ここから本文です

投稿コメント一覧 (418コメント)

  • >>No. 19816

    横から失礼。
    > いったいいつ自民党を敵に回して戦ったのだ?そんな痕跡はどこにもない。
    >
    > だいたい、小池氏の応援には安倍首相も出向いただろ。

    ・都知事選の時は有名な回し状まで出して増田以外応援したら除名、と言っていたではないか(笑い)伸晃、慎太郎のやり方見てみなさい。
    ・安倍さんが応援したのは豊島の補選の若狭氏だよ。
    あんたかさにかかって言ってるが「認知」に問題ありだね。
    新聞読んでないのはあんたの方だね。

  • >>No. 19801

    ドンのワル一味に立ち向かうことこそが「都民ファースト」だよ。
    都庁職員のなれ合い体質を改め、将来に向けた体制を固める、そのことが言わずもがなの
    立派な都民ファーストだよ。

  • >>No. 19806

    もともと昔とった杵柄だ、自民の古狸連のやり方は百も承知だろう。
    ひとアワもふたアワも食わせてやればいい。
    今の自民の連中は、特に若手議員は支持基盤も弱く、脆弱な口先だけのバブル議員だ。
    次の総選挙で80程度落選するという危惧もそのあたりにある。
    内田氏の娘婿の区会議員をも含めて徹底的に揺さぶりをかけてやればいい。
    おそるるに足らずだ。

  • 二階という男、相当単純なようだ。
    プーチンが茶々を入れてきて北方領土返還交渉での確たる進展が見えなくなった今
    1月解散2月総選挙はやれば自民の負け、場合によってはかなりの80議席ていどの負け
    ということもありうる。そうなれば幹事長の責任ということで「ゴマスリ二階」の
    評判はがた落ちどころか総裁任期3期延長も帳消しになってしまう。
    下村も二階に代わって差配するほどの器量はない。

    ここは「七人の侍」の意思を尊重し、小池新党の立ち上げにてバックを固め、若狭氏の
    離脱をも含めまずは都議選、衆院選へと刺客の準備に怠りなきようしていけばよい。
    この二階幹事長の実力を試してやればよいのだ。
    実力のない、党内の立場だけの幹事長なら大したこともできないだろう。
    折角の2/3の勢力を割ってしまうような体たらくじゃ二階幹事長も身が持たないだろう。
    準備万端怠りなきよう整えてお手並み拝見が程よいスタンスだろう。

  • ドン内田の一番弟子高島直樹とはどういう人物か。
    https://www.youtube.com/watch?v=SGjQIDYgnAE

  • 【萩生田光一が石原伸晃の代わりに裏で威張ってる(敬称略)】
    これに若いころ「都議」として世話になった萩生田光一がグリップの弱い石原伸晃の
    代わりに裏で小池は除名だなんだと威張っていたらしい。(敬称略)
    萩生田は内田が落選中に一緒に欧州旅行に行った間がらでもある。
    萩生田光一は八王子市議から都議、東京都選出国会議員と全て”ドン内田”の世話になっている。
    ”ドン内田”が内閣へ送り込んだ「子飼いの密偵」。
    萩生田光一 (内閣官房副長官)都議の若いころ、内田らに世話になり弱みを
    握られてるのか!? (敬称略)
    萩生田内閣副官房長官は7/29夕方オフレコでバン記者にこう言い放っている。
    「都知事立候補は反党的な行為だから当然除名だ。
    小池は自分から離党するだろう。これだけ都議会をコケにしたのだからノーサイド
    とはいかないよ。 処分覚悟ではないか。」
    こうした発言は小池の耳にも入っている。
    『相当ヒートアップしているようだ』が

  • 猪瀬直樹 都議会のドン内田茂の悪事を暴露 !
    地上波では語れない驚愕の事実を公開!!
    https://www.youtube.com/watch?v=I-aSYjlP3hk

