ここから本文です

投稿コメント一覧 (281コメント)

  • >>No. 1631294

    何の為に ファームで調整させたのか ?

    まるで ジャイアンツと打撃投手契約でもしたのか ?

    懲りない タイガースベンチ。 

    申告敬遠ならぬ 申告ペナント放棄でもしたら ?

  • 我がタイガースは もはやペナントレースを諦めたか ?

    これほど 見ていてイラつくゲームもあまりないような気がする。

    小野なんか 一軍レベルから ほど遠いだろう。

  • いずれも レベルの低い、5、6位の争い 見ていて疲れるわ

  • >>No. 444450

    同感です !

    今、全国の小学生の間では クレヨンしんちゃんごっこならぬ 安倍しんちゃんごっこ

    (平気でウソをつく、言い訳をする、責任逃れする、責任を押し付ける、証拠を隠す)

    なるゲームが大流行しているらしい。

    最早、諌める者や、たしなめる者も誰ひとりとしていなく、好き放題、やりたい放題で

    政治を「私物化」し、ネポティズム(縁故主義)に基づく、身内優遇政治を見直そうと

    もしない独裁者 「安倍晋三」。

  • >>No. 440040

    同感 !

    自ら 拡げた「傷口」も 塗り重ねた「大嘘」と言う「瘡蓋(かさぶた)」
    が分厚過ぎて もはや「膿」 すら出ないのだろう。

    国民の神経を「逆なで」しながら 相も変わらず失言や妄言を吐き続ける
    政権 NO2もしかり この「ツートップ」だけは日を追うごとに「人相」
    も醜悪さが目立ち 顔を見ているだけで「虫酸(むしず)」が走り一日中
    こちらの「気分」まで悪くなる。

  • >>No. 435097

    同感 !

    避難轟々の中でも 相も変わらず 「傲慢発言」を繰り返す 政権NO2

    トップもトップなら 次に続くNO2もこの「酷さ」こんな人間が「国家財政」

    を司る「罪務省」の責任者であるらしい。

    一国の「政治の質(レベル)」は一国の「国民の質(レベル)」でもある。
                         
                          By サミュエル・スマイルズ

  • 今や 政界の「伏魔殿」と化した「内閣府」総理官邸。 伏魔殿という
    言葉を辞書で調べれば「見かけとは裏腹に影で陰謀、悪事などが絶えず
    企まれているところ」とある。

    伏魔殿の主がいくら「バカ殿」でも しっかりした「賢臣」ついていれば
    まだしも 取り巻く「御付」も権力におもねる「愚者」たちばかりだから
    救いようがない。

    時代錯誤の「歴史修正主義」をふりかざし、ネポティズム(縁故主義)に
    よる「暴政」を推し進めようとする「安倍独裁政権」。

    数知れず重ねてきた「内政」「外交」の失敗を何ひとつ まともな「検証」
    などしようともせず 只々 政権の「延命」だけを目論む「姑息」な人間。

    そんな「バカ殿」は「バカ家老」ともども 一刻も早く退陣させねばならない。

  • >>No. 427954

    全く 同感 !

    相も変わらず「虚言」を吐き続け 居座り続けようとする「傲慢政権」。
    反省のポーズだけなら猿でもできるし、謝って済むなら警察(司法)は要らない。

    幼児に朝から「教育勅語」暗唱させるような 時代錯誤も甚だしい「極右思想」
    に染まった 大阪の「強欲夫婦」が居て 「虎の威を借り」 国有資産を「タダ同然」
    で手に入れようと仕組んだ「芝居」にまんまと引っかかったのが「事の顛末」ではないのか」?

    民主政治が「崩壊」し、これ以上、権力の横暴を許せばこの国の未来は「消滅」する。

    「一国の政治のレベル(質)」は「一国の国民のレベル(質)」である」
                                 By サミュエル・スマイルズ

    一刻も早く 我々は、こんな「デタラメ」な欺瞞的政権に「NO」を突き付けなければ
                           世界から「笑われ者」になるだけだろう。

  • >>No. 426424

    全く 同感!

