ここから本文です

投稿コメント一覧 (332コメント)

  • >>No. 877

    ~月詠からのお知らせ~

    既にお知らせしておりますが、受付は休止となります。

    現時点で再開は、9月の予定です。
    今回は、有料相談も同様に全ての受付が休止となります。

    再開の明確な日にちは、また改めてお知らせします。

    休止が多く申し訳ございませんが、また再開しましたときにはよろしくお願いいたします。

  • >>No. 885

    お待たせしました。
    以下、二回目の返信となります。

    ※この緊張感は怖さから来ているのでしょうか。

    そうですね。怖さというとちょっと違うのかもしれませんが、やはりどこか壁があるというか、あなたがオープンでない中でのお話に見えますので、壁越しのお話になる原因を見ると、人慣れしているとは言えないところの怖さゆえというのが一番近い表現になります。

    結局、パーテーションであってもやはり個室と状況は変わらない形式を選んだのは、大勢での雑談形式より気楽で良いと思われての事ですが、それもまだ人慣れしてはいないからと言えます。

    あなたの場合は、一人で参加できるようになったことが大きな進展なので、そこから少しづつ自分をより表現することや、人を見る視点の幅を広げることが大事です。

    あなたは二回で6分でも、第一印象、その後の会話で解るとありましたが、一概にそうとも言えません。

    その後食事に行っても、第一印象通りだった方が多かったというのは、あなたは違うと思われるかもしれませんが、私はあなたが相手の違う一面を探すのではなく、第一印象の答え合わせをしているからそうなってしまうとお見受けしています。

    ですので、結婚に向かってという前にワンクッションというか、同時進行でも良いのですが、あなたの視点を広げるべく、パーティーであれば雑談形式にも参加なさってみるのも一つの方法です。
    今よりも、そうですね・・・・・人を見る目の幅を広げるためにというのが近いでしょうか。

    ※紹介できる方がいると言われていますが、紹介して頂いても大丈夫でしょうか。

    相手の方は良い方ですが、あなたの心が動きません。
    結論から書いてしまいましたが、何の問題もなくお断り出来るのであれば会うだけ会うというのも良いかもしれませんが、そうでないならお勧めはしません。

    以上です。

    婚活については、回答とあなたの感覚とは違いますので、あまりピンとこない内容かもしれませんが、私の見る限りということで書かせていただきました。

    文章の場合、話すようにはいかないので解りにくいところもあると思いますが、何か参考になるところがあれば幸いです。

    これで二回目の返信を終了とさせていただきます。
    ご質問などもあるかもしれませんが、その時はまた先着にてお申し込みをお願いいたします。
    長く続けていくためのルールであり、ブログからの有料相談の関係もありますので、無料相談の先着制は、どうぞご理解くださいますようお願いいたします。

  • >>No. 883

    お待たせしました。
    以下、一回目の返信となります。

    ※まだタイミングではないのか、やり方が違っているのか

    そうですね。個室で一対一とありましたが、それよりは色々な方と雑談出来る時間があるような集まりに参加なさるのが、今は良いとお見受けしています。

    個室で一対一でも悪くはないのですが、今のあなたですと、まだ怖々という感覚がどこかに残っていながら平静を装いつつという感じが否めないので、書いてありましたように第一印象、その後の会話ですぐに判断を出してしまいます。

    それが間違っているという事ではなく、かつ、合っているとも言えなくもないですが、やはりあなたがどこか怖々、どこか緊張しながらの判断ですと、判断の基準がかなり厳しくなります。

    結婚を視野に入れての集まりなので、厳しい目を持つのは良いことなのですが、今の感覚ですと、全てがパーフェクトでないといいと思うことが出来ないという状況です。

    世の中のご夫婦に、相手に全く何も不満がないという方は、男女ともにほとんどいないです。
    小さなことでも何かしら合わないところがありながら、何かしら不満を持ちながら、それも含めて夫婦関係を構築していくものなので、あなたの場合はもう少し判断は後にして怖々を薄くするべく、まず純粋に会話から楽しむというような、もう少し楽な入り口からが良いのではとお見受けしています。

