ここから本文です

投稿コメント一覧 (25コメント)

  • 日本の代表企業ってなんでこういうのばっかなんだ?

    しかもどうしてこういうのが上場してるんだろ?

    だから嫌になるよ。

  • >>No. 184

    毎年、「分母」が減っていく中ではどうでしょうか。

    中小の病院は減る(医師がいなくなる)一方で、都市部の大病院に集約されていっているようですが。

    さらに小さな町のクリニックでは、電子カルテへの費用や労力の負担が大きすぎるでしょうし・・・

  • ついに最終日。

    自社株買いのサポートが終わった時点でどうなることやら。

  • どこかの大口が見切り付けたのでしょうか。

    今週で自社株買いが「可能」な期間が終わります。

    わずか1Qの間に一年分の利益を吹っ飛び、また次の四半期に戻ったりする「体質」です。

    その理由として―

    1.市場の成長が止まる一方で競合他社が増え価格競争が始まっている。

    2.なので売れば売るほど費用がかさむ体質に陥っている。

    これらについて株主様に丁寧に説明することが第一。

    そしてそれが合理的なものでない限りは下値模索が続くでしょうか。

    PER一けた台が妥当ではないかと思えてきました。

  • それだけの資金でそれだけの株数を「買い得る」です!

    急落時の株価下支え以外、自社株買いは終わったと見てます。それどころか、ここ自体終わった可能性があると見ています。

    国内の電子カルテ事業は、特に中小規模では頭打ちということはないでしょうか?

    普及率から見れば、まだ導入増の余地があるように見えますが、実はそこがキャッチで、この先も全国(大都市以外)で人口減、過疎化、景気低迷が進むなか、どれだけの中小病院が生き残っていけるでしょうか。高額の電子カルテを導入しまで、それに勝ち残っていく気概のある中小の病院は、今の時代すでに導入済みだと思います。

    ソフトウエア関連も普及すればするほど価格が下がるもので、いずれは広告収入目当ての無料版(または超低価格で)の提供も出てくるかもしれません。ウェアラブル等の普及もあり、本格的な健康診断が普及すれするほど身近なものになり、マイクロソフトやグーグルなどが低価格で参入してくるかもしれません。3Qの収益喪失発表は説明がないだけに、このようなことの序章であると考えています。

    現状でさえ、これだけ競争相手が増えてしまった電子カルテ業界ですので、ここからは淘汰の波にが押し寄せるでしょう。出来高を見ても明らかな通り、今では個人が気まぐれで売買しているだけで、このままいけば上場廃止も選択肢ではないでしょうか。

    最後に、ここは自社株買いの一週間前から、出来高が倍増して株価が上がっていました。我々はこの事実や、喪失したはずの利益が突然どのように戻ったのかなど、もっと注視すべきではないでしょうか。

  • >>No. 96

    結構マジメなフリだけかもしれないと考え始めています

    私は3Qのときの詳細な説明のない「利益消失」に非常にショックを受けました

    そのわずか数ヵ月後に利益が戻ったといい、同時に自社株買いを発表して株価は回復、そしてさらに上昇

    見込んでいた利益の9割がなくなり、それが直ぐに回復にいたった過程は一切不明です

  • ここのところしっかりした上げ、と言うよりは異様な急上昇が続いていますが決算期待でしょうかね 自社株買い期待とか


  • 皆さんは安いところで買い増せたでしょうか まだ下があるかもしれませんが、ゆっくりと株式投資するのなら、今日の安値での買いはありだったと思います 

    ただ、下方修正のIRには正直驚愕です 通期で10%程度の売上減予想にもかかわらず、「利益の大半が喪失」とのこと 一体どこへ行ってしまったのでしょう? これが公益法人であったら、場合によってはメディアに突っつかれていたかもしれませんが、民間の「天下り」企業とのことでおとがめなしでしょうか 

