ここから本文です

投稿コメント一覧 (527コメント)

  • >>779
    to Huuu
    Are you a south korean or noth korean?
    You equivalent personality is poorscheming.
    You are unneccessary person in this bulletin bord.
    What are merry because fell alittle market?

  • >>754
    god・・君、break とbrakの違いも分からない輩が掲示板
    に書き込むのは、かなり滑稽、笑止千万、恥ずかしい。
    人の中傷してる暇を知性を磨くことに仕使え。
    瓦礫は磨いても瓦礫だろうがな。
    程なく、頓死する運命だろう・・・

  • naice brake
    ここは、上昇トレンド維持。
    トレンド維持の途中の休息は、一泊二日か二泊三日。
    二泊三日が多いが、このリズムなら明日から再上昇パターン。
    4,400目指し、それから後は暴発か長期成長トレンドか
    はまだ見えない、が、・・・恐慌相場でもない限り多分
    後者だろう、そこは皆さまの洞察力の次第、Good luck!

  • >>797
    これは四季報の古い情報だ。
    この会社のIRは言葉に書けば如何にも先端技術の様な
    錯覚を招く、一般富裕層投資家には訳の分からぬ専門
    用語を使いまくり、買いたいとは全く思わないだろう。
    如何にも先端技術や先端製品を作り出したような話
    だが・・さっぱり収益化できない、道楽仕事やってんじゃ
    ね~よ!! と言いたい人がゴロゴロしている。
    文句を言う気力もうせて・・・やけくそ人が溢れてる。
    株集め大口機関も買い手が見つからず難儀するのかな。

  • 大成長株の出現、時代が求める企業群が突如表面化。
    トヨタが必至で依存するソフトバンクグループ。
    AI IoT クラウド ネットセキュリティー ・・・
    海外企業に伍してソフトバンクがここを中核企業に・・
    膨大な技術・ノウハウ・人材を得ながら大成長。
    まさに、第三次産業革命に旗手企業群なのだ。
    目先の投機で対処はご法度、今後株式分割・増配
    等を含めて逆算値・・・桁が変わる。

  • タワーの保有株は証券に信託なんてあるわけね~のだ。
    アセットマネージメントからの受託ではないぞ。
    アセットMは連続無配のこういう株は組み入れ出来ないのだあ。
    株集めの委託先がそのうち姿を現すのだろう、不気味。

  • ことの本質を外れた議論、馬鹿々々しい。
    net frontが儲かるか否か?
    そうではない、この会社の買い手から幾らの
    買収額が引き出せるのかだろう?そうだろう?
    ノムラノミニーズ、タワー投資顧問(受託株集め)
    がnet front目当てで株式集めてると思ってるのか?

  • >>515
    株主総会の賛成が得られるかな?
    特にノムラノミニーズ・タワー投資顧問(委託者)。
    この合計だけで間もなく特別決議可能な所有比率だが・・
    鍵はこの二社の株集めの意図が何かだろう、やはり
    投資ファンドが有力ではないかな。
    買収合戦になれば面白いが、それだけの買収価値が存在
    するか否かは金額による。

  • 人気離散が甚だしい、ストキャスト(スロー)見ると
    まさに死んだ相場の域。
    配当性向引上げだの増配だのと経営者はホザクが、
    それで一番金が懐に入るのは社長自身じゃないか。
    株主に託けて、自己利益の拡大策か・・・
    何しろ特定株比率が75%、浮動株5%強。
    身内ばかりで利益の山分けだあ~。
    そんなことより、上場指定替えを目指した高株価
    政策、株式分割、市場流動性強化が先だ。
    こんな流動性では機関投資家はそっぽ向いて見向き
    もしないよ、よく考えろ。
    市場対応の指南役の証券幹事会社が一社で、いまいちの
    證券会社だな、これでは歯車が止まるよ。

  • 一旦、跳ね上げかも・・・

  • M&A案件に仕立てていく狙いはほぼ見えてきたのかも。
    38%強でもなお買続けるTさんは自己資金での買いで
    はないと思われるが、黒幕は未だ姿を見せない。
    ここをM&Aで傘下に収める狙いはIoTはじめやはりIT
    の先端技術と豊富な自己資金。
    とすると、例の台湾某社、中国の某社、が有力なのか。
    少なくとも日本企業ではないように思われるが・・・
    デュデリジェンスによる買収価値にどのくらいの暖簾
    が乗っかれば適正価格か、競争原理を働かせば意外な
    一株価額が提示されるかも、という仮説。
    仮説は飽くまで仮説・・相場は相場に聞けか。

