ここから本文です

投稿コメント一覧 (5839コメント)

  • 任天堂が買い先行、みずほ証は目標株価4万4000円に引き上げ―「スイッチ相場」はまだ序盤

    任天堂 <7974> が買い先行、一時420円高の3万4370円まで買われている。みずほ証券は29日付で目標株価を4万円から4万4000円に引き上げた。投資判断は「買い」継続。


     株価は順調に上昇中で「ポケモンGO相場」の高値3万2700円を通過したが、「スイッチ相場」は始まったばかりと指摘。例えば、米国小売店の決算でのスイッチの好販売の確認やカプコン <9697> の「モンハンXX」のスイッチへの移植発表などの新情報による5月26日の株価反応のように、「まだ買えない理由」が解消されていくだけでも株価上昇が続いていくとする。

  • VR空間の分身で表情再現 コロプラ
    2017/5/29 15:09
     コロプラは29日、仮想空間に表示するアバター(分身)に体験者の表情を反映させるVR(仮想現実)システムを開発したと発表した。VR機器に特殊なカメラを取り付け、目線や顔の表情を補足。瞬時にアバターに反映して、仮想空間でも臨場感のあるコミュニケーションができる。新システムの事業化に向け、協業先を模索する。
     VR事業の子会社360Channel(サンロクマルチャンネル、東京・渋谷)が開発した。会話中にアバターの口が動いたり、笑顔になったりするため、まるで現実世界で会っているかのように感じる。VRは次世代のコミュニケーションツールになるとの見方もあるが、顔の表情まで再現できる技術はこれまでなかった。
     VRベンチャーのFOVE(東京・港)がつくる視線検知ができるVR機器と、米バイナリーVRが手がける口などの動きを検知するカメラとで表情を認識する。取得したデータをルーマニアのホロテックスタジオが持つ技術でアバターに反映し、コロプラの通信技術で最大3人の体験者が仮想空間で対話できるようにした。

    視線や顔の動きを追跡し、人のリアルな表情を”アバター“へ瞬時に反映させる新たなVRコミュニケーションシステム『FACE』を開発!
    h ttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000020337.html

  • そーせいのウルシーの優位性( ^-^)

    大日本住友が午後一段安 米国で肺疾患治療薬が承認されず

    (14時15分、コード4506)3営業日ぶりに反落している。午後に前週末比62円(3.6%)安の1682円まで下落した。慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬の新薬承認申請について、米子会社サノビオンが米食品医薬品局(FDA)から「現時点では承認できない」との審査結果通知を受領したと26日に発表し、嫌気した売りが出た。
     サノビオンはCOPD治療の新薬候補「SUN-101」の承認を申請していた。承認のための追加臨床試験の実施は求められておらず、今後は承認に向けサノビオンとFDAが協議するという。
     三菱UFJモルガン・スタンレー証券の若尾正示シニアアナリストは29日付リポートで、追加臨床試験が求められていないため「SUN-101に関して、上市時期が数年単位で遅れることはないと考える」とみていた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

  • <東証>任天堂が連日高値 スイッチ増産報道で
    2017/05/29 13:27 日経速報ニュース
    13時25分、コード7974)続伸している。一時前週末比1100円(3.3%)高の3万4610円まで上昇し、連日で年初来高値を更新した。販売好調が伝わっている新型ゲーム「ニンテンドースイッチ」について、英フィナンシャル・タイムズ(FT)が28日、「スイッチの2018年3月期の生産台数を1800万台に増産する」と報じた。業績上振れ期待から買いを集めた。
     会社側は今期の販売台数を1000万台と見込んでいる。11月には「スーパーマリオ」シリーズの最新作「スーパーマリオ・オデッセイ」が発売予定で、年末商戦に向けてスイッチの供給体制に注目が集まっている。足元でスイッチの売り切れが相次いでいることを受け、「供給が不十分で機会損失につながる懸念がある」(国内証券アナリスト)との声が出ていた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

  • バフェットは語った

    ●人生においてはほんのいくつかのことを正しくやればいいんです、、、たくさん間違いを犯さない限り。
    You only have to do a very few things right in your life so long as you don't do too many things wrong.
    Warren Buffett
    昨今、デイトレーダーという人が増えています。専業主婦の方でも一日に何度も株や先物を取引している方もおられるでしょう。バフェット氏のバリュー投資は長期保有に重きを置きます。原点は投機と投資の違いです。バリュー投資家にとって日々の値動きやマクロトレンドは関心ありません。個々の会社が長期的にどう成長してリターンを生み出せるかを見るからです。なので株の取引も年に数回あるかないかというのも当たり前です。いつもマーケットの動向を見たり、経済ニュースを見ると、誰でも売買の衝動に駆られますが、たくさん売買してもかなりの確率で勝ちを治めないと、結局儲かっているのは証券会社だけということになってしまいます。バフェット氏はたくさん売買はしません。でも年に数回、これは絶対に利益を出せると思うものだけドンと買い物をします。年に数回正しいことをするだけで巨万の富を築いた生き字引です。

  • >>No. 489

    > 全株主に告ぐ!!株主は全員貸株をやめろ!!
    > おまえらが貸株するから悪徳外資機関に空売りで売り崩されるんだぞ
    > 分かってるのか?

