ここから本文です

投稿コメント一覧 (471コメント)

  • >>No. 35585

    自分に不利な事があれば喧嘩をイトワナイ米国人。
    不愉快な店からモノを買わないという不買運動の精神は、昔からアメリカ人なら庶民から大統領まで持っている共通意識かも知れません

    1775年に始まる英国からのアメリカ独立戦争は、米国になる前の植民地に砂糖法、印紙法、ガラス・茶などの日用品に英国が課税したことに怒って始めた不買運動(ボイコット)から始まった。「アメリカン」という薄いコーヒーは課税されて高くなった紅茶をボイコットして考えられた代用品と聞いたことが有ります。

    日本も敗戦から73年、近年我慢する事、自制する事が苦手になった富裕な日本人に、庶民の日本人はアメリカ人の不買運動の精神を持つべき時と考えます。
    選挙に関するなら、ある候補者が立派だから投票するのではなく、ある候補者を落とすために対抗馬へ投票、候補者の不買運動(ボイコット)を考えないと、庶民はジリ貧になっていき世の中は変わらないでしょう。

  • >>No. 35513

    >安倍くん。

    確かに世相がおかしくなって来た感じがします。
    約一年前にあった佐川前理財局長のドヤ顔国会答弁以来、だらだら尾を引いて終息しない国政の混乱で閉塞感が生まれているのでしょうか?
    官僚・政府職員が虚言を弄し不都合な真実を隠蔽する政治は、国家を衰退させ自然に堕落させていく事になると思います。

    少しでも自分に不利な事があれば、相手を潰すため不買運動(ボイコット)をする米国人に比べ、(1775年に始まるアメリカ独立戦争は、英国が米国になる前の植民地に、砂糖法、印紙法、ガラス・茶などの日用品に課税したことに対して始めた不買運動(ボイコット)から始まったと言われます)
    日本人は忘れ易いのか我慢強いのか、中々不買運動(ボイコット)をしない国民性で、全て政治に起因するのに政治を見る目が甘いのかも知れません。

    従って安倍政権に無党派層や一般庶民の様々な声が中々届かなくても、税と法の便宜が国民全体を豊かにすると言うより、単純に自民支持層を優遇する事になっても、安倍政権は気にしてないのではないかと考えられ、ある意味ハラスメント(harassment)政治という、弱者に歪が集積する政治の様に感じます。

    日大アメフト部 元監督と元コーチによる、選手部員に危険な反則を行わせた行為や、女子レスリング協会の元副理事長・監督による、選手とコーチに対する練習場所を奪い追い出す行為。
    「良い子になる」と言う言葉を残し死んでいった結愛(ゆあ)ちゃんの親は生活に追われていたのかも知れません。
    新潟で小学2年の女児を誘拐殺害した男は自分の居所や相談相手が無かったのかも知れません。
    日が沈む前の浜松の駐車場で、監視カメラや人目もはばからず女性を本人の自家用車に押し込んで拉致し、死に至らしめた二人組の男(北朝鮮拉致事件に等しい酷い事件)、新幹線で見ず知らずの男女を凶器で襲い男性を殺害した男、警官の拳銃を奪いそれで警官と警備員を銃撃殺害した男。

    日本の富裕な者はますます幸福感を味わうことが出来るが、庶民からは幸せが遠ざかっている世相。政治がおかしい?

  • 昨日北大阪を震源にした地震で、女子児童が倒れてきたブロック塀に圧殺されました。合掌・・・
    報道によるとブロック塀が倒れた原因は「建築基準法違反」となっている様で、素人に分かり易い原因が報道されていますが、高いブロック塀の折損部を見ると事故原因の根はもっと深い所に有る様に感じました。
    即ち製造物責任(PL)法にある“設計上の欠陥”ではないか?と言うことです。

    地震の多い日本に於いて、このブロック塀の倒壊は製造上の欠陥により生じたと言う以前に、ブロックを支持する鉄筋の長さを十分に取らない、コストダウン優先?の設計に依り製造された製造物、日本の技術・設計レベルの劣化により起きた問題と考えられて仕方有りません。
    世相を反映しているのでしょうか?

