ここから本文です

投稿コメント一覧 (716コメント)

  • というか基本生出演の番組です

  • もしかしてペンタブやめちゃうかもしれないんですか?
    それは大転換ですね。ペンタブでも最上位の機種以外は切るのかな?

  • ここもしトランプ関税発動しても影響は軽微?
    なんせライバルも中華だったり、どーせ製造は中国だから条件は同じw
    ただ、より割高なものを避けるって心理は働くかもしれないのでそこは注意ですが
    決算は一応トランプ関税など悪材料をすべて織り込んだものではあるらしい

  • ではより簡潔に STR01:ステミラック注の亜急性期脊髄損傷を対象とした治験結果について
    ーーーー
    13例中12例がASIA機能障害尺度で1段階以上改善。改善割合は尺度B(2例)とC(5例)の患者は100%、Aの患者は6例中5例が改善し83.3%。しかし、治験症例が少ないことから、条件・期限付き承認となった。
    -------------------------
    これ以上詳しいデータを探せませんでした。より詳細なデータ、例えば論文などありましたら教えていただきたいです。
    1段階以上には2段階も含まれる可能性があるので、より詳細なデータを見てみたいのです。よろしくお願いします。

  • gonさま、返事をいただきありがとうございます!

    >話題に上がらないというのはちょっと違いまして、CD34陽性細胞の自家移植は結構前からやられていますし

    そうなんですね。

    >CD34陽性細胞は造血系細胞や内皮細胞の前駆細胞で、移植後生着することで効果を発揮します。ですので、今後も他家細胞に置き換えられる可能性はありません。

    これは大変為になる情報でした。つまり製薬化される可能性もかなり低いということですかね。
    >移植後生着することで効果を発揮します
    ということは癌化や腫瘍化の可能性もあるのでしょうか?自家だから関係ないでしょうか?

    >やっぱり一つだけでも長くなってしまいました笑。他割愛しますが、基本的には血管再生にフォーカスした治療法になるので、神経がやられてしまっている患者さんにSB623ほどの効果を出せるのかとか色々考えるところはありはします笑。

    いえいえ、私が理解できるかどうかは分かりませんがw、長くなってもいいので教えてください。暇な時にでも。

  • キャサさま、お答えいただきありがとうございます!
    >私見ですが、そもそも全く同じ患者を対象に検証しなければ効果の良し悪しは比較できませんし

    そうですね。中大動脈梗塞に絞っているところもなにかマジックがあるのかもしれません。
    アテローム梗塞というのは脳卒中の3割を占め、中大動脈梗塞というのは発症率が高いらしいので市場規模的には大きいのだとは思いますが。

    その他の点で言うと、病歴が6か月から5年までの患者に投与していること、mRSがサンバイオは平均3.02、
    中国医薬大学は2.9、NIHSSがそれぞれ9.3と9.44、ESSが69.3と58.44と似たような症状の患者を選んでいると言えるとは思います。サンバイオの患者の方が若干重症のようです。
    1年後改善値が中国医薬大学、サンバイオそれぞれ、mRSが0.8と変化無し、NIHSSが3.8と2、ESSが6.8と6.88と同じ評価項目で言うと中国医薬大学がサンバイオを上回っていると言って良いようです。

    >サンバイオの試験の主要評価項目はFMMSでその試験では評価していない?という観点からも比較が難しいですね

    サンバイオのphase1/2a試験ではFMMSは主要評価項目ではなく、いくつかの評価項目の結果を見てphase2bからFMMSを主要評価項目に決めたと理解しています。

    >また、いかに早く製品化して採用されるかが勝負です。最初に採用した薬剤はよっぽどのことがない限り変更はしないとMRの友人から聞いたことがあります。少しくらいメリットがあっても今まで使ってきて問題がないものは変えませんから、先行するメリットは相当大きいわけです。

    これは大変為になるお話でした。心強いです。まあ安全性や価格のメリットについては理解しているつもりです。
    安全性が確立していない治療法で、保険無しで何千万も払わないといけないとなると、よっぽどのお金持ちで
    賭けに出る人じゃないと受けないでしょうし。