    上から目線やな。燃料になるだけ野郎。

    ON FIER!(笑)

  • 任天堂のIP(知的財産)は、バフェット氏が語る『お堀』であるのかな。(笑)

    <<ウォーレンバフェット名言より>>
    本当にすばらしいビジネスは不朽の「お堀」が存在し、それによって高い利益が守られている。
    A truly great business must have an enduring 'moat' that protects excellent returns on invested capital.
    Warren Buffett
    バフェット氏はよくEconomic Moat、「経済のお堀」という言葉を使います。優良企業はお堀が深く広く、ビジネスや商品、サービスが守られているという意味です。今日でもディズニーやコカコーラ、ジレット、グーグルなど、取って代わることが非常に難しい企業は非常に深く広いお堀で守られているのです。バフェット氏はそういった企業への投資を好みます。

  •               ∧∧∩ 
                 ( ゚∀゚)/ キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
                ⊂   ノ
                 (つ ノ
        o          (ノ
         \      ☆
                 |      o
              (⌒ ⌒ヽ   /     ☆
        \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
          ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
         (´     )     ::: ) /
      ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )

  • 大口外資が拾っているんだよ。イナゴでは山は動かせない。

    任天堂の株主構成比率

    個人 8%  外国人 48% 残りも法人機関etc

    外人の大口買いだよ。(笑)

  • 売りブタ元気か。(笑)

  • >>No. 463

    > おはよーございますぅ~
    > 株の天才大金持ちのお寿司さんの有難いお言葉ありがとうございますぅ、、、
    > それにしても、世の中には悪い人がいるもんですねぇ、、、

    馬脚見えてるぞ。ガンバレよ。爆笑。

  • 連日の年来高更新★:゚*☆※>('-'*)♪オメデトウ♪(*'-')<※★:゚*☆

  • ●田村会長は短期の株価には一喜一憂しても仕方がないと思っている。創業からもう26年になるが、経営者としては、
    ただ企業価値を高めるという1点だけを守ってやってきた。今後もその方針は変わらない。

    ●急成長している会社の株価が乱高下するのは当然。生物の進化同様、どん底で数ヶ月ずっと停滞していても、
    ある時、飛躍的に進化を遂げる、時価総額が急激に上がったりするもの。

    ●田村会長が考えるに、バイオの成功例と言われる条件には2つある。これはアメリカでもプロがみんなこう言うが。
    1つは、最低でも1000億は売れる薬=ブロックバスターを持っていること。もう1つは、そのブロックバスターを単発ではなく、
    次次と生みだせるモデルを持っていること。この2つを兼ね備えている会社は米国にはたくさんあって時価総額は武田薬品より高い。
    日本でこの両方を兼ね備えたバイオは日本ではそーせいのみ。

    ●いまの株価の飛躍はその初動でしかない。どうせやるならアメリカばりのメガバイオを狙いたい
    (武田薬品工業の時価総額4.7兆を超えて行きたいという宣言、と受け止めました。)

    ●日本の他のバイオとそーせいは全然違う。どのレベルで勝負するか?10億円が20億円になっても、やりがいがないでしょう?
    世界に冠たるバイオ、アメリカと戦えるバイオになる。それにはブロックバスターがなきゃ話にならない。それが1つ、ウルシーで手に入った。
    で、今後もブロックバスターを次々と生み出せる創薬基盤技術が手に入った、と。それが今のそーせいで、他の日本のバイオにはない魅力。
    ●ヘプタレス買収により、単発ではない、持続性をもつことができた。ヘプタレスが生み出した種が、すでに臨床入りしていて、
    最低限かも知れないが、その実力が証明されてもいる。次の楽しみが増えた。
    ●GPCRのターゲットは無限大にしてその拡大により更なる提携の可能性
    ●中長期の戦略に基づいたM&Aの促進とバランスのよい成長へ

    •2017年5月19日(金)開催の個人投資家説明会の模様はこちらからご視聴いただけます。
     h ttp://www.c-hotline.net/Viewer/Default/SOSE3a0e974a27696c5fbe188261d09e57c1

