ここから本文です

投稿コメント一覧 (20716コメント)

  • ドル円109円後半

    米国株上昇(18日)

    米中貿易交渉の進展に期待高まる

  • >>No. 98

    一方、日本の不動産市況は堅調だ。
    三鬼商事によると東京都心5区のオフィス空室率は昨年12月に1.88%と月次データがある02年1月以来で最低となった。
    平均賃料も60カ月連続で上昇している。
    REITの保有物件も賃料が伸び、分配金の増加につながるとの期待が持ちやすい。
    日本は金利は低位で安定し、政治的な混乱もない。
    こうした状況を映し、17年末に比べ東証REIT指数の上昇率は米国や欧州、オーストラリアを上回る。

    各国のREIT市場の状況をみて有望な国に投資資金を振り向ける動きはこれまでもあった。
    だが過去との大きな違いは、年金基金やヘッジファンドなど「本来は株式に投資する投資家がREITを株式の代替投資先に選び始めた」(SMBC日興証券の鳥井裕史シニアアナリスト)点だ。

    株式投資家の目にはREITの値動きは株式より安定しているうえ「為替市場の影響も受けづらい「(スイス運用大手ピクテ・アセット・マネジメントのエリック・ロセ氏)と映る。
    さらに国内REITの時価総額は約13兆円と東証1部の不動産業に匹敵する規模に拡大。
    「株式運用のグローバル投資家がまとまった資金を投じられる対象と認識されるようになった」(鳥井氏)という。

    指数経由の資金も流入している。
    象徴的なのが値動きの小さい銘柄で構成する「最小分散指数」だ。
    たとえば北米を除く世界の株式相場の値動きを示す株価指標「MSCI・EAFE」の最小分散指数をみると、国内のREITの構成比率は昨年末時点で約5.7%と1年前から3ポイント上昇した。

    足元はひとまず落ち着きを取り戻した世界の金融市場。
    だが世界景気の減速懸念や米中貿易摩擦などのリスクが消えたわけではない。
    不透明感が払拭できない間は数少ない買える資産として国内REITへの投資家の注目が続く可能性が高い。

  • >>No. 97

    「日本ビルファンド投資法人は割高だけど絶対に外せない」。
    ある国内運用会社でREITファンドを運用する担当者はいう。
    REIT最大手のビルファンドの価格は17年末から28%上昇。
    分配金利回りは2.9%。
    REIT市場の平均(4.1%)を下回り、高利回りに注目して買う投資家が多い中では投資妙味が薄いようにもみえる。
    それでも保有し続けるのは「海外マネーが真っ先に流入する銘柄」(同担当者)とみているからだ。

    足元の国内REIT相場の底堅さは際立つ。
    日経平均が月間で10%下落した18年12月も東証REIT指数は2%安にとどまった。
    背景にあるのが海外投資家の買いだ。
    東証が16日に発表したREITの投資部門別売買状況によると、昨年12月に海外勢は150億円を買い越していた。
    昨年1年間の買越額は3057億円に達し、07年以来11年ぶりの大きさだった。」

    みずほ証券の大畠陽介シニアアナリストは「2種類の海外マネーが流入してきた」と指摘する。
    1つめは世界のREITで運用する投資家、もう1つは株式の投資家だ。

    世界のREIT市場を見渡すと、最大の米国には金利上昇懸念がつきまとう。
    欧州は英国の欧州連合(EU)離脱問題など政治リスクが大きい。

  • 1月19日の朝刊より

    REIT、新たな逃避先に
    価格安定 海外マネーが評価
    成長力、株式投資家も注目

    国内のREITがにわかに脚光を浴びている。
    東証REIT指数は18日時点で2017年末より9%高い。
    同期間に9%下落した日経平均株価とは対照的だ。
    背景にあるのが海外マネーの流入。
    世界の金融市場が不安定になる中、値動きの安定した日本のREITが新たな資金逃避先として存在感を高めている。

  • 設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF):12億円(01/18)

    2016年(4月~12月)分
     2184億円
    2017年分
     2964億円
    2018年分
     1月:228億円
     2月:228億円
     3月:252億円
     4月:240億円
     5月:252億円
     6月:252億円
     7月:252億円
     8月:276億円
     9月:216億円
     10月:264億円
     12億円(11/01)12億円(11/02)12億円(11/05)
     12億円(11/06)12億円(11/07)12億円(11/08)
     12億円(11/09)12億円(11/12)12億円(11/13)
     12億円(11/14)12億円(11/15)12億円(11/16)
     12億円(11/19)12億円(11/20)12億円(11/21)
     12億円(11/22)12億円(11/26)12億円(11/27)
     12億円(11/28)12億円(11/29)12億円(11/30)
     12億円(12/03)12億円(12/04)12億円(12/05)
     12億円(12/06)12億円(12/07)12億円(12/10)
     12億円(12/11)12億円(12/12)12億円(12/13)
     12億円(12/14)12億円(12/17)12億円(12/18)
     12億円(12/19)12億円(12/20)12億円(12/21)
     12億円(12/25)12億円(12/26)12億円(12/27)
     12億円(12/28)
    2019年分
     12億円(01/04)12億円(01/07)12億円(01/08)
     12億円(01/09)12億円(01/10)12億円(01/11)
     12億円(01/15)12億円(01/16)12億円(01/17)