  • 結婚式に出席した国会議員が、新郎新婦に「子供は3人つくりなさい」と言ったとか?
    自分が新郎か新婦のおじさんならそういう話も有りでしょうが、個人のプライベートな話なので、こういう話は式場でなくプライベートな場所で言うべきと考えます。
    またこの国会議員は女性蔑視とセクハラを混同しているようです。
    認識を正すのは高齢者なので難しいが、「蔑視」と「困らせること」は似て非なること・・・

  • セクハラ
    今迄何となく分かっていた気でいましたが、改めてセクハラという言葉をセクシャルとハラスメントの合成語と思い、昭和44(1969)印刷の辞書“研究社 新英和大辞典”で日本語訳を調べてみました。
    「セクシャル」はsexual=性の,性に関する;性的の
    「ハラス」はharass=困らせる,悩ます,苦しめる,うるさがらせる
    「メント」はment=名詞化(こと)という事のようです。
    即ち、セクハラとは 性(技・戯・愛・欲など)を介在した、相手を困らせる(悩ます)様な行為を指す言葉と言えそうです

    そう考えると、自治体が決めた迷惑防止条例が、他人に迷惑行為をしたり言動で困らせたりする者を対象に取締る条例なので、セクハラ行為を取り締るルールになり得るのではないでしょうか?
    セクハラは「親告罪」と言われた副総理が居られましたが、法律に精通した方が何を言いたかったのか?が消えません。
    聞く者によっては「セクハラは罪に問われにくい!」と言っている様で、犯行をそそのかす言葉にも聞こえ不適切と考えます。
    副総理にして財務大臣、立法府の国会議員にしては「言葉足らず!」という非難では済まないと考えます。日本と日本人の為にどうするのが良いのでしょうか?

  • 佐川前国税庁長官は何故公文書を軽視し、国会答弁を嘘と隠蔽という官僚にあるまじき言動で国民を裏切る様な態度を取ったのでしょう?

    個人的な想像ですが、それは内部告発で発覚した愛媛県警察裏金問題にも、日大アメフト部の悪質タックル問題にも、モリカケ問題にも同じ根の問題が有る気がします。
    閉じた組織の中で反社会的な悪意を持ったリーダーは、往々にして組織の結束とリーダー自身の権力維持を図るため、組織内に反社会的な秘密を持ちそれをメンバー間で共有する事で、裏切りや足抜けを防ぐという言動をする事です。
    リーダーは部下を一人選抜し、部下をリーダーが同志に引き合せて我身を捨てて同志との秘密を明かし、その秘密を共有する事になった場合、頭の良い部下ほど「自分は頼りにされた」と考え、共有した秘密を守り仕事も一生懸命するのではないでしょうか?

    常識的な人、正義漢の強い人は「そんな事をしちゃ~いけないよ!」と誘惑を断ち切れるのですが、
    その代わり仲間外れや嫌がらせを受け排除されるでしょう。
    例えばリーダーから「私の親友がこんな学校を作りたがっている。一働きして頂けないか?」と言われ「良いです」または「分かりました」と承知した後、そのリーダーが「私がこの学校建設に関わっていたら地位も職務も辞する」と公言したら、「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」の例えの如く、簡単に「リーダーはこう言っていました」とは言い難くなるのではないでしょうか?

  • 大阪地検特捜部 山本真知子特捜部長は、森友学園に安倍首相と奥様の昭恵夫人が関わっていた痕跡を消すため、財務省に残っていた森友関連公文書の記録の改ザン破棄を下命した、佐川前国税庁長官いか関係者全員を不起訴処分にしました。
    財務省近畿財務局には良心の呵責で自死された職員もいらっしゃいましたが、大阪地検には権力におもねる者しか居ないのでしょうか?
    あの佐川元理財局長がTVカメラのこちら側で見ている国民に対し、国会答弁で見せた「文句あるか?」と言わんばかりの“ドヤ顔”忘れることは出来ませんが、大阪地検特捜部長も同じ考えなのでしょうか?

    またこの件で、自民党の二階幹事長がTVカメラに向かって「司法が判断した以上は、われわれ素人がとやかく申し上げるべきではなく、その判断に従うのが通常・・・」と言いましたが、いつから検察が司法になったのでしょう?
    数年前私が掲示板に「検察を司法」と書き込んだ時、「検察は行政に属する」と注意し誤りを正してくれた方がいましたが、法律を作ることが仕事の国会議員、それも伝統ある政党の幹事長が「検察を司法」と言うのですから、庶民が知らないうちに検察が司法になったと思うのが自然かも知れません。
    それとも、幹事長は「どうせ庶民は知らないだろう」と国民を愚弄して、嘘で情報を権威付け国民を惑わせようとしたのかも知れません。

  • うそ発見器
    最近あまり「うそ発見器」という器械の話を聞きませんが、少しは進化したのでしょうか?
    佐川前国税庁長官、柳瀬元首相秘書官、安倍総理と加計学長が会った・会わないという問題。
    日大アメフト内田前監督・井上前コーチの話など「うそ発見器」を使えば迅速に結果が出せるのではないでしょうか?
    訊ねることに対する回答を全て「記憶に有りません」という言葉にして、その時の「うそ発見器」の反応データを記録する
    そして午後からの雨の確立70%という天気予報の様に、A被験者の嘘反応の確率5%あるいは90%などと公表すれば、第三者に「云わなくとも分かる」と伝わる一助になると考えます。

  • 日大アメフト部
    宮川選手の記者会見のTVを視聴し、内田正人前監督は選手に直接言葉を掛けるのは最小限にしている様に感じました。内田前監督はカリスマ的に振る舞う人の様ですね?