    ですので、結婚を視野の集まりでも良いですが、結婚関係なく趣味の集まりやサークルのようなところに参加して、人慣れして楽しく会話する雰囲気とか流れをもう少し体感してみるのも今後に繋がる一つの方法です。

    以上です。

    一人でパーティーに参加出来るようになったのは、大進歩ですね。
    お役に立てたようで良かったです。
    ただ、そこからさほど時間が経っていないこともあると思いますが、怖さからくる緊張感がお見受けできます。

    それは必要でもありますので無くなるようにということではありませんが、現状の即断ではなくということで書いてみました。

    これで一回目の返信を終了とさせていただきます。
    解りにくいところもあるかもしれませんが、何か参考になるところがあれば幸いです。

    ご質問があれば書いてください。
    無ければ今回で終了。
    ありましたら、二回目の返信をさせていただきます。

  • >>No. 879

    先着となりました。
    ご相談の内容を、出来るだけ簡単に、簡潔にお願いします。

  • ~月詠からのお知らせ~

    次回の受付は、7/3(月)0:00~となります。

    お申し込みにあたり注意事項などもございますので、コメント1のご参照をお願いいたします。

    尚、次回の受付後からまた休止となります。
    再開の予定は、現時点で9月の上旬の予定です。

    今まではこちらと有料の対面とメール相談が休止で、電話相談は受付しておりましたが、今回の休止は電話相談も含め全て休止となりますので、電話相談をご検討のかたはご注意下さい。

  • お待たせしました。
    以下、二回目の返信となります。

    ※恋愛しなくても平気。とありましたが、なぜ彼は告白してくれたのでしょうか?なんとなく告白したという感じなのでしょうか?
    ※彼とは友達だった時のような付き合い方の方が良いでしょうか?
    ※女友達との境界線はこれからも変わらずでしょか?
    ※彼にとっての彼女とは一体どんな存在なのでしょう?都合の良いときに会える人。なのでしょうか?

    以上の4つはまとめて書かせていただきます。

    まず、あなたに告白したのは、あなたが好きだからです。
    前回書きましたが、彼は人を好きになる気持ちが解らない人ではないので、恋愛感覚は一般的とは違っていても、好きになれば付き合いたいという気持ちは自然に生まれます。

    そして、端から見れば友達なのか恋人なのか解らないような対応をしていたとしても、彼の中では彼女と友達は別なのです。
    ですので、あなたは境界線と思っても、彼としては心情的に彼女と友達は別なので、その上で彼にどのような形の境界線を求め、それが彼に解るように伝えられるかという事になります。

    彼女と友達が別なのが、行動からも言動からも非常に解りづらい方なので、彼女であるあなたは落ち着かない気持ちになるのも無理は無いと思いますし、あなたにとって幸せを感じられる交流ではなくても、彼としては好きな人が彼女という幸せな状況なので、彼の気持ちは別として、自分が幸せを感じられないなら友達の方が良かった。と思われるのであれば、その方が良いという事になりますので、そこはあなたがどう考えるかですね。

    数字に例えるならあなたの好きが100%だとしたら、彼の100%はあなたからすれば50%くらいになります。
    もともとの向き合い方というか、やはり恋愛における色々な感覚が彼は淡白で薄いとお見受けしていますが、彼にとって彼女は好きな人であり、告白されたから特に好きではないけど彼女がいないからとりあえず付き合おうかなということもしない人ではあります。

    ですが、一般的には彼女への想いとかこれからのビジョンなどが心情的だったりなんとなく漠然とでもあったりするのですが、彼の場合は好き。だけで、その先が無いというか見えません。

    それは、恋愛感覚の薄さゆえなのか解りませんが、そのようなところから見ると、やはりあなたの望むお付き合いをするのは、時間をかけて説明してあなたの意に沿うような方向に持っていくしかないです。

    意に沿うようなお付き合いは、時間をかけないと無理ですが、時間をかければあなたの恋愛感覚に少しづつ沿ってきてはくれます。

    ※彼と一緒に居ても楽しい気持ちはあるのですが、安心感がありません。やはり、恋愛の安心感を求めるなら他の方を探した方が良いでしょうか?