    計8208億円

  • ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人(3278)

    資産の譲渡に関するお知らせ(KDXレジデンス新大阪)
     譲渡予定価格:6億9000万円
     譲渡予定価格と帳簿価額との差額:207,687 千円
     譲渡先:国内の合同会社(詳細非開示)
    2019年7月期の運用状況の予想の修正(分配金3753円→4030円)
     本譲渡に伴い202百万円の譲渡益の発生を見込んでおり、当該譲渡益については、将来の分配金水準の維持、向上を目的として、法人税を負担しない範囲で、その一部46百万円を内部留保した上で、156百万円を2019年7月期(第15期)の分配金に充当する予定です。

  • ユナイテッド・アーバン投資法人(8960)

    2018年11月期決算(分配金3473円)
    2019年5月期の運用状況の予想(分配金3550円)
    2019年11月期の運用状況の予想(分配金3400円)
    分配金支払開始予定日:2019年2月15日

  • 日本プロロジスリート投資法人(3283)

    2018年11月期決算(分配金3984円+利益超過分445円=4429円)
    2019年5月期の運用状況の予想(分配金3845円+利益超過分586円=4431円)
    2019年11月期の運用状況の予想(分配金3815円+利益超過分588円=4403円)
    分配金支払開始予定日:2019年2月15日

  • 雑感
    上げ46銘柄、変わらず3銘柄、下げ12銘柄
    出来高5桁3銘柄、4桁銘柄40銘柄、3桁銘柄17銘柄、2桁銘柄1銘柄
    指数、1343、1345はともに上昇
    出来高は、1343が5万1千口台、1345が1万口台

    日銀買い入れ(設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETF12億円)
    指数は、わずかなプラスで始まり、上昇して、
    今日の高値を付けた(09:05)
    その後、下落して、
    11時前(10:54)に、今日の安値を付けた
    その後、上昇して、
    安値から9ポイント弱戻して引けた(プラス引け、陽線)

    売買高221114口
    売買代金334億8500万円

  • 2019/01/18 用途別

    今日の東証REITオフィス指数
    始値  1862.94(09:00)
    高値  1870.90(09:05)
    安値  1856.23(10:55)
    終値  1866.70(15:00)
    前日比  +6.57(+0.35%)

    今日の東証REIT住宅指数
    始値  2777.12(09:00)
    高値  2791.52(09:04)
    安値  2770.52(10:55)
    終値  2783.48(15:00)
    前日比  +8.94(+0.32%)

    今日の東証REIT商業・物流等指数
    始値  2095.06(09:00)
    高値  2103.54(09:05)
    安値  2093.93(10:19)
    終値  2102.77(15:00)
    前日比  +6.01(+0.29%)

    今日の東証株価指数(不動産業)
    始値  1385.94(09:00)
    高値  1409.94(14:21)
    安値  1385.94(09:00)
    終値  1408.18(15:00)
    前日比  +29.75(+2.16%)

  • 2019/01/18

    今日の価格推移 No.1343
    始値  1,934
    高値  1,940
    安値  1,930
    終値  1,937
    前日比   +3

    出来高  51,530
    売買代金 99,705(千円)

    今日の価格推移 No.1345
    始値  1,819
    高値  1,827
    安値  1,819
    終値  1,823
    前日比   +6

    出来高  10,400
    売買代金 18,937(千円)

    今日の指数
    始値  1808.70(09:00)
    高値  1816.43(09:05)
    安値  1804.85(10:54)
    終値  1813.53(15:00)
    前日比  +5.87(+0.32%)

    全REIT平均予想利回り(前日比)4.07%(-0.01)
    全REIT時価総額合計(前日比)13,261,607百万円(+43,773百万円)

  • 国債先物は続落、長期金利変わらず0.005%
    2019/01/18 15:17

    長期国債先物は続落して引けた。
    前日の米債安を受けて売りが先行。
    日経平均株価が堅調に推移したことも売りを誘った。
    中盤以降は流動性供給入札が強かったこともあり、買い戻す動きが優勢になり下落幅を縮小した。
    現物債市場は小動き。

    長期国債先物中心限月3月限の大引けは前営業日比7銭安の152円51銭。
    10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比横ばいの0.005%。

  • ドル円109円前半

    米国株上昇(17日)

    米中関係の改善を期待

  • 設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF):12億円(01/17)

