ここから本文です

投稿コメント一覧 (1552コメント)

  • >>No. 1633329

    返信ありがとうございます。

    > 長打者かどうかを見るのは、打数割じゃなく(2塁打+3塁打+HR)÷安打数の方が特性はもっと分りやすいと思いますが?
    > 山川48%、丸46%、ゲレ―ロ45%、柳田40%、山田40%
    > IsoP.204のゲレ―ロが.334の丸と並ぶ。柳田、山田は下がる。

    なるほど、面白いですね。
    それだと長打率やIsoPと違い、2塁打と本塁打が同じ扱いになってしまいますが、
    「全ヒットのうち、何割が長打なの?」という一点においては、とても分かりやすいですね。

    陽川43% 福留41%
    ーー
    梅野35% ナバーロ35% 糸井34% ロサリオ33% 大山30%
    ーー
    鳥谷29% 隼太28% 高山27% 中谷26% 糸原22% 俊介21%
    ーー
    北條14% 原口11%
    ーー
    植田3%

    ん??デジャブ???
    去年か一昨年もここで誰かと、この類いの話をしたことある気がするなぁ・・。
    思いだせん・・まぁいいかww

    ところで、ワタクシごとではありますが、
    今日から当面の間、ペナトピへの投稿をお休みすることになります。
    またいつか、復帰した際にはよろしくお願いいたします。
    ではでは・・。

  • >>No. 1127

    返信ありがとうございます。
    昨日せっかく計算したんで、ここにも残しておきますね↓

    梅野の打撃成績(打法改良前と改善後の比較)

    開幕~交流戦前(114打席)
    打率.158/出塁率.231/長打率.242/OPS.473/IsoP.084
    =====
    交流戦~今現在(152打席)
    打率.288/出塁率.362/長打率.448/OPS.810/IsoP.160

    線引きは恣意的なものではなく、
    いくつかの報道から推察できる、
    梅ちゃんが打ち方を変えたであろう時期で区切っています。

    なお、今の打ち方に変えてから(一年目に戻したとも言える=本人談)、
    2ヵ月半経ちましたが、その間の下段の打撃成績がどれほどのものか、
    他球団の選手で例えますと、ちょうど巨人の亀井選手ぐらいです。

    亀井
    打率.288/出塁率.358/長打率.448/OPS.806/IsoP.160

    ”ほぼ同じ”といっていい数字が並んでいます。
    つまり、5月末からの2ヵ月半、阪神の8番には亀井と同等の打者がいたことになります。

    もちろん、このレベルを今後もずっとキープできるとは限りませんが、
    とりあえずここ2ヵ月半に関しては、期待値をはるかに上回る(?)、
    十分すぎるほどの活躍ぶりだと僕は思ってます。

  • >>No. 1632624

    「梅ちゃんが交流戦から突如打ち出した」と、
    ここに最初に書いたのは、まだ6月半ばだったような気がする。

    順番としては、普通に試合を見ていて、
    「あれ?交流戦から急に打ち方変えたな」と思ったのが先で、
    あとから数字を確認し、「あ、やっぱり打ってるな」と。
    それ以降、ここにも何度か、交流戦前と交流戦以降に分けて、
    梅野の打撃成績を並べて書いた。

    当初は分母の小ささや、また少々打ったぐらいでは所詮打率は1割台だったため、
    あんまり信憑性のない感じで受け取られていたような気もする。

    しばらくすると、梅野本人の口から「打ち方を変えた」「きっかけは5月末に・・」と、
    「あぁ、やっぱりそうだったのか」的なエピソードが語られる。

    正直、梅野がシーズンを通してOPS.810も打つ打者だとは自分も思ってない。
    しかし、開幕から2ヶ月間の、あのどうしようもなかった、
    (自動アウトと揶揄されても仕方ない?)ボロボロの状態ではなくなってるのは確か。

    梅野の打撃改良の内容については、たぶんググれば出てくると思う。
    超簡単に言うと、引き付けて軸足回転を意識する打ち方が、
    どうやら自分には向いてないらしい・・と気づいたのが要旨。

