ここから本文です

投稿コメント一覧 (114コメント)

  • 短期分の買い戻しは
    ・1ヶ月経過
    ・600円割れ
    のどちらかまでは最低でも待ちます。
    今慌てて買い戻すのは落ちてくるナイフ。

  • ちなみに月次は超順調。長期投資としてはまだまだこれから。
    ・少しでも下がるとビビっちゃう人(700円とか600円切ったら狼狽売りしちゃうような人)は売っときましょう。
    ・短期での暴落はしっかり買えるだけの資金と精神的な余裕があり、腰を据えてサイボウズと5年付き合える人は今は傍観でもOK
    じゃないかな~

  • 釣り上がって月次発表のタイミングで売り仕掛けってことかな。
    まあ短期相場はココまでかな。私は短期分は売りました。もう一度上がったら悔しくはあるものの、十分に利益確定できました。ごちそうさまでした。

  • 強い。ついに平均取得単価300円の長期投資に報われるときが来たかな。
    普通に考えたらそろそろ売りたくなる上がり方だけど、これまでが極めて割安だっただけで、年末の無駄遣い広告費を抜きにした実質PER30倍で1200円、40倍で1600円までは評価されても異常値ではない。
    どこまで評価の見直しが入るか、しっかり見届けたい。

  • このところのいくつかの投稿を見る限り、あなたとは何だか同じ情報をもとに同じような判断をしていそうですね。

  • サイボウズの月次の営業利益にいちゃもんつけてたら振り回されるからやめておいたほうが良いと思いますよ。

    さておき2Q決算も順調。PTSも急騰しているようですが、しっかり年末に無駄遣い(おっと失礼)されるので過剰評価は禁物。

    短期で500円で仕込んだ人は1ヶ月で20%抜けるんだから売ってもいいと思います。

    一方で長期ホルダーとしては(無駄遣いを除けば)成長が加速し売上以上に利益の伸びが大きいフェーズにきているので、まだまだこれから。

  • 一旦は売られそうですね。
    内容見ると売上の期ズレっぽい話が多くでてくるのと、1Qでそこまで読み違えることもないだろうっていう気もするから計画通りなのかなとも思える。2Q見ないとなんとも。

  • マーケットも良くないししばらく550円近辺でモミモミでしょう。
    お盆空けとか9月以降を楽しみに、短期的にはもし525円を下回ったら集めるくらいのスタンスでいきたいと思います。

  • ありゃりゃ。突発的な大型解約は仕方が無いですね。
    事業自体は順調だと思うのでこれからまたじわじわですね。

  • >>No. 148

    この銘柄によく空売りなんて入れる気になりますね笑。こんな中長期で一本調子で上がり続ける株に空売りとか正気の沙汰とは思えないです。

    順調な決算。短期的に調整はあるかもしれませんが、年度末5000円を目指す流れ。
    年間15~20%のEPS増→株価UPの流れはまだまだ続きそうです。

  • 550円はみんな一息つける株価ですね。
    ってことはやれやれ売りをこなすために少し調整が始まると思います。
    お盆明けくらいから600円を目指す相場がまたスタートするんじゃないでしょうか。

    ※私は中長期予想はガチガチに自信ありますが、短期は想像です(笑)

  • 補足。
    1Qを無事通過したので、レンジは400~600から425~625に移行。
    2Q発表までの525割れはしっかり買っていきたい。

  • 全く同感です。発表された6月の月次も良かったですね。
    123%成長が続いて、瞬間的な売上増加ではなく安定的に成長スピードを加速させていることが見て取れましたので大満足です。

  • サイボウズの株価は現時点でのチャート上のニュートラルな株価は400~600円のレンジです。
    このレンジはサイボウズ自体が年間20%成長しているので、ざっくり1年前は300~500円くらいのレンジでしたし、1年後には500~700円程度のレンジに、2年後には600~800円のレンジになると思います。

    新興IT領域全体の需給がこの1年程度は良い状態だったので、500~600円のレンジにいました。
    今その需給がニュートラル~弱含み(マザーズ指数を見るとあきらか)になってきているので、500円前後になっている状態だと判断しています。

    なので今の株価は安心な株価ですが、絶対に底値とは言い切れません。●●ショックがあれば400円程度まで一時的に下がることはあると思います。

    しかし●●ショックがあっても、1年後には500円には戻ります。(上述の通りレンジが切り上がるから)
    よって500円というのは安心して変える株価です。

    最低1年保有してみてください。以下の3つのストーリーを描いています。
    ①米国中間選挙が終わって米中貿易戦争が一服、リスクオンから新興IT領域の需給が改善=700円
    ②今くらいの需給=600円
    ③●●ショックが発生=一時400円を経由して500円のまま
    私はその中でも①のストーリーの確率が高いと思っていますので、この株価は強気で投資しています。

    こういう書き方をすると短期的な600円は売りですか?という質問が出ると思います。

    しかし私は600円は売りません。1年以内は確率は低いと思いますが、
    ④年末の大きなPR投資が無くなるor減る
    ⑤米国事業に成長ストーリーが見える
    というストーリーにシフトすると一気に1000円という可能性もあると思ってます。

    ここまで読んでいただくと、サイボウズがいかに良い投資対象かわかると思います。

  • まあ年始からマザーズが30%くらい下がってますからね。
    サイボウズはマザーズじゃないですが、要は小型新興グロース系のマーケットから資金が流出してる感じです。
    他の新興グロース系もだいたい20%~30%くらい下がってるところが多いので、サイボウズ固有の事象じゃないですよ。

    大丈夫です。伸びる会社の株価はリーマンショック級の暴落でも止められません。
    特にサイボウズは内需×BtoB×コストダウンのためのサービスなんで、不景気にも強いです。
    米中貿易戦争なんてなんの関係もありません。(今後の米国進出にはもしかしたら影響あるかもですが)

    ただ社長よ、PR投資はもうちょい控えてくれ。

  • まあ毎年のこのPR投資が本当に報われるのかはよくわからないです笑
    ただ割安なのと、極めて強いストック型のビジネスモデルなのは間違いないです。
    ①割安に対する見直しの買いが入る→1000円台へ
    ②入らない→毎年EPS増加に伴う20%の株価上昇+配当2%
    っていう感じで、僕は②でも構わないスタンスで長期投資です。

  • この投資を除けば実際のPERは20倍未満であり、年間20%成長している会社のPERは30~40倍程度のことが多いので、超割安です。

  • 初見の投資家にはぱっと見はそう見えて買い控えちゃうから株価があがらないんですね。
    四半期ごとの利益の推移を見るとこの会社が4QでどれだけPR投資してるかがよくわかると思います。
    ちなみに今期は1Qですでに年間の利益に到達しています。
    h ttps://cybozu.co.jp/company/ir/financial/pdf/180514.pdf

  • この価格帯のサイボウズは安心して買えるからついつい買い過ぎちゃいます。
    年末恒例の広告費バラマキがなければPER16倍の超割安銘柄。

  • >>No. 326

    短期で売買するのも否定はしませんが、南海トラフ巨大地震が30年以内に80%の確率で起こると言われています。
    明日かもしれないし30年後かもしれない。
    でもその時に日成ビルド工業が被災地に大きな貢献をし、ついでに投資家も報われる、そんな気持ちで私は長期投資です!

本文はここまでです このページの先頭へ