  • 事故は買。
    事件は売!
    ここは大事件、上場廃止が最高、最悪はお父さん。
    社長が全株買戻し上場廃止が良いが、社長が自己破産
    となれば、二次災害が起きる。
    やはり、真相究明はこれからだが、報道通りなら詐欺罪
    も視野に、組織ぐるみなら上場廃止は当然。
    上場企業は社会の公器、マイカンパニーではないのだ。

  • 糞会社を買って結果が糞・・・当たり前だ。
    糞は金に変わるわけない・・・当たり前だ。
    ただこの会社は身分不相応の金(カネ)を持っている。
    狙いはこの会社の事業ではない、カネなのだ。
    自己資本利益率を見たら、買収の価値はある。
    市場で一気に集めたら、集まった時には買収しても
    採算に合わない株価になる。
    だから・・だから・・落としたり戻したりさせながら
    ジワジワ集めるしかない。
    集め切った時に何が起きるか、よ~く考えてみよう。
    所詮こんなところを信用買などお門違いの頓珍漢。
    今は何も起きない方が良い、まだその時にあらず・・だ。

  • この会社が上場していることが不思議だが、何が
    最悪かという事を考えると・・・
    全く収益力が伴わない・営業力がほぼ皆無など勿論だ。
    しかし上場市場に参加する個人投資家は多いが、この会社が
    いったい何をしようとしているのか、何のために何をしている
    会社を買収しているのか、そうした結果この会社の将来像
    をどうしたいのか、理解できてる投資家はまず5%以下だろう。
    株価の動き、買い易い値ごろでポケットマネーでも手が届く
    気楽さについつい絆され、嵌り込むパターンが多いのだろう。
    よくわからない会社が、ややこしい買収を実行し、その結果
    どうなるのかも不透明なお遊び経営者、ここは買収案件に
    持ち込むべき会社だろうが、この収益力と、このニッチな
    技術力だけではなあ・・・誰が関心を持つ??

  • 来月は売り方同士の殴り合いとなるかも、そこを
    大口が味付けすれば・・・手が付けられない鑑賞用銘柄に・・

  • 9月20日自民総裁選終了後は新高値挑戦へ進む可能性大。
    と言う頃には、今までのホールダーはほぼ、ほぼ皆無に近い。
    相場は皮肉なもの、誰もいない頃に観賞用値嵩株に進むもの。
    誰もいないことが条件みたいなもの。

  • SoftBank Worldの孫正義、他内外の投資先CEO達の未来を語る
    講演を聞いてみるとよい。
    特に孫正義氏のAI×群戦略に関する基調講演は、まだまだこれから
    始まる第三次産業革命、社会変革の話とグループの目指す戦略の
    凄まじいスケールがよくわかる。
    やはり、此処はそのAI×群戦略の有力なグループ企業の一社。
    10兆円ファンドの投資先とこの戦略の有機的な仕組みが世界の
    産業構造、社会インフラの変革を主導すること間違いなしと思わ
    ざるを得ない。

  • ようやく正真正銘のゴールデンクロス達成。
    次のラリー開始は当然高値更新、ここは
    中長期保有向き銘柄、典型的成長株の代表。

  • >>264
    世界の金融市場を見なさすぎwww
    今やM&Aが金融市場のエネルギーなのだ。
    買い集め株価を抑えることはM&Aの案件
    を仕立てやすくし、利潤の拡大を図れるのだ。
    しっかり空売りしなさい。

  • 上昇トレンドはなお継続中だ。
    ここ一両日はナイスなスピード調整、市場は今や
    米中経済摩擦・トルコ金融危機のリスクなど外部
    要因は多いが、市場の資金は確実に投資セクター
    を変えつつある。
    生産資本財(ロボット関連や工作機械)、半導体
    からIoT、AI、フィンテック関連にシフトし始めている。
    成長未完分野は目先の波は荒いが、少しインターバル
    を引き延ばした相場視点が必要だ。
    第三次産業革命の本流はこれから更に高揚してくる。
    新技術は社会にとって①開発期②導入期③爛熟期④衰退期
    の段階を登っていく。
    こうした分野は未だ①から②へ移行しつつある黎明期だ。
    数多く想定外の株価成長を見せる分野だろう。
    そのうちプラチナ銘柄になる資質は十分のここ。

本文はここまでです このページの先頭へ