ここから本文です

投稿コメント一覧 (1005コメント)

  • >>No. 11585

    マイク・リーク、29歳
    5年契約の残り3年の5千5百万ドルが残っており、
    Dipotoは「今季だけではなく、来季の貴重な付加」として期待しています。

    マイク・リークは、来2018年1千7百万ドル、2019年1千6百万ドル、
    2020年1千5百万ドルの契約です。
    完全な貿易拒否条項を含んだ契約は、同じく2021年シーズンの
    5百万ドル買い取りにおける相互1千8百万ドル選択を含みます。
    最良の場合は、4年間を准エースとして拘束できます。
    最悪の場合は、5500万ドルをドブに捨てることになります。

    今年前半の10先発のような復活が出来れば、いい買い物ですが、
    今年後半の10先発のような出来に終われば、最悪の買い物です。
    彼の最後の10先発に関して6.94のERAを持ってただ1-6です。

    Dipotoがとってきたベテランの先発投手に関して、
    Smyly、Gallado、そのいずれも外れくじでしたからね、

  • >>No. 11584

    ああああああああ! 5連敗、勝負あったか、
    それにしても先発投手がほしいなあああああ!
    しかし、ワイルドカードまで遠くなってしまった

    そして
    マリナーズはカーディナルズからSPマイク・リーク、現金を
    マイナーリーガーRayderAscanioと交換に獲得した、
    あるチームのゴミ投手は、我がチームのエースかああ!

  • >>No. 11578

    ダメじゃん、やっぱり
    4回裏、2アウトから
      レフト前ヒット、四球、3ランホームラン、
    Galladoのいつもの崩れるパターン、
    寝よう、今日はどう見ても、勝てそうもない

  • >>No. 11576

    今日のGalladoの出来は悪すぎる、
    2回裏、四球四球、送りバント、レフト前ヒット、
       3塁走者生還、2塁走者本塁アウト、よく1失点ですんだ
    相手のソニー・グレイの出来は良さそう、凡打の山
       いい球、投げるな

    わおおおおおおおおお!
    3回表、1アウト、 
      何と何と、なんと、ルイーズがソロホームラン、同点

  • >>No. 11574

    仕事をしながらの、のぞき見でしたが、
    みちゃあおれんシーンの連続で、その都度結果を繫いでいました
    Alonsoのホームランの場面は観ましたよ
    いやああああ、疲れました
    Diazが2アウトから走者を出して、2盗されて、
    そのあとの場面は見逃しました
    皆が笑顔でハイタッチしている様子から勝ちを知りました

  • >>No. 11572

    勝った、勝っちゃいましたよ
    延長11回、苦しい試合でしたが、投手陣が持ち堪えた
    これは大きい

  • >>No. 11569

    ワイルドカード争い、大混戦
    マリナーズの上位にいるアストロズも負けた、
    ヤンキース、ツインズ、ロイヤルズ、エンゼルス、今日すべて負けた.
    二枚目ワイルドカードの権利をまだかろうじて握っているツインズから
    0.5ゲーム差で、マリナーズを含む3球団が並んで追走中、
    さらに0.5ゲーム差でレンジャーズも追いすがっている

    ガンバレよ、マリナーズ、踏ん張りどころだぞ
    もう少しで、パクストン、ヘルナンデス、岩隈、が帰って来るぞ
    40人枠に拡張されるぞ
    もしかして、もしかしたら、よよよよよ
    ヤンキースに3連勝したら勝ち数は68で並んでしまう

  • カトちゃん、Morganさん、こんばんは
    8月もあと対ヤンキース3連戦対オリオール3連戦を残すのみですね。
    明日は旅行日(休日)です。英気を養い、障害を癒して、
    8月後半最大のヤマ場、苦手な対ヤンキース戦に体当たりしたいものです。
    何として、願わくば勝越して、ボルチモアへ乗り込みたいです。

    ロビンソン・キャノーのハムストリング損傷、単に痙攣であれば幸運です。
      2度以上の捻挫であれば、DL入りでしょう。明日のMRIの結果待ちです。
    ギレルモ・エレディアの右前腕の死球の具合はどうでしょうか? 
      単なる打撲であれば幸運です。明日のレントゲン検査の結果待ちです。

