ここから本文です

投稿コメント一覧 (220コメント)

  • 2017/05/15 19:25

    0.744……。
    自分が損切りしてから100pipsも上昇……。
    安値を付けた感も否定できない(ただし日足の移動平均線がまたしてもレジスタンスになる可能性は有り)。
    がっくりくる。

  • 0.68と言うのは口座残高計算上の話であって、相場環境から考えたら0.73を切ったら黄信号、0.716を切ったら週足レベルで下落トレンドに入った可能性を考慮する必要があり、「最後の砦が崩れた」となるのですよ。
    週足のボリンジャーバンドが収束しつつあり、その中下落が止まらない。もしこのまま週足の-2σにタッチし、バンドが拡張したら?
    自分が描いていた最後の砦シナリオが崩れる予感がして切ったのですが、どうも最悪のタイミングだったかもしれませんね。
    豪ドル上がり出しました。本格的な反転になるか下落トレンドの戻りで終わるか何とも言えないけど。
    あ、私がノーポジションになりエントリーする気もないから、案外、今Lした人は利益出るかも。
    なぜって、いつも私のエントリーや損失決済のタイミングは最悪になる事が多いから。

  • これ、分かりやすい相場かなぁ?
    そういう声が聞こえたけど、一体どこまで上がるの?
    エントリーしたら反落しないか怖いけど、そういう怖さ感じないのかなぁ。
    相場はどこかで反転するもの。
    それがどこか判断しづらいのが現状、と私は感じるのだが。

  • どうも私は含み損が10万を超えると冷静な判断力を失ってしまうようです。
    0.7612のLポジション、結局267pips、金額で102000円の損失で確定してしまいました。
    損失確定時のレートは0.7345。
    よく考えたら0.73~0.732辺りで反転の可能性もあったにも関わらず。
    ただしここをさらに下抜いた場合、最後の砦が昨年末の安値0.716。これも下抜いたらどうなるか分かりません。

  • 気持ちは有り難いです。
    今日だけで既に90pipsの値幅付け、普通ならそろそろ(或はとっくに)反転してもよさそうなのにその兆しがない、普通の相場環境ではないと言うのも理解しています。
    ただ、想定していた安値の範囲内にまだ完全に収まっているのも事実です。
    想定と異なる事が起きたらポジションを決済しろ、がトレードのコツである限り、その意味でまだ決済段階ではありません。

  • 2017/05/03 23:01

    >>No. 464

    既に160pipsの含み損ですよ。
    それに含み損はまだ増えるかもしれないけど、仮に500pipsの含み損になっても十分耐えられるし、週足、月足レベルでは安値切り上げてるし、スワッププラスだし、損切りする気はないです。
    こういう考えはよくないとは一般に言われているけど、強いトレンドに飲まれても上位の足で反転を期待できる通貨ペアと数量とエントリーの方向考えてるので気にしてないです。

  • >>No. 461

    愚痴っても仕方ないけど、本当に、どこまで下げれば気が済むんだろうね。
    含み損がどんどん増える……。
    でも今ポジションがある事抜きにしても、こんな一方的な相場じゃ俺は利益出せない。
    どこで反転するか見えないもん。だから逆張り出来ないし、かと言って波に乗っての順張りはそれこそいつ反転が来るか見えないから怖くて出来ない。

  • 5月1日の上げと言い今日の下げと言い、何だかどこまで一方向に値が動くのか信用できない相場環境になってきた。
    俺は上がったり下がったりのレンジ相場が好きで、こういう一方的な相場はポジション持っていれば含み損がどんどん増える、ノーポジションの時はただ指をくわえてチャートを眺めるだけで何もできない。
    だって、どこまで動くのか、どこで反転するのか、まるで読めないから。

  • また0.75割れ。
    直近安値0.749を下抜くか注目。下抜いたらここ最近のレンジの最安値0.747がポイント。
    しかし上げ幅が小さかった事考えたら、今度はやられるかもしれないな。0.73台突入もあるかも……。
    豪ドル買い専門にとっては見送るしかなさそうな展開。

    話は変わるが、豪ドル買いにとって「魔の時間帯」が2つあるよね?
    午前10時前後と午後4時前後。最近、この2つの時間帯で豪ドルが大きく売られる事が多くない?

