ここから本文です

投稿コメント一覧 (13コメント)

  • >>No. 458610

    >嘘の一つもつけないよーな純朴じゃ
    現実の政治の世界じゃ無能って評価になると思うけどね

    そうじゃあないな。嘘がばれてしまうようでは政治家として無能そのもの。
    たとえ嘘を言ったとしても、それが本人が死んでもばれないものなら政治家
    として無能とは言わないってことでしょ。

  • >>No. 7361

    >中国政府ハッカー 米機密盗む

    盗まれた米国側にも大きなミスがあったと思う。ハッカーをされたら
    困ることが分かっている機密なのだから、それを防止するためにする
    対策が不十分だったということになる。

    ただ、中国がハッカーをしたということだが、米国はハッカーもすれ
    ば盗聴もしているのだから、どっちもどっちだね。

  • 安倍はウソをついている こいつはウソつき総理だ

    (NHKニュースより原文ママ)↓
    加計学園の獣医学部新設をめぐり、安倍総理大臣が14日の予算委員会で京都産業大学の獣医学部の提案について、「文部科学省の前川前次官ですら、加計学園しかなかったとおっしゃっていた」などと答弁したことについて、
    前川氏は「事実に反する」として反論するコメントを出しました。

    加計学園の獣医学部新設をめぐり、14日行われた衆・参両院の予算委員会で、安倍総理大臣は今治市と同じく
    獣医学部新設を目指していた京都産業大学の提案について、「文部科学省の前川前次官ですら、まだ熟度が十分で
    ないという認識のうえに、加計学園しかなかったということをおっしゃっていた」などと述べ、選定プロセスに
    問題はなかったという考えを示しました。

    この発言について、前川氏は「京都産業大学の提案内容は知らされておらず、加計学園と比較考慮することは不可能だった」としたうえで、「京都産業大学の準備や提案の熟度が十分ではないという認識を私が持っていたとする総理の発言は事実に反する。極めて心外だ」と反論するコメントを出しました。(以上NHKニュース)



    安倍は、加計に関してどこまでもウソをつき、それを強引に押し通そうとしている。こんな大ウソつきが日本の
    総理大臣を続けているとは情けない。安倍のしていることにはウソがあることがはっきりしたのが今回の安倍の
    発言と、安倍のウソを指摘した前川前事務次官のコメントだ。

    ウソつきの総理大臣では国民が困る。国政の最高決定者は国民なのだ。約1年後に統一地方選、その3か月後に
    参議院選挙がある。参議院選挙で国民は安倍にノーを突き付ける絶好の機会。この選挙を逃すと、ウソつきだらけ
    の安倍政治を国民が許すことになってしまう。結局国民の多くがバカをみることになる。
    安倍政権での憲法改正なんて論外中の論外だ。許せない安倍。絶対に。

  • >>No. 440308

    >良いんです。それで。
    すべては和を以って貴し!の日本社会の民主主義です。

    組織の長たる総理大臣がすべて決めてしまっては組織の和は保てません。
    知っていることでも知らない素振りで実権と花を部下に持たせる。
    なんと麗しい日本の民主主義なのでありましょうか。

    我々はこう言う日本社会の中で仲良く幸せに暮らせるのです。
    もっと、大きな視野で社会を見ましょう。
    もっと現実的な人間感情を見ましょう。人間は一皮むけば欲望渦巻く鬼です。
    自分自身を知って、賢者の意見に従いましょう。


    素晴らしい投稿だね。たまには素晴らしい意見を発するものだと感心した。これからもこうした
    素晴らしい意見を投稿してもらいたい。笑点の木久扇ではないが、たまに世界を論じるのとよく
    似ているので、少しだけ感動させてもらった。頑張れよ。

  • 安倍内閣=「ごまかし内閣」

    まだまだごまかしが出て来るのが安倍内閣。ごまかしてごまかしてごまかし続ける異様な内閣。

  • >>No. 439775

    おめえはバカだろう。(あはは)

  • >女児殺害 男は4月に別の事件

    小林容疑者の精神年齢は、おそらく10歳程度だろう。知的レベルが低いな。
    4月に別の事件を起こしているし、今回の事件でランドセルに指紋を残したのは、
    犯人の多くが隠す部分を隠していないので、どうぞ捕まえて下さいという行動だ。

    こんなのが道を行き来していると思うと、子どもたちにとって何とも恐ろしい
    存在だ。

  • >>No. 269

    >裁量労働制 データ撤回2000超

    ここにも、財務省と同じく「改ざん」が行われていたことがはっきりした。
    財務省、厚労省、経産省、防衛省、文科省の「霞が関ムラ」は、もはや
    悪が集まった汚れたムラになっていることが示された。

    平気で虚偽のデータや文書を出して、自分たちに都合の良い日本にしてし
    まおうというわけだが、人材が劣っていることがわかった。人材難の深刻
    さが示された。

    安倍政権は、「改ざん」と「隠蔽」、「セクハラ」それに「虚偽」という
    犯罪的政権なのだぞ。もう、安倍自身が自ら責任を取って辞めるのは当然。
    もう、安倍政権の信頼はどん底にある。

  • フレッツ光乗り換え先

    インターネットのPRで、NTTがさかんに乗り換えを推進しているものを見るが、
    フレッツ光なんてあるし、NTTならば有利な乗り換えだと思い問い合わせてみた。

