ここから本文です

投稿コメント一覧 (7960コメント)

  • うふふ! いいね この感じ
    いまここでじぶんしている(^^♪

    風邪さんといっしょだけど
    風邪さんは僕のたいせつなおともだち
    僕がしぬとき みちあんないしてくれる  はず

    ごほっ! ごほっ! するたびに 熱がからだじゅうにひろがって  うふふ!

  • くっ くるじー!  
    ねぱーるでもらってきた風邪とはらいた  
    まだなおらない

    もしかして 
    ゆうめいな 風邪とはらいたなのかもしれない

    でも気分はいいね!
    どうしてかな
    ああ そうか  さとりっての やーめた! のせいだ

    うふふ! いつでもどこでもじぶんしている! って感じ

  • さとりのことをあきらめると
    なにをよすがにいきていけばいいのやら

    いただきまする  がのこった
    それと
    じぶんのなかのちいさなほとけさま  がのこった
    それと
    あちこちに ちいさなほとけさま  がのこった

    それだけあれば じゅうぶん  ですね(^^♪

  • はなしかわって
    となりのみよちゃんが
    このまちにこしてきたというのは
    まちがい  でした  よかった

    なまえがおんなじで
    ふらんす風のなまえがのっかっていたから

    りこんして べつの人とけっこんして
    ながれながれて  なんて わるいそうぞう
    やれあんしん(^^♪

  • >>No. 11203

    > すてきかどうかは、わからないけどね。(^o^;)

    いや すてきなものだけに

    「手に入れたときにはじめてわかる」がやってくるんだ

    走り書きはなかなかすてきだ  他人の僕からみても

  • わかろうとする人にはいつかわかる
    そうでなかったら  いつまでたっても わからない

    だれかにむけて言ってることばを  たまにはじぶんにむけてみたら  いいと思うんだけどね

    なにをおそれているの

  • 細部に神は宿る
    なんて言うね
    ほんとだ!なんて思う

    大枠はだれでもいっしょ

    たとえば
    わるいことをしてはいけない  なんての
    たとえば
    努力と感謝をわすれなければ 人はしあわせになれる(笑)  なんての

    だけどそこには神はやどらない

    細部といえば 量子状態 ですね
    このとぴのいちばんめ

    なるほど! たしかに神は宿っている  
    神さまは量子状態がすき

    ふたつのむじゅんするものをかかえてびくともしない(^^♪

  • さとりのことはもういいんだ

    それより気になるのは
    となりのみよちゃんのこと
    どうしてるんだろう

    いじんさんつれられていっちゃったんだけど
    さいきん このまちにきたといううわさが

  • さとりのことはあきらめた とてもいい気分^^

    もしかしてこれってさとり(笑)

  • それで 息子たちの先行きはどうなるんだろう?
    もしかしたらこのままずーと一緒というのはないのかもしれない。
    ある時お互いがそれぞれの相手をみつけて別々なるのかも知れない。

    だからといって喧嘩するわけでなくおだやかに分かれる。
    そのときの相手の気持ちと自分の気持ちを大事にして助け合いながら別れる。お互いに無理をしない。
    別れた後でも相手が困ったことになれば助けにかけつける。

    大家族から核家族そして一対一の個人と個人 家族というかたちの自然のいきさきなのかもしれない 
    そしてそれはいいことなんだと思う。
    家族という制度はなくなっていってもそのことによって人と人、風景や他の動物たちとのその時々の自由で自然なな関係がむすべるとしたら、、、、。


    道をあるいていたら  ちいさな男の子をつれたすてきな家族にであった(^^♪

    どこいくの?

    とりあえずいくところがないよ


    じゃ うちにきたら?   いっしょに家族しょう(^^♪

    道をあるいていると そんな人たちに であう

  • >>No. 11199

    >走り書きは私にとって楽しい趣味だから。
    なんかね、道みたいなもの。
    すぐ消えちゃうんだけれどね。
    その時はそれで納得してる節はあるなぁ。

    うん(^^♪

    >そっか、え~と、走り書きは確認の意味もあるなと。
    なるほど♪

    すてきな ことば があらわれて  それで確認(^^♪

  • >>>言葉の刀で闇から宇宙を切り出す
    構築する、まるで職人ワザ?

    >>ほんと  そんなかんじ!
    ふかい心的な体験というのがあるんだと思う。

    >ラッキーにも、共感の返信をいただける奇遇

    うん すごいよね! にんげんって
    修業の人たちはことば(=分別)をつかわないで あるいはきょうりょくなしで どうして さとり にたどりつけるんだろう

    ハトさんはできると思うけど  それって さとり かなあ

    ないしょだけど 僕は さとり って知ってる  ことば といっしょにあるんだ

  • >>自分で自分を信頼するためにはだれかの僕への信頼という視線が必要なんじゃないかな?