  • gonさま、ここの識者の方々、話の繋がりがないところすいません。
    是非gonさまやここの識者の方々に聞いてみたいことがあります。質問してよろしいでしょうか?
    先日発表された論文を斜め読みしていると
    Intracerebral implantation of autologous peripheral blood stem cells in stroke patients: a randomized phase II study.
    以上の治験において、サンバイオを上回るほどの成果を出している事を知りました。
    投与後1年後に、mRSが約1ポイント、NIHSSが約4ポイント改善しています。サンバイオの倍くらいの効果を示していると言えると思います。

    autologous peripheral blood stem cells(CD34)
    autologous 自家
    peripheral blood 末梢血液
    stem cells 幹細胞
    middle cerebral artery infarction 中大動脈梗塞 アテローム梗塞?

    慢性期アテローム梗塞患者に自家末梢血幹細胞を投与すること、その効果や安全性などについて医学者としてどう考えますか?

    私が調べられることといったらググルことくらいですのでその程度の知識に基づく感想となりますが、
    あれほどの効果を出していながら研究が世界的に広がって無さそう、自家で高いと言っても数千万程度なら喜んで出す人は多いでしょうが治療が進んでなさそうであります。このような事を考え併せますと、なんらかの問題があるのかな?とも思うのですがどうなんでしょうか。
    clinicaltrialgovを見ると、急性期か慢性期の脳梗塞を対象にいくつかの機関が治験を行っているようです。
    その中心である中国医薬大学(台湾)が上記の治験を行ったのは2010年頃でそれ以外の治験は進んでいないか不明のようです。

    それとも自由診療では盛んに行われている療法なのでしょうか?

  • 目の治療、加齢黄斑変性でも?phase2から始められればいいなとずっと思ってるんですが
    ところで外傷性脳損傷はp2bではなくp2の筈です

  • 2018/11/24 16:43

    aliexpress アリババの海外サイトでmate 20x のm-penは57ドル 65ドル 60ドル 60ドル前後で売れてますね
    media pad のm-penこれはワコム製で確定は、おおむね50~60ドルくらいですね

    ちなみにchuwi のhipen h3は20ドルから30ドルくらいの価格帯ですね

    あとはhuaweiの発表を待つだけだけどsurfaceみたいに発表しないこともあるからね

  • >>No. 373

    >今回のペンが3000円とかなら、当確かと。
    中国のサイトではどこも5000円くらいでした
    item.jd.com/34956678684.html
    295元
    liaow.com/huawei-mate-20-x-m-pen.html
    米国ドルだと79ドルになってる

    reddit.com/r/stylus/wiki/index
    このまとめサイトではwacom aesと出てる

    surfaceproartist.com/blog/2016/8/16/ultimate-active-es-pen-compatibility-chart
    ワコムはメーカーに幅広く裁量を持たせてるらしく、aesペンでも使えたり使えなかったりするらしい。
    かりに他のワコムaesペン(m5proでさえ)使えないからといって、ワコム製じゃないと決めつけるのは早計らしい。
    reddit.com/r/stylus/comments/9y17s9/wacom_huawei_mpen_compatibility_of_m5_10_pro_and/
    m5proのペンは米国のサポートでは使える、ヨーロッパだと使えないとか解答がまちまちらしいですが、実際使ってみると使えいとの報告もあったらしい
    でも、もし別のメーカー、別の技術だったら使えないとはっきり言うのじゃないですかね

  • 単元未満株の取り扱いがある証券会社を利用すれば買えます。マネックスやSBIが有名ですね。
    場中で買えなかったりとか制限はあったと思いますが。

  • 買えない人は端株を買えばいい
    8000円か80000円から買えるんじゃない

  • 癌は誰もがなる可能性があり命にも関わる病気なので、それだけ需要が大きい、医薬品売り上げもきっと上位を占めるに違いないと思いこんでいました。癌をやっつける、売上も凄いってことでどうしてもそこに目が行ってました。

