ここから本文です

投稿コメント一覧 (5233コメント)

  • >>No. 460

    どんなに大口叩いて吹聴しても君の内心は手に取るようにわかるよ(*´∀`)♪

    気の毒なことだ・・・・・顔で笑って心で泣いて

  • (株)日本マイクロニクス

    Bat. 2015/01/04 09:31

    >商品化のメドはたっていません!
    >社長の発言を聞けば分かるはず・・

       ↑

    事実と異なる
    風説の流布(売り煽り)は、

    「金融商品取引法」
    *風説の流布・偽計取引等の禁止(第158条)
    *相場操縦行為等の禁止(第159条)

    により逮捕されますw

  • こういう銘柄に買い煽りは「罪」となります。

    売り煽りは情報でもあり役立ちますね(*^-^)

  • >>No. 288


    >アホ( ̄(工) ̄)が朝から騒いでいる(笑)
    毎度同じ事を繰り返しほざいてる( ̄(工) ̄)
    その内に其れなりの答えが出ると思うからアホ( ̄(工) ̄)共は無視(笑)


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    君は覚悟の上だからいいのいいの(^^)

    新規にINする人への警告、過去5年間、小生の警告は当たり続け警告どおりになっている。

    量子電池から撤退したこと、化学電池も撤退の可能性が高いことを知らせ底が見えにくいことを布知している。

  • マイクロは量子電池を撤退したが、次は化学電池についても撤退する可能性が高いことを警告しています。

    昨年8月のIRで量子電池撤退を発表しました。その際、化学電池としての研究開発に取り組むとしました。

    その際、併せて「化学電池としての目標値を出す」とも書かれていました。これはFAQにも書かれています。しかし、1年がくるのにマイクロは沈黙を保っています。

    これは2015/06/24の失敗宣言にあるように20分の1以下の電力量、自己放電等とても電池とはいえないものでしたが、これを見れば頷けます。

    この問題は超深刻なもので、とても克服できるものではなく、現在でも進展はまったくないことを表しており、とても目標値を設定できない状態といえると思います。

  • 量子電池として開発を続けていたところ計算外に驚くようなスペックが出てきた。しかし理論が化学電池だったため急遽、化学電池に変更する。

    これなら評価は大違いで失敗は成功のもとだろう。実際にそういう実例は起きている。

    ところが量子電池として開発を続けていたが目標値の20分の1程度、自己放電等最悪の結果となってしまった。

    おまけに調査の結果、原理が違っていた。いつも「化学電池に比べて・・・・・」と揶揄して量子電池の優位性を強調してきたのに実際には最悪の化学電池だった。

    これではまるで落語か漫才の落である。情けないどころかホルダーにとっては涙笑いするしかない。それでもまだ量子電池に未練を残すガチホルダーの気持ちが理解できない。

    マイクロとしては、化学電池の全固体電池がNEDOやトヨタで進んでいることを考慮すれば撤退するしかないだろう。

  • 今般、充放電プロセスの大部分が、化学的な反応によるものであるとの見解に至りましたので、お知らせいたします。

    当初、量子技術に基づく二次電池であることを前提として設定しておりました目標性能につきましては、今後相応の見直しをして行く所存です。

    今後は、これまでに得られた知見をもとに、化学電池性を踏まえた研究開発を進め、batteniceの電池性能の向上、技術課題の解決に努めるとともbatteniceの特長を活かせるアプリケーションを探って行く所存です。
                       以 上

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    バテナイスを量子から化学電池に方針変更と記載されている。

    目標性能(目標値)については見直しをするとも書かれている。

    量子電池については撤退、化学電池として新たに再出発するとしている。

    これで一幕終わったのだ。

  • >>No. 251

    >風説ライダーよ、
    >トボけるのもいい加減にしたらどうだ?
    >ここに書いてあるぞ。↓
    >
    >https://www.mjc.co.jp/about_battery/pdf/150624_battenice.pdf


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ボケか❗( `Д´)/
    目を覚ましなさい

    バテナイス量子電池は終わったんだよ、撤退したんだよ・・・・・ついに断念したんだ。

    マイクロは「化学電池としての目標値を新たに示します」と言ってる(笑)