    対ヤンキース戦に関して、
    対戦する先発投手同士を比較する限り、マリナーズの劣勢は否定できません。
    ブルペン陣同士の比較でも、勝ちパターンでは、ヤンキースに劣ります。
    マリナーズの勝機は、何としても先行して、守り切って、逃げ切ることでしょう、

    ≪マリナーズ対ヤンキースの先発投手比較して≫
    第一戦
    アリエル・ミランダ(LHP)
        勝敗 8勝6敗 防御率 4.78 奪三振 120 四球 49
    CC・サバシア(LHP)
        勝敗 10勝5敗0S 防御率 3.99 奪三振 84 四球 39

    第二戦
    ヨバニ・ガヤード(RHP)
        勝敗 5勝9敗1S 防御率 5.75 奪三振 86 四球 51
    ソニー・グレイ(RHP)
        勝敗 7勝8敗0S 防御率 3.38 奪三振 111 四球 41

    第三戦
    アンドルー・アルバース(LHP)
        勝敗 2勝0敗0S 防御率 3.60 奪三振 7 四球 2
    田中将大(RHP)
        勝敗 9勝10敗0S 防御率 4.86 奪三振 145 四球 33

  • >>No. 11561

    12:46 - 2017年8月22日
    Very different Mariners lineup today ... Cruz wins.
      1)Segura SS
      2)Alonso 1B
      3)Cano 2B
      4)Cruz RF
      5)Seager 3B
      6)Haniger CF
      7)Gamel LF
      8)Zunino C
      9)Gonzales P

    ややややや! Cruz RFで先発、Haniger CFで初登場
    Gonzales:初勝利、そろそろ、期待しちゃうぞ

    救援陣に動き:フル稼働して、心配していたことが現実化
      Zychが右前腕屈筋捻挫(いわゆる野球肘?)で10日間DL入り
      Altavillaを再招集、頑張ってくれよ、ただ祈るのみ

  • >>No. 11560

    モルガンさん、こんばんは
    このまま、何とか8月を乗り切ってほしいですね、
    9月のアクティブロースター40人拡張まで、
    厳しいアウェイでの戦いが続きますが、
    ブルペン陣が何とか耐え忍んで欲しいです。

    ブルペンへ負担、8月のイニングの配分。
      1. # マリナーズ - 43.2%
      2. # アスレチックス - 42.6%
      3. # レッズ - 41.2%
      4. # マーリンズ - 40.2%
    これだけ先発陣が持ち堪え出来ていないのですね

    あんな30球団最低の先発陣で、よく戦っていますよね
    救援陣の頑張りは勿論のこと、
    打撃陣と、その守備陣とが辛くも勝利をセーブしている

    フェルプス、シモンズ、もうすぐ帰って来る。
    ヴィエラも使えそうだ、
    パクストン、ヘルナンデス、岩隈、もうすぐ帰ってきそう

  • >>No. 11553

    おおおおお!
    Hanigerの復帰第1戦、おぬし、やるな
      初打席、センターへ安打、
      2打席目、満塁逆転ホームラン、

  • >>No. 11549

    morganさん、こんにちは。
    どうでしょうかね

    >61勝61敗ということは残りちょうど40試合。
    >これから欲をこいて30勝10敗、少なくとも25勝以上はしないと
    >ワイルドカードには手が届かないでしょう。

    今年のアメリカンリーグ・ワイルドカード争いは、まったく異常ですね、
    低い勝率での団子状態です、史上最低勝率で、ワイルドカード勝者が決まりそうです。
    85勝前後で、2枚目ワイルドカードが決まるのではないでしょうか、
    8月を何とかいければ、9月勝負に持ち込めれば、マリナーズにも勝機はありそうです。

  • >>No. 11540

    アメリカンリーグのワイルドカードのどのチームがワールドシリーズで勝つことができますか?
     グラント Brisbee/2017年8月16日、 
     https://www.sbnation.com/mlb/2017/8/16/16156668/al-wild-card-teams-world-series-orioles-mariners-royals
    戯れ言、遊びの記事でしょうが、
    2番目のワイルドカードの時代に、ワイルドカードでプレーする20の異なったチームがありました。
    彼らの1人がワールドシリーズで勝ちました。
    過去に10のチームがワイルドカードゲームを過ぎて進みませんでした、
    ワイルドカードチームがおそらく今年ワールドシリーズで勝たないでしょう。