    2016年(4月~12月)分
     2184億円
    2017年分
     2964億円
    2018年分
     1月:228億円
     2月:228億円
     3月:252億円
     4月:240億円
     5月:252億円
     6月:252億円
     7月:252億円
     8月:276億円
     9月:216億円
     10月:264億円
     12億円(11/01)12億円(11/02)12億円(11/05)
     12億円(11/06)12億円(11/07)12億円(11/08)
     12億円(11/09)12億円(11/12)12億円(11/13)
     12億円(11/14)12億円(11/15)12億円(11/16)
     12億円(11/19)12億円(11/20)12億円(11/21)
     12億円(11/22)12億円(11/26)12億円(11/27)
     12億円(11/28)12億円(11/29)12億円(11/30)
     12億円(12/03)12億円(12/04)12億円(12/05)
     12億円(12/06)12億円(12/07)12億円(12/10)
     12億円(12/11)12億円(12/12)12億円(12/13)
     12億円(12/14)12億円(12/17)12億円(12/18)
     12億円(12/19)12億円(12/20)12億円(12/21)
     12億円(12/25)12億円(12/26)12億円(12/27)
     12億円(12/28)
    2019年分
     12億円(01/04)12億円(01/07)12億円(01/08)
     12億円(01/09)12億円(01/10)12億円(01/11)
     12億円(01/15)12億円(01/16)

    計8196億円

  • 投資法人みらい(3476)

    格付の見通し変更に関するお知らせ(東証開示情報参照)

    格付機関:JCR
    長期発行体格付(格付の見通し):A+(安定的)→A+(ポジティブ)

  • アクティビア・プロパティーズ投資法人(3279)

    2018年11月期決算(分配金9584円)
    2019年5月期の運用状況の予想(分配金9878円)
    2019年11月期の運用状況の予想(分配金9905円)
    分配金支払開始予定日:2019年2月12日

  • 雑感
    上げ43銘柄、変わらず4銘柄、下げ14銘柄
    出来高5桁5銘柄、4桁銘柄41銘柄、3桁銘柄14銘柄、2桁銘柄1銘柄
    指数、1343、1345はともに上昇
    出来高は、1343が5万1千口台、1345が1万2千口台

    日銀買い入れ(設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETF12億円)
    指数は、高く始まり、いったん、1808ポイントまで上昇
    次いで、下落して、
    10時15分に、今日の安値を付けた
    その後、上昇して、
    11時前(10:51)に、今日の高値を付けた
    その後は、中間値に収束するような動きとなり、
    結局、高値から3ポイント弱下げて引けた(プラス引け、陽線)

    売買高306391口
    売買代金442億9400万円

  • 2019/01/17 用途別

    今日の東証REITオフィス指数
    始値  1854.45(09:00)
    高値  1862.35(10:51)
    安値  1851.93(10:15)
    終値  1860.13(15:00)
    前日比  +8.44(+0.46%)

    今日の東証REIT住宅指数
    始値  2756.65(09:00)
    高値  2774.54(15:00)
    安値  2756.65(09:00)
    終値  2774.54(15:00)
    前日比  +29.11(+1.06%)

    今日の東証REIT商業・物流等指数
    始値  2102.53(09:00)
    高値  2102.53(09:00)
    安値  2093.23(10:16)
    終値  2096.76(15:00)
    前日比  +2.92(+0.14%)

    今日の東証株価指数(不動産業)
    始値  1380.55(09:00)
    高値  1384.66(09:44)
    安値  1374.42(11:15)
    終値  1378.43(15:00)
    前日比  +14.57(+1.07%)

  • 2019/01/17

    今日の価格推移 No.1343
    始値  1,929
    高値  1,936
    安値  1,927
    終値  1,934
    前日比   +8

    出来高  51,610
    売買代金 99,660(千円)

    今日の価格推移 No.1345
    始値  1,819
    高値  1,822
    安値  1,816
    終値  1,817
    前日比   +7

    出来高  12,200
    売買代金 22,169(千円)

    今日の指数
    始値  1805.24(09:00)
    高値  1810.41(10:51)
    安値  1801.25(10:15)
    終値  1807.66(15:00)
    前日比  +7.47(+0.41%)

    全REIT平均予想利回り(前日比)4.08%(-0.02)
    全REIT時価総額合計(前日比)13,217,834百万円(+53,364百万円)

  • 国債先物が小反落で引け、長期金利が0%に低下
    2019/01/17 15:12

    国債先物中心限月3月限は前日比1銭安の152円58銭と小反落して引けた。
    前日米債安の流れを受けて売りが先行した。
    日経平均株価が買い一巡後に下落したことや、日銀が長期を対象に実施した国債買い入れで需給の底堅さを確認したことから下値は限定的。
    新規手掛かりに欠く中、あすの流動性供給入札(対象:残存5年超15.5年以下)を前に積極的な取引が手控えられた。
    現物市場はまちまち。
    中短期ゾーンがしっかりとする一方、超長期ゾーンの上値が重く、イールドカーブはスティープ化した。
    10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp低い0%に低下した。

本文はここまでです このページの先頭へ