ここから本文です

投稿コメント一覧 (623コメント)

  • >>No. 437

    古新聞ですし、記事の内容は何一つ達成できてはいませんが、、

    ADCMと核酸の関係を願望で繋げるなら、、↓

    →「中外からSiRNAの提供を受け、ナノキャリアが癌細胞まで薬剤を運び、細胞内標的に届けるADCMの開発を担い、核酸医薬が抱える薬物送達性の課題を解決する」
    ttps://www.yakuji.co.jp/entry44642.html

    > 朝のフィスコニュースにADCMに注力と書いていたが、今年から治験開始なんですかね。お金大丈夫なのかな。核酸については何も書かれてませんでしたが、一体どうなってるのか・・・。

  • >>No. 251

    ログインしていない場合
    yahoo が再三非表示対象にしてくるので
    No.251を再掲

  • >>No. 246

    No.246の投稿
    非表示になってしまうので引用減らして再掲


    →マイルドさん、みなさん
    あけましておめでとうございます。

    「2017年ごろから経営が格段に良くなる」
    のクダリは、2014/4/15のIR(に出したお知らせ)ですね。
    (翌年のラジオでは「2018年」と、シレっとゴールポストをずらしていましたが)

    > 今回導入のVB-111にしても、多くの調査網を張り巡らしている
    > 大手を差し置いて、ナノキャリアが導入できたのか?

    これ、新年のお花畑を許してもらえるなら、
    中外、ロシュの提案では?(と期待しているんですよ)

    Nanofectには径の違うA、B、Cがあり
    去年の段階では径の大きいCを採用しているようでした。
    2017/1/12のIR (p.22)

    でも、昨年話題に挙げた
    EPR効果発揮には間質を抜ける為に30nm前後が最適。 となると、
    通常の癌に対して、Cの径は期待外れなんですよ(癌腫に依るかもしれませんが)。

    EPRではなく徐放性を旗印にしている(であろう)NC6004やNK105なら
    この際、結合力だけで良いかもしれませんが
    核酸は分解を伴うとなると、「除法」ではだめだと思うので、、。


    そこで、名古屋市大と片岡さんで進めている
    「ヒト脳腫瘍マウスに効果あり」の件(2016/12/6_名古屋市大のプレス)から
    脳系の疾患で共同研究をしているのか? と期待したのですが
    https://textream.yahoo.co.jp/message/1004571/4571/135/433

    去年のNC社のIRでTocaやJCRとの提携を見ると
    「NC社でカバーできない脳腫瘍、脳内デリバリー」の強化を狙っているようで
    この件から、癌もダメ、脳系もダメ。。か、、 と
    失望していました。

    → 2へ

  • >>No. 222

    続き 2

    そこに来て、VBL社の件。
    これは、血管死を誘発させるようですが、
    この時、血管や間質が脆くなり、さらに隙間ができて
    径の大きい(タイプCのような)ミセルでも、核酸を癌に届けることができるのでは? と。

    つまり、中外との核酸ファーストインクラス狙いには
    核酸を崩壊させないミセルと、そのミセルを癌に届ける穴が必要で
    大手の導きでVBL技術をNCに導入させたのでは?と
    (効率よく運ぶ為に必要な、TPG社との契約のセンサーも然り)

    NC社は、まずは愚直にVB-111を金の生る木にして
    そこで得られた知見を、核酸ミセル運搬に応用できる。

    中外は、この件が頓挫しても、VBLは直接関わらないから重荷にならない。 と。


    手心加えて最初からミセルとの共演。とかは止めてほしい。
    と心配していましたが、最初はそのまま使うようですね。
    https://textream.yahoo.co.jp/message/1004571/4571/157/593


    中外も頓挫でお尻に火がついて、単に色々なところを物色した結果の
    TPG、ユタ、Toca、JCR、VBLだったらがっかりですが、、

  • そうですね。
    仰る通り、この件は私が一方的に悪いですね。

    お諌めありがとうございます。

    図に乗りました。

  • > 身内の会社にライセンス契約
    > 契約一時金も追加出資のお金がそのまま反芻

    上記が正なら、
    ボロンエステル型は他社にライセンスされる事なく
    身内の「行って来い」の無償供与みたいな形で使われた。

    さすが、技術の安売り王
    中冨坊っちゃん

    小手先で成果っぽく謳っても
    市場はその手には乗りませんよ。

  • 言い得て妙ですね。

    お金の無いアキュルナから出る(とされる)一時金は、ナノキャリアから出る出資金の還流でしょうか。

    さらに、アキュルナの役員報酬を
    ナノキャリアの増資で得たお金で賄う感じですかね。

  • vblのは副作用も抑えられてるようだし包む必要無いのでは?

