ここから本文です

投稿コメント一覧 (8188コメント)

  • >>No. 17347

    > 下萌え母子の頬を重ねおり    雲
    >
    > 巫女消えてゆく回廊の月朧    雲


    すごい!

  • >>No. 16239

    いま わりと気に入っているのは
    僕はすでに死んでる ! なんての
    僕は死後のせかいにいるんだ うふふ!

  • 義母のところにきて
    もう 2週間がたった はやい はやい
    あと 2週間か

    あんたたちがいる間に死にたい! なんて言ってたけど
    はやくしないとまにあわないよー!(笑)

    すっかり 息をふきかえして 車椅子であちこちおでかけ
    きょうはお昼に駅ビルの地階のたこ焼きをたべにいくそうな
    このあいだ たべそこなったから

    死ぬってどういうことなんだろうね

  • >>No. 16229

    ある集まりにさんかしていて
    僕はひとりのおんなの人に恋をしました
    ふと気がつけば そのおんなのひとも 僕のことを

    そうなってみれば それはおたがいの恋というより いっしょの愛というものにかわった
    んじゃないかな

    なんねんかがすぎて
    その集まりがおわった 縁がつきたんですね
    むりすれば それでもつづけられたんだとおもえるんだけど おたがいそれはしない

    あたえられた縁のなかだけのものにしておきたかった

    おたがいに家族やまわりのひとたちとのかんけいをだいじにしていたから

    それは慈愛ともよべるものかも

    恋も愛も慈愛も縁からうまれたかみさまからのぷれぜんと
    ひとつひとつをだいじにすればすてきなものになる

  • >>No. 16226

    > めごちさんが坐禅トピックに書いてた言葉で
    >
    > > >>だれかに恋をしてみたら?  こころがあらわれる(^^♪
    > >
    > > >と、同時に煩悩が現れます^^
    > >
    > > その人をすきになれば 煩悩がきえる

    これは 僕がかいたんだね どんなシィチエーションでかいたんだろう
    僕が いかにもかきそうなことばだ(笑)

    雲さんからおそわったことを 僕なりのことばでかきなおしたんだね
    うん(笑)


    >
    >
    >
    > ニーチェの難解な言葉で、『自分自身を愛する者は女性を愛する程、その女性を軽蔑することになる。女性を愛し尊敬するほど、自分自身を軽蔑することになる』とか、水で薄めて砂糖加えるとそういう風になるニーチェの言葉が。

    そうだね ニーチェとぶっきょうのおしえとはかさなるんじゃないかな

    たとえば
    汝なすべし 教会のいうこと 世俗のこと なんてふん!

    我欲す 自灯明


    世俗のこと(我) あるいは教会 をすてて じぶんじしんにかえろう

  • >>No. 16223

    > 【今からみれば ごくふつうのおだやかな権利の主張であっても
    > じだいのながれのなかでは いやおうなく過激な思想としてあつかわれてしまう
    > あるいは追い込まれてしまう】
    >
    > 少数派の権利、ゆるやかな改革改善の求めが突出した過激な意見として封殺されるような出来事が、今も新聞テレビの報道には溢れてる気がします。
    >
    >
    >
    >

    うん そうだね
    人はだれでもだれかをすきになるけんりがる
    奥さんやだんなさんがいるとかいないとか そんなこととはかんけいなしに



    > > 僕はえらぶのがにがて だれかやだれかがえらんで その後のこりをいただきまする
    > > そのほうがおちつく
    > >
    > > えらべるたちばに あんまりたったことがないんだ
    >
    > 任せる、託すということ自体が信頼や勇気が必要なことだし、【その方が落ち着ける】のは、相手の選択を承認できるということ、相手の選択に責任を負えるということ……
    > 普通は誰かに選ばせたら、落ち着かなくなりますから。
    >
    > ……という会話になんだか既視感があります。

    うん そうそう♪
    僕はそのことをいろんな人から教わった
    しんぱいない だいじょうぶだから! なんて

  • >>No. 16216

    > デスペラード
    > https://www.youtube.com/watch?v=iDNtqy0zjJA


    この曲ははじめて聴く曲だ
    いやはじめてじゃないのかもしれないね どこでもそこでもながれていたんだね
    僕のところにはとどいていない
    僕はそれどころではなかった この曲でうたわれているような そんな感じ

