ここから本文です

投稿コメント一覧 (6684コメント)

  • >>No. 1183

    > 今年の白ける負けナーズは「70~80勝が関の山」
    > 100敗しなかったら立派と誉めるに値する
    > 菊池は四球と暴投ばっかりでボコボコにされるのが目立つ
    > 一番入ってはいけない球団に入ってしまった

    …早速マスコミとイチ信者が「東京開幕戦でイチ菊の夢の共演」てな事言ってはしゃいでるが、過去にイチローと同じユニフォームを着た日本人投手がどんな成績だったか、掲示板が消えるまでに数字をまとめてやろう。「日本代表」を除くと「川崎フラグ」が立つんだぜ(-.-)。

  • ま、今年の白ける負けナーズは「70~80勝が関の山」だろうな。100敗しなかったら立派立派、と誉めるに値する。

    菊池は四球と暴投ばっかりでボコボコにされるのが目立つ気がする。一番入ってはいけない球団に入ってしまったのだから(-.-)。

  • >>No. 90

    >“そう思わな蝗”達は単に無知で馬鹿なだけじゃなく、人間らしい心すら捨ててます(# ̄З ̄)
    >iigiing2の投稿があったら外灯にたかる蛾そのものの反応しかできない
    >ホセ・フェルナンデスの追悼に関する投稿にさえ、アレです。クズなんですよ

    >嫌いな投稿者は「無視リスト」に入れればソイツの投稿を見ないで済む
    >そんな事も理解できず、ひたすら嫌いなiigiing2の投稿の「そう思わない」にたかり続ける
    >そんなクズ共がファン面して取り巻いてりゃ、
    >イチローの所属チームがいつまで経っても優勝できないのも無理はないんですよ(-_-;)

    >まぁ見ててご覧なさい。またここにたかるから↓

    >そう思う0
    >そう思わない26

    2016年秋、ホセ・フェルナンデス事故死。
    当時のイチ信者蛾は26匹だった。

  • >>No. 1078

    > 2012年途中から2017年までを見る限り、
    > イチローと縁を切っても白ける負けナーズの負け癖は払拭できそうもない
    > 89勝。2012年途中でイチローが移籍退団して以降、最多勝利シーズン
    > 「イチローを試合に出場させない」という"最終兵器"はギリギリでその効果を発揮した
    > 負け癖を払拭する第一歩になったかもな

    > 3月は日本で開幕シリーズ
    > イチローの「引退試合」にしたくても本人が引退を呑まないだろうから、
    > 今年と同じように「練習参加型コーチ職」を続けるのか独立リーグへ移籍するのか

    > 開幕戦で数打席立った後、中南米独立リーグ行き、に一票。

    …確かめてももう掲示板は使えない、と、

  • >>No. 1172

    >2019年の注目は
    >「いつイチローが戦力外通告を受けるか」「だけ」
    >本人は「あと11安打打って通算3100安打にしたい」んだろうが、
    >50打席以上も立たせて貰うようならチームは最下位独走だろう
    >客寄せ要員にもなるかどうか

    …渡米後は昨年実現しなかったvs大谷で一儲け、は無理。大谷は今年は投手をやらないので。
     くどいようだが菊池、負けナーズだけは止めとくべきだったのに(-.-)。

  • >>No. 2831

    >大谷の2年目以降や
    >筒香、柳田、菊池らのMLBでの成績を掲示板で検証できない
    >MLBとNPBのレベル差(ボールと試合数と選手層と環境の差)を示す客観的な数字

    一つだけ言えるのは、大谷が今年以降成績を落としても、筒香や柳田や菊池らがメジャーに行って数年で跳ね返されても、「レベルの差など分からないアホな奴」が大勢いる、って事でしょう。

    掲示板って本当にアホが多かった。

  • >>No. 13382

    何をすっとぼけた事書いてんの。

    その「本気で人選なんかしていない」米国代表に第4回WBCの準決勝で完敗したのに、NPB>メジャー?