    繰り返し梅野を題材に書いてきたけど、実は本当に言いたいことは、
    「阪神の若手打者って、自分に向いてない打ち方してるの何人かいるよね?」だ。
    実のところ、大山の打撃についてもっとも語りたい・・というのが真意なのだが、
    いかんせん自分は、それを活字で表現できるほどの専門的な知識や表現力を持ち合わせてない。

    この掲示板には、野球の専門的な技術についてや、
    バッティングのメカニクスに精通されてる方が何人もいらっしゃる・・という認識。
    どなたか、あの大山の打ち方、何がアカンの?どないしたらエエの?について、
    解説してくれる方がいたら、ものすごく嬉しいのだけど・・。

    今季はもうアカンかもしれないけど、何かを変えたら、
    彼はものすごく活躍する中心選手になれる気がするんよね~。
    それこそOPS.810なんて軽々クリアできるぐらいに。

  • 梅野の打撃成績(打法改良前と改善後の比較)

    開幕~交流戦前(114打席)
    打率.158/出塁率.231/長打率.242/OPS.473
    =====
    交流戦~今現在(152打席)
    打率.288/出塁率.362/長打率.448/OPS.810

  • ロサリオ
    1軍昇格後の打撃成績

    17試合 71打席
    打率.303(66-20)
    OPS.928 4本(年間34本ペース?)

    まだまだ確たる信頼は勝ち得てはいないんだろうけど、
    なんつーか、彼って見てて面白いよね(笑
    いや、逆に見ててイライラする人もおるんよね。
    ま、それも分からんでもないけど、俺は好きかな。

  • 陽川、怪我してた?ショック!!

    となれば、鳥谷の出番ですな。
    昨日の試合終了時点で通算2050安打。
    球団記録の2064安打(藤田平)まで、残り14本。

    つい数日前まで「代打だけでは今季中の到達は無理だな」と思ってたけど、
    こうなったら是非ともサクっと更新してもらいたい。

    ちなみに、現役の生え抜き打者で、鳥谷以下の通算安打数は、、
    上本、495安打
    俊介、292安打
    高山、240安打
    梅野、203安打
    北條、193安打
    中谷、176安打
    原口、165安打
    糸原、140安打
    隼太、135安打
    と続く・・(以下は100安打未満)

    鳥谷から見たら、まだまだみんな、ひよっ子ですな~(汗

  • >>No. 1632112

    確かに、そう簡単じゃなさそうですね。

    仮に残り期間を3~4勝で終え、通算98~99勝でオフに入り、
    来季に向けてさらにモチベーション上げてもらうってのも、
    それはそれでチームにとって悪いことじゃないとは思いますが。

  • 何度か似たような投稿を(ペナトピにも)何度かしましたが、
    梅ちゃんが突如打ち出したのは5月29日から。
    確か、交流戦だけの打率なら.328だったかな?(うろ覚え)

    のちに、その時期から打ち方をガラッと変えたことが本人の口からも語られたが、
    それ以前から「見た目に変わった」と一目瞭然だった。

    とはいえ、それ以前が打率.150台と散々な結果だっただけに、
    少々打ったぐらいでは、なかなか通算成績は上がらない。
    よって、打っても打っても「打てない」のレッテルを貼られ続けてきたが、
    もうそろそろ、それもエエんちゃいますのん??と思ってます~。

    もちろん、「もっと打てる捕手」は他球団も含め存在してるけど、
    梅ちゃんの打撃だって、まったく期待できないレベルではすでにない。
    少なくとも「自動アウト」とはもう言わせない(もう言われるの嫌や~w)

    けどまぁ、梅ちゃんの最大の魅力は、やっぱり打撃じゃなくて、
    マスクをかぶってるときの姿だと、個人的には思っちょりますけど・・。
    いや!でもやっぱり、打つほうでも活躍してくれたら、そらもうタマラン♪

  • 梅ちゃん、今日は”当たってる”なw
    今日の小野は(自分が見た中では)今季一番いい。

  • メッセ通算100勝まであと5勝。
    果たして今季中に達成可能か??