    オーム真理教の麻原教祖が、信者の心と行動を支配した方法を表す言葉として、マスコミで「マインドコントロール」という言葉を知りましたが、内田前監督も選手・コーチをマインドコントロールしている様です。
    変化する待遇と言葉の環境下に置き、選手・コーチが監督の思考を自分自身の考えの様に一致化させ、思い通りに心と行動を支配することに成功している。即ち「マインドコントロール」をしていた様に考えます。

  • >>No. 35103

    ”ラフプレイ”という言う人もいますが、これは”プレイ”というものではありません。
    ”プレイ”の因果は”事故”と言う感覚ですが、これは”ダーティジョブ”とも言える事件です。

    多くの日本の国民、中高・大学生がこの動画を見たことと思いますが、現代は外国のTV局がそれぞれの国のニュース動画を売買している様です。
    この動画も結構良い値で中韓台・東南アジア、場合によっては欧米その他の海外TV局に買われ、世界中で放映されるかも知れません。
    一国民としてアメフトの名を隠れ蓑に、このように人前で公然と暴行を働くさまを見せられては、日本人の恥と心が痛みます。

    警察関係者にもこの暴行動画を見た人は居ると思いますが、事実関係を調べる事はしないのでしょうか? 日大の当該選手が大学の理事や監督と口裏合わせをする前に、早急に事情を調べて真実を解明頂けたらと考えます。

  • 日大アメフト部
    “重大な反則”と言う言葉を超越していたと思いました。
    時代劇でも、西部劇でも、背後から斬り付けたり銃撃するのは卑怯者のする事です。
    卑怯者は、恥知らずの無法者です。
    大學・監督が責任を取ると言って、無法者にどんな責任を取らせるのでしょう?

  • 日大アメフト部
    反則動画に衝撃を受けました。
    自分は子供のころ栄養不足で発育が遅れ、運動神経が鈍くバットを振っても中々ボールに当たらない。投げるのも受けるのも思い通りにいかない。走っては人より遅く・・・運動神経の良い同級生・先輩後輩を見て羨ましく思ったものです。高校位から人並みにスポーツを楽しめるようになったかな?と。

    しかし、成人して社会人の大先輩に「得意(または好きな)スポーツは?」と聞かれると、中々自信のある答えが出来ませんでした。先輩たちが尋ねた理由はスポーツマンという言葉に「クリーンさ」や「清々しさ」のイメージを持たれていたからだと考えます。

    しかし、長い人生經驗をするうちスポーツマンの情操が劣化して来た事に気付く様になりました。
    勝つため反則ギリギリをやるのは当たり前、審判が見てない処で反則するのもスキルのうち、という空気の存在。オリンピック競技の選手選考で競合相手の飲料にドーピング剤を仕込む。野球の名選手と言われたプロOBが「バッターを怪我させようという悪意のビーンボールはあり得る」と言っていたのも記憶にあります。

    三,四十年前、スポーツは勝つことに意義があるという風潮になり、勝つためには何をやっても肯定されると拡大解釈され出した。
    「スポーツマン」という言葉は「クリーン」や「清々しい」意味から、心に闇を持ち隙あらば規則違反を狙うダーティな人をイメージする言葉に変ったと考えます。
    日大OBや日大アメフト部OBが肩身の狭い思いをする必要はありませんが、現在管理監督する立場の理事・部長や部活監督は認識する必要があると考えます。

    理事・部長や部活監督は60歳前後かと考えますが、日本には「晩節を汚すとか」「老醜を晒す」という自戒の言葉が語り継がれて来ました。
    女子レスリングの栄監督も麻生副総理や安倍総理、福田前財務事務次官や佐川前国税庁長官も「すみません」とか「李下に冠を正さず」とか、謝罪反省の弁を述べた様ですが、男性の61歳厄年前後(アラロク)位になると、いくら反省しても人生やり直しが効かない歳と自戒すべきでしょう。

    「スポーツ」の名を借り、人の生涯を駄目にしようとする犯罪者に等しい者、法律的、社会的に裁くべきではないでしょうか?