  • アメリカ人っていうのは「感覚的におかしいのかな」
    未だにトランプだのと騒いでるんだから失礼かもしれぬがどうも教養のない、行き当たりバッタリの人が多いのかな。
    大統領討論会にしても、あろうことか「商業ベースでマスコミが世論を操作してる」なんて
    漏れ聞こえてくる。つまり圧倒的差を早くからつけてしまえば盛り上がらないから
    討論会の勝ち負けを数値で捜査しているというのだ。
    ワシントンポストとかWストリートジャーナルなんかでも平気でそういうことをやるって
    聞いたが信じられぬことだ。悪いがトランプなんてのは私の目から見れば
    「とんでもない食わせ物で、程度が低い、ウソを平気で並べ立てるどーしようもない男」
    に見える。こんなオッサンが大統領になれば世界の行く先々でトラブルをまき散らし
    アメリカの信用を見るも無残に貶めるだろうと見えるがいかがか?
    共和党もエライ男を引っ張り出してきたもんだヨ。ドゥテルテよりも程度悪いと思うよ。
    これまでのいきさつで悪いけど私の中ではアメリカは地に落ちてるよ。

  • これじゃ「心の問題」と言われても響いてこないな。

  • 小池百合子都知事の『五輪見直し』に賛同。都議会議員が川渕三郎の「心の問題」発言に大反論!
    川渕氏よ荒木田女子の暴言にのって晩節を汚すことなかれ。
    https://www.youtube.com/watch?v=zs-ZMXLk4ZY

  • 森喜朗・組織委員会長に辞任求める声相次ぐ 「白紙撤回の責任取れ」「会社ならクビ」

    https://www.youtube.com/watch?v=z4zhhKKk95c

  • 東京五輪の主体である東京都は森組織委員長をはじめとする
    「金食い虫無責任集団」に対し、これまでの失敗(国立競技場建設、
    五輪イメージマークのゴタゴタ、イメージダウン、時間の浪費)、組織委員会家賃が一か月4000万円強、(年間5億円、五輪終了まで30億円という途方もない浪費)、競技会場施設建設費用の積算根拠ない見積もり、大手ゼネコンの
    落札価格率99.9%、ボート・カヌー会場の野放図な予算(長沼がアピールすると491億から一挙に300億へダンピング)等々。

    まさに国賊としか言いようのない破廉恥な執行計画。
    こんなものは国民のだれが認めるというのか!
    最後にはIOCのバッハ会長を呼び出し名誉博士号まで贈呈しての
    弥縫策。さらに、鈴木智ゆきの見事な変節、春日良一の強引な
    チョウチン持ち、時事通信の田崎史郎の一方的な官邸サイドの
    リーク話、そして素っ頓狂なスポーツ貴族の川渕三郎の訳の分からぬ
    「こころ」のないレガシー論議、まさに田舎芝居のオンパレードである。

    今後はバッハに「予算のコンパクト化」というバッハの原則を
    徹底的につき、コーツなどと言うスポーツ貴族のごり押しを跳ね返し、
    徹底したコストカットを積算根拠を明示させて「森自身で」
    都民・国民の前に説明させろ!

    それができないなら「森更迭」「東京五輪返上」をも考えるべきである。
    とにかく森喜朗のような「老害老人」をのさばらせてはいけない!

  • 東京五輪の主体である東京都は森組織委員長をはじめとする
    「金食い虫無責任集団」に対し、これまでの失敗(国立競技場建設、
    五輪イメージマークのゴタゴタ、イメージダウン、時間の浪費)、組織委員会家賃が一か月4000万円強、(年間5億円、五輪終了まで30億円という途方もない浪費)、競技会場施設建設費用の積算根拠ない見積もり、大手ゼネコンの
    落札価格率99.9%、ボート・カヌー会場の野放図な予算(長沼がアピールすると491億から一挙に300億へダンピング)等々。