    たぶん、全市場で見ると最大規模になるんだと思いますが、癌と言っても疾患ごとに形態が異なったり、効果もまちまちなので、投与する薬もばらけてくるんでしょうね

    >クローン病、関節リウマチ、糖尿病性神経障害、視神経炎、多発性硬化症、クラッベ病等の

    2017年もっとも売れた薬の1位と3位がリウマチ薬です。上の2番目の関節リウマチ、ここにも俄然注目してしまいます。

  • 私素人なんでどうしても 癌治療薬って聞くと色めき立ってしまうんだけど、売れてる薬トップ10を調べたら1位はリウマチ薬なんですよね・・・

  • そもそもカルビーの元社長をはじめとして、ライザップに集まったプロ社長さん達は社長の人柄に惚れてしまったのですからね
    彼らが騙されたとは言うのは早計ですが、優秀な経営者達を惹きつける弁術やキャラクターなのだから、一般株主は何をか況やだと思います
    私は森さんの人柄についてことさら感じたことはないけど、エリートな経歴な割に腰が低い人だなと思います
    そしてその裏に強烈な意志を感じる
    ライザップの社長さんはたたき上げの人特有の魅力ですかね

  • 三菱モルガンは米国慢性期脳梗塞の成功確率を50%→60%と10%しかあげてませんから、phase2bの結果を待って成功確率をさらに上げる、目標株価も上げると言ってるようなもんですよ

  • 幹細胞の発見者や間葉系幹細胞の発見者がノーベル賞取れてないんで、どーでしょう

  • 2018/11/13 18:44

    Eaton Vance Worldwide Health Sciences Fund Buys Novartis AG, The Cooper Inc, Roche Holding AG, Sells Bayer AG, Shire PLC, Ligand Pharmaceuticals Inc

    アメリカのファンドが、サンバイオ株と参天製薬株に初参入し、6月から8月の間にこつこつ買い増しています。
    イートンバンスは50兆円もの資産運用を誇る会社で、イートンバンスワールドワイドヘルスサイエンスファンドの9月末の純資産は1200億円ほどです。米国のメガファーマ株を中心に運用していて、サンバイオと参天に初参入ばかりか、日本の製薬会社に初参入なのです。

    The purchase prices were between $2479 and $4120, with an estimated average price of $3022.15. The stock is now traded at around $3685.00
    ドル表示は円の間違いかも。
    6月から8月の間に、2479円から4120円の間で買って平均取得単価約3022円。4120円は8月31日の終値に一致。合計92,232株。

    参天製薬の方は1633円から2059円の間で買って平均取得単価1838円。1633円は8月16日の終値に一致。合計41948株。

    それぞれ約2億8千万円、約7億7千万と金額は小さいですが、日本には武田薬品、小野薬品、エーザイ、塩野義製薬等々話題性のある製薬メーカーがいくつもあるにも関わらず、なぜサンバイオと参天製薬なのか。

    6月から8月の間に買いまくり、辻村氏の参天製薬米国子会社社長退任発表が9月13日で、10月1日づけでSanbio,inc CEO就任。
    ファンドが何か掴んでいたのではないかと妄想してしまいます。
    辻村氏がサンバイオに移ったのはSB623加齢黄斑変性ドライ型の参天製薬導出に絡んだものではないでしょうか?
    加齢黄斑変性ウエット型についてはドイツのバイエル社のアイリーアを販売しててドライ型を次のターゲットにしている筈です。

  • カブドットコム証券の一般信用(売短®)は、返済期限が最長で13日間。一般信用(長期)で売建できなかった銘柄にも取引のチャンスが広がります。

    種類 融資銘柄 銘柄コード 銘柄名称
    売短  ○    4592  サンバイオ

    信用のことは良く知らないが、これ?

  • 1年半後に1500円台では欲が小さすぎると思いますw

本文はここまでです このページの先頭へ