    どういう頭してんの、アンタ?

  • >>No. 1153

    > ピート・ローズもイチローと「安打以外の要素」を比較すると象徴的
    > ローズは24年間で地区優勝以上7回(世界一3回)
    > イチローは27年間で地区優勝2回だけ。日本オリックス時代も優勝2回(日本一1回)きり。
    > ポストシーズン出場率ローズ29%,イチロー15%
    > 所属チーム通算勝率ローズ.557,イチロー.538
    > プロ1年目から24年目までの成績を
    > 「本塁打を除く得点を安打と四死球で除した生還率」で比較すると24年中13年でイチローの方が高いのに、
    > 「所属チームの公式戦勝率」で比較すると24年中18年でローズの方が高い
    > 通算本塁打ローズ160,イチロー235と75本も上回り、
    > 通算盗塁ローズ198,イチロー708と3.5倍も決めているのに、
    > 通算打点ローズ1314,イチロー1309ほぼ互角
    > ローズはナショナルリーグのチーム所属だったので「投手が打席に入る」分、走者を得点圏に置いた打席数は少なかった筈
    > プロ24年目までの内23年間を日本でパ、米国でアとDH制のあるリーグのチーム所属だったイチローは「打点を稼ぐ機会がローズよりかなり多かった筈なのに、彼よりも打てなかった」
    > 「盗塁を3.5倍も多く決め、本塁打も75本も多く打ち、通算安打も111本多く打った」のに、通算打点でも所属チームの勝率でも負け、ポストシーズン出場率では半分

    > この理由は「イチローが所属チームの運気を吸収するブラックホール」だから

    > イチローの安打にしか興味を持たないイチ信者が何百匹「そう思わない」にたかっても事実を曲げる事はできない

    > シアトルマリナーズは来年の春、東京での開幕2連戦をイチローの引退試合にしたいのだ。ハッキリと言うと日本のイチ信者に憎まれるから言わないだけの話

    …代理人「だけ」は「45才でもシーズン通してプレーできる」と喚いているけどな。信じるのはイチ信者「だけ」だが(  ̄▽ ̄)。

     2019年の注目は「いつイチローが戦力外通告を受けるか」「だけ」である。本人は「あと11安打打って通算3100安打にしたい」んだろうが、50打席以上も立たせて貰うようならチームは最下位独走だろう。客寄せ要員にもなるかどうか(-.-)。

  • >>No. 1143

    >3000安打クラブの32名で、敬遠回数の記録がない戦前7名を除き、
    > 「敬遠を除く選んだ四球率」はイチローが25名の最下位

    >自力出塁(安打+四球+死球)回数に対する得点数すなわち「生還率」を見ると、
    >イチローは37.5%で32名中19位

    >自力出塁回数に対する打点数すなわち「打点率」を見ると、
    >イチローは20.6%でやはり32名の最下位
    >「自分が肝心な時に打てないから優勝できない」というのが真相

    >「生還率なら19位なのに打点率になると最下位」という事実は、
    >自力で走者を還す能力が最弱の3000安打クラブメンバーだという事を示している

    > 3000HCにおける上記の事実は、掲示板がなくなるまで何度でも上げてやる
    > 「そう思わない」野球音痴のイチ信者蛾が何百匹いたのか、の記録にもなる

    …30匹足らずだったようで、かなり減ったな(  ̄▽ ̄)。

  • >>No. 1139

    >野球音痴のイチ信者は
    >「イチローの所属チームが優勝できないのは、イチローがいくら打っても後続打者がヘボばかりで全然打てなくて得点できないからだ」
    >と思っている
    >まるで現実を見ていない盲論だ

    > 3000安打クラブの32名で、敬遠回数の記録がない戦前7名を除き、
    > 「敬遠を除く選んだ四球率」はイチローが25名の最下位である

    >では自力出塁(安打+四球+死球)回数に対する得点数すなわち「生還率」を見ると、
    > イチローは37.5%で32名中19位。中堅グループである
    >つまり「出塁した場合、後続打者はかなり打って彼を生還させてきた」のだ