    まさに国賊としか言いようのない破廉恥な執行計画。
    こんなものは国民のだれが認めるというのか!
    最後にはIOCのバッハ会長を呼び出し名誉博士号まで贈呈しての
    弥縫策。さらに、鈴木智ゆきの見事な変節、春日良一の強引な
    チョウチン持ち、時事通信の田崎史郎の一方的な官邸サイドの
    リーク話、そして素っ頓狂なスポーツ貴族の川渕三郎の訳の分からぬ
    「こころ」のないレガシー論議、まさに田舎芝居のオンパレードである。

    今後はバッハに「予算のコンパクト化」というバッハの原則を
    徹底的につき、コーツなどと言うスポーツ貴族のごり押しを跳ね返し、
    徹底したコストカットを積算根拠を明示させて「森自身で」
    都民・国民の前に説明させろ!

    それができないなら「森更迭」「東京五輪返上」をも考えるべきである。
    とにかく森喜朗のような「老害老人」をのさばらせてはいけない!

  • 一度ならず二度までも予算管理の…
    2016/10/24 09:21
    一度ならず二度までも予算管理の杜撰さを指摘された「森組織委員長」
    こういう声が上がって当然。
    「森喜朗を勇退させろ」新国立競技場問題
    https://www.youtube.com/watch?v=Zwf2WJR271Y

  • 一度ならず二度までも予算管理の杜撰さを指摘された「森組織委員長」
    こういう声が上がって当然。
    「森喜朗を勇退させろ」新国立競技場問題
    https://www.youtube.com/watch?v=Zwf2WJR271Y

  • IOCバッハ氏の訪日期間中は組織委の迷走ポリシーそのままに
    妙な原則論(コンパクト)とIOCは1750億出してるとか、顔を引きつらせながらの
    森さんの「太鼓持ち発言」やジーサンコメンテーター(田崎史郎)の政府関係サイドばかりの
    話は「老人の知恵」からは程遠い、「余剰幻想」にどっぷりつかった食わせ物の連続であったと
    言わざるを得ない。

    ・バッハ氏の言うコンパクトの概念は何だったのか?
    開催エリアをコンパクトにという意味だったのか? それならすでに候補地変更はすでに行われている。
    コストをコンパクトにという意味のウエイトが大きいのは自明のことだ、なぜなら
    IOC自体、開催希望都市の減少問題を抱え「オリ・パラ開催のサスティナビリティ」への危機感を持っているのだから。法外な放映権で資金が潤沢なIOCは資金の還流(開催都市への)
    を積極的に(何兆円の開催資金にわずかな1750億だけ)応援しないで、権威づけばかりを
    考えていたらいずれ手ひどいしっぺ返しを受けるだろう。
    ・森氏のひきつった顔でのむやみやたらな「オヤジ、兄弟」などという旧態依然たる「ヨイショ」には恥ずかしさすら覚えた。相変わらずの「非公開・密室会談」、
    田崎史郎や訳の分からぬコメンテーターを使っての手柄はすべて「森会長」にという
    浅はかな乱痴気騒ぎは多くの国民・都民の失笑を買ったであろう。
    特に公正であるべきはずの時事通信の田崎史郎のバイアスの掛かった「小池論評の一連」は
    氏のこれまでの姿勢からして信じられないくらいひどいものであった。
    政治における保守擁護か、金のための迷いなのかともかくひどいものだ。
    読売の橋本五郎と並んで「いいかげんなコメンテーター」の感を強くした。

  • 広尾病院移転 都庁幹部から病院長への「圧力」テープ

     東京都が推進する都立広尾病院の移転を巡る問題で、都庁幹部が都議会自民党幹部の名前を出して病院長に移転を求めていたことが、週刊文春の入手した録音データでわかった。

     2015年1月21日に、佐々木勝院長(当時、現・内閣官房参与)を醍醐勇司・東京都病院経営本部長(当時、現・水道局長)が訪問。移転反対派だった佐々木氏に次のように通告した。