  • また下がるのか。
    これだからトレンドは嫌いだ。
    どこまで下がる(或は上がる)か分からない。
    そろそろ反転しそうな節目かなと思って反転の兆しが見えてもまだ下がる。
    どうせまだ下がる、そう思って順張りすれば逆行する。
    反転すると思って逆張りするとまだ同じ方向に動く。
    レンジなら分かりやすいけど、
    トレンドで大きな損失ではなく大きな利益を出す人はチャートの値動き見て何を考えているのか、どう考えているのか、さっぱり理解できない。

  • >>No. 413

    通常、特にアジア情勢ではリスク回避では売られるけど、
    ヨーロッパのリスクに対しては、地理的にヨーロッパの裏側のオセアニア通貨が買われるんだよね。
    高金利通貨なのに、なぜか。

  • イースター明けで値が動きやすいからなぁ、今日は。
    よりによって売りで来るとは。
    0.754近辺にフシらしきポイントあるけど、ここを一気に下抜くか反転が弱ければ前回安値(0.749付近)まで来るし、今度はこの位置にある週足の移動平均線もあっさり下抜いて月足の移動平均線(0.74付近)まで落ちるだろうな。
    ああ、昨夜含み損がほぼゼロになった時点で0.76129のLを決済すべきだった。
    別に、落ちるまで落ちたと見極めたところで難平でもいいんだけど。
    どうせ0.68まで落ちてもまだ口座残高3分の2は残るんだし。

  • よく考えたら、今月に入ってから日足で陽線引けが無いじゃないか!
    何なんだ、この相場は!
    これだからトレンド相場は嫌いだ。これでもか、これでもか、といたぶってくるし、
    それだったらいっそ、と思って売ったら途端に上がり出すんだろうしね(過去に嫌と言うほど例あり)。
    レンジで少しずつ稼ぐ方が自分には性格的に合ってる。

  • 本当に、いつまで下げ続けるんだ、早く戻ってくれ!
    と言いたいのですが、週足の移動平均線割れは確定だし、チャートの形からして月足の移動平均線までは下げるでしょう。
    0.74割れもあると言う事か。
    0.7612のLポジションの含み損がどんどん膨らむ。
    まあ、スワッププラスだし、昨年初の安値0.68まで下げても全残高の3分の2は残るし、決済せずに当面は放置。

  • 今日がアメリカのADP雇用統計、金曜日が本番。
    ドル円では雇用統計の結果がいいとドル買い、悪いとドル売りだけど、
    豪ドルに対しても、雇用統計の結果がよければドル買い(豪ドル売り)、悪ければドル売り(豪ドル買い)になるのでしょうか?

  • 豪ドルが売り目線、円が買い目線(米ドルやユーロに対して)。
    おかげ様で豪ドル円は今日の高値は87円台だったのに一気に86円を割り込み85円台突入だ。
    87.23でLしたポジションは、値の回復を待ったもののこの爆下げに遭い。86.67円で損失決済した。
    その時点でまだ15分足チャートに下げ止まる気配が無かったためだが、今回ばかりは切って大正解だったようだ。
    それでもこの損失で今月の収支は赤字転落だけど。

  • 2017/02/24 12:56

    今日はずっと、86.90~87.00の辺りをうろうろしてるだけ。
    昨夜、87.23で高値買いしてしまったので、この先どっちに動くか気になってるのだが。
    何だかんだで1日24時間で50銭位は値幅付けてるから、夕方からロンドン勢がどっちに動くかがポイントかな。
    チャート見ても、87.00~87.30位までが空いてるのが気持ち悪いが、少しずつレンジを下げてるようにも見えるし。

  • 一体どこまで上がるんだ、って相場。
    こういう相場、嫌いだな。どこまで上がるか読めないし、エントリーしたら反落しそうだし。

  • 押し目らしい押し目もなく一気に上昇した事が、逆に危険、落ち出したら暴落になると言われているやつですね。
    FOMCが利上げを決定した後が危ないかも。
    8月11日のNZD利下げ時の逆パターン(あの時は持ち越しになってたNZDJPYのLがあり相場の挙動をよく覚えているのです)。

  • 今日はレンジだけど、ここへ来て高値を切り下げだしたかな?
    昨夜はAUDJPYでLなら地獄を見る事もなかったのね。
    AUDUSDのLが、指標の影響もあって大損失。今後のシナリオ、目論見が崩れるレベルのAUD売り相場になってしまい、スワップ言ってられない状態になり泣く泣く83pipsの損失決済。

本文はここまでです このページの先頭へ