    >なるほどです

    >「誰か」

    >誰かを探して一生という時間旅行
    あはは...なんかおかしい、なるほど、おもしろいですね


    ずーと その誰かをさがしてた
    奥さんとこどもたち がその誰か  なんて思っていたけど  それだけじゃないね

    あの人もそう あの人も あの人も  叔父や叔母たち 祖父母  みーんな僕への信頼という視線 をもっていてくれたんだ  と思う

    それに励まされてここまでこれた

    じぶんでじぶんを信頼することができた  じぶんのこころをとりもどせた(^^♪

    人たちへの信頼の視線ももてるようになった  

    できごとや人たちとの関係もむすべるようになった(^^♪  ありがとうですね!

  • >>No. 15472

    > 自分自身の探求で一貫している。

    うん そうそう じぶんのこころがどこにあるのかわからなかった
    なにをもとめているのか

    じぶんのこころをしりたい 人たちのこころがしりたい

    できごとや人たちと関係をむすべないのは じぶんのこころも人たちのこころもわからなかったから

  • 日々の生活がそのまんま 旅  

    日々の生活のなかの いろんなしがらみ こころがすっかりこわばってしまって 身動きができない

    それで 旅 にでたんだ  わかいわかいころのじぶん   できるだけ とおくへ  よそのくにへ  できればもうかえってこないつもりで

    たけど かえってきた

    いろんなしがらみ こころのこわばりは 旅 ではとれない

    日々の生活のなかの しがらみ こころのこわばりは  日々の生活の中でしか とれない

    旅 で知ったことは 
    こんなせかいもあるということ  でもそのせかいにじぶんが入っていくには  じぶんにはたりないものがある

    じぶんにたりなかったものってなんだろう  今ではそれがわかる
    たりなかったものは 日々の生活の中でのできごとや人たちとの関係のむすびかた
    それが僕にはわからなかった

    だから
    旅 のなかでの出来事や人たちとの関係をどうしてむすべばよいのかわからなかった

    「見よ、旅人よ」を読み返してみてそれがよくわかった  あのころの僕はできごとや人たちに こころをとざしていたんだ

    そうではない長田弘さんにあこがれていた  なんにあこがれているかもわからないまま

    今ではよくわかる
    旅 のなかでのできごとや人たちとよい関係をむすべることができるようになった

    奥さんとこどもたちのおかげ(^^♪

  • >>No. 11196

    > こんばんは♪
    >
    > >うん 求めていたものが はるかかなたにあるんじゃなくて  目の前にあったことが
    >
    > そうですか。
    >
    > ここのところ「失ったときにわかる。」と以前ハシクレさんが言っていた言葉を時々思い出しています。
    > 自分はそういう習性なんだろうな、とか。。(実は(T_T)


    「手に入れたときにはじめてわかる」 なんてのもあるよね
    たとえば
    走り書きの ことば なんての

  • 日々の生活がそのまんま 旅  

    日々の生活のなかの いろんなしがらみ こころがすっかりこわばってしまって 身動きができない

    それで 旅 にでたんだ  わかいわかいころのじぶん   できるだけ とおくへ  よそのくにへ  できればもうかえってこないつもりで

    たけど かえってきた

    いろんなしがらみ こころのこわばりは 旅 ではとれない

    日々の生活のなかの しがらみ こころのこわばりは  日々の生活の中でしか とれない

    旅 で知ったことは 
    こんなせかいもあるということ  でもそのせかいにじぶんが入っていくには  じぶんにはたりないものがある

  • >>No. 15467

    > 俺、5年分読んだけど、ずっと同じだね。

    うん おんなじ  むしろ 後退してるかな

    いきおい というか いっしょうけんめい というのか 真摯 というかなんちゅうか

    会話というものは 相手といっしょに つくるものだね   

    よいはなしあいてにめぐまれれば よいかいわがうまれる

    むかしむかしは どこでも ここでも  いっしょうけんめい があったんだ

  • 日々の生活がそのまんま 旅  

    日々の生活のなかから いろんなしがらみ こころがすっかりこわばってしまって 身動きができない

    それで 旅 にでたんだ  わかいわかいころのじぶん   できるだけ とおくへ  よそのくにへ  できればもうかえってこないつもりで

    たけど かえってきた

本文はここまでです このページの先頭へ