    第1次政権末期から 自ら掘った「墓穴」の数は数知れず しかし一向に
    その「墓穴」に入ろうともしない どこかの国の「総理大臣」。

    誰か「道ずれ」でも居ないと とても一人では入ることができないのだろう。

    しかし 回りを見渡せば いくらでも同じ穴の「ムジナ」がいるだろう。
    手始めに同じ「政権仲間」である「NO2」の太郎君あたりがいいんじゃないかな?

    「墓穴」に入る前には お願いだから 見せかけだけの「ブルーリボンバッジ」
    だけは外してから入ってもらいたいものだ

  • >>No. 422881

    同感 !

    平然と「ウソ」を吐き続ける人間が政権トップに居座り続け、片や常に上から目線
    でしかものが言えず、国民の神経を「逆なで」してまで「失言」「妄言」を繰り返す
    傲慢極まりない「ヒョットコ大臣」。 今頃「G20」に行ったところで「日本の恥」
    を晒しにいくようなものではないか?

    とにかく「デタラメ政権」の馬鹿な「ツートップ」の顔を見ているだけで全身に「虫酸」
    が走る。

  • >>No. 418166

    久しぶりの投稿ですが 全くの同感 !

    自らの疚しさを その権力を利用して隠し通そうとする「作為」の
    一つ一つが安倍晋三という男の貧しい「精神性」そのものではないか?

    今や 腐りきって異臭漂う「デタラメ内閣」と「永田町2丁目3-1」

    もはや どうあがいても「終わり」だろう  自身の「後半生」を
    少しでも考えるならば 一日でも早く 「退場」すべきだろう

    「ネポティズム」(縁故主義)に侵された政治の行きつく先は「崩壊」
    しかなく「自業自得」という言葉はこのためにあるのだろう。

  • >>No. 317443

    同感 !

    「自ら問題やもめ事を起こしておいてから収集を持ちかけ利益を得る事」
    「マッチポンプ」という言葉を辞書で引いたらそう書いてある。

    今回の国会冒頭解散「茶番劇」などその典型的な例だろう。 総選挙に
    掛かる費用 600億円超も全て国民の税金ではないか? しかも理由を
    聞かれて名づけた名前が「国難突破解散」というから噴飯ものである。

    敢えて名づけるなら「僕難隠蔽解散」であるというのがその「本音」だろう。

    安倍、小池、前原(長島、松原、渡辺、松野ら旧民進組)も もとを辿れば
    その源流は「日本会議国会議員懇談会」のメンバーであるという「水源」に
    行きつく。今、 流れる「川」の名前は違っていても いずれどこかの地点
    で合流することは想像に難くはない。

    北の脅威もさることながら 今や我が国にとっての本当の「国難」とは安倍
    が居座り続ける「独裁政権」そのものではないのか?

    一国の「政治の質(レベル)」は一国の「国民の質」である。

                            サミュエル・スマイルズ

  • >>No. 309682

    同感 !

    「希望の党」 一見、対決、対立の構図を装ってはいるが元をただせば
    安倍晋三、小池百合子はともに「同じ穴の貉」同士じゃないか?

    人が暗闇で道に迷ったときにどこかから「人の声」がするからその「方角」
    に歩いていけば 又別の「方角」から同じような「人の声」がする。
    いつかは正しい道に戻れると思って一晩中、声のする方に歩き続けるがいつまで
    経っても正しい道には戻れず、気が付けば夜が明け 元居た場所に戻っていた。
    という狸が人間を騙すという昔からよく言われる話。

    要するに今回の「政変劇」はタヌキ同士が、同じ穴の中で繰り広げる「権力争い」
    に他ならず、国民の暮らしを良くする「政治」の話ではない。

    権力の座に居座り続け、「総理」のままで居続けたい「古タヌキ」と安倍を追い出し
    わが国初の「女性総理」の座を手にしたい「メスタヌキ」の醜い争いではないか?