    仮に達成したら今季16勝となり、
    もちろんキャリアハイを大きく更新する。
    (過去13勝が最多)

    そもそも、残り何試合に登板可能なのか。
    完全に「メッセの登板数ありき」でシミュレーション。

    8/16(木)対広島(中5日)
    8/23(木)対中日(中6日)
    8/29(水)対ヤクルト(中5日)
    9/5(水)対広島(中6日)
    9/11(火)対中日(中5日)
    9/17(月)対DeNA(中5日)
    9/24(月)対巨人(中6日)
    10/1(月)対DeNA(中6日)
    10/7(日)対ヤクルト(中5日)

    必死のパッチで回して、あと9登板。
    (これでも中5日が3回続かないよう配慮)

    今季ここまで20登板で11勝。
    11÷20×9=4.95≒5勝??
    むむっ・・、微妙ぉ~w

    けどメッセが目指しているのは、
    助っ人投手の通算最多117勝(郭泰源)らしい。
    球団記録(バッキーの100勝)はあくまで通過点か。

    117勝まであと22勝か・・。
    2020年シーズンまで頑張らあかんね。
    明後日で37歳の誕生日を迎えるメッセ。
    これまた微妙なラインだけど、なんとか達成して欲しいな。

    それには援護点が必要。
    メッセのためにも(もちろんチームとしても)打線強化が必須なんだけど、
    う~ん。。。結局行き着くところは、そこかww

  • >>No. 1632104

    > 確かに2ストライクになると打率は悪くなってる。ただ、この手のデータで気になるんだけど、
    > これは「打者が打席を終えた直前のカウント」なんだろうなってこと。
    > それなら2ストライクが打率が悪くなって当然じゃないかな
    > 1-1なら三振という打席の終わり方は無いわけで、アウトになる要素が少ない
    > こんなこと考えるのはひねくれ過ぎかな

    するどい!
    2ストライクを取られる以前であれば、空振りは許されますもんね。
    逆に2ストライク後のみ、空振りがそのままカウント別打率に反映されてしまう。

    カウント別の「空振り」を除いた、
    または場合によっては「見逃し」または「ファウル」も除いた、
    つまり打って打球がフェアゾーンに飛んだ結果だけを抽出した打率とかあったら、
    少し違った角度からの議論も出てきそう。

    現状で見かけるデータままだと「追い込まれたら不利」ってことで、
    極端に言えば、1ストライクからファウルも打たないほうがいい、
    →少し無理して当てにいってでもフェアゾーンに打つべし!
    なんて話にもなりかねないし・・(まぁそれもあえての極論ですが)

  • やっぱり3日前に満塁トロホーマー打った直後からの、
    10打席ぐらいの内容があまりに悪いってことでスタメン落ちか。

    とはいえ、1軍復帰後の16試合66打席で、
    打率.295 OPS.922 4HR(年間36本ペース)も打ってるんやけどなぁ・・。

    どっちにせよ、東攻略のカギを握るのは逆に苦手としている左打者か。
    糸原、福留、糸井、ナバーロ、頼んます!!

  • >>No. 1631834

    なるほど、つまり1軍昇格後の16試合トータルではなく、
    ここ3試合の(満塁弾を除いた)”打撃内容”を指してのご指摘だったんですね。
    ありがとうございます。

  • >>No. 1631820

    > 一度は2軍行の試練を受けたが再度1軍で活躍を期待するも同じ繰り返しで期待外れである。

    参考までにお聞きしたいのですが、1軍に再昇格してから昨日までの16試合で、
    ロサリオがどのくらい打ってたら「ようやく期待に応えた」と評価できたのですか?

  • 昨日は途中出場ながら、しっかり存在感を示しましたね!