  • 目標株価 / レーティング
    各社より発表された、そーせいグループ (4565)の目標株価やレーティング情報の一覧を日付順に掲載しています。

    2017/05/26
    CS Neutral → OP 15,900 → 14,000

    2017/05/26
    みずほ 買い継続 26,100 → 26,400

    2017/05/18
    野村 Buy継続 21,200 → 19,100

    2017/03/07
    SMBC日興 1継続 23,000 → 19,000

    2017/02/14
    いちよし A継続 23,000 → 19,600

    2016/05/26
    岩井コスモ A継続 23,000 → 26,000

    h ttp://www.kabuka.jp.net/rating/4565.html

    <<<SOSEI---続伸、みずほ証券などで目標株価やレーティング引き上げ観測>>>
    5月26日(金)13時55分配信 フィスコ

    みずほ証券が投資判断「買い」を継続し、目標株価を従来の26100円から26400円に引き上げている。今後の成長ドライバーは製薬企業との提携、自社品の開発進展、新たな買収候補MiNA社の開発進展の主に3つで構成されるが、いずれも足元は順調と指摘している。また、クレディ・スイス証券では目標株価を15900円から14000円に引き下げる一方、投資評価を「Neutral」から「OUTPERFORM」に引き上げている。《HK》

    h ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170526-00703007-fisf-stocks

  • <<<パイプラインの進捗が遅すぎ。>>>

    アストラゼネカとは2007年に共同開発契約してもう10年経っても、phase1にも達してない。

    PDのHPにはたくさんのパイプラインが並んでいるが、放置されているものもあるのかもしれない。

    何せ相手からの連絡がなければ、PDは進捗を知る由もないから。(笑)

  • 目標株価 / レーティング
    各社より発表された、そーせいグループ (4565)の目標株価やレーティング情報の一覧を日付順に掲載しています。

    2017/05/26
    CS Neutral → OP 15,900 → 14,000

    2017/05/26
    みずほ 買い継続 26,100 → 26,400

    2017/05/18
    野村 Buy継続 21,200 → 19,100

    2017/03/07
    SMBC日興 1継続 23,000 → 19,000

    2017/02/14
    いちよし A継続 23,000 → 19,600

    2016/05/26
    岩井コスモ A継続 23,000 → 26,000

    h ttp://www.kabuka.jp.net/rating/4565.html

    <<<SOSEI---続伸、みずほ証券などで目標株価やレーティング引き上げ観測>>>
    5月26日(金)13時55分配信 フィスコ

    みずほ証券が投資判断「買い」を継続し、目標株価を従来の26100円から26400円に引き上げている。今後の成長ドライバーは製薬企業との提携、自社品の開発進展、新たな買収候補MiNA社の開発進展の主に3つで構成されるが、いずれも足元は順調と指摘している。また、クレディ・スイス証券では目標株価を15900円から14000円に引き下げる一方、投資評価を「Neutral」から「OUTPERFORM」に引き上げている。《HK》

    h ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170526-00703007-fisf-stocks

  • (☆-v-)。o○《Gооd Мояйiиg》

    【世界一に学べ!】ウォーレン・バフェットの名言・格言より
    ●株式投資の極意とは、いい銘柄を見つけて、いいタイミングで買い、いい会社である限りそれを持ち続けること。これに尽きます
    ●市場動向や他人の意見につられて株の売買をしない。
    ●今日や明日、来月に株価が上がろうが下がろうが、私にはどうでもいいのです。
    ●まずまずの企業を素晴らしい価格で買うより、素晴らしい企業をまずまずの価格で買うことのほうがはるかによいのです。
    ●10億ドルへの第一歩さ。(1セント硬貨を拾って言った一言。)
    ●事業を見る。
    ●長期保有する。短期勝負はギャンブルであって投資ではない。

  • 昨日の値上がり株みても、好業績で業績上振れ期待の強いものばかりですね。

    任天堂はその中でも、ど真ん中の日本を代表する企業だよ。笑。

    しかも任天堂は超優良企業です(*^_^*)(=^▽^=)

    利益剰余金 1兆4899億  有利子負債 0

  • 目標株価 / レーティング
    各社より発表された、そーせいグループ (4565)の目標株価やレーティング情報の一覧を日付順に掲載しています。

    2017/05/26
    CS Neutral → OP 15,900 → 14,000

    2017/05/26
    みずほ 買い継続 26,100 → 26,400

    2017/05/18
    野村 Buy継続 21,200 → 19,100

    2017/03/07
    SMBC日興 1継続 23,000 → 19,000

    2017/02/14
    いちよし A継続 23,000 → 19,600

    2016/05/26
    岩井コスモ A継続 23,000 → 26,000

    h ttp://www.kabuka.jp.net/rating/4565.html

    <<<SOSEI---続伸、みずほ証券などで目標株価やレーティング引き上げ観測>>>
    5月26日(金)13時55分配信 フィスコ

    みずほ証券が投資判断「買い」を継続し、目標株価を従来の26100円から26400円に引き上げている。今後の成長ドライバーは製薬企業との提携、自社品の開発進展、新たな買収候補MiNA社の開発進展の主に3つで構成されるが、いずれも足元は順調と指摘している。また、クレディ・スイス証券では目標株価を15900円から14000円に引き下げる一方、投資評価を「Neutral」から「OUTPERFORM」に引き上げている。《HK》

    h ttps://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170526-00703007-fisf-stocks

本文はここまでです このページの先頭へ