    上に書きました、時間をかけて。というのが無理ならば、他の方を探されるのも一つの方法です。
    時間がかかるというのは、彼に好きならばこれはダメ、これはいいなど、そうですね、例えばあなたの言う所の境界線がなぜ明確に必要なのか?という所から教えていくことになるので、どうして時間がかかるのかはお解りいただけるかと思います。

    以上です。

    彼とは、あなたが自分の恋愛観を主体に考えるのであれば、彼の恋愛感覚を育てていくことが必要で、それは簡単なことではないため、あなたの彼に対する思いの深さによるところになります。

    ようやく深まりを感じられるようになったと思えるまでに何年もかかると思うので、自分の恋愛観ではなく、彼はどういう恋愛をする人なのかを見て、それにあなたが沿っていけるか、理解できるかという視点で考えてみるのも一つの方法かと思います。

    どちらにしてもあなたにとって簡単な事ではありませんが、どうするかゆっくり考えてみてください。

    これで二回目の返信を終了とさせていただきます。
    うまく伝わらないところもあるかもしれませんが、何か参考になるところがあれば幸いです。

    ご質問などもあるかもしれませんが、その時はまた先着にてお申込みをお願いいたします。
    長く続けていくためのルールであり、ブログからの有料相談の関係もありますので、無料相談の先着制は、どうぞご理解くださいますようお願い致します。

  • >>No. 872

    お待たせしました。
    以下、一回目の返信となります。

    1.愛情表現が少ないのは覚めてきているからですか?
    彼の気持ちは当初と変わりありませんが、愛情表現が少ないのは、言葉としてはどうかと思いますが、ノリが変わったから。というのが一番近い表現です。

    ノリって何なの?と思われると思いますが、彼の場合は気持ちからどうこうというのではなく、ラブラブな雰囲気で進みたかったり、そっけない感じで進みたかったりなど、自分がどうありたいかによって対応が変わるところがあります。

    ですので、気持ちが離れつつあるから愛情表現が少ないということでもありません。

    2.女友達との境界線をハッキリしないのは、次の彼女を探しているからですか?
    女友達との境界線をハッキリしないというのは、あなた以外の他の人から見ても、確かにそう見える状況ではありますが、彼としてはそういうつもりはないというか、そもそも彼の中にあなたほど明確な境界線が無いとも言えます。

    説明が難しいのですが、彼としては心情的には友達と彼女は違っていても、だから行動もそのように伴う訳ではなく、端からみれば彼女なの?と思うような接し方をしていたとしても、相手が勘違いするような対応でも、彼としてはそういうつもりはないんだけど。ということになるので、あなたが落ち着かない気持ちになるのは無理もないところですが、これは感覚の違いなのと、彼の場合はそれを話してもあなたの真意は理解できないので、そういう人だと思うしかない状況です。

    3.身体の関係が一度しかないのは、私に魅力がないからでしょうか?
    これは、もともと淡白というか、あっても無くてもどちらでも良いという感覚なので、あなたに魅力がないからではありません。

    4.深い話を出来たりと深い関係性になりたいのですが、彼は望んでいないのでしょうか?
    これは難しいところですね。
    そうですね・・・。解りやすく書くならば、話す内容は例えば彼は物理学。あなたは芸術。
    あなたは芸術の素晴らしさを解ってほしくて色々と話をするけれど、物理学の彼にはよく解らない。
    彼にはよく解らないけれど聞くことは聞く。でも、理解したい、世界を共有したいという気持ちは持てないので、ただ聞くだけ。

    あなたは彼の物理学を説明されてもやはりよく解らない。
    理解したいと思うけれど、どう考えれば良いのか解らない。

    ですので、深い話をしたくても、すればするほどどうしてなんだろうが増え、また、なぜ伝わらないんだろうも増えてしまう相手です。

    5.彼のお母様に一度食事し紹介してくれたのは、単に付き合っているから紹介した。という事なのでしょうか?
    紹介したくて。というよりは、タイミングも合ったし、紹介しても問題ないから。ということでした。

