ここから本文です

投稿コメント一覧 (477コメント)

  • ここ実働日数11日間、陽線は2日のみ、9日間は
    一直線の下落相場という酷い有様。
    中期トレンドは下降が確定した24日は薄商いながら値幅整理の
    様相を強めた。
    米朝首脳会談中止報道、米国自動車関税一方的引上げ観測、安倍
    政権の加計学園問題の混迷と疑惑の加速。
    重なる国内外大問題に、25日は久しぶりの恐怖相場かも・・・
    取敢えず25日は概ね下落第一波の良い買い場なのかもね。
    UT、エンジャパンとは異業種の様なWDB、市場に見放される
    最大要因は収益力と今後の展開力の差を市場は評価している。

  • 筆頭株主は最強仕掛け人。
    ノムラPBノミニート・・・甘く見てはいけない。
    UTグループの昨年来動向を見なさい(ここは若干
    売り逃げたようだが)同列。

  • 相場の読めない御仁、遂にヒステリー症候群に・・・
    離れて見たら、一層崖っぷちが見える。
    人の意見が素直に見られない心の狭い人だ。

  • 愈々角番を迎えたWDB HD、今週このまま3300円
    近辺で週末相場を終えたら、本格的なデッドクロス
    を達成し、長期下降トレンドを更に続ける相場が
    確定しそうだ。
    大いなる反騰を期待はするが、現状の買い方不在で
    は如何ともしがたいようだ。
    他の人気銘柄で言えば、昨年来圧倒的人気を誇った
    ハーモニック・ドライブシステムが同じような経緯
    をたどり、予想外の長期下降相場を描いてきた。
    最近やっと底入れ感が出てきたが・・・
    この場合は、第三者割当公募増資の発表が切っ掛け
    になり、完全にトレンドが崩れた。
    WDB HDの切っ掛けは不明確だが、①先般発表
    し実行された自社株買が市場外取引で、市場経由
    ではなく、市場の需給に何も影響なし、また金庫株
    とし、株主還元策にならなかった失望感。
    ②今期業績見通しがごく平凡で、高株価を維持する
    だけのパワーを感じさせなかったこと。
    ③中計で現状の経営構造に対し、いささか経営に迷いが
    感じられること。

    この会社、敏腕なCFOをヘッドハンティングする
    必要がある。
    財務・実務現場・事業効果予測・事業戦略・市場
    との対話等多岐にわたるリーダーシップを発揮する
    ような敏腕な人材が必要だ、経営が素人すぎる。

  • 下げは大きく、スピーディー。
    上げは小さく、スローリー。
    デッドクロス直だから仕方がないしょぼい戻り足。
    デッドクロス回避の大幅戻しはあるやなしや・・
    誰も分からない、ただ一つ言えることは、此処の
    相場にはガッツがない、要は買いの主体がいない
    という事だろう。
    烏合の衆ではダメだ・・・

  • 案の定このざま、ボロボロじゃないか?
    特段の材料もなしに逆行下げ、最も不吉な動きではある。
    市場はあるポイントを見て、弱気に転じたようだ。
    ①連結決算31年3月予想でこの業界にしては、稀な地味
     予想を出した。
     この会社は堅実思考型なのか、保守的な予想が多いのは
     確かだだが、余りの地味さ加減で、経営の先行きに関し、
     この会社自体の人材派遣セクターにボトルネックが生じ
     始めているのではないかとの疑念。
     要は派遣要請、生産代行に人材不足が顕在化し始めた
     のではないか・・・との疑い。
     要は売る商品が品薄状態で業績の伸びが停滞すること。
    この疑念の裏打ちとして、会社四季報のコメント欄に・・
    ②人材派遣セクター偏重を是正する分野の強化が課題とある。
     儲かるセクターが強いうちに次のシーズを育てるという
     会社の意向ともとれるが・・
    市場の資金は警戒感心が極めて強い敏感な資金。
    会社が業績伸長に自信を弱めたと取られれば、見事に逃げますよ。
    自信満々ながら信用強化の「過度な保守的」なのか、先行き
    への自信剥落なのか、誰のも分からない、分からないリスクは
    とらないのが・・市場。

