ここから本文です

投稿コメント一覧 (5047コメント)

  • フィンテック等の拡大を受け、銀行グループや仮想通貨に係る制度を整備(みずほ総研)

     h ttps://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/urgency/report160601.pdf

  • 銀行法等改正法の施行がフィンテック関連銘柄の再浮上のきっかけに/注目トピックス 経済総合
    Fisco | 2017年 03月 22日

    2016年5月25日には、「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律(銀行法等改正法)」が可決、成立している。この法律の最も注目される点は、金融関連IT企業等への銀行等による出資の容易化が盛り込まれている点である。これまでの銀行法では、銀行は5%、銀行持ち株会社は15%までの出資規制があったが、この規制が緩和されることになる。公布日(2016 年6月3日)から起算して1年以内の政令指定日から施行されることになっているが、2017年4月に施行されるとの見方が多くなっているようだ。

    フィンテックはすでに、P2P融資、決済、個人資産管理、ロボアドバイザーなど多方面の分野で、大きなビジネスとなりつつあり、将来的に金融機関の収益がフィンテック企業に取って代わられるとの見方も多くなっている。銀行などの金融機関もこうした危機感を背景に、フィンテックへの取り組みを積極化させており、フィンテックスタートアップ企業との提携の動きなども活発化している状況だ。

    ただ、銀行が最も手っ取り早くフィンテックを取り入れるには、技術力のあるフィンテック関連企業を自社に取り込んでしまうことだろう。今後、銀行法等改正法が施行されることにより、早い段階で、大手金融機関によるフィンテックスタートアップ企業の買収の動きなどが顕在化する可能性も十分に高いと考えられる。フィンテック関連企業は全般的に、一時の株価上昇の勢いが沈静化しているものの、このようなM&Aの実現は株価反発のきっかけにつながる起爆材料となり得よう。成長力のある関連企業の買収プレミアムも非常に高まると考えられる。

    M&Aの対象となる被買収企業に高いプレミアムが付与されることによって、フィンテック関連企業と位置づけられる銘柄には、総じてバリュエーションが切り上がることになろう。中小型のフィンテック関連銘柄の株価再上昇局面入りは接近している状況と判断したい。

     h ttp://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20170322_00420170322

  • ココの掲示板一年近く見てきた。新参者がもう底だろうと参戦も、

    底なし沼に飲みこまれていく。声もなく。

    これだけは言えるは、助け舟は出ない_(ᅙωᅙ๑_ )_

  • ペイデザイン、JTBグループに対して、決済サービス提供開始 -店舗での決済手段を多様化し、利便性の向上を実現-
    ペイデザイン | 2017年3月30日

     株式会社メタップス(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 航陽)のグループ子会社であり決済代行サービスを提供するペイデザイン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮田 知、以下「ペイデザイン」)は、JTBグループの株式会社JTB首都圏(東京都品川区、代表取締役社長:池田 浩)と提携し、2017年4月1日より東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県の約170店において、決済サービスの提供を開始いたします。
     これまで、JTB首都圏をはじめとするJTBグループの店舗ではご来店または振込、電話による通信販売決済でのお支払のみしか選択いただけませんでしたが、ペイデザインの提供する決済サービスの導入により、オンラインによるクレジットカード払い、コンビニエンスストアでのお支払い、ATMによるペイジー決済が選択でき、お客様のご都合にあわせた決済手段で24時間いつでも店舗でお待たせする事無く決済頂く事が可能となります。(一部の商品ではご利用いただけない場合もあります。)
     今後もペイデザインは、生活に密着した市場をターゲットとし、お客様のニーズに沿った安心・便利な支払いをデザインし、幅広い多彩な決済サービスを提供・展開してまいります。

     h ttp://www.metaps.com/press/ja/362-jtb

  • 任天堂にはかけがえのないIP(知的財産)がある。

    バフェット流で語ればそれは「お堀」であろう。

    ウォーレンバフェット名言集より

    19 本当にすばらしいビジネスは不朽の「お堀」が存在し、それによって高い利益が守られている。

    A truly great business must have an enduring 'moat' that protects excellent returns on invested capital.
    Warren Buffett
    バフェット氏はよくEconomic Moat、「経済のお堀」という言葉を使います。優良企業はお堀が深く広く、ビジネスや商品、サービスが守られているという意味です。例えばかつてのゼロックス。コピー機と言えばゼロックスと言われた時代があり、英語ではコピーするという動詞がそのままゼロックスするになったほど市場を独占していました。その技術は特許で固く守られ、経済のお堀は決して崩されない時代が何年も続きました。今日でもディズニーやコカコーラ、ジレット、グーグルなど、取って代わることが非常に難しい企業は非常に深く広いお堀で守られているのです。バフェット氏はそういった企業への投資を好みます。
     
     h ttp://www.tnoda.com/blog/2013-12-15

  • 昨年の高値から時価総額にして1兆4千億以上が失われてる。

    ココの経営陣は全て薬価の下げに責任転嫁のか!お粗末を通り越し、

    滑稽であるアッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

  • フィンテック等の拡大を受け、銀行グループや仮想通貨に係る制度を整備(みずほ総研)

     h ttps://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/urgency/report160601.pdf