    以上です。

    深い関係性を望んでいないのか?とありましたが、そもそもその感覚が彼には薄いというか、ん~・・・説明が難しいのですが、恋人の感覚で合っているところは恋人なんですが、関係性を深める。いわゆる思いの深まりというか絆というか、そういう感覚が彼は薄いので、恋人だから普通はこうだよね。というのがあまり当てはまらない方です。

    あなたは彼と色々話したり愛されてると実感するような出来事があったりなど、恋愛に期待もしていますし喜びも求めていますが、彼はそうですね・・・恋愛感覚が一般的ではない方で、恋愛においてとてもファジーな方なので、あなたにとってはやはりどうしてなのか解らないことが多い相手と言えます。

    遊び人ということでもなく、人を好きになる気持ちが解らないということでもないのですが、恋愛しなくても平気な人なので、あなたが自分の持っている恋愛観からの判断ではなく、彼をどう理解していくか、していけるのかが、あなたの気持ちとして恋人として続けていけるかいけないかに繋がっていくと思います。

    これで一回目の返信を終了とさせていただきます。
    説明の難しい彼でしたので、解りにくいところもあるかと思いますが、何か参考になるところがあれば幸いです。

    ご質問があれば書いてください。
    無ければ今回で終了。
    ありましたら、二回目の返信をさせていただきます。

  • >>No. 870

    内容を拝見しました。

    アドバイスとありましたが、拝見しました内容でお答えすることが出来ませんので、申し訳ございませんが項目を分けて書き直しをお願いいたします。

    例えば、彼は愛情表現が少ないですが、なぜですか?

    という感じで、文章を繋げず聞きたいことを質問①、②という形で分けて書いてください。

    上に書きました、例えば…の下りは、あなたがご質問に上げたい内容でしたら、同じ文章で構いませんので、ご質問として書いてください。

    あと、次の返信を見ないとなんとも言えませんが、場合により彼から聞いた一言が必要な時もありますので、念のため次回の返信に彼から聞いた一言も書いてください。

    おはよう。こんにちは。またね。など、出来るだけ文章にせず、一言でお願いします。
     
    一言は、行きにくいときに入り口を開くためのものなので、聞いた言葉ならなんでも構いません。

    では、ややこしくて申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

  • >>No. 864

    大変お待たせして申し訳ございません。

    先着となりました。
    ご相談の内容を、出来るだけ簡単に、簡潔にお願いします。

  • ~月詠からのお知らせ~

    次回の受付は、6/26(月)0:00~となります。

    お申し込みにあたり注意事項などもございますので、コメント1のご参照をお願いいたします。

  • >>No. 849

    ~月詠からのお知らせ~

    既にお知らせしておりますが、また休止となります。

    休止後の受付再開予定は、現時点で6/26(月)の予定です。
    有料相談も対面相談、電話相談、メール相談のうち、メール相談のみ同様に休止となります。 
    メール相談受付再開日は変更になる場合もございますので、再開については再開前に改めてお知らせします。

    次回の受付再開後、数回は受付の予定ですが、その後7/下旬~9月上旬までこちらも有料相談も、全ての相談の受付がまた休止とお知らせしておりました。

    その後状況が変わり、現時点で休止が伸びる可能性がありますので、 明確な日程はまた改めてお知らせ致します。

    こちらは電話相談も対面相談もございませんので、有料相談に比べると受付休止期間がどうしても長くなりがちですが、休止期間中でもお受けできそうな週が出来ましたら、今週のみ受付など休止がそのまま長引かないように出来ればとは考えておりますので、お知らせした休止期間が短くなることはありませんが、その中でお受けできそうなタイミングが出来ましたら、休止期間中のスポットということでお知らせいたします。

  • >>No. 858

    お待たせしました。
    以下、二回目の返信となります。

    ※母にも携帯メールで家を出ようと思うこと、その部屋で一緒に暮らさないかと伝えましたが母は、どう思いましたか?
    母は、兄贔屓なところがあるので私のところへは来ませんか?

