し続けています。

     ●パチンコ店に設置された全てのパチンコ遊技機は、外部から制御可能な不正遊技機(※1)であり、その根本要因は、「日工組」が全ての遊技機に搭載指定した「遊技機制御用チップ(※2)」にあります。

    ※1「不正遊技機」とは:
    「風適法施行規則」第8条「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」が示す「遊技の結果が偶然若しくは客以外の者の意図により決定されるおそれが著しい遊技機」であり、これを根拠とする「遊技結果がパチンコ店の意図で決定される遊技機」。

     ●関連発言「不正遊技機の存在とその証拠」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-16.html

    ※2「遊技機制御用チップ」とは:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-6.html
    パチンコ店に設置する遊技機のために開発した遊技機部品。CPU、ROM、RAM 等の電子部品が装着され、それらの機能を一体化させた集積回路(LSI)。
    全てのチップはID(識別番号)により個別管理され、第3者がプログラムを確認できないように構成している。

    ★指導監督する立場の警察は、パチンコ業界と異常な癒着関係にあります。
    警察組織の幹部OB多数が業界関連団体及び、パチンコ業界関連会社並びに、遊技機の検査機関(保通協)等に再就職しています。また、警察とパチンコ業界癒着の象徴「日工組社会安全研究財団(※)」も存在します。

    ※「警察とパチ業界癒着の総本山」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-21.html

     ●警察は業界側と異常な癒着関係の下で摘発される遠隔操作事案を、不正遊技機の存在にその根本原因がある事を認めません。
    したがって、遠隔操作関連についての警察発表「構造設備の未承認変更の疑い」は信ぴょう性に疑問があります。

    《以下続く》

  •    ◆ゼニ儲けとパチンコ業界の自信
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    Q:■>『特許文献は業界として一般人には隠したいはずですが、技術内容がばれてしまうと言うリスクを侵してまで、特許出願~特許登録にこだわるのはどうしてと思われますか?』

    A:◆一言で言えば、皆さんご承知の「銭(ゼニ)儲け」です。
    「銭儲け」と「客に隠したい技術漏洩リスク」を天秤にかけた結果、「ゼニ儲け」を優先しているのです。
     
     ●開発した技術が「特許権」を取得するか否かは会社の命運を左右しかねない。
    結果的に「特許権」が会社の業績を左右します。

    ★「客に隠したい技術漏洩リスク」よりも「ゼニ儲け」を優先しているのは、不正はバレないと考えたパチンコ業界の自信の表れです。

     ●「遊技機制御用チップ」照合ID不符合時の、ROMプログラム保護をタテマエとした不正証拠隠ぺい技術の自信。

     ●インターネット上に動員する優秀(?)な工作員による、否定工作を含む各種工作の自信。

     ●政治家・監督官庁・マスコミ・遊技機検査機関に対する影響力行使の自信。等々

    ◆パチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠しています。
    遊技機の制御実態を隠し続けるパチンコ業界の不正は、何時の日か公に広く知れ渡るとともに厳しく断罪されなければなりません。

    ◆関連発言:
     ●最大偽装事案[パチンコの偽装]:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html
     ●不正遊技機の存在とその証拠:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-16.html

    ◆「★客が知らない遠隔制御」:by 伸 介
       *****************

  • >>No. 16090

    ◆実態を隠すパチンコ業界の罪(No16090の続き・一部再掲)

    ★パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続け、パチンコ店には客の遊技結果を意のままに制御可能なイカサマ機能搭載機が堂々と設置されています。

     ●遊技機(台)が管理装置(ホールコン)等の外部装置により制御される根本要因は、パチンコ台の頭脳・心臓部として搭載されている「遊技機制御用チップ(遊技制御基板※)」にあります。

    ※「遊技機制御用チップ」とは:
    パチンコ店に設置する遊技機のために開発した遊技機部品。CPU、ROM、RAM 等の電子部品が装着され、それらの機能を一体化させた集積回路(LSI)。
    全てのチップはID(識別番号)により個別管理され、第3者がプログラムを確認できないように構成しています。
    外部信号の受信はCRユニットを介し、遊技機を製作したメーカーが認めたホールコン等の外部装置からの信号に限定し許可。

