ここから本文です

投稿コメント一覧 (6585コメント)

  • GameWith@最新ゲーム情報局 @gamewith_review
    ·
    5時間

    【最新情報】#ハチナイ リリースが迫る、アカツキの新作青春体験型野球ゲーム「#八月のシンデレラナイン」を一足先にプレイさせていただきました!様々な魅力をもつ女子野球部員の青春とは!?特集記事で今すぐチェック!ヾ(●⌒∇⌒●

    ttps://gamewith.jp/gamedb/article/show/60606?from=android

  • 求人


    日の丸交通とZMP、自動走行タクシーの配車を見据えた配車アプリ開発で協業を開始-ドライバー不足への対応と2020年東京五輪での訪日客の利便性向上を目指す-

    道家 実
    コーポレート・スタッフ

    株式会社ZMP
    on 2017/06/23

    日の丸交通株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:富田 和孝、以下「日の丸交通」)と、株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下「ZMP」)は、ZMPが開発を進める自動運転技術と、日の丸交通のタクシー事業の知見を組み合わせ、2020年の東京五輪での自動走行タクシーの実現に向けて協業を開始致しました。
    ZMPは、自動走行タクシーとドライバーによるタクシー両方の配車に対応した配車アプリを開発し、2020年の東京五輪での自動走行タクシーのサービス実現を目指します。本アプリはまずドライバーによるタクシーを対象として開発を進め、早期の稼働開始を目指します。両社は、ドライバー不足への対応に加え、より便利なタクシーサービスの実現により、利用者増加を目指し、タクシー業界全体の発展を目指してまいります。

    タクシー業界では、ドライバーの人手不足が課題となっており、2020年の東京五輪に向けて訪日客の増加も見込まれ、利便性向上が望まれております。政府も2020年の東京五輪での自動走行タクシーの実現を推進しております。一方、高齢化が進む中、過疎地においても、交通弱者の移動手段として自動走行タクシーの実現が望まれております。
    自動運転技術のレベルには、あらゆる領域での自動走行が可能なレベル5と、限定された領域での自動走行が可能なレベル4があります。レベル4の段階においては、限定された領域(地域、環境)での運用となるため、タクシーサービスのためには、ドライバーによるタクシーと自動走行タクシーの連携が必要となります。

    自動走行タクシーの走行に適した限定されたルートについては自動走行タクシーを導入し、利用者のサポートが必要なルートについてはドライバーによるタクシーを配車することにより、タクシー会社はサービス向上とコスト削減が可能となると考えております。

     両社は、ZMPの自動運転技術の開発で培った技術と、日の丸交通のタクシー事業のノウハウを組み合わせ、利用者の利便性向上と、安全運転支援・営業支援を目指してまいります。本アプリは、日の丸交通をはじめ、他のタクシー会社へも、広く参加を呼び掛けてまいりたいと考えております。

    株式会社ZMPでは一緒に働く仲間を募集しています
    決済システム開発エンジニア
    アプリ開発ディレクター

    決済システム開発エンジニア
    サーバーエンジニア
    iOS・アンドロイドエンジニア
    テストエンジニア

  • テニスの王子様」アニメ化から15年、ファンの心を掴みつづける理由とは

     アニメ化から今年で15周年を迎えた「テニスの王子様」(原作・許斐剛)。“子どもの頃に流行したアニメ”として思い起こす人も多いかもしれないが、実際はいまなお多くのファンに支持される長寿コンテンツとなっている。なぜ「テニスの王子様」はファンにここまで愛され続けるのか。その理由は同作ならではの魅力にあった。

    ttps://www.cinematoday.jp/news/N0088160

  • まあ参考程度の話
    アカツキと組んでるブシロード 非上場企業なんだけど
    決算が官報に出ていたようです

    ブシロード 2016年7月期決算公告

    NEW!2017-06-23 21:49:56

    テーマ: 未上場企業 財務情報
    株式会社ブシロード
    第10期決算公告(2016年7月期) 2017.06.23官報より
    資本金0.99億円 資本剰余金1.34億円 利益剰余金14.19億円 当期純利益7.70億円

    第6期決算公告(2012年7月期) 2013.09.17官報より
    資本金0.99億円 資本剰余金1.10億円 利益剰余金6.55億円 当期純利益3.04億円

    売上規模は不明だけど Wikipediaには
    売上高 149億55百万円(単体) 223億77百万円(連結)
    とあるね

  • 含み益とは幻
    株のお金は現金とは思ってはいけない
    ゲームか何かのポイントと同じ
    確かにへこむときもあるが、そう思わないとやってられないよ

    そして利確した後 口座から引き出してこそ本当のお金になる

  • これか・・・コラボって

  • ツイッターあたりを見てると 

    今日はいままでアカツキを買い推奨していた投資顧問会社がいくつか
    利確支持をだしていたようだな

    後場のGD 成売り多さはこの辺もあったかもしれん
    投資顧問の顧客が市場にどれくらいの影響を与えているかは知らんけど

  • ドラゴンボールZ ドッカンバトル】公式 @dokkan_official
    ·
    【第20回「天下一武道会」開催!!】
    ついに開催20回目!!
    「天下一武道会」がパワーアップして登場!!
    本大会では新たな意気込みが追加されました!!
    さらに!!ランキング報酬がより豪華に!!
    チームを強化し王者を目指せ!!