    聴くべきときに 聴くべきうたを 聴かなかった 聴けたらどんなによかったのになんておもう

    でも
    いま聴くのも いいのかな なんて気もする

  • >>No. 16220

    > 甘柿と、梅酒になる渋柿と、干し柿になる渋柿と、ピーナッツと一緒のお菓子の柿の種、めごちさんはどれになりたいですか?
    >
    > 僕はお菓子の柿の種の一択。
    > 渋柿の木は柿の種を植えたら生えてきますが、甘柿は接ぎ木した柿の種木からしか生まれません。


    僕はえらぶのがにがて だれかやだれかがえらんで その後のこりをいただきまする
    そのほうがおちつく

    えらべるたちばに あんまりたったことがないんだ

  • >>No. 16218

    > この男優、長谷川一夫。


    わっ そうなんだ
    長谷川一夫って人 よく知らない

    女形をやって映画をみたようなおぼえが
    みごとなもんだねえ! なんて感心した

  • >>No. 16211

    > マルコムXに出て来た「聖書の記述にある、イエスキリストが黒人だったという証拠」
    > 聖書に詳しい人に聞いたら聖書はマタイ伝、ヨハネ黙示録など元々独立した沢山の本を編集し一つにしたもので、イエスキリストが黒人だった記述は、おそらくアフリカ布教用の…というざっくりした解説を受けました。

    今からみれば ごくふつうのおだやかな権利の主張であっても
    じだいのながれのなかでは いやおうなく過激な思想としてあつかわれてしまう
    あるいは追い込まれてしまう

    >
    >
    > 青森キリストの墓と同じで、あれを立てた人はキリストが苗字と思い込んでいたことになりますが、信仰心篤い素朴な信者がイエスに親近感を感じ近い親戚先祖のように錯覚し、あの墓を建てたのだと思います。八戸以外にも東北に無数にありますよね、イエスキリストの墓だとかイエスの弟イスキリなる人物の墓だとか。

    うん そのはなしはきいたことがある
    隠れキリシタン くろぼとけ そういった下地があってこそ きりすとさんの墓ができた

    戦後になっても
    キリスト教の少数派の人たち 西欧のひとたちの布教活動があった そういった下地があればこそ なんだろうね

  • >>No. 16208

    > 蘇州夜曲
    > https://www.youtube.com/watch?v=w0ht7Wkkc3s


    ふしぎだね 僕が生まれる前にできた曲なんだろうけれど
    デジャヴ 既視感 があるような なつかしいような気がして

  • >>No. 16197

    > 囲まれた環境の中で相手と対峙してる…と思ったら1対1でなく4人制インド将棋だった、というような不規則制が家族関係にはあります。夫婦だろうと親子だろうと1対1では終わらず、必ず他の誰かが介入して来ます。チャトランガという昔の将棋はwikiによると
    >
    >
    >
    >
    > 縦横8マスに区切られた盤の上で行う。
    > 4人が2組になって勝負し、その後は勝った組同士で勝負する。
    > 4人のプレイヤーが順番に、サイコロを振る。出た目によって定められた列の自軍の駒を1回だけ動かすことができる(後には、サイコロを使わず、自軍の任意の駒を1回だけ動かすことができるようになったと考えられている)。
    > 駒はラージャ(王)・ハスティーまたはガジャ(象)・アシュワ(馬)・ラタ(車)またはローカ(船)・パダーティ(歩兵)の5種類で、それぞれ動きが決まっている。プレイヤーごとに赤・緑・黄・黒に色分けされた駒を用いる。
    > 歩兵が最前列 (いちばん向こうの列) に到達した場合は、歩兵のあった列の駒に昇格することができる。つまり車の前にいる歩兵は車に、馬の前にいる歩兵は馬に昇格する。ただし、歩兵のあった列の駒が既に取られている場合に限る。
    > 王はゲームの中で1度だけ、馬の動きができる。
    > 自分の駒を動かす際、動く先に他のプレイヤーの駒があれば、その駒を取ることができる。駒は取り捨てで、持ち駒の概念はない。
    > 自軍の王を取られたプレイヤーは負けとなる。