     ●この「遊技機制御用チップ」は、遊技機メーカーの組合(日工組)内規により、全てのパチンコ&スロット遊技機に搭載する事を指定されています。

    ※関連発言「遊技機制御の根幹技術」: 
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-6.html

     ●また、「遊技機制御用チップ」は、遊技機(台)を外部から制御する遊技機制御技術(※)を誕生させました。

    ※遊技機制御技術の例;
     ●「ネット式制御(仮称)」:下記URL参照
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-8.html
     ●「ダイコク式制御(仮称)」:下記URL参照
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-9.html

    ◆イカサマパチンコは様々な害悪、特に、パチンコ依存症を生みパチンコをするための借金に起因する犯罪を誘発しています。
    パチンコ業界が遊技機の制御実態を隠し続け、長年にわたり客を騙し続けてきた罪は極めて重く、厳しく断罪されなければなりません。

    ※関連発言「不正遊技機の存在とその証拠」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-16.html

    ◆「客が知らない遠隔制御」: by 伸 介

  •    ◆実態を隠すパチンコ業界の罪
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ◆パチンコ&スロット最大の問題点は、実態がギャンブルであるのに「遊技」と言い換えて、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに決定できる「イカサマ性」にあります。
    パチンコ業界は、パチンコ店が遊技結果を決定できる不正遊技機(※)の制御実態を遊技客に隠し続けて巨利を得ています。

    ※不正遊技機とは:
    「風適法施行規則」第8条「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」が示す「遊技の結果が偶然若しくは客以外の者の意図により決定されるおそれが著しい遊技機」であり、これを根拠とする「遊技結果がパチンコ店の意図で決定される遊技機」。

    ★国内で様々な偽装が発覚しましたが、最も胡散臭いパチンコにもやはり『偽装※』があり、1700万人とも言われるパチンコ客は騙されています。
    ※最大偽装事案「パチンコの偽装」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html

     ●日本社会最大の偽装事案「パチンコの偽装」は、多くのパチンコ客が何らかの遊技機(台)制御に疑念を持ちながらも広く公になる事はありませんでした。
    客はパチンコ店の手のひらで遊ばされているとも知らずに、パチンコ依存症や借金をしてまでパチンコに夢中になるのは「イカサマパチンコ」を知らないが故の悲劇です。

    ★パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続け、パチンコ店には客の遊技結果を意のままに制御可能なイカサマ機能搭載機が堂々と設置されています。

     ●遊技機(台)が管理装置(ホールコン)等の外部装置により制御される根本要因は、パチンコ台の頭脳・心臓部として搭載されている「遊技機制御用チップ(遊技制御基板※)」にあります。

    ※「遊技機制御用チップ」とは:
    パチンコ店に設置する遊技機のために開発した遊技機部品。CPU、ROM、RAM 等の電子部品が装着され、それらの機能を一体化させた集積回路(LSI)。
    全てのチップはID(識別番号)により個別管理され、第3者がプログラムを確認できないように構成しています。
    外部信号の受信は、CRユニットを介し受信し遊技機を製作したメーカーが認めたホールコン等の外部装置からの信号に限定し許可。

    《以下続く》

  • >>No. 16088

    ◆[完全確率]はガセ情報(No16088の続き・一部再掲)

     ●パチンコ業界が宣伝する『完全確率』が客を欺く「ウソ」である事は、下記「遊技機制御技術の例(※)」の存在により証明されます。

    ※遊技機制御技術の例:
     ●「ネット式制御(仮称)」:下記URL参照
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-8.html
     ●「ダイコク式制御(仮称)」:下記URL参照
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-9.html

     ●上記は会社を挙げて技術を開発し苦労の末に特許権を取得した、管理装置によって遊技機の『当り』を制御する技術です。
    遊技機の「当り」を制御できる事は、パチンコ業界の宣伝する『完全確率』による抽選とは矛盾します。
    パチ業界が宣伝する『完全確率』で毎回抽選されるとしたならば、制御技術そのものが成立しません。