    私はこの利益がどこへ行ってしまったのか、上場企業として、株主に対する説明が不十分であると考えています 場合によっては東証や、関係各省庁に尋ねてみようと思っています

    公表された範囲では、固定費等の増加により利益のほとんどが消失するとしています 数字による中身の説明は一切ありません よって見方を変えれば、CEHDの収益構造に疑義が生じ、ビジネスモデルが破綻に向かっていると表明しているようにも聞こえます 

    さらに、今後の収益向上への説明としては、やはり数値、具体的な収益構造の公表はなく、「努力や改革」によって頑張るとのことです これではなおさら不透明感が漂います 

    で、ありながらも、中期目標は据え置くとしていて、ここもあまり納得がいきません 単に「株価維持を狙ったもの」とも取れなくもありませんし、この目標は半ば「打ち上げ花火」化してしまったようにも見えます ぜひとも、今回の「利益消滅」を踏まえ、どのようにわずか2年強で時価総額が3倍になるのか、上場企業としてわかりやすい説明をお願いしたいところです

    やはりもっともっと投資家目線で、「辻褄の合う」説明がない限り、我々としてはにわかには納得のいかない下方修正だったのではないでしょうか 他社と違って、「飾りもなえればウソもない」とは感じています しかし今の時代、それだけでは上場企業としての資質は保てません ましてや日本を代表する東証一部企業において

  • まるでヘッジファンドマネージャー、すべて想定通り、何でもお見通し、自分は大成功を収めているがの如く。自国の政治すら知らないのに、自国の何倍もの長い歴史がある周辺国についてあたかもすべて知っているかの如く語る「オトナ」たち。掲示板は日本社会の縮図か。皆さんの成功を祈っています。

  • 「新規銘柄仕込み開始」も「ここ以外全ての清算」=「一本化」も、全てあなたの自由です、ハイ。

    まぁ、せいぜい頑張りましょう!

  • 私は全く逆。ここ買い増し+他からの乗り換え。頑張りましょう。

  • 戻ってまいりました。

    今も予定数の四割をホールドのまま。
    本日中に五割まで買い戻し。
    明日以降、下がれば一割ずつ買い戻し。

    今は千円割れを狙わず。

  • でもそう長くは続かないと読む。

    よって「大局の売り基調」継続と再設定。
    場合によっては手仕舞いも。

    追って報告。

  • 中長期狙いの買い増し賛成!

  • この「弱い」上げ、どうも腑に落ちない。
    明日も上がるかもしれませんが、確実なところで金曜日買った分を一部リカク。
    当初設定の4割強を維持。

    後出しジャンケンはしません。

  • 良くも良過ぎず。
    Dow、ドル円、ともに上昇中。

  • でもこない可能性もあるので、痺れを切らし先ほど一部買い戻し。
    今日中に下値を切り下げればもう少しだけ買います。

  • 未だ1,000円割れ待ち。

    しかしここまで日経も下がっているので今週、または来週辺り、一部買い戻しを予定。

    その時点でまた書き込みます。

  • 私もほぼ同じ考えでおります。現在の相場を考えた上での株価視点もほぼ同じです。

    ただ私は、CEHのような売買代金の少ない銘柄に腰を入れて投資するには、長期保有が基本です。その中で、今回のように「急上昇することがあれば一部(半分まで)利益確定、目標値まで下がれば買い戻し」を繰返しています。

    当然、長期保有は、健全な財務状況を維持すること、子会社等への利益横流しに該当する行為がないこと、成長工程を示さない増資をしないことなどが大前提です。

    先日の日経急落以降、アベノミクスの信頼度が試される時期に入ったと考えており、言われるように今は乱高下が続く相場なのだと思います。よって売買代金の少ないCEHは1,000円割れもありえると思います。もっともこれはアベノミクスの信頼度が試されながらも、信頼され続けることが前提です。

    ここの役員、影響力のある株主への信用を見たうえで、いずれ投資額を増やせる機会が来ることを願っています。

本文はここまでです このページの先頭へ