    今、お母様に自分の行く先の答えはまだ出せないとお見受けしました。
    あなたのところへ行くのが嫌なのではなく、それを考えた場合、その先の生活がどうなるのか想像できなかったり、それならば自宅と思っても、それもまたどうなるのか想像できない。

    どうしたいのか、そしてどうすればよいのかの両方が漠然としているので、やはり義姉さまとお母様と三人で具体的なお話をさなるのが必要とお見受けしています。

    お兄さん贔屓なところがあるとありましたが、それは無くもないです。
    贔屓というよりは、そうですね・・・甘やかされてきたという方が近いでしょうか。
    ですが、それとこれと話は別なので、あなたのところへ来ないという方向になったとしても、それは関係ありません。

    ※また、兄はこれからも変わらないでしょうか。
    暴力をふるう兄はこれからも変わりませんか?

    変わりません。
    そして、この先暴力の頻度が高まる可能性もあります。

    お兄さんは、面倒なことは全部自分に降りかかってくる。
    なんで自分がやらなくてはいけないんだ。
    というような考え方があります。

    その考え方になるところを見たとき、そういう事も確かに無くはないですが、そういうことでもないのだけど。というところもあります。
    なんでもかんでも面倒だと思ってしまうのは、もともと考え方がネガティブだからで、だから嫌だな、面倒だなと思うことがあったとき、それを早く終わらせてしまおうではなく嫌々なので、余計にぐずぐずしたような責任逃れのようなことになりがちです。

    最終的に、どうしてもなんとかしなくてはいけないことは嫌々ながらもやりますが、基本的に自分が率先してというのは自分が好きな事、やりたい事だけなので、お母様のことについては、お兄さんの口から聞いたようですが、前回書きましたように、お兄さん抜きで話をしないと進まないです。

    お兄さんの暴力を無くす方法があればよいのですが、それは家族やお兄さん自身の考えでどうにかなるとことではないので、例えばセラピーを受けるなど他の協力を得ないと出来ませんが、そもそもお兄さん自身が改善する必要があると思っていないので、あなたが暴力を受けないようにするには、やはり別の場所で暮らすのが現状できる最善とお見受けしています。

    以上です。

    あなたが一人暮らしが出来るのであればそうなさるのが良いと思いますが、お母様と一緒に暮らすことについては、気持ちだけでなく現実の生活の流れ、あなたの体調も含め、それがベストなのかどうか、やはり義姉さんとしっかりお話しするのが大事です。

    私は病については解らないので、お母さんの病状がどうなのかも今一つ解りませんが、ホームとありましたのである程度介護も必要という事であれば、自宅にせよあなたのところにせよ、ある程度介護用品やベッド、手すりなどの介護器具が必要になるかもしれません。
    それにはお金もかかりますし、ホームなら用意は必要ありませんが、ホームでなければそれをどの程度まで準備するのか?

    そしてホームもすぐに見つかるとは限りませんし、見つかったとしてもそれなりに費用がかかります。その場合その費用はどうするのか?お兄さんの家計で賄うのかあなたも負担するのか?
    あなたが一人暮らしをしてお母様が同居になった場合、介護が必要だけれどあなたが全面的に見るのは無理であれば、その介護費用はあなただけの負担で行くのか、お兄さんの助けがあるのかなど、お母様の行き先は、気持ちも大事だけれど現実問題を考えないでの結論はありえません。

    ですが、お兄さんが話に加わると方向性が決まりませんので、早めに義姉さん、お母様、あなたの三人でお話を。と思います。

    あなたが今回の事を重く受け止め過ぎていると書いたのは、起こった出来事は無かったことにはなりませんし、これからお母様が天寿を全うするまで続いていくことで、起こった事は事として、気持ちの上で重く考えるよりも、自分の体調も含め、出来ることは何かなど前向きな気持ちを持たないと、あなたの気持ちが持たないということで書きました。