    >一方、自力出塁回数に対する打点数すなわち「打点率」を見ると、
    > イチローは20.6%でやはり32名の最下位である
    >打点付きの出塁が一番少ない訳だ
    >要するに
    >「自分が肝心な時に打てないから優勝できない」
    > というのが真相なのである

    > 出塁には相手野手の失策や野選、併殺崩れもあるし、打点には長打による1回複数打点も多いから、必ずしもイチローが32名で一番得点圏打率が低いと決めつける事はできないにしても、
    > 「生還率なら19位なのに打点率になると最下位」
    >という事実は、
    >自力で走者を還す能力が最弱の3000安打クラブメンバーだという事を示しているのだ

    >頭が飛び抜けていいイチローの事だから、本人がこういう事実を十分認識している筈だ

    >ベルトレとプホルスを加えたら上述のとおり
    >3000HCにおける上記の事実は一層揺るぎないものとなった

    …まだ投稿不可能になってなかったから再掲しておく。

  • >>No. 1167

    > シアトルマリナーズ北米プロスポーツ界ワースト「17年連続ポストシーズン進出なし」記録更新中
    > イチローが2002~12年及び2018年の計12年に関わっている
    > イチローブラックホールを浄化できる球団は存在しなかった
    > イチローは所属チームの運気を吸収するブラックホール

    > スタントンもイエリッチもオズナも行き先チームで、オズナは162試合目までWC争い、スタントンはDS、イエリッチはLCSまで進んだ
    > イチローと違うチームになったらこの通り

    > 菊池雄星が負けナーズと合意で「川崎化」決まり
    >「1年目に東京で開幕戦」ってとこまで一緒
    > カノもクルーズもディアズも追い出して、18年連続ポストシーズン進出なしのワースト記録更新が決定的

    …3月下旬の光景は簡単にイメージできる。「東京開幕戦だけの拡大メジャー枠」でイチローが「球団は本当は引退試合にしたいけど本人が辞めると言わないので客寄せに特別サービスのスタメン」貰って、敵将メルビンも元上司なので「イチローが打席に立ったら直球オンリーで勝負してやれ」とか何とか投手に言って、メジャー通算3090安打目が出たらイチ信者が歓喜のうわいうわいうわい、だろう(-.-)。
     で、試合はどうせ良くて1勝1敗。渡米したら特別枠もなくなって、球団は「いつイチローの首に鈴を付けるか」で腫物扱いだろうな。菊池も期待外れで5年もたずに帰国コースだろうね。負けナーズだけはやめとくべきだったのに、あーぁ。

  • >>No. 1157

    > シアトルマリナーズが北米プロスポーツ界ワーストの
    > 「17年連続ポストシーズン進出なし」
    > 記録を更新中で、
    > その内イチローが2002~12年及び2018年の計12年に関わっているという事実
    > 結局、イチローブラックホールを浄化できる球団は存在しなかった
    > 掲示板がなくなる事によってイチ信者蛾の方が浄化される事になったのは皮肉

    > イチローは所属チームの運気を吸収するブラックホールであった

    > イチロー本人もそれが解っていたからこそ、2015年からのマーリンズの3年間では、マリナーズやヤンキース時代には絶対にやらなかったチームメートへの茶化しや試合前のハイテンションパフォーマンスをあえてやるようにしたのだ
    > チーム内で浮き上がってはならない、という結論だった訳だが、結局その3年間もマーリンズは負け越し続き。絶対エースのホセフェルは不可解な事故死
    > ジーターが共同オーナーになるとイチローはクビにされ、スタントンもイエリッチもオズナも追い出されたが、3人共バラバラになった行き先チームで、オズナは162試合目までWC争い、スタントンはDS、イエリッチはLCSまで進んだ
    > イチローと違うチームになったらこの通りなのである

