ここから本文です

投稿コメント一覧 (780コメント)

  • >>No. 2958

    PS このグラフはツイッターに載っていたものです。

  • ebiさん こんにちは

    GNIの説明会資料が金曜日に出ました。
    中国で発売中の薬(肺線維症の悪化を抑えるアイスーリュイ)が少しずつ売り上げを伸ばしています。
    またこの薬の改良品F351が第3相に進む可能性が書かれています。
    このおかげで、掲示板は先週前半とは全く異なり
    大盛り上がりです。

    今度こそ株価の反転上昇を期待しています。

  • >>No. 6198

    Yakushimaruさん おはようございます。
    非表示の原因がURLかも知れないので、それがないものをのせます。

         ・・・・・・
    Cullgen 東京へ !!
    さてCullgenは日本のどこと組むのでしょう?

    「タンパク分解と創薬」の検索で多くの研究組織が見つかりました。
    ただ何も情報がないので、今のところ検討がつきません。
    どこと組むにしてもCullgenの研究組織が東京に出来ることは、
    ジーエヌアイーの知名度向上にとても大切だと思います。

    ☆ネットで検索 (一部)☆
    〇石川稔 東京大学 分子細胞生物学研究所 
    千里ライフサイエンスで講演
    「低分子創薬のフィールドを拡げる手法開発:タンパク分解誘導薬と水溶性向上策」

    〇理化学研究所 平成31年度創薬支援ネットワークに必要な予算を要求
    タンパク質分解誘導技術:標的に結合する低分子とタンパク質とをUb化して分解を誘導するUbリガーゼに結合する別の低分子と結合させた低~中分子化合物の獲得

    〇宮本悦子・東京理科大学准教授


    ☆igakuken.or.jp/pro-meta/のリンクより☆
    • 東京都医学総合研究所
    • ユビキチンプロジェクト
    • 東京大学大学院薬学系研究科 村田茂穂研究室
    • 新潟大学大学院医歯学総合研究科 小松雅明研究室
    • 京都大学大学院医学研究科 岩井一宏研究室
    • 東京工業大学科学技術創生研究員 駒田雅之研究室
    • 名古屋市立大学大学院薬学研究科 加藤晃一研究室
    • 兵庫県立大学大学院生命理学研究科 水島恒裕研究室
    • Max Planck Institute of Biochemistry Wolfgang Baumeister lab
    • CREST
    • 新学術領域研究ユビキチンネオバイオロジー

    ☆日経バイオより  ☆
    ◎NIHS内藤氏、日本発のハイブリッド型の基盤技術「SNIPER」を開発
    ◎東京医大半田氏、「神経疾患でE3リガーゼ活用する創薬手掛けたい」
    ◎エーザイ、「標的蛋白質分解誘導薬は癌の発症予防に使える可能性も」
    ◎兵庫医療大田中氏、「標的蛋白質分解誘導薬は蛋白質の機能解明に有用」
    ◎武田薬品Dick氏、E3リガーゼ標的創薬には“正しいケミストリー”が必要

    ・ファイメクス  武田からスピンアウト

        Cullgenの今後の展開が楽しみです!!

  • Cullgen 東京へ !!

    さてCullgenは日本のどこと組むのでしょう?
    「タンパク分解と創薬」で検索すると多くの研究組織が見つかりました。
    ただ何も情報がないので、今のところ見当がつきません。
    どこと組むにしても組まないにしてもCullgenの研究組織が東京に出来ることは
    ジーエヌアイーの知名度向上にとても大切だと思います。

    ☆ネットで検索 (一部)
    〇石川稔 東京大学 分子細胞生物学研究所
    千里ライフサイエンスで講演
    「低分子創薬のフィールドを拡げる手法開発:タンパク分解誘導薬と水溶性向上策」