    介護は実際に始まると、考えている以上に生活が変わることです。
    ここでも書いたことがあるかもしれませんが、私は母が若い時に病に倒れ、要介護4でもう20年近くになります。
    母は自宅で看ていますが、どのような介護が必要なのか、それが家族で出来るのかなど話し合った結果、自宅に戻ることになった後に起こった色々な出来事は、今でも鮮明に覚えているくらい大変でした。
    経験上、気持ちは気持ちとして、それを現実と擦り合わせていくことが出来ないと、家族が崩壊してしまいます。

    ですので、話し合いが出来ない家族とありましたが、それが出来ないままどうにかなることではありませんので、何度も書きますが、しっかりお話をなさることが大事です。

    これで二回目の返信をさせていただきます。
    以上。の下は、見てということと、経験上も含めての内容になりますが、何か参考になるところがあれば幸いです。
    ご質問などもあるかもしれませんが、その時はまた先着にてお申込みをお願いいたします。
    長く続けていくためのルールであり、ブログからの有料相談の関係もありますので、無料相談の先着制は、どうぞご理解くださいますようお願い致します。

  • >>No. 855

    お待たせしました。
    内容は充分ですので、以下一回目の返信となります。

    ※それぞれの思いをお伺いできないでしょうか。

    お母様は、何も考えず望みだけを言えば、仰るように自宅に帰りたい。が本音です。
    ですが、本音はそうであっても、ご自身でもこの先自分が、そして病状がどうなるか先が見えない状況もあり、帰りたくはあっても、それが自分にとっても家族にとっても良い選択といえるのかどうか判断は出来ないようです。

    ですので、本音はあっても、総合的に考えてどうすればよいのかの答えは自分では出せない状況です。

    義姉さんは、色々を考えてもなるようにしかならない。
    自宅に帰ることになればお世話をする。
    施設になれば負担は軽くなるけれど、入れてそのまま放っておくということは出来ないから、施設でも出来ることはする。という感じです。

    義姉さんは、変化に対しての適応能力が高い方なので、これは嫌、あれは出来ないということをあまり考えず、その状況に合わせて対応をしていきます。

    お兄さんは、色々考えてもしょうがない。という意味で、なるようにしかならない。という感じなので、なるようにしかならないという部分は義姉さんと似ているように見えますが、そのことについての真剣さというか考えの煮詰め方、方向性が義姉さんとは全然違います。

    あまり働かない方とありましたが、その姿勢はお母様の事に対しても同じなので、お兄さんとどうするのか話をしても進まないため、方向性を詰めていくのは義姉さんとお母様の話合い次第というところです。

    自宅に戻ることになると義姉さんの負担が増えることは間違いないですが、自宅、施設、いずれにしても、お母様にとっても義姉さんにとっても、その時に考えうるベストな選択に落ち着きます。

    ですので、仮に自宅に戻ることになった場合、負担については想定済みなので、そこはもう義姉さんに任せるしかないですね。

    以上です。

    家族に大病を患う人が出ると、色々な変化が起こりますし、施設に預ける、または預けられることを良しとしない考えの方もいらっしゃいます。

    ですが、考え方はその家々で違いますので、自宅、施設、それぞれのベストがあります。

    義姉さんは、上にも書きましたが適応能力の高い方なので、与えられた、またはしなくてはいけないことが出来れば、そのように対応していきます。

    あなたも持病があり無理がきかないとありましたが、あなた自身がこの先の流れを重く考えすぎているところもありますので、無理がきかないから困る、出来ないと思われるのであれば、そうではなく、自分の体調で出来ることは何なのか、何かないのか?と考える方が、あなたの気持ちも楽になります。

    拒絶よりは受け入れる方が、逆に楽な場合があります。

    あなたの場合は今回の件に関してはそうなので、少し見方、考え方を柔らかくしてみてはいかかでしょうか。

    これで一回目の返信を終了とさせていただきます。
    三人分+あなたについてでしたので、ざっくりになりましたが、何か参考になるところがあれば幸いです。
    ご質問があれば書いてください。
    無ければ今回で終了。
    ありましたら、二回目の返信をさせていただきます。