     ●上記技術は、パチンコ業界工作員と思しき者たちにより『実用されていない』との主張を目にしたことがありますが、特許に関する無知に付け込んだ幼稚な発言であり騙されてはいけません。

    ◆結 言:
    遊技機制御技術の存在は、外部から制御されない構造を求められている遊技機が、外部機器により遊技機制御が可能である事を証明しています。
    つまり、パチンコ店によって客の遊技結果が制御可能である事を証明しています。

     ●客の遊技結果を意のままに制御可能な違法遊技機により提供される「当り」は、管理装置が制御する常連客育成用の「エサ」なのです。
     遊技機(台)の制御実態を隠すための『確率』発言に騙されてはいけません!

    ◆追記事項:
    上記記述後の不正調査で遊技機(台)制御の根幹技術(※)が判明し、業界が宣伝する「完全確率」は主張の前提が崩れています。

    ※遊技機制御の根幹技術:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-6.html

    ※関連発言「最大偽装事案[パチンコの偽装]」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html

    ★客が知らない遠隔制御」:by 伸 介
     ****************

  •    ◆[完全確率]はガセ情報
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ&スロット最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠しています。
    パチンコ客はガセ情報である確率を美化した用語「完全確率」に騙されているのです。

    ★『完全確率』の用語はパチンコ業界の造語です。
    この造語の出所は、特許庁がパチンコ関係特許案件の技術審査に当り審査官の参考とするため、パチンコ業界に依頼し標準的な技術を収集・編纂した標準技術集 「遊技機及びその関連技術(※)」と推察されます。

    ※平成18年度 標準技術集「遊技機及びその関連技術」(国立国会図書館保存文書のURL):
    http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10342974/www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gijutsu/yuugiki/mokuji.htm

     ●上記「技術集」に「抽選に関するルール」の技術内容として以下の記述があります。
    『現行機におけるメイン基板による抽選は、以前の抽選結果による影響を受けない完全確率方式によって行なわれ、毎回同一の確率で抽選が行なわれる。』

    つまり、「以前の抽選結果による影響を受けない」事をもって『完全確率』と確率を美化した用語で宣伝を続けてきました。

     ●又、上記『技術集』はパチンコ業界が係わって編集したこともあり、パチンコ技術が法令・規則に従って「適正に」「清く」「正しく」使用されている前提で記述されています。

    このため、客には知られたくない「管理装置(ホールコン)による遊技機制御技術」に関しては、特許公開・特許登録技術が多数存在するが、一切記述されていません。
    この事実からも「パチンコ業界は遊技機(台)の制御実態を隠し続けている」と断言することができます。

     ●パチンコ業界が宣伝する『完全確率』が客を欺く「ウソ」である事は、以下の「遊技機制御技術(※)」の存在により証明されます。

    ※遊技機制御技術の例:
     ▲【特許第3909606号】([ネット式制御]と仮称):

     《以下続く》

  •    ◆パチンコの現状と社会の腐敗
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ&スロット最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続けています。

     ●パチ店が収益を上げる為に「商品」とも言うべき「当り」を管理・制御することは当然な事です。しかし、多くの客は管理制御の実態について知らされる事も気付く事もなく今日に至っています。

    ★多くのパチンコ客はパチンコ店現場において、確率的に極めて珍しい連荘や大ハマリを目にします。又、グループ化されていると思える「当り」が発生する事に「何か」があると考えても、それが「何故か?」を考える客は極少数です。

     ●パチンコ雑誌やネット上では、「○万勝った」「収支はプラス」「確率が云々」等と射幸心をくすぐる宣伝を行いパチンコ店に客を誘導します。

     ●パチンコ店に誘導された客は、サクラやサクラ代用客に大量の「展示用出玉」を見せ付けられ、「自分にも」と射幸心を煽(あお)られています。

     ●次回来店を促すホールは、初心者と判断される客に対しては常連客化を期待したビギナーズラックを、また、常連客に対しては「生かさず殺さず」3~5回に1回程度経営貢献への褒美として勝たせる。

     ●パチンコ店の遊技機(台)は、管理装置(ホールコン)に接続され「当り」発生をコントロールされています。
    客の遊技結果を意のままにコントロールする方法は「釘」ではありません。