    もしナノミセルとの共演を狙うなら
    vblで血管死→ボロボロの穴開き血管にして→EPR効果を径の大きなミセルでも。 と目論んでいるような。

    ただね、まずは難しい事せずに
    まずは確り売上立つ流れを作って欲しいんですよ。

    vblそのまま治験なら株価上がるかもですが
    ナノミセル併用なら、その信頼の無さ(不確定さ)から、株価下がる気がするんですよね。

  • >NanoCarrierとのライセンス契約により、
    >非希薄化による現金ポジションが強化され

    技術の安売り王、中冨坊ちゃんには
    難しい芸当。

  • > それが他社の遺伝子治療薬が最初になろう(あくまで無事にいけばの話)とは、
    数年前にここを買ったときは思いもしなかった。

    ここのボンクラ、2015年の総会で 当時計画していた
    上市、M&A、ライセンスで「2020年に売上1000億円」とか言ってなかったっけ?

    当時のパイプラインアイテムで売上1000億円を見込めて
    更に、中外との核酸共同研究に手応えがあるなら
    数年後の資金繰りも、直近の契約金も見込め
    自社開発のミセル化ナノ粒子一本にマンパワーを注ぐべき時なのに

    このタイミングで、お金払ってまでも、
    他人の褌に縋らなければならない。 とか(失笑)

    結局、片岡ミセルを客寄せパンダ代わりに増資して
    そのお金でライセンスインした薬を売るだけ。のビジネスモデルですかね?


    まぁ、芦屋川さんや異次元さん
    千史さんの書かれるように

    ミセル化ナノ粒子に必要以上の拘りを見せず
    生き抜いて行くために、必死にもがいて、違うゴールの形ででも
    株主に還元してくれれば良いですが、。

    VBLの技術を使う際
    色気を出して、「ナノミセルとの相乗効果を狙う」とか、
    新しい事始めるの、マジ止めてね。
    (ボンクラにそんな遂行能力ないでしょ?って。)

    他人の褌を、そのまま愚直に使って、
    無駄なことはせず、上市に向かって欲しい。

    > 来年1月に更新されるであろうトップメッセージになんて書くつもりか。

    今年もボンクラの代わりに、年初挨拶ネタを考えました。
    年初挨拶は、思いの丈を書初めに

  • 2か月ぶりに来ましたが、、

    お金で買ってきただけの事を成果のように謳い
    「ファーストインクラス」とか、「これまでにない」とか、「画期的」とか
    オナニー(自慰行為の)修辞を付けて、スゴイ感を出すが
    案の定仕事はしていないようで
    前回見た時に比べ株価は-5円でした。(途中上がり下がりはあったようですが、)

    なのでこの2か月で、ボンクラにイライラしたのは前回と今日の2回だけ。
    精神衛生上、正解でした。

    どんな技術も中冨の手にかかれば、遅延か失敗で
    そのボンクラが故に、片岡ミセルが世に出れない一番の抵抗勢力のような人間なのだから
    製薬会社とかネゴト言ってないで
    自分で幕を引けばいいのに、、、

    来年の年明けの挨拶は
    書初めで、思いの丈でも綴るのかね?

  • 2013年実施のグローバルオファリング後の手元流動性
    2014年3月期、137.5億円
    2015年3月期、137.7億円 
     (費用増を売り上げ増と差益で相殺)
    2016年3月期、144.3億円 
     (転換社債30億円、14回新株8千万円/(63億円分は未行使))
    2017年3月期、117.7億円 
     (費用26億円)

    で、いつ行使されたの? 
    無視リストで誰も相手にしていないのか、、?
    (マジレスは釣りか、、?)


