ここから本文です

投稿コメント一覧 (6294コメント)

  • >>No. 661

    > 次回の登板でも炎上したらWCGの先発は外されるかもしれん

    …ゆえに次の登板の内容は重要だ。敵地のレイズ戦、締めて行きたい所。

  • >>No. 701

    ここまで今季のポストシーズン進出を決めたのは、
    ア東優勝レッドソックス、
    東ワイルドカード1ヤンキース、
    中優勝インディアンス、
    西首位アストロズ、
    ナ東優勝ブレーブス。

    残り5枠はどこになるか。

  • >>No. 1012

    > 「彼がヒットを打てば打つほどチームが運気を失い負けが込んでいく」
    > イチ信者は「チームメートがだらしないだけ」「運が悪いだけ」と強弁するが、そういうエゴイズム(イチローマルチだうわいうわい、チームボロ負け酷い酷い)がイチローブラックホールを拡大してきた
    > 所属チームの通算勝率が32名の3000HCでビリという結果に勝る事実はない
    > よっぽどこの事実が癪に触るらしいが、コーロギ共が過剰反応すればするほど物証になる
    > 真のスーパースター選手は所属チームを勝利に導くものだ。いかなるスポーツでも一緒

    …例外が「個人記録の男」イチローを盲信する野球音痴達である。2012年途中から2017年までを見る限り、イチローと縁を切っても白ける負けナーズの負け癖は払拭できそうもないのだが、今季あと3勝する事でその第一歩にはなるだろう。

  • >>No. 691

    ア東地区ヤンキースも順調にワイルドカードを獲得。
    2枚目はアスレチックスがあと1勝で足踏み中。

    マリナーズは北米プロスポーツのワースト記録を17年連続ポストシーズン不出場に更新。
    おかげで野球音痴のイチ信者蛾が掲示板を怪我しまくっている。

  • >>No. 981

    > ドミニカ共和国出身のプホルスは、異国からメジャーに挑戦して驚異的な10年連続200安打を記録したイチローをリスペクトしてくれているが、
    > プホルスの「10年連続3割30発100打点」の記録とは「チームを勝利に導く」効果として比べ物にならない(その10年間で地区優勝6回リーグ優勝2回世界一1回)

    > プホルスがイチローとチームメートになっていたならば、
    >「彼がヒットを打てば打つほどチームが運気を失い負けが込んでいく」
    >という現象に頭を抱えていたかもしれない

    > イチ信者は「チームメートがだらしないだけ」「運が悪いだけ」と強弁するが、
    > そういうエゴイズム(イチローマルチだうわいうわい、チームボロ負け酷い酷い)がイチローブラックホールを拡大してきた

    > 大谷が「投手との二刀流」でメジャーに来て「日本人選手初のデビュー年20発」を記録してもチームは勝率5割キープに四苦八苦、という現実は案外イチローブラックホール化の悲劇を暗示しているのかもしれない
    > イチロー化しないためにも大谷は二刀流挑戦を継続するべきだろう

    …なぜこの投稿にイチ信者蛾が噛みつくか。事実だからである(  ̄▽ ̄)。

  • >>No. 980

    > エイドリアン・ベルトレはれっきとした勝ち組

    > 所属チームの今年まで通算は1680勝1561敗で勝率.518
    > 2011年にリーグ優勝もしている
    > イチローと負けナーズでチームメートであった5年間の暗黒期を除けば、所属チームは快調に勝っていた
    > 典型的なイチローブラックホールの犠牲者である

    > 負けナーズ時代の5年間は打率.266、本塁打率.036、三振率.175、併殺打率.028と散々で
    > チームも381勝429敗で勝率.470
    > まだイチローブラックホールという発想がなかった私は
    > 「何という役立たずの打者か」と心底幻滅していたのだが、
    > 2010年にレッドソックス、その翌年にレンジャーズに移籍すると全く別人になった