    ★ギャンブルの親元パチンコ店が、客の遊技結果を制御することは「イカサマ」と言います。
    パチンコ業界は遊技機(台)の制御実態を隠し続け、イカサマ技術を使用することに倫理観を意識する事はありません。

     ●倫理観がない業界は社会全般を腐敗菌で汚染させています。したがって、先ずは腐敗菌をばら撒く根源を絶つ事が重要です。
     
     ●パチンコを止めることは、パチンコ業界への鉄槌。
    パチンコ客はイカサマ技術使用によるエサの提供に騙されてはいけません。
      (2008/04/23記)

    ◆関連発言:
     ●日本最大偽装事案「パチンコの偽装」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/

    ◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸 介

  • >>No. 16085

    ◆「不正には改造が必要」の意味(No16085の続き)

    Q:■>『客にとっては不正機能がそこに存在するか否かが問題であり、
    それが「無改造」であるかどうかは意味がありません。』

    A:★4~5年前までネット工作員と思しき連中は、初めて登場以来40年以上経過するホールコンの存在を「妄想である」と主張していました。その後ホールコンの機能隠しを経て現在は「遊技機を制御するには改造が必要」と強調しだしました。

     ●貴兄が言うとおり、遊技機(台)の制御に無関心な客には「無改造」か・否かは意味が無いことかも知れません。
    しかし、遊技機(台)が改造を必要とせずに制御を受け入れる技術、遊技機制御システム技術の開発は、遊技機の制御実態を隠し続ける業界ゆえに極めて重要な意味を持っています。

     ●5~6年ほど前までは「無改造」での遊技機制御システムが完全普及に至っていないと推測されていたことから、不正機器使用による摘発事例が報道されていました。
    しかし、新しい制御システム技術が完全普及に至った際には、「パチンコ台改造で遠隔操作摘発」という報道が消えてしまうと考えています。
    遊技機の制御に無関心な客は、「パチンコ台改造遠隔報道」の消える意味が何を物語るかも考えません。

     ●『改造』か『無改造』かは、遊技機の制御実態を隠し続けるパチ業界のみならず、その監督官庁及び「客」に係わる重大な問題を秘めています。
    このためにネット工作員達は『改造』を主張し、特許文献での「制御受け入れ技術」の存在と実用を必死に否定しているのです。

    ◆パチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続けています。

     ●『改造』か『無改造』かは、日本の社会正義に係わる重大な問題です。
    故に誰かがパチンコの暗部『遊技機の制御実態』にメスを入れなければなりません。
    (2008/04/15記)

    ◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸介

  •    ◆「不正には改造が必要」の意味 
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

      (読者投稿)
    Q:■>『特許文献を根拠として「【無改造で】信号受信可能な遊技台が【実際のホールに】設置されている」とするのは妥当性を欠くものと存じます。』

    A:★伸介は特許文献の記述のみで「遊技機に不正機能の存在」を主張しているわけではなく、様々な事象等を総合的に考慮した結果の主張です。(※下記URL参照)
    ※パチンコ遊技機に違法機能:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-2.html

     ●遊技機の制御実態を一貫して隠し続け、何も公開しないパチ業界の現状から、唯一信頼できる情報源は「特許文献」以外にはありません。
    特許文献において、遊技機(台)制御に関する全ての特許公開・特許登録案件では、遊技機が制御信号を受け入れ管理装置(ホールコン)に制御されています。

     ●遊技機制御技術の特許案件において「遊技機の改造が必要」な場合には、遊技機の制御ができないと言う事であり、その案件が未完成でそのまま実用できず、特許としての要件を満たしていません。もちろん特許権の取得はできません。

     ●根拠のない「改造が必要」の主張と、特許文献を根拠とするイカサマ技術実用の主張は、正当性を比較するまでもないと断言します。

    《以下続く》

  •    ◆伸介に対する警告と回答
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    (伸介投稿に対する読者投稿への回答)
    ★伸介はパチンコ業界による不正を追及し、過去に掲示板で業界側からの警告を何度か受け、ある者は身の危険に対する警告をし、ある者は名誉毀損を理由とする提訴を警告してきました。

