ここから本文です

投稿コメント一覧 (4549コメント)

  • >>No. 11959

    私も画像アップしてみます。長年鍛えた職人技でこの有様。
    粘土型というパテを選んでつかってみたら、売れ残りみたいで固くて練りにくいこと
    オビタダシイ。
    塗りつけるのも大変、ペーパーで整形するのは場所柄腰が痛くなる、ということで
    今は小休止。凹みだったのがデッパリになってしまったように思います。

  • >>No. 67129

    壊れたTVの末期症状は、音量調整ボタンを押すとモードが変わる
    モード切替でもとに戻せていたのが、どうにも戻せなくなり音量調整もできない

    という具合でした。先走ってリモコンを捨てたのが敗着、本体のボタンスイッチで
    操作していたのですがにっちもさっちも行かなくなり。
    代替えにしたら画面も相当劣化してたのが分かりました。

    今は、台所でゴキブリと戦ってますが何時かったか忘れた冷蔵庫の底が腐ってるのを発見してしてしまってドウシタモンダカ?思案中

    白物家電は買い換えるベシというのは分かるような
    でも、バーチャンの収穫物のスイカは問題なく冷えるし
    サテサテ
    排水で底板が錆て膨れ上がったのが蒸発トレイに達してしまっていて、バーチャンにガミガミ言われながら掃除したらなんとかかんとか。
    底板の腐ったのは横倒しすればレストアできそうだけど、それをやる意味が
    イマイチ

  • >>No. 67125

    旧式ナビ、それ以前のCDを使うヤツは走行するにつれてカシャカシャ、ヘッドを動かしてデータをつないでゆく、使えないわけではないけどウットウシイ。
    それがメモリーを読むだけだからスマート、でもTVとナビとのモード切替とか検索の
    スピードが遅いとか、不満の種は尽きません。

  • >>No. 67125

    私のリモコンはメーカーごとに割り付けられたコードの表(紙)がありそれを見て設定モードで選定(テンキーはなし)です。一度設定すれば電池をはずすまで固定
    電池消耗のときに備えて油性ペンでメモしてあります。

    TVを換えたら、「設定方法」というシチメンドウな操作方法がのった取説がついてまして、
    暗い気分で電源入れたら、「設定を始めます!」みたいなのが画面に出て
    受信エリアなどをリモコンで選んでいったら、「はい終了しました!」って。
    壊れた方のTVは取説片手にゴチャゴチャ入力、終章では受信局の確認や電波強度の表示とかヤヤコシカッタのですが進歩してます。

    豪雨被害のTVみてたらナンジャラ、スマホで一斉警報とか避難指示とか言ってる
    スマホをもってない、使えない情報難民の小生はどう生き延びるのか?不安に駆られてる日々です。

  • >>No. 67123

    チップへの記憶、リモコンだとせいぜい1000件ですがナビの持ってる記録には感心しますね。容量忘れましたがいろんな情報が詰まってる。不満なところもありますがほぼ満足。不満は長い名称の流し読み(右側で切れて表示してない部分をスクロールみたいにシフトして読みたいのにその操作が出来ない(と思ってるだけかも))
    某大学を目標にして設定しようとしたら、付属ナンジャラとか多すぎて定まらない。
    フルネームを表示できる大画面だと良さそうですが。

  • >>No. 67119

    タイマーは有りますが使ったことがありません。エアコンを使うのが日中に限られたPC部屋なものでして。ダンパーのスイングというのがありますが本体の方にその機能がナイので無意味です。

  • >>No. 67116

    家庭用のエアコンもそうかな。リモコンが壊れたら操作できない機械になりますね。

    リモコンを洗濯してパーになったので汎用を購入(操作コード716って控えてあります)
    最近どうも反応が悪くて、操作を繰り返さないとダメ。電池の劣化かもと思うけど
    表示にでない。二度くり返して目的は達するのですが。

  • >>No. 11956

    石はね、フロントフェンダーは跳ねたとしてもかするだけで傷にはならないのでは?
    石による傷は、コブシ大の石をダンプからワンバウンドでフロントガラスに当てられたことがありますが目だった傷にはならなかったように思います。強化ガラスの時代だから傷になったら全滅しただろうと思うけど。

    マーチ嬢は、ボンネットのクリア剥がれがヒドイことになってたんですが(アバタもエクボで購入時は気がつかなかった。)
    缶スプレー吹いたら剥がれた境界部分は段差として残ってるんですが気にしないとなんとか行ける状態。
    今週お別れのEP君の塗装をいじり出したのは年式としてもっと後だったように思うけど似たり寄ったりの寿命ですね。15年位すると下地と分離して剥がれる。
    マーチ嬢はいつから塗装補修地獄に落ちるのかヒヤヒヤドキドキ。
    とりあえず、今は次の車検時まで何もしないで済むのを願ってます。

  • >>No. 67111

    バーチャンは頑固だし(EP君は金属キーのみ)、大さんが金属キーで開閉されてるということなのでソレデイイノダー!と思うことに。
    一旦慣れたモノから下位へシフトするのはヒッカカルのですが。
    デミオ君の場合は金属キーは「クラシック操作がデキルンダー!」というのを確認しただけ。出番はありませんでした。(スタートの操作は勿論キー挿入です)