  • スクショみたらアホさんの新着通知数 10+
    多いなWWWWW

    返信が多いのか?

  • 今日出た有価証券報告書みると
    ドッカンでのアカツキの売り上げ分が恐らく94億
    うち海外分が31億

    特に
    海外分が12億から31億に上昇

    国内ランキングだけ見てると、見逃しがちだけど、さらに伸びるだろうね

  • EDNETでも見れますよ

    ttps://disclosure.edinet-fsa.go.jp/E01EW/BLMainController.jsp?uji.verb=W00Z1010initialize&uji.bean=ek.bean.EKW00Z1010Bean&TID=W00Z1010&PID=W1E63011&SESSIONKEY=1498198560048&lgKbn=2&pkbn=0&skbn=1&dskb=&askb=&dflg=0&iflg=0&preId=1&mul=3932&fls=on&lpr=on&cal=1&era=H&yer=&mon=&pfs=4&row=100&idx=0&str=&kbn=1&flg=&syoruiKanriNo=S100AKKX

  • 私もスマホだと文字化けしました

  • 海外の伸びが256.5%
    ドッカンバトルの海外売り上げ分か
    すごいな

  • 普通にみれますよ

    ttp://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2526534

  • 新興中堅、デフレに強く 17年3月期、営業益65%増
    「伸びる会社MIDDLE200」
    2017/6/23 1:10日本経済新聞 電子版

    日本経済新聞社は22日、新興5市場に上場する中堅企業を対象にした成長力ランキング「伸びる会社MIDDLE200」を作成した。対象企業の2017年3月期決算を集計したところ、売上高が前の期比10%増、営業利益は65%増と減収・微増益の主要上場企業を大幅に上回った。ネットの普及を背景にデフレに強い事業モデルをつくるなどの独自性で高い成長につなげている。

     ランキングはマザーズなど新興市場に上場する設立20年以内で売上高1千億円以下の企業208社が対象。うち3月期決算の86社の業績を集計。東証1部などに上場する主要3月期企業(1555社、新興市場を除くベース)の売上高が2.7%減、営業利益が1.5%増だったのに比べて伸び率の高さが際立つ。

    スマホゲームのアカツキは人気キャラクターを起用し、ユーザーを飽きさせないゲームの世界をつくることに成功。作品の寿命を3~4年に延ばした。海外の40カ国以上に配信、前期の営業利益は2.2倍に拡大した。

     3月期決算企業86社のうち、リーマン・ショック前の08年3月期から17年3月期までを継続して比較できる47社の売上高と営業利益の年平均伸び率はそれぞれ6.9%と9.6%で高い成長率を見せた。同じ期間の主要上場企業は0.4%と0.6%でほぼ横ばいだ。

     今回の調査では20位以内の企業の約半数が2月時点のデータを採用した前回調査と入れ替わった。新興企業は株価の変動率が高く、短期の売買で調査の順位が上がることもある。上位企業は事業モデルを常に見直して継続的に利益を計上できるかが生き残りのカギになりそうだ。

  • アカツキHP

    本日の日本経済新聞の一面と、日経産業新聞に同時掲載いただきました。

    2017年06月23日
    【掲載のお知らせ】
    本日の日本経済新聞の一面と、日経産業新聞に同時掲載いただきました。
    ttp://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ22HY2_S7A620C1MM8000/

    また、日本経済新聞社『伸びる会社 MIDDLE200』の4位にアカツキがランクインしました。
    ttps://vdata.nikkei.com/newsgraphics/middle200-2017/

    日経産業新聞では、アカツキの台湾支社の好調を始め、モバイルゲーム事業だけでなくライブエクスペリエンス事業の展開もご説明いただき、そとあそびもご紹介いただきました。「世界を感動させる体験をつくる会社になりたい」と塩田のコメントで締めくくっています。

    ぜひご覧くださいませ。

  • 2017/06/23 14:57

    8880円でもいいぞ

  • 童子マンめ 狙ってるなWWWWWWW

  • ハチナイ リリース告知 カモーン

    来たらいいな

  • あと10分 昇竜しろーーーーーーーー

本文はここまでです このページの先頭へ