    > 事実は全て、イチ信者の競馬馬並みの視野の狭さを示しているのさ。

    …で、あーあ菊池雄星が負けナーズと合意だって。これで「川崎化」決まりだね。「1年目に東京で開幕戦」ってとこまで一緒ときたもんだ。
     なぜそうまでして負けたがるかねぇ。カノもクルーズもディアズも追い出して、18年連続ポストシーズン進出なしのワースト記録更新が決定的なのに。

  • >>No. 874

    読売が絡んでるなら巨人にも勝たせる気がしますけど。
    それにしても弱い弱い。
    なぜマッティングリーに監督やらせるんだな意味がちょっと解った気もしますわ(-.-)。

  • >>No. 12113

    …マッティングリーが有能な監督なら、マイアミマーリンズはもっとマシな成績残してますよ(^^)。少なくとも82勝以上はしてます。

  • >>No. 860

    ハッキリ言って幻滅気味です。
    メジャーチームこんなに弱いのかと。

  • 炎上でシーズンが終わるのは辛いもの。
    忘れたいだろうな最終登板。

  • >>No. 835

    >クレイトン・カーショウにとって28日のレッドソックス戦はドジャースでの最後の登板になる可能性がある
    >この世代のナンバーワン投手だが、今季もその経歴にワールドシリーズ優勝の文字が書き込まれることはなかった
    >この日は3本塁打を浴びて1-5の敗戦の要因となり、またしても本拠地で相手が勝どきを上げる胸の痛みに耐えなくてはならなかった
    >プロ入りからドジャース一筋で過ごしてきたカーショウは、今季終了とともに2年残っている球団との契約を破棄できる権利を手にする
    >サイ・ヤング賞3回のエース左腕は、シーズン中ずっとこの権利を行使するつもりはあるかという質問を受けてきた

    >「僕の去就に関する質問が出るのは当然だ。ただ今はその話をして、今夜のことや今みんなが感じていることを台無しにしたくはない」
    >「僕だけにフォーカスするようなことは勘弁してほしい」
    >「今夜のことはみんなにとってつらい経験だった。本当にね」

    >2014年に総額2億1400万ドル(約240億円)で契約更新し、今後2年間の年俸は合わせて6500万ドル(約73億円)に達するカーショウは、3日間かけて今後について判断する予定で、今はまだ何も決めていないと繰り返した
    >「色々なことが起こる3日間になるだろうし、そこで心を決めたい。話し合いをすることは間違いないと思う」

    …オプトアウト確実と言われてますが、これだけ大舞台で打たれると株は下がらざるを得ず。田中みたいに「行使せずに残留」の方が良かったりして。

  • >>No. 11831

    >1894年からテンプル・カップ
    >レギュラーシーズン優勝チームと2位のチームが7戦4勝制のシリーズを戦う
    >ファンの興味を惹くことができず1897年のシリーズをもって終了
    >4年間でレギュラーシーズンとテンプル・カップの両方を制したのは1896年のボルチモア・オリオールズだけで、残りの3年はいずれも2位チームがテンプル・カップを手にした
    >1900年にはクロニクル=テレグラフ・カップが開催されたが、これもその年1度きり
    >19世紀の米国人は「長期戦の勝者を短期戦で貶めるようなカップ戦」をつまらないと拒絶していた
    >19世紀の米国人は、21世紀の日本人よりも頭が良かった

    今の普通の日本人は「日本シリーズ」が続いてるから「セパ優勝チーム同士」だと思ってるんでしょ。
    クライマックスシリーズはテレビに映らないし(^^)。

  • >>No. 835

    10月はこういう結末でした。
    お疲れ様でした。

    これだけ公式戦と変わらない強さを保持してる東横綱には、誰も敵いませんねやっぱし。

  • 第5戦、意地で7回を投げきったカーショーだったが、3発浴びて4失点。力の差はいかんともし難かった。

    レッドソックス、5年ぶり世界一おめでとう🤗。
    Yahoo掲示板最後の年の赤靴下は圧倒的に強かった。

本文はここまでです このページの先頭へ