  • 働き方改革とは?
    「働き方改革法案」が閣議決定したそうです。
    元々経営者団体が、自民党・公明党に要望した法案なので、「働き方改革」というより「働かせ方改革」と言う方が正しいのではないでしょうか?
    そして出処はさて置き、法案の概要は残業時間の罰則付き上限規制などの規制強化と、専門職で年収が高い人を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)という(高度プロフェッショナルが如何に高度な仕事をしようと内容レベルに関係なく)報酬に上限を設ける規制を抱き合わせる制度の様です。
    しかし、高プロの報酬に制限を設ける規制は、高プロに在って他(外国人を含む)の追随を許さない高度な仕事をやる気にするでしょうか?
    報酬上限を設けることは、高級官僚に見られる様に出世のため忖度に精を出すか、能力有る者のやる気を削ぎ能力を十分発揮しない抑制(サボタージュ)を生み、「働き方改悪」になるのではないでしょうか?

    ノーベル賞も受賞できる日本ですが、「働き方改悪」で日本人全体のやる気・意欲が低下したなら、今後 日本の企業がいくら内部留保を増加させても、日本人・日本国としての繁栄は外国に負けるのではないでしょうか?

    安倍総理は、安保法制を成立させた際に感じましたが、一般日本人の間で意思疎通に使っている日本国語と異なる意味を持つ言語(詭弁と言うのも当たらない)、何か特殊な頭脳の働きによる日本語を使っている様に感じます。
    「誠心誠意対応」とか、「徹底的な究明」とか言うことは言うけれど行動はズレております。
    それは、森友学園問題で奥様の昭恵様と安倍総理御自身が「関わっていたら、総理も国会議員も辞める」とはっきり国会で発言しながら、今迄全く辞める心が見えない事にも現れています。
    森友問題も加計問題も安倍総理が行政と自民党の頂上に居て、下々のあらゆる事に対し「陰に陽に関わっている」のは明白なのに、一向に辞める気配も自覚も無いのです。

  • 一般的に言われる事は、長期政権は腐敗するということですが、日本は亡国のサイクル上にあるので、安倍政権が史上最長の長期政権になったとしても、別の自民党政権になったとしても、野党に政権交代しても どう転んでも国難を避ける事は難しいのではないかと考えます。

    有権者一人一人が今後誰にも頼れない、難しい自己責任の選択を迫られるのではないでしょうか?

  • 心に残る言葉に、小泉純一郎元首相の「過去を変える事は出来ないが未来は変える事が出来る」と、近代史に詳しい半藤一利氏の「日本興亡40年サイクル説」があります。
    これは、1853年ペリー来航以後の日本の出来事を、大体以下の様に4期に分け考えるものです。
    (なお下記の「出来事」は自分の興味本位で選択)

    ① 1865年開国、日清戦争(1895年)、日露戦争(1905年)に勝利し、1905年世界の列強の仲間入りを果たす。これが開国から40年。
    ② その後日本人は優秀な国民と少々うぬぼれ、第一次世界大戦特需(1919年)、関東大震災(1923年)、日中・日米戦争(1945年)に敗戦という亡国まで40年。
    その後GHQに6年間占領され。
    ③ 1952年講和条約の発効で独立国となり、高度経済成長(1960年代)、東証株価最高¥38.915をつけ(1989年) 少々うぬぼれ、バブル崩壊(1992年)。独立国になってから40年。
    ④ 阪神淡路大震災(1995年)、東証株価最安¥7.054をつけ(2009年)、東日本大震災・原発事故(2011年)、貧富差が拡がる中 (2018年)でバブル崩壊から現在26年。
    亡国の40年に残り14年ですが、与党の安倍政権の求心力は一部の熱心な既得権益層に限られ、野党はバラバラで、カリスマ性の有るこれはと言う党が無く、有権者は投票率50%以下で政治的意識はお世辞にも高い国民とは言えないレベル。

    東海・東南海・南海3連動地震や噴火等の自然災害、原発事故の可能性、高級官僚、大臣・国会議員の質の低下、何処かの国から始まる恐慌で起こる財政破綻、水が流れる如く変える事が不可能な歴史の流れの中で、与党・野党・国民 三者のどれを見ても頼り無く見えるのではないでしょうか?

    かって軍部という 国家公務員の嘘と隠蔽により国民のマインドがコントロールされ、東条英機内閣を成立させ、東条首相が撒いた日米戦争の種が芽を出し被占領国という実を結びました。
    官僚の嘘や隠蔽が目立つ様になった安倍政権が撒いた種は10年後どんな芽を出し実を結ぶでしょう?