  • >>No. 851

    先着となりました。

    ご相談の内容を、出来るだけ簡単に、簡潔にお願いします。

  • ~月詠からのお知らせ~

    次回の受付は5/29(月)0:00~となります。
    お申込みにあたり注意事項などございますので、コメント1をご参照ください。

    尚、次回5/29の受付後、また休止となります。

    休止後の受付再開予定は、現時点で6/26(月)の予定です。
    有料相談も対面相談、電話相談、メール相談のうち、メール相談のみ同様に休止となります。 
    メール相談受付再開日は変更になる場合もございますので、再開については再開前に改めてお知らせします。

    次回の受付再開後、数回は受付の予定ですが、
    その後7/下旬~9月上旬までは、こちらも有料相談も、全ての相談の受付が休止となります。

    明確な日程はまた改めてお知らせ致します。

  • >>No. 846

    大変お待たせして申し訳ございません。
    以下、二回目の返信となります。

    ※それ以外の理由というのは特にないのでしょうか?
    ※彼は会いたいとか連絡を取りたい、何してるか気になる、という風には思わないのでしょうか?

    ご質問の中に、既婚者ではないか?という下りがありましたが、心象風景からではありますが、独身とお見受けしており、あなたの事を思ったり気にしたりする気持ちはありますが、それよりも、会ったり話をしたりした時に、先の話、例えば結婚などの話題になった時に話に詰まるから避けたいという気持ちが上回り、連絡の頻度が落ちているとお見受けします。

    ※彼から連絡がくるまで待つと決めているのですが、待っていてくるのでしょうか?
    連絡は来るとお見受けしますが、コミュニケーションと呼べるようなやり取りとは言えないかもしれません。

    ※前回ドタキャンされた時は「実家に帰らなきゃいけなくなった」と言われたのですがこれは本当なのでしょうか。

    本当ですが、ニュアンスがちょっと違います。
    実家に帰らなければいけなかったのは本当ですが、その時でなくても良かったとお見受けしています。

    ※彼と幸せになる道を探すとするならば彼のペースに合わせて受け身で待ちの姿勢でいるべきなのか、思っていること(もっと連絡を取りたいなど)を伝えるべきなのか どうするのが良いかというのは分かるでしょうか?

    彼は、結婚に対して何か拘束感のようなものを感じていて、そういうものだろうなとも思いつつ、やはり拘束される嫌悪感が払拭出来ないので、一度、結婚を考えて付き合う、付き合わないということではなく、結婚に対してどのようなイメージを持っているのかということを話す必要があります。

    彼から連絡が来るまで待っているとありましたが、その連絡も、ただ連絡が取れただけになってしまう可能性がありますので、しっかり話が出来る場を持つべく行動なさってみては。と思います。

    場を持つべく行動すれば、場が持てればイメージを聞いたりあなたの考えや思いを改めて話たり伝えたりすることが出来ますし、結局場が持てないということであれば、その過程において、彼は自分の未来や想いを託して良い相手なのか、また彼の未来を自分も負っていけるのかの判断の材料が出来ます。

    結婚は人生において大きな出来事の一つになります。

    ですので、ただ好きだからという事ではなく結婚も視野に入れてということであれば、改めて話をするにあたりそのような視点も持って行動すれば、話が出来ても出来なくても、それで自分はどうするのかの答えはおのずと出てきます。

    無理に話をしようとすれば、終わってしまうかもしれないという怖さが生まれるとも思いますが、
    彼の場合は仮に結婚できたとしても、形は違えど今回のような状況が家庭内でも起こりうる方なので、この状況が結婚後に起こった場合、あなたがそれなら自分で切り回していけばよいと思えるかどうかなども体感できます。