    それはそれとして、可能性として、ワールドシリーズを勝利するとすれば、
    1.シアトル・マリナーズ
    2.タンパベイ・レイズ
    3.カンザスシティー・ロイヤルズ
    4.ロサンゼルス・エンジェルス
    5.テキサス・レンジャーズ
    6.ボルティモア・オリオールズ
    7.ミネソタ・ツインズ
    8.トロント・ブルージェイズ

    なんとマリナーズがNo.1

  • 7-6、辛くも逃げ切った
    それにしても、ディアスはひどかった
    7-4で9回表、3四球2死球、7-6にして、満塁で降板
    ゼプチンスキーをつぎ込んで幸運にもセーブ

    オリオールズ3連戦を何とか勝ち取った。
    61勝61敗、.500に戻した、まだツキは残っている

  • >>No. 11539

    Strong start for Andrew Albers in his Mariners debut.
    His line: 5 IP / 6 H / 1 R / 1 ER / 1 BB / 4 K.

    ブレーブスは先発投手の有望株の宝庫、有り余っているからな
    Andrew Albers 、31歳、
     3Aで結構な成績を収めていたベテラン。
     若手にチャンスを与えるために、そんな彼でも邪魔になったのだろう
     安価に現金払い(?ドル)でマリナーズへ払い下げられた、
     1回、2回はドタバタしていたが、結局5回を1点に抑えて、5連敗で止めてくれた。
     今日の勝利のヒーローは、間違いなくAlbers だ、
     
    60勝61敗、ワイルドカード圏内まで、1.5勝差、まだ残っている
    何とか8月を持ちこたえて、9月勝負に持ち込みたいなああああああああ!
    ヘルナンデス、パクストン、岩隈久志、が戻って来るだろう
    フェルプス、シモンズ、ヴィエラも間に合いそうになってきた
    Hanigerも戻って来る

  • >>No. 11538

    本当に投手がいませんね、哀しいです。
     Gallado:B級、最近になって安定してきた、開幕時の5番手が現在の支柱とは、
     Miranda:C級、極端なフライ系で、被ホームランが多すぎる、
     Gonzalez:C級、まあまあそれなりに投げています、
     Ramirez:D級、投げるだけムダです、早々にブルペンに戻ってほしいです

    そして、また新しい先発投手が登場!
     Andrew Albers:31歳:LHP:評価??
      8/15火曜日にオリオールズに対して始めるであろう。先週マリナーズに与えられる前に、
      アルベールは、トリプルAグインネットのために17スタート、104イニングを越えて97三振で、
      2.25のERAでした。彼は最後にメジャーでツインズのピッチャーを務めて、
      79.2のメジャーリーグのイニングにわたって4.41のERAと1.34本の被安打/回を持っています。

  • >>No. 11535

    エースのパクストンの故障が引き金になって、
    マリナーズの投手陣が一気に崩壊したようです、
    今まで救援陣が踏ん張って、勝ちを拾っていたのに、
    そのリーグNo.1の救援陣が、打ち込まれて3連敗
    何か、
    開幕後の50日間の悲惨な投手陣へ戻ったみたい
    ああああああああ!

  • >>No. 11534

    救援陣もあんな使い方を連日していたら疲れてしまって、
    次々故障するか、能力が落ちて、
    肝心な時に、昨年同様息切れがして、
    使い物にならない、
    今日のディアスの乱調も、その前兆かああああああ!

    また、エースが故障か、
    Galladoだけにまた舞い戻りか、
    これで終戦か、
    何としたこと、
    先発投手陣の fWARがマイナスで
    プレーオフに進出????
    いくらなんでも、それはないよなああああああ!

  • >>No. 11532

    マリナーズ程最低最悪の先発ローテーションを持っている誰も今までにプレーオフをしたことがありません
      ジョンTrupin/2017年8月10日、

    MLBに歴史を作るために、マリナーズは、少数の醜いマイルストーンを跳び越えるでしょう。

    2017年のマリナーズは(今まで)彼らのファンのいずれもことごとく裏切り続けました。
      彼らの外野防衛は(今まで)壮観でした! MLB全球団のトップでした
      彼らは(今まで)傷害に見舞われ続けて、そして戦力は首尾一貫しませんでした。
      彼らは報道されない地味な貿易獲得から劇的な改良を見ました!
      彼らは、輸出貿易されたプレーヤーが、他のチーム、その農場を増強するのを見ました。
      そして最近のブルペンは何カ月間も unhittable のように見えました!
    開幕当初、何カ月間も winnable ゲームを吹き飛ばされたことで、彼らは救援陣の補強が最優先されました。
    彼らはワイルドカードレースのたけなわにいます!
    今年のそれはMLBの歴史で最も弱いワイルドカードレースです。
    いずれにしても、彼らの最も大きい弱点が先発ローテーションであったとは、誰もが同意するでしょう。
    彼らの先発ローテーションは(今まで)ひどく、傷ついていました、しかし、
    それでもなおシアトルの史上最悪の先発投手陣の1つがプレーオフ争いで残っています。