  • 大韓航空の財閥の総資産は3兆円だそうですが、その創業者一族の「水かけ姫」の行状が話題になっている。しかし、小さなニュースです。
    レベルで考えれば、GDP 600兆円の国家予算を組む、徴税するカナメの財務省を舞台に、官僚TOPの政務次官や国税庁長官が辞職した件に比べれば、仁丹とパチンコ玉位の差が有るのではないでしょうか?
    そこで、日本の行く末を憂いている国民は多勢居ると思いますが、日本人は過去の歴史を忘れてしまう癖がある様で、声を上げ行動して国を改革・改善していく事が下手な様です。
    マスコミ・野党が日本を潰すという人が居ますが、結局マスコミ・野党のレベルは大衆庶民のレベルと≒(nearly equal)であり、NHKを含めたマスコミ・野党と大衆庶民が相互にレベルを上げ合う関係・意識にならないと、大衆庶民の政治感覚の醸成も無いのではないでしょうか?
    (大衆庶民側に出来ることは、低レベルのNHKを含めマスコミ・議員候補の不買をする事)

  • 最近の自民党議員や安倍政権の発言を聞くと、先輩が何か指導したら良いのにと考えていましたが、先日 自民党小泉元首相と旧交を温めた先輩議員が居たというニュースを知って、そんなことを話し会っていたのかなと思いました。
    男性は数え年の25,42,61、女性は19,33,37を厄年と言い、大きな人生の節目で体力や精神の不調、不運な出来事が生じ易い年齢として気を引き締める様にと昔から言われています。

    ところで、最近のアラロクは若ぶっているのか精神が未熟なのか一寸おかしいと思うことがよく有ります。
    福田財務次官がセクハラ発言をした疑惑に絡んで、「はめられたという話をする人もいる」と麻生財務大臣が言っていましたが、セクハラ発言が現実に在った事を証言した上、60近い男が30代の女性と1:1で酒を呑みながら、はめられる様な話をしたと言うのは、セクハラ発言の責任を女性記者の方へ誘導したかったのでしょうか?

    もし私の友人がそんな言い訳をしたら、即座に「この馬鹿野郎!てめえはどうしようもねぇバカだ」と言うでしょう。
    男が60近くにもなって、女のさかりの30代女性にもてると考えるのは勝手ですが、常識的には「アリエナイ・サモシイ」と考えるのが正常でしょう。

  • >>No. 34718

    >責任は教育関係者に有ると考えます。
    宮城県、石巻市、教師等という事です

  • 今日、東日本大震災の大津波で74名の生徒、10名の先生を亡くした宮城県石巻市大川小学校の災害被害の裁判2審が行われます。

    2万人以上の死者・行方不明者が出た大災害で、児童・生徒は99.8%生存した(片田敏孝著「人が死なない防災」57頁)と言われる避難体制が功を奏した中、なぜ大川小にこんなに多くの被害者が出たのでしょう。
    何度も津波被害を経験してきた太平洋岸の東日本に於いて、地震が起きたら津波が来ると言う話は宮城県、石巻市、教師等が共有していなければならない情報であったと考えます。
    教育委員会は何をする組織なのでしょう?責任は教育関係者に有ると考えます。
    2審判決には、二度と同じような悲劇を起こさない歴史的判決が望まれます。

  • 舞台:財務省
    出演者
    総理大臣:安倍晋三 財務大臣:麻生太郎 財務政務次官:福田淳一 官房長:矢野康治
     首相秘書官:柳瀬唯夫 セクハラ被害者:Aさん

    永田町で誰が主役なのか庶民には想定できない、筋書きのない劇の幕が開きました。
    福田財務次官と女性記者の話や森加計問題の話です。
    福田財務次官はセクハラを否定していますが、当然でしょう。福田次官は晩節を汚すことになるからです。
    矢野官房長もおかしなことを言っていると思います。「名乗り出るのがそんなに大変なことか?」と言う発言です。
    矢野官房長が財務省という組織として福田財務次官の花道を作った代表者と考えると、福田次官はセクハラ疑惑の疑いを晴らせないまま元高級官僚という一生を送ることになるかも知れません?

    私は、真実が明らかになる迄、すなわち女性Aさんが現れ白黒はっきりする迄、麻生財務大臣は福田氏の辞表を受理して退職金を出すべきではないと考えますが、また女性Aさんは、名乗り出る必要は無いと考えます。
    麻生財務大臣は大臣を6年近く勤め現在の財務省の体質を作った人で、財務省を正常化する責任が有ると考えます。

本文はここまでです このページの先頭へ