     ●貴兄の発言を読んだ感想は、過去に受けた警告と同様発言と感じます。
    本日パチンコに対する同じ思いを共有する仲間達と定例の懇談会があり、貴兄の発言が最大の話題となりました。
    貴兄の発言真意が何であったか不明の中で、パチンコ業界が白旗を掲げた泣き言と言う者、サーバーに対する侵入を匂わせた警告だと言う者、伸介の心変わりを期待した懐柔策だろうと受け止める者等がいました。

     ●外国イタリアは社会全般にマフィアの影響力が及んでいると言われていますが、わが国において現在、イカサマギャンブル業界で暴力団が表面上うごめいている様相は確認できません。

     ●しかし、パチンコ業界はイカサマ技術使用による巨額な資金を背景として、政治家・警察・マスコミに対する影響力増大を強めています。
    又、このパチンコの金が様々な闇に流れ、日本に飛んでくるかもしれないミサイルの製造資金にさえなっているとも言われています。

     ●パチンコ業界が巨大イカサマギャンブル産業となった背景には、日本の治安を預かり「法(風適法)」の番人である警察が関わっています。
    パチンコ業界の影響力が日本社会の様々な面にこのまま及ぶ事は、日本社会の将来に重大な禍根を残す事となるのは明らかです。

    ■>『君がパチンコ業界に対してどうしたいのか知らないが、かかわらないのが一番だ、むしろ業界を崩壊に導きたいと思うならもっての外だ。』

    ★伸介はパチンコ業界壊滅が日本の経済活動に及ぼす影響が大きいことを認識しています。
    しかし、この影響は将来の治安悪化に対する懸念よりも優先する事項とは思えません・・・

    《字数制限のため以下記述略》

    ★客が知らない遠隔制御:by 伸 介

  •    ◆パチンコ依存と遠隔操作
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ◆パチンコ&スロット最大の問題点は、実態がギャンブルであるのに「遊技」と言い換えて、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに決定できる「イカサマ性」にあります。
    パチンコ業界は、パチンコ店が遊技結果を決定できる不正遊技機(※)の制御実態を遊技客に隠し続けて巨利を得ています。

    ※不正遊技機とは:
    「風適法施行規則」第8条「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」が示す「遊技の結果が偶然若しくは客以外の者の意図により決定されるおそれが著しい遊技機」であり、これを根拠とする「遊技結果がパチンコ店の意図で決定される遊技機」。

     ●遊技客は、イカサマ技術により常連客からパチンコ依存客へと無意識のうちに誘導されています。

    ★「パチンコ依存」は、遊技機を外部から制御する遠隔操作と密接に関係しています。
    パチンコ店は、ホールコンにより管理(制御)された「客のエサ」とも言うべき「当たり」を巧妙に提供し、射幸心を煽ることで興奮状態を作り出して依存度を促進させています。

     ●更に光・表示画像、特に、サブリミナル効果(※)による視覚への刺激とともに、音響・音楽により聴覚への刺激を加えることで「客の精神状態」をコントロールし、結果的にパチンコ依存度を増加させるようになっているのです。
    ※関連発言「パチンコ依存への誘導技術」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-23.html

     ●また、パチンコ遊技機は、「客の心理状態」感知機能と、その結果に応ずる制御を行うことが可能となっています。(※)

    ※客の心理情報収集と制御について:
    パチンコ台の基盤的技術として採用された「ステッピングモータによる玉発射装置」は、発射ハンドルへの手の接触から遊技状況に応じて遊技者の呈する心理状況の変化を読み取って心理情報を収集し、その結果を制御に反映する事が可能になっています。

    ◆パチンコ客は、上記機能に関連させた演出表示による射幸心の煽り、音響、及び光による感覚的刺激を受けパチンコ依存度を増すように育成されるのです。

    ★「客が知らない遠隔制御」:by 伸介

  •    ◆イカサマ進化と改造摘発作戦
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続けています。
    「イカサマ性」は客が気づかないまま進化し、新システム普及により遠隔操作摘発事例もやがてなくなります。