    このように最悪の先発陣を持ったプレーオフチームの先例がありますか? 短い答えはノーです。
    プレーオフチームが今までに、その先発陣から5.00以上の全体FIP を持ったことがありません。
    マリナーズは5.10のすぐ上に全体FIPで現在位置します。
    プレーオフチームの先発陣は、被ホームラン/9、1.50本以上を持っていたことがありません。
    マリナーズ先発は異常な1.74本の被ホームラン/9において多くの dingers を許しています。
    fWAR によって、プレーオフチームの先発陣は、2ワイルドカードの時代にさえ、最小限8.0 fWAR 以上でした。
    マリナーズは3.5 fWARで現在位置して、Steamerでは最終的に6.0~6.5の間のどこかで終えると予測されます。
    4.81のERAがMLBの今世紀に400以上のプレーオフチームの第390番目あたりにあります、同様
    マリナーズがこれらをMLB史上最悪数で置き替えそうです。

    彼らの争いは、もちろん、不思議ではありません。
      Hisashi Iwakuma は1年じゅう(今まで)傷ついていました。
      Drew Smyly は1年じゅう(今まで)傷ついていました。
      Felix Hernandesは、年の大半にわたって(今まで)傷ついていました。
      ジェームズ・パクストンさえ今年のいくらか傷つきました。
    彼らはすでに、使った異なった先発投手の数でのクラブ記録を達成しました、
    そしてコーディ・マーティンがほとんど8月下旬に TBA スタートを受けようとしています。
    組織は、歴史的に良い外野ディフェンスとペアにするために、フライボール系の安価な投手を集めてきました。

    ジェームズ・パクストンが、アリエル・ミランダ、Yovani Gallardo、Marco ゴンザレスと
    Erasmo ラミレスを従える状態で、緊急のローテーションで、現在遣り繰りしています。

    パクストンは今年(今まで)4.2の fWAR の価値を持っています。その数を見て
    それからマリナーズの先発投手陣の合計数3.5 fWARを見てください。
    いかにPaxton以外の先発陣が、頼りないか、うかがえます。
    まさにPaxtonが獅子奮迅の頑張で、勝利数を拾っています。
    ライバルは言うまでもなく、地下室居住者を退けるべきで、それは起きるべきではありません。
    そしてしかし、彼らのふがいない連中のすべては、今シーズンに先発して、まだここで投げ続けています、
    それにも拘わらず、マリナーズは、プレーオフスポットの二枚目のワイルドカード唯一の所有権にいます。

    実際に起きたことは、我々が、将来何が起きる可能性が高いかを判断するのを助けます。
    新星の出生のように、しかし、時々、それが存在の中に破裂するとき、
    我々は新しい星か何かをちらっとのぞき見るのに、十分幸運です。

    マリナーズ自身MLB野球の先例をしのがなければならないでしょう。
    誰もそれが容易であるであろうと言いません。
    ヒットを打ち続けて、ドアを閉じ続けて、そして395フィートのフライボールを打って、
    走って、捕って、返球し続けること。それは理想的な計画ではありません、
    しかしそれはマリナーズが持っている現実のです。
    そしてそれは、ただ十分であるかもしれません。


    (つたない要約です、祭日でもあり、暇です。面白かったので、紹介します。少々長くなりました)
    https://www.lookoutlanding.com/2017/8/10/16110706/nobody-has-ever-made-the-playoffs-with-pitching-a-starting-rotation-as-bad-as-the-seattle-mariners )

  • >>No. 11531

    morganさん、コトちゃん、こんにちは。
    これからの季の残り、ワクワクドキドキだ続きそうですね、
    そしてプレーオフ、
    期待しちゃいましょう、

本文はここまでです このページの先頭へ