    > 負けナーズ時代を除く15年間では打率.294、本塁打率.046、三振率.176、併殺打率.024
    > チームも1299勝1132敗で勝率.534、地区優勝4回
    > 負けナーズを去ってからベルトレが別人になったのを見たからこそ、
    > イチローブラックホールの存在を私は疑うようになったのだ

    > こういう「被害者」はベルトレだけではない
    > ショーン・フィギンズやホセ・ロペスや、他にも実に大勢いる

    …そして今年はアルバート・プホルスも3000安打クラブに加わったが彼も言うまでもなく勝ち組中の勝ち組。イチローと同じ2001年メジャーデビューだけに余計に目立つ「所属チームの栄光記録」。
    > カージナルス時代は11年間で994勝787敗の勝率.558。地区優勝6回リーグ優勝3回世界一2回。
    > エンゼルス移籍後は冴えないが昨年まで6年間で504勝468敗の勝率.519。地区優勝1回。
    >比べられると気の毒になるほど、同じ3千安打でも"価値"が違いすぎるのである

    …これも今季公式戦終了後に更新する。

  • >>No. 979

    3000安打クラブの達人達が現役年間で所属したチームの通算勝敗を、 勝率順に列挙する
    同一年途中で移籍した選手も多くて移籍前後の勝敗が不明だが、その場合は複数のチームに影響を与えたという意味で、選手の出場試合数比で移籍前後のチームの勝敗を案分する

    次に“負け組”(>_<)。
    23リプケン1631勝1642敗.498
    24ヨーント1587勝1598敗.498
    25ウィンフィールド1714勝1725敗.498
    26グゥイン1561勝1615敗.491
    以上4名。

    最後に“リーグ優勝経験なし組”(T_T)。
    カルー1535勝1475敗.510
    パルメイロ1570勝1599敗.495
    ラジョイ1523勝1575敗.492

    そして、
    イチロー1350勝1405敗.491(2017年まで)である。
    イチローの所属チーム勝率は達人32名の「ビリ」。
    29位のグゥインは.4915と.4910で僅か5毛差ではあるが、低いのだ。

    カルーはリーグ優勝ができなかったが、通算では勝ち越していた訳だ

    …昨年はエイドリアン・ベルトレが、今年はアルバート・プホルスが新たに3千安打クラブに加わったが、二人ともれっきとした勝ち組。特にベルトレは、
    > イチローと負けナーズでチームメートであった5年間の暗黒期を除けば、
    > 所属チームは快調に勝っていたという典型的なイチローブラックホールの犠牲者
    という事。いくらイチ信者蛾が「そう思わない」にたかっても、「イチローは3000HCの中で一番所属チームが勝てない選手」という事実をねじ曲げる事はできない。

    今季公式戦終了後、改めてランキングと数字を更新する。

  • >>No. 978

    3000安打クラブの達人達が現役年間で所属したチームの通算勝敗を、勝率順に列挙する
    同一年途中で移籍した選手も多くて移籍前後の勝敗が不明だが、
    その場合は複数のチームに影響を与えたという意味で、
    選手の出場試合数比で移籍前後のチームの勝敗を案分する

    まずは“勝ち組”。
    1ジーター1900勝1318敗.590
    2アンソン1543勝1110敗.582
    3コリンズ2169勝1598敗.576
    4ミュージアル1995勝1563敗.561
    5ローズ2129勝1691敗.557
    6ワグナー1735勝1397敗.554
    7スピーカー1836勝1484敗.553
    8メイズ1976勝1660敗.543
    9ロドリゲス1887勝1608敗.540
    10カッブ1949勝1686敗.536
    11マレー1733勝1534敗.530
    12ブレット1764勝1577敗.528
    13アーロン1916勝1738敗.524
    14ヤストレムスキー1903勝1753敗.521
    15ビジオ1653勝1522敗.521
    16ケーライン1815勝1678敗.520
    17ウェイナー1512勝1393敗.520
    18ボッグス1481勝1367敗.520
    19クレメンテ1480勝1372敗.519
    20ヘンダーソン2036勝1894敗.518
    21ブロック1476勝1431敗.508
    22モリター1663勝1620敗.507
    以上、22名。
    達人の中でも通算2000勝超えはコリンズ、ローズ、ヘンダーソンの3名だけである。