  • 豊田 真由子! 
    この女、一体何の為にシャシャリ出てきたのか? 
    日本語には「恥の上塗り」という言葉があることを知らないらしい。

    問題は3か月もの間 議員報酬を得ていながら 「病院」とやらに
    雲隠れしていただけの話ではないのか?

  • >>No. 276283

    仰る通り !

    世襲バカの見本のような二人が政権トップとNO2に居座り続ける自称「先進国」。

  • 沈みゆくドロ舟「安倍丸」の上でバカ船長が 最後の「あがき」か何か
    しきりに叫んでいるが 何を言っているのかよく聞き取れない。「反省」
    とか「立て直し」とか言っているような気もするが「台風」が近づいて
    いてよく聞き取れない。

    そんな「ドロ舟」でも乗っていたがる「狸」が多いのには 今更ながら
    呆れるばかりである。まさか「カチカチ山」じゃなかった「云々(デン
    デン山」のタヌキじゃあるまいし。

  • 「バカ殿」がそのまま居座り続け、口では「擁護」しているが「面従腹背」の
    悪徳官房代官や「我々は料金を払って新聞を購読している」などと恐喝まがい
    の恫喝を繰り返し、まるで国民が「税金」を払っていないかのような「暴言」
    を平然とのたまう懲りない「ヨタヨタ幹事長」。

    批判を受けながら最後まで「シラ」を切り通し、ついに「国税庁長官」の座を
    射止めた「我らが佐川元理財局長」まるで「忖度役人」の見本のような男では
    ないか?

    一方、国会審議では椅子に足を投げ出し、寝ているか起きていても「ニタニタ
    笑い」しかできず、発言刺せば「アホな発言」しかできないような「呆言大臣」。

    その他、筆頭茶坊主の「萩生田光一」をはじめ、数え挙げればきりががない
    「デタラメ政権」の懲りない面々。

    「謙虚さ」など皆目、どこを見ても見当たらない、「疑惑隠し」と「政権延命」
    の為の「偽装内閣」。

    多少、「顔ぶれ」など代えたところで、支持率など回復するわけがないだろう。

  • >>No. 267947

    同感 !

    顔ぶれさえ変えれば まだ「支持率」が回復できると考えるその「無神経ぶり」
    に いい加減 国民が「辟易」「ウンザリ」しているのがまだ分からないらしい。

  • 稀代の「バカ殿」同様、「バカ」を露呈しつづけた挙句、あの「宗主国」も
    ついに「堪忍袋」の緒が切れたのか やっと「頭空っぽ大臣」の「更迭」を
    決めたようだ。

    まるで「国民」に「喧嘩」でも売っているかのような「離任式」での異常な
    「ハシャギぶり」は一体、何なのか?

    この「勘違い女」がまず、やるべきは「国民に対する謝罪」と「説明責任」
    を果たすことが先だろう。

    見ているだけで 怒りが込み上げてくるあの「ふてぶてしい態度」、南スー
    ダンや国内の「災害現場」で日夜、奮闘している現場の自衛隊員の皆さんも
    この厄介者がいなくなりホッとしているのではないか?

    大臣辞任なんかともかく、議員辞職が「常識」だろう。 もう二度と「政界」
    には戻ってこなくてもいいから。

  • >>No. 265443

    全くの同感 !

    稲田 朋美 こんな「鉄面皮」でふてぶてしい人間を よくもまあ 今まで
    のさばらせて 居たもんだ。

    国会答弁などで見せた 一見、弱々しそうな表情などに決して騙されてはいけない。

    戦争が起きても わが「息子」だけは絶対、戦場に行かせたくないと「公言」する
    ような稲田「元防衛大臣」。 一体、「任命責任者」は どこの誰だ ?

    辞任会見での「空(くう)」などという発言は どうせ私の頭の中身は「空(から)」
    要するに「からっぽ」ですと言ってると同じだろう。

本文はここまでです このページの先頭へ