ここから本文です

投稿コメント一覧 (108コメント)

  • ほんと毎日がスペシャル!
    塩漬け状態で本来笑えませんが
    思わず笑ってしまいました(^-^)
    どんな時もユーモア大事です。

  • いますよ(^-^)
    2380円でNISA買い!
    ナンピンして
    今やNISAに700株!
    さらにナンピン検討中〜
    長い目で応援するしかないっす

  • クックパッドアプリ、タイムライン機能が追加されてたんですね。新鮮な情報、良いですね。これからも新たな試み、楽しみにしてますよ。

  • 2017/12/31 15:16

    電報サービス!

    アスクルは、BtoB通販サービス「ASKUL」において、KSGインターナショナルが運営する電報サービス「e-denpo」の提供をサービス名称「アスクル e-denpo」として開始した。
    同社では、大企業向け通販サービス「SOLOEL ARENA」において、2012年11月より「ソロエルアリーナ e-denpo」のサービスを提供しており、これまで幅広い支持を獲得してきたことから、中小企業・個人事業主も利用できるよう、サービス提供範囲の拡大に踏み切ったという。

    法人における慶弔時の電報は、ビジネスマナーとして定着しており、業種・地域を問わず多くの需要があるが、電報サービス(信書送達事業)は2003年まで民間事業者による参入が規制されていたため、事業者数が少ない状況だった。KSGは規制緩和とともに参入し、「e-denpo」は業界最低水準の料金で、事業所の利用者から多くの利用を得ている。

    般的な電報料金は、記載される文字数に応じたメッセージ料金に台紙料金その他のオプション料金等を合算して設定される『文字課金型』ですが、「e-denpo」は463文字までなら台紙料金込みで一律料金1000円(税抜き)の『文字数定額型』。ソロエルアリーナの顧客からも、「e-denpo」のわかりやすい料金設定は支持されているという。
    アスクルWebサイトから利用できる「アスクルe-denpo」は、アスクル利用代金とまとめてお支払いいただくことで、中小企業の支払処理の負担を削減するというメリットもある。

    そのほかに、安心・信頼の特定信書便許可を得ているうえ、最短当日3時間での配達が可能。高品質な台紙、企業ロゴ、写真など画像挿入サービスが無料という特徴も持つ。

  • 2017/12/15 00:23

    久しぶりにロハコで買い物したら
    欲しいものがたくさんでした。
    かゆいところに手が届く感じ。
    上がって欲しいけど
    下がったら迷わず買い増しします。

  • No.892

    強く買いたい

    今のうちに

    2017/12/14 09:25

    今のうちに

  • 売りませんでした(๑˃̵ᴗ˂̵)
    吉と出ますように☆

  • 売らされそう(°▽°)
    ガマンしてます

  • 今のうちに集めたいです。

  • 今日スーパーの野菜売り場で
    クックパッドの料理動画流れてました。
    含み損は膨大ですが、新しい動きに期待します。長い目で(´-`)

  • No.738

    買いたい

    いよいよでしょうか

    2017/10/27 12:47

    いよいよでしょうか

  • 佐野さんの『食』への真っ直ぐな姿勢が
    そのうち株価に反映される日が来ると思いますよ〜

  • 1390円で300です〜
    長い道のり…ですが、クックパッドにはほぼ毎日お世話になってますので今の株価には目をつぶって、変わらず応援したい企業です。
    他のお料理のサイトも体験してみましたが、なんだかんだどのサイトよりクックパッドが便利だと思ってます☆

  • いよいよ来そうな予感です!