    〇理化学研究所 平成31年度創薬支援ネットワークに予算を要求
    タンパク質分解誘導技術:標的に結合する低分子とタンパク質とをUb化して分解を誘導するUbリガーゼに結合する別の低分子と結合させた低~中分子化合物の獲得

    〇宮本悦子・東京理科大学准教授
    タンパク質分解現象を活用し、創薬の可能性を広げる

    http://www.igakuken.or.jp/pro-meta/のリンクより
    • 東京都医学総合研究所
    • ユビキチンプロジェクト
    • 東京大学大学院薬学系研究科 村田茂穂研究室
    • 新潟大学大学院医歯学総合研究科 小松雅明研究室
    • 京都大学大学院医学研究科 岩井一宏研究室
    • 東京工業大学科学技術創生研究員 駒田雅之研究室
    • 名古屋市立大学大学院薬学研究科 加藤晃一研究室
    • 兵庫県立大学大学院生命理学研究科 水島恒裕研究室
    • Max Planck Institute of Biochemistry Wolfgang Baumeister lab
    • CREST
    • 新学術領域研究ユビキチンネオバイオロジー

    ☆日経バイオより https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/atcl/med/180529/ 
    ◎NIHS内藤氏、日本発のハイブリッド型の基盤技術「SNIPER」を開発
    ◎東京医大半田氏、「神経疾患でE3リガーゼ活用する創薬手掛けたい」
    ◎エーザイ、「標的蛋白質分解誘導薬は癌の発症予防に使える可能性も」
    ◎兵庫医療大田中氏、「標的蛋白質分解誘導薬は蛋白質の機能解明に有用」
    ◎武田薬品Dick氏、E3リガーゼ標的創薬には“正しいケミストリー”が必要

    参考 ファイメクス  武田からスピンアウトしてユビキチンで創薬

  • >>No. 2946

    ebiさん  おはようございます。

    他社の株併合後の動きを教えて下さってありがとうございます。
    この様なときはいったん逃げる準備をしておいた方が良いのだなと思いました。

    さて、GNIは本日機関投資家への説明会があります。
    ここでどのくらいうまく業績の伸びが固いか説明出来れば
    意外とはやく株価は反転するかも知れないと期待しています。

    もしだめなら、香港子会社の上場か開発中のパイプラインの大幅な進展や
    メガファーマと共同開発など、大きな変化をしばらく待つことになりそうです。

  • ebiさん こんにちは

    GNIの業績は少しずつ伸びていると思い、
    お勧めさせていただいたのですが、
    今日は予想外の動きになってしまいました。
    申し訳ないです。

    8/17に会社から説明会があると聞いています。
    それを大手がどう判断するかによって、
    当面の株価が決まってくると思います。

    株価はこの7月の株の併合から下がり続けていました。しかし最近特に悪い材料はなく、また決算直前で少し戻しただけなので、ここまで売られる理由がわかりません。
    強いて言えば、薬は売れているけれど、伸びが期待外れだったのかもしれません。

  • 「特発性肺線維症の治療に関する日本のガイドライン」

    IPFの治療のガイドラインがこの7月に発表されていました。
    薬としてピルフェニドン、ニンテダニブ、それらの併用が明記されています。

    日本のガイドラインとしては初めてだと思います。

    (検索で見つかったのが英語版なので、以下英語の抜粋です)
     
    5.4 Should patients with IPF be treated with pirfenidone?
     
    We suggest that patients with IPF in the chronic phase should be treated with pirfenidone.

    5.5 Should patients with IPF be treated with nintedanib?

    We suggest that patients with IPF in the chronic phase should be treated with nintedanib.

    5.7 Should patients with IPF be treated with combination therapy of pirfenidone and nintedanib?
     
    The committee is at the moment with holding judgement on the recommendation regarding co-administration of pirfenidone and nintedanib to patients with IPF in the chronic phase.