    7回オモテの攻撃、ナバーロの同点弾が飛び出し、
    さらに鳥谷がヒットで出て無死一塁。
    ここで坂本に代えて梅ちゃん登場~♪

    完全に「申告犠打」みたいな状況でもしっかり決めました。
    さらに9回も、無死から四球で出た鳥谷を”おかわり犠打”で、
    しっかりスコアリングポジョションに送るという職人技。

    ちなみに、坂本もバントは下手じゃなかったはず。
    プロ通算9犠打ですが、確かまだ失敗はなかったと思います。
    しかしながら、先発秋山が6回までで降板するということで、
    どうせ7回ウラの守りからはリリーフ陣を受けなければいけない梅ちゃん。
    よって「より確実に」との意図で、オモテの打席から交代したんでしょうね。

    結果的に、桑原→球児→ドリスをしっかりリードし無失点。
    見事に”抑え捕手?”の役割りを果たしました。

    捕手を代えずにリリーフもそのまま坂本に受けさせれば、
    代打で原口を使えるという利点があるにも関わらず、
    それでもあえて梅ちゃんに代えたということは、
    よっぽど救援捕手?として信頼されてるんでしょうなぁ・・。

    もちろんスタメンでも、現状は梅ちゃんが主戦。
    打って送って、刺して壁ってww
    残り少なくなってきた終盤戦も、あの小さな体で大いに躍動してくれることを願ってます!

  • 今日こそ「メッセー原口」のバッテリーでエエんちゃいますか?
    僕はそう思いますけどね。

  • 昨夜、序盤で試合が壊れていても不思議ないくらい、秋山の立ち上がりが悪く、
    しかもナバーロのとんでも悪送球があったにも関わらず、なんとか最小失点に。
    その後、尻上がりに調子を上げ、粘って追加点を与えなかったバッテリー。

    そうこうしてるうちに、ナバーロ名誉挽回の同点弾。
    そして、見る者をア然・・とさせた糸井の特大アーチ。

    いろいろ見どころはあったんだけど、個人的に最も印象に残ったのは8回ウラ。

    球児登板。
    一死から阿部にツーベースを許すと、
    続く長野を歩かせ、同点&逆転の走者ふたりを背負うピンチ。
    代打亀井を打ち取り、二死1,2塁で迎えるは代打大城の場面。

    初球、外高めの真っ直ぐで空振り。
    2球目、同じく外高めを見逃しボール。
    3球目、アウトローに真っ直ぐが決まりカウント1-2と追い込む。
    4球目、梅野の要求は真ん中高めに火の玉ストレート。

    結局、真っ直ぐを4球続けて空振り三振を奪い、スリーアウトチェンジ。
    梅野はベンチに向かって走りながら、球児に向けて渾身のガッツポーズ。
    ゆっくりとマウンドから降りる球児は、足元に視線を落としながら、
    グラブを梅野に向けて差し出しそれに応える。

    なんなの??
    プロ野球選手ってカッコ良すぎじゃん!!!
    ものっっすごい鳥肌が立ったシーンでした。

  • >>No. 1631569

    > 今日は、久っさびさの逆転勝ちか!?

    「そう思う」押した瞬間に飛び出しました!(歓

  • 坂本、5月10日以来、約3ヶ月ぶりのスタメン。
    本人も期するところあるはず。
    「原口推しの梅ちゃんファン」を公言してる俺だが、
    出場する限りは坂本も全力で応援するぞ~!

  • >>No. 1631236

    > しかし、高橋聡は7/26の広島戦で投げたのを最後に登板がない。
    > 登板間隔でいうと、もし今日の試合で高橋が投げたとしても中13日となり、
    > 抹消→登録までに要する10日間をゆうに超えてるという枠の無駄遣い。

    ↑秋山 ↓高橋聡

    今日の昼頃、なんで上記のような投稿をしたかというと、
    昨日の7回ウラの巨人の攻撃を見ていて、
    「明日、秋山の代わりに抹消されるのは高橋か」と確信したから。

    去年までそんなことなかったのに、今年は枠の使い方が妙にヘタクソ。
    それなのに、監督が才木のたった1球に対してチクリとコメントしたから、
    「おいおい、ベンチこそしっかりしてくれよ」と嫌味のひとつも言いたくなった次第。

本文はここまでです このページの先頭へ