    <秋山(俊行)副知事と話をしましてね。先生のお気持ちは分かるが、我が方の案を副知事に了解をいただきました>

     移転の方向で決まったと、醍醐氏は告げ、ある都議の名前を出した。

    〈村上幹事長が渋谷区長選に出る雰囲気が。急遽、2月12日だったかな、渋谷で村上先生がパーティーをやるんです。たぶんそれが出陣式、決起集会になると思います。(略)3月議会の調整やっているんですけど、村上さん、自民党幹事長として広尾病院の改築の必要性を質問したいと言っている。こちらも広尾病院の改築の必要性は、十分に認識しているというような答え方をするつもりです〉
    「村上先生」とは当時、都議会自民党幹事長を務めていた村上英子氏(61)。広尾病院が位置する渋谷区選出の都議だった。村上氏は、自民党都議のセクハラ野次問題を受けて、都議会自民党で女性初の幹事長に就任。2015年4月の渋谷区長選に出馬した(落選)。

    この後、都庁は移転を決め、翌年3月に用地取得費370億円を盛り込んだ予算案が都議会自民党などの賛成で、成立した。

    広尾病院の移転決定を巡っては、築地市場の豊洲移転問題と同じく、不可解な動きが表面化しており、今後の動向が注目される。

     週刊文春10月20日発売号では、広尾病院移転問題における“都議会のドン”内田茂氏(77)率いる都議会自民党と都庁幹部との“結託”について詳報している。


    <週刊文春2016年10月27日号『スクープ速報』より>

  • IOCのお墨付きで先手 小池知事狙う森会長の主導権“剥奪”

    「小池知事は組織委を、都が指導監督することができる『監理団体』に指定することを求めているくらいですから、事実上、五輪運営のトップに座る森会長から主導権を取り戻したいと考えているのでしょう。その上で、バッハ会長がイの一番に知事に会った意味は大きい。開催都市の首長ですから、最初に会談するのは当然ですが、森会長がいない2者の間で4者協議をつくることで合意した。森会長も簡単には折れないでしょうが、小池知事は主導権“剥奪”に向け『先手を打った』と言えます」

     そこへきて、早速メスが入りつつあるのが、ボート・カヌー会場の「海の森」だ。招致時の整備費69億円が7倍の491億円に膨れ上がった問題の施設だが、都政改革本部の調査チームの提言を受け、都は300億円程度まで削減できる見通しを明らかにした。スタンドやグラウンドの規模縮小などで削減できるというから、他会場の整備費も調査すれば軒並み削れるかもしれない。

     安く上がるなら「初めからやれ」だが、整備費を高騰させた原因は、各競技団体と一体となって要望を“丸のみ”してきた森氏の責任でもある。

  • なんとも露骨な巻き返しが、包囲網が仕掛けられているのか!?
    今日の「ひるおび」を見てると
    1.海の森会場建設見積もりが 491億---->300億に都が変更した、と言っていたが
    いったい都のどの部門がこんな恥知らずなことをしたのか!?
    しかも参加したコメンテーターは「小池知事の都が」とさも小池氏の指示でと誤解させるような
    言い方をしていた。これを言ったのは田崎史郎(時事通信)だ。実にケシカラン。

    2.さらにいきなり「韓国開催」などとたわけたことが飛び出してきたが、すったもんだの結果
    鈴木知幸(日本スポーツ法学会理事)によれば組織委員会からであり、もめていたら韓国へ行っちゃうよ、という「海の森」支持派のガセネタだったそうだ。こんな悪知恵が働くのは
    組織委に入ってる(内閣関係者という)萩生田しか言うのは考えられないなw

    さらに言うと田崎史郎氏は最初から永田町の取材で自民寄りの発言を繰り返している。
    萩生田氏とのナアナアぶりは有名だろう。
    田崎自身夫人からあまり小池さんに意地悪なこと言わないで、と言われているらしい。
    「渡り鳥・森氏との不仲云々」を知事選の時から言っていたものな。

    田崎氏は「海の森」の予算が 491億---->300億に一気に下がったのは、都が出してきた、つまり、小池知事の「手下」がやったんでしょう、と決めつけて話すなど相当「バイアス」がかかっていそうだ。

本文はここまでです このページの先頭へ