  • ロハコの魅力です↓

    アスクルの通販サイト「LOHACO」は10月6日から、代官山T-SITE GARDEN GALLERY(東京・渋谷)で「暮らしになじむLOHACO展2017」を開催する。当日は味の素、伊藤園、カルビーなど48社とコラボレーションした61の新商品が発表される予定。会期は10月11日まで。

    同社では2014年からECマーケティングの研究活動を手がけており、ECならではの自由なデザイン開発を進めている。コンセプトを「暮らしになじむデザイン」とし、効果・効能が中心の既存のパッケージにはない、デザイン性を重視したアイテムが一斉に展示される。同展の開催は3回目で、前回(36社)よりも参加企業が増加した。

    会期中は会場内でスーパーの陳列棚をバーチャルで再現。来場者はスマホでアイテムを購入できる。10月7日~9日の3連休中は出展アイテムの試飲・試食ゾーンを設けるほか、オリジナルボトルづくり(花王)、インスタ映え撮影テクニック講座(オルビス)といった出展企業によるワークショップも開催される。

    参加メーカーは以下のとおり(50音順)。
    アース製薬、アサヒ飲料、アサヒグループ食品、アサヒビール、味の素、味の素AGF、伊藤園、江崎グリコ、エステー、王子ネピア、オルビス、花王、カゴメ、亀田製菓、カルビー、キーコーヒー、キッコーマン飲料、キユーピー、キリンビール、キリンビバレッジ、湖池屋、コカ・コーラカスタマーマーケティング、サッポロビール、サンスター、サントリー酒類、J-オイルミルズ、資生堂ジャパン、ジョンソン・エンド・ジョンソン コンシューマーカンパニー、大王製紙、ニチバン、日清食品、日本製紙クレシア、ネスレ日本ネスレピュリナペットケア、ハウスウェルネスフーズ、ひかり味噌、プラス、マルコメ、Mizkan、三越伊勢丹、メロディアン、森永製菓、UCC上島珈琲、ユニ・チャーム、ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング、ライオンハイジーン、レキットベンキーザー・ジャパン、レンゴー、ロート製薬

  • ここから↑
    さらにお願いします↑
    まだまだ待ちます。

  • やっとここまで…
    ふぅ……
    疲れますが
    楽しみがみえてきました。

  • 私にとってロハコの魅力は、無印の商品も買えること。そしてアスクルオリジナル商品のセンスが良いことです。日用品などは市販の商品と同じでアスクルオリジナルデザインなどあります。例えばトイレの芳香剤、シンプルで良いですよ。
    送料は1900円以上で無料。

  • まるごと果実、
    マンゴーがおすすめですよ!

  • セブン&アイ・ホールディングスとネット通販分野で提携したアスクルは現在、同社全体で約60%ほどある自社グループ(100%子会社の「ASKUL LOGIST(アスクルロジスト)」による配送比率を拡大する方針を打ち出している。自社グループのドライバーを増員し、配送車も増やし、「デポ」と呼ばれる、より消費地に近い小型の配送拠点も増やす計画だ。

     人工知能(AI)を積極的に取り入れながら、自社グループのドライバーによる配送で柔軟性を高め、きめ細かな受け取りサービスに磨きをかけて、セブン&アイとの本格的な提携サービスの開始に備える構えだ。セブン&アイは、アスクルの自前の物流網とサービスに大きな期待を寄せている。アスクルの岩田彰一郎代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)は最近、「テックファースト」という言葉を好んで使う。社内にはITエンジニアも増やし、AIや物流センターに導入するロボット、配送ビッグデータの分析などは外部に丸投げせず、できる限りアスクル自身でこなそうとしている。東京・豊洲の本社近くには「アスクルテクノロジーセンター」と呼ぶ、ITの研究開発拠点の開設を準備中だ。それにしても世の中、何が起きるか本当に分からない。今回の提携のきっかけが、「アスクルの物流センターの火災だった」というから驚きである。2017年2月の火災を機にセブン&アイの井阪隆一代表取締役社長とアスクルの岩田社長が顔を合わせる機会ができ、そこからとんとん拍子で提携話が進んで、同年7月の基本合意に至った。セブン&アイとの提携に一番驚いたのは、アスクルの社員だったのかもしれない。

本文はここまでです このページの先頭へ