  • >>No. 2936

    ebiさん こんにちは

    昨日からGNI参戦されたのですね
    おめでとうございます㊗️
    きっと大底だったと思います。

    もし今日の四半期決算が順調なら、
    40000-5000円へ復帰していくと期待しています。

    ちなみにGNIには裏掲示板があります。
    私の投稿の履歴で、「2160-ジーエヌアイ」
    を見てください。お花畑ですが、楽しいです!
    またGNIのウィキペディアも参考になります。

    今日の決算が良かったら、
    つかんじゃったさんもどうぞ🤗

  • 去年の5月のN村レポートです。

    最後の行:
    N村も、収載プロセス完了後の速やかな市場浸透を期待しているようです。

    明日それを確認できたら、N村も買い上げてくれることでしょう!

  • >>No. 2931

    ebiさん おはようございます。

    いつもポイントを突いたアドバイスをありがとうございます。
    まずは田中化学研究所がさらなる投資をするような記事が、先日の日経に出ていたので追ってみようと思います。

    > 自動車の電動化は急速に世界的に拡大中です。
    何故なら自動車の生産に必要な部材と部品が大きく変わるからです。
    ・部品で言えば、モーターとバッテリーです。
    ・部材で言えば、電磁鋼板とレアメタルです。
    特にバッテリーは製造するメーカーのキャパが足りないとも思います。
    モーターに関しても同様です。
    車載駆動モーターとバッテリーを制する者が今後の世界を制すると予想してます。


    株探には次のような特集がありました。

    新年3大テーマ (2) 】 全固体電池、「741円高」発進東京市場で始まる大相場 <株探トップ特集>
    https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201801040547

  • >>No. 2925

    ebiさん 今晩は
    DDSはebiさんのアドバイス通り、手を出しませんでした。 ありがとうございました。

    次に何か面白いものはないか探していたのですが、自動車の電池(リチウム電池や個体電池、水素電池)の新聞記事がこの1、2週間よく目についたので、この辺りを日経テレコンで検索していました。
    この電池は去年すごい過熱気味になっていましたが今は少し落ち着いているようです。
    しかし自動車の電池はまた必ず盛り上がると思っています。

    PS GNIは子会社を香港で上場させるようなIRが週末に出て、今はそれで賑やかになっています。
    8/14が四半期決算なので、そろそろ低迷から抜け出すことを期待しています。

  • >>No. 6068

    いつも情報ありがとうございます。

    >ピルフェニドン拡大品はDNが難しいと思う。これが出来たら化ける。

    日本の論文では、
    「ある時点までなら腎線維化が可逆性である可能性があり,pirfenidoneにはその効果が期待」だそうです。

    GNIの臨床試験の進展を期待したいです。

               ・・・・・・・・・・
    腎臓疾患と線維化    
             岡田浩一 日内会誌 104:1658~1664,2015

    ☆要約
    腎線維化は慢性腎不全に対応する尿細管の萎縮と間質の線維化を主体とした組織変化であり,末期腎不全への進行を阻止するための良い治療標的と考えられる.

    腎線維化の進展には蛋白尿や虚血・低酸素による尿細管上皮細胞の病的な活性化が関与しており,NFκB経路などの細胞内情報伝達系を介して,TGF-β1などの線維化促進性のメディエーターが産生・放出され,間質領域に線維芽細胞が誘導されて病巣が形成される.

    治療介入のポイントとしては,線維化抑制性のメディエーター産生を誘導する細胞内情報伝達系の賦活化(例:bardoxolonemethylによるNrf2経路の活性化)や線維化促進性メディエーターの作用阻害(例:pirfenidoneによるTGF-β1作用の阻害)などが想定され,様々な基礎・臨床研究が進行中である.

    腎線維化の進展・消褪を定量的に評価するためには,現状では腎生検が必須であるが,今後はより低侵襲性の画像検査(例:機能的MRI)やバイオマーカーによる評価が期待されている。(本文は略)

    ☆まとめ
    腎線維化の可逆性に関しては,進行したCKD 患者の腎機能障害を回復させる治療が見当たらないことからも,困難な事象と考えられる.

