ここから本文です

投稿コメント一覧 (904コメント)

  • 毎日新聞1月19日20:40配信
    ◇有力スポンサー候補2陣営

     エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題に揺れるタカタを巡り、同社に出資を検討している有力スポンサー候補2陣営がタカタの国内本社に法的整理を提案した。裁判所を介した透明性の高い手続きで総額1兆円規模とされるリコール費用のタカタ負担分を明確化し、再建手続きを加速させる狙いと見られる。タカタは私的整理での再建を目指しており、調整は難航する可能性がある。

     関係者によると、法的整理を提案したのは、スウェーデンのエアバッグ世界最大手オートリブと、中国系の米自動車部品会社キー・セーフティー・システムズ(KSS)。

     タカタは米国法人に日本の民事再生法に相当する米連邦破産法第11条の適用を検討中とされる一方、国内本社は私的整理による再建を主張してきた。リコール費用を肩代わりしている国内外の自動車メーカーにも、部品の安定供給を最優先する立場から、一時は私的整理に理解を示す声があった。

     しかし、リコール費用の負担割合など具体的な協議に入ると、タカタや自動車メーカーごとの思惑が入り乱れて難航。業を煮やした自動車メーカー側からは「株主への説明責任を果たすためにも透明性の高い法的整理の方が望ましい」(国内自動車関係者)との声が出始めた。タカタはエアバッグ事故の被害者らによる集団訴訟リスクを抱え、全体の負債額が把握しづらいことも、法的整理案を後押ししている模様だ。

     もっとも、法的整理が適用されれば多くの取引先の中小企業にまで支払い遅延などの影響が及びかねない。タカタ株が無価値になる可能性から金融市場の混乱も予想される。

     タカタは2月にもスポンサー企業を固めたい考えだが、「この時期に法的整理案が表面化すること自体、タカタに譲歩を迫るための策ではないか」(部品メーカー幹部)との見方もあり、事態は神経戦の様相を呈している。【宮島寛】

     ◇法的整理

     経営難に陥り、借金返済や取引先への支払いができなくなった企業が、法律に基づき、裁判所の管理下で債務を大幅に削減してもらう倒産手続き。手続きを定めた具体的な法律としては、借金を減らした上で再建を目指す会社更生法や民事再生法、保有する財産を銀行などの債権者に分配して会社をたたむ破産法がある。裁判所が手続きを管理するため、公平性や透明性が高い半面、「倒産」のイメージが強く、顧客離れが進むリスクもある。

     一方、裁判所を介さず銀行などと企業が話し合いで借金減額や再建計画を決める手法を「私的整理」と呼ぶ。法的整理より倒産色は薄まるが債務削減が徹底されなかったり、経営責任があいまいになったりする恐れもある。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000101-mai-bus_all

  • 笑えてきた、糞株でハイカラ午後から入った全員討死

  • これはぷらてん間違いないわ
    2時から地獄絵図いけ

  • さあハイカラどうするどうする

  • 面白くなって来たああああーー

  • 貸株残り36万株 2時20分迄持ちこたえれば・・・・・

  • 何度も何度も踏みあげ食らってる人がお見えですね笑
    頑張って下さい

  • 🎊祝 スーパーマリオラン発売オメデトウ🎊

  • 1~3Q会社予想の進捗状況の確認、皆通期の経常利益の増額の積み上がりに
    期待し株価が上昇してるんじゃないの、とんでもない数字になるんじゃないの

  • IFIS株予想
    あくまで1Qコンセンサス予想だよ  

    1Qコンセンサス予想 経常―18126百万円   通期予想51259百万円   会社予想45000百万円
    皆理解してると思うけども、この数値がたたき台だよねえ

  • 2時45分売買代金7000億突破

  • ポケモンGO、20日にも日本で配信開始-マクドナルドと提携も

    ウオールストリートジャーナル 7月20日提供
    【東京】日本マクドナルドホールディングスは、大ヒット中のモバイルゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の日本配信で提携し、ゲームの鍵を握るロケーションとして自社店舗を提供する予定だ。事情を知る複数の関係者が19日、明らかにした。
     関係者によると、日本での配信開始に合わせて20日にも提携を発表する可能性がある。ポケモンGOでは初の企業提携となる。
     ゲーム企画会社のポケモンと、開発を担当した米ナイアンティックはいずれもコメントを控えた。日本マクドナルド広報のコメントは現時点で得られていない。
     ナイアンティックは、収益源を広げるためスポンサー契約を検討すると述べていた。また、同社のジョン・ハンケ最高経営責任者(CEO)は東京で先週末、ポケモンGOが日本で「もう間もなく」配信されるだろうと語った。
     日本マクドナルドがポケモンGOの配信で提携することはテッククランチなどが先に報じていた。