  • ウォール街の相場格言より

     「判断を誤ることは正常なことだ。それを修正しないことが異常なことである」

  • >>No. 305

    いまだに<<<記念配当か増配を夢想して>>>とはワロタ\(^o^)/

    何事も起こらず300周年は通り過ぎようとしている。くわばらくわばら(ᅙゝᅙ)γー~

  • 銀行法等改正法の施行がフィンテック関連銘柄の再浮上のきっかけに/注目トピックス 経済総合
    Fisco | 2017年 03月 22日 銀行法等改正法の施行がフィンテック関連銘柄の再浮上のきっかけに

    2016年5月25日には、「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律(銀行法等改正法)」が可決、成立している。この法律の最も注目される点は、金融関連IT企業等への銀行等による出資の容易化が盛り込まれている点である。これまでの銀行法では、銀行は5%、銀行持ち株会社は15%までの出資規制があったが、この規制が緩和されることになる。公布日(2016 年6月3日)から起算して1年以内の政令指定日から施行されることになっているが、2017年4月に施行されるとの見方が多くなっているようだ。

    フィンテックはすでに、P2P融資、決済、個人資産管理、ロボアドバイザーなど多方面の分野で、大きなビジネスとなりつつあり、将来的に金融機関の収益がフィンテック企業に取って代わられるとの見方も多くなっている。銀行などの金融機関もこうした危機感を背景に、フィンテックへの取り組みを積極化させており、フィンテックスタートアップ企業との提携の動きなども活発化している状況だ。

    ただ、銀行が最も手っ取り早くフィンテックを取り入れるには、技術力のあるフィンテック関連企業を自社に取り込んでしまうことだろう。今後、銀行法等改正法が施行されることにより、早い段階で、大手金融機関によるフィンテックスタートアップ企業の買収の動きなどが顕在化する可能性も十分に高いと考えられる。フィンテック関連企業は全般的に、一時の株価上昇の勢いが沈静化しているものの、このようなM&Aの実現は株価反発のきっかけにつながる起爆材料となり得よう。成長力のある関連企業の買収プレミアムも非常に高まると考えられる。

    M&Aの対象となる被買収企業に高いプレミアムが付与されることによって、フィンテック関連企業と位置づけられる銘柄には、総じてバリュエーションが切り上がることになろう。中小型のフィンテック関連銘柄の株価再上昇局面入りは接近している状況と判断したい。

     h ttp://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20170322_00420170322

  • 「崖っぷち」?とうの昔に転がり落ちてるよ。笑。

  • 小野の覆面の内部者が、株主を罵倒か。笑。

  •          ________
           /             \
          /                \
        /   /・\     /・\   \
       /   /    \   /    \   \
      |      ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄     | ご冥福をお祈りします
      |         (__人__)        |
      |            \    |         |
       \          \   |       /
        \          \_|     /

  • 2017/03/29 15:58

    >>No. 447

    AndroidにマリオDW1200円課金したわ。Gu!(*^ー^)

  • ドレッシング買いが入ったか。新年度が勝負だろう。

  • 銀行法等改正法の施行がフィンテック関連銘柄の再浮上のきっかけに/注目トピックス 経済総合
    Fisco | 2017年 03月 22日

    銀行法等改正法の施行がフィンテック関連銘柄の再浮上のきっかけに
    2016年5月25日には、「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律(銀行法等改正法)」が可決、成立している。この法律の最も注目される点は、金融関連IT企業等への銀行等による出資の容易化が盛り込まれている点である。これまでの銀行法では、銀行は5%、銀行持ち株会社は15%までの出資規制があったが、この規制が緩和されることになる。公布日(2016 年6月3日)から起算して1年以内の政令指定日から施行されることになっているが、2017年4月に施行されるとの見方が多くなっているようだ。

    フィンテックはすでに、P2P融資、決済、個人資産管理、ロボアドバイザーなど多方面の分野で、大きなビジネスとなりつつあり、将来的に金融機関の収益がフィンテック企業に取って代わられるとの見方も多くなっている。銀行などの金融機関もこうした危機感を背景に、フィンテックへの取り組みを積極化させており、フィンテックスタートアップ企業との提携の動きなども活発化している状況だ。

    ただ、銀行が最も手っ取り早くフィンテックを取り入れるには、技術力のあるフィンテック関連企業を自社に取り込んでしまうことだろう。今後、銀行法等改正法が施行されることにより、早い段階で、大手金融機関によるフィンテックスタートアップ企業の買収の動きなどが顕在化する可能性も十分に高いと考えられる。フィンテック関連企業は全般的に、一時の株価上昇の勢いが沈静化しているものの、このようなM&Aの実現は株価反発のきっかけにつながる起爆材料となり得よう。成長力のある関連企業の買収プレミアムも非常に高まると考えられる。

    M&Aの対象となる被買収企業に高いプレミアムが付与されることによって、フィンテック関連企業と位置づけられる銘柄には、総じてバリュエーションが切り上がることになろう。中小型のフィンテック関連銘柄の株価再上昇局面入りは接近している状況と判断したい。

     h ttp://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20170322_00420170322

  • 配当の3倍負けたらかなわん。買わない_(ᅙωᅙ๑_ )_

  • >>No. 56

    株主様への慈愛は相変わらず皆無。株主還元は到底ないとのことだろう。
    株価が上を向けばいいが。。。

  • ここの経営陣は虎の子の首を斬り、鬼の子を残した。笑。

  • 明日は最後の逃げ場鴨(´д`)

本文はここまでです このページの先頭へ