    ★パチンコ客は1600万人以上と言われますが、果たしてどれほどの客が管理装置(ホールコン)の存在を承知しているのでしょうか。
    その中の一部の人が遠隔制御を疑い、更にその内の極一部の人がその機能を承知しているに過ぎません。

     ●遊技機管理装置(ホールコン)は、1970年代に登場しパチンコ店に設置されました。
    以来40年以上経過、その機能も驚くほど進歩しました。もちろん「遊技機(台)」もその他の周辺機器も進化し現在ホールコンは「パチンコシステム」の中核として機能しています。

     ●最新の遠隔制御は、コンピューターソフト(プログラム)を使用し遊技機(台)の改造も必要としません。
    立ち入り検査に際しても不正が発見されず、摘発しようにもその証拠物件となるROMプログラムは容易に確認できないようになっている現状では、警察が熱意をもって調べない限り摘発されることはありません。

    ★パチンコ業界団体(「遊技産業健全化推進機構」)は、平成19年4月から旧システム一掃作戦と言うべき「立ち入り検査」による「不正改造摘発作戦」を開始し、その結果、複数の店が警察に通報され摘発されました。

     ●「機構」が実施する「不正改造摘発作戦」は、客の遊技結果をパチンコ店が意のままに操作する為には、改造を必要とする古いシステム使用パチ店を発見し摘発させる事。
    そして、不正が発見されない新しい制御システムの早期導入を狙ったものではないかとの強い疑念が残ります。

     ●やがて作戦が終了し旧システムが一掃された暁には、「パチンコ遠隔操作摘発報道」は皆無となります。
    「遠隔摘発報道」が無くなる事は、パチンコ台の制御実態を隠し続けるパチンコ業界の完全勝利を意味します。

    ◆ここ数年パチンコの遠隔操作摘発報道を目にしていませんが、果たしてパチンコ業界の「悲願」は達成したのか、それとも直ぐ近くなのでしょうか?
    (2008/02/25)

    ◆客が知らない遠隔制御:by 伸 介

  •    ◆イカサマパチンコの「確率」
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続けて巨利を得ています。

     ●パチンコ店に設置された全ての遊技機は、「法(風適法)」に違反する「遊技結果がパチンコ店の意図により決定される」違法遊技機です。
    管理装置(以下「ホールコン」)に管理・制御される機能を保有する遊技機は、『確率』を語る意味がありません。
     
    ★遊技機管理システムを含む全ての遊技機制御に関する技術は、パチンコ店に設置された遊技機が外部機器から制御可能であるために開発されました。

     ●したがって、「ネット式制御」「ダイコク式制御」に代表される遊技機制御技術(※)の存在は、遊技機規則上制御されてはならない遊技機(台)が外部から制御可能であることを示す状況証拠です。

    ※遊技機(台)制御技術の例:
     ▲【特許第3909606号】(「ネット式制御」と仮称)
     http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-8.html
     ▲【特許第4060388号】(「ダイコク式制御」と仮称)
     http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-9.html

     ●遊技機が制御される根本要因は、全ての遊技機に「主制御基板」として搭載された「遊技機制御用チップ」にあり、遊技機メーカーが認めるホールコン等の信号に限定し受信する機能にあります(※下記URL参照)。
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-6.html

    ◆管理装置(ホールコン)など遊技機外部からの制御信号を受け、制御される遊技機(台)の「当たり」抽選は、数学的な確率とは無縁です。
    パチンコ業界側がネット上で宣伝する『確率』発言は、遊技機(台)制御を隠す意図で語られるのです。

     ●パチンコ最大の問題点はその「イカサマ性」にある事を再度強調します。
    『確率』の宣伝に騙されてはいけません!

    ◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸介

  •    ◆「特許文献」と否定工作
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ★実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続けています。

     ●遊技機の制御実態を隠し続けるパチンコ業界のアキレス腱(弱点)は「特許」です。
    パチンコ客に隠し続ける遊技機制御技術は、唯一「特許文献(「特許審決文書」を含む)」にのみ存在します。

     ●故に様々な論法で特許技術の実使用に対する否定工作が行なわれます。
    この否定工作の多くは、自らの特許に関する無知を晒しながら、読者の無知に付け込んだ幼稚な論法がほとんどです。

    ★パチンコ技術に関して「特許文献」を紹介すると、必ず出てくる発言として●「出願されても実用化されていない」論、●「特許権を取得しても使用していない」論が出てきます。また、読者の無知につけこんだ「特許実務ウソ知識披露」までが登場します。

    更に、●「法改正後の使用」論、●「カジノでの使用」論も出てきます。
    客が知ると暴動でも起きかねないイカサマは、「法改正後」であれ「カジノ」であれ「使用される」ことはありません。
    このような常識を欠く主張は単なる「幼稚な否定工作」です。

    ◆掲示板工作員達の笑止千万な主張ですが、パチンコ客に隠したい遊技機制御技術が広く公になる事は業界の死活問題です。故に、「ウソだ」「デタラメだ」の情報工作には、パチンコ業界の命運がかかっているのです。
    しかし、客は何時までも騙されてはいけません!!

    ◆関連発言「隠された遊技機制御技術」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-24.html
    ◆関連発言「否定工作と不正の状況証拠」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-13.html

    ◆「客が知らない遠隔制御」: by 伸 介
      *****************

  •    ◆パチンコ&スロットの制御
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ&スロット最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠しています。

     ●遊技機の制御実態を隠し続けるパチンコ業界の収益源は、言うまでもなくパチンコ&スロット関係のものであり、収益を得るための遊技機管理・制御に大きな違いはなく、イカサマの隠ぺいにも差はありません。

    ★パチ&スロ遊技機の制御実態を隠し続けるパチンコ業界が関わって作成した公式文献「標準技術集『遊技機及びその関連技術』」(国立国会図書館の保存文書)※が存在します。
    http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10342974/www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gijutsu/yuugiki/mokuji.htm

     ●上記技術集は数多くの遊技機制御技術が特許出願・公開・登録されているにも関わらず、客に知られたくない管理装置による遊技機制御技術に関し、パチもスロも同様に隠されています。

    ★多くの遊技機制御技術は、管理装置が制御する遊技機を「パチンコ」「スロット」両方共通で制御可能としています。
    この理由は、遊技客の最大関心事「当り」「ハズレ」の抽選を行う遊技機の頭脳部「主基板(遊技機制御用チップ)」が、パチ&スロ共通で、組合「日工組」指定の同一チップを搭載しているためです。

     ●したがって、遊技機が制御される根本要因「遊技機制御用チップ」を搭載しているパチンコとスロットの「イカサマ性」に大きな違いはありません。
    遊技機の制御実態を隠し続けるパチンコ業界・指導監督官庁・遊技機認定機関が癒着のトライアングルを構成し、その関わり具合もパチンコとスロット同様です。

    ◆スロットには確率設定が認められている事を理由として『スロットにはイカサマはない』と考えるのは間違いです。
    「遊技機の制御実態」を隠し続けるパチンコ業界に騙されてはいけません!

    ※関連発言「隠された遊技機制御技術」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-24.html


    ◆「客が知らない遠隔制御」by 伸 介

  • >>No. 16077

    ◆パチンコ遊技機に違法機能(No16077の続き)

    ★2.遊技機(台)本体を改造しない「遠隔操作摘発」事例の存在。

     ●(1)遊技機(台)自体を改造せずに遠隔操作を行ったと推測される事例(※下記URL)の存在は、外部から制御されてはならない遊技機が管理装置又は不正機器等による遠隔操作(不正信号受信)が可能であることを証明しています。
    http://www.youtube.com/watch?v=ddHtu3p0yc8


     ●(2)上記のほか多数の遠隔操作摘発事例がありました。これらの不正は、未承認機器の取り付けや不正パソコン接続により操作した旨を報じられています。これらの事実は遠隔操作された遊技機だけが特別に不正信号受信機能を搭載していたとは考えにくい。