  • YouTubeのインフォメーションミーティング貼り付けます
    アキュセラについても語っています
    https://youtu.be/Mzwdt578_SQ
    「SBIFineTech」のイベントの開催レポートの掲載ありました
    http://www.sbigroup.co.jp/investors/library/presentation/pdf/presen160519.pdf

  • >>No. 424

    ユーチューブのインフォメーションミーティング名古屋の
    誰か教えてくれてるよね自分で確認して見たら
    プノンペン商業銀行売却益40億程度あったし
    ナルミヤインターナショナル(子供服等のアパレル事業)等の売却も準備中
    それにバイオの子会社の上場申請も視野に入れてるみたいだし、アキユセラも
    将来性を考え売る事毛頭考えて見ないみたい、バイオ投資の道楽はハンパでないから
    将来とんでもない事になるかも知れない、フインテック・AIだけじゃない先行投資素晴らしい
    futさんなんかが怒ってたが配当性向も40%は続けようだし

  • >>No. 419

    落書きの様な投稿の中 貴方ぐらいがまともそうな発言してるが
    要するにアキュセラ如きの損金で期末の業績に大きく影響する事はないと言う事
    内外の機関の持ち株が64%位かな 業容拡大ここは目を見張るから
    安くなったら購入したい人は幾らでもいるんです

  • アキュセラの前期末終値2770円だからここの被害額も
    ほとんどないだろうし、今期業績は現段階では間違いなくここは
    割安でしょう、ブランも120万株のストックオプションと
    猫騙し企画多分収益面で間違いなく壁にぶち当たる可能性多いにあり
    3四半期からが分水嶺だろう、人間関係も見城さんの呼び掛けで
    秋元さんと松浦さんが参加したが、見城さんはハワイの不動産投資
    しか頭にないし、猪突猛進の近藤では誰が見たって将来性に不安しかない
    見城さんに対して義理で参加している秋元さんが気の毒しょうがない

  • アキュセラを持ってる人が掲示板で逆恨みして暴れていたが
    アキュセラの内紛誰も知らない人達が買っているんだ。
    まるで賭博場だ、ブランの近藤のDV係争について誰も言わないし
    大量の4月から解禁になったストックも誰も知らない見たいで
    新興を博打のように考えていて、将来展望で投資している人を
    バカにしている御仁こんなに多くいるのですね

  • ビットコインなど規制する法律の改正案が成立
    NHK NEWS WEB  5月25日 11時21分

    ビットコインなどの仮想通貨を実際の通貨と交換する業者を登録制とするなどの規制を盛り込んだ法律の改正案が、25日の参議院本会議で可決・成立しました。


    ビットコインなどインターネット上の仮想通貨を巡っては、おととし、取り引きを仲介していた東京の業者が経営破綻したことなどから、政府は利用者を保護するため、資金決済法など関連する法律の改正案を国会に提出し、25日の参議院本会議で賛成多数で可決・成立しました。

    法律では、仮想通貨の定義について、財産的な価値があり、インターネットなどを通じて不特定多数の間で物品やサービスの購入に使ったり、ドルや円などの通貨と交換ができたりするものと定めています。そのうえで、仮想通貨を実際の通貨と交換する業者に金融庁への登録を義務づけます。

    金融庁によりますと、ビットコインはことし3月末の時点で国内の1400を超える店で決済に利用できるということで、取り引きが拡大するなか、今回の法改正を利用者の保護につなげることができるかどうかが課題となります。
    このほか、金融と最新のIT技術を融合したフィンテックと呼ばれる新しい金融サービスの普及を後押しする規制緩和が盛り込まれた銀行法の改正案も可決・成立しました。
    これらの法律は来週にも公布され、それから1年以内に施行されます。

  • まじめスパークスを皆で応援しょう
    「復活の方程式が見えてきた」と阿部社長、営業益2.1倍の15年度決算ダイジェスト
    https://youtu.be/UPAmq2KqiZc

  • 焦点:三菱自悩ます不正の代償 顧客補償だけで1000億円規模も
    [東京 29日 ロイター] - 燃費不正の代償は三菱自動車(7211.T)に重くのしかかりそうだ。不正が確認された軽自動車4車種だけで、顧客などへの補償は1000億円超になるとの試算もある。追加調査で不正対象車が増えれば、その額はさらに膨らむ。ブランド毀損による販売減少が続く可能性もあり、業績悪化は避けられそうにない。
    <特損1500億円の試算も>
    詳細は下記より
    http://sekai-kabuka.com/news.html

本文はここまでです このページの先頭へ