    しかし,糖尿病性腎症患者への膵臓移植によって糖尿病を完治させると糸球体硬化病変のみならず,萎縮尿細管や間質線維化まで改善することが報告されており,ある時点までならばCKD患者においても腎線維化が可逆性である可能性があり,bardoxolone methylやpirfenidoneなどの薬剤にはその効果が期待される.

    今後,抗腎線維化治療薬の有効性を検討する臨床研究において,その腎機能障害の進行抑制効果が間質線維化の改善を介しているのか否かを明らかとするためには,腎生検に替わる非侵襲的な定量的評価法が必須である、、

  • ebiさん  おはようございます。

    今更ですが、中国での医薬品販売はこれから期待できそうです。
    ソレイジア、GNIなどおもしろそうですね。

    医薬開発潮流は米国から中国へ・・・
    新薬承認での中国での治験義務付け、17年10月に廃止
    中国で今後5年間に新たな医薬品を7つ発売する準備-武田薬CEO
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-05/PCVC6Z6KLVR401

  • 遺伝子に応じたワクチンを作りたい!

    遺伝子情報用いた治療へ 米に後れ、理解急げ
    がんプレシジョン 医療研究センター所長 中村祐輔氏 日経産業 8/6

     遺伝子を解析したデータを治療に生かす取り組みが進んでいる。米国に比べ日本は治験の数などで後れをとる。世界の潮流に置いていかれないためにどう対応し、日本人で最も多いがんの治療にはどのように取り込んでいけばよいか 帰国したがんプレシジョン医療研究センター中村祐輔所長に聞いた

    ―遺伝子情報を用いたがん治療に向けた日本の取り組みは、渡米した6年前に比べてどうですか

     何かしら取り組んではいるが、むしろ米国と差が開いたと感じる。ただ、乗り越えるべき壁は日米で同じだ。遺伝子レベルで検査や診断をするという新しい医療の原理や精度を医者に理解してもらい、患者に伝える。こうした現場に浸透させる作業は日本も同じで、米国が壁を越えるのを待つより日本ですぐ始めた方が早く理想を達成できるのではと考えた

     小児がんで比べると、日本の患者は標準療法で効かなかったら緩和ケアしか手立てがない。米国では膨大な数の臨床試験が行われており、患者にとって希望だ、

    ―実用化に向け、5~10年でどのくらいの段階まで取り組みを進めたいですか

     手術や投薬によるDNAの変化を捉え、再発や取り残し、治療効果を早く把握したい。薬の選択肢が増える利点もある。例えば大腸がんでありながら、分子標的薬の多い肺がんの遺伝子に異常がある患者は、遺伝子情報に基づけば肺がんの薬を使える

     遺伝子ごとに薬を使えるかどうかを判断できれば、がんの医療体系は数年でがらりと変わるだろう。『何々がん』でなく『何々遺伝子』に異常がある病気と解釈する。薬の承認制度も変えていくべきだろう

     患者の「遺伝子情報に応じてワクチン」を作る療法もいずれ進めていきたい
    米国では既に遺伝子パネルを検査する取り組みが始まっており、日本も急がねばならない

    ―2018年度から内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)のプログラムディレクターにも就きました