    ですので、彼と幸せな道というのとは違った内容ではありますが、まず彼が伴侶で良いと思えるかどうかを先に見つめなおすことが大事です。

    それを見つめなおすためにも、やはりあなたが行動してみては。と思いますが、やはり彼主体で連絡を待つ。というのも選択肢の一つなので、どうするかゆっくり考えてみてください。

    以上です。

    私は、好きであれば乗り越えていけることも沢山あると思いますが、恋愛なら我慢できても夫婦なら無理ということも沢山あります。
    気持ちがあると上手く判断できなくもありますが、例えばあなたのお友達が同じ状況だった時、あなたらどうアドバイスするか?という視点で考えてみるもの、どうするか考える一つの材料になるのではないかと思います。

    これで二回目の返信を終了とさせていただきます。
    幸せになるためにという前に。という内容で申し訳ございませんが、何か参考になるところがあれば幸いです。
    ご質問などもあるかもしれませんが、その時はまた先着にてお申込みをお願いいたします。
    長く続けていくためのルールであり、ブログからの有料相談の関係もありますので、無料相談の先着制は、どうぞご理解くださいますようお願い致します。

  • >>No. 843

    お待たせしました。
    内容は充分ですので、以下、一回目の返信となります。

    ※彼は私に対してどのような気持ちなのでしょうか?

    彼は、あなたに対する愛情はあります。
    あなたとの結婚も、気持ちとして無くはないです。

    ですが彼は、今は結婚については具体的に考えられないというか、現実にそのような方向には
    気持ちの上で向かえない状況です。

    それは、何か明確な一つの原因があってということではなく、総合的に考えてなんとなくそういう気になれないという事なので、あなたが結婚も視野に入れて恋愛を考えたいのであれば、他の人という選択もあるとお見受けしました。

    彼との結婚が全く可能性として無い。ということではないのですが、彼のそういう気になれないという気持ちは、例えば生活の事、例えば責任の事など総合的に、彼にとっては一歩踏すのが結構重いことになるようです。

    ただ好きだから付き合っていくという事であれば何も問題は無いのですが、恋愛から結婚など段階を上げるとなると、色々なことが頭をよぎってしまうようなので、具体的にちゃんとそのようなお話はされていないとお見受けしますが、彼の気持ちの中ではそういうことも気にしてはいる。

    だから余計に連絡の頻度も下がるということに繋がっています。

    これは多分・・・という前置きが付きますが、先が決まってしまうと嫌でも簡単には変えられない、逃れられないというような類の気持ちも混在しているようにお見受けします。

    ですので、気持ちが自分にあるのなら、彼が一歩踏み込んだ気持ちを持つまで待つ。という選択肢もありますが、それには時間が過ぎてゆくということも覚悟の上でということと、それがいつになるかは解らないということを踏まえてでないと、あなたの気持ちが焦ってきて。結局だめになってしまいます。

    ですので、結婚を考える気持ちと彼とということで望める未来など含め、どうするか考えてみてください。

    以上です。

    彼は、元々スパッと決断ということはあまりない方のようなので、それは仮にご結婚に至った後でも変わらないところと思います。

    だからと言って、気持ちがあれば簡単に切り替えともいかないところもあると思いますので、今までのお付き合いの過程なども振り返りつつ、お考えいただければと思います。

    以上です。

    良いと言える内容ではありませんが、何か参考になるところがあれば幸いです。

    ご質問がありましたら書いてください。
    無ければ今回で終了。
    ありましたら二回目の返信をさせていただきます。

  • >>No. 839

    先着となりました。

    ご相談の内容を、出来るだけ簡単に、簡潔にお願いします。

  • ~月詠からのお知らせ~

    次回の受付は5/22(月)0:00~となります。
    お申込みにあたり注意事項などございますので、コメント1をご参照ください。

  • ~月詠からのお知らせ~
    既にお知らせしておりますが、ご相談の受付は休止となります。

    受付再開予定は、現時点で5/22(月)の予定です。
    変更になる場合もございますので、再開については再開前に改めてお知らせします。

    休止が多く申し訳ございませんが、再開しました時にはまた、よろしくお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