  • 人材紹介関連はHumanHD新規上場前後で大天井を打ったのかも・・・
    例外もあるが(弁護士コム等)ここはずっと評価されていたから
    例外の部類には入らないようだ。
    少しバブった株価動向だったが、日本の景気動向も千鳥足になり
    国会も、安倍政権も、財務省も経済問題そっちのけでモリカケの
    攻防に明け暮れ、野党は半月以上も職務放棄のただ飯喰い。
    これで日本経済の成長なんてあるわけないわな。
    実効性の伴った「働き改革」、利権塗れの「岩盤規制改革」、本来
    なら野党が声高に実現すべき問題なのに、今の野党の姿勢は
    誠に奇怪極まりない動き。
    前文科省次官前川氏は影の野党指南役みたいな者。
    ねじれ国会解消というが、審議内容が与野党ねじれ法案審議。

  • 東証第一部上場はやめた方がいいのでは・・・
    大阪北新地で居たら一流だが、東京銀座に出てきたら
    三流の評価になりますよ。

  • 兎に角この会社の業績見通し、予算策定など内部管理体制
    や予算統制はじめ経営判断に役立つ事務能力が皆無に近い。
    下方修正しても上方修正しても、その修正値が信用ならない。
    まして31年3月期見通しなど「カンピューター」頼りだわさ。

  • 一応コンセンサスに近い決算指標だ。
    コミットメントを期待値が相当上回っていた。
    既に期待値は織り込み済の感が強いようだ。
    また自社株取得も総額1,061百万円、上限株数
    は415,000株という事は、会社は上限株数を
    買切るには想定株価が2560円という事になる。
    平均取得価額3000円とすれば、353,000株しか
    取得できない。
    しかも取得期間が5月11日より8月にかけての
    かなり長期間を見込む。
    市場へのインパクトは小さいものになり、安い
    ゾーンが出現すれば時間をかけてちょびちょび買
    になるのだろう。
    30万株前後を3か月かけて取得することで株主還元
    とは、悠長な話。
    取得株式を消却することは歓迎だが、ますます市場
    での流動性欠如を促進する。
    発行済株数の1%に満たない株数の償却で一株指標
    が刮目に値するほど変化するわけでもないだろう。
    資本政策をしっかり練り直す必要があるのでは・・・

  • >461
    八つ当たりかい、余計なお世話、
    ポット出お子ちゃまが一丁前の講釈か。

  • はい、お子ちゃまは退散開始、フン!
    好決算なんて既に会社は予告済、相場は「知ったら終わり」。
    サプライズとは突如予想外の事態が起こるときのこと。
    分かっていることが出れば「材料出尽くし」という。
    再上方修正があれば話は異なる・・・
    世界の金利上昇傾向が強まる中、外部負債一存の個々の
    財務戦略は機関投資家の最も嫌う形。
    配当は一切行わず、利益剰余金ばかり積み上げ、過少
    自己資本で見せ掛け自己資本利益率をひけらかす
    素人騙し財務戦略はもう終わるべき、プロは見抜いている。
    自社株買が株主還元になるのは成長株相場の時。
    下降トレンドになれば、株主は、ただ無配株で評価損を
    膨らませるだけの話。
    自社株買→自己株消却を行わなけれな意味がない。

  • 少し上がるとお子ちゃまが大騒ぎを始める。
    嫌な感じ、大人買は入っていない、地場業者
    ディーリング売買と零細個人短期資金のつまみ喰い。
    25日移動が次の壁、一寸停滞すればお子ちゃま
    の戻り売りがすぐ出るさ。
    需給改善はさほど進んでいない。

  • 此処はお子ちゃまの遊び場みたいなとこだ。
    こんな幼稚な個人がワンサカぶら下がってる様じゃ
    相場も廃れるわけだ。
    3000円切れて引けたら、大天井後を打った相場終了
    銘柄だ、そんなもの買えるわけがないだろう、って
    事も分からないお子ちゃまたち。
    3000円割れの大引けが入れば、大勢下降トレンド決定。
    割れそうで割れなければ、大反騰相場。
    お子ちゃまは近ずくこと無用なのだ。

  • 外人資金が相当額東京市場から引き揚げられ、新規資金
    の市場流入が停滞している。
    個人資金は投資信託に流れ、個人のリスクマネーは新規公開
    株位にしか投下されない。
    その投資信託は、非常に慎重・警戒的で日本株買は手控え中。
    日銀の買いもほぼ停止状態で、資金が流出する一方。
    日本企業の業績は概ね好調ではあるが、市場への影響が考え
    られる要因は、ほぼ全てが米朝・米欧イラン・米欧ロシア
    経済問題は主に米中、しかも日本が何れも蚊帳の外状態にあり
    市場は主導権のない日本の市場の先行きは全く読めない、と
    言うか、波のまにまに漂い風の吹くままに煽られるストーリー
    のない浮遊状態。
    何処かが上がれば何処かが下がる、資金の移動で相場は漂っている。
    国会は子供じみたパフオーマンスに野党のメディアアピールを
    続け、審議は拒否。
    国民生活や日本の国際評価はそっちのけの国民からの信託を放棄状態野党。
    しかし、相場の歴史は、時間が長引こうが政治のトラブルは相場基調が
    大転換するような景気変動を伴わない限り・・買であることを物語る。
    NY市場にシンクロしない、為替円安にも反応薄、不気味な静けさだが、
    一触即発の雰囲気はムンムン。