    …32名中24名(イチローの"後輩"になる現役組のベルトレとプホルスを含む)が勝ち組。今季公式戦終了後、改めてランキングを更新する。

  • このイチ信者蛾は無視リストに入れられてるのに粘着するしか能がない。まさに昆虫脳だ(  ̄▽ ̄)↓。

  • >>No. 689

    続いてナ東地区でブレーブスが優勝を決めた。
    低迷期が続いても若手を根気よく育成し続けるとどこかで花が咲くものである。

  • >>No. 1018

    今日もヤンキースとアスレチックスが勝ち、この結果、

    >「連続年ポストシーズン進出なし」ランキング
    > 1位 16年 マリナーズ
    > この16年連続という記録は、メジャーワーストのみならず北米プロスポーツ全体でもワースト

    …この不名誉なワースト記録は17年に伸びた。

     しかし、あと3勝すれば
    > イチロー移籍後の最多勝利年
    にもなる。残り8試合は一つでも多く勝つ事である。

    > 「イチローを試合に出場させない」という"最終兵器"でも88勝できなかったとなると、白ける負けナーズの暗黒期はまだまだ続く事になる
    >せめて88勝しろ

    …これは何とかクリアできるだろう。

  • >>No. 1004

    ヤンキースとアスレチックスが勝ち、マリナーズ負け。

    >「連続年ポストシーズン進出なし」ランキング
    > 1位 16年 マリナーズ
    > この16年連続という記録は、メジャーワーストのみならず北米プロスポーツ全体でもワースト

    …あと1敗すれば、その不名誉なワースト記録は17年に伸びる。しかし、あと4勝すれば
    > イチロー移籍後の最多勝利年
    にもなる。残り9試合は一つでも多く勝つ事である。

    > 「イチローを試合に出場させない」という"最終兵器"でも88勝できなかったとなると、白ける負けナーズの暗黒期はまだまだ続く事になる

    …せめて88勝しろ。

  • >>No. 687

    続いてア西地区、アストロズがまずPS進出を確定。昨年のワールドチャンピオンは今季も強かった。

  • >>No. 372

    > ソーシアがクビになったら後任の監督がどう考えるか、次第

    …まだエンゼルスはソーシアのクビを切らないのか。ちと不思議。時間の問題だと思っているのだが。

  • >>No. 685

    > まだコーロギの子分が飛び回っているようだ

    …メジャーリーグ掲示板の平均知性を落とす蛾はいつまで経っても消えない。

  • >>No. 1001

    > 「彼がヒットを打てば打つほどチームが運気を失い負けが込んでいく」
    > イチ信者は「チームメートがだらしないだけ」「運が悪いだけ」と強弁するが、そういうエゴイズム(イチローマルチだうわいうわい、チームボロ負け酷い酷い)がイチローブラックホールを拡大してきたのである
    > 所属チームの通算勝率が32名の3000HCでビリという結果に勝る事実はない

    …よっぽどこの事実が癪に触るらしいが、コーロギ共が過剰反応すればするほど物証になる。真のスーパースター選手は所属チームを勝利に導くものだ。いかなるスポーツでも一緒。

  • ア東地区、レッドソックスが圧倒的強さで優勝。

    次のPS切符はさてどこか。

  • 無念の炎上、5回もたず5失点KO(>_<)…レッドソックスの地区優勝決定。

    次回の登板でも炎上したらWCGの先発は外されるかもしれんな…。

  • >>No. 678

    > イチ信者蛾は一体何をネタにしているのか知らんがまだ飛び回っている
    > Yahoo掲示板にはもう知性派がほとんどいなくなったんだろうなTwitterとかへ移って
    > 延々と「過去の"個人記録だけの"栄光」でうわいうわいやってるんだろうな

    …案の定、蛾と新顔でつまらん昔話だな。掲示板の平均知性を下げるだけの連中だ┐( ̄ヘ ̄)┌。

本文はここまでです このページの先頭へ