ここから本文です

投稿コメント一覧 (9コメント)

  • >>No. 699

    ありがとうございます。
    防犯用とか用途はいろいろありそうですね。

    私は村田というビッグネームに期待してしまいます。

  • URL入れると駄目なので再掲。

    村田製作所は、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16~19日、幕張メッセ)において、センシングデータプラットフォーム「NAONA」を用いて、会議室内の打ち合わせなど人と人のコミュニケーションの質を見える化するソリューションを提案した。


     なお、NAONAでは、コミュニケーションセンサーによる音声データ以外のセンサーデータも活用する方針。クラウドにデータを上げるゲートウェイ「NAONA Edge」は、USBスティック型のさまざまなセンサーデバイスを組み込むこともできる。
     さらに、センサーデバイスの将来的な展開例の1つとして、AI(人工知能)機能を搭載する低消費電力の小型IoTカメラを展示した。5m以内の近距離の人やモノの数、動きを検知できる組み込みAIを搭載しており、単三形電池で約1年間動作させられる。Bluetooth 5を用いた無線通信により、約1kmという長距離のデータ送信も可能だ。Braveridgeの低解像度のCMOS赤外線カメラとラティスセミコンコンダクターの小型FPGAを用いており、組み込みAIはACCESSの「NetFront EdgeAI」がベースになっている。


    NetFront EdgeAIが村田製作所・・・これは期待できそう。

  • 消えたので再掲

    10月15日のプレスリリース
    ACCESS、人・モノを認識するAI機能を搭載した低消費電力・小型IoTカメラを開発
    ― 「CEATEC Japan 2018」にて試作機のデモを初披露 ―


    画像認識モデル
    NetFront EdgeAI搭載により、端末側で画像認識処理

    accessの方も楽しみですね。

  • ACCESS、人・モノを認識するAI機能を搭載した低消費電力・小型IoTカメラを開発
    ― 「CEATEC Japan 2018」にて試作機のデモを初披露 ―

    h ttps://www.access-company.com/news_event/archives/2018/1015/

    こちらも進んでいそうですね。

  • 上場時の社長インタビュー

    ttps://www.youtube.com/watch?v=2B53yj9BAc4

    5:05 「GRN-1201はグローバルなメガファーマにライセンスアウトを果たすことによって…数年後会社全体が黒字化に入る」

    期待してますよ~

  • 1月に新聞の記事で上がった際は、VCのロックアップ解除前だったので、これはVCが捌くために出来高を増やして、値段を吊り上げるための飛ばし記事だと思ったんですよ。
    で、350円の窓もきっと閉じにくるから待っていたんですよね。
    しかし、VCは売ってこない。

    日経が暴落して、そーせいだって1月高値から下がってきた。もちろんナノ、ペプチドリームも。
    でも窓を閉じこない。

    それで思ったんですよ。
    VCはもっと高いところで売るつもりで、その材料も知っているのではないかと・・・。

    妄想ですけどね。

  • >>No. 3

    つまり、久留米大学がんワクチンセンターがバックで臨床試験をしてくれているということなんでしょうか。
    グリーンペプタイドだけでは、臨床試験を幅広くするだけの資金も人材も限られていますからね。

  • > 久留米大学がんワクチンセンターのホームページのQ&Aを見ると
    > 脳梗塞が3相、各消化器がん、肺がん、婦人科がんなどの第2相の臨床試験をしています。
    >
    > ひょっとすると、これらもグリーンペプタイドのパイプラインになるでしょうか?

    あっそうか。
    パイプラインではなくて。

    まず、ITK-1を前立腺癌で上市して、脳梗塞から順次適応追加していくということだね。

  • 今週からここについて調べていて思ったのですが、
    グリーンペプタイドのパイプラインは2つあって、ITK-1(3相)、GRN1201(1相)の二つ。
    久留米大学から継承したと同社のホームページに書いてあります。

    2つしかないのかなと思っていたのですが、
    久留米大学がんワクチンセンターのホームページのQ&Aを見ると
    脳梗塞が3相、各消化器がん、肺がん、婦人科がんなどの第2相の臨床試験をしています。

    ひょっとすると、これらもグリーンペプタイドのパイプラインになるでしょうか?

    まさか、他のメーカーに導出することは無いでしょうし。。。

本文はここまでです このページの先頭へ