ここから本文です

投稿コメント一覧 (2690コメント)

  • 25日まで あと3日・・・。

  • >>No. 563

    この優待券は、譲渡自由であり換金できるわけですから
    ゴルフで利用しない方は、ネットや金券ショップで換金されたら良いことです。

    それなりに、配当金とは別の上乗せ収入になります。

  • >>No. 76

    > 私も同じことを考えました(笑)
    >
    > 金融機関が1678円で買って、1680円でNTTに売る。
    > そうすれば半年弱で、0・1%の利益。 ※手数料はかからない
    >
    > 日本国債よりはマシである…

    半年弱・・ですか??
    締め切りは、来月ですよね、わかってますよね??

  • >>No. 785

    すでに株主代表訴訟が提訴され、司法の場で裁かれることになっている。
    そんなことも知らずに、この板に投稿しているのか・・・。

    念のために書いておくが、
    仮に、その訴訟で勝訴しても、賠償金は会社に入るだけで
    ホルダーに配られるわけではない。

    まあ、多分、結局、判決ではなく和解・・という事になるのかなあ・・と思うけれど。

  • >>No. 560

    この世界は、自己判断・自己責任ですから、
    自由に考えて、自分のスタイル(投資目的・考え方)に合う行動をされたら良いと思います。

    平和の事業は、
    薄利多売のゴルフ場事業と、
    業績の波の激しい反面、利幅の大きな遊戯機器事業で構成されていて
    ソーラー発電などの売電事業も少しあり・・という所でしょう。

    ゴルフをやっていて、優待目的での投資行動なら、
    400株100万円が一つの大きな目安でしょう・・・。
    (私は、株価@2500円を目安にしていますが、
      プラスマイナス10%程度の幅は、当然の変動範囲です。
     株の世界ですから、当然、一時的に上下に外れることもあるわけですが・・・)

    400株までは、比例して優待券と配当金が貰えますが、
    400株を超えても、優待券は400株止まりです。
    ですから、個人で一番投資効率が良いのは400株保有でしょう・・・。

    まあ、自分で納得できる投資行動をお勧めします。

  • >>No. 558

    今さらながら・・・の投稿ですが、
    貴方の投稿の
    >>PGMの株主優待券は来年から「1回の来場につき・・・
    上記の部分に説明不足があるので念のため、訂正投稿しておきます。

    現在流通している株主優待券は、その有効期限内は、今まで通り利用できます。
    来年6月末までの優待券は、一人で同時に複数の利用もOKです。

    優待券の取り扱いが変わるのは、今年度からではありますが、
    暦のベースで説明すると、今年9月末の権利確定分(12月中頃に郵送されている分)からであり、
    来年1月から利用開始となるものからです。
    この件では、今までに、何度も書いていますが、
    来年1月から6月末までは、新旧の優待制度の優待券が混在することになります。
    それぞれの優待券の裏面に記載された通りの取り扱いがされます。
    なお、新旧の優待券は同時に利用できないので、
    旧の(現在流通中の)優待券のみ、同時に複数利用できます。

    エントリーする際に、慣れるまで使い勝手が悪くなったと感じる方もあるでしょうけれど
    逆に、優待券の割引適用範囲が、売店や食事代まで含めた料金のすべてが対象になるので
    私のような低料金のゴルフ場を愛用しているゴルファーには、
    いつでも常に、3500円満額の割引が受けられるので、有難い変更になります。
    (今まで、真夏や真冬で、特に格安料金の時には、
      3500円の割引券でも3294円までしか割引されない・・・、そういう事がありました。)

