ここから本文です

投稿コメント一覧 (634コメント)

  • >>No. 253

    >robさん

    「薬剤入手が困難」と言う事実部分しか、私には知り及べませんが、、

    研究レベルの装置立ての場合、条件振りは容易ですが、安定品質を高収率で得るのは難しいものです。
    まして医薬品となると、、

    収率が悪いと、製造コストにも跳ね返るので、難しい判断だと思いますが

    患者申出療養制度の対象に挙がっていたようですので
    これからはNC-6004に期待された方にも届くと良いですね。

    (治験のリクルート条件外でも使えるのか? など、ちゃんと理解していませんが、、)

  • 台湾や日油が仕事を進めている中
    肝心なNC-6004が遅延していて口惜しいですが、、、

    せっかくの規制緩和(患者申出療養制度)に対し
    「薬剤入手が困難」の理由で実施できなかった案件は
    改善できるかもしれませんね。

    http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/wg/iryou/20171106/171106iryou02.pdf

  • >>No. 81

    ありがたくさん

    レス、ありがとうございます。

    >ナノが成功すると、
    >オセロみたいにひっくり返って、

    私は投資歴が浅いせいか、掲示板をあまり見ないせいか
    同一人物が手のひらを返した評価をする投稿を見た記憶がありません。

    私から見ると、
    ありがたくさんの作り上げた仮想の人物像に対する
    将来そうなるであろう先入観に対する不満に見えて、、、

    具体的などなたかの投稿に対してでしたら
    勝手な物言い、申し訳ありません。

    その場合、私へのレスに
    「オセロみたいにひっくり返って」
    を言及したのは、私へのコメントではない。
    と言う認識で良いですかね?

    いずれにしても
    >「なんか少し残念…」
    と言う、角の立ちにくい大人な表現を使って頂き
    ありがとうございます。

  • 株主の男性(66)は「業績を回復できないなら、
    優秀な後継者を見つけるか、お父さんに助けを求めるしかない」と話した

    社長は26日、自身の役員報酬を4割カットする方針を明らかにした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000062-asahi-bus_all

    叩かれてるけど、立派だよ↑。最低限。

  • 984
    >抗がん剤を含む微粒子と超音波を組み合わせ、がん細胞をピンポイントでたたく

    去年の3月の記事ですね。
    →微粒子はバイオベンチャーのナノキャリアが開発し 興和を通じて提供を受ける

  • 1秒間に10分割で売ってくるなんて
    アルゴでしょ。

    野村、売り増しちゃったんだから
    失望売り誘いたいところでは?

    必要以上に玉使っちゃってるんじゃないですかね?

    蓋。ステルス。分割売り。

    必死さも楽しめますよ。

  • ブルマンさん

    > すみません
    > 添付してくれたサイトへの反論ではありませ~ん

    ここも長いので、どの人が会話を好むのか?
    どの人が議論を好むのか?
    把握しながら読んでるので、大丈夫ですよ。 

    > 現在他所にて、数日間続いているステレス注文の攻撃にあっております><

    操縦は右上の[V]で、情報受付してますよ。

    まぁ、ステルスも見せ板も
    見ていれば察しは付くのだから、脅威では無いですけどね。。

  • 紅茶さん。こんにちは。

    > 空の本尊、NからGにバトンタッチ?!
    > G様をみくびってはいけませぬ・・・

    ttp://whitegold.site/investment/hedgefund/stealth/

    売りの主体がどこだろうが
    やりたいことは
    「売りたい」のではなく
    「売らせたい」わけで、
    (集めなのか利鞘なのかはともかく)

    機関もゆっくり下げる時間的余裕があると言うことは、
    逆に直近に悪材料も乏しいだろう事で、、

    高速取引に個人はスピードで敵わないので
    無感症とゆースロー対応しています。

  • (この板の方々には目新しく無いかもですが、、)

    空売機関が何をしているのか?

    についてのサイト

    ttp://whitegold.site/investment/hedgefund/stealth/

    狼狽は無知から
    対策は既知から

  • 例えば、、

    モルの株集めがVBL期待ではなく、ADCM(/核酸運搬)期待だとして
    それも、どこかA社がモルに依頼して。の事だとして

    結果、ナノの株式を50%超取得して、
    ナノをA社の子会社化してくれれば、、

    で、A社の経営陣がナノに送り込まれれば、、

    ナノ株主はA社の後光を期待できるし、
    ナノ社員はA社の給与福利体系で働けるし
    A社もナノ社技術を手にできるし
    中冨はA社のDDS係長にでもなって、研究に没頭できるし
    片岡さんも患者さんも恩恵の可能性高まるかもだし。

    みんな幸せになるんじゃないかなぁ、、と。

    A社が先日、玉虫色のIRだった中外でもいいし。
    子会社化ではなく、20%で連結でも良い。

    ウイズいなくなって、M&A対策株式発行できないし
    VBLダメで株価吊り上がらなかったから、集めやすいだろうしね。

  • さんざんスイスが操縦した
    (↑個人的思いで根拠ないですよー
    株価を適正価格とか謳って、
    6ヶ月平均 6百数十円にプレミア付けて
    1100円がM&A価格。