    うん そうだね
    だれとくむかによって くめるかによって 勝ちがきまる
    うまく対幻想をつくりあげたほうが勝つ
    むちゃくちゃでもかまわない

    勝ったもの同士がたたかうときは 共同幻想をみかたにしたほうがかつんだね きっと

  • >>No. 16212

    > > しっかし じぶんが いじけ自己愛性人格障害 だなんて びっくり!
    > > なるほど!
    >
    > こころのふかーいところにかくれていたものに
    > きづくということはどういうことなのか
    > 僕にとっては なじみのあることだ
    >
    > おひさまにあてて よしよし!してやれば
    > 僕のなかのいじけた自己愛性なんたら は
    > けむりとともに灰さようなら のはず
    >
    > で じっさいどうなのかといえば うん♪ ですね さんくすフロイトさん♪
    > すぐそこまで 喉のところまで気づいていたんだ
    > それがこんどのことで
    >
    > おともだちの旦那さんに うまい対応ができたのもそんなわけですね

    ほんとう を知ることは とてもきもちがいい♪ おちつく
    ほんとう といっても とりあえずの ほんとう

    ほんとうのほんとう ほんとうのほんとうのほんとう なんてのもあるから

  • >>No. 16190

    > しっかし じぶんが いじけ自己愛性人格障害 だなんて びっくり!
    > なるほど!

    こころのふかーいところにかくれていたものに
    きづくということはどういうことなのか
    僕にとっては なじみのあることだ

    おひさまにあてて よしよし!してやれば
    僕のなかのいじけた自己愛性なんたら は
    けむりとともに灰さようなら のはず

    で じっさいどうなのかといえば うん♪ ですね さんくすフロイトさん♪
    すぐそこまで 喉のところまで気づいていたんだ
    それがこんどのことで

    おともだちの旦那さんに うまい対応ができたのもそんなわけですね

  • 2018/04/21 20:41

    >>No. 16191

    > https://www.youtube.com/watch?v=zsT9wDBXyjE

    マルコムX なつかしいね
    せかいじゅうのいろんな場所で
    いろんな人たちが それぞれのやりかたで
    じぶんたちのちからでせかいをつくりかえることが できるかも なんて
    夢みることが できた時代

  • >>No. 16192

    > 完全な人格って正方形、三角形や、瓶牛乳の蓋みたいな丸型がジグソーパズルに紛れ込んでるみたいなものなのでは?
    >

    うん そうだね
    完全な人格は 丸くて さんかくで 四角いものなんだ(笑)
    わけのわからないものというのが ほんとうのところなんじゃないかな
    それでは人は一歩もあるけない 今日のところは丸をでっちあげて なんてね


    > 丸型は、それ一つだけで完成、三角形は二つ三つ組み合わせたら完成。

    丸ってのは身分がたかそうだね 曲線でできているからかな
    型なんだけど 型だけでもないような


    > 集団や国家はテトリスのようなイメージで。

    テトリスというのはしらなかった ですね
    孫たちが夢中になっているものかしらん

    丸くて 四角で 三角で なんてのをじっさいにつくれるのかしらん

  • しっかし じぶんが いじけ自己愛性人格障害 だなんて びっくり!
    なるほど!

  • >>No. 16179

    > 人間するということは
    > なんらかのびょーきをひきうけるということなのかもしれない
    >
    > じぶんがびょーきであることをかくすよりも
    > じぶんのびよーきを知ること それがとてもだいじなんじゃないかな
    >
    > じぶんのびょーきをうけいれられれば 他の人のびょーきもうけいれられる
    > おたがいのびょーきをもちよって 家族する ともだちする
    >
    > すてきな関係ができるような気がするんだけどね

    せかいじゅうの人たちをむりやり
    自己愛性人格障害のぱわーのある方と いじけの方にわけたとすると

    奥さんはぱわーのあるほうだね 僕はいじけのほう
    僕ならとてもできそうもない ことを奥さんはやってのける
    すごい! なんて思う

    僕にはわからないけど 僕もまた奥さんにはできないことを やっているのかも

本文はここまでです このページの先頭へ