  • 騰がらない理由の考えられる3要因
    ①個人信用買残株数が株価下落の割に減少せず、需給関係改善しない。

    ②野村PBノミニーズの保有株一部売却をタワー投資顧問が処理した
     が、その時タワーが自己アカウントで貸し株売りをかけ、株価が上昇
     し、更に難平貸し株売りを実行している可能性。
     過去数銘柄でタワーが貸し株売りを行った時の売買手法が極めて
     酷似している、兎に角しつこい事で定評。

    ③株主還元策が自社株買に限定されているが、大口保有株の買い取り
     等も含まれ、株価トレンドが上昇期でなければ実質株主還元策
    (キャピタルゲインの増加策)として 効果が具現しない傾向にある。
     本来株主還元自社株買は償却を伴わなくては意味がない。
     金庫株ないしは自社株消却を行わない限り、一株指標は変わらない。
     かなり見せかけの「自己資本利益率」の高さを会社はIR資料に掲載
     しているが、外部負債で自己資本不足を補い金利負担を意図して
     増加させ、発行株式に対する配当金を徹底して発生させないように
     仕組み、金利の損金算入で法人所得税を圧縮、配当金未支払いで
     利益剰余金の積み上げばかりに執着している経営。
     自己資本利益率の高さは、異常なまでの自己資本過少化に起因して
     おり、財務内容の不安定要因でもある。

    これらを超越した適正な利益高成長が更に今後維持継続できるか否か。

     この財務手法に機関投資家はやや疑問を持ちつつある。

  • ここは、零細個人投機資金が多い。
    信用買残株数が日々出来高に比較して多すぎる。
    一寸大幅に下落すると、追証対策売りが続出する。
    買の鉄則・・「投げ物には買い向かうな」即ち
    下で待っていれば売ってくる、高く買い向かう必要はなし。
    一方で、新興株の外人売りも出ている。
    ハーモニック、SHIFT、UT、エンジャパン・・・
    外人機関は、一部資金を成長銘柄投資からバリュー株へ
    資金を移動しているようだ。
    個人はバリュー株への移動は余り進まないだろう。
    日本郵船や平和不動産、神戸製鋼、何れ究極のバリュー
    株金融にも向かうかもしれないが、目先は地銀の再編
    問題等が存在し実現期待薄かも・・・
    今は内部要因をうんと整理しておくことだ。
    半導体関連全般には穿った弱気論もあるが、スマホだけが
    半導体繁忙のけん引力ではない。
    まだまだ、医療・自動車・精密工作機械・宇宙開発
    交通インフラ新システム・環境問題・・・半導体
    の開発・新需要分野は裾野が広く需要額は巨額だ。
    強気に構えて大吉だと思われる、自己判断で厳しく
    選択すべきカド番。

  • >171
    またまた逃げ損なった御仁の八つ当たりのようだ。
    俺は298円でさっさと逃げさせて貰ったよ。
    前回投稿時には、勿論保有していて書いたことさ。
    糞株投稿しているから保有していないと思うのは
    浅はかな勘違いというもの、持ってるからと言って
    ポジティヴな投稿ばかりをする輩はど素人というもの。
    相場の見識は常に是々非々で・・・・
    因みに売却した保有コストは1030円・・ここまで書くと
    嫌味かな?

  • 当面のカド番に到達が近くなった。
    好悪指標が混在しているが、売り方も買い方も勝算が見えない
    状態にある。
    最終的には、会社の業績見込みが相場の決着をつけることに・・
    自社株買による株主還元策は買い方に追い風、来期引き続き
    業績予想が好調なだけに、材料出尽くしとはなりそうにない。
    いずれにせよ高値挑戦、新高値指向は変わらないだろう。
    しっかり握っておくことだ。

  • ごみは塵、発注有れども対応できない能力不足企業なんて
    最低の会社。
    ハッタリ見せ掛けだけでは経営にならない、社長の能力が
    最低なのか。
    売るものが不足している会社が、成長するはずがないだろう。
    ただの投機相場でお仕舞。

本文はここまでです このページの先頭へ