    10万回達成したかしないか、製品化できずに諦めた量子電池は結局「0回」なんだよ・・・・・そんな単純なことがわからんのかね

    俺が1万回と言ったのはリップサービス、0回が正しかったんだよ(笑)

    いい加減に夢を見るのはやめたらどうかね・・・・・利口なものは笑ってるぜ⤵⤵

  • >>No. 242

    >現在のマイクロニクスのHPには、
    >「10万回の充放電動作を確認」と発表されているので仮面ライダーの投稿は風説の流布に該当します。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    何度も言うが「製品化されない限り記録は0」

    お前は5年前の量子電池から頭が離れないらしい。
    名前ばかりの特許や商標登録はすべて泡沫だったのだ。

    「死んだ子の歳を数える・・・・・」という言葉があるが、そろそろNISAも含め整理したらと思うよ、忘れるんだな

  • >>No. 242

    10万回と何処に書いてあるんだ(笑)

    含み損と後期高齢者のため脳ミソがおかしいよ(笑)

    https://www.mjc.co.jp/about_battery/battenice.html

  • >>No. 232

    もういい加減にせんかい!( `Д´)

    量子電池は終わったのだ。サイクル寿命10万回も吹っ飛んだのだよ(笑)

    俺が1万回と言ったと何度も張り付けるが、量子電池撤退によってサイクル寿命は「0回」になったのだよ(笑)

  • >>No. 204


    >おはようさん( ̄(工) ̄)仮面爺ライダーさん あんた捏造して文面を書いていないかい(笑)アホ臭い( ̄(工) ̄)


    あいつは、5年前から「量子電池」「量子電池」が生活パターン、寝ても覚めても量子だったが実際にはマイクロに騙された気の毒な爺、強く買い煽ってきた当事者としても、今さら化学電池だったと言われても立場がないのだ。

    慰めてやれ(* ̄∇ ̄*)

  • /e$

    この爺はまだ量子電池を夢見てマイクロが発表した化学電池への変更を認めない(認めたくない)。

    というか新規参入組を騙してINさせ、己の含み損を解消しようと必死、つまり買い煽っているつもりなのだろう。

    退職金も全て投入した結果、莫大な含み損を抱えているらしい。気の毒、憐れだが盲信してしまったのは自己放電ではなく自己責任

  • だから2017/08/08の化学電池宣言の発表をどう考えているのか・・・・・ということだ。

    マイクロの発表によれば、大学側で研究した結果「量子性は認められない」ということが分かっている。

    マイクロでは、この事実を認め化学電池としての全固体二次電池の開発に転向するとあり、化学電池としての「目標性能」を新しく発表するとしている。

    現在では、マイクロのHPにある「二次電池」の項目を見れば、そこには「量子」の言葉は一掃されていることがわかるのだ。

    5年前から「量子電池」を信じ買い煽ってきた君は認めたくないだろうが、量子電池は小生の予測どおり「撤退」したのだ。

    この予測は小生の勘とかではなく詳細は言えないがある関係者からの情報によるものだ。

  • >>No. 191


    >>62
    >>仮面ライダー  2017年1月25日 15:51
    >>いよいよ9月には「量子電池撤退ニュース」が発表されるだろう。
    >
    > 2017年9月どころか現在も
    >「電池撤退のニュース」などは何も発表されていないので、
    > 風説ライダーは謝罪をしなさい。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    わざと避けて誤魔化してるようだが、二次電池は二次電池でも「量子電池」撤退のことだ。

    同じバテナイスらしうが、君の憧れだった量子電池は化学電池に変更、即ち量子電池撤退なのだ。

  • >>No. 191

    2018/08/08 量子ではなく化学反応と判明、化学電池として開発のIRを認めたくないんだね・・・・・(笑)

    耳目を覆っては(*_*)だよ

  • 日立造船(株)
    Bat. 2014/12/23 09:41

    No.42752
    単三電池を使って充電をしてモーターを回した動画も
    見てないのですか?


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「夏休みの工作」見て確信したようだね!!(゚∀゚ )

本文はここまでです このページの先頭へ