    それと、前回、捨てハンで幼女ネタが急増した後は
    BIND社のオークションの話が出ましたね。

    「空売り機関のバイト」とは思いませんが
    何かを掴んだ数億円規模の小銭投資家サークルが頑張る合図かな? と思って
    クズ投稿が増えたら、もう少し買ってみようか? のバロメータにしています。

  • ao8182さん
    お返事ありがとうございます

    >........ってことは 絶妙に どっちよ?

    should が mayじゃないので、やる気はある感じがしますね。
    in future studyとあるので、いつのことやら、、? って気がしますが、、
    (で、微妙にどっちよ?)

    惜しむらくは1993年ユタ大DDS国際学会で
    片岡先生が出会ってしまったのが、ボンクラ中冨だった事。。。
    ここで中冨なんかと遭遇していなければ、色々な人の人生が変わっていたかもしれませんね。

    小手先口先で実行能力が無い人間だから
    アキュルナ立ち上げ時、舵取り候補に挙がったらしいけど
    (抗がん剤だけでも大変だろうから、そちらに専念して頂く と言う大人の理由で)
    任せてもらえませんでしたね。

    フツー、どんなに忙しくても
    実績がある人間に仕事が集まるものです。

    核酸もボンボンののんびり経営で潰されては敵わない。。
    と言う配慮があったと勘ぐってます。

    ま、アキュルナも音沙汰無しなので
    誰がやっても変わらなかったかもしれませんが、、(わ

  • たまに論文を書いたりもしますが、、

    should のニュアンス、、 と言うか、、

    「(断言はしませんが、割と高い確率で)将来の研究で再評価を受ける事になるでしょう。」

    みたいな。。 

    まぁ、だから何だ? って話ですし、
    そういうニュアンスに意識して書いているとも限りませんが、、

  • 現金は中冨の懐にあるからな、、
    マジてヨユーだよ。

    成果無しの自画自賛オナニー生活する為に、
    治験頓挫させれば費用セーブできて
    数十年何もしなくても報酬もらえるし

    いや、名誉欲しいとなれば、
    技術安売りして周りに感謝されれば
    「創薬の達人」みたいなの、また貰えるかもしれないし。

    ま、実用化は先でも
    会社がお金を得る手段として
    中冨曰く、来年度に欧米に導出する予定に変更は無いみたいだし。
    ボンクラは衆知でも、たまのたまには言った事実行して欲しいし。

    日産やシャープも
    技術の中身(ベース)が変わらなくても
    社長が変わると見違えるくらい成長したな。

    製薬会社になる。とかまだ妄想してんのかね?中冨。
    もぅいいよ。そーゆーの。
    その器になかったんだから。

  • 数十秒注文入らないのに
    下がる時は1秒で約20注文(分割)で売るとか、、

    何でアルゴって
    まとめて売らずに、ワザワザ分割して売るんですかね?

    細かく分けた方が
    個人の売玉(現渡用)を高速で回収しやすいんですかね?

    値を下げてるのがアルゴの演出なら
    余り気になりませんが、、

  • Earth lab
    -次の100年を考える-

    毎回出演者に、~さんの考える理想の未来(100年後を考える)を問うのが
    形式なのだから、(片岡さん曰く)体内病院で病を気にしない社会が100年後にはできているだろう。
    の答えは失望する程でも、、

    完成が100年後と言っているわけではないのだから。

    w ww.tbs.co.jp/EARTHLab/archive/20170902.html

  • ブクマとか履歴が表示される
    (多分右上の)ボタンで
    表示される項目の中に
    PC画面で表示 がありますよー。

    項目に見当たらなかったら
    スクロールしたら下に埋もれてるかも。


  • >アプリになって使いづらくなりましたね。

    画像も拡大できないし
    投稿者の過去の投稿歴も見れない
    (新規の売り煽りかわかりにくくなった)
    サイトのurlもコピーできないし、、


    偏った被害妄想ですが、、

    情報共有している個人には不利で
    情報操作する側には有利な変更ですね、、

    私はさっそくアプリ削除して
    スマホでtextreamをPC表示で使ってます

  • 確かに、毎回糞決算出して
    翌日売りが出て

    「ここが赤字なのは初めから想定内」
    「決算で売るなら初めから買うな」

    って類いの諭し文句が出てきて、

    いやいや、
    糞決算→売り までが想定内なんだから文句言うな。

    ってツッコミたくなるのが
    この時期の風物詩ですからね(笑)

本文はここまでです このページの先頭へ