    全ての遊技機は製造時から「外部信号受信機能」が搭載されて外部機器に制御され「パチンコ店の意図により客の遊技結果を左右する」と考えるほうが極めて自然であること。

    ★3.多くのパチンコホールにおける不思議な現象確認。

     ●島内における「当り」発生の偏り、及び、台がグループとなっていると確信する「当り」発生状況の確認。 

    ★4.ホールコンメーカーが自社製品宣伝にあたり、台が不正技術搭載を示唆する内容確認。

    《ホールコンによる台の管理設定項目として「グループ設定」機能が存在。》

    ※関連発言「最大偽装事案[パチンコの偽装]」:
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html

    ※追記事項:
    ◆上記に記述した「外部からの信号を受ける機能」に関する件は、全てのパチンコ台の心臓部として搭載されている「遊技機制御用チップ」の機能により、外部からの信号受信が可能となり、不正に制御されることが後日判明しました。 

    ◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸 介

  •    ◆パチンコ遊技機に違法機能
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界はこれを隠し続けて巨利を得ています。

    ★「遊技機規則」は、遊技機が外部から制御されない構造を求めています。
    しかし筆者は、下記事項を総合的に考察した結果、一般的なパチンコ店に設置されたパチンコ遊技機は、製造時から法令に違反し、遊技機管理装置(ホールコン)に常時制御される「遊技の結果がパチンコ店の意図により決定される遊技機」となる機能が搭載されているとの結論に至りました。
    以下その理由:

    ★1.遊技機(台)の改造を必要としない遊技機制御技術の存在。

    規則において遊技機の心臓部「主基板」は、外部からの信号受信が可能であることを明記しています。特許公開及び登録した全ての遊技機制御に関する技術は、遊技機が外部信号を受信し外部機器から制御される事実(技術※)が存在します。

    ※遊技機(台)制御技術の例:
     ▲【特許第3909606号】(「ネット式制御」と仮称)
     http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-8.html
     ▲【特許第4060388号】(「ダイコク式制御」と仮称)
     http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-9.html
     
     ●上記は特殊な遊技機や存在しない遊技機を制御する為に開発された技術ではありません。
    一般的なパチンコ店に設置されたパチンコ台を、管理装置により制御する事を目的に開発され、苦労の末特許権取得に至った技術であること。

    ★2.遊技機(台)本体を改造しない「遠隔操作摘発」事例の存在。

    《以下続く》

  • >>No. 16074

       ◆偽装事案「パチンコの偽装」反論求む
       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    ◆実態がギャンブルであるパチンコ最大の問題点は、パチンコ店が客の遊技結果を意のままに制御する「イカサマ性」にあり、パチンコ業界は遊技機の制御実態を隠し続けています。
    日本社会で様々な偽装が発覚する中で、最も胡散臭いパチンコもやはり『偽装』がありました。

     ●2015年に表面化しパチンコ史上最大の遊技機撤去に発展した事態は、多くの遊技客が認識していない「パチンコの偽装」が表面化した結果です。
    遊技機メーカーが撤去する「検定機と性能が異なる可能性のあるパチンコ機」と表現している遊技機は、「遊技結果がパチンコ店の意図で決定される遊技機」のことです。
    この「客の遊技結果がパチンコ店の意図で決定可能な遊技機」は、明確な不正遊技機(※)です。

    ※不正遊技機とは:
    「風営法施行規則」第8条「著しく射幸心をそそるおそれのある遊技機の基準」が示す「遊技の結果が偶然若しくは客以外の者の意図により決定されるおそれが著しい遊技機」であり、これを根拠とする「遊技結果がパチンコ店の意図で決定される遊技機」。

    ※関連発言:「不正遊技機撤去問題の本質」
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-34.html

    ◆パチンコ業界側の皆さんは、苦々しい思いで伸介発言を見ている事と思います。
    小生は業界側の皆さんに日本最大偽装事案《パチンコの偽装(下記URL)》に対する反論を求めます。
    http://fuseiyurusazu.blog68.fc2.com/blog-entry-10.html

     ●上記伸介発言に反論したい方は、努めて根拠・ソースを示し要点を明確(可能であれば簡潔)に記述し主張してください。

    要点の不明確な反論、単なる幼稚な否定工作、ヤジ・冷やかしと判断する発言等《返答に値しない投稿》はスルーとさせて頂きます。


    ◆「客が知らない遠隔制御」:by 伸 介

本文はここまでです このページの先頭へ