  • >>No. 67110

    これです。押す部分がいかにも小さい。設計のミスですね。基板上のスイッチチップは小さくてもボタンは大きく出来ることに思い及ばす。
    デミオ君のはボタンが大きい、それで傷みませんでした。ほぼ同時期に売られていた型式ですが。

  • >>No. 67106

    マーチ嬢のリモコン、スイッチの押しボタンが傷んでいたのでディラーで直してもらいました。金属のキーは流用するとか、安く上がりそうと思ったら¥13,000-とかの請求、たかが¥20万のクルマで!って思ったけどEP君の不具合を直すのにシリンダーを取り替えたらヤッパ諭吉さんにでばってもらうハメになったから
    コンナモンカー!
    本体にお金かけてないと案外鷹揚に諭吉さんを見送れます。
    心算では30万くらい?と思ってたからマダマダ余裕。

  • 昨日ゴキブリを2匹退治して、今日は進入通路の対策。
    思いがけないというか、塞がってると思ってるところに隙間があるようです。
    ガス管の引き込み口、壁の間を通してシステム流し台にでてるのですが、どうも管とシンク壁の穴とがピッタリでない、その辺が怪しい。
    壁の構造って通気が良すぎて鴨居からヤモリのオッサンがヒョッコリ顔を出したり。
    換気扇の排気口に塩ビの網を貼ったり。
    極めつけは、冷蔵庫の裏の換気口に貼ったハズの塩ビ網がナイ!
    リホームで壁塗装したとき職人のニイチャンが剥がしたにチガイナイ!
    「剥がしました!」っていえば「貼っとけ」と言われるから知らぬ顔(と思う)。
    3年目にしてお盆の時期に夜な夜な現れるゴキブリの理由がだんだん解けてきました。リフォーム、侮りがたし。

  • 昨日、PCのキーボードで「M」が凹んだきり。バネは使われてないハズなのに
    ナゼ?って不審に思いながら裏返しにしてたたいたら、神戸のクッキーのかけらがポロリ。王城の地、京都伊勢丹から送られてきたお中元が原因でした。
    桂川、鴨川両方ヤバかったようですがサスガ1300年の歴史を誇るだけのことはあってなんとかやり過ごしてるようです。
    祇園祭りの季節ですね、相模の山猿みたいのが、祭り見物に出かけて四条烏丸の交差点で暑気に当たったバーチャンといさかいを起こしたのがナツカシイ。

  • >>No. 67102

    13年前のマーチ嬢、リモコンキーなんですがどうもボタンを押したときの反応が悪い
    デミオ君は20mくらいはヘイチャラでロックの応答をしたのに、マーチ嬢はお返事が悪い。惚けて、ロックしたかどうかはっきりしなくなり少し離れてからキー操作をやり直す習慣がついてしまってるのに〜。
    マーチ嬢の車内でゴソゴソ探し物をしてる拍子に取説が出てきたので気晴らしに読んでみたら!リモコンキーの感応範囲という図があって80cmの扇形の図が。
    そういうのもアルンダー!と納得しましたが不便は解消されずです。

  • EP君のタイヤ、去年換えたばかりなので未練が。
    履き替えられないか?とスケベ根性だしたら、ホイール径か13インチ→14インチ
    ダメダコリャ、PCD比べるまでもない。

  • >>No. 11952

    重整備という言い方があるけど
    クラッチ交換、まったくの重力との戦い、重整備ですね。
    最後に交換したのがEP君のクラッチ、ディラーでの作業です。交換後のクラッチは
    3万ほどしか走ってないけど今月20日にお別れ。
    元のクラッチは15万キロ使用。
    デミオ君のは8万キロ弱で都合によりお別れ、マーチ嬢のは何時までもつか、デミオ君から引き継いで8万キロを超えたところ。
    昔は4〜5万キロで寿命というのが当たり前と思ってたです。

  • >>No. 1490

    重機が無いのでしょうね?自衛隊の重機まで見かけます。

    面でやられると自衛隊もお手上げでしょうね。隣の国の戦車防御施設は、ものの10分もかけずに突破できるということのようだけど。(この話の信ぴょう性はイカガなものか?はわかりません。やってみたことがあるんだろうか?)

    水没したクルマ、津波の後海岸に延々と積まれていましたがほどなく消滅。案外早いです。

  • >>No. 11946

    ヨシ!というレベルが違うようです。私は、2000番のペーパー持ってません。
    1500番でたまに磨いてみますが、そこに行く前に、ヨシ、終了!っていうことで。
    塗ったところを鏡面にすると他との差が目立ってしまう、というのが言い訳け。

    EP君の場合、ドアミラーだけウレタンクリアの効果がでてます。マーチ嬢のミラーにクリア吹いてみたけど年増の厚化粧にもならないような。老醜を隠せません。

  • >>No. 11941

    プラスチックパテというのもあるんですね。私は経験だけ積んだけどモノにならず
    あきらめです。

  • >>No. 1488

    とりあえず、当地では3mの浸水は起きなかったようです。倉敷などの様子見てると
    クルマ、家、普段大切と思ってるものがほとんど一瞬で流されてしまうし、よりどころとしていたであろう家の倒壊で落命する人もあり。
    兼好法師でないけれど、ハカナイ。夜中に豪雨の中で外に出てより安全な方策をとる、大変なんでしょうね。
    人間の一般的心理として、現状維持(逃げ送れる)をする判断があるようだし。

本文はここまでです このページの先頭へ