    で、
    1100円以下はモルが積極的に株集め。

    とか言うオチじゃないと良いけど、、

  • 古新聞ですし、記事の内容は何一つ達成できてはいませんが、、

    ADCMと核酸の関係を願望で繋げるなら、、↓

    →「中外からSiRNAの提供を受け、ナノキャリアが癌細胞まで薬剤を運び、細胞内標的に届けるADCMの開発を担い、核酸医薬が抱える薬物送達性の課題を解決する」
    ttps://www.yakuji.co.jp/entry44642.html

    > 朝のフィスコニュースにADCMに注力と書いていたが、今年から治験開始なんですかね。お金大丈夫なのかな。核酸については何も書かれてませんでしたが、一体どうなってるのか・・・。

  • ログインしていない場合
    yahoo が再三非表示対象にしてくるので
    No.251を再掲

  • No.246の投稿
    非表示になってしまうので引用減らして再掲


    →マイルドさん、みなさん
    あけましておめでとうございます。

    「2017年ごろから経営が格段に良くなる」
    のクダリは、2014/4/15のIR(に出したお知らせ)ですね。
    (翌年のラジオでは「2018年」と、シレっとゴールポストをずらしていましたが)

    > 今回導入のVB-111にしても、多くの調査網を張り巡らしている
    > 大手を差し置いて、ナノキャリアが導入できたのか?

    これ、新年のお花畑を許してもらえるなら、
    中外、ロシュの提案では?(と期待しているんですよ)

    Nanofectには径の違うA、B、Cがあり
    去年の段階では径の大きいCを採用しているようでした。
    2017/1/12のIR (p.22)

    でも、昨年話題に挙げた
    EPR効果発揮には間質を抜ける為に30nm前後が最適。 となると、
    通常の癌に対して、Cの径は期待外れなんですよ(癌腫に依るかもしれませんが)。

    EPRではなく徐放性を旗印にしている(であろう)NC6004やNK105なら
    この際、結合力だけで良いかもしれませんが
    核酸は分解を伴うとなると、「除法」ではだめだと思うので、、。


    そこで、名古屋市大と片岡さんで進めている
    「ヒト脳腫瘍マウスに効果あり」の件(2016/12/6_名古屋市大のプレス)から
    脳系の疾患で共同研究をしているのか? と期待したのですが
    https://textream.yahoo.co.jp/message/1004571/4571/135/433

    去年のNC社のIRでTocaやJCRとの提携を見ると
    「NC社でカバーできない脳腫瘍、脳内デリバリー」の強化を狙っているようで
    この件から、癌もダメ、脳系もダメ。。か、、 と
    失望していました。

    → 2へ

  • 続き 2

    そこに来て、VBL社の件。
    これは、血管死を誘発させるようですが、
    この時、血管や間質が脆くなり、さらに隙間ができて
    径の大きい(タイプCのような)ミセルでも、核酸を癌に届けることができるのでは? と。

    つまり、中外との核酸ファーストインクラス狙いには
    核酸を崩壊させないミセルと、そのミセルを癌に届ける穴が必要で
    大手の導きでVBL技術をNCに導入させたのでは?と
    (効率よく運ぶ為に必要な、TPG社との契約のセンサーも然り)

    NC社は、まずは愚直にVB-111を金の生る木にして
    そこで得られた知見を、核酸ミセル運搬に応用できる。

    中外は、この件が頓挫しても、VBLは直接関わらないから重荷にならない。 と。


    手心加えて最初からミセルとの共演。とかは止めてほしい。
    と心配していましたが、最初はそのまま使うようですね。
    https://textream.yahoo.co.jp/message/1004571/4571/157/593


    中外も頓挫でお尻に火がついて、単に色々なところを物色した結果の
    TPG、ユタ、Toca、JCR、VBLだったらがっかりですが、、

  • そうですね。
    仰る通り、この件は私が一方的に悪いですね。

    お諌めありがとうございます。

    図に乗りました。

  • > 身内の会社にライセンス契約
    > 契約一時金も追加出資のお金がそのまま反芻

    上記が正なら、
    ボロンエステル型は他社にライセンスされる事なく
    身内の「行って来い」の無償供与みたいな形で使われた。

    さすが、技術の安売り王
    中冨坊っちゃん

    小手先で成果っぽく謳っても
    市場はその手には乗りませんよ。

  • 言い得て妙ですね。

    お金の無いアキュルナから出る(とされる)一時金は、ナノキャリアから出る出資金の還流でしょうか。

    さらに、アキュルナの役員報酬を
    ナノキャリアの増資で得たお金で賄う感じですかね。

  • vblのは副作用も抑えられてるようだし包む必要無いのでは?

    もしナノミセルとの共演を狙うなら
    vblで血管死→ボロボロの穴開き血管にして→EPR効果を径の大きなミセルでも。 と目論んでいるような。

    ただね、まずは難しい事せずに
    まずは確り売上立つ流れを作って欲しいんですよ。

    vblそのまま治験なら株価上がるかもですが
    ナノミセル併用なら、その信頼の無さ(不確定さ)から、株価下がる気がするんですよね。

  • >NanoCarrierとのライセンス契約により、
    >非希薄化による現金ポジションが強化され

    技術の安売り王、中冨坊ちゃんには
    難しい芸当。

本文はここまでです このページの先頭へ