     遺伝子による患者ごとの医療を実現するための布石となる仕事だ。人工知能(AI)で現場の医療の質を高めたい、

    患者の血液からDNAを取り出し、腫瘍から出る異常なDNAを検知して診断や治療に生かす技術も応用への取り組みを急ぎたい、

  • ツイッターの株◯さんのコメント
    ・・
    株価上がると、
    心理的に買いたくなるが、売るための騰げなので大きな売りが降ってくる。

    株価下げには、
    業績悪化や不祥事などの「悪い下げ」と、
    業績良い株を大口が仕込むために下げる
    「良い下げ」がある。

    買いの基本は「良い下げ」の底からのリバで出来る限り買いを入れること。
    「良い下げ」で買う努力を!
    ・・

    今は「良い下げ」であると期待したい。

  • >>No. 6031

    IPFには、最初からピルフェニドンとニンテダニブの併用で行った方が、魅力的かつ有望だよ!
    という資料を見つけました。

  • 第5回 久留米がんワクチン研究会
    2018/7/21

      今回の研究会では、長崎みなとメディカルセンター市民病院の峯孝志がん診療統
    括センター長の司会で当センターの野口正典先生が特別講演「前立腺がんへのテーラ
    ーメイドがんペプチドワクチン療法開発の20年の歩み」として、講演された。

     はじめに、ペプチドワクチン療法や免疫チェックポイント阻害剤療法を含むがん免
    疫療法の開発やテーラーメイドペプチドワクチン(PPV)療法のコンセプトについて
    簡単に概説された後、前立腺癌患者に対するPPV療法の開発経緯について説明され
    た。これまで当センターで実施してきた数多くの臨床試験の結果や臨床経験を基に、
    薬事申請を目指した企業治験を取り組んだ治験では、ペプチドワクチンの特性を考
    え、これまでの細胞傷害性薬剤や生物製剤とは異なった臨床試験デザインを考慮する
    必要があった。

    検証的な第Ⅲ相治験では、日本科学技術振興財団(JST)の支援を受け企業治験として実施してきたが、治験実施期間中に去勢抵抗性前立腺癌に対する新薬(エンザルタミド、アビラテロンなど)が承認され、ペプチドワクチンの有効性を示せなかった。

     今後の方向性として、①これまでの数多くの臨床データを基に生存期間延長に関与
    するペプチドの優先選択、②進行・再発がんに対する併用療法の開発、③再発予防ワ
    クチンの開発などが考えられると述べられた。

  • >>No. 2892

    ebiさん  
    DDSの本当の姿を教えてくださって、ありがとうございます。
    もう期待しないで、他をあたっていきたいと思います。

  • >>No. 6028

    アイスとオフェブの併用療法の資料を捜してみましたが、
    とりあえず下記を発見。捜していけばもっと出てくるかもです。

    Safety of Nintedanib Added to Pirfenidone
    Treatment for Idiopathic Pulmonary Fibrosis

    概要
    特発性肺線維症(IPF)患者において、ピルフェニドン(1602〜2403mg /日)およびニンテンドーニブ(200〜300mg /日)による治療の安全性および忍容性を評価した。
    この24週間の片側オープンラベルフェーズIV試験(NCT02598193)は、強制生存能力(FVC)が50%以上であり、一酸化炭素拡散能(DLco)が30%以上であるIPF患者を登録した。 nintedanibを開始する前に、患者は16週以上にわたってピルフェニドンを投与され、28日以上にわたって安定した投与量が1602mg /日以上であった。
    主なエンドポイントは、ピルフェニドン(1602-2403 mg /日)とnintedanib(200-300 mg /日)の併用療法の24週間を完了した患者の割合であった。治験責任医師は、治療中の有害事象(TEAE)を記録し、それらをピルフェニドン、nintedanib、またはその両方に帰させた。
    73例は24週の治療を終え(69例は一次エンドポイントに合致)、16例は時期尚早に治療を中止した(TEAEのため13例)。 74人の患者に418の治療関連TEAEがあり、下痢、悪心および嘔吐が最も一般的であった。 2人の患者が重度の治療関連のTEAEを有していた.

    24週間のピルフェニドンとnintedanibの併用は、大部分のIPF患者で耐容され、いずれかの治療のみで期待される同様のパターンのTEAEと関連していた。

    これらの結果は、IPF患者のピルフェニドンとnintedanibとの併用療法のさらなる研究を促進する。

本文はここまでです このページの先頭へ