    すると、電話の先から折り返してきたのは代理店とのことで、乗り換え先として
    勧めるのは、NTTではなくソフトバンク。乗り換えのための違約金分や工事費などの
    費用を全額をソフトバンクが持ち、戸建ての場合の費用はプロバイダー費用込みで
    月々5200円という。

    安くないと言うと、2年間分として5万円を差し上げるからとのこと。この5万円
    というのは、月々2000円安くなるという計算。

    ただ、迷うのはソフトバンクだからだ。問い合わせ先の電話に電話してもほとんど
    「ただいま混み合っている」というばかりで、このケアの手抜きぶりはひどいものだ。

    とにかく思うのは、そんな乗り換えで安くするなんていう方法ではなく、ふだんから
    高すぎるインターネットの値段を安くできるのにしようとしない電話会社3社に対し、
    安くできるはずなのになぜしないのかと問いたい。

  • >>No. 1

    住友のリフォーム見積もり

    先日、JAを通じて実家をリフォームするための見積りをしてもらいました。
    ざっと見て言われたことは「500万ですね。他の業者も同じでしょう。
    うちは電灯代をサービスします」でした。


    どう積み上げるのかも示さないで、おおざっぱな計算ですこと。
    二度と連絡を取りません。誠意が感じられず、いい加減なことをしているな
    という印象を強くしました。

    もともと、住友以外でも今のリフォーム業者は多くがいい加減だと聞きます。
    値段があってない商売なので、いくらでも高くできるし、いくらでも手抜きが
    できるという、いわばぼったくりの商売です。

    いろいろと聞いてみると、工程などを示さずに「リフォームをやってやる」
    という印象が強く、どんどん新しい業者が参入していますね。最近は赤字の
    業者も相次いで進出しています。要するにぼろ儲けができるのがリフォーム
    業界だと思います。それにしても、勉強なんてしていない業者が増えています。

    失敗しないリフォーム業者探しだなんて宣伝していますが、失敗しないのは
    業者側のことで、消費者を食い物にしてきているとみることができます。

    対策として、業者がどんどんリフォームに進出して競争が激しくなっていく
    ことを見越して、消費者側から業者の足元を見て対処すべきではないでしょ
    うか。

    つまり、決して急がないことが消費者としての最善の心構えだと思います。
    そして、安くてきちんとできる業者かどうか、消費者もきちんと勉強したり
    評判の悪い業者は最初から依頼しないようにしましょう。

  • 献金OKに変身の希望の党

    次回総選挙で、残れる議員は何人かな。楽しみである。

  • ミサイル報道

    NHKが放送している北朝鮮のミサイル報道は、国民向けなんでしょうか、政府のための
    放送なんでしょうか。すでに終わったあとの話を延々とやるその考え方は単なるポーズです、
    というのが本当のところでしょうね。

    アラートが「建物か地下に避難せよ」なんて、終わった後に避難してどうすんの。
    このアラートもNHKも間違っている情報の扱い方。知能が足りないのかね、お笑いだね。

  • >>No. 147582

    >我が国は1000兆円を超す大赤字政府なんだよ。だから一億総下流などと言われても国民はじっと耐えて納税しているのだよ。

    あなたの意見にはほとんど同感です。
    ただ1つ、1000兆円の赤字というのは、政府が国民から税金を取りやすくするための方便として活用して
    いるようなので、その点を知っておいていただければと感じています。


    2014年12月29日の日本経済新聞で、コロンビア大のデビッド・ワインシュタイン教授が次のように記し、
    日本の財務省が発表している政府債務残高のウソを指摘している。以下がその文面。

    ▼▼▼▼▼▼▼▼デビッド・ワインシュタイン教授の文面ママ▼▼▼▼▼▼▼▼▼

    「日本の政府債務残高はグロス(総額)でみると1177兆円で、国内総生産(GDP)の約243パーセントに
    相当する。だがこの数字は、問題の実態を理解するうえでは、2つの理由から適切ではない。

    第一に、日本の政府部門は既発債の相当量を保有しているため、債務が二重にカウントされている。
    企業を評価する際には資産総額から債務を差し引いた純資産をみるように、政府も債務総額から資産を差し引いた
    純債務こそが、現在の財政状況を表す経済的に意味のある数字と言える。

    第二に、企業の連結決算には子会社が含まれるように、政府の連結決算にも、公的企業の資産と債務を含めるべき
    である。筆者が日本政府のバランスシートを連結ベースで作成したところ、今年6月時点では純債務はGDP比132パーセントだった。

    しかもこの数字も日本の問題を実態以上に深刻に見せている。アベノミクスの第一の矢は金融政策に重点が置かれ
    ていた。日銀の黒田東彦総裁がこれを見事に実行した結果、現在日銀は既発債の相当量を保有している。
    日銀は原理的には国債を永久に保有できるので、政府はその償還に頭を悩ます必要はない。

    日銀を政府のバランスシートに含めた場合、今年6月時点の純債務はGDP比80パーセントとなり、グロスの
    3分の1となる。言い換えれば日本政府は債務をカバーする潤沢な資産を持ち合わせており、仮に危機が起きても、
    公式統計上の総債務や純債務の手当てを迫られるわけではない。

    以上です。あえていえば国の借金は300兆円台にとどまり問題はないということです。

本文はここまでです このページの先頭へ