  • まず、とりあえず、

    10月11日の30円の窓を早く閉めてもらいたいが・・・。

  • >>No. 277

    >>15年のチャイナショックは、5000ポイントから25000ポイント迄さげた
    >>急落だったが、今回は3000ポイントから25000ポイント割れだ。

    数字の桁を よく見なおしてほしい。
    言葉の勢いだけでは、人には伝わらない。

  • >>No. 259

    そのレーティングを出したところに聞いてください。

  • そろそろ カラ売り族のバカ騒ぎも止めたらどうかな・・・。

    詐欺の被害を受けたことは汚点ではあるけれど、
    組織としてカバーして、特損も処理済みであり、ホルダーに迷惑かけることもないだろう。

    経営陣の不手際については、株主代表訴訟が始まっており
    いずれ、法廷の場で明らかにされるだろう。

    私は、天災地変の多い日本では
    セキスイの堅牢な家・・・これが必須だと思っている。

    願わくば、もう少し安い価格で提供してもらえれば有難いのだが・・・。

  • >>No. 257

    今回のTOBの申し込み締め切りは、17日で
    18日が約定日になるようですから、

    18日に740円で買い入れした分は、平均取得単価に反映されるのではないでしょうか?
    つまり、それだけ平均取得単価が上がり、
    TOBに応じたことによる益出しを抑えられる(税金を減らせる)・・・

    機関にとっては、簿価が上がることは必ずしも悪い事ではありません、
    個人とは感覚・発想が違うものと思います。

  • 今の業績は、配当金には反映されるかもしれないけれど、株価には直接の関係は無い。

    株価は、あくまでも需給で決まるもの。

    売り板が多ければ下がるし
    買い板が多ければ上がるもの・・・。

    間違ってはいけないのは、
    人数ではなく、あくまでも板数のこと。

    やはり、大口の機関がどう動くのか・・・
    それが問題です。

  • >>No. 220

    理由は明確。

    売り板が多いから・・・・。

  • >>No. 248

    私が思うに・・・、

    TOBで、780円で買取された株を
    今後も持ち続けたいので、買い戻しされたのでしょう・・・。
    それならば、740円でも高い買い値ではないでしょう。

  • >>No. 246

    自己レスです。

    既に、HPに発表されていましたね。

    約59%の買取で、TOBは終わりですね。

  • >>No. 710

    > 55億は既に経常済みだとおもいますが
    > そのなかでも増配されてる現状でし

    そういう事ですね。

    犯人から回収することは、まず無理でしょうけれど、

    別に、個人株主が起こした株主代表訴訟で経営者側の責任が明確になれば
    補償金が入ってきて、特別利益の計上になるかもしれませんが・・・。

  • 10時10分頃と1時35分頃に、1万株単位の買いが入っていますね。
    なぜなんでしょうね???

    TOBへの応募が少なければ、
    応募された株は全株買い取りされたうえで、
    足らない分を追加で(さらに高値で)買い取りするそうですから・・・
    もしかしたら、TOBの応募が、買取数に届かなかったのかも???

    まあ、個人が想像できることは、この程度です。

  • >>No. 244

    16時頃には、TOBの応募結果の発表があるでしょう。

    もうすぐですから、一般個人は、待つ以外にないですね。

    もし、インサイダーで情報が洩れているのなら犯罪ですが、
    いつの時代にも、フライングする方が出てくるものですし、
    それが、相場師かもしれませんが・・・。

  • 私は、NISA分を除き、特定口座分は、全株応募しました。

    腹積もりでは、半分程度は買い取りされるものと考えている。
    戻された分は、すぐに動かずに、市場の動向を見守るつもりです。

    売却代金の次の運用先を考えねばならないので、
    一時的な急落場面があれば、買い増しも良し・・です。

    ここは、配当も良く、安心して長期保有も考えております。

    TOB結果判明まで、あと、24時間ですね。

  • >>No. 634

    刑事訴訟法 第255条では、
    「犯人が国外にいる場合又は犯人が逃げ隠れているため有効に起訴状の謄本の送達若しくは略式命令の告知ができなかつた場合には、時効は、その国外にいる期間又は逃げ隠れている期間その進行を停止する」となっています。

    民事については、海外にいても、時効の中断は無いようですが・・・。

本文はここまでです このページの先頭へ