ここから本文です

投稿コメント一覧 (225コメント)

  • No.37091

    強く買いたい

    次のニュース

    2013/10/06 16:09

    次の注目ニュースは、

    『魔法使いと黒猫のウィズ』が900万ダウンロードを突破

    『プロ野球PRIDE』のダウンロード500万突破

    どちらが先に来るか分からないけど、早ければ早いほど株価が敏感に反応するでしょう。

  • No.37097

    強く買いたい

    Re: 次のニュース

    2013/10/06 16:21

    >>No. 37091

    ちなみにトップセールス・ランクと過去の実績から見て、

    『魔法使いと黒猫のウィズ』が900万ダウンロード突破は、今月10日頃だと予測されます。よって、今週後半に一段の株価上昇が見込めます。

    9月30日に800万DLを9月20日の700万ダウンロード突破からわずか9日間で達成し、株が急反発したので、900DLがこれより早いようだと、株価は青天井となるでしょう。
    http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201310020054

    また、ディズニー、三国志、恐竜もすでに100位以内にランクして、着実にDLが伸びている点も好材料です。

    個人的には、今週900DLが達成されれば、株価は4,000円に乗せるとみています。

  • 7/31のIRで「通期業績予想」の当期純利益を41.9%上方修正しました。
    しかし、その後、本決算日である9月末日までの2か月間に『魔法使いと黒猫のウィズ』のダウンロードが300万→800万に激増したので、これが11月公表の本決算に反映されると、さらなる上方修正ありの情勢です。増額に市場が敏感に反応するのはいうまでもありません。

    また、株主重視の経営者のポリシーから、今期には初の配当の可能性もありそうです。配当が出ると株価が上昇し、投信や外国人の買いも入りやすくなります。

    さらに、来期業績予想についても、もう一つの主力ゲームの『プロ野球PRIDE』がトップセールスの上位にランクされており、それに続くディズニー、三国志、恐竜の好調を受けて、飛躍的に引き上げられるでしょう。

    このように、決算は非常に期待できます。決算までに一旦調整はあれど、それを上回るインパクトのニュース(魔法使いと黒猫のウィズの900万DL達成が10日頃、プロ野球PRIDEの400万DL達成も月内か)があるはずですし、東証一部昇格の可能性も少なからずあるでの、決算前に手放しては後で後悔しそうです。

  • 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の9日14時現在で、コロプラ<3668.T>が「買い予想数上昇」で1位となっている。

    この日は大幅続伸。引き続きスマートフォン向けクイズ&カードバトルRPG「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」の好調を手掛かりとした買いが続いている。9月29日には累計800万ダウンロード(DL)を突破。8月19日から開始したテレビCM放映をきっかけにダウンロード数の拡大が加速しており、9月20日に累計700万DLを突破してから、わずか9日間で100万DLが上乗せされたことになる。10月4日からは3回目のテレビCMを2カ月弱放映する予定であり、さらなるDL数増の加速も期待されている。近日中にも900万DL突破が発表されるのではないかとの思惑も買い予想の増加につながっているようだ。

    http://www.yoji.cc/kabu/archives/3400.html


  • 明日はストップ高ですね。

    明後日でも同じ結果。

    また、上位にランクしている秘密探偵、蒼の三国志の100万DL上積み達成IRでもS高!!

  • No.45915

    明日はS高

    2013/10/15 18:35

    コロプラの『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』が累計900万ダウンロードを突破

    コロプラのスマートフォン向けアプリが累計5,000万ダウンロードを突破! ~スマホアプリ開発開始から約2年。カジュアルゲームから本格派のゲームまで全62本を配信~

    http://colopl.co.jp/news/

  • 株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:森田 仁基、以下ミクシィ社)は、6月24日に、ひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」<http://www.monster-strike.com/>の世界累計での利用者*1が900万人を超えたことを発表いたします。

    *1 モンスターストライクの利用者数には、同一端末で重複ダウンロードされた数は含んでおりません。

    「モンスターストライク」は、スマートフォンの特性を活用した、誰でも簡単に楽しめる爽快アクションRPGです。自分のモンスターを指で引っ張って弾き敵のモンスターに当てて倒していくターン制のゲームで、壁やモンスターへの“跳ね返り”や“ぶつかり”を上手く活用することで、クエストを攻略していきます。一緒にいる友だちと最大4人まで同時に遊べる協力プレイ(マルチプレイ)が特長です。
    2013年10月の提供開始より、多くのユーザーの皆さまにご利用いただいております。2014年5月より台湾での提供も開始しており、今後も積極的に海外展開を行ってまいります。

    利用者900万人を超えたことを受け、今後900万人突破キャンペーンを開催する予定です。

    「モンスターストライク」では、今後も引き続き、ユーザーの皆さまが友だちとコミュニケーションをとりながらゲームを楽しめるよう、様々なコンテンツを提供してまいります。

    以上

    http://mixi.co.jp/press/2014/0626/12227/

  • 2015/03/12 21:20

    急騰の理由は、防虫関連の大手4社から確かな虫よけ商品を持つニックスに需要がシフトしたためですね。

    空間虫除け剤のパッケージに「虫を寄せ付けない」などと記載された表示内容は、「根拠不十分」と認定された。消費者庁は2月20日、景品表示法違反(優良誤認)として、販売している大手4社に再発防止などを求める措置命令を出した。平成19年に大日本除虫菊が「虫コナーズ」を発売して以来、成長を続けてきた市場に「待った」がかかった形だ。

    参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150311-00000531-san-soci

  • 月曜もストップ高ですね。

    PTS(リアルタイム)

    1,688+300(+21.61%) (03/13 22:31)

  • >>No. 11739

    確かに、「販売用不動産の売却により、平成27年11月期において、売上高9,298百万円、売却益1,067百万円を計上する見込み」なので、この時点で営業利益10億円が確定しているのは、安心材料ですね。

    また、J-REIT上場が正式に決まれば、それ自体大きなインパクトを持ちますし、また物件の保有売却先や管理手数料を確保できるわけですから、新たな収益源となりそうですね。

  • 確認しましたが、アルプスに悪いニュースは何一つなし。よって、下げの原因は異常な需給要因。
    アップルウォッチの発売と決算発表を控えたこの時点で、おそらく外資系証券やヘッジファンドが売りを仕掛けて狼狽売りを誘い、下がったところで安く大量に仕入れようとしている。

    ちなみに、モルガンスタンレーによると、「アルプスはスマホ向けでは、1台あたりの搭載金額増が続くMLCC、高周波フィルタ、カメラアクチュエータが15年度も牽引役とみられ、同社は車載で市場の期待を上回る利益成長を実現する一社と位置づけている」そうです。

  • あとは4月中のどの時点で株価が噴くかですね。

    レーティングの引き上げやアップルウォッチの販売好調、上振れ決算など何か良いニュースが出れば、一挙に3千円台半ばに跳ね上がりそう。

  • Apple Watch、予約は好調な滑り出し 生産体制強化との見方も

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1504/14/news125.html

    米国では初日に100万台の予約を達成し、サムソンやソニーのAndroid搭載スマートウォッチの2014年の1年間の出荷台数約72万を1日で抜いたわけだから、かなり期待してます。

  • >>No. 184

    会社予想の2倍の過去最高益の見込みとなり、マザーズ市場で本日唯一のストップ高銘柄に!!

    まだ中間決算の段階であり、再度上方修正の発表があるかも。

    株価は成長性、将来性を織り込み、最低2000円は行ってほしいです。

  • >>No. 196

    ダブルスコープは、大和証券が5月から猛烈な勢いで買い集めているところ。
    チャートも数年来高値を抜いて、上昇が始まったばかりなのに、そんな低い価格で手放すのはもったいない。

    >2015年6月2日、大和証券投資信託委託(東京都千代田区)は、ダブル・スコープの保有株式に関して変更報告書を提出した。報告書によると、報告義務発生日(2015年5月27日)における筆頭提出者の保有割合は12.43%(1.01ポイントの増加)であった。保有目的は「証券投資信託の財産として保有」としている。

  • ちなみに、同業のセパレーター専業大手のニッポン高度紙工業は、冴えない決算でもPER27.56倍。ここは今日時点の会社予想で10.63倍しかない。

    単純計算で、ニッポン高度紙工業並みの企業価値があるとすると、株価は少なくとも今の2倍の2700円、2.7倍とするなら3500円になります。

    電気自動車の普及の黎明期にあって、今後の成長性が楽しみですね。

  • >>No. 297

    第1四半期の好決算発表後もその動きでしたね。
    一旦下げた後、一進一退を繰り返し、数日してから急伸した動きが今回も見られそうですね。

  • ついに1600円を突破。
    ゴールデンクロスを経て吹き上げが始まりました!!
    目指せ2500円!!

  • >>No. 166

    >みずほ銀行が優先株を転換して保有比率を議決権割合で20.82%から49.56%に引き上げ、筆頭株主となると発表

    優先株が普通株に転換されると、発行株式数が増加し、1株利益が低下するので、これは当然株価の下落要因ですね。

    今回、 発行済み株式数が一挙に約4億6千万株も増えるので、既存の株数8億1600万の半分以上に相当し、かなりネガティブなインパクトが大きいと思われます。

    単純計算で、本日の終値227円の50%の希薄化で概算すると、227 / 1.5 = 151円の株価水準となり、70円以上の下げ圧力が働くことになる。。。

    みずほとのシナジー効果でこの下落圧力をどれだけ相殺できるかがカギとなりそうです。

    個人的には、以前からみずほ銀行とカード事業で連携していたことを考えると、今回の「連携強化」は新味に乏しく、短期的に大幅な調整が避けられないのではと思います。

  • ノジマは、インバウンド、ベトナム、IoT、PB、ドローンと話題が豊富なので、何かにつけて上がり続けると思います。

    更なる株価飛躍のために、証券会社が新たにレーティングのカバレッジを始